人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:家ご飯 ( 256 ) タグの人気記事

秋〜冬にかけて出回る里芋。

韓国でも里芋(トラン)はあるが、普通のマートにはなく、ごく一部のマートや市場にある程度で、出回る時期も短いので、なかなかお目にかかれない。

もちろん冷凍里芋もない。

なので、里芋を見かけた時には必ず買っている。←今年は運良く3回も買えた

先週、これが今年最後の里芋になるかも?と思い、一袋買ったが、珍しく同じマートに干したずいき(里芋の茎:トランデ)も売っていたので、喜んで買ってきた。

ずいき(トランデ)はユッケジャンなど韓国の汁物料理によく使われる。

でも、売っているのはほとんど茹でた状態のずいきなので、保存がきく干したずいきを見て、私はテンションが上がった。

里芋とずいきが手元にあるし、スープ用の牛肉が家にあったので、今日は迷わずトランタン(토란탕)を作ることにした。

本題はこれから。

前にお寺料理教室でずいき(トランデ)には毒があるから、特に生の取扱い(アク抜き必須)には注意するよういわれていた。

でも、いつもは茹でたずいきを使い(買ってきたものを再度茹でてから、水にさっと浸してアク抜きしていた)、約10年間、何の問題もなかった。

なので、干したずいきも茹でてから、水を替えて、ちょっとアク抜きをすればいいと思った。

時間もなかったので、これを1時間以内で終わらせた。←干したずいきは当然、茹でてアク抜きしてから干したものだと思っていた

↓出来上がったトランタン
b0194098_22091983.jpg
美味しくできて満足しながら食べていたら、途中から舌に傷ができたように痛くなってくるし、喉がイガイガしてきた。

ナンピョンにいうと、ナンピョンも同じ症状が...。

その時点で、ずいきの毒(シュウ酸カルシウム)にやられたと気付いた。

二人して、すぐに食べるのを辞め、うがいをした。←私は死ぬのではないか?アレルギー症状で呼吸困難になるのでないか?と慄いていた

その後、ナンピョンがスマホで対処法を調べるとポカリなどのイオン飲料を飲むと良いというのを見つけ、慌ててコンビニに買いに走った。

そして、みんなでポカリスエットをガブ飲み。
(笑)

幸い、Q2はずいき等嫌いなので、ごく少量しか入れてなかったので、症状は出なかった。

この効果は定かではないけど、1時間くらいするとかなりマシになってきた。

でも、まだまだ舌が痛い。

↓シュウ酸カルシウムの結晶画像を見ると舌の痛みにも納得(ウィキペディアより)
b0194098_22501629.jpg

こんな初歩的なミス(十分なアク抜きをしなかったこと)をしたことで、かなり落ち込み中。

ナンピョンからも、もう干したずいきは買わないようにいわれた。

しばらくはトラウマでずいきは食べられないと思う。

ずいき、恐るべし。



by 2010neko | 2019-12-10 22:30 | 家ご飯 | Comments(1)

初マッコリ作りの結果

少し前に、初めてマッコリ作りに参加した話はこちら

その後、マッコリがどのように変化していくか、簡単に写真を撮ってみた。

↓蓋ははずし、ネットをかけてから、埃が入らないよう布をかけて室内放置
b0194098_23092472.jpg
作った直後は水がいっぱいの状態だけど、夜にはもち米が水分を吸って水分は下に少しあるのみ。

↓水気がまた増え、発酵も始まり、3日目から気泡が出始めてもち米の粒も変化
b0194098_23092450.jpg
耳を澄ませると、気泡のパチパチという音が聞こえてきて、すっごく可愛い!

