日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

タグ:映画・ドラマ ( 34 ) タグの人気記事

一昨日、ナンピョンと映画を観に行った。

周りから面白い!と聞いていたリュ・スンリョン主演の「극한 직업(極限職業)」という映画。
b0194098_09581962.jpg
人気のため、公開から1ヶ月半以上経つがまだやっていて、観客動員数が韓国歴代2位の1400万人を突破。

↓予告編
あらすじは、解散の危機に直面した麻薬捜査担当チームの刑事5人が、麻薬組織検挙のためフライドチキン店を始めたものの、美味しいと全国的に評判となっていくコメディー捜査劇。[Y!ニュースより]

とにかく面白く、久々に笑えてすっきりする映画だった。

私は内容そのものより、劇中に出てくるチキンに興味がわいた。

刑事達が潜伏捜査のために、売れないチキン屋を買い取って商売を始めるが、そのチキン屋の屋号が「수원왕갈비통닭(スウォンワンカルビトンタッ:水原王カルビ丸鶏)」。

スウォン(水原)は都市の名前で、この地域はワンカルビといって味付け牛カルビ焼き肉と、トンタッ(丸鶏の唐揚げ)のお店がそれぞれ有名。

刑事達がチキン屋を始めるに当たり、フライドチキンを試作した。

その時、スウォン出身の刑事がワンカルビ屋をしている実家のカルビソースを作って、フライドチキンに和えた。

それが予想外に一番美味しかったので、商品化し屋号になった。

無性に作ってみたくなり、帰ってレシピを探してみると制作元のCJからスウォンワンカルビトンタッのレシピが出ていた。

↓それがこのレシピ
b0194098_02525864.jpg
でも、この通りに作ると、私には恐ろしく塩っぱくて甘ったるい味になるので、これをベースに改良した人のレシピを見て、さらに砂糖減量&味の素と食用油を抜いて作ってみた。←チリシーズニングの代わりに粒子が細かいチョンヤンコチュの粉を使用

↓家で再現した수원왕갈비통닭(フライドチキンのカルビソース和え)
b0194098_09564948.jpg
これはかなり美味しいチキン!

フライドチキンなのにカルビ(チム)の味がするので不思議な感じ。

映画を知らないQ2は目を丸くしていた。

みじん切りの生玉ねぎが入るので油っぽさが軽減し、ナンピョンやQ2にも好評だった。

<ソース覚え書>
醤油1/3c、コーラ1/2c、砂糖1/4cくらい?(味を見てスプーンで少しずつ増やしていった)、おろしニンニク1T、細かいチョンヤンコチュカル1/2T、胡椒少々、水飴1/2T、ごま油1/2T、みじん切りにした玉ねぎ小1/2個

映画の中のチキンは、元々フードトラックで撮影現場に入り食事を提供していたルッソファクトリー代表(女性)が、この映画のシナリオ作家(スウォン出身)から依頼されて作ったらしい。

映画の後、このチキンを求めてプチョンにあるルッソファクトリーを訪れる人が増えたので(そこまでやる?・笑)、会社事務所下の食堂を買い取り、2/20からチキンを販売。

それに加え、3月からはソウル明洞のロッテ百貨店地下1階で販売開始。

大盛況で、毎日、500羽のチキンが売れているらしい。

どんなチキンか興味のある方は是非〜。



この日、ナンピョンと映画の後に昼食&お茶をした。

昼食は数日前に友達と行って気に入った연안식당(ヨナン食堂)へ。

↓今回はへムルトゥッペギ(海鮮鍋)を注文
b0194098_09570100.jpg
前回のコマッビビンパッ(ハイ貝のビビンパッ)もすごく美味しかったけど、これも同じくらい美味しかった。

ナンピョン共々、大満足だった。
by 2010neko | 2019-03-14 09:42 | 映画・ドラマ | Comments(0)

七つの会議

母親とミント神戸に映画「七つの会議」を観に行った。

b0194098_08530691.jpg

この映画、とにかく見ごたえがあり面白かった!

