日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:カフェ ( 79 ) タグの人気記事

今日、韓国ではスヌン(大学修学能力試験のことで、日本のセンター試験のようなもの)がある日。

この日のために、高3生は猛勉強をしてきた。

そんな日に私は、ノクセッオモニ(日本でいう緑のおばさん)活動に当たっていた。←一応、志願制のボランティア活動だけど、断る理由を書かなくていけないし、働いているオンマもやっているので申請した

小学校が朝9時からなので、その日の担当になっているオンマ4人(同じクラス)は8時15分までに学校に行き、父母控室で蛍光チョッキと大きな旗を受け取る。

本来はホイッスルも受け取るが、スヌンの日は音を出してはいけないということで使用中止。←試験会場が近くにあるわけでもないのに、飛行機の離発着制限なども含め、その辺は徹底している

そして、8時20分〜9時まで指定された横断歩道の前に立って、子供達の安全を守る。

あるオンマが昨日の時点で今日がスヌンの日なので時間に変更はないか?とカカオのグループチャティングで班長のオンマに確認をしていた。

班長は担任の先生に確認した上で、いつもと同じ時間だといっていたので、私はその通りに行った。

私は8時14分に到着したが誰もいなかったので、もう他のオンマ達は活動場所に行ったと思い、すぐに指定場所の横断歩道に行った。

でも、どの横断歩道にも他のオンマはいなかった。

仕方なく、また学校に戻ると入り口で班長のオンマに会った。←班長が遅刻かよ!と心の中で呟いた

20分を過ぎても他のオンマは来ない。←だから、子供が時間を守れんのやろ!と心の中で呟いた

25分になって一人のオンマと、緑のおばさん活動会のまとめ役のオンマがやって来た。

まとめ役のオンマは、今日はスヌンの日で子供達は9時〜9時10分の間の登校になっているから、緑のおばさん活動は中止だという。←中止なんて誰も聞いていない

で、再度、まとめ役のオンマは緑のおばさん会の会長に確認の電話をした。

緑のおばさん会の会長は、私達に学校で20分くらい待機してから活動するようにいったようだが、電話で会長とまとめ役のオンマがちょっとした言い合いになっている。←誰がどうやって決めてんねん?!とイライラした

確認していても、これだから本当にやってられない。

子供達は9時〜9時10分の登校となっていたが、この待っている間にも子供達は続々と登校し始めていたので、結局、緑のおばさん活動をやることになった。

でも、本来の9時までという何とも中途半端な時間。

9時〜9時10分の駆け込み登校が一番信号無視をして事故に合いやすいのに...。

緑のおばさん活動をなぜやっているのか理解してない...とため息が出た。

9時にお勤めを終え、みんなさっさと帰っていったので、私はモーニングの食べられるカフェへ一人で行った。

朝からむかついたけど、このカフェのお姉さんがサービスです!と笑顔でモーニングセットのホットサンドをもう1枚出してくれたので、これで気分がチャラになり、いい一日になった。(笑)


[PR]
by 2010neko | 2018-11-15 10:35 | 小学校 | Comments(0)
昨日、Q2とまた韓国の子供専用チャンネル캐리 TV(ケリーTV)の「엘리가 간다(エリーが行く)」シリーズに出ていた体験教室に行って来た。

前回はこちら

今回はサタントッポッキ(飴トッポッキ)作りとトイピヌ(中に小さなフィギアを入れた透明な石鹸:オモチャ石鹸)作りの体験。

本来はそれぞれの先生が、専門的に教室をやっているが、今回はお互いにテレビに出た先生同士のコラボレッスンだったので、時間や手間も省け、一石二鳥だった。

サタントッポッキは、うるち米のお餅を飴(サタン)の形にし(小麦粘土で遊んでいる感じ)、最後はプルコギ(韓国版すき焼きみたいなもの)の中にお餅を入れ、宮中トッポッキ風にしたもの。←先生が考えた呼称かな?

