人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:お菓子 ( 113 ) タグの人気記事

週末、Q2がパフェを作りたいというので、二人で材料を買いに行き、今年最初のパフェを作った。

アイスクリームは新発売のペッタバンアイスクリームを使用。

マートで試食販売をしているQ2のクラスのオンマが勧めてくれたので買ってみた。

ちなみに、このオンマからいろんなものを買わされるので(アイスは自分の意思)、ちょっと困っている。

マートで会うと、有無を言わさずいきなり口に試食を入れてきて、私が一口食べ終える前に、「はい!」といって、かごに品物を入れてくる。

この日は、ロッテのウインナー3袋のセットで、いつも8000ウォン前後の品物を入れられるので、なかなか痛い。

私も断ろうとするが、世間話をしながら品物が置かれている場所を塞いでいるし、話を別に逸らされたりして、結局、買うことに...。

とにかく押しが強くて、買わせる技術と気力が凄すぎる!

この日、やり取りを見ていたQ2も後から、「○○オンマ、凄いな〜。」と驚いていた。←Q2もいらないといった試食を口に入れられたらしい

いい人なんだけどな〜。

最近はそのマートに行くと買わされるので(週4回くらい勤務らしい)、できるだけそのマートは避けている。(笑)

↓ペッタバン アイスクリーム(1つ474mlで2800ウォン)
b0194098_21030765.jpg
話を戻し、このアイスは韓国では誰もが知る料理界のCEO、백종원(ペッ チョンウォン)のアイスクリームなので、価格が安い!←この人のお店(いろんな飲食店のチェーン店がある)はどれも価格が安い

アイスクリームの味はまあまあというか、価格相応の味だったけど(汗)、子供には関係ないかな。

↓Q2作の土曜日と日曜日のチョコレートパフェ
b0194098_21143817.jpg

b0194098_21143844.jpg
どちらもコーンフレーク、チョコシリアル、極細ポッキー、カクテルフルーツ缶、チョコレートアイスクリーム。
by 2010neko | 2019-06-17 07:00 | お菓子 | Comments(0)

不味すぎるクッキー

この前、図書館に行った時、面白そうなお菓子の本があったので借りてきた。

↓(バター 卵なしで作る)菜食ベーキングという本
b0194098_08091512.jpg

10年前に韓国人パワーブロガーが書いた本。

いくつか作りたいと思うものがあり、昨日はその中からジャガイモとブロッコリーのクッキーというのを作ってみた。

説明では甘じょっぱくて、ついつい手が行くクッキーと書いてあったので、すごく期待していた。

名前の通り、生地にマッシュしたジャガイモとブロッコリーを入れるクッキー。

型抜きがちょっと面倒だったけど、焼く前に生地を味見したら良さげな感じだった。

↓出来上がったジャガイモとブロッコリーのクッキー
b0194098_08190916.jpg

説明には生地を薄く伸ばすとあるだけで何ミリとは書いていなかったので、大体2〜3ミリに伸ばして焼いた。

そして、冷めてから食べてみた。

「まずっ!!!」

あまりの不味さに衝撃を受けた。

一口噛んだ瞬間、ブロッコリーの青臭さが全面に出てきて、どちらかというと好きな野菜のブロッコリーなのに、これは受け付けず。

そして、クッキーに硬い部分とグニョっとした部分(硬いグミみたい?)があり、何のお菓子?という食感だった。

自分のイメージではクラッカーみたいな感じだと思っていたので、パリッと出来るよう焼き時間も少し長めにしたのに何故?

混ぜすぎにも気を付けて作ったのに何故?

で、もう1回本を読み直したら、ブロッコリーは生ではなく、一回茹でたものだった。←ハングル3文字を逃していた

撃沈...。

でも、あまりの青臭さだったので、たとえ茹でたブロッコリーでもクッキーには合わないという結論に至った。

捨てるのももったいないので、クリームチーズをつけて食べている。←でも、全部は食べれないと思う

この本が悪いとは思っていないので(そう信じたい・笑)、もう1〜2つ、作りたいクッキーとケーキを作ってみたいと思う。
by 2010neko | 2019-05-18 08:04 | お菓子 | Comments(0)
Q2が3年生になってから、新しい科目の科学が好きらしい。

特に実験が気に入っているとのこと。

それで、ナンピョンが私に「どこかそういうことを学べるところを探してあげたら?」といっていたけど、習うと費用もかかるのでそのままになっていた。

すると、Q2がどこで見てきたのか、チーズを作りたいと言い出した。

話を聞くと、どうやらカッテージチーズのよう。←私はそれがリコッタチーズと思っていたけど、調べてみるとカッテージチーズだった

料理系なので、早速、今日一緒に作ってみた。

準備・計量などはさせ、後はQ2主体で二人で行った。

牛乳にレモン汁とお塩を入れ、火にかけてチーズとホエーに分離させてから濾すだけ。

でも、お鍋からさらしに中身を移す時、思わずお互いに火傷しそうになった。

危ない、危ない。

無事にカッテージチーズの出来上がり。

Q2は喜んだのもつかの間、カッテージチーズはボソボソして味もほとんどないので美味しくないと、いつも食べているクリームチーズを食べ始めた。(笑)

