日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:お出かけ ( 192 ) タグの人気記事

5/13(日)、この日はお寺(サチャル)料理を無料で、しかも習いたかった연잎밥 도시락(蓮の葉ご飯弁当)を教えてもらえるということでソウルへ。

Q2も同伴。

今回は曹渓寺前の会館で行われたが、行ってみるとちょうど연등회(燃灯会)というお釈迦様をお迎えする会で、大規模なお祭りをやっていた。←曹渓寺前の道路も通行止で歩行者天国になっていた


まずは、お寺料理教室から...。

↓蓮の葉ご飯のお弁当
b0194098_02190322.jpg
でかそうに見えるけど、手のひらサイズの小さなお弁当。

おかずは、애호박 잡채(ズッキーニのチャプチェ) 、김 장아찌(海苔の醤油漬け) 、우엉 무침(ゴボウの和え物)

蓮の葉ご飯の蒸し時間が短く、少し硬めのおこわだったものの、扶余旅行で食べた蓮の葉ご飯より好みだった。

おかずも海苔の醤油漬け等、面白かった。

私が料理を習っている間、Q2は会館1階であった紙の蓮華作り(LED入りでランプになる)に参加。

まだお客さんがいない時間帯だったので、Q2一人で可愛いボランティアのお姉さん達を独り占めし、教えてもらったり、おやつを貰ったりしていた。

若いヨスニム(尼僧)との会話も楽しかったらしい。←何を話していたんだか...(笑)

大人しく待っていたからと、お寺のキャラクターグッズ(ぬいぐるみ)までもらい、ご機嫌なQ2。

そして、私の料理教室後の時間帯にちょうど茶菓作り体験があったので、それにも参加。

↓蓮華作りと茶菓作り体験(いづれも無料)
b0194098_02403892.jpg


↓お寺なのか、今回の燃灯会かはわからないが、そのキャラクターが4種類あり(センセンとかヨヨとか名前がある)、この日、お祭りを練り歩いているキャラクターと一緒に写真を撮ってインスタやフェイスブックにアップすると、希望のぬいぐるみをもらえた
b0194098_02485410.jpg

ここを出てから、いつもお寺料理を習っている体験館に行き、チャンアチ入りのおにぎりをもらい、食べながらテンプルステイ(宿坊体験)のビデオなどを見た。←Q2と今年の秋あたりにテンプルステイに行く予定

その後、お祭りへ。

ここでも、仏教関係のいろんな無料体験や催しがあり、Q2がすごく喜んでいた。

私も東〜東南アジア諸国の仏教ブースや、お寺料理の屋台等を見れて楽しめた。

↓燃灯会のお祭りにて
b0194098_02585786.jpg
小坊主さんのタトゥーが可愛い♡

お祭りの間に、すぐそばのインサドンに行き、興味のあったうんこカフェへ。(笑)

↓サムジギルの4階にある또옹카페(トオンカペ:うんこカフェ)にて
b0194098_03120289.jpg
ここはうんこだらけなので、幼児なら確実に喜ぶカフェ!

Q2は和式便器型の器に盛られたワッフルとチョコアイスのセットを食べたけど、気分が微妙だったらしい。

うんこの形のスコーンや、便器型皿に盛られたカレーなどもある。(笑)

サムジギル1階にはうんこノリト(有料の遊び場)があるが、面白くないという口コミが多かったのでパス。

お茶後、またお祭りに行き、しばらくしてから夕食を食べに明洞のタッカンマリ屋へ。

↓清渓川&박대감 닭한마리(パッデカム タッカンマリ)にて
b0194098_03280402.jpg


思いがけず楽しい一日になった。
[PR]
by 2010neko | 2018-05-22 06:56 | お出かけ | Comments(0)
約2週間前、Q2のテコンドーの進級審査があり、隣の市にある体育館まで行ってきた。

