人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:外食 ( 354 ) タグの人気記事

再びソンスバーガー

昨日はまた平澤国際中央市場(평택국제중앙시장)にハンバーガーを食べに行ってきた。

前回の記事はこちら

今回はアメリカンスタイルの店内で食べる、どでかいハンバーガー屋に行くつもりでいたのに、Q2が前回のソンスバーガーがいいと譲らなかったので、仕方なくそっちにした。←私も内心、ソンスバーガーが良かったけど、他のお店の味も知りたくなる

↓再びソンスバーガー
b0194098_21260962.jpg
やっぱり、美味しい!

お肉(プルコギ)をしっかり感じられるし、軽いソースが食欲をそそる。

カムジャティギム(フライドポテト)はごく普通だった。

ちなみにナンピョンはハンバーガーより汁物が食べたいと、近くのコンビニでカップラーメンを食べてから、ソンスバーガーにやって来た。

食後は、寒いのでちょっとだけプラプラし、良さげなカフェへ。

↓直接建物2階に上がっていく「LABAZZA COFFEE TREE CAFE」
b0194098_21481442.jpg
オーナー?のおばさんの物腰が柔らかく、何も飲まないQ2にも飴を持ってきてくれたり、とっても親切だった。

店内は思ったより広く、6人くらいは余裕で座れる個室が2箇所くらいあり(お姫様カーテンで仕切れる)、それ以外の席も家族やグループで行くのに、もってこいなカフェ。

私達も個室でしばらく寛いだ。

ランチメニューもあったので、食べてみたかったな〜。


その後、地元のマートや精肉店に行ったら、あっという間に半日が終わってしまった。

時間が過ぎるのが早い。

by 2010neko | 2019-12-08 21:20 | 外食 | Comments(0)
昨日はナンピョンの親しい仕事仲間(70歳くらいのおじさん)の息子さんの結婚式がソウルであり、家族3人で参加してきた。←ナンピョンと私が出会った時に一緒にいたおじさんで、私のことも可愛がってくれる大好きなおじさん

場所は結婚式専用のウエディングホール。

新郎新婦共に40歳(韓国では41歳)。

↓初々しさはないけど、落ち着いた感じのいい結婚式だった
b0194098_23145758.jpg
すごくきれいなお嫁さんを見ながら、私は「この歳になって(一人で楽しく暮らしていけるだろうに)何で結婚するんやろ?」とふと思ったけど、私もほぼ同じくらいの歳で結婚したことを思い出し、ちょっと笑えた。

と同時に「結婚せん方がいいかもよ?」と思ったり...。(汗)

でも、おじさんに優しそうなお嫁さんができたし、これでおじさん夫婦も安心したと思う。

結婚式の後は階を移動し、ナンピョンの職場仲間達と一緒に宴会場(食堂)へ。←韓国は披露宴等なく、結婚式後は食堂で単に飲み食いして解散

ホテルでの結婚式以外は食堂でブッフェスタイルの食事になるため、今回もそうだと思い、期待していた。←特にQ2

でも、ここはちょっと変わったスタイルだった。

↓結婚式の食事(結婚式のご祝儀と引き換えに食券をもらう)
b0194098_23135049.jpg
円卓の席に一人ずつサラダと前菜みたいなものがセットされていて、座ると自動的にカルビタン(骨付き牛カルビスープ)と白ご飯が出てきた。

そして、中華料理みたいにくるくるテーブルの上におかず5種類、果物、韓菓が運ばれ、テーブルの人達と取り分けて食べる。←テーブルのおかずが足らなければ継ぎ足してくれる

飲み物は韓国焼酎、ビール、サイダーがテーブルに何本かあり、足らなければ持ってきてくれる。

食事はまあまあ美味しかったけど、何となく物足りなかった。

ナンピョンの職場の人とは10年ぶりくらいに会う人もいるし、全く知らない人もいたが、まあ、それなりに楽しく食事ができた。

結婚式終了後、地下鉄とバスで来たので、帰りのバス待ちの間にパリバケットでお茶をして帰ってきた。

緊張していないと思っていたけど、帰ってきたら、また吐き気を伴う頭痛が...。←いつものパターン

あ〜、疲れた。

by 2010neko | 2019-12-02 06:30 | お出かけ | Comments(0)

