日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:お菓子 ( 92 ) タグの人気記事

ベリーパフェ

去年の夏、妹の家で子供達とパフェを作った。

楽しかったので、韓国でも作ってみようと思いつつ、今まで忘れていた。

そして、やっと昨日実現。

初めてのパフェは、ベリーパフェ。

普段は発泡スチロール等のBOXで売られている山苺(サンタルギ)や桑の実(オディ)が、紙コップ入り(1カップ約100円)で売っていたので、チョコパの予定からベリーパフェに変更。←調べてみると桑の実はキイチゴ属ではないみたいだけど、マルベリーという名前だし、ブラックベリーに似ている

↓Q2作ベリーパフェ
b0194098_14083796.jpg

底にコーンフレーク→バニラアイス(ロッテの安いアイス)→自家製ゴロゴロ苺ジャム→ラズベリー&マルベリー、飾りに苺ポッキー&苺味と桃味のマイチュウ(日本のハイチュウのパクリ)

↓私作のベリーパフェ
b0194098_14124016.jpg

マイチュウは飾らなかった。

でも、Q2の方が遥かにデコ上手。

味はすごく美味しくて、外で食べるパフェと大差はなかった。←高級バニラアイスなら、さらに美味しいだろうな〜

パッピンス(韓国かき氷)もいいけど、休日前夜や休日に特別感を出して子供と一緒に作るのもいいかも...。

ちなみにQ2から今日もパフェ作りをリクエストされている。

面倒くさいけど、頑張るかな...。
[PR]
by 2010neko | 2018-06-09 13:57 | お菓子 | Comments(0)
久しぶりにソウルのT先生のところにお菓子を習いに行ってきた。

今回はフォレ・ノアール(黒い森)というケーキ。

もちろん、T先生なのでケーキシート生地は米粉。

フォレ・ノアールという名前は知らなかったけど、神戸にいる時は結構見かけて食べていた。

でも、韓国に来てからは見たことがなかったので、懐かしいな〜と思い、レッスンに参加。

↓一人一台作ったフォレ・ノアール&T先生お手製の軽食
b0194098_07545251.jpg

ケーキは3層になっていて下側にショコラクリーム、上側にキルシュ(さくらんぼのブランデー)クリーム、最後にまたショコラクリームを全体に塗り、その上から削りチョコをまぶす。

いろんなポイントを教えてもらった。

このケーキ、私には甘いけど、Q2には大好評だった。

この日の軽食は、米粉にキビ粉を入れた食事クレープで、クリームはアボガドに明太子という組み合わせ。

具にオレンジ等が入り、自分では絶対に思いつかないクレープだった。

韓国人の先生とやっていた日本のお菓子研究会もなくなったし、こうやって、たま〜にお菓子教室に行くのもいいかな。
[PR]
by 2010neko | 2018-04-28 07:42 | 料理教室 | Comments(0)

韓国のクッキー本で...

図書館で韓国料理本を見ていたら、横のコーナーで気になる本を発見。

「세상 모든 구키(世のすべてのクッキー)」という韓国人主婦(発刊当時はパワープロガーだった様子)が書いた、ちょっと昔のクッキーの本。

ベーキング関連の韓国本は絶対に見ないのに、なぜか手に取り、じっくり見てしまった。

その中で作りたいな〜と思うものが何個かあったので、本を借りてみた。

↓一番目を引いたのが粉チーズが入るチーズスティックというクッキー
b0194098_19042702.jpg
本では、アルファベットでCheese stickと型押ししていたので、すごく可愛く見えたけど、ひらがな型を使ったので、全く可愛くなくなり、さらにきれいに文字が出なかった。

仕方がないので、半分は単純にねこという文字を入れてみた。(笑)

出来栄えはいまいちなものの、クッキー自体は甘すぎず、サクサクしていてかなり美味しかった。

それに、このクッキーはこの形だから更に美味しく感じるんだろうな〜と思った。←口に入れる時の感じがいい

ナンピョンやQ2にも大好評だったので、リピしてもいいかも...。


上のチーズスティックは卵黄しか使わず、卵白が余っていたので、ついでにメレンゲクッキーも作ってみた。

ただ、本に載っていたメレンゲクッキーは雰囲気的に合わないと思い、クックパッドを参考にして、春らしいメレンゲクッキーに...。

↓フリーズドライ苺パウダーを入れたメレンゲクッキー
b0194098_19175196.jpg
ちょっと焼きすぎたものの、ほんのり苺の香りがして、これまたサクッサクで、美味しかった。