観る前から池井戸潤原作なのではずれはないと思っていたが、出演俳優達もゴージャスでそれぞれがいい味を出していたので、さらに良かった。←特に香川照之

野村萬斎の立ち姿や台詞まわしが、やはり能楽チックでちょっと違和感があったが、顔自体が好みなので良しという感じか...。(笑)

でも、サラリーマンって大変だし、世のお父さん達(だけではないけど)の苦労を垣間見た気がする。

お勧めの映画です。


映画の後は、ミント神戸のお好み焼き屋「源氏」でランチをした。

こぎれいなお店でワインもあったけど、肝心のお好み焼きはいまいちで残念だった。

by 2010neko | 2019-02-13 08:51 | 日本滞在 | Comments(0)

映画「来る」 他

今週、母親と二人でミント神戸へ映画「来る」を観に行った。

その前に昼食。

↓ミント神戸内にある「パスタ・デ・パスタ」にて
b0194098_00161449.jpg

この明太子ソースがサンドされたバゲットがパリッ&ふわっとしていてすごく美味しかった。

私が注文した海老ときのこの醤油バターパスタも、ソースがちょっと塩辛かったけど、なかなか良かった。


↓岡田准一主演のホラー映画「来る」
b0194098_00225795.jpg

正直、わけのわからないストーリー。

でも、祈祷師?霊媒師?役の柴田理恵の印象が強烈で、ホラー映画としては面白かったと思う。

あと、イクメンパパ役の妻夫木聡の演技を観ていたら、実生活でこういうハイテンションで、いつもセレモニーみたいな人っているよなと、観ていてしんどかった。

レディースデー等、割り引きで観る映画としてならいいと思う。


映画後はお茶タイム。

↓「こなな ミント神戸」にて
b0194098_00385134.jpg

ここで一度お茶をしたかった。

私は豆乳プリンセット、母はななつの餡粉でドランというセット。

それぞれ選んだお茶は美味しかったが、おやつの方は期待しすぎたせいか、まあまあかな〜という感じだった。

豆乳プリンは少し前に行った「お気軽健康カフェあげは。」の方が美味しかったし、餡粉類はもうちょっと甘さ控えめにして量を減らした方がいいように思った。←どら焼きの生地はもちもちしていて美味しい


一見、仲良く過ごせた母子。

でも、夜は妹の悪口をいう母を見て、ほとほと嫌気がさした。

殴ってやろうかと思うくらいムカついたし、「やっぱりこの人無理〜」と再認識した。

シオモニ(義理母)とうちの母親は超真逆な性格・生き方だけど、どちらも私が大嫌いなタイプ。

どっちとも付き合いたくない。

by 2010neko | 2019-02-02 07:00 | 日本滞在 | Comments(2)

미쓰백(ミス・ペク)他

今日はOさんと映画を観に行って来た。

↓ハン・ジミン主演の미쓰백(ミス・ペク)

b0194098_16505386.jpg

内容は児童虐待を扱っていて、2010年放送の松雪泰子主演のドラマ「Mother」を彷彿とさせる映画だった。←韓国でも今年、イ・ボヨン主演で日本のMotherをリメイクしていた

私はあまりにも悲しくて、映画の途中で何度か涙した。

でも、最後はMotherと違って、事件から1年後、ハッピーエンドを思わせる映像で終わったので、ちょっと気持ちが晴れた。

すっごい重たい映画だったけど、見応えがあり、お勧め!
 
余談で、ハン・ジミンについて。

「大長今(日本ではチャングムの誓い)」の清純なイメージがあったので、今回の汚れ役をこなせるのか?と思っていたら、さすが女優!見事だった。←最初だけ、私のイメージの問題で違和感があったけど...

そして、もうすぐ36歳と知り、そら〜こういう役もできるよな!と納得した。
  
↓今日の昼食はまた「アオリの神隠し」のアオリラーメン
b0194098_21453059.jpg

今回はP市の支店で、前回行った天安市の支店と若干味が違う気がしないでもないけど、普通に美味しかった。


↓次は先々週、韓国人友達と観たキム・ユンソッ&チュ・ジフン主演の암수살인(暗数殺人)
b0194098_16505335.jpg

この映画は実際にあった殺人事件を元に作られ、被害者遺族が放映中止を求めていた映画。←犯人は刑務所で自殺

あらすじは↓
世の中には誰にも知られず、殺されている人がたくさんいるんだな〜と、怖くなった映画だった。

釜山が舞台なので釜山訛りがすごく、前半は何を言っているのかさっぱりわからなかった。←韓国人の友達も結構わからなかったらしい

でも、チュ・ジフンのサイコぶりで会話はわからなくても、内容は充分に把握できた。

かっこいい役からこんなサイコ役までこなせるなんて、やはり再起する人(麻薬で逮捕歴あり)は才能があるんだと思う。

↓この日の昼食は、キンパッとトッポッキ
b0194098_21445074.jpg



最後は、韓国オンマ友達とのランチ。

ザ・韓国なランチ!

