日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:カフェ ( 71 ) タグの人気記事

ほっと一息

Q2の夏休みが終わった8月末頃、私の子育てのイライラがピークで、すべてを投げ出してしまいたい衝動にかられた。

原因はいろいろあった。

まずは、一人で育児・教育等をしなければいけないストレス。←夏休みに日本に行けたけど、残り半分の夏休みで四六時中Q2といなければいけないのが辛かった(塾の宿題とかさせるのもストレス)

次は、なかなか治らない副鼻腔炎で頭痛や歯痛等があり、体調が悪かった。

その上、バスから降りる時にQ2の足が私の足に当たり、バランスを崩した私はこけて脛を強打。

結果、左脛を3針縫うはめになり、毎日のように耳鼻咽喉科と外科のはしご状態で、気が滅入っていた。

そして、最大の原因はQ2が中間反抗期か?と思うくい悪態をつくことだった。

もう、ムカつくこと極まりなく、何度、「そんなに嫌なら家を出て行け〜!!!」と叫んだことか...。

偉そうにするくせに夜は怖いからと、私と一緒に寝ようとする。

これまたうざいので、私:「もう頼むから、別に寝て!」、Q2:「嫌!」のエンドレス。

これ以上、一緒にいたらQ2をボコボコにしてしまう!と思った時、ナンピョンが出張先から半日だけ帰って来た。

すぐにナンピョンにQ2を預け、一人で出かけた。

私はイライラしていたせいか、急に甘いものが食べたくなり(普段はあまり甘いものを食べたいと思わない)、ケーキが美味しい静かなカフェに向かった。

でも、運悪く日曜日が定休日で閉まっていて、がっかり。

仕方がないのでウロウロしていたら、パンケーキのカフェがあったので、一人で入店した。

周りは家族連れや友達・カップルばかり。

ちょっと気が引けたものの、綺麗な庭のあるテラス席に近い場所に座り、オリジナルパンケーキとアイスコーヒーを注文した。

大きな期待はしていなかったのに、思いがけず美味しくて、怒りがスッと引いていった。

塩気の利いた甘さ控えめのパンケーキを食べながら、Q2に食べさせてあげたいな〜と思い、Q2の携帯電話にメッセージと写真を送った。

すると、電話がかかってきた。

私だけずるい!といっていたけど、可愛らしい返事が返ってきた。

それからネットで、私と同じように、子供が中間反抗期で悩む人の相談コーナーをむさぶるように読んだり、頼りになるMちゃんにアドバイスをもらうことで、私はQ2への対応を少し変えることができた。

今も腹が立つことは多々あるけど、前よりは切れることが減ったし、何より私が変化することで、Q2の態度も軟化してきた。

この日、2時間でもほっとできたのは、本当にありがたいな〜と感じた。

ぎりぎりで頑張っているお母さん達を始め、老若男女問わず、みんなが少しでもほっとできる時間を持てるといいなと、真剣に思った。

後日、Q2を連れて、このパンケーキカフェを再訪。

一人もいいけど、二人もいいな。

↓パンケーキカフェにて(1回目&2回目)
b0194098_21495973.jpg








[PR]
by 2010neko | 2018-09-17 22:00 | 育児関連 | Comments(0)

スライムカフェ

韓国で少し前から流行っているスライム。

スライム自体は私が子供の時からあるけど、最近の韓国のスライムは進化したスライム。

昔のブニュブニュした緑のものではなく、色・香り・触感・デコレーションなど様々。

学校前の文具店にもいろんな種類のスライムが並んでいる。

そして、今年の春頃からでき始めたのが、子供が自分で好みのスライムを作ることができる「スライムカフェ」。

最近、うちの近くの地域にできたので、Mちゃん母子と一緒に行ってきた。

↓スライムカフェにて
b0194098_17573912.jpg

まず、カフェの受付で子供一人当たり17000ウォン(材料&受講費)を払う。←親は無料(飲み物や食べ物は別注文、注文しなくてもOK)、時間は1時間半まで

デコレーション用のパーツを入れる容器をもらい、自分の好きなものを選ぶ。←蓋が閉まる量で1度だけ

テーブルにボウルやヘラ、水のりなどがセッティングされ(使い捨てのエプロンも配られるので着用)、1テーブルに店員さん1人が付いて、作り方を順次説明してくれるので、その通りに混ぜていく。←スライム自体から作る

