人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:カフェ ( 93 ) タグの人気記事

ソウルで楽しむ(2)

2日目

ゲストハウスでコーヒーだけ飲み、午前8時半に出発。

南平和市場(NPM)に行き、財布やバッグ類を購入。

とにかく安い!

その後、時間がないので韓国のトーストチェーン店「Isaac(イサック)」でさっと朝ご飯を食べて移動。

↓一番の目的だったうなぎ皮の財布と朝のハムトースト
b0194098_10005201.jpg
初めてうなぎ皮の長財布を使ったけど、安いし(このデザインは3万ウォン)柔らかくて使い勝手もいいので、次回もうなぎ皮にしようと思う。

韓国のお惣菜をはさむトーストは砂糖が入るので甘い。←友達は気に入ったらしい

個人的にはイサックより、露天のトースト屋の方がボリュームもあって美味しいと思う。


その後、朝10時半に予約していた「The therapy(ザ テラピー)ヘンラン店」へ。

ここでは、カウンセリングを受けて、自分の体調に合ったお茶(3種類)をブレンドしてくれ、試飲した後、お持ち帰り(20日分)のお茶ももらえる。

↓「The therapy」にて
b0194098_10160293.jpg
雰囲気のいいカフェ。

まず健康チェックシートを記入後、お姉さんとカウンセリング。

20代?くらいの日本語堪能なお姉さんが担当してくれるが、めっちゃくちゃチャーミング!

それに、カウンセリングの結果や説明がすごく的を得ていて、私は信頼できるカウンセラーだと思った。

それに、お茶もお茶請けも美味しくて大満足だった。

この内容で30000ウォン(約3000円)なので、お勧め!←アックジョンにも本店(韓医院が併設)がある


その後、ソウル最大の地下商店街「GotoMall(ゴートゥーモール)」へ。

その前に、ゴートゥーモール近く(高速ターミナル駅)の「시래마을(シレマウル)」で昼食。

↓シレマウルにて
b0194098_09441436.jpg
私はチョングッチャン(韓国納豆汁)、友達はトゥルケシレギ(エゴマ粉入りの干した大根葉のスープ)を注文。←いづれのご飯にも干した大根葉が入っていて健康的

ここの納豆汁はクセもなく食べやすかった。

おかず類(特に桔梗の根や胡瓜のコチュジャン酢和え)も美味しくて、こぎれいなお店だし、ふらっと立ち寄るのにいい食堂だと思う。


昼食後はショッピング。

いつもながら、本当に安い。

最近は、ここでしか服を買っていない。(汗)

約1時間半買い物をした後、ゴートゥーモールから歩いて行ける女性専用の「CN스파(CNスパ)」でしばし休息。

↓CNスパにて
b0194098_10031386.jpg
2時間半くらいしか時間がなく残念だった。

でも、サウナでしっかり汗もかき、お風呂にゆっくり浸かったのでスッキリ。


最後は、チョンダム駅近くにある人気の豚の焼き肉店「길목(キルモッ)」で晩餐。

到着したら、お店の前は待機客でいっぱいだった。

でも、20分くらいでお店に入れた。

↓キルモッにて
b0194098_11171132.jpg
トゥップルモクサル(首肩肉)2人前とカジ(茄子)、タスルギテンジャンスルパッ(カワニナ入り味噌汁酒飯→さらさらの雑炊といった感じ)、ビール、韓国焼酎を注文。

ここのお肉は分厚く、ミディアム状態まで焼き、ミョルチエクチョ(いわしエキス)やわさびにつけて食べる。

最初、豚肉をミディアムで食べることに衝撃を受けたけど(信じられず店員さんに確認した・汗)、食べたら今までにないジューシーさと柔らかさで美味しかった。

でも、やはりよく焼いた方がいいと思い、いつも通りに焼いて食べたら美味しさが半減。

やはり、ここではミディアムが正解!

全体的に大満足だったけど、私は昔人間でどうしても豚肉をミディアムで食べることが許容できないので(笑)、リピはないと思う。

一泊二日、友達といっぱい話をして、普段はしない買い物をしたり、自分へのケアもしたので、とても充実した楽しいソウル旅行だった。
by 2010neko | 2019-06-09 08:00 | 旅行 | Comments(0)

ソウルで楽しむ(1)

先週、去年に引き続き、日本から仲良しの友達が来てくれた。

なので、私もナンピョンにQ2を任せてソウルで一泊し、友達と一緒に楽しんだ。


一日目

午前10時過ぎに友達に会い、ホテルからほど近い広蔵市場の「모녀김밥(モニョキンパッ)」で遅い朝ご飯。

↓二人でマヤッキンパッ(麻薬海苔巻き)とユブチョバッ(いなり寿司)を注文
b0194098_10313452.jpg
いつ食べても優しい味で大好き。←私は特にいなり寿司に芥子醤油をつくて食べるのが好き


次は梨花洞(イファドン)にある「이화동 벽화마을(梨花洞 壁画村) 」を散策。

↓日本では路上美術館というのがポピュラーなのか?
b0194098_10383537.jpg
この村(区域)は斜面に建っているが、想像以上の坂道でびっくり!