室内ローラースケート場

昨日は家族で街の中心地にある室内ローラースケート場へ。

韓国では、市民が集うような大きな公園にインラインスケート場が設置されてることが多いので、ローラースケートといえば野外で行うものだった。

でも、(うちの地域では)約1年くらい前に室内ローラースケート場が出現。←今は家からバスで30分圏内で行ける室内ローラースケート場が3箇所ある

前から、この室内ローラースケート場に行こうと思っていたのに、すっかり忘れていた。

で、最近また思い出したので、昨日やっと行ってきた。

Q2はアイススケートを1回したことがあるが、ローラースケートは今回が初めてだった。


室内ローラースケート場はだいたいビルの中にあり、入り口で料金を払うと、腕に遊園地で巻かれるような紙の腕輪(チケット)をつけられ入場する。

料金は大人も子供も同じで、靴や防具代も込みで、2時間基準10000ウォン(平日は8000ウォン、滑らない人は入場料2000ウォンのみを払う)←一日券は15000ウォン、どこもこんな感じの値段

↓その後、自分に合うローラースケート(靴)をもらい、自分で防具を取って装着
b0194098_19480030.jpg


↓電飾は昔のディスコ状態で、K-POPがガンガンにかかっている室内ローラースケート場(写真ではわかりにくいけど、ミラーボールもあり完全にディスコ)
b0194098_19494494.jpg
BTSなどの曲もかかるので、私のテンションもあがる!(笑)

韓国らしく、ローラースケート場横には売店&カフェがあり、滑っているのを見ながら飲食できる。

持ち込みが禁止になっているので、売店ではお菓子や飲料水をはじめ、各種カップラーメン、袋ラーメン(ラーメンを自分で作る器械も設置されている)、冷凍食品(電子レンジもある)があり、間食には事欠かない。

Q2とナンピョンだけローラースケートをして、私は見学していたので(私がやると即骨折すると思う)、一人で優雅にコーヒーを飲んでいた。

あと、室内にはローラースケートに飽きてもいいように、トランポリン(左下写真)もあるし、カフェではアニメをやっているので、親も楽ちん。

↓ローラースケート場のQ2とナンピョン
b0194098_20044548.jpg
Q2は最初、キッズコースで歩行器を用いて練習後、一般のコースへ。

何度も何度も転けながら練習し、何とか歩くように周れるようにはなった。

でも、残り20分くらいで、ものすごい尻もちをつき、それがめちゃめちゃ痛かったようで、涙を浮かべていた。←その後、しばらく歩き方もおかしかった

最初は「来週も来る!」といっていたのに、これがトラウマになり、「もうローラースケートはしない!」と...。(笑)

ナンピョンは高校くらいの時に、ローラースケートが流行ったらしく、その時に滑ったことがあるので、少し練習したら、結構滑っていた。

2人共、帰る頃には髪の毛も濡れるくらい、びっしょり汗をかいていた。

ローラースケートの運動量は恐るべし。


帰りは、早い夕食で何年かぶりにトッポッキ鍋の専門店「두끼(トゥッキ)」へ。

두끼は、自分でトッポッキの材料やソースを選んで(ブッフェ形式)、自分好みのトッポッキ鍋を作るお店。

↓今回はQ2のリクエストでチャジャン味のトッポッキを作った
b0194098_21270908.jpg
トッポッキ鍋が出来上がるまでに、みんな、おでん(写真左下)を食べすぎて、トッポッキ鍋(写真右下)はこれだけしか食べられず、最後にポックンパッ(焼き飯)を食べて終了。

ちなみに、두끼(チェーン店)は1時間半の時間制限はあるが、トッポッキ&インスタントラーメン食べ放題・飲料水飲み放題で大人一人9000ウォン、子供一人7000ウォン。

たくさん食べる人にはかなりお得なトッポッキ屋なのでお勧め。

楽しい半日だった。
by 2010neko | 2019-12-01 09:43 | お出かけ | Comments(0)
日本からまた友達のCちゃんがソウルに遊びに来てくれた。