↓テレビで観たサタントッポッキ作りの映像

↓テレビで観たトイピヌ作りの映像

場所はヨンイン市のクァンギョにある可愛らしいカフェ「CONNIE PINK」


↓先にカフェのテラスの片隅でトイピヌ(オモチャ石鹸)を作った
b0194098_13230795.jpg

作るといっても簡単で所要時間は10分くらいだった。←約30分で固まるので、受け取りはその後

作り方はエリーの映像を参照。

恐竜好きのQ2はスピノサウルスを選び、ブルーの石鹸を作った。

最初は作る過程が簡単なため、「すぐに終わって面白くない。」といっていたが、出来上がった石鹸に感動し、「いっぱい手を洗って、早くオモチャを出したい。」と...。

トイピヌ(オモチャ石鹸)は、手洗いの習慣をつけるのに、効果絶大だと思う。



サタントッポッキ作りまで時間があったので、このカフェでお茶。

↓可愛いマカロンがいっぱいだったので、味見がてら買ってみた
b0194098_13423769.jpg

どっちも美味しかったのはもちろん、写真にはないが、ショーケースを見て驚いた。←マカロンを使った初めて見るスイーツも登場

数年前、韓国でマカロンが出始めたころは、猫も杓子も同じマカロンで、正直、バカにしていた。

でも、最近は物凄い進化を遂げ、インスタ映えする豪華・カラフルなマカロンや、韓国らしいマカロンがいっぱいある。



最後はサタントッポッキ作り。 

カフェの奥にある調理場には親が入れないため、Q2を送り出してからは私の自由時間。

何回もショーケースを観察し、どんなマカロンがあるのかチェックしていた。←不審者(笑)

↓レッスン開始前のQ2&出来上がったサタントッポッキ
b0194098_13573471.jpg

期待せずに食べたら、普通に美味しかった。


何だかケリーTVに踊らされている感じもあるけど(汗)、何でも体験するのはいいことだと思う。



[PR]
by 2010neko | 2018-11-11 14:10 | 育児関連 | Comments(0)
つい数日前にできた、すっごく可愛いベトナムカフェに韓国人友達を誘って行って来た。

韓国では、ベトナム料理店(ベトナムカルグクスとよぶフォーが中心)が多いし、ベトナムのサンドイッチであるバインミーのサンドイッチ屋も増えている。

でも、地元周辺では初のベトナムカフェ。

ちなみに、ソウルのヨンナムドンには、今年の夏に
ベトナムの大手カフェチェーン店「CONG ca phe (コンカフェ)」の海外1号店ができたらしい。←このカフェは昔のベトナムをイメージして作られた様子

昨日、行ったカフェはコンカフェとは全く違うイメージのベトナムカフェで、名前は「CAPHE HOIAN(カフェ ホイアン)」。

↓ホイアンの店内
b0194098_16322311.jpg

私は見かけによらず、淡いピンク色が大好きなので、カフェのピンク、ピンクした様子にテンションがかなり上がった。
 
店内のBGMも、私の好きな系統だった。

飲み物は、練乳にコーヒーをそそぐベトナム式コーヒーが売りで、それぞれココナッツ練乳コーヒー、サイゴン練乳コーヒー、ハノイ練乳コーヒーがあった。←前からベトナム式のコーヒーセットが欲しい私

↓私はココナッツ練乳コーヒーのホット、友達Aはアイスのココナッツ練乳コーヒー、友達Bはオレンジジュースを注文
b0194098_17003599.jpg

飲み物には、ココナッツサブレみたいなお菓子と落花生が付いてくる。

近頃のコンセプトカフェは、コーヒー1杯が7000ウォンとか馬鹿高いが、ここはお菓子付きで1杯5000ウォン(500円)とかなり良心的。

しかも、ハッピーアワータイムにはさらに安くなり、この日も約100円引きの4000ウォン(400円)だった。←夕方までずっとハッピーアワータイムだったような...(笑)

ココナッツコーヒーも甘くて香りが良く、疲れている時にはもってこいだった。

店員のお兄さんも、ベトナム人ぽい物腰の柔らかい親切な韓国人で癒やされた。

たぶん、しばらくすると韓国オンマ達が押し寄せると思うので、次回は黄昏時に一人で行ってみるかな。←夜はワインやカクテルも飲めるバーになる

とにかく、ここ最近で一番ヒットなカフェだった。

強いて言えば、飲み物だけでなく、バインミーとか軽食を置いてくれると嬉しい。 


もう1軒のカフェは、これまた地元カフェでリニューアルしたカフェ「일상(日常)」。

静かだったので、前から一人でたまに行っていたが、経営者が代わり(カフェ名は同じ)、軽食やデザート、お酒のおつまみを置くようになってから、一気にオンマ達が増えた。←コーヒーもテイクアウトなら1800ウォンまで下げたので持ち帰りも増えた