息切れするので、ゆっくり見物しながら亀スピードで登って行った。

でも、壁画も村内にあるお店も可愛らしく(写真以外にもっと可愛い場所がたくさんあった)、人気ドラマで撮影された場所もあるので、平日だったけど、観光客もぱらぱらいた。

↓猫の絵やオブジェがいっぱいあって気に入ったカフェ「이화중심(イファチュンシム)」でお茶休憩
b0194098_10505496.jpg
この日はそよ風が吹き、テラス席に座るとすごく気持ち良く、しばしヒーリングできた。

お茶の後は、この村から続いている丘の頂上にある駱山公園まで散策してから大学路まで下った。


昼食は大学路(テハンノ)にある「대포찜닭 대학로점(テポチムタッ テハンノ店)」でチムタッ(赤くないけど甘辛い鶏じゃがみたいな料理)を食べた。

↓一番シンプルなチムタッを注文
b0194098_11100573.jpg
何の料理にでもチーズをかけたがる若い世代の韓国人。

大学路は若い子達が集まる場所なので、ここのチムタッもチーズをかけたり、丸ごとのイカの唐揚げを乗せたり、好きなようにトッピングできる。

チムタッ初挑戦の友達も辛いけど美味しいとほぼ完食。←ご飯はセルフでおかわり自由(スープを白ご飯に混ぜて食べる)


その後、東大門にある友達と同じ「K-ゲストハウス東大門1」にチェックイン。

↓一泊3千円しないシングルルーム(簡単な朝食付き)
b0194098_13492241.jpg
部屋は一見きれいで、トイレ・シャワー・テレビ・ミニ冷蔵庫はついているものの、笑えるくらい狭かった。

あと、ベッドのシーツにしわがあったので替えているのか気になったのと、韓国あるあるで洗面台の水道の排水がパイプを通らず、使うごとに洗面台後ろから排水がだだ漏れする状態だった。←まあ、慣れていますが...

でも、スタッフは親切だし、9時間の滞在だったので、何ら問題はなかった。


ゲストハウスで30分休憩してから、近くにある中部乾物市場(私は干しスケソウダラ・友達はナッツ類を購入)→ソウル薬令市場(顔に塗るパックを作るための韓方の粉を購入)をブラブラした。


その後、マロニエ公園近くのマッコリバー「두두(トゥドゥ)」で夕食兼飲み会。

↓두두(トゥドゥ)にて
b0194098_14423030.jpg
お店の人や横にいた男子大学生お勧めのマッコリをチョイスして二人で3本飲んだ。

白蓮マッコリや柚子マッコリと有名どころを飲んでみたけど、個人的には最近マイブームになっている(マートで買える)チピョン生マッコリの方が美味しいと思った。

お酒のあてには、ミョンランクイ(焼き明太子)、カムジャジョン(じゃがいものチヂミ)、夏限定のカジクイ(焼き茄子)を注文した。

この中で、きゅうりや玉ねぎスライスと一緒に食べる焼き明太子が美味しくて、すごく気に入った。

明太子が塩辛くないので、なぜなのか店主に尋ねたら、減塩のものを購入しているらしく、減塩なので日持ちもしないし、高いから困り物だとのこと。

韓国焼きナスの味付けも美味しかったし、この2つは家で真似したいと思う。

そして、ゲストハウスに午後11時前に到着し、1日目終了。

楽しかったけど、久々にいっぱい歩いて疲れた〜。


by 2010neko | 2019-06-05 10:17 | 旅行 | Comments(0)
今日はナンピョンとお昼ご飯を食べに行った。

家から車で15分くらいのところだけど、足を踏み入れたことがない地域。←まだ1年も経っていない新しい町

食べたのはビビンテンジャンチゲ。

味噌チゲをご飯にかけてグチャグチャに混ぜて食べるもの。←日本人には猫マンマに見える^^;

↓「ペマル」というお店のビビンテンジャンチゲ(一人8000ウォン)
b0194098_16185534.jpg

白ご飯が出てきたらナムル類を乗せ、その上に味噌チゲを入れて混ぜる。(写真右中央)

