人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:育児関連 ( 316 ) タグの人気記事

その情熱はどこから?

昨日はQ2の通う英語学院でハロウィンパーティーがあった。

学院からは1週間前にお知らせがあり、できるだけ工夫を凝らして仮装してくるよう書かれていた。

見た瞬間、ため息...。

もしも、これが通っている小学校(公的な機関)なら経済的に準備できない子供もいると思うので、私は反対していたかもしれない。←仮装せずにパーティーだけなら賛成

でも、英語学院の外国行事だし、仕方ないかな〜と納得。

Q2はこういうことが好きだし、ベストドレッサーに選ばれると、図書券がもらえるということで張り切っていた。

私はダイソーのハロウィン衣装でも着せて送ればいいかと思っていたら、Q2は自分でいろいろと考えていた。

その情熱はどこから来るんや?!というくらい凄かった。

先週末、ナンピョンと出かけていたQ2は、いきなり私に電話をかけてきて、「正装を買って欲しい。」と言ってきた。

私は「正装?!何言うとん?小学生に正装はいらん!」と最後まで話を聞かず、電話を切った。

家に帰って来てから、Q2に詳しく話を聞くと、映画「신과 함께(神と共に)」の저승사자(冥土の使者)のイメージで仮装したかったらしい。

結局、ナンピョンとQ2の話し合いで、コートはナンピョンのハーフコートを着ることになった。(笑)

小道具はダイソーのものをQ2なりに組み合わせたり(ナンピョンが手伝う)、家にあるものを使った。

↓Q2がイメージしたのはこれ
b0194098_19465651.jpg


↓ハロウィン仮装パーティーにて
b0194098_19481068.jpg
鎌の持ち手に骸骨のアクセサリーをつけ、首にも骸骨のペンダント。

黒い帽子になるようハロウィン用のキラキラ帽子を裏返し、とんがり部分を折り返して、それらしく調整。

顔はBBクリームと真っ赤な口紅(真っ黒や紫がなかった)をつけている。

見た瞬間、笑ったが、本人は大真面目で必死に考えた結果だったので、最終的には、私もどんなことにも一生懸命になれるのはいいことかなと思えた。

学院のハロウィンパーティーでは、女の子達が可愛いカチューシャとかしているくらいで、ほとんどの男子は仮装していなかったらしい。←先生達は千と千尋の神隠しに出てくるカオナシ姿だったらしい

やっぱり、韓国オンマもこういうことが面倒なんだと思う。

でも、みんなでゲームをしたり、カップケーキを作って楽しかった様子。


昨日はハロウィンパーティーもあったことだし、簡単にハロウィンご飯第二弾を作ってみた。

↓適当に作った感が半端ないハロウィンご飯
b0194098_20133048.jpg
おばけとカボチャ型で抜いたご飯を乗せた海老カレー、ジャックオーランタン仕立てのカボチャの焼きサラダ。

ジャックオーランタン、汚すぎ...。(汗)


今日はテコンドー教室でまたハロウィンパーティーがあるとのこと。

楽しみがあって羨ましいわ〜。



by 2010neko | 2019-10-31 06:30 | 家ご飯 | Comments(0)

ハロウィンご飯

今日はQ2と二人だけの晩ご飯だったので、ハロウィンご飯にしてみた。

↓完成度は低いけどQ2が喜んでくれたハロウィンご飯
b0194098_21213507.jpg
指入りミネストローネ、目玉おにぎり&冷凍チキンナゲット&サラダ。

ハロウィンがテーマのご飯は4回目か?