今までは、静かだから行っていたのに、オンマ達のモイム(集まり)カフェになってしまい、ちょっと残念。

でも、1つ嬉しいことは開店時間が朝11時⇒朝7時になったことと、モーニングセットが出来たこと。

韓国はカフェが多いのに、朝早くにやっていないし、モーニングセットを置いているカフェもほとんどない。←ソウルにはあるのかな?

日本のモーニングセットより、かなりしょぼいけど、モーニング好きな私には嬉しい限り。

↓これが「일상(日常)」のモーニングセット(ハム&チーズ)
b0194098_17460666.jpg

これで4000(400)円は嬉しい〜。  

この日は朝10時半に行ったら、オンマ達の読書モイムをやっていた。

私も読書が好きだけど、一人でお茶しながらのんびり本を読むのが好き。

なので、6人くらいのオンマが集まって、同じ本を一人ずつ朗読しながら進めている様子は、とても宗教的な感じで違和感が...。(笑)

もう1つよく行くカフェでは、中国語モイムが盛ん。←ここは中国語のおばあちゃん先生を招いての8人くらいのモイム

聞く気はなくても、反復練習をする中国語が耳に入ってくるので落ち着かない。

でも、本当に韓国オンマ達は勉強熱心で、いろんなモイムがあるので、その点は感心する。


[PR]
by 2010neko | 2018-11-09 16:16 | 外食 | Comments(0)

忘れ去った記憶

先週の土曜日は風が吹いて寒いし、遊びに行く気力もなく、母子で家に籠もっていた。

日曜日はさらに小雨が降り、同じように家にいたものの、Q2が暇そうなので、バスに乗って再訪したいと思っていた大型パン屋に出かけた。

↓하얀풍차(白い風車)にて
b0194098_11464080.jpg

やはり韓国のパンはどれもこれもヘビー。←パン生地自体が...

そして、今回のチーズオニオンパンの甘ったるさ(身震いした)で、もうリピはない!と確信。(笑)

でも、母子でいい時間を過ごせた。


この日の夕方、ナンピョンが単身赴任していたペンションを引き払い、今までの荷物と(撮影対象の)たくさんの蟻と共に帰宅。←気持ち悪い〜

で、夕食は外食することになり、3人で新規の刺し身屋へ。

↓刺し身屋にて
b0194098_12182142.jpg

ここは珍しく、付き出しも出ない、ほぼセルフの刺し身屋。

チュルトム(石鯛)、ケブル(ユムシ)、ウロク(クロソイ)、メウンタン(魚のあらを使った辛い鍋料理)を注文。

普段は付き出しでお腹が膨れてしまうが、付き出しがない分、お刺身を堪能できるし、最後のメウンタンまで美味しく食べられたので、このスタイルの方が私は好きかも...。←この形態のお店は安いと思っていたけど、刺し身をたくさん注文してしまうので、付き出しが出るセルフでないお店より逆に高くなってしまったのが残念

このお店のメウンタンはスジェビ(すいとん)やラーメンを入れられるスタイルで、ラーメン入りメウンタンを初めて食べる私は、その美味しさにプチ感動した。

お刺身もメウンタンもかなり美味しかったので、ここはリピ決定!


それはさておき、普段、ほとんど何を食べたい!と主張しないナンピョンが、この日は食べたいものを主張したし、お店でも結婚当初の話をするので、何かおかしいな〜と思っていた。

すると、この日は結婚記念日(11周年)だった。

私は完全に忘れていて、食べている最中にナンピョンにいわれて初めて気がついた。

日にちを忘れていたというより、自分に結婚記念日があるという事実自体を忘れていた。←結婚をなかったものにしたいのか?(汗)

今月、結婚記念日があった友達2人の話や、この日、結婚式をする人の話も聞いていたのに、自分のことは全く思い浮かばなかったので、かなりひどい状態といえる。

ナンピョンは私が結婚記念日だとわかっているけど、それをアピールしないものだと思っていたらしい。(笑)