これ以外に、コチュジャン&ゴマ油も準備されているので、テンジャンチゲではなく、普通のビビンパッ状態にして食べてもよい。(写真右下)

私は半分をテンジャンチゲで、半分はコチュジャン&ゴマ油で食べた。

ここのテンジャン(お味噌)は、田舎で作っている自家製テンジャン。

美味しいけど、チプテンジャン(家で作っている昔からあるお味噌)はしょっぱいところが多いので、そこが難点。

ここも私やナンピョンには、ちょっとしょっぱかったので、テンジャンチゲは残してしまった。

でも、野菜もモリモリ食べてバランスの取れた食事だった。



食後は町内を散歩してから、雰囲気の良さげなカフェへ。

↓「ハイコピ」にて
b0194098_16442125.jpg

このカフェ、いろんな感じのテーブル席や仕切りになった座敷席があって面白かった。

私達も座敷席に座り、アイスコーヒーを飲んだ。

チョコレートが1つずつ付いてきて3500ウォン。

良心的な価格だし、お店の人達も親切でいいカフェだった。




by 2010neko | 2019-05-21 16:00 | 外食 | Comments(0)
昨日はナンピョンと昼食を食べに行った。

ナンピョンが美味しいというチュオタン(どじょう汁)のお店で、私は初めての訪問。

チュオタン自体を食べるのも約7~8年ぶりくらいだった。

韓国の一般的なチュオタンのお店は全羅道式で、どじょうの骨が柔らかくなるまでしっかり煮て、濾し器やミキサーでドロドロ状態にしてしまうので、どじょうの姿は見えない。

それをテンジャン(韓国味噌)等で下味をつけたシレギ(干した大根葉)などと一緒に煮た濃厚なスープ。

下手なお店は生臭さがあるけど、今日のお店は本当に美味しかった。←何故長い間食べなかったのか?自分でも不思議

スープまですべて完食。

↓チュオタン(どじょう汁)屋にて 一人前9000ウォン(約900円)
b0194098_22411717.jpg

ついてくる生ニラ・青唐辛子・ニンニクを好みで投入。

さらに好みでエゴマ粉と花椒粉をかける。

途中でスープに白ご飯を半分入れて食べたけど(お店のお勧めの食べ方)、ご飯とスープを別々にして食べるより美味しく感じた。←いつもは日本的にスープとご飯を別々に食べる派

食べた後もあまり胃に負担がかからず、体がきれいになった感じがした。

ここのお店は、美味しい上に食後の果物もあるし、ポン菓子も自由に食べていい。

これからは、ちょくちょく行こうと思う。


そして、数カ月前に新しくなった図書館の中にあるカフェでお茶。

前の図書館は農協の建物の地下にあって、かなり狭くて地味な図書館だった。

でも、新しい図書館は独立した建物になり、すごく明るく開放的になっていたのでビックリした。

↓新しくなった図書館とカフェ
b0194098_22593642.jpg

図書館内(1階〜2階にかけて)に、自由に本を読む場所もあった。

いつもは、反対方向の地域にある図書館に行っていたけど、これからは人も少なくて快適なこっちの図書館に通おうと思う。

by 2010neko | 2019-05-15 07:00 | 外食 | Comments(0)

暑い日は...他

昨日はいっきに夏になったような暑さだった。

ナンピョンが昼食にネンミョン(冷麺)を食べたいというので、二人で食べに行った。

ナンピョンが好きな有名な冷麺屋に行くと、駐車場は満席で入り口にも長蛇の列。←普段から人気のある冷麺屋

暑い日はみんな冷麺を食べたくなるんやな〜と笑えた。

並ぶのは嫌だったので、次は私が好きな冷麺屋に行くことにした。

ここも人が多かったが、何とか席は確保できた。

↓ビビンネンミョン(混ぜるタイプの辛い冷麺)
b0194098_21094333.jpg

スープなしのまま混ぜて食べてもいいし、混ぜてから冷たいスープをかけて食べてもいい。

いづれにしても激辛(甘)。

唇が腫れるし、途中から辛すぎてイラッとしてくるけど、たまに食べたくなってしまう。

ナンピョンは普段、辛くない水冷麺を食べる。

でも、昨日は刺激を求めてか、私と同じこの辛い冷麺を食べた。

すると、あまりの辛さで帰ってから腹痛&下痢。

今朝まで苦しんでいた。(笑)