Q2曰く、「生まれてから一番美味しいハロウィンご飯やった。」と...。(笑)

日中出かけていたせいもあり、全くやる気が出なかったけど、重い腰を挙げた甲斐があった。

ちなみに、出張中のナンピョンにこの写真を送ったら、どん引きしていた。


by 2010neko | 2019-10-29 21:15 | 家ご飯 | Comments(0)
大田旅行の続き。

パン屋を後にして、「오월드(オーワールド)」へバスで移動。

オーワールドは遊園地、動物園(サファリもある)、バードランド、フラワーランドからなる総合テーマランド。

ただし、規模はソウルランドなどに比べるとかなり小さい。

午前11時に着いて、すぐに遊園地のエリアで遊び、途中、サファリ(15分くらいで終わった)を見てから、また遊園地へ。

↓「오월드(オーワールド)」にて
b0194098_09475807.jpg
私は数日前にぎっくり腰になり、バスの振動も痛い状態だったので、ほとんどの乗り物はQ2一人で搭乗。

可愛そうなことをしたけど、それなりに楽しんでいた。

昼食らしい昼食は食べず、チキンやアイスクリーム、お菓子などで済ませた。

後半は動物園やバードランドにも行く予定にしていたが、二人共歩き疲れて、結局、また遊園地で過ごした。

その分、Q2が乗りたかった乗り物にはほとんど乗れたので、まあ良かったと思う。←もっと絶叫系マシンがあればいいのにな〜

午後4時にオーワールドを出て、そのまま行きたかったデジカルビのお店へ。

オープンして間もない時間だったので、(外から見ると)お客さんもいなくてラッキーと思いお店に入ると、予約で満席だった。←知っていれば予約したのに...残念無念

仕方なくホテルに向かうことにした。

もうヘトヘトだったので、タクシーで移動することにしたが、乗った瞬間にトラブル。

詳細を書くと日韓問題化するので省略するが(笑)、私も久々に切れて吠えた。←だから日頃からタクシーに乗るのが嫌

また、バスでホテルまで移動。

↓「그레이톤호텔(グレイトンホテル) 」にて
b0194098_10164381.jpg
セール価格でダブルルームが5万ウォン(約5千円)。

小さいホテルだったけど、部屋もきれいだし、無料の朝食(ミニブッフェ)もこの値段にしたら、種類も多くてかなり良かった。←立地もいいし、大田に来たらまた泊まりたい

チェックイン後、ちょっとだけ休んで、ホテルのすぐ近くにあるチョッカルビ(骨付きカルビ)屋へ。

↓「구이구이 쪽갈비(クイクイ チョッカルビ)」にて
b0194098_10211642.jpg
BBQ味のチョッカルビ(小・2人用サイズ)、昔ながらのお弁当、白ご飯、韓国焼酎1本で占めて41000ウォン(約4100円)。

味もなかなか良いし、オープンテラス席で気持ちいいし、Q2もすごく喜んでいた。

タクシーで嫌なこともあったけど、最後に食事で満足できたので、めでたし、めでたし!



翌日のチェックアウト後は、「국립중앙과학관(国立中央科学館) 」へ。

大きな科学館で体験型施設や見どころも多いので、ここを選んだが、行ったら偶々この日はポンポンサイエンスという科学&数学のお祭りの日だった。

科学館敷地内の広場や道沿いに無料の体験ブースが50個以上あったと思う。←大田にはKAIST(韓国科学技術院)という有名な大学があるためか、高校の科学部などの活動も活発なようで、そこの高校生ボランティア達が学校単位で各ブースを運営

Q2もブースを見た時から既にテンションが高く、いろんなブースに並んで参加。

すべて科学や数学を応用したもので(最初に原理等の簡単な説明がある)、遊びや遊び道具を作りながら科学・数学を身近に感じられるように工夫されていた。

↓「국립중앙과학관(国立中央科学館)」にて
b0194098_15484304.jpg
途中からQ2は一人で行動すると言い出したので、私はカフェに行ったり、そこらへんを散歩していた。