私の余りのすっとぼけぶりに、ナンピョンもQ2も呆れていた。

記念日も忘れていたし、ナンピョンも少し時間が出来たので、来週は一泊二日で結婚記念旅行に行くことになった。

いろいろ予定を立てる時間が、旅行では一番楽しい。

[PR]
by 2010neko | 2018-10-30 11:34 | 外食 | Comments(0)

静かな秋の一日

料理の資格班で仲良くなったオモニ(60代なので、みんなが親しみを込めてこう呼ぶ)がいる。

このオモニは書道が趣味で長年習っているらしい。

そんなオモニがソウル美術大賞展で書道の特賞を取り、良ければ観に行って!ということで、昨日、一人で展示があるカンナムへ行って来た。

平日のお昼前だったこともあり、1階と2階の展示会場には来客が1~2人しかいなかった。

ガランとした大きな空間で、のんびり書道の作品を観るのはなかなか良かった。

それに、オモニの作品の素晴らしかったこと!

好みにもよるが、私の中では1、2位に輝く作品だったと思う。

↓私がいいな〜と思った作品(オモニの作品を含む)
b0194098_10255646.jpg

b0194098_10261112.jpg
韓国の書道(韓国では書芸と呼ぶ)なので、ハングルの書もあったが、それにはあまり興味がわかず、サラッと観るだけにした。

漢詩の書は、隷書で書かれているのがほとんどで、日本でよくみる楷書や行書などの書体がほぼなかった。←韓国と日本の書道の違いなのかな?


書道を堪能した後は、カンナムへ来たついでにGOTO MALL(江南ターミナル地下ショッピングモール)で冬服の買い物。

本当はお洒落なランチでも食べたかったけど、胃腸の具合が悪かったので、諦めた。

そして、地元に帰ってから、最近知って行ってみたかったブックカフェへ。

↓「cafe groovy」
b0194098_10273123.jpg
このカフェは日本の路地裏にあるカフェをイメージして作ったらしく、こじんまりしてノスタルジックな感じ。

そして、店内には宮崎アニメのBGMが流れていて、独特な雰囲気。

読書をするためのカフェなので、すごーく静かなんだけど、今回は人が居なさすぎてコーヒーを飲む音まで気を使ってしまった。(笑) 

料理家・渡辺有子さんの「365日。」の翻訳本がこのお店の代表本みたいになっている。

なので、私もそれを読みながら1時間ほどのんびりした後、帰宅。←その後、現実に引き戻され、次兄家族と5時間の会食

雰囲気のいいカフェだったけど、正直、私は普通のカフェの方が読書に没頭できるし、バニララテ1杯約650円と結構高いので、このカフェのリピはないかな〜。

でも、行ってみたかったところに行けたので満足、満足。
[PR]
by 2010neko | 2018-10-30 10:09 | お出かけ | Comments(0)

ソウルで友達と...

先週、日本から友達のAちゃんが遊びに来てくれた。←Aちゃんの友達のYちゃんも一緒(私は初対面)

ソウルの滞在ホテルで待ち合わせをし、早速昼食を食べに行った。

場所は友達のリクエストで前回も行った↓
平日の開店後すぐだったので、待たずに入れた。

↓3人でサムギョプサル1人前、モクサル2+2人前、ミョンイナムル、マッコリ2本、ポックンパッ(焼き飯・粉チーズをかけたもの)2人前を注文
b0194098_09451386.jpg

やはり、ここのお肉は美味しい!←特にお塩とわさびをつけて食べるのが好き

おかずはお肉によく合うもので、酸味があるものが多かった。

焼き飯はごく普通な味。

サービングしてくれるお兄さんも愛想が良く、味・サービス共に満足できた。


そして、すぐにデザートを食べに行った。←少し移動に時間がかかるので、腹ごなしはできた(汗)