↓最後はまた本からナッツチョコクッキー
b0194098_20312307.jpg
白く焼いたクッキーに溶かしたチョコ&ナッツ&レーズンを乗せる。

Q2がナッツやレーズンのトッピングをすべてしてくれた。

クッキー生地はほんのりな甘さ。

だけど、チョコを乗っけると、私にはやっぱり甘い〜。←Q2はチョコ好きなので大喜び

と思っていたのに、さっき疲れて甘い物が食べたくなり、このクッキーをつまんだら、すごく美味しくて6個も食べてしまった。(笑)

作るのが、ちょっと面倒なので、これはプレゼント用とかでリピということで...。

今日、このクッキー本を返却した。

でも、予想を遙かに上回る美味しいクッキーだったので(韓国のベーキング本、かなり下に見ていました・汗)、また借りてこようかな?

[PR]
by 2010neko | 2018-04-21 22:30 | お菓子 | Comments(0)

ブラウニー

昨日、ブラウニーを焼いた。

別にバレンタインを意識したわけではなく、クックパッドを見ていると作りたくなった。

ついでに、よくミッパンチャン(常備菜)をくれる同じアパートのDオンマにブラウニーをあげることにした。

参考にしたレシピはこちら

↓ブラウニー
b0194098_22191168.jpg
上にかかったパリパリのチョコの食感がポイントのブラウニー。

きれいにはできなかったけど、胡桃も入って美味しかった。

プレゼントの残り1/3は2日分のQ2のおやつに...。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-14 22:05 | お菓子 | Comments(0)
お節で作った黒豆煮。

まだ残っていたので、黒豆煮を入れたマッコリ蒸しパンを作ろうと、お昼にマッコリを買って来た。

でも、夕方になり、発酵時間を待ったり、蒸すのが面倒になり、結局、さっと作れそうな水無月もどきを作った。

水無月はういろうに小豆で三角形だけど、小豆の代わりに黒豆。

今回は、型から外す時に(雑な扱いで)割れてしまったので、長方形に...。

ういろうを自分で作れるのか?と半信半疑で作ってみたが、本当に美味しいういろうができ、黒豆煮入りだからか、市販のういろうより美味しかった。

Q2は初のういろう。

お節の黒豆煮は食べなかったのに、これはとっても気に入っていた。

↓ 黒豆煮リメイクの水無月もどき
b0194098_21524359.jpg

レシピはクックパッドのこちらを見て作った。

レンジでチンするだけで簡単〜。   

まだ黒豆煮が残っている人は是非!
[PR]
by 2010neko | 2018-01-04 21:08 | お菓子 | Comments(0)
生クリームが残っていたので、Oさんが教えてくれたあさイチレシピで、「チーズなし!超簡単ティラミス」を作った。

レシピはこちら

↓冷やして出来上がるまでに30分もかからなかった超簡単ティラミス
b0194098_22092875.jpg

レシピの半量で作り、セリア等で売っているようなプリン?カップで2個できた。

このレシピは、クリームチーズやマスカルポーネは使わず、代わりに溶かしたマシュマロを使用。

なので、チーズの味はしないものの、ティラミスの重さや濃厚さが苦手な私には、むしろ、こっちのティラミス(風)の方が良かった。

あっさりした甘さで、口の中で溶ける食感も面白かった。

レシピでは、土台に食パンを使用していたが、昨日の(レアチーズケーキのために焼いた)残りの屑ケーキがあったので、それを使用。

とにかく簡単なので、これもお勧め!
[PR]
by 2010neko | 2017-12-13 21:58 | お菓子 | Comments(0)
昨日、サンキュ!10月号に載っていた本間節子さんのオレンジのレアチーズケーキを作った。