お昼ご飯は科学館の敷地内にあるレストランでうどんを食べたり、おやつにフードトラック(10台くらい出ていた)のたこ焼きを食べたりした。

Q2が帰る予定時間になっても、まだ遊びたいというので、(ネットで)市外バスの予約時間を変更し、さらに遊んだ。

結局、8個のブースで体験でき、午後4時半すぎに科学館を出た。

午後5時15分の市外バスに乗り、午後7時15分(7時に到着予定だった)に水原バスターミナルに到着。

↓ターミナルで旅行最後の夕食
b0194098_10595251.jpg

家には午後8時半すぎに到着。

今回の母子旅行は充実していて楽しい判明、Q2の言動(最近、態度が悪すぎる)に苛ついて、何度もかなり怒ってしまった。

私も反省はしているけど、未だに同じ感じだし、そりが合わないと思い始めている。

それか、私が毒親なのかもしれない...と感じ出した。

早く完全自立して欲しい。

話を戻し、今回は国立科学館自体の建物(いろんな館がある)は全く観れなかったので、近々、ナンピョン連れで再訪しようと思う。

by 2010neko | 2019-10-23 09:33 | 旅行 | Comments(0)
先週末、Q2と1泊2日で母子二人旅へ。

場所は忠清北道の大田(テジョン:대전)。

初めてSRT(高速列車)に乗って行く旅行だった。←帰りはチケットが取れず行きのみSRT、帰りは市外バスに...

朝6時半に家を出発。

↓7:21東灘駅(トンタン駅)発→8:15大田駅(テジョン駅)着
b0194098_10585054.jpg
東灘駅でコマチャムチキンパッ(ツナのミニ海苔巻き)を買い、SRT内で軽い朝食。

SRTは静かで乗り心地もよく快適だった。

この日のQ2のファッションは、ゲームのキャラクター「レオン」のスタイル。←最近、Q2のたっての願いにより購入

韓国の小学生や幼稚園児に人気のようで、この日だけでもこのフードを着た子供を何人見たことか...。

何がいいんだかさっぱりわからない。


大田到着後、バスに乗り、私が大田で一番行きたかった場所へ。

韓国3大パン屋の1つである「성심당(聖心堂)」。

旅行に行く度に、パン屋巡りをしているが、3大パン屋を制覇したいと思っていたので、これで望みが叶った。(笑)

ちなみに韓国3大パン屋とは、アンドンのマンモス製菓、グンサンの李盛堂(イソンダン)、テジョンの聖心堂(ソンシンダン)。 

マンモス製菓についてはこちら
李盛堂についてはこちら


聖心堂には、朝8時半のオープン時間をちょっと過ぎたくらいに行ったので、待たずに購入できた。←時間によっては長蛇の列になる

パンを購入し、2階のカフェで2度目の朝食。

↓聖心堂(ソンシンダン)にて
b0194098_11485641.jpg
ここの代表的なパンは、ティギムソボロパンといってアンパン+ソボロ(クッキー生地で覆う)+揚げたパンで、恐ろしく胸焼けしそうなパン。

Q2も拒否するし、この日は私の胃腸の調子も悪かったので、仕方がなくティギムソボロパンはパス。

もう1つの代表的なパンであるパンタロンプチュパン(ニラパン)や人気のメョンランバゲトゥ(明太子バゲット)を購入。

私はこのニラパンにかなり興味を持っていたので、食べながらガン見。

味は優しい餃子の味やん!と思った。

パン生地自体は日本のジャムパンやクリームパンを思い出させるシンプルで柔らかいパン。←これだけで美味しく感じる

なんでこの組み合わせなんやろう?!とふと思ったものの、お惣菜パンが大好きな私は気に入った。

辛口の意見をいうなら、もう少し中身にパンチを効かせてもいいかな?←追憶というコンセプトなので、これはこれで良し!