ここも日本人が大好きなパッピンス(韓国かき氷)のお店↓


前回、友達のリクエストで行ったものの、まさかの臨時休業だったので、今回はそのリベンジ。

今回は、営業しているか電話で確認してから行った。

↓お一人様セット(ハーフサイズを2個注文できる)を3人分注文
b0194098_10042768.jpg

まず3人共、ハロウィンの時期限定のハロウィンスペシャル(かぼちゃと紫芋のソース)を選び、あとはみんなで食べるイチゴミルク、ほうじ茶、抹茶を選んだ。

ハロウィンスペシャルのかぼちゃと紫芋のソースは食べたことがないようなトロッとしたソースで、すごく美味しかった。

苺もフレッシュ感が半端ないし、抹茶(あんこ入り)も濃厚。

ほうじ茶はかなりさっぱりしているが、下に白玉とあんこが入っていて、印象に残る味。

自家製のあんこは3人とも絶賛。

とにかく、どれも美味しかったので、どれが一番美味しいかは選べないくらいだった。

今度はQ2を連れて行ってあげたい。


その後は大型マートにお買い物に行くということで一緒にお供した後、友達たちと別れた。

2人ともバリバリ働いているので、仕事の話も興味深く聞けたし、ママ友との会話とは全く違い、新鮮で楽しかった。






[PR]
by 2010neko | 2018-10-22 09:27 | 外食 | Comments(0)
一昨日、ゴルフが上手な日本人友達と二人でゴルフの打ちっぱなしに行って来た。

前回、この友達とボーリングをしに行って、すごく楽しかったので、今回はゴルフの打ちっぱなしをしようということになった。

私はゴルフをしたことがないので、ゴルフの打ちっぱなしは初体験。

しかも、水上ゴルフ練習場で、湖に向けて球を打つという何とも不思議な練習場だった。←ゴルフボールの回収を見てみたい

行く前にYouTubeで動画レッスンを見て、練習まがいのことをしてみたので、自分のイメージではきれいに打てるはずだった。

でも、実際は球にもかすらず。(笑)

友達のアドバイスを受けながら、最後の方は当たって、少し飛ばせるようになった。

私はこんな感じだったけど、友達はきれいなフォームで、爽快な音をたてながら、軽く150mは飛ばしていた。

見ているだけで代理満足できた。

ゴルフは私の趣味にはならないだろうけど、また打ちっぱなしには来てもいいかな〜と思えた。←スクリーンゴルフに挑戦してみるか?


運動の後は、ガッツリ食べよう!ということで、ブランチカフェへ。

ディニッシュ食パンを焼いたマヌル(ガーリック)パンがついたブランチ。

韓国のガーリックパンは甘い!

お惣菜パンが甘いのは許せない私もマヌルパンだけは甘くてもOK。

ディニッシュ食パンに、さらにバターたっぷりで、油ギッシュだったけど、いつになく美味しく食べられた。

↓水上ゴルフ練習場&ブランチカフェにて
b0194098_22464975.jpg


帰り道、友達の運転する車で興奮する出来事があった。

少し先の前方方向に、人がたくさん乗った特殊な形の車が走っていた。

徐々に近づくと、カメラ等が何台もあり、それが撮影車だとわかった。

車のCMでも撮っているのかな〜?と思っていた時、ちょうど撮影対象になっている車の横に並んだ。←撮影車が邪魔なので、私達が追い抜かそうとしていたが追い越せず

で、私が左にいる友達越しにぱっと横を見ると、なんとソ・ジソプだった。

美しすぎる!

肌がツルツルで輝いている!

顔も(体に比して)小さっ!

まるで、彫刻のような美しい顔だった。  

やっぱり、芸能人は一般人と違うな〜。

しばらく、友達と二人で大はしゃぎ。

ソ・ジソプは、運転をしている女優(名前を知らない・笑)に微笑みながら話しかけている場面。

今、ソ・ジソプ主演の「내 뒤에 테리우스(私の後ろにテリウス)」というドラマをやっていて、その撮影らしかった。

b0194098_23260805.jpg


最近、他のドラマを観るのに忙しくて、このドラマは観ていなかったけど、これを機に観てみようかな〜。

この日は涙が出るくらい笑ったし、ゴルフの打ちっぱなしもして、ソ・ジソプにも会えたし、すごーく楽しい一日だった。




[PR]
by 2010neko | 2018-10-18 07:00 | お出かけ | Comments(0)

고양이카페(猫カフェ)