それに台所中に甘いマッコリの香りが漂うようになった。

でも見た目、発酵とはいえ腐らせている感があるので、これを飲むことにかなりの抵抗(お腹を壊すのでは?という心配)があった。(笑)

7日目か8日目くらいには、台所のマッコリ臭もずっと吸っていたら酔いそうな感じに...。

ただ、私がちょっと忙しくて、マッコリを濾す作業をする余裕がなくて、結局、10日目に濾して絞った。

↓出来上がったマッコリ
b0194098_23141654.jpg
市販のマッコリよりかなりアルコール度数が高く、甘みは全くないので、一口飲んで、「うわっ、きっつっ!」という感じだった。

教えてもらった通り、これにミネラルウォーターを入れてアルコール濃度を下げ、好みで甘みをつける。

私はユジャチョン(柚子ジャム:柚子茶の元)と蜂蜜を入れた。

ナンピョンは美味しいといっていたが、酸味がちょっとあったので(発酵させすぎた)、濾すタイミングをやはり7~8日目にしておけばよかったと後悔した。

あと、自然のもので甘みを出そうとすると、かなりの量を入れないといけないので、市販のものに入っている人工甘味料(砂糖の200倍くらい)にも納得。←飲みやすい万人受けするマッコリを作ろうとすると仕方がないのかな〜とも思った

今回は麹が麦麹だったので、次は米麹で作ってみようと思う。
by 2010neko | 2019-11-29 09:00 | 家ご飯 | Comments(1)
ナンピョンが出張から帰ってきて、しばらく家にいるみたいなので、金曜日、久しぶりにミッパンチャン(常備菜)を作った。

↓ミッパンチャン5種類
b0194098_13114670.jpg
매추리알표고버섯조림(うずら卵と椎茸の煮物)、애호박조림(ズッキーニの辛い煮物)、꼴뚜기조림(干したホタルイカの煮物)、하루나나물(菜の花ナムル) 、잔멸치볶음(ちりめんじゃこの炒め物)


私は平日、よく出かけるので、そんな時はナンピョンが一人で昼ご飯を食べることになる。

ナンピョンは家で仕事に没頭していると、ご飯を食べないこともある。

なので、私は出かける前に汁物やおかずの存在を伝えて必ず食べるように言って家を出る。

その時は私が常備菜を保存容器から出して、お皿にセッティングしておく。←ナンピョンが保存容器から直接直箸で食べるのを避けるため

準備していることを伝えると、いつもナンピョンから面倒くさそうに返事が返ってくる。

私はそれも気に入らないが、争うのも嫌なので、そのままスルーしていた。


そして、昨日はQ2と私だけ朝からソウルに出かけた。

昨日はお皿にセッティングしないで、ナンピョンに朝のテンジャンチゲの残りと、冷蔵庫のものを食べるように伝えただけだった。←昼と夜の2食分

当然、今日は常備菜がほとんど残っていないだろうと思って、さっき冷蔵庫を見たら、そのまま残っていた。

ナンピョンになぜ昨日は常備菜を食べなかったのか聞くと、「冷蔵庫におかずがあるのを知らなかったし、出してくれなかったら食べないの、わかっているでしょ。」と...。

お前、何様やねん?!←心の呟き

冷蔵庫を開けてキムチを取り出しているのに、この存在がわからないと?

開いた口が塞がらなかった。

でも、私の教育方法が間違っていたと痛感。

ご飯を作らないという選択肢もあるが、私のぐうたら具合にも程があるので、それはできず。←ナンピョンからチャングーオンマ(クレヨンしんちゃんのミサエのこと)と呼ばれている私

どう教育するか、思案中。

by 2010neko | 2019-11-03 12:35 | 家ご飯 | Comments(0)

その情熱はどこから?

昨日はQ2の通う英語学院でハロウィンパーティーがあった。

学院からは1週間前にお知らせがあり、できるだけ工夫を凝らして仮装してくるよう書かれていた。

見た瞬間、ため息...。

もしも、これが通っている小学校(公的な機関)なら経済的に準備できない子供もいると思うので、私は反対していたかもしれない。←仮装せずにパーティーだけなら賛成

でも、英語学院の外国行事だし、仕方ないかな〜と納得。

Q2はこういうことが好きだし、ベストドレッサーに選ばれると、図書券がもらえるということで張り切っていた。

私はダイソーのハロウィン衣装でも着せて送ればいいかと思っていたら、Q2は自分でいろいろと考えていた。

その情熱はどこから来るんや?!というくらい凄かった。

先週末、ナンピョンと出かけていたQ2は、いきなり私に電話をかけてきて、「正装を買って欲しい。」と言ってきた。

私は「正装?!何言うとん?小学生に正装はいらん!」と最後まで話を聞かず、電話を切った。

家に帰って来てから、Q2に詳しく話を聞くと、映画「신과 함께(神と共に)」の저승사자(冥土の使者)のイメージで仮装したかったらしい。

結局、ナンピョンとQ2の話し合いで、コートはナンピョンのハーフコートを着ることになった。(笑)