粘りが出てきたら、色と香りを選択し(店員さんが着色料と香料を入れてくれる)、さらに捏ねる。

最後に、最初に選んだパーツ類を入れ、混ぜ合わせて完成。←柔らかさはグリセリンで調整できる

容器に入れてお持ち帰り。


Q2は、海をイメージしたらしく、青色にレモンの香り&パーツは真珠や貝殻型を中心に入れたとのこと。

T1君は赤色にリンゴの香り、T2君は紫に綿菓子の香り。

みんな、いろいろ個性があり、見ていて楽しかった。

Q2は元々、市販スライムにはまっていたし、YouTube等の動画で手作りスライムを見ていたので、このスライムカフェの虜に...。

そして、すぐに再訪。

↓今度は森をイメージし(笑)、緑色にラメや木の実っぽいものを入れ、サイダーの香りで作ってきた。←高いので、行きたければアッパがいる時に連れて行ってもらい!と説明

b0194098_18325475.jpg

週末は人がいっぱいで、並ばなければいけないくらい流行っている。

でも、1年しないうちに無くなるような気がするので、興味がある人は今のうちにGO GO。

[PR]
by 2010neko | 2018-08-31 17:44 | 育児関連 | Comments(0)

쿨바나나(クールバナナ)

最近、韓国も梅雨になったのか、ほぼ雨続き。

今日はやることもないので、お昼からマートへ。←Q2は久々にマート内のブロックノリト(レゴブロックで遊べる場所)へ

その前に、昨日に引き続き、今日もおやつを食べにパリバゲットへ行ってきた。

昨日、食べて美味しかったバナナの形をしたパンを食べたかった。

쿨바나나(クールバナナ)というやや小ぶりのバナナみたいなパンで、柔らかいパンの中にバナナクリームが入っていて、表面にはカステラを粉状にしたものをまぶしている。

クールと名前がついているのは、はっきりわからないけど、多分、冷凍していたパンを解凍し、店頭に並べているためか...。←冷たく食べる為にそうしてる?

とにかく、ちょっとだけ冷たい感じで(カステラ部分も湿っている)、甘いけどあっさりしていておやつにもってこいなパン!

それに1個1000ウォン(約100円)と安いし、これは家に常備したい感じ。
 
これも今月のパンのようなので、食べたくなった方はお早めに〜。(笑)

ちなみに昨日の三角おにぎりパンは、今日行った店舗には、もう置いていないということだった。←おにぎりパンの話を聞いただけのQ2はがっかりしていた

b0194098_14574424.jpg



[PR]
by 2010neko | 2018-07-01 14:57 | 外食 | Comments(0)
今日はQ2がテコンドー教室からの体験学習で、朝からブルーベリー農場へ。

Q2が帰って来てから話を聞くと、この農場、今年はブルーベリーの木が枯れたか何かで不作だったらしい。

なので、ブルーベリー狩りも試食もほんの少しで(代わりにミニトマトを食べたらしい)、おまけにお土産のブルーベリーもめっちゃくちゃ酸っぱかった。

でも、農場には大型トランポリンや、ちょっとしたプール、小動物の餌やり、ピザ作りなどもあり、十分に楽しんで帰ってきた。


Q2がいない間、私は図書館へ。

パンが食べたくなったので、図書館の近くのパリバケット(韓国の大手のパンチェーン店)でお茶をした。

だいたい、いつも食べるものは決まっているが、今日はあるパンに目が釘付けに...。

その名も삼각김빵(サンガッキンパン:三角おにぎりパン、厳密には三角海苔パン)!

また、日本のパクリか?!とチェックする目的で買ってみた。←かなりいじわる根性(笑)

↓これが三角おにぎりパン(三角海苔パン)
b0194098_23484644.jpg

中にはプルコギ(韓国版すき焼き)味の具材が入っていて、上に塗ってあるタレも甘じょっぱい。←ご飯や米粉は一切入っていない

そして、海苔の部分がかなりポイントになっていた。

美味しかったので、なかなかやるな〜と一人で納得。

それに名前が座布団をあげたくなるくらい(笑点です)、私の中ではストライクだった。

韓国では三角のおにぎりのことを삼각김밥(サンガッキンパプ)と呼ぶが、パンなので、パプの部分がパンになっていて、発音的になんか笑えて、今日はこれだけで楽しい気分になった。

それに、他のパンに比べて安く(1500ウォン:約150円)、お得感があった。

また、買ってもいいかな〜と思うパンだけど、「今月のパン」として売り出し中なので、いつまで食べられるかはわからない。←5/16に発売されたのに今月のパン?