明太子バゲットは、セミソフトタイプではなく、本当のバゲットスタイルで外はバリッ、中はふんわりでこれまた美味しかった。

でも、明太子の塩気がかなり強いのと、思ったよりスパイシーなので、2~3切れ食べたら充分だと思う。

各3大パン屋に行った感想として、どこも日本のパンの影響を受けているな〜と感じた。

これからもいろんなパン屋で特徴のあるパンを食べてみたいと思う。

ともあれ、この日は聖心堂のパンを食べられて満足したので、私自身はもう帰ってもいいくらいだったけど、そうはいかないので、パート2はQ2向けの旅行プランで...。

パート2に続く。


by 2010neko | 2019-10-22 10:45 | 旅行 | Comments(0)
先週の水曜日、雨のため中止した1泊2日のキャンプだったが、どうしてもキャンプがしたくて、翌々日の金曜日、ダメ元でいろんなキャンプ場に電話をしてみた。

でも、やはり予約が取れなかった。

仕方がないので、家から1時間以内で行ける궁평항(グンピョンハン:宮坪港)という場所に日帰りキャンプに出かけた。

グンピョンハンはファソン市の端っこにある港で、西海なので干潟になっている。

ここに行くのは3年ぶりくらいか?

久々に行くと、満潮の時には渡れなかった道部分に遊歩道(夜にはライトアップされる)ができていて、前よりきれいになっていた。

その前の海岸部分にテントを張れる場所があるので、そこでキャンプをした。←8組くらいいた

お昼すぎに到着して、しばらくQ2は泥遊び。

その後、歩いて10分くらいのところにある大きな水産物直販場(何十軒ものお店が集まっていて、生きている魚や貝を買うと別にある食堂でお刺身等にして食べられる)で昼食。

↓お昼ご飯&食後は海の見えるカフェへ
b0194098_15033728.jpg
行きは引き潮状態だったけど、のんびりしていると徐々に潮が満ちてきた。

↓グンピョンハンにて
b0194098_15115597.jpg
小さいカニや海老、ムツゴロウなどがいてQ2も楽しんでいた。

夕方には寒くなってきたのでテントで過ごし、夕食としてラーメン&屋台のトッポッキを食べた。

ナンピョンが疲れて寝ている間(Q2もテント内でYouTube)、私は海の近くに椅子を持って行き、ライトアップされた橋を眺めたり、瞑想みたいなことをしていた。

風や潮の香り、波の音を感じながら、すごくリラックスできた。

ホテルに泊まる方が好きだったので、あまりキャンプに魅力を感じなかったけど、こういう楽しみもあるんや〜と新たな発見だった。

ただ、近くにあるトイレがとんでもなく汚くて用も足しにくかったので、泊まりのキャンプなら、やはり設備がある程度整った場所がいい。

ナンピョンやQ2は数日お風呂に入らなくても、手を洗わなくてもご飯を食べれる人達なので、サバイバルなキャンプも大丈夫そうだけど、とことん都会っ子の私にはここでの泊まりは無理だと思う。

でも、久々のグンハンピョンでの日帰りキャンプは、すごく楽しかったので、別の場所で本格的な泊まりのキャンプもしてみたい。

ナンピョンとQ2が見つけてきたあさり(他の人が持って帰らなかったらしい)は一晩、砂(泥)を吐かせて、翌朝、お味噌汁にした。

私は用事でいなかったので食べなかったけど、このあさりは期待した程、美味しくなかったらしい。

だから、他の人は置いていったのかな?(笑)
by 2010neko | 2019-10-11 14:35 | お出かけ | Comments(0)

お寺様々

先週日曜日、Q2と一緒にソウルへお出かけ。

メインの目的はQ2を宮中式カフェに連れて行くことだったが、他にもイベントがあったので、それにも参加。→宮中式カフェについてはこちら

まずは、いつも私がお寺料理を習いに行く会館の近くにある、曹渓寺(曹渓寺)という有名なお寺へ。←韓国仏教界最大宗派・曹渓宗の総本山

前に料理教室で教わったスニム(お坊さん)から、このお寺内に食堂があると聞いていたので、一度行ってみたいな〜と思っていた。

日曜日の午前11時すぎに曹渓寺に到着して中に入ると、大雄殿というところで大規模な祈祷会?説法会?が行われていて、たくさんの人達が手を合わせていた。

そんな厳粛な雰囲気の中、私達は一目散に食堂を探した。←不届き者^^;