9月から木曜日は、Q2の学校が終わった後、二人で水泳をすることにしていた。

でも、私の足の状態が悪くて水泳をする目処が立たず、とりあえず、二人で何かをする日に変更。

普段、私がQ2にほとんど向き合わないためか、Q2はこの日を楽しみにしている様子。

粘土細工(食べ物を作る)、おやつ作りに引き続き、昨日はQ2のリクエストで、고양이카페(猫カフェ)へ。←Q2がよく見る子供番組で猫カフェに行くのが出てくるため

探してみると、家から30分以内で行ける場所にあった。

ビルの2階にあり、12〜15畳×2つの部屋に、全部で10数匹の猫がいて、みんな思い思いの場所で過ごしていた。

客は私達以外に、若い女性3人組がいて、地べたに座って、まわりに来た猫と戯れていた。

パネルを見ると、猫の顔写真に、品種や名前、性別、性格、いつ生まれて、予防接種は何回接種したなどの情報が記載されていた。

店内もきれいに掃除しているようだし(臭いもほとんどしなかったし、毛だらけにもならなかった)、病気になっているような猫もいなかった。←年配のご夫婦がお店を仕切っていて(経営者?)、猫への愛情も感じられたので安心

大人8000ウォン、子供6000ウォンで、時間は無制限(週末の混雑時は3時間まで)。

受付を済ませると、小さなレトルトみたいな猫エサ(鶏肉)1つとスプーンをくれ、冷蔵庫にある飲み物は一人一缶飲んでもいいと説明を受けた。

その他、店内には猫への接し方について厳守するように、いろんな貼り紙があった。←逃げる猫を追いかけたり、尻尾をつかんだり、抱いたりしないなど(自分から寄って来る猫は抱いてもいい)

ずっと猫かうさぎを買って欲しいと懇願しているQ2は大喜びで、すぐに猫エサをあげようとした。

すると、いきなり、何匹かの猫が飛びついてきて、ビックリしていた。(笑)

猫エサをあげた後は、それぞれ自分が好きな猫のそばで観察したり、撫でたりして、ヒーリング。

Q2も猫が自分から寄ってくるまで、気長に待っていて、自分の膝に猫が来たときは、すごく優しい表情で接していた。

こういう言動を見ていると、動物が家にいるのは情操的にもいいな〜と思ったし、昔、猫を飼っていた私もちょっと飼いたい衝動に駆られた。←でも、動物は最後まで面倒をみる覚悟がないと飼ってはいけない

↓猫カフェにて
b0194098_22325612.jpg

この真ん中の下の白い猫が、何だか人間のお爺さんみたいな眼差しで、なぜか気になった。

左上のベンガルを飼いたい...。


しばらくいると、猫アレルギーのあるQ2に、アレルギー症状が出てきたので、1時間ちょっとで退散。

家に帰り、すぐにお風呂に入ったら、症状も落ち着いた。

次も行きたいというけど、こんな状態なら行けないと思うんだけどな〜。




[PR]
by 2010neko | 2018-09-21 21:25 | 育児関連 | Comments(0)

ほっと一息

Q2の夏休みが終わった8月末頃、私の子育てのイライラがピークで、すべてを投げ出してしまいたい衝動にかられた。

原因はいろいろあった。

まずは、一人で育児・教育等をしなければいけないストレス。←夏休みに日本に行けたけど、残り半分の夏休みで四六時中Q2といなければいけないのが辛かった(塾の宿題とかさせるのもストレス)