食べてみたい方はお早めに〜。

あと、チャンポンコロッケという???な揚げパンも売っていたので、近いうちに食べようと思う。

とにかく、今日の三角おにぎりパンは必ず家で再現しよう!と思う。 



[PR]
by 2010neko | 2018-06-30 23:48 | 外食 | Comments(0)

독전(督戦) 他

先々週、この3月から通っている(結婚移民者対象の)韓国語教室の授業の一環で、一部クラスメートと映画を観に行ってきた。

↓映画はチョ・ジンウン&リュ・ジュニョル 他が主演の「독전(督戦)
b0194098_09570750.jpeg
映画自体は麻薬組織の潜入(おとり)捜査の話だったけど、背景や各関係が結構複雑で、私達の水準ではちょっと難しい映画だった。

今回は映画鑑賞より、その後にみんなでランチ&お茶をしたのが楽しかった。

↓お茶で乾杯
b0194098_10201397.jpg
クラスメートは15人以上いるけど、午前の部に参加したのは半分くらい。

さらに子供のお迎え等で、ランチに参加したのは私を含めて5人。

クラスでも比較的よく話す仲間で、香港・中国(ハルピン)・タイ・ロシアの子達。←私と母娘くらい歳の離れた子もいる(汗)

みんな、子供が小学校低学年〜幼稚園児。

外国人オンマ達の頑張っている姿を見て、私も勇気づけられた。

私は在韓歴ほぼ10年になるのに韓国語が苦手。←普通のやり取りには困らないけど...

一人では勉強しないので、教室に通えば新しい単語の一つでも覚えるかな〜と思い、通い始めた。

今回は大学の語学堂の教科書を使っているので内容も新鮮で、私には面白い。

でも、悲しいかな勉強しても、すぐに忘れてしまう。

どうしたもんだか...。
[PR]
by 2010neko | 2018-06-05 09:45 | 映画・ドラマ | Comments(0)
2日目

朝ご飯は、近くのパリバゲット(韓国の大手パンチェーン店)にパンを買いに行き、モーテルの部屋で簡単に食べた。

↓パリバゲの朝食
b0194098_21031939.jpg



その後、タクシーでQ2が楽しみにしていたロッテ扶余リゾートへ。


このホテルは、近くに百済文化団地という観光地やロッテアウトレットもあり、扶余で一番大きなホテル。←扶余に行ったことがある料理教室仲間2人からも勧められた

昨日のモーテルが最悪だったので、この綺麗なホテルに着いた途端、二人のテンションがすっごい上がった。(笑)

チェックインの時間ではないので、先にフロントで宿泊パッケージのウォーターパークのチケットだけ出してもらい、すぐにプールへ。

ウォーターパーク自体はこじんまりしているけど(今の季節は屋内プールのみ)、Q2には充分楽しめ、結局、昼食もはさみ、5時間半遊んだ。

その後、ホテル内のカフェでお茶をしてからチェックインした。

ここのホテルは独特な形をしているし、部屋もちょっとレジデンスチックで面白かった。
部屋からの景色も最高。


↓ロッテ扶余リゾートにて
b0194098_21032090.jpg



↓部屋でしばらく休んでから、夕食を食べにロッテアウトレットへ
b0194098_21032015.jpg
扶余の町は日本みたいな瓦屋根の建物が多いけど、アウトレットまで瓦屋根仕様で、しかもダイソーが入っていたので笑えた。

夕食はQ2の希望で엘레나키친(エレナキッチン)というブッフェのお店に決定。

私はまた別のお店の蓮の葉ご飯定食を食べたかったのにな〜。

でも、このブッフェのお店、追加料金なしで生ビールや赤ワインが飲み放題だったし、味も割と良かったので、満足できた。

食後は、ひたすら働いているナンピョンに悪いな〜と思い、パーカーのお土産を買って、ホテルに帰宅。

やっぱり宿が綺麗だと、すべてが快適〜。


[PR]
by 2010neko | 2018-05-12 21:55 | 旅行 | Comments(0)
先週末から2泊3日(5/6〜5/8)で、Q2と久しぶりに母子二人旅をしてきた。

前回、家族旅行で新羅(シルラ)についての歴史旅で慶州(キョンジュ)に行ったので、今回はその流れで、忠清南道にある扶余(プヨ)に行って来た。←朝鮮半島の三国時代(新羅・百済・高句麗)について関心が出る