少し迷って到着した食堂前で説明を読んでいると、通りがかりのおじさんが中に入ればいいと教えてくれたが、食堂中に入ると向かいの仏教大学の事務局で食券を買うよういわれた。

そして、食べたいメニュー(5種類あった)の食券を買い、再び食堂へ。

レジで食券と引き換えに注文。

私はセサッビビンパッ(スプラウト入りビビンパッ)5000ウォン、Q2はチャンチククス(にゅうめん)4000ウォンにした。

↓お寺の食堂にて
b0194098_07351845.jpg
ビビンパッは写真にあるちょっと赤いカンテンジャン(味噌汁を煮詰めたようなもので味が濃い)を混ぜて食べる。

お寺料理はシンプルで、やっぱり美味しい〜。

チャンチククスもスープがすごく美味しくて、Q2も今まで食べたチャンチククスの中で一番だといっていた。

セルフのミヨックッ(わかめスープ)とニンニクを使わないキムチも優しい味だし、お寺食堂の昼食に大満足だった。←Q2はわかめスープはカンヌンのサチョンで食べるミヨックッが一番だといっていたので味覚は確かだと思う

私達が食べていると、信徒さんやお坊さんが続々とやって来た。

帰ってから調べてみると、この食堂は誰でも食べられるのではなく、お坊さんや信徒証を持っている(これを掲示して食券を買うらしい)信徒さんのための食堂だった。

でも、私が食券を買う時も食堂内でも信徒なのか確認されなかった。

勝手に食べてしまったので、罰当たりだったかな?と思ったけど、お寺料理教室に通っているし、Q2もお寺主催の夏の子供キャンプにも行ったので、お布施も多少できているだろうと自分で納得することにした。


食後、お寺を出てインサドン方面に歩いていると、Q2がトイレに行きたくなった。

これまた、目の前にテンプルステイ統合情報センターがあったので、そこのトイレを借りることに...。

ここは韓国内のテンプルステイの情報収集や相談ができる他、紙の蓮華作り(無料)を常時できるようになっていて、この日も外国人女性旅行客が一人、蓮華を作っていた。

トイレを借りたついでにQ2とテンプルステイをしたいと思っていたので、お勧めのお寺があるか職員の方に教えてもらった。

Q2はセンター内のお土産屋コーナーを物色していて、お寺料理の塗り絵を発見し購入。

↓珍しいお寺料理の塗り絵(ミニ色鉛筆付き)12000ウォン
b0194098_09163478.jpg


その後、インサドン通りの安国側の広場で子供達のための無料体験コーナーが10ブース近くあったので参加した。

↓無料体験コーナーにて
b0194098_09301520.jpg
無料体験でも愛国心を育てる教育に力を入れている韓国。(汗)

Q2は3Dペンでのお絵描き、タトゥーシール、缶バッジ作り、太極旗風車作り、ビーズのブレスレット作りを体験した。

他にも芳香剤作り、凧作り、韓国のジャンゲリ作りなどがあった。←無料でこれだけ遊べるのはありがたい

次は景福宮に向う道中に、作家達によるマーケットストリートがあったので、それを見物したり、今では珍しい公衆電話があったので、Q2に家で仕事をしているナンピョンに電話をかけさせたりした。

初めての公衆電話は不思議で楽しそうにしていたものの、「めっちゃ面倒くさい。」といっていた。(笑)


最後は景福宮の宮中式カフェへ。

やはり、今回も暑すぎて疲れるので景福宮の見学はしなかった。

↓宮中式カフェ「생과방(生果房)」にて
b0194098_09442958.jpg
午後3時前に行ったため、楽しみにしていた韓菓は全部売り切れだった。(T_T)

ものすごく暑かったので、この日は冷たいゆず茶とオミジャ(五味子)茶を注文。

美味しい〜〜!