その後、出来上がったカッテージチーズを使ってパンケーキを作り、今日のおやつに...。

↓手作りカッテージチーズ&カッテージチーズ入り
パンケーキ
b0194098_21361465.jpg

Billsみたいなフワフワパンケーキになるはずが、何故か固めのパンケーキになってしまった。

計量間違いかな〜?

☆カッテージチーズは何故できるのか?(簡単に)

牛乳の中のタンパク質の一種のカゼイン(牛乳の80%を占める)が、レモン汁などの酸を入れるとpH4.6で凝固(酸凝固)し、分離・沈殿する。このカゼインが固まったものがカッテージチーズで、これを取り除いた液体がホエー(乳清)。カゼイン自体がもともと白いので、残りの液体が透明になる。

実験をするとなるほど〜と思ったし、今回、カッテージチーズとリコッタチーズの違いもわかった。

何気なく作るものでも、原理を知って実験気分でやってみると、子供でなくてもなかなか楽しい。

今日は、あと2つの実験(食べ物を使う)に付き合わされたので、それはまた後日。←1つは結果が出るのに3日間かかる



by 2010neko | 2019-04-06 18:49 | 育児関連 | Comments(0)

いちご大福

最近、いちごがかなり安いので(500gのパックで3500ウォン前後)、よく買っている。

日本から白玉粉も買ってきていたので、昨日はいちご大福を作った。

久々にあんこも炊いたが、自家製あんこはウマウマで味見が止まらず。

↓いちご大福(一番ちゃんと包めた分・汗)
b0194098_23190008.jpg

包むのが難しい〜。

見た目はともかく、求肥はもちもちだし、いちごも甘い方だったので味はお店と遜色なし。

Q2が食べた瞬間、目を大きく見開いて親指を立てたので、私が「お店と同じやろ?」と聞くと、「美味しいけど、この前(元町の春節祭で)食べた屋台のいちご大福の方が美味しいかな。」と...。

まあ、はっきりした意見でいいけど、何だかな〜。

それよりナンピョンが「美味しいから売れる!(もろ韓国人的発言)」とかなり喜んでくれた。

でも、お菓子やパンの味覚はQ2の方が断然優れているのでQ2の意見が的を得ていると思う。

今日は残りのあんこで日本式あんぱんでも作ろうかな。
by 2010neko | 2019-04-03 06:30 | お菓子 | Comments(0)

きなこのプチガトー

今日は、お菓子を習いに元町まで行ってきた。

ここ最近、和のスイーツに関心が出てきたので、今日のきなこのプチガトーはすごく期待して参加。

↓きなこのプチガトー(お皿のは先生作)
b0194098_00080617.jpg

生地にも、クリームにもきなこが入り芳ばしい。

中には煮た黒豆が入っているが甘すぎず、日本茶にもコーヒーにも合う美味しいケーキだった。

家族にも好評。

初めましてのH先生はキュートで、一緒に作ったメンバーさん達も明るくて、和気藹々とした教室だった。
by 2010neko | 2019-01-26 23:00 | 日本滞在 | Comments(0)
昨日は大阪ガスのクッキングスクールでバナナとくるみのショコラロールケーキを習ってきた。

↓ちょっと失敗したバナナとくるみのショコラロールケーキ
b0194098_16550329.jpg

ビスキュイ生地をシートからはずして裏返した後に張り付いてしまい、表面の皮が半分以上剥がれた。

そして、焦っていたのか巻き終わりが下に来ていなかった。

直後に切れ端を食べた時は、あまり美味しくない気がしていたが、夕食後に食べた家族には好評だったらしい。

簡単なので、また韓国でロールケーキの練習をしようと思う。


昨日の夜は友達といつものお店で飲み会。

お客さんが引いた後、ママやマスターと一緒に飲みながら、飲食店経営についての話をいろいろ聞かせてもらった。

最近、神戸のシェアキッチン等を見ていると、私も試しに一回やってみたいな〜と思う。←大人数の料理を作ったことも、飲食店で働いたこともないのに...(汗)

韓国の地元にシェアキッチンがあればいいのにな。
by 2010neko | 2019-01-20 16:51 | 日本滞在 | Comments(0)