チーズケーキはスフレチーズケーキ派だけど、「口の中でとろける繊細なチーズケーキは永久保存版のおいしさ」と書いていたので、確かめるべくトライ。

↓これがオレンジのレアチーズケーキ(デコがダサすぎて嫌になる・笑)
b0194098_19154162.jpg
レシピでは、土台のカステラは市販だったけど、少しでもカロリーを減らそうと、私が好きな甘さ控えめの米粉のロールケーキレシピで土台を焼いた。

下に敷いていたラップを無理やり引き抜いたら、土台の下がポロポロに...。

つくづく繊細な作業ができない!と反省。

過程はさておき、このレアチーズケーキ、すっごく美味しくて、本当に永久保存版だった。

家族3人で食べながら、「(韓国で)売れるな〜」と、韓国人あるある会話をしてしまった。

これはお勧め♪

高いお金を出して習いに行かなくても、素晴しいレシピさえあれば、家族で充分に楽しめるお菓子が作れるとしみじみ思った。

本間さんのレシピ、探してみよ〜っと!

それにしても、デコレーションやラッピングがきれいにできないかな〜。

今日は今から、Oさんが教えてくれた、あさイチレシピで手間いらずなティラミスを作ろうと思う。
[PR]
by 2010neko | 2017-12-13 19:11 | お菓子 | Comments(0)

スウィートポテト 他

今日は同じアパートのオンマ(Q2と同じ歳の男児がいる)2人と我が家でお茶。

本当は昼食を準備しようと思っていたけど、子供達が早く帰って来る金曜日ということで、お茶になった。←2人とも小学校に息子様のお迎えに行く(すぐ近くなんやから、自分で帰ってこさせれば?)

Q2の市販のおやつしかないので、何かケーキでも作ろうと思ったものの、面倒臭くて、結局、家にある美味しくないさつま芋でスウィートポテトを作った。

↓スウィートポテト
b0194098_17322811.jpg
韓国ではスウィートポテトがメジャーではないので、今日のオンマ達も「これ何?」と聞いてきた。

でも、美味しかったようで好評だった。

韓国は、ケーキやマドレーヌなどの焼き菓子も、未だにパンと表現する人が多い。

今日のスウィートポテトもオンマ達がパンと呼んでいたので、私は心の中で苦笑。

お茶タイムは1時間半くらいだったので、ストレスも受けず、楽しくおしゃべりをして解散。


その後、私は一人で大型マートに出かけた。

今日はおでんを作る予定だったが、おでん種に何があったかな〜?と思い、スマホを見ると、さっき会ったばかりのDオンマから2件の着信記録があった。

私は普段、余程のことがない限り、スマホの音がしないように消音している(振動のみ)。←スマホ(カカオやラインなど)に振り回されるのが嫌なので

立て続けの着信だったので、すぐに電話をすると、Dオンマが「今、どこにいるの?カカオを見ていないの?カカオの返信がないから電話をしたの。あと、どれくらいで帰って来るの?」と...。

結局、お茶の時に話していた中古の本屋に今から行こう!ということだった。

さっき会ったから、次でいいやん?!

何で(見てもいない)カカオの返信がないからと、責められないといけないのか?!←そんな雰囲気だった

良い人(達)なんだけど、人との距離が私とは全く違うので、ガンガン来られるとストレスになる。

今日も会ったし、来週はやらないといけないことがあるので(中食の教室以外、誰にも会わない週にした)、とりあえず再来週まで行けないと返答した。

一人遊びがしたいので、そっとしていて欲しい。(笑)

とにかく、カカオやラインはこの世からなくなればいいと思う。


話は変わり、一昨日と昨日の気分が良かったこと。

この前、Oさんに教えてもらったミートソース。

教えてもらった方法で作ると、今までより格段に美味しくなり、高級な味になった。

Q2も美味しい!とモリモリ。

一日目はパスタに、二日目はグラタン(プレッツェルも焼いた)にして食べた。

↓ミートソースパスタ、ミートソースグラタンとプレッツェル
b0194098_18164544.jpg
些細なことだけど、一食のご飯が美味しく食べられたら、幸せやな〜と思う今日この頃。

[PR]
by 2010neko | 2017-11-03 17:20 | お菓子 | Comments(4)