Q2もこんな感じで優雅にお茶を飲むのが初めてだったので気に入った様子だった。

さっとソウルに行ってくるつもりが、帰ると午後6時を回っていたのでグッタリ。

でも、お寺食堂と宮中カフェに行けて、充実した日曜日だった。

by 2010neko | 2019-10-01 09:12 | お出かけ | Comments(0)
先週の土曜日、私の韓国料理教室が終わってすぐにP市→天安市に移動し、今度はQ2が楽しみにしていた뚜쥬르(トゥジュール)というパン屋が行っているチョコレートクラスのレッスンへ。

この日もあいにくの雨。

뚜쥬르(トゥジュール)は天安市で有名なパン屋(製菓店でもある)らしく、市内に4店舗ある。

今回は緑の広がる빵돌가마점(パン石窯店)に行ってきた。←製菓カフェ、ブレッドカフェ、ミニハーブ園などが敷地内に点在していて可愛らしい雰囲気

↓レッスンが15時からだったので、それまでQ2とブレッドカフェでお茶
b0194098_12032750.jpg
規模の大きなパン屋(カフェも3階まである)の割にはパンの種類が少なかったので拍子抜けした。←他にパンを単独で売っている建物があるのか?と思っていたが、どうも違う様子

味を確認するため私はミニ食パン、Q2はマスカットとチーズクリームが乗ったパンを食べた。

食パンはかなりの弾力で食べごたえがあり、ほんのり甘くて美味しかったし、Q2のパンはチーズクリームもパンも美味しくて、いい感じだった。←先日訪れた「名匠時代」というブレッドカフェのパンより美味しいと思った

その後、Q2だけカフェ内にあるチョコレート部屋へ。

子供8人に直接指導する先生が1人、準備や片付けをする助手の先生が1人。

まずカフェの受付でレッスン費28000ウォンを精算してから、ユニフォームを着せてもらい、手洗いをしてレッスン開始。

しかし、ユニフォームを着た後で半分以上の子供達がトイレへ一人ずつ行き、ロスタイム。

子供が行きたいと言い出したわけではなく、ユニフォームを着て、子供達が部屋に入った時点で、親が声をかけた。

私はその様子を見ていて、レッスンが始まる前に準備できないことに苛ついた。

みんな小学生だし、こういう躾はちゃんとしないと...。

↓レッスン風景(終了後、カカオで写真を送ってくれる)&出来上がったチョコレート菓子
b0194098_12242869.jpg
風船を膨らまして、チョコの器の型取りをしたり、蝶を作ったり、準備されているクッキーやバームクーヘンにデコレーションをした。

合間にデコレーション用のチョコ菓子も試食していいので、Q2は嬉しそうに食べまくっていた。

先生がまずお手本を見せてくれるが、その技術と素早さ、美しさにQ2は感嘆していた。←さすが職人さん!

普通の子供対象のクッキング教室にしては料金が高めだけど、Q2のレッスン(約1時間40分)への満足度が高かったのと、カフェで美味しいパンを食べながら休めるので一石二鳥だった。

Q2が作ったお菓子は甘いけど、ちゃんとしたお店の味で美味しかった。

しばらくしたら、レッスンメニューがケーキに変わるみたいなので、遠いけど、またQ2と参加しようということになった。

そして、次はこのお店の人気パン(この日はなかった)を必ず食べようと思う。

by 2010neko | 2019-09-23 11:45 | 料理教室 | Comments(2)
今日、Q2は学校の現場体験学習で龍仁(ヨンイン)市にある「韓国民俗村」へ。

お弁当持参で、Q2からのリクエストはトトロ&小トトロ&まっくろくろすけのお弁当。←「おかみさんは小学生」のおっこを希望していたが、無理だというとトトロでいいと...