今回は友達と一緒らしいが、その友達は一日遅れで来るということだったので、昨日はCちゃんと私の二人で夕食を食べに行った。

Cちゃんのリクエストでチョッパル(豚足)屋へ。←食べたことがなかったらしい

神戸の一般的な豚足の食べ方(兵庫や長田の一部の市場に売っている茹でた色白の豚足)は、そのまま酢コチュジャンや酢味噌につけて食べる。

しかし、韓国の豚足は玉ねぎやニンニク、韓方(漢方)の材料、醤油など、いろんなものが入ったスープで煮込んだものなので、きれいな飴色をしている。

それをスライスして、セウジョ(オキアミの塩辛)やサムジャン(合わせ味噌)をつけ、ニンニクや青唐辛子と一緒にサンチュなどに包んで食べる。

コラーゲンたっぷりだし、野菜と一緒に食べるので美容にもいいといわれている。

↓薬水駅近くにあるチョッパル専門店「조옥당(チョオッダン)」にて
b0194098_20193676.jpg

b0194098_20193625.jpg
薬水駅周辺にはチョッパルのお店がたくさんあるが、ここはいろんなタイプの豚足料理がある。

いろいろ食べてみたいけど、たくさんは食べられないので、パンバン(日本でいうハーフ&ハーフ)メニューでオンチョッパル(温豚足)&ネンチェチョッパル(冷菜豚足)の中サイズ(34900ウォン)を注文。

まずは、トックッ(お餅入りスープ)とお盆に入った付き出しが出てきた。←トックッが煮えたら自分で生卵を入れる

付き出しと一緒に食前酒のポクスンアマッコリ(桃味のマッコリ)も出てくるので、それで乾杯〜。

ポクスンアマッコリが甘くて美味しい〜!

トックッもお餅がたくさん入っていて、美味しかった。

しばらくすると、温豚足→冷菜豚足の順でやってきた。

温豚足には辛いソースと明太子ソースもついていたので、セウジョやサムジャンなども合わせると、いろんな味が楽しめた。←豚の臭みはほとんどしないが韓薬の匂いが若干するのでが苦手な人もいるかも...

冷菜豚足は中華の冷菜のように甘辛の洋からしソースで食べる。←手袋をはめて、グチャグチャに混ぜてから食べる

釜山でしか食べられない料理だと思っていたので、ここで食べられて嬉しかったし、釜山で食べた冷菜豚足より、こっちの方が美味しかった。 

お酒は私の好きなチピュン生マッコリを注文。

ちょうどいい甘さと発酵具合で友達も気に入っていた。

最後にマッククス(そば粉の冷麺)を注文しようと思っていたところ、お店の人がサービスだと、キムチクッ(キムチスープ)を持ってきてくれた。

このキムチスープにこぶりのマンドゥ(水餃子みたいなもの)とスジェビ(すいとん)が入っていて、すごく美味しいのに、2人では量が多すぎて完食できなかった。

残念〜。

私は普段、豚足を食べようとは思わないので、今回、Cちゃんに誘ってもらって良かった。

その後、カフェでお茶。


おしゃべり三昧であっという間の5時間だった。

会いに来てくれて感謝、感謝!

by 2010neko | 2019-11-22 09:00 | 外食 | Comments(0)
先月、結婚記念日があった。

ナンピョンが結婚記念日に出張予定だったので、前倒しでお祝いするか、後にするかの話を前にしていた。

しかし、結婚記念日当日はぎりぎりナンピョンが家にいた。←その翌日から出張だった

それなのに、ナンピョンも私もすっかり忘れていて、夕方になってようやく、この日が結婚記念日だと気づいた。

Q2が以前、この日にロブスターを食べてみたいといっていたのに、準備もできず、結局、家の近くにあるいつもの(豚の)焼き肉屋でお祝いをすることにした。

その前にみんなでユニクロへ行き、セールのヒートテックをそれぞれ3枚ずつ購入。←ナンピョンからの結婚記念プレゼント?