小道具はダイソーのものをQ2なりに組み合わせたり(ナンピョンが手伝う)、家にあるものを使った。

↓Q2がイメージしたのはこれ
b0194098_19465651.jpg


↓ハロウィン仮装パーティーにて
b0194098_19481068.jpg
鎌の持ち手に骸骨のアクセサリーをつけ、首にも骸骨のペンダント。

黒い帽子になるようハロウィン用のキラキラ帽子を裏返し、とんがり部分を折り返して、それらしく調整。

顔はBBクリームと真っ赤な口紅(真っ黒や紫がなかった)をつけている。

見た瞬間、笑ったが、本人は大真面目で必死に考えた結果だったので、最終的には、私もどんなことにも一生懸命になれるのはいいことかなと思えた。

学院のハロウィンパーティーでは、女の子達が可愛いカチューシャとかしているくらいで、ほとんどの男子は仮装していなかったらしい。←先生達は千と千尋の神隠しに出てくるカオナシ姿だったらしい

やっぱり、韓国オンマもこういうことが面倒なんだと思う。

でも、みんなでゲームをしたり、カップケーキを作って楽しかった様子。


昨日はハロウィンパーティーもあったことだし、簡単にハロウィンご飯第二弾を作ってみた。

↓適当に作った感が半端ないハロウィンご飯
b0194098_20133048.jpg
おばけとカボチャ型で抜いたご飯を乗せた海老カレー、ジャックオーランタン仕立てのカボチャの焼きサラダ。

ジャックオーランタン、汚すぎ...。(汗)


今日はテコンドー教室でまたハロウィンパーティーがあるとのこと。

楽しみがあって羨ましいわ〜。



by 2010neko | 2019-10-31 06:30 | 家ご飯 | Comments(0)

ハロウィンご飯

今日はQ2と二人だけの晩ご飯だったので、ハロウィンご飯にしてみた。

↓完成度は低いけどQ2が喜んでくれたハロウィンご飯
b0194098_21213507.jpg
指入りミネストローネ、目玉おにぎり&冷凍チキンナゲット&サラダ。

ハロウィンがテーマのご飯は4回目か?

Q2曰く、「生まれてから一番美味しいハロウィンご飯やった。」と...。(笑)

日中出かけていたせいもあり、全くやる気が出なかったけど、重い腰を挙げた甲斐があった。

ちなみに、出張中のナンピョンにこの写真を送ったら、どん引きしていた。


by 2010neko | 2019-10-29 21:15 | 家ご飯 | Comments(0)

はりはり漬け

日本にいる友達と切り干し大根の話になり、はりはり漬けが美味しいとレシピを送ってくれた。

韓国の切り干し大根は太めなので、定番和食の切り干し大根の煮物には不向き。←慣れ親しんだ食感ではないので

でも、サラダやはりはり漬けなど、歯ごたえを求める料理には最適。

さっそくはりはり漬けを作ってみた。

↓はりはり漬け
b0194098_14075524.jpg
漬け汁の塩梅も良く、すっごく美味しかった。

なんで今まで作らなかったのか?

ご飯にもお酒のあてにもよく合うし、すぐにできるので(実質5分→一晩置く)、リピ決定。
by 2010neko | 2019-10-28 13:59 | 家ご飯 | Comments(0)
1ヶ月くらい前から新生姜がマートに出回り始めた。

寒くなってきたので、冷え性予防にセンガンチョン(生姜茶の素)を作ろうと思ったが、調べていると、ちょっと珍しいタイプのテチュセンガンチョン(ナツメ&生姜茶の素)があったので、それを作ることにした。←テチュ・センガン・チョンのチョンというのは本来、蜜を意味する