昼食後、龍珠寺の前にあるカフェ「Kaffeehaus」でお茶。

お寺のお参りに来た人がよく立ち寄るカフェの様子。

店内は木の製品や植物であふれていて、独特な雰囲気だった。

コーヒーはハンドドリップでカップやスプーンもノスタルジック。←味はまあまあ

↓カフェにて
b0194098_21265947.jpg

木の一枚板を活かしたテーブルや切り株みたいな椅子が1つ1つ違い、可愛かった。




今日は香港人の友達とカフェレストラン「Ugly Stove」でランチをした。

どこに行っても2人でブランチとして食べるセットメニューを食べている。

↓お店の名前がついたブランチセット
b0194098_21372402.jpg

工夫は凝らしているけど、可もなく不可もなくというか、もうブランチセットに飽きてしまった。(汗)

私だけでなく、友達もそう感じたようで、次からは韓国食を食べようということになった。

食後は二人で新しい商店街をブラブラ。

すると、4軒に1軒くらいがカフェだった。

どんだけカフェを作るねん!と突っ込みたくなる有様。

今や韓国は食堂よりカフェの数の方が多いのでは?と思う。

怪しい食堂や小汚い食堂がある風景も楽しいのにな〜。




by 2010neko | 2019-04-23 21:01 | 外食 | Comments(0)
先週土曜日に引き続き、今日もナンピョンにQ2を任せて、カンナムにある식품명인체험홍보관(食品名人体験広報館)へ。

ここは、韓国の農林畜産食品部が指定した食品名人(20年以上一つの分野で伝統方式を原型のまま作っている人)が、その食品の作り方を一般人でも作れるように教えてくれる教室。

現在までに、この食品名人は韓国内に80数人いるとのこと。←昔の記録物が残っていないといけないらしい

食品は多彩で、各種発酵食品をはじめ、お酒やお茶などがあるが、お味噌一つとっても聞いたことがない種類のものがあり、とても興味深い。

去年からずっと習いたかったものの、週末にお寺料理もあったので行けず仕舞いだった。

今年は習いたいものを吟味して、両方やってみようと思っている。

さて、今回は천리장(チョンリジャン:千里醤)というお醤油を習う予定だった。

でも、申し込んだ後に突然、딸기고추장 (タルギコチュジャン:いちごコチュジャン)に変更になり、がっかり。

でも、作り方と試食ができると聞いたので、気持ちを新たに参加した。

↓始まるまで時間があったので、建物2階にある同じ運営のカフェで伝統カレトッ(うるち米のお餅)とコーヒー
b0194098_23392301.jpg

カフェのお兄さんがアイドル級の男前だった。(笑)

お餅に乾燥バジル?がかかっているスタイルだったけど、これは要らない!


その後、3階に移動し授業&実習開始。←各5人ずつのグループになる(計25人くらいいた)

しかし!

名人先生が試食用の千里醤を準備できず、結局、千里醤は作り方を聞いただけになってしまい大ショック。

あまり気乗りしないまま、いちごコチュジャンの作業を開始。

でも、同じグループになった人達がいい人だったし、発酵食品をよく作っている人達だったので、いろいろと教えてもらい勉強になった。

それに、出来上がったいちごコチュジャンが私の想像に反してすごく美味しかったので、やっぱり来て良かった〜と思った。

いちごコチュジャンはあと口が少しだけ甘いので、チゲには使用せず、サムジャンにしたり、トッポッキなどの炒めものに使うといいとのこと。

↓タルギコチュジャン(いちごコチュジャン)
b0194098_00363759.jpg

(原料は違うが)コチュジャンの作り方を習うのは3回目。

結局、自分に向く作り方がわかってきた気がする。

でも、冷蔵庫がコチュジャンだらけ。

来週からコチュジャン料理に勤しもうかな。

by 2010neko | 2019-03-30 23:03 | 料理教室 | Comments(0)

784JUNCTIONCAFE

昨日は幼馴染の友達とランチをした。

場所は塩屋にある「784JUNCTIONCAFE」


塩屋駅から山側に上った高台の静かな住宅街にある、レトロな一軒家のカフェ。

カフェといわれなければ、わからないような外観。

玄関で靴を脱いで入っていくので、誰かのお家にお邪魔しているような気分だった。

↓784JUNCTIONCAFEにて
b0194098_16404677.jpg


↓(本日の)お昼ごはん定食、食後におやつセット(私はバナナケーキ、友達はチーズケーキ)を注文
b0194098_17034488.jpg

私好みの味とスタイルで、気に入った。

特にもち麦の酒粕シチューは絶品で、自分でも作りたいと思い、何の調味料が入るのか教えてもらった。

副菜も地味なのに、惹きつけられる味。

そして、そんなに期待せずに注文したバナナケーキもシットリを通り越してねっとりした感じで、予想以上に美味しくて大満足。

ここは絶対に再訪しようと思う。



P.S.