去年の1品合格後から1年経過したので、今回は2品の審査だった。

1品の審査時はこちら

↓今回の進級審査風景
b0194098_08065381.jpg
相変わらず、運動神経が鈍い。

とはいえ、Q2はこの日のために約40日間1日2回(計2時間)テコンドー場に通い練習をしたので、その辺はよく頑張ったと思う。

↓進級審査の後は、Q2のリクエストで水原市にある日本のパン屋「TOKYO PANYA」へ   
b0194098_08065406.jpg

昨日、テコンドー場から電話がかかってきて、Q2は2品に合格した様子。

ナンピョンがQ2に2品を取ったら、辞めてもいいといっていたけど、どうするのかな〜。←私としては水泳を習わせたい


最近、またナンピョンの出張生活がスタートし、Q2と二人暮し。

先週の土曜日は二人で図書館へ。

↓お昼は超久しぶりにチョゲグクス(鶏肉入りの冷麺みたいなもの)を食べに行った
b0194098_08070583.jpg



↓先週日曜日は果川市にある国立果川科学館へ
b0194098_08094439.jpg
先週金曜日は科学の日ということで、Q2の小学校でも科学の学習があり、週末の間、科学館も無料だった。←子供達でいっぱい

↓帰りは夕食代わりにチキン屋で乾杯
b0194098_08100151.jpg
ヘビーすぎて、二人で1/4程残してしまった。


5月の韓国のゴールデンウィークは、Q2とまた二人旅をする予定。

いろいろプランを立ててる今が一番楽しいかも...。


[PR]
by 2010neko | 2018-04-26 20:06 | 資格関連 | Comments(0)

美食な午後

この前、Oさんが韓国人友達Yさんと食べに行ったお店が美味しかったらしく、私が好きそうなお店ということで教えてくれた。

行きたいけど場所が忠清南道の天安市である上に、畑の中に建っている民家のため、車がないと行けない場所だった。

すると、今週火曜日に二人がわざわざ車で連れて行ってくれた。

なんと親切な...。

そのお店はフュージョン韓食ブッフェ(バイキング)のお店だけど、家族経営で、50代くらいの奥さんがほとんど一人でおかずを作っていた。

台所の横の空間に、韓国の家庭で普通に食べるようなおかずがずらりと並んでいて、まさしく家ご飯。

それを食べに来るのは、ほとんどが主婦。←みんな誰かにご飯を作ってもらいたいんだな〜と感じた

お店はお昼の12時から15時まで営業しているものの、開店と同時にいっぱいになるようで、おかずが2種類くらいなくなった時点で営業終了になるらしい。←おかずは20種類以上あるのに...良心的

↓チャンチ(宴)というフュージョン韓食ブッフェにて
b0194098_09220673.jpg
一人10000ウォン(約1000円)で食べ放題。

おかずはナムルや野菜がほとんどで、3種類くらい肉や魚のおかずがある。

薄味の優しい味で、もろ私好みだった。

一番気に入ったのは、コムチゥィ(オタカラコウ)のチャンアチ(醤油漬け)。

甘さと塩加減が絶妙。←授業料を払ってでも教えてもらいたいくらい

ナムル類も全部美味しかったし、韓国家庭料理に刺激され、またいろいろ家で作ってみようと思えた。

食後のシッケやスジョンガまで手作りで、最後まで大満足だった。

家の近くに、このお店があればな〜。


ランチ後はドライブがてら近くの大学の売店でお買い物。←大学内で栽培された苺を購入(でかくて味が濃い)

次はお茶タイム。

↓トドロンという小さなカフェにて
b0194098_09220796.jpg
マカロンがそれ程好きでないOさんが、ここのマカロンは美味しいといっていたので、私も食べてみたかった。

よもぎ餅きな粉マカロンと、韓国の代表的なアイスキャンディーのテジバーを真似た、テジバーというマカロン、人参ケーキ、アイスコーヒーを注文。

よもぎ餅きな粉マカロンは甘すぎず、あんこ他、中身も独特で驚くほど美味しかった。←今も頭から離れず

歴代1・2位を争うマカロンだった!

テジバーマカロンもアイスキャンディーと同じ味で、そのアイデアに感心した。

ここは平澤市の住宅街にあり、何とか再訪できそうなので、近いうちにまた行きたいと思う。


最後は、これまた食べに行きたかった平澤市にあるキンパッのお店に寄り、夕食として買って帰った。

↓テジュンキンパッにて
b0194098_09220797.jpg
ここは珍しい2種類のキンパッを売っている。

1つはシレギ(干した大根葉が入った)キンパッ、もう1つはコンドゥレ(高麗あざみ入り)キンパッ。

茹でて炒めたシレギやコンドゥレが入っているのも珍しいし、コンコギといって豆とじゃがいもなどを潰して作ったオリジナル豆肉が入っているので、栄養満点。

手間暇かかったキンパッなのに、それぞれ2000ウォン(200円)と2500ウォン(250円)という安さ。←嬉しいけど、労力を考えたらもう少し値上げした方がいいような...