キャラクターマカロン

水曜日、この前のお菓子教室で出会った不思議なMセムが、先生と私に得意のキャラクターマカロンのレッスンをしてくれた。

結果からいうと撃沈。

こういう細かい作業は私には向いていないのと(根気が続かず飽きてくる・笑)、とにかくセンスがない。

先生とMセムはマカロンのエキスパートなので、メーカーごとに特性が違うアーモンドパウダーの談義等をしていたが、私にはさっぱりわからず。

私はキャラクターマカロンより、まず丸いマカロンを美味しく作れる方が先かな。←かといって、マカロン好きでもなく...汗

↓キャラクターマカロン(アイシングで描くキャラクターマカロンではなく、すべてマカロン生地のキャラクターマカロン)
b0194098_19494015.jpg
私がピカチュウをリクエストしていたので、Mセムが下絵なども準備してくれていた。

ピカチュウ1つを描くのにも、1時間以上かかった。
最後の黒い縁取りは時間がなく、とっても雑な仕上がりに...。

↓出前のお昼ご飯
b0194098_09342285.jpg
辛いトッポッキ、辛さを癒すおにぎり、フライドチキン、揚げマンドゥ(餃子)


Mセム、こんな私に丁寧に教えくれて、ありがとうございます。

せめて、まともにマカロンが作れるように頑張ってみます。

[PR]
by 2010neko | 2017-10-14 19:27 | 料理教室 | Comments(0)
昨日は日本のお菓子研究会ではなく、いつも一緒に作る先生にラミントンケーキを習いに行ってきた。

ラミントンケーキについてはこちら

↓ラミントンケーキ5種類とおやつタイムのクランブルコーヒーケーキ
b0194098_19353258.jpg
ピンクはフランボワーズ味、黄色はパッションフルーツ味、黄緑は抹茶&ホワイトチョコレート味、後はコーヒー味、チョコレート味。

色素を入れたわけでなく、フルーツ類はピューレを入れるため、甘酸っぱくてフレッシュな味わい。

すべてチョコレートベースのソースに浸すので、私にはかなり甘く、ブラックコーヒーと一緒に1個だけ食べるとベスト!

Q2はすごく気に入っていた。

おやつタイムのクランブルコーヒーケーキも私好みで美味しかった。


昨日は生徒が私を含めて2人。

そして、私が初めて一緒になった人だった。

かなり変わった人で言動が不思議ちゃん。←好感がもてる不思議ちゃん

そして、ばっちり付けまつ毛にキラッキラのマネキュア、ゆらゆらピアスと、今まで見てきた料理やお菓子などを習いに来る人達のビジュアルとはかけ離れていた。←これまた私が惹かれるスタイル

でも、話をしていくうちに(インスタも見せてもらった)、この人のお菓子を作る腕前が凄かった。

途中から先生が、この人をM쌤!(M先生!)と呼び出し、レッスンをしてくれるように頼み始めた。

Mさんは、趣味で夜な夜なお菓子を作るらしいが、1つのお菓子にとことん没頭するらしく、それを極めたら次のお菓子に興味を持つとのこと。

以前はアングンケーキ(お餅ケーキにあんこでお花等を作り装飾するケーキ)、今はキャラクターマカロン。←その間にもいろんなお菓子を作るみたいだけど、例えば1種類のクッキーに執着すれば、同じクッキーなのに4ヶ所くらいの教室に通ったりする

本当にどの作品もプロ級。

韓国人の場合、まずこの腕前なら、まず教えたり、売ったりするはずなのに、Mさんは全くそういう考えがないらしい。←韓国に住むとよくわかるが、製菓等の資格を取ったら大した経験がなくても、先生になったり、お店を開く人がわんさかいる

あくまで、趣味を楽しむスタイルに好感&親近感が...。

結局、先生がMさんに頼み込んで、来月、キャラクターマカロンのレッスンをしてもらうことになった。←レッスン代もいらないから、ラーメンをおごってくれたらいいという

私はマカロンも一人でまともに焼けないけど、何もいわない間に一緒にこのレッスンに参加することになった。(笑)

新しい出会い、これからどうなるかな?

[PR]
by 2010neko | 2017-09-22 13:27 | 料理教室 | Comments(0)