↓いつもの(豚の)焼き肉屋にて
b0194098_20551123.jpg
私の希望でモクサル(首のまわりの肉)3人前を注文。

3人ともあまりお腹が減ってなくて、お肉の追加もせず、テンジャンチゲ&ご飯をちょこっと食べて終了。

初めて見るマッコリがあったので飲んでみたが、このマッコリ、味がかなり人工的で全然美味しくなかった。←ナンピョンも同意見

写真のハートの折り紙(磁石で2人が1つに引っ付くように工夫したらしい)はQ2の結婚記念日のお祝い。^^;

去年に引き続いて、結婚記念日の日付を忘れていたけど、さらに今回は結婚何周年かかも忘れていた。

10周年か11周年といいながら、3人で乾杯したのに、今、調べてみたら12周年だった。

もう、どうでもいい。(笑)

来年の結婚記念日は以前のようにナンピョンにステーキディナーを作ってもらおうと思う。



最近の家族の外食。

↓Q2と大田旅行をした時に食べたチョッカルビと同じチェーン店が近所にあったので行ってみた
b0194098_21135543.jpg
溶かしチーズがついていたり、付き出しにチヂミがついていたり、サービスは良かったけど、チョッカルビの味は大田の方が美味しかった。


↓刺し身屋でお持ち帰り用にしてもらい家で食べた(韓国は刺し身の出前もできる)
b0194098_21200110.jpg
薬味からカレイの唐揚げ、ムール貝のスープ等、すべてついてくるので、ご飯以外の準備をしなくていいので助かる。←私がソウルに出かけて遅くなる時によく父子でこれを夕食に食べているらしい


↓よく行くチャンポン屋のチャンポンパプ(中に麺とおぼろ豆腐が入っていて、それにご飯がついてくる料理)
b0194098_21301688.jpg
ザザ降りの雨の中、雨の音を聞きながら、食後の(無料)コーヒーやジュースを飲むのもなかなか良かった。

ちなみに、ここも私がいない時に父子でよく昼食を食べに通っているお店。←バリエーションのない父子(笑)
by 2010neko | 2019-11-20 20:45 | 外食 | Comments(2)
週末の2日間、ピョンテク市に遊びに行ったが、食事はすべてピョンテク国際中央市場(평택국제중앙시장)で済ませた。

ピョンテクには米軍基地があり、そのすぐ近くに国際中央市場ある。

市場(商店街)自体は大きくないけど、外国人がたくさんいるし、外国料理のお店もたくさんあり、ちょっとだけ異国情緒がある。

数日前に、この市場で美味しいお店や可愛い雑貨屋の紹介をテレビでしていたので、市場ご飯大好きな我が家も行ってみることにした。

結果、大満足!

有名どころをすべて制覇。(笑)←でも、どこも並ばなければいけない

まずは1日目の昼食。

↓송쓰버거(ソンスバーガー)
b0194098_09304965.jpg
マクドナルドやロッテリアなどのハンバーガーが好きでない私もここのは、すごく美味しく感じた。

まずパテが変わっていて、練炭で焼いたプルコギ(味付けに青唐辛子のみじん切りも入っている)を細かくしたものに卵を乗せて固めただけのもの。

その上にチーズを乗せ、バンズにそのパテとレタスが入り、甘酸っぱいソースがかかっている。

小さめのバンズもフワフワして美味しい。

脂っこさはほとんど感じず、さっぱりした健康的なハンバーガー。

ハンバーガーは辛さの段階別に3種類に分かれていて、すべて4000ウォン(400円)とコスパもいい。

ちなみに、スナンマッと呼ぶ辛くないハンバーガーも、わずかにピリッとしているが、辛いものが無理なQ2も美味しく食べることができた。

メウンマッと呼ぶ一番辛いものは、激辛なので要注意!←ナンピョンが食べて大変だった。

私が食べたのはポトンマッ(普通味)で、辛いものが好きな私にちょうどいいピリ辛加減だった。

近くにあるなら絶対に通うと思う。


↓ぶらぶらした雑貨屋、アクセサリー屋、マカロン屋など
b0194098_10055204.jpg
米粒に名前を書いて液体に入れたアクセサリーがあり(番組で紹介されていた)、Q2も家族の名前を入れた米粒&花入りネックレス(17000ウォン:1700円)を購入。