「センファレ タリン(生活の達人)」という番組で2017年の大賞に選ばれた。

味は本当に地味な美味しさ。←わあ〜美味しい!というのではなく、おばあちゃんがあり合わせで作った手作りキンパッみたいな感じ?

でも、お店が家の近くにあれば、普通のキムパッより断然こっちのキムパッを選ぶと思う。 

初めて会った韓国人Yさんも豪快でいい人だったし、みんなで美食な午後を過ごせて楽しかった。


[PR]
by 2010neko | 2018-04-06 22:19 | お出かけ | Comments(2)

お別れ会でジンギスカン

先週末、日本に完全帰国するYさん家族とお別れ会をした。

彼女と出会って約5年。

Q2もYさんちのお兄ちゃん(息子)が大好きだった。

年に数える程しか会わなかったし、旦那さんの駐在で韓国にいたので、いつかは帰るとわかっていた。

でも、別れはやっぱり寂しかった。

↓Yさんリクエストで最近オープンした北海道式ジンギスカンのお店「징기스(チンギス)」へ
b0194098_00203086.jpg
羊肉にトラウマがある私は、ジンギスカンが食べられるか心配していたけど(笑)、ここは全く臭いがせず、お肉も柔らかくて美味しかった。←Yさんの旦那さんも羊が苦手だったらしいが、私同様、美味しかったとのこと

それと、一緒に焼くセリがお肉とよく合っていた。

あいにく一番食べたかった薄切り羊肉はなかったので、最後は代わりに羊肉のカムジャタン(本来は豚の背骨肉)を注文。

これはごくわずかの臭みはあるものの、苦手な私でも許容範囲内だった。


夕食後は、私とQ2&YさんとK君の4人で釣りカフェへ。

Q2の釣りは全くもって駄目だったけど、お兄ちゃんと一緒だったので、すごく楽しそうだった。

そして、最後のお別れ。ウルウル

Yさんの五平餅や桜餅、焼きそばやカレーetc、どれも美味しかったな〜。

Yさん、ありがとう。

元気でね〜。

夏休みに日本で会えるといいな。

[PR]
by 2010neko | 2018-03-31 00:10 | 外食 | Comments(0)

母親業で疲れて...

この冬、私は病院に行かないといけないような風邪をひかなかった。

こんなことは初めてで、自分でも驚いていた。

でも、先週1週間、立て続けの母親(外交)業で疲れた〜と思っていたら、すぐに風邪をひいてしまった。←私にはこのストレスが一番堪える様子

まず、新学期になりQ2の小学校の学父母総会(PTA総会)&新担任と父兄の初顔合わせ。←Q2のクラスにどんなオンマ達がいるのか、私がドキドキする


↓半ば強引に連れて行かれた(笑)同じアパートでQ2と同学年のオンマ達(計5人)との昼食会&お茶
b0194098_14000965.jpg

これは、まあまあ楽しかったし、お得で美味しいしゃぶしゃぶカルグクス(麺料理)のお店に行けたので、一応、良かったかな。


週末はQ2が1年生の時のクラスモイム(集まり)があった。

↓近くの公園であったクラスモイム(オンマだけで15人)
b0194098_14155946.jpg
最初は外出するから行かないと断っていた。←本当に遊びに行くつもりだった

でも、Q2が午前中にあるテコンドー教室のベイブレード大会に参加したいといい出した。

それでQ2に合わせたら、同じテコンドーに通っているオンマに、午後からのクラスモイムに一緒に行こうといわれ、逃げられず...。(汗)

まあ、オンマ達に家でチムチルバンみたいな焼き卵を作る方法を教えてもらったし、新作のお菓子もいくつか食べられたので、良しとしよう。←でも、このモイムで致命的なストレスを受けたと思う