扶余(プヨ)は百済(ペクチェ)最後の都(当時はサビと呼んでいた)があった場所。

百済(日本・倭国と連合)は最後、新羅(中国の唐と連合)に滅ぼされた。

扶余に行くにあたり、私はドラマ「善徳女王」を全部観た後、漫画やネットで事前学習。

これで新羅と百済の関係性や有名な人物が把握でき、
約1500年前の人達を想いながら、なかなか楽しい旅行ができた。

Q2も歴史漫画が好きで、三国時代について把握しているので、同じように楽しかった様子。←まあ、一番の楽しみはウォーターパークとホテルの朝食バイキングだったようだけど


1日目

朝7時15分に家を出発し、水原総合バスターミナルへ。

このバスターミナルから扶余市外バスターミナルまで市外バスで約2時間。

朝10時半前に扶余へ到着。←予想通り、扶余市外バスターミナルには荷物を入れるロッカーはなかった

小雨も降っているし、この日予約していたターミナル近くの秀(ス)モーテルに荷物を預けて観光に行こうとしたが、フロントに人がおらず、ベルを鳴らしても電話をしても誰も出てこなかった。←裏口からもモーテル内を勝手に行き来でき、かなり危ない宿?

仕方がなく少し時間を潰すため、近くの市場入り口付近にある30年伝統のパン屋「에펠제과(エペル製菓)」に寄ってからロッテリアでお茶。

伝統パン屋のパンはQ2だけが食べた。

でも、油ギッシュすぎて、最後はQ2も残していた。←品揃えは確かに昔ながらのパン&揚げたパンが多かった

そして、市場に来たついでに、백종원의 3대천왕という番組にも出た有名なチキン屋「시골통닭(シゴル トンダッ:田舎 鶏の丸揚げ)」へ。

↓シゴルトンダッのトンダッ(小)とご飯を注文
b0194098_15110292.jpg
昼前なのに、お客さんでいっぱいだった。

ここは、サービスでサムゲタンのスープが出てくるし、他のチキン屋より付き出しも多いので、ご飯を一緒に頼む人がたくさんいた。←チキン屋でご飯は珍しい

チキンの丸揚げは衣が薄くてパリパリで美味しく(肉質は普通)、スープもメインになるくらい美味しかった。←サムゲタンやタッケジャンもあるので注文してみたい

これらすべてで11000ウォン(約1100円)だったし、家の近くにあるなら、行きつけにしたいチキン屋だった。


↓その後、やっとモーテルに荷物を預けられたので、少し歩いて「국립부여박물관(国立扶余博物館)」へ
b0194098_15110261.jpg
まずは子供博物館で遊びながら学んだ後、この博物館の目玉である백제금동대향로(百済金銅大香炉)などを見学。

大昔の人がこんな細かい細工のものを作るなんて、どれだけ文化が発達していたのか...。←ただし、装身具等の豪華さからいえば新羅に軍配が上がる

あと、やたらと神仙(仙人)や人面動物が出てくるので、疑問に思っていたら、後日、勉強がよくできる韓国人友達がこれは道教の思想からだと教えてくれた。

昔の韓国といえば、儒教・仏教しか思い浮かばなかったけど、中国の影響をもろ受けているので、道教というのにも納得。


博物館を堪能した後、蓮の葉茶&蓮の華まんじゅうで、お茶をしたかったので、「백제향(ペクチェヒャン・百済香)」というカフェへ移動。

扶余は蓮華でも有名な場所で、蓮関連の飲食店がいくつかあるし、夏には蓮祭りもある。←遺跡からの出土した建物の丸瓦も蓮華マーク

↓ペクチェヒャンにて
b0194098_15110283.jpg
蓮の葉茶に蓮の華まんじゅうも付いていた。

蓮の葉茶は少しクセがあるものの、お饅頭によく合ったし、いかにも健康に良さげだった(実際に体にいい)。←本当はすごく大きくて綺麗な蓮の華茶を注文したかったけど、3人分で飲めないので断念

それに一人茶用の可愛い茶器セットにも癒やされた。


その後、モーテルにチェックイン。

部屋はまあ我慢できる感じだったけど、バスルームの汚さに幻滅。←洗剤を使わず水だけ流した様子だし、錆やカビだらけ

水回りが汚いのは許せないので、このモーテルでは全く落ち着けなかった。

扶余は慶州のような大観光地ではないので、ネットでも宿屋の情報が乏しい。←行けば同じようなモーテルがいっぱいあるのにな〜


モーテルで休憩後、夕食を食べに出かけた。

蓮の華ご飯が食べたかったので、これらを食べられるマッチプ(美味しいお店)「솔내음(ソルネウム:松の香り)」へ。

↓ソルネウムの白蓮定食(ペンニョン ジュンシッ)2人前&忠清南道地域の韓国焼酎O2リンを注文
b0194098_15110339.jpg
この韓定食には、トッカルビ(韓国ハンバーグ)やいくつかの蓮根料理が付いている。