普通、チョンというのは漬ける主材料と砂糖などを混ぜて、そのまま数カ月熟成させる。←梅シロップのイメージ

でも、今回のは火にかけて煮詰めていくタイプのチョンなので、すぐに飲んだり、(調味料として)使える。

そして、テチュ(ナツメ)や黒糖が入るのでさらに健康的なもの。

参考にしたのは↓
テレビの通りに作るとすごい量になるので、量は1/3程度に変更し、黒糖(贅沢に奄美産使用)が少し足らなくなったので、その分ははちみつを継ぎ足した。

↓出来上がったテチュセンガンチョン(ナツメ&生姜茶の素)
b0194098_13552830.jpg
生姜の皮を取ってから薄くスライスしたり、ナツメの種を取って細切りしたり、下準備が大変で途中嫌になってきた。(笑)

それでも、出来上がりをお茶にしたら、内臓も体の末梢も温まってきた。

まだ、生姜のピリピリ感が少し残っているが、時間と共に落ち着くと思う。

手仕事は楽しいけど、正直、私の性格的に面倒くさい。

by 2010neko | 2019-10-27 13:30 | 家ご飯 | Comments(0)
今年の梅の時期、メシルチョン(梅シロップ)と日本の梅干しを作った。

メシルチョンについてはこちら

私は元々、梅干しが大好きだったけど、韓国では美味しい梅干しが手に入らないので、諦めていた。←料理で必要な時は日本で買ってきた練り梅のチューブを使用

前から自分で漬けたいと思っていたものの、私には梅を干す過程のハードルが高く作れずにいた。

でも、今回は干さなくていい塩に漬けるだけの白干し梅を発見。

参考にしたのはこちら

そして、面倒くさがりの私はさらにメシルチョンを作る時のように洗ってヘタを取った梅を冷凍庫で凍らせ、重石等もせず放置するやり方にした。

初めてだし、勝手なやり方で作ったので失敗も覚悟していたが、これが大成功し、とっても美味しい梅干しができた。

最近は、酸っぱいものが食べたくなったら食べたり、梅干しおにぎりにして食べている。

↓6月末に漬けた干さない塩漬け梅(白干し梅)
b0194098_13013574.jpg
昔ながらの酸っぱい梅干しで塩分も18%だけど、すごい塩辛さは感じない。←日本では市販の8~10%の梅干しを食べていた

干さないので実はやわやわ(トロトロ)で、皮が破けないよう取り出す時に注意が必要。

今日も1個食べた。

簡単なので来年も作ろうと思う。

☆覚え書

(材料)黄梅○キロ、粗塩は梅の18%の量、25%焼酎適量

(作り方)
1.梅を洗ってヘタを取り、水気を切ってからビニール袋に入れて冷凍(前日)
2.保存容器を煮沸消毒・乾燥→25%焼酎を容器内に垂らして消毒・破棄
3.容器内に塩→凍らせた梅を交互に入れ、最後に塩を乗せてから蓋をして放置
4.梅酢が上がってきたら、気がついた時に上部にある梅に梅酢が満遍なくかかるように容器を回す(梅酢が完全に上に上がって来るまで、1日1回は行う)
5.あとは1ヶ月くらい放置したら完成


この白梅酢で、友達が教えてくれた唐揚げを作ったり、新生姜の梅酢漬けも作ってみた。←たこ焼きや焼きそばパン用に甘酢漬けではなく梅酢漬けにした

↓新生姜の白梅酢漬け
b0194098_13365636.jpg


今日も朝からいろいろ手仕事をして、あっという間にこんな時間。

家の掃除...いつになることやら?




by 2010neko | 2019-10-25 13:35 | 家ご飯 | Comments(0)

ホラ吹き男

ナンピョンは元々、川で網を使って捕まえる魚釣りが好きだったが、最近、小学校時代の同級生に誘われて海釣りへ行くようになった。

海釣りといっても、船に乗って沖合いに行くらしく(船長がいて釣り客数名を連れて行く)、朝3時半くらいに家を出発する。

1回目(2ヶ月くらい前)は何かの魚を釣ると出かけたが1匹も釣れず帰って来た。

同級生がよく釣れるから行こう!というから行ったのに、全く釣れなかったので、友達は信用できないと怒っていた。(笑)