↓スンデチョルパンポックン(韓国の腸詰めの鉄板焼き)
b0194098_21505400.jpg

昼からビール。(汗)


↓コダリチム(半乾燥スケソウダラの蒸し物)
b0194098_21532259.jpg

コダリチムは外で食べたことがなかったので、ちょっとわくわくだった。

ちょっと辛めで、身も締まっているので、美味しかった。

韓国オンマが手取り足取り、美味しい食べ方を教えてくれるので、ありがたい。

by 2010neko | 2018-10-25 16:49 | 映画・ドラマ | Comments(0)
今日の朝食は、少し前からSNSで人気になっている인기가요 샌드위치(人気歌謡サンドイッチ)というサンドイッチを作ってみた。

これは、若い子なら必ず知っている韓国のSBSという放送局でやっている音楽番組「SBS 인기가요(SBS人気歌謡)」が発端のサンドイッチ。

この番組は、韓国の若手人気俳優とアイドルが司会をし、ランキングされたアイドル(ほぼグループ)や新人歌手が登場して歌う音楽番組。

そして、この番組に出演しているいろんな人気アイドル達が、社内の売店で売っているサンドイッチを絶賛していることから火がついた。

社内販売のため、一般の人は実物を食べられない。

でも、人気歌謡サンドイッチ(もどき)のレシピはいろいろ出回っているし、SNSの写真等でも確認できるので、家で作ってみる人も結構いる。

私は、実際にSBSで作っているおばちゃん(発案者)のインタビュー映像を見つけたので、それをガン見しつつ、何種類かのレシピを参考に作ってみた。 

↓おばちゃんのインタビュー動画

このサンドイッチは、玉子入りポテトサラダ+イチゴジャム(これがポイント!)+キャベツサラダ(コールスローと呼んで欲しい)をそれぞれサンドするだけ。←若い子は甘いものが好きだからということでイチゴジャムを入れたらしい 

出ました!

お惣菜パンを甘くしてしまう韓国パン!

でも、韓国人はこれが癖になる様子。

ちなみに、日本人母に育てられたQ2は、やはり、これが許せないらしく、はじめから普通のお惣菜サンドイッチを作って欲しいといってきた。(笑)

そして、「(韓国人が)さつまいもにキムチを乗せて食べるのと同じやな。」と、的確な発言。

私も本当はこの手のパンが嫌いだけど、作りたい病のため仕方がない。
 
↓人気歌謡もどきのサンドイッチ
b0194098_14473178.jpg

私は韓国のまずいマヨネーズを控えめに入れ、(映像にはないと思われる)キュウリを追加して、ちょっとヘルシーに作った。

一口食べるだけで、(薄く塗ったのに)イチゴジャムの主張が半端ない。

お惣菜が甘くなり、全体が微妙な味に変わり、鼻の奥ではイチゴジャムの香りが...。

これは絶対、お惣菜サンドとイチゴジャムサンドを別に作って食べた方が美味しいと思う。←でも、これも韓国の食文化なので受け入れよう!

私は作って満足したので、もう二度と作らない。(笑)


そして、この人気歌謡サンドイッチの人気に便乗した韓国大手コンビニ3社(GS25、セブンイレブン、CU)が、もどきサンドイッチを販売。

買ってみようかと思ったりもしたけど、私の好みではないので、買わないことにした。

↓コンビニから出ている人気歌謡サンドイッチの詳細はこちら


↓各社サンドイッチのレシピ比較と売り上げ数の詳細はこちら

8月31日に最初に売り出したGS25は、半月で140万個売り上げ、日毎に売り上げは伸び、今は一日に10万個以上売れているらしい。

GS25で売られている20種類のサンドイッチの中でも一番売れている。

そして、今月これらを発売開始したセブンイレブンとCUでも、陳列すれば一番先になくなり、既存の一番人気商品の売り上げを一気に抜いたとのこと。

この微妙な味のサンドイッチを食べてみたい方は、旅行の際、コンビニに走ってみて下さい。

ちなみに、本当の人気歌謡サンドイッチに一番(材料や調味料が)近そうなサンドイッチがCUで、最も違うのが、ケチャップやアイランドソース、ピクルスをつけ加えたGS25ということです。
by 2010neko | 2018-09-22 13:58 | パン | Comments(0)

독전(督戦) 他

先々週、この3月から通っている(結婚移民者対象の)韓国語教室の授業の一環で、一部クラスメートと映画を観に行ってきた。

↓映画はチョ・ジンウン&リュ・ジュニョル 他が主演の「독전(督戦)
b0194098_09570750.jpeg
映画自体は麻薬組織の潜入(おとり)捜査の話だったけど、背景や各関係が結構複雑で、私達の水準ではちょっと難しい映画だった。