今日は朝6時に起きるつもりが、寝坊(二度寝)をしてしまい6時35分に起きた。

なので、お弁当作りの最後は時間が足らなくて焦り、トトロの歯の切り海苔は手が震えてちゃんと切れないし、ちくわの海苔巻きはきれいに巻けないしで、寝坊をかなり後悔した。

↓出発ギリギリまでかかったトトロ&小トトロ&まっくろくろすけ弁当
b0194098_10395061.jpg
おかずは、(冷凍)チキンナゲット、ちくわの海苔巻き(サラダ巻き風)、オムッヤチェポックン(丸天と野菜の炒め物)、ウインナー、お花の卵焼き&ハム、ミニトマト、ブロッコリー。

トトロの完成度が低くてQ2に謝ると、「よくできたよ!」と慰めてくれた。←トトロの歯並び?をきれいにして、瞳はもう少し大きくしたかったな〜

で、Q2を送り出して、ふとテーブルのお皿に目をやると、トトロのひげ用に焼いた細いパスタがそのまま残っていた。

前にピカチュウ弁当を作った時もピカチュウの鼻を忘れていたが、今回もまたひげを忘れてしまい、ため息。

まあ、時間に間に合っただけでも良かったと思わないと...。

Q2が楽しく過ごせますように!
by 2010neko | 2019-09-17 09:57 | 小学校 | Comments(0)
日韓関係がどんどん悪化しているので、Q2の新学期にあたり、(友達に)もしかしたら嫌なことをいわれるかもしれないから覚悟しておくよう説明していた。

Q2は学校で日本が韓国を苦しめた等の簡単な教育を受けているので、Q2も何かいわれるかもしれないというのはわかっている。←私は私の見解でQ2に歴史的な問題について時々話している

すると、Q2は「メンタル強いから大丈夫!」と...。(笑)


そして先週金曜日の始業式。

早速、予想していたことが起こった。

クラスメートの男の子がいきなりQ2のところに来て、「日本は沈没する!」と言ってきたらしい。←日本語にしているけど実際のやり取りは韓国語

Q2は「何をたわごと言ってんねん?!」と言って無視していたら、それ以上の話はなかったらしい。←私は殴られた時はまず言葉で制止して、駄目な時は殴り返せ!と教えている

その話を週末の実家行きの車の中で、ナンピョンも含めて話し合った。

Q2は友達がなぜそんなことをいったのか聞かなかったらしいので(無視を決め込み)、ナンピョンも私もまず話を聞くべきだという結論に...。

まあ、違うとは思うけど、友達が地球温暖化の影響で島国日本が沈むといいたかったかもしれないとQ2に説明し、日本だけでなく、温暖化で海面水位が上昇し、沈んでしまう国もあることを(予想)映像を見せて説明した。←「へ〜っ」と驚いていた

でも、次に友達が同じことを意地悪で言ってきたら、地球温暖化の話に持っていけ!と話した。

そこから、ナンピョンの面白いデモンストレーションが炸裂。

「地球温暖化でグリーンランドや南極の氷が溶けて海面水位が上昇...云々。」

「二酸化炭素が増えるとオゾン層が破壊されて...云々。」

「二酸化炭素の化学式はCO2、無色無臭の気体で...云々。」

「オゾン層というのはオゾンの濃度が高いところを言い、地球を覆っていて紫外線を吸収し...云々。」

こんな内容をナンピョンが笑かせる口調でベラベラしゃべるので、2人で大笑い。

次にもし意地悪で日本沈没を言われたら、Q2から「地球温暖化について話そうぜ!」と言って、ナンピョンみたいにベラベラ矢継ぎ早に話していけば、相手も引いて、意地悪する意欲がなくなるから大丈夫!という話になった。