韓国帰国を前に、もう一度ひとりで訪問。

静かにのんびりした時間を過ごしたかったのに、ずっと凄まじい弾丸トークが聞こえてきてイライラしてしまった。

美味しいご飯もやはり気分のせいで美味しさ半減。

↓(本日の)お昼セット、食後のおやつセット(この日はあんみつをチョイス)
b0194098_23100141.jpg

by 2010neko | 2019-02-05 07:00 | 日本滞在 | Comments(0)
金曜日、友達とランチ。

ずっと気になっていた「お気軽健康cafe'あげは。神戸トアロード店」

カフェの雰囲気もランチも気に入った。

↓あげはにて
b0194098_21080675.jpg
いろんなところに(あげは)蝶の飾りが...。

私は季節のせいろ蒸しランチ、友達は日替わりの野菜あんかけランチ。  

ご飯は玄米か十穀米を選べる。

そして、お茶をしながら話そうと、食後のごちそうセット(飲み物 豆乳プリン)を注文。

ランチはせいろ蒸しなので、とにかくシンプル!←ポン酢と胡麻だれ付き

家で作ろうと思えば、すぐにできる感じだけどな〜。

とにかく、野菜をいっぱい食べられてヘルシーだった。

そして、ごちそうセットの豆乳プリンはきな粉がかかっていて、黒蜜をかけて食べるが、ランチよりさらにほっこりする味で、これは絶対に真似しようと思った。

満足、満足。


↓数日前の一人ランチで「ひょうごイナカフェ 」の玄米リゾットランチ
b0194098_21182425.jpg
前回はあまりに味が薄すぎてびっくりしたが、今回は普通の薄味で美味しかった。

あげはもそうだけど、野菜だけのランチは本当に消化がいいので、胃が楽ちん。←数時間後、小腹が空くのが難点だけど
by 2010neko | 2019-01-27 21:03 | 日本滞在 | Comments(0)
昨日は一人ランチで元町商店街入り口(神戸駅側)にある「ひょうごイナカフェ」へ。

ここは野菜を中心に販売していて店内奥が併設のカフェになっている。

食材はすべて兵庫県産。

数日前も前を通りかかり、玉子かけご飯が食べたいといっていたQ2のために、ここで販売している卵「たまごの郷 奥丹波」と、玉子かけご飯専用の醤油「まるたん」などを購入した。

ここの卵は、飼料に樹液・ヨモギ粉・海藻などを混ぜていて、昔ながらの甘みやコクがある卵らしい。

買って帰って、早速玉子かけご飯にしたら、すごく美味しく、Q2がおかわりしていた。

生臭さが全くなく、しかも10個300円もしないので毎回でも買いたいくらいの卵だった。

そして、今回は気になっていたランチを食べた。

ランチは玉子かけご飯ランチと玄米リゾットランチの2種類。

どちらも食べたかったが、今回はよりヘルシーそうな玉子かけご飯ランチにした。

↓コスパ最高の玉子かけご飯ランチ
b0194098_22475303.jpg

玄米ご飯(丹波産こしひかり)、生卵、汁物、サラダ、小鉢2品がついて税込み540円という安さ。

このランチだけでも野菜が10種類以上使われている。

玉子かけご飯は玄米のプチプチ感もあり食べごたえがあった。

スープは大根の入った薄いサラサラのポタージュ。

スープも薄味だったけど、サラダ、小鉢に至っては病院の治療食並で、薄味が好きな私もこれには驚いた。←口コミでは薄味で上品とか美味しいとあったので、今日だけいつも以上に薄かったのか?謎

でも、野菜本来の味がわかるし、体は浄化された感じ。

完食後、お腹いっぱいと思っていたけど、2時間くらいしたら消化したので体にはすこぶるいいランチだと思う。
by 2010neko | 2019-01-18 06:30 | 日本滞在 | Comments(0)

モーニング三者三様

日本で期待していたモーニング。

近場にしか行けていないが、同じ食パンのモーニングでもカフェごとに店主やコンセプトに合ったモーニングが出てくるな〜と思った。

↓82歳のママさんが作るモーニング
b0194098_08245303.jpg


↓お洒落なカフェのモーニング(30代のオーナー?)
b0194098_08274515.jpg


↓大型書店併設カフェのモーニング
b0194098_08291639.jpg



私の場合、朝はパン(焼いたトースト)が美味しければ、満足度が高くなると気が付いた。

特に厚切りトーストにマーガリン(バター)は最高。
by 2010neko | 2019-01-16 20:30 | 日本滞在 | Comments(0)