今回は映画鑑賞より、その後にみんなでランチ&お茶をしたのが楽しかった。

↓お茶で乾杯
b0194098_10201397.jpg
クラスメートは15人以上いるけど、午前の部に参加したのは半分くらい。

さらに子供のお迎え等で、ランチに参加したのは私を含めて5人。

クラスでも比較的よく話す仲間で、香港・中国(ハルピン)・タイ・ロシアの子達。←私と母娘くらい歳の離れた子もいる(汗)

みんな、子供が小学校低学年〜幼稚園児。

外国人オンマ達の頑張っている姿を見て、私も勇気づけられた。

私は在韓歴ほぼ10年になるのに韓国語が苦手。←普通のやり取りには困らないけど...

一人では勉強しないので、教室に通えば新しい単語の一つでも覚えるかな〜と思い、通い始めた。

今回は大学の語学堂の教科書を使っているので内容も新鮮で、私には面白い。

でも、悲しいかな勉強しても、すぐに忘れてしまう。

どうしたもんだか...。
by 2010neko | 2018-06-05 09:45 | 映画・ドラマ | Comments(0)

버닝(バーニング)

今日は急遽時間ができたので、久しぶりに一人で映画を観に行って来た。

ユ・アイン&スティーヴン・ユァン主演の「버닝(バーニング)
b0194098_19031650.jpg

 

2時間半の長丁場。

実力派のユ・アインが出ているので、はずれはないかな?と思って観てみたら...。

確かにみんなリアリティーがあって、演技自体は問題ない。

なのに、とにかく映画全体が暗くて陰気で、途中で何度出ようかと思ったことか...。

それに無駄にユ・アインのベッドシーンや自慰行為シーンが多くて辟易。←何のためにこれを入れないといけないのか訳がわからない!

最後の殺害シーンはもう呆れるばかりで、まさかここで終わらんよな?!と祈るような気持ちで観ていたら、やはりエンドロールが出てきた。

他の観客も私と同じ気持ちだったのか、あっちこっちから「(ア)イッシ!」が飛び交い、笑ってしまった。

「(ア)イッシ!」は「くそっ!」とか、関西弁でいうと「何やねん!」のような怒りのツッコミ的な言葉。

いい言葉ではないし、使うと品格が下がる。(笑)

でも、それくらい酷かったということ。

この映画、誰が作ったか調べずに観たが、終わって調べるとイ・チャンドン監督だった。

この監督の映画「ペパーミントキャンディー」、「オアシス」、「密陽」、「詩」というのを見て、ため息が出た。

どれも不幸極まりなく、息苦しくなる映画。

もうこの人の作る映画は観ないことにする。


映画を観た後、これまた急遽、同じアパートの韓国人オンマ友達と昼食を食べることになり、スンデクッ(韓国の腸詰めスープ)を食べに行った。

その後はQ2関連の用事を済ませてから、一人でお茶。

あっという間に一日が終わってしまった。

それにしても、この映画、失敗だったな〜。










by 2010neko | 2018-05-24 18:59 | 映画・ドラマ | Comments(2)

사라진 밤(消えた夜)

今日は一人で映画を観に行って来た。

ここ数日、家のソファーと一体化しているナンピョンを映画に誘ってみたけど、行かないと...。←鬱陶しすぎる

去年の私の誕生日の時、頭痛がひどくて動けない私に、ナンピョンが「재미없는 여자네(面白くない女だ)と」いったので、今日は私がナンピョンの耳元まで近づき、「재미없는 남자네(面白くない男だ)」と呟いてあげた。

ドラマに出てきそうなシーン?(笑) 

↓今日、観たのはキム・サンギョン、キム・カンウ、キム・ヒエ主演のスリラー映画「사라진 밤(消えた夜)
b0194098_12553576.jpg
あらすじはネイバーより
妻を殺し、完全犯罪を計画した夫。数時間後、国立科学捜査研究所の死体保管室から彼女の死体が跡形もなく消えた。そして、夫に届いた一通のメッセージ。「私達の秘密を埋めたところで待っている」夫を疑い始めた刑事と、このすべてのことは妻の計画だと主張する夫。彼女は本当に死んだのか?消えたのか?