最後は韓国版緑のおばさん活動。

簡単だと思っていたら、車はすごく多いし、スクールバスで死角があったり、大人が信号を守らなかったりで、約1時間、かなり緊張した。


その他、新しく始めた習い事も2つあり、今はヨレヨレ状態。

できるだけ睡眠を取って、風邪を早く治そうと思う。

[PR]
by 2010neko | 2018-03-23 13:45 | 小学校 | Comments(0)

最新のアパート

昨日は友達と外でランチ後、その友達の家に行って来た。

2月末から入居可能になった最新のアパートで、友達は1週間前に入居した。

きれいなだけでなく、いろんなものがあったので、びっくりだった。

築13年くらい経ったうちのアパートの敷地内には、ノリト(遊具がある公園)&野外運動器具、敬老会館、オリニチプ(保育所)、ミニマート、クリーニング屋という、このくらいの頃に作られたアパートと同じく最低限の施設が入っている。←噴水もあるのに水がでているのを見たことがない(笑)

で、ここ10年以内に建ったアパートには、上記に加え、アパート自体が管理するジム、図書館が基本になった。

↓そして、今回はさらに新しいものを発見
b0194098_11033336.jpg

子供達専用のバス停(幼稚園や各習い事の送迎車が停車する場所)。

ミニサッカー場。←バスケットやテニスのコートは結構見たことがある

抽選制で個人の花壇。←何箇所かにあるらしい

アパートが山の横という立地なので可能な、キャンプ場。(笑)←5個だけということだったけど、各敷地にテントを張れるようになっているし、1箇所につき水道2個が完備

各ごみ捨て場には、シンク台のある水道もあった。

アパート管理のカフェや、フリールーム(宿泊可)があるのも最近の傾向。

あと、ここ10年のアパート内には台所(たまにお風呂も)にミニテレビが付いていたけど、それがさらに進化していた。

それと、換気システムも壁に埋め込まれたモニターでリモコン操作だったし、極めつけは家の外のエレベーターを、これまた家の中のリモコンで操作するなど、便利すぎる仕組みだった。

お金持ちが住むアパートというわけではないのに、ここまで施設や設備が整っているのは羨ましい限り。←まあ、うちは住めないから、やっぱりお金持ちの家になるのかな(笑)

いろいろ、面白かった。

[PR]
by 2010neko | 2018-03-14 11:55 | お出かけ | Comments(0)
今日はテボルムという農繁期の準備と無病息災を願う日。

テボルムについての詳細はこちら

でも、ナンピョンの勘違いで昨日がテボルムだと思っていた我が家。

昨日の朝食後、テボルム料理を作っていて、ほぼ完成した時点で間違いに気付いた。

仕方がないので、そのままテボルム料理を食べた。

何だかな〜という気持ちだったけど、たまたま、この日(公休日)に開催予定だったテボルムの夜の行事に参加できたので、フライングしたものの、いつもより家族で有意義に過ごせたと思う。

↓フライングした2018年のテボルム
b0194098_08241222.jpg
テボルムご飯は、オゴッパッ(雑穀ご飯で今回はうるち米&もち米&玄米&小豆&アワ&キビ)に、高麗あざみなど3種類のムグン(干した)ナムルと、シレギテンジャンクッ(干した大根葉の韓国味噌汁)。

夜は家族3人でタルチッテウギ(農作物の作柄を占う行事で月の家に見立てた木や藁で作ったでっかい塔みたいなものを焼く)や、チブルノリ(ひもをつけた空き缶に炭火を入れ、ぐるぐる回す危険な遊び・笑)の行事に参加。

今まで話だけ聞いていた行事だったので、実際に参加できて良かった。

ナンピョンが小さい時は、これらの行事を毎年、村でやっていたらしいが、都会に出てきてからは初めて見たらしく、ナンピョンも数十年ぶり。

現代らしく、119(消防署)が消火ホースで火の粉を消しながら進行。←河原近くの広場で開催されたが、河原の向こうはアパートが密集しているし、この日は強風だった

帰りは遅い夕食を食べて帰宅。
[PR]
by 2010neko | 2018-03-02 08:23 | 家ご飯 | Comments(0)