蓮の葉ご飯は、ナツメやナッツ類がたくさん入っていて、極わずかに甘くて芳ばしいおこわだった。

トッカルビも控えめな甘さで美味しく、全体的にみてもなかなか美味しかった。←人気店なので待機者までいて、20分くらい待った

旅行中に食べた忠清南道の味は全部、ソウル&京畿道と同じ感じで、私の口に合った。

旅行初日、行きたかったお店や博物館に行けたし、宿屋以外はかなり良かった〜。
[PR]
by 2010neko | 2018-05-12 15:10 | 旅行 | Comments(0)

最強価格のブランチ 他

先週、在韓日本人友達とドライブがてら、前から気になっていた市外のカフェへ。

↓カフェ「9BLOCK」にて
b0194098_01093769.jpg
大型倉庫を改造したようなカフェはとっても広くて、オシャレ〜。

でも、驚いたのはブランチの値段。

写真にあるサンドウィッチセット(アイスコーヒー付き)がなんと17000ウォン(約1700円)。

味は普通に美味しいというくらいだし、しょぼいサラダがほんの少しだけ。

他にパンやケーキが陳列されていたけど、普通のあんパンが3800ウォンとか、チャパタが5000ウォン以上とか、あり得ない。

でも、メインは友達とのおしゃべり。

ここは席の間隔がかなり離れているので、周りの話し声に邪魔されることもなかった。

二人でいっぱい話し、結局、ここに4時間もいたので、この価格も席代ということで納得。←ブランチではなく、単にお茶しに行くならいいカフェだと思う


友達がこのカフェのすぐ近くにある、家族でお勧めのスンデクッ(韓国版腸詰めスープ)のお店を教えてくれた。

カフェから帰るとナンピョンが家にいたので、ナンピョンを誘い、すぐにそのスンデクッ屋へ。

↓スンデクッ「원평시골장터」にて
b0194098_01093852.jpg
ここのスンデクッは、白ネギではなく、ニラを入れるスタイル。

スンデ以外に内臓肉も入っているのに、肉もスープも全く臭みがなく、えごま粉を大量に入れて臭い消しをする必要もないので、スープも超あっさり。←下処理にかなり時間をさいているのかな?

ニラを入れるスンデクッを初めて食べたけど、私はこっちの方が断然気に入った。

私がスープまで全部飲み干したので、ナンピョンも驚いていた。←ナンピョンはスンデクッマニアなので、少し臭いがある方が好きらしい(笑)

これからはスンデクッが食べたくなったらこのお店に行こうと思う。


最後は、別の友達と行った家の近所のカルグクス専門店。

↓大型マート内にあるカルグクス専門店
b0194098_01101103.jpg
チェーン店みたいだったので、期待せずに入ったら、スープも自然な味で美味しかったし、それ以上にキムチが美味しくてビックリ。←キムチが苦手な友達も食べていた

ここもカルグクスが食べたくなったら、また行こうと思う。
[PR]
by 2010neko | 2018-04-20 23:08 | 外食

美食な午後

この前、Oさんが韓国人友達Yさんと食べに行ったお店が美味しかったらしく、私が好きそうなお店ということで教えてくれた。

行きたいけど場所が忠清南道の天安市である上に、畑の中に建っている民家のため、車がないと行けない場所だった。

すると、今週火曜日に二人がわざわざ車で連れて行ってくれた。

なんと親切な...。

そのお店はフュージョン韓食ブッフェ(バイキング)のお店だけど、家族経営で、50代くらいの奥さんがほとんど一人でおかずを作っていた。

台所の横の空間に、韓国の家庭で普通に食べるようなおかずがずらりと並んでいて、まさしく家ご飯。

それを食べに来るのは、ほとんどが主婦。←みんな誰かにご飯を作ってもらいたいんだな〜と感じた

お店はお昼の12時から15時まで営業しているものの、開店と同時にいっぱいになるようで、おかずが2種類くらいなくなった時点で営業終了になるらしい。←おかずは20種類以上あるのに...良心的