次は、なかなか治らない副鼻腔炎で頭痛や歯痛等があり、体調が悪かった。

その上、バスから降りる時にQ2の足が私の足に当たり、バランスを崩した私はこけて脛を強打。

結果、左脛を3針縫うはめになり、毎日のように耳鼻咽喉科と外科のはしご状態で、気が滅入っていた。

そして、最大の原因はQ2が中間反抗期か?と思うくい悪態をつくことだった。

もう、ムカつくこと極まりなく、何度、「そんなに嫌なら家を出て行け〜!!!」と叫んだことか...。

偉そうにするくせに夜は怖いからと、私と一緒に寝ようとする。

これまたうざいので、私:「もう頼むから、別に寝て!」、Q2:「嫌!」のエンドレス。

これ以上、一緒にいたらQ2をボコボコにしてしまう!と思った時、ナンピョンが出張先から半日だけ帰って来た。

すぐにナンピョンにQ2を預け、一人で出かけた。

私はイライラしていたせいか、急に甘いものが食べたくなり(普段はあまり甘いものを食べたいと思わない)、ケーキが美味しい静かなカフェに向かった。

でも、運悪く日曜日が定休日で閉まっていて、がっかり。

仕方がないのでウロウロしていたら、パンケーキのカフェがあったので、一人で入店した。

周りは家族連れや友達・カップルばかり。

ちょっと気が引けたものの、綺麗な庭のあるテラス席に近い場所に座り、オリジナルパンケーキとアイスコーヒーを注文した。

大きな期待はしていなかったのに、思いがけず美味しくて、怒りがスッと引いていった。

塩気の利いた甘さ控えめのパンケーキを食べながら、Q2に食べさせてあげたいな〜と思い、Q2の携帯電話にメッセージと写真を送った。

すると、電話がかかってきた。

私だけずるい!といっていたけど、可愛らしい返事が返ってきた。

それからネットで、私と同じように、子供が中間反抗期で悩む人の相談コーナーをむさぶるように読んだり、頼りになるMちゃんにアドバイスをもらうことで、私はQ2への対応を少し変えることができた。

今も腹が立つことは多々あるけど、前よりは切れることが減ったし、何より私が変化することで、Q2の態度も軟化してきた。

この日、2時間でもほっとできたのは、本当にありがたいな〜と感じた。

ぎりぎりで頑張っているお母さん達を始め、老若男女問わず、みんなが少しでもほっとできる時間を持てるといいなと、真剣に思った。

後日、Q2を連れて、このパンケーキカフェを再訪。

一人もいいけど、二人もいいな。

↓パンケーキカフェにて(1回目&2回目)
b0194098_21495973.jpg








[PR]
by 2010neko | 2018-09-17 22:00 | 育児関連 | Comments(0)

スライムカフェ

韓国で少し前から流行っているスライム。

スライム自体は私が子供の時からあるけど、最近の韓国のスライムは進化したスライム。

昔のブニュブニュした緑のものではなく、色・香り・触感・デコレーションなど様々。

学校前の文具店にもいろんな種類のスライムが並んでいる。

そして、今年の春頃からでき始めたのが、子供が自分で好みのスライムを作ることができる「スライムカフェ」。

最近、うちの近くの地域にできたので、Mちゃん母子と一緒に行ってきた。

↓スライムカフェにて
b0194098_17573912.jpg

まず、カフェの受付で子供一人当たり17000ウォン(材料&受講費)を払う。←親は無料(飲み物や食べ物は別注文、注文しなくてもOK)、時間は1時間半まで

デコレーション用のパーツを入れる容器をもらい、自分の好きなものを選ぶ。←蓋が閉まる量で1度だけ

テーブルにボウルやヘラ、水のりなどがセッティングされ(使い捨てのエプロンも配られるので着用)、1テーブルに店員さん1人が付いて、作り方を順次説明してくれるので、その通りに混ぜていく。←スライム自体から作る

粘りが出てきたら、色と香りを選択し(店員さんが着色料と香料を入れてくれる)、さらに捏ねる。

最後に、最初に選んだパーツ類を入れ、混ぜ合わせて完成。←柔らかさはグリセリンで調整できる

容器に入れてお持ち帰り。


Q2は、海をイメージしたらしく、青色にレモンの香り&パーツは真珠や貝殻型を中心に入れたとのこと。

T1君は赤色にリンゴの香り、T2君は紫に綿菓子の香り。

みんな、いろいろ個性があり、見ていて楽しかった。

Q2は元々、市販スライムにはまっていたし、YouTube等の動画で手作りスライムを見ていたので、このスライムカフェの虜に...。

そして、すぐに再訪。

↓今度は森をイメージし(笑)、緑色にラメや木の実っぽいものを入れ、サイダーの香りで作ってきた。←高いので、行きたければアッパがいる時に連れて行ってもらい!と説明

b0194098_18325475.jpg

週末は人がいっぱいで、並ばなければいけないくらい流行っている。

でも、1年しないうちに無くなるような気がするので、興味がある人は今のうちにGO GO。

[PR]
by 2010neko | 2018-08-31 17:44 | 育児関連 | Comments(0)