名探偵コナン 紺碧の棺

先週の日曜日、お疲れのナンピョンは家で休みたいということで、私とQ2だけで映画を観に行った。

その前に、ハッドッ(アメリカンドッグ)の専門店で小腹を満たし、その後、適当なカフェへ。

↓すべてがでかいサイズのカフェにて
b0194098_21141033.jpg
韓国のカフェの飲み物は一般的に量が多いので、普通サイズでも私には多い。

なのに、ここは更に量が多く700ml以上入っていた。←サイズは選べず

これでコーヒーが1500ウォン(約150円)と安いけど、飲めずに半分以上残したので、値段はそのままでもいいから、半分くらいの量にして欲しい。

ちなみにQ2のマスカットエイドは約350円。

全部飲んでいたけど、見ているだけでお腹がちゃぷちゃぷになりそうだった。

ペクタバンというカフェがビッグサイズで低価格のコーヒーを出し始めてから、これを真似るカフェがたくさんできた。

でも、コーヒーは日本式に適度な量を優雅に飲みたい。(笑)


その後、大型文具店でQ2の新学期の買い物をしてから映画へ。

↓名探偵コナン 紺碧の棺
b0194098_21354108.jpg
韓国では新しい映画なのに、見終わった後、調べてみると、日本では2007年放映の超古い映画でびっくりだった。

Q2は面白かったみたいだけど、ストーリーに無理があり、私はいまいち。


映画の後はナンピョンが迎えに来てくれ、そのまま夕食を食べに行った。

↓いつものキョドンチャンポンで、私はスンドゥブチャンポンパッ(おぼろ豆腐入りチャンポンのご飯付き)
b0194098_01411881.jpg
辛〜いチャンポンの中には海鮮&野菜&豚肉&おぼろ豆腐が入っていて、麺は普通のチャンポンの半分くらいの量で、それにご飯が付いてくる。

麺を食べてから、残りのスープにご飯を入れて食べるスタイルが多いけど、私は別々に食べる方が好き。

ソルラル(お正月)に伴った連休が終了。

疲れた、疲れた。

未だに疲れが取れない。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-23 00:10 | 映画・ドラマ | Comments(1)

2018年 ソルラル

先週あったソルラル(韓国のお正月)の連休。

今回も2泊3日でナンピョンの実家へ。←2泊3日が定着

出発当日の午前3時すぎまで会社の宴会だったナンピョンのおかげで(笑)、午後4時前にゆっくり自宅を出発。

↓夕食は帰省途中にあるチンブという町(村)で山菜定食を食べた
b0194098_21514846.jpg
超素朴な味付け(味をほとんどつけていないものもある)で、お寺料理よりさらに自然を感じた。←ここまでいくとちょっと物足りないかも...

でも、全部食べても、お腹にもたれず、体にいいのは確か。

実家に到着したのは午後8時すぎ。

なので、この日は何のお手伝いもせずに済んでラッキーだった。


ソルラル当日は、いつものように長兄嫁から料理作りでいじめられたけど、まあいつものことなので、普通にスルーした。

良くも悪くも、長兄嫁の相手をするのは3番目の私だけなので(2番目と4番目はほとんど1番目と話もしない)、いじめにも合うけど、私にはよくしてくれる方だと思う。

この日も、私が夕食にラーメンが食べたいというと、長兄嫁は卵まで入れて、ラーメンを作ってくれた。(笑)←2番目、4番目は嫁に行った長兄の娘家族2組に会いたくないので、昼食後すぐに帰っていった


最終日は、我が家プラス長兄の孫(Q2より1歳上)だけ連れてお墓参りをし、遅めの昼食後、実家を出発。

その後、実家から30分くらいのところにあるジョンソンのコドゥルムチュクチェ(つらら祭り)に行った。

ここで先に出かけていた長兄家族達8人と合流し、雪ソリ、つらら見学、氷上ソリ、スケートを楽しみ夕方5時の閉会と同時にここを出発。←ナンピョンも長兄家族と関わりたくないから、このお祭りに行きたくないといっていたが、Q2のためだと私が説得(昔と立場が逆になってしまった)