まっくろくろすけは、You Tubeばかり見ているナンピョンが購入。

マカロンは山を散策した時のおやつに...。


1日目の夕食は、プデ(部隊)チゲ。←米軍基地があるので議政府(ウィジョンブ)のプデチゲ同様に有名

↓「김네집(キムネチプ)」
b0194098_10173985.jpg
プデチゲにキムチだけで、ご飯や(インスタント)ラーメンは追加注文。

うちは3人前で30000ウォン(3000円)。

ここのスープは濃厚で他のプデチゲのお店とちょっと違っていた。

ハンバーガーもそうだったけど、ここのプデチゲも私が今まで食べたプデチゲの中で一番美味しかったように思う。←昼も夜も当たりだったので気分が良かった!


2日目は午後2時から生態博物館だったので、それが終わってから早めの夕食で市場へ行った。

他にはあまりないタンミョントッポッキが有名だという粉食屋へ。

↓「세모분식(セモプンシク)」
b0194098_10294719.jpg
一番大きい写真がタンミョントッポッキ(韓国春雨入りのトッポッキ)。

汁気の多いトッポッキ(お餅、さつま揚げ、野菜、ゆで卵、エゴマの葉)に韓国春雨が大量に入っている。

一皿6000ウォン(600円)。

こんなに量が多いとは思わず、チーズラーメントッポッキ2つ、スンデ、キンパプなどを頼み、食べ切れなかった。

プンシク屋で大人買いしたのは初めて。(汗)

トッポッキのソースはかなり甘めで、かつ辛い。←Q2はうどんのスープで洗って食べていた

このソースにキンパプをつけて食べるのが美味しい。

美味しいトッポッキのお店だと思うが、量が多いので最後は甘くて飽きてくるし、並んでまで食べなくてもいいかな?

でも、タンミョントッポッキについてわかったので楽しかった!


この市場のカフェにも2軒行ってみた。

それぞれ雰囲気が全く違っていたし、くつろげる雰囲気だったので、3人でまったりできた。

↓カフェ「코지썸데이(コチソムデイ)」
b0194098_10473206.jpg
ここの椅子やライトを見て、45年くらい前(笑)、母親が通っていた喫茶店を思い出した。

レトロ✕イギリスチック✕ポップなカフェだった。

韓国ではあまり見ない可愛いらしいカップ入りチーズケーキなどもあり、やる気が感じられた。

↓「of coffee」
b0194098_10520179.jpg
古いビルにあるカフェで、手作り感満載なのに、すごく洗練された雰囲気のカフェでテンションが上がった。

2階もあり、カップルが多く、インスタ映えするカフェ?


先週末はこの市場も含めて、遊び場に恵まれて、かなり充実した休日だった。

ピョンテク国際中央市場には、他にも行きたいアメリカンなハンバーガー屋やブラジル料理のレストラン、カフェ等もあったので、また遊びに行きたいと思う。

by 2010neko | 2019-11-19 09:14 | 外食 | Comments(3)
今日は韓国人友達と映画「82년생 김지영(82年生まれ キム・ジヨン)」を観てきた。

↓「82년생 김지영(82年生まれ キム・ジヨン)」
b0194098_15164970.jpg

韓国で女性に生まれたが故に受ける差別や苦悩について描かれた小説の映画化。

私は韓国人でないけれど、韓国へ嫁に来てから義実家で受けた理不尽な扱いを思い出し、映画とリンクする部分がたくさんあったし、育児をしていく中での社会的な疎外感・閉塞感等、ジヨンと重なる部分も多く、かなり共感し涙した。

映画館で韓国アジュマ(おばさん)達がこれを観ながら大きなため息をつき、声を上げたり、すすり泣きする様子を見て、韓国に生きるって辛いよな〜と思った。←ただし、最近は女性の力はすごいし、嫌なものは嫌!とはっきりいう人が増えているので、必ずしもこの通りではない