2018 クリスマス

今年のクリスマス。

いつものごとくやる気がなく、これではQ2も可哀想だと思い、今日慌てて壁にクリスマスツリー仕様の飾りつけをした。

昨日のイブも普通にカレーとサラダだったので、今日、家族3人でクリスマスパーティーをした。

↓2018 クリスマス
b0194098_23521065.jpg

b0194098_23521108.jpg

壁クリスマスツリーのトップは、Q2が学校で作ってきたものを使用。

夕食は、かぼちゃのポタージュ、バーニャカウダ、ステーキ&サラダ、チーズパスタ、トライフルケーキ。

チーズパスタはオーマイのパスタソースを使い、トライフルケーキのスポンジも日本のマイケーキのようなコンビニで売っているケーキのクリームを抜いて使った。

作りながら疲れてため息ばかりついていたが(汗)、ナンピョンもQ2もすごく喜んでくれたので、やっぱり作ってよかった。

ワインはマートで試飲して美味しかった、カルロロッシという甘い赤ワイン。←Q2はミルキスというジュース


Q2のクリスマスプレゼント。

欲しいものが、任天堂のスイッチだった。←前からサンタさんへの手紙に書いていた

ナンピョンとどうしようか相談。

そしてQ2に、「サンタさんは世界中の子供にプレゼントをあげないといけないから、小1までしかプレゼントを渡せないらしい。小2以降は父母からプレゼントをもらうことになっている。」と、わけのわからない説明をした。←まだ半分信じているQ2

で、ナンピョンとQ2の話し合いにより、クリスマスと来年の子供の日のプレゼントを兼ねてスイッチをあげることにした。

でも、日本で買った方が安そうなので、しばらくはお預け。

by 2010neko | 2018-12-25 23:44 | 家ご飯 | Comments(0)

野生家族

すごく久しぶりにバナナケーキを作った。

NHKでフードディレクターの野村友里さんの番組を見た後だったので、ちゃんと盛り付けて食べてみようと思い、家にあるトレイに一人ずつ盛り付けて、お茶タイム。

↓バナナケーキとナタ豆茶
b0194098_15455518.jpg

ナンピョンとQ2に出すと、Q2はフォークでケーキをひと刺しし、かぶりついていた。

ナンピョンに至ってはフォークも使わず、手づかみで、私が座って食べようとする頃には食べ終わっていた。

優雅にお茶なんて、我が家には似合わず。

まさに「野生家族」!

それにしても、私が盛り付けるとなぜこんなにダサいのか?

野村友里さん手作りの蕎麦ぼうろとお茶なんて、まるで芸術品のようにセッティングされていた。

まあ、我が家には関係はないものの、やっぱりセンスは欲しい。


by 2010neko | 2018-12-20 14:39 | お菓子 | Comments(0)
Q2は今日、1ヶ月前に飴トッポッキを習った教室(カフェに併設)で、コップソルギという、うるち米のお餅(蒸し餅)のカップケーキを作った。

クリスマスにちなんで、飾りはサンタのおじいさん&ルドルフの2種。

手の感覚が必要になるソルギ(うるち米の蒸し餅)から作るので、なかなかいいレッスンだと思う。


カフェに早く着いたので、まずお茶&間食。

↓チャプサルチョコバー(もち米チョコバー)、ハンコップカロン(カップに入ったミニミニマカロン)
b0194098_14050592.jpg
もち米チョコバーは微妙な味だったが(汗)、親指の爪くらいのミニマカロンは芳ばしくて美味しかった。

そして、Q2はレッスンへ。

↓これがQ2作のコップソルギ
b0194098_18391330.jpg
まだ食べてないけど、ベースがソルギなので美味しいはず。

それにしても、零下の外出は寒かった〜。
by 2010neko | 2018-12-08 18:30 | 育児関連 | Comments(0)
今日、外出先でお餅屋を見つけた。

可愛いお餅がたくさんある中、目を引いたのが가래떡(カレトッ)といううるち米で作った細長い韓国餅。

まあ、このお餅はどこのお餅屋でも売っているけど、ここのカレトッは쌀엿(サルヨッ)というお米の水飴をつけたセット売りだったので、すごく美味しそうに見えた。

我が家の3時のおやつに購入。

↓これがセット売りのカレトッ(3000ウォン)
b0194098_00412224.jpg

久々にこの食べ方で食べると、やっぱり激ウマ!

お腹が膨れなければ、いつまでも食べていたい味ともっちり加減。

お米の水飴がじんわり美味しくて、俵屋のじろあめを思い出した。←家にも料理用にお米の水飴を置いているのに、つい存在を忘れてしまう

ナンピョンは、お餅に箸を刺し、ガスコンロであぶり焼きにしてから、水飴をつけて食べていた。

Q2は、水飴の味がちょっと苦手で、練乳をつけて食べていた。

三者三様。

明日も買いに行こうと思う。

by 2010neko | 2018-12-05 23:00 | お菓子 | Comments(0)