↓チャンチ(宴)というフュージョン韓食ブッフェにて
b0194098_09220673.jpg
一人10000ウォン(約1000円)で食べ放題。

おかずはナムルや野菜がほとんどで、3種類くらい肉や魚のおかずがある。

薄味の優しい味で、もろ私好みだった。

一番気に入ったのは、コムチゥィ(オタカラコウ)のチャンアチ(醤油漬け)。

甘さと塩加減が絶妙。←授業料を払ってでも教えてもらいたいくらい

ナムル類も全部美味しかったし、韓国家庭料理に刺激され、またいろいろ家で作ってみようと思えた。

食後のシッケやスジョンガまで手作りで、最後まで大満足だった。

家の近くに、このお店があればな〜。


ランチ後はドライブがてら近くの大学の売店でお買い物。←大学内で栽培された苺を購入(でかくて味が濃い)

次はお茶タイム。

↓トドロンという小さなカフェにて
b0194098_09220796.jpg
マカロンがそれ程好きでないOさんが、ここのマカロンは美味しいといっていたので、私も食べてみたかった。

よもぎ餅きな粉マカロンと、韓国の代表的なアイスキャンディーのテジバーを真似た、テジバーというマカロン、人参ケーキ、アイスコーヒーを注文。

よもぎ餅きな粉マカロンは甘すぎず、あんこ他、中身も独特で驚くほど美味しかった。←今も頭から離れず

歴代1・2位を争うマカロンだった!

テジバーマカロンもアイスキャンディーと同じ味で、そのアイデアに感心した。

ここは平澤市の住宅街にあり、何とか再訪できそうなので、近いうちにまた行きたいと思う。


最後は、これまた食べに行きたかった平澤市にあるキンパッのお店に寄り、夕食として買って帰った。

↓テジュンキンパッにて
b0194098_09220797.jpg
ここは珍しい2種類のキンパッを売っている。

1つはシレギ(干した大根葉が入った)キンパッ、もう1つはコンドゥレ(高麗あざみ入り)キンパッ。

茹でて炒めたシレギやコンドゥレが入っているのも珍しいし、コンコギといって豆とじゃがいもなどを潰して作ったオリジナル豆肉が入っているので、栄養満点。

手間暇かかったキンパッなのに、それぞれ2000ウォン(200円)と2500ウォン(250円)という安さ。←嬉しいけど、労力を考えたらもう少し値上げした方がいいような...

「センファレ タリン(生活の達人)」という番組で2017年の大賞に選ばれた。

味は本当に地味な美味しさ。←わあ〜美味しい!というのではなく、おばあちゃんがあり合わせで作った手作りキンパッみたいな感じ?

でも、お店が家の近くにあれば、普通のキムパッより断然こっちのキムパッを選ぶと思う。 

初めて会った韓国人Yさんも豪快でいい人だったし、みんなで美食な午後を過ごせて楽しかった。


[PR]
by 2010neko | 2018-04-06 22:19 | お出かけ | Comments(2)

사라진 밤(消えた夜)

今日は一人で映画を観に行って来た。

ここ数日、家のソファーと一体化しているナンピョンを映画に誘ってみたけど、行かないと...。←鬱陶しすぎる

去年の私の誕生日の時、頭痛がひどくて動けない私に、ナンピョンが「재미없는 여자네(面白くない女だ)と」いったので、今日は私がナンピョンの耳元まで近づき、「재미없는 남자네(面白くない男だ)」と呟いてあげた。

ドラマに出てきそうなシーン?(笑) 

↓今日、観たのはキム・サンギョン、キム・カンウ、キム・ヒエ主演のスリラー映画「사라진 밤(消えた夜)
b0194098_12553576.jpg
あらすじはネイバーより
妻を殺し、完全犯罪を計画した夫。数時間後、国立科学捜査研究所の死体保管室から彼女の死体が跡形もなく消えた。そして、夫に届いた一通のメッセージ。「私達の秘密を埋めたところで待っている」夫を疑い始めた刑事と、このすべてのことは妻の計画だと主張する夫。彼女は本当に死んだのか?消えたのか?

最後はへ〜っという予想外の展開だったが、どこかで観たことがあるような感じがしないでもなかった。

なので、わざわざ観に行く必要はないかな。←暇な時にでも 


↓映画の前に少し時間があったのでクリスピー・クリーム・ドーナツでお茶
b0194098_12553568.jpg
小雨も降り、気分も沈みがちなこの日は、甘ったるいドーナツがすごく美味しく感じた。
[PR]
by 2010neko | 2018-03-15 15:55 | 映画・ドラマ | Comments(0)