最後はへ〜っという予想外の展開だったが、どこかで観たことがあるような感じがしないでもなかった。

なので、わざわざ観に行く必要はないかな。←暇な時にでも 


↓映画の前に少し時間があったのでクリスピー・クリーム・ドーナツでお茶
b0194098_12553568.jpg
小雨も降り、気分も沈みがちなこの日は、甘ったるいドーナツがすごく美味しく感じた。
by 2010neko | 2018-03-15 15:55 | 映画・ドラマ | Comments(0)

名探偵コナン 紺碧の棺

先週の日曜日、お疲れのナンピョンは家で休みたいということで、私とQ2だけで映画を観に行った。

その前に、ハッドッ(アメリカンドッグ)の専門店で小腹を満たし、その後、適当なカフェへ。

↓すべてがでかいサイズのカフェにて
b0194098_21141033.jpg
韓国のカフェの飲み物は一般的に量が多いので、普通サイズでも私には多い。

なのに、ここは更に量が多く700ml以上入っていた。←サイズは選べず

これでコーヒーが1500ウォン(約150円)と安いけど、飲めずに半分以上残したので、値段はそのままでもいいから、半分くらいの量にして欲しい。

ちなみにQ2のマスカットエイドは約350円。

全部飲んでいたけど、見ているだけでお腹がちゃぷちゃぷになりそうだった。

ペクタバンというカフェがビッグサイズで低価格のコーヒーを出し始めてから、これを真似るカフェがたくさんできた。

でも、コーヒーは日本式に適度な量を優雅に飲みたい。(笑)


その後、大型文具店でQ2の新学期の買い物をしてから映画へ。

↓名探偵コナン 紺碧の棺
b0194098_21354108.jpg
韓国では新しい映画なのに、見終わった後、調べてみると、日本では2007年放映の超古い映画でびっくりだった。

Q2は面白かったみたいだけど、ストーリーに無理があり、私はいまいち。


映画の後はナンピョンが迎えに来てくれ、そのまま夕食を食べに行った。

↓いつものキョドンチャンポンで、私はスンドゥブチャンポンパッ(おぼろ豆腐入りチャンポンのご飯付き)
b0194098_01411881.jpg
辛〜いチャンポンの中には海鮮&野菜&豚肉&おぼろ豆腐が入っていて、麺は普通のチャンポンの半分くらいの量で、それにご飯が付いてくる。

麺を食べてから、残りのスープにご飯を入れて食べるスタイルが多いけど、私は別々に食べる方が好き。

ソルラル(お正月)に伴った連休が終了。

疲れた、疲れた。

未だに疲れが取れない。
by 2010neko | 2018-02-23 00:10 | 映画・ドラマ | Comments(1)

1987

昨日は、一人で映画を観に行って来た。

↓年末から観たかった映画で「1987
b0194098_07141616.jpg
主演はたくさんいて、ポスターに載っているキム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン他。←キム・ユンソクの髪型が時代を象徴しているような...

助演もよく見る俳優さん達で、演技が上手かったり、インパクトの強い人ばかり。BR>

さらに、ソル・ギョング、ヨ・ジング、カン・ドンウォン、オ・ダルスなどが特別主演で出てきて、さすがCJエンターテイメント!と思わせる豪華さだった。

ただし、内容は重く、1987年に韓国で実際にあったソウル大生の拷問致死事件を扱った映画。

詳しいあらすじはこちら

韓国が長らく軍事政権下に置かれていたのは知っていたけど、この時の6月民主抗争から民主化されたのは知らなかった。

この日も観客が多く(この系統の映画は韓国人に人気)、これらを実際に経験した中高年の韓国人、これらを知らなかった学生達もみんな涙していた。

あと、こんな危なくて不安定な韓国で、この翌年によくソウルオリンピックが開催できたな〜とビックリ。

映画を観ながら、自分はこの時二十歳で、日本はバブル時代だったので、ジュリアナで扇子を振っているお姉ちゃん達の映像が頭の中に出てきた。←つくづく(私が生まれてからの)日本って平和な国だな〜と思う

それはともかく、家に帰ってから、韓国の時代背景や歴代の韓国大統領のこと、その他、普段はまるっきり関心のない事項について、いろいろ調べることができたので、本当に観て良かった。

お勧めの映画!


Q2はこの日、午後からテコンドー教室で約3時間過ごしていたが、私の方が遅くなるので、2時間程、家で留守番を頼んでいた。

私が到着すると同時に、Q2が炊飯器のスイッチを押すので???と思っていたら、一人でお米を洗ってスタンバイしていたらしい。

私を喜ばせたかったんだろうと思う。

出来上がったご飯の硬さ加減もベスト!

よくやった、Q2。
by 2010neko | 2018-01-19 09:00 | 映画・ドラマ | Comments(0)