で、今回は쭈꾸미(イイダコ)がよく釣れるから行こう!といわれ、これまた信じて昨日出かけて行った。

ナンピョンは釣りに行く前、釣った人のイイダコ写真を見せながら、「100匹は釣れるから、明日の夕食はヨンポタン(イイダコや野菜などを入れたスープ料理)にして、(仲のいい)D家にも一人3匹として24匹あげよう!あとは冷凍しておけばいい!」と意気揚々と話していた。

私は前回のこともあるのでほとんど期待していなかった。

そして、昨日のお昼にカカオで釣りの写真と共に中間報告を送ってきた。

6匹しか釣れず、「もう友達とは絶交!」と冗談まじりに書いていた。

そして、夜7時に帰宅。

お昼から全く釣れず、結局、イイダコ6匹のみ持ち帰ってきた。

私は心の中で、「この、ホラ吹き男が!」と呟いた。

船代が一人10万ウォンらしいので、買った方が断然安い。←船では朝食にカップラーメン&コーヒー、昼食にコッケタン(渡り蟹のスープ)とご飯が出る

でも、歳がいくにつれ、あまり外に出なくなったナンピョンには、こういう趣味生活があった方がいいと思うので、いろいろ興味を持ってもらいたいと思う。

↓釣れたイイダコ6匹でヨンポタン(軟泡湯)←ナンピョンのお酒のあてになった
b0194098_12105265.jpg


by 2010neko | 2019-10-02 11:38 | 家ご飯 | Comments(0)

Q2、夏休み最後の宿題

今日からQ2の学校では2学期が始まる。

夏休みの宿題は、日記4編、読書録4編、毎日の運動量記録、あとは自由課題2つ。

1つは夏休みに韓紙を作りに行ったので、その作品と韓紙について調べたことをまとめて提出。

もう1つは、Q2が料理を作りたい!とのことで、オムライスとサラダを作らせた。←将来は料理人(パンやデザートも作れる)になるらしい

去年の夏、Q2にご飯の炊き方を教えてから、私が疲れていたり、遅おきの時は勝手にご飯を炊いてくれるようになった。

Q2がオムライスとサラダを作るのは今回が初めて。

私は口頭指示+見本を見せるため各工程の最初の部分だけ少し手伝うことにした。

まずはご飯を炊いてもらい、その間にサラダの材料(チシャ、ミニトマト、きゅうり、黃パプリカ)を洗浄→下処理→カット→盛り付け。

韓食調理技能士の教室並に、衛生・準備・下処理・切り方・片付けなどを口うるさく教えてしまい、自分自身に苦笑。

その後、玉ねぎドレッシングを作るため、玉ねぎを擦って、醤油やお酢などを入れてドレッシング完成。

次にオムライスの材料(玉ねぎ・人参・ピーマン・ウインナー)を上記手順でカット。

Q2は玉ねぎのみじん切りが目に染みると涙を流しながら&悶ながら切っていた。

その後、フライパンで玉ねぎ等を透明になるまで炒めて、塩・胡椒をし、ご飯を投入。

いい感じに進んでいたのに、ケチャップを入れて混ぜ始めた直後にQ2が「あ〜っ!!!」と大声をあげた。

やったな〜と思って見ると、右手の手首外側とフライパンが接触し、やけどをしていた。←注意するよう言っていても、やる時はやるので仕方がない

Q2に流水で冷やさせ、あとは私がバトンタッチ。

料理人になるには、こんなやけどは日常茶飯事だと説明すると、Q2は納得していた。

でも、しばらく冷したのにすぐに赤く膨れてきて、ヒリヒリするらしく、Q2はオムライスの卵を割って溶いたら、そのまま私に任せて消えて行った。(笑)

なので、オムライスの最後は私が仕上げた。

包むと失敗するだろうと思い、薄焼き玉子を乗せたオムライスに...。(汗)

ケチャップはQ2がかけた。

↓夏休みの自由課題の料理(提出用写真)
b0194098_01163091.jpg
オムライスもサラダも美味しくて、ナンピョンがQ2を褒めてあげたので、やけどはしたけど嬉しそうにしていた。

この写真に作り方と家族が食べた感想、自分が感じたことなどを記入し提出。

まあ、先生は一切宿題に目を通さないと思うが、無事に宿題もやり切って夏休み終了。






by 2010neko | 2019-08-23 06:30 | 小学校 | Comments(0)