気持ちは重くなるけど、お勧めの映画だと思う。


↓映画の後は、新しくできた日本の家庭料理屋へ
b0194098_15405087.jpg
私はチキン南蛮定食、友達はステーキ定食。

味はまあまあ美味しかった。

久々に食堂街に行くと、新しくできたお店がいくつかあったが、すべて日本食だった。

政治絡みからだけど、日本のものを遠ざけておきながら、なぜまた日本食なのか理解に苦しむ。

不思議な国だとつくづく思う。
by 2010neko | 2019-11-14 23:00 | 映画・ドラマ | Comments(1)
今日はAさんと行きたい候補にあげていたオサン市にあるカフェに行ってきた。

場所は車がないとちょっと行きにくい場所で、カフェの目と鼻の先に、ドラマ「아스달 연대기(アスダル年代記)」の撮影場があるので、その景色を眺めながらお茶もできる。

↓チャン・ドンゴン、ソン・ジュンギ主演の「アスダル年代記」今年の6月〜9月にtvNで放送されていた(撮影場のセットはそのまま残されている)
b0194098_20474781.jpg
ちなみに私は興味がなくて観ていない。


でも、ここのブランチが美味しいらしく、お店(ビル3階の全フロア)も広々してのんびりできそうだったので、行ってみた。

↓「Cafe My NZ」
b0194098_20474865.jpg
2人でエッグベネディクトと手作り(鶏むね肉)バーガーをシェア。←コーヒーをつけると各13000ウォン〜15000ウォン

特に手作りバーガーが他にはないスタイルですごく美味しかった。

お店の人も親切だし、ガランとして居心地もいいので、ここはまた行こうと思う。

窓から見えるのがドラマ撮影場所。←内部が一般公開されているらしいが、いつまであるのかは不明


韓国は本当にカフェ天国。

一昔前は一般人がコーヒーもあまり飲んでいなかったし(お店でもミックスコーヒーみたいなインスタントコーヒー)、喫茶店と呼ぶにもしょぼすぎる茶房しかなかったのに、今では趣向を凝らしたカフェだらけ。

田舎に行っても、コーヒーマシーンを置いたカフェがある。

韓国生活であまり好きな部分はないけど(汗)、カフェと出前とチムチルバンはとってもいい部分だと思う。

by 2010neko | 2019-11-13 20:30 | お出かけ | Comments(2)

落ち込んで...

今週前半はいろんなことが重なり、かなり落ち込んでいた。

一番の原因は自分でわかっているが、それをベースにすべてがマイナス思考になってしまう。

どうしたもんだか...。

数日前、すごく辛かったので、開放的なカフェで気分転換でもしようと思い、行きたかった大型カフェに行ってきた。

↓カフェ「LE REVE」
b0194098_16304093.jpg
スタイリッシュでゆったりしたカフェ。

一人で行くと、誰に気兼ねすることなくのんびりできる。

その反面、気持ちが落ち込んでいるので、私以外のグループで来ているオンマ達が楽しそうに話しているのを見ると、ちょっと悲しくなった。←韓国オンマ達が自由に自分を表現できている姿に対して

でも、選んだ胡桃のライ麦パン(だと思う)が思いがけず美味しかったので、少し気持ちが和らいだ。

重い腰をあげて行った甲斐があった。

ちょっと行きにくい場所だけど、このパンを食べにまた行こうと思う。

鬱の一歩手前...。

今の自分を受け入れて、気持ちを立て直そう!

by 2010neko | 2019-10-26 06:30 | 外食 | Comments(0)
大田旅行の続き。

パン屋を後にして、「오월드(オーワールド)」へバスで移動。

オーワールドは遊園地、動物園(サファリもある)、バードランド、フラワーランドからなる総合テーマランド。

ただし、規模はソウルランドなどに比べるとかなり小さい。

午前11時に着いて、すぐに遊園地のエリアで遊び、途中、サファリ(15分くらいで終わった)を見てから、また遊園地へ。

↓「오월드(オーワールド)」にて
b0194098_09475807.jpg
私は数日前にぎっくり腰になり、バスの振動も痛い状態だったので、ほとんどの乗り物はQ2一人で搭乗。