↓つらら祭りにて
b0194098_00504315.jpg
Q2だけ子供達と一緒に遊べて楽しそうだった。

帰り道にある、オリンピックが開かれている平昌で夕食を食べようと、平昌市外バスターミナル前の市場に行った。

でも、ここはオリンピックから取り残され?、町自体が閑散としていた。←オリンピック期間中なのにサムギョプサル屋くらいしか開いていなかった

チンブの町でも外国人カップルを1組見たくらいで、ここも人がおらず。

今回は行きの道路も帰りの道路も、いつものソルラル時より車が少なく、本当にオリンピックが開催されている?と不思議な感じだった。

平昌でも、試合が行われているスキー場付近や、スケートリンクがあるカンヌンにしか人がいないのかな〜。

今日のニュースでは、カンヌンの海辺のお店はお刺身などのお店ばかりなので、魚を生で食べない外国人には人気がないらしく、車の通行制限の影響もあり韓国人自体も少なく、通常期より儲かっていない様子。

逆に市内のサムギョプサル屋やチキン屋は外国人で大盛況とのこと。

ともあれ、今回のオリンピックは盛り上がりを感じないし、利益があったのも、ほんの一握りの人だけなんだと思う。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-22 07:44 | お出かけ | Comments(0)
Q2の約1ヶ月の冬休みが終わり、今日から一週間だけ4時限授業&給食の学校。

今週金曜日には終業式で、すぐにまた3週間以上の春休みに突入。

話には聞いていたが、変な休み制度。

でも、今週だけは私が朝からほっとできる時間。


さて、本題。

先週の土曜日、Q2とソウルのオリニ大公園にある서울상상나라(ソウル創造の国) に行って来た。

ソウルサンサンナラは、子供達が遊びを通して、体験して学び、夢と幸せを育てることをコンセプトとしたソウル市が運営している遊び場(入場料一人4000ウォン:400円)。←HPより

事前予約が必要らしく、私達も2週間前に予約。←空いていれば、現地でチケットを購入できるみたいだけど、休日は混雑しているし、人数制限がある

すごく大きな建物で、地下1階〜3階までに、いろんなテーマの施設(遊び場)があった。

雰囲気としては、子供博物館と子供科学館が一つになったような感じ。

あとは、時間ごとにいろんなプログラムがあったり(要予約で有料)、別運営の小劇場(有料で、この日はアラジンをやっていた)があったりで、これらを含めると一日中楽しめる施設。

すぐ近くに、去年のゴールデンウィークに行った서울시민안전체험관(ソウル市民安全体験館) や動物園等がある。

ただし、我が家からバスと地下鉄で2時間ちょっとかかるのと、施設内のカフェがかなり小さく、運がよくないと入れないのが難点。←食堂はないが(お弁当持参の人は3階に食べる場所がある)、施設に再入場できるので、近くの飲食店を利用すればいい

この日の朝はマイナス15度で、バスも暖房なはずが、全く暖かくならず冷風状態。

地下鉄等も同様で、余りの寒さに途中でホッカイロを買った。

少し早く到着し、Q2が朝食を食べたにも関わらず、また、お腹が減ったというので、駅前のパリバゲット(パン屋&カフェ)で、2度目の朝食(私は暖を取るためコーヒー)。

↓パリバケにて
b0194098_10132095.jpg
食べても食べてもお腹が空くらしい。

この先の食事代が心配になる。


そして、10時のオープンと同時にソウルサンサンナラに入場。

オープン直後で館内まで寒く(午後からはましだった)、大人はみんな上着を着たまま行動していた。

そして、10時半の万華鏡作り(これだけ無料だった)、11時の実験遊び、12時の月餅作り、15時の時計作りに参加し、合間にいろんな階を周って行った。

↓ソウルサンサンナラにて
b0194098_10132203.jpg
Q2は2階にある宇宙をテーマにした場所(体を動かして遊ぶゲームが充実)と、3階にある水遊び場が気に入った様子。

b0194098_10132513.jpg
時間ごとの有料プログラム(各 約50分)は、(今回は)時計作りだけ親が参加できるが、それ以外は子供達だけで参加。←授業の最初と最後だけ親も入場でき、それ以外は待合場に設置されているモニターで子供達の様子を見れる

時計はQ2がほぼ一人で作った。

時計盤はなぜかクリスマス(笑)で、全体としてフクロウらしい。

時計作りで感じたのは、韓国人の親は子供に口の出し過ぎ、手伝い過ぎ!

あとは、片付けが親子共々全くできない!

終わったと同時にそのままの