地球温暖化は本当に問題だけど、今回はいじめに発展させないための話として、いろいろ話した。

こうやって意地悪を笑いに変えていければいいけど、高学年で歴史を習いだしたら大変だと思う。 


ちなみに、今回ナンピョンの実家には、2番目の義兄と義弟家族も来ていた。←韓国のお盆前のお墓の草刈り&法事のため

日韓関係のことはあるけど、私が日本人ということもあり、一応みんな親日。

義弟嫁は「ヒョンニム(私のこと)、これ一昨日ユニクロで買ったんですよ!」と...。

私が義弟嫁に、会社でユニクロで買ったと言って大丈夫なのか聞くと、「買いたいものを買って何が悪いんですか?」、「会社の上司2人も夏に北海道に行っていましたよ。予約してたのに、キャンセルしたくないって行きました。」と拍子抜けするような返答だった。

そして、2番目の義兄は、「チェスシ(私のこと)、ダイソーは韓国と日本の合弁会社だけど、自分は大好きで全身ダイソーだ。」と、1つ1つの品物と値段まで説明してくれた上、現韓国政府の悪い点を語ってくれた。←ほんとに全身ダイソラー?(笑)

ムカつくことも多々ある義家族だけど、いいとこあるな〜と、ちょっとほっこりした時間だった。






by 2010neko | 2019-08-26 13:45 | 育児関連 | Comments(2)

Q2、夏休み最後の宿題

今日からQ2の学校では2学期が始まる。

夏休みの宿題は、日記4編、読書録4編、毎日の運動量記録、あとは自由課題2つ。

1つは夏休みに韓紙を作りに行ったので、その作品と韓紙について調べたことをまとめて提出。

もう1つは、Q2が料理を作りたい!とのことで、オムライスとサラダを作らせた。←将来は料理人(パンやデザートも作れる)になるらしい

去年の夏、Q2にご飯の炊き方を教えてから、私が疲れていたり、遅おきの時は勝手にご飯を炊いてくれるようになった。

Q2がオムライスとサラダを作るのは今回が初めて。

私は口頭指示+見本を見せるため各工程の最初の部分だけ少し手伝うことにした。

まずはご飯を炊いてもらい、その間にサラダの材料(チシャ、ミニトマト、きゅうり、黃パプリカ)を洗浄→下処理→カット→盛り付け。

韓食調理技能士の教室並に、衛生・準備・下処理・切り方・片付けなどを口うるさく教えてしまい、自分自身に苦笑。

その後、玉ねぎドレッシングを作るため、玉ねぎを擦って、醤油やお酢などを入れてドレッシング完成。

次にオムライスの材料(玉ねぎ・人参・ピーマン・ウインナー)を上記手順でカット。

Q2は玉ねぎのみじん切りが目に染みると涙を流しながら&悶ながら切っていた。

その後、フライパンで玉ねぎ等を透明になるまで炒めて、塩・胡椒をし、ご飯を投入。

いい感じに進んでいたのに、ケチャップを入れて混ぜ始めた直後にQ2が「あ〜っ!!!」と大声をあげた。

やったな〜と思って見ると、右手の手首外側とフライパンが接触し、やけどをしていた。←注意するよう言っていても、やる時はやるので仕方がない

Q2に流水で冷やさせ、あとは私がバトンタッチ。

料理人になるには、こんなやけどは日常茶飯事だと説明すると、Q2は納得していた。

でも、しばらく冷したのにすぐに赤く膨れてきて、ヒリヒリするらしく、Q2はオムライスの卵を割って溶いたら、そのまま私に任せて消えて行った。(笑)

なので、オムライスの最後は私が仕上げた。

包むと失敗するだろうと思い、薄焼き玉子を乗せたオムライスに...。(汗)

ケチャップはQ2がかけた。

↓夏休みの自由課題の料理(提出用写真)
b0194098_01163091.jpg
オムライスもサラダも美味しくて、ナンピョンがQ2を褒めてあげたので、やけどはしたけど嬉しそうにしていた。

この写真に作り方と家族が食べた感想、自分が感じたことなどを記入し提出。

まあ、先生は一切宿題に目を通さないと思うが、無事に宿題もやり切って夏休み終了。






by 2010neko | 2019-08-23 06:30 | 小学校 | Comments(0)