可愛そうなことをしたけど、それなりに楽しんでいた。

昼食らしい昼食は食べず、チキンやアイスクリーム、お菓子などで済ませた。

後半は動物園やバードランドにも行く予定にしていたが、二人共歩き疲れて、結局、また遊園地で過ごした。

その分、Q2が乗りたかった乗り物にはほとんど乗れたので、まあ良かったと思う。←もっと絶叫系マシンがあればいいのにな〜

午後4時にオーワールドを出て、そのまま行きたかったデジカルビのお店へ。

オープンして間もない時間だったので、(外から見ると)お客さんもいなくてラッキーと思いお店に入ると、予約で満席だった。←知っていれば予約したのに...残念無念

仕方なくホテルに向かうことにした。

もうヘトヘトだったので、タクシーで移動することにしたが、乗った瞬間にトラブル。

詳細を書くと日韓問題化するので省略するが(笑)、私も久々に切れて吠えた。←だから日頃からタクシーに乗るのが嫌

また、バスでホテルまで移動。

↓「그레이톤호텔(グレイトンホテル) 」にて
b0194098_10164381.jpg
セール価格でダブルルームが5万ウォン(約5千円)。

小さいホテルだったけど、部屋もきれいだし、無料の朝食(ミニブッフェ)もこの値段にしたら、種類も多くてかなり良かった。←立地もいいし、大田に来たらまた泊まりたい

チェックイン後、ちょっとだけ休んで、ホテルのすぐ近くにあるチョッカルビ(骨付きカルビ)屋へ。

↓「구이구이 쪽갈비(クイクイ チョッカルビ)」にて
b0194098_10211642.jpg
BBQ味のチョッカルビ(小・2人用サイズ)、昔ながらのお弁当、白ご飯、韓国焼酎1本で占めて41000ウォン(約4100円)。

味もなかなか良いし、オープンテラス席で気持ちいいし、Q2もすごく喜んでいた。

タクシーで嫌なこともあったけど、最後に食事で満足できたので、めでたし、めでたし!



翌日のチェックアウト後は、「국립중앙과학관(国立中央科学館) 」へ。

大きな科学館で体験型施設や見どころも多いので、ここを選んだが、行ったら偶々この日はポンポンサイエンスという科学&数学のお祭りの日だった。

科学館敷地内の広場や道沿いに無料の体験ブースが50個以上あったと思う。←大田にはKAIST(韓国科学技術院)という有名な大学があるためか、高校の科学部などの活動も活発なようで、そこの高校生ボランティア達が学校単位で各ブースを運営

Q2もブースを見た時から既にテンションが高く、いろんなブースに並んで参加。

すべて科学や数学を応用したもので(最初に原理等の簡単な説明がある)、遊びや遊び道具を作りながら科学・数学を身近に感じられるように工夫されていた。

↓「국립중앙과학관(国立中央科学館)」にて
b0194098_15484304.jpg
途中からQ2は一人で行動すると言い出したので、私はカフェに行ったり、そこらへんを散歩していた。

お昼ご飯は科学館の敷地内にあるレストランでうどんを食べたり、おやつにフードトラック(10台くらい出ていた)のたこ焼きを食べたりした。

Q2が帰る予定時間になっても、まだ遊びたいというので、(ネットで)市外バスの予約時間を変更し、さらに遊んだ。

結局、8個のブースで体験でき、午後4時半すぎに科学館を出た。

午後5時15分の市外バスに乗り、午後7時15分(7時に到着予定だった)に水原バスターミナルに到着。

↓ターミナルで旅行最後の夕食
b0194098_10595251.jpg

家には午後8時半すぎに到着。

今回の母子旅行は充実していて楽しい判明、Q2の言動(最近、態度が悪すぎる)に苛ついて、何度もかなり怒ってしまった。

私も反省はしているけど、未だに同じ感じだし、そりが合わないと思い始めている。

それか、私が毒親なのかもしれない...と感じ出した。

早く完全自立して欲しい。

話を戻し、今回は国立科学館自体の建物(いろんな館がある)は全く観れなかったので、近々、ナンピョン連れで再訪しようと思う。

by 2010neko | 2019-10-23 09:33 | 旅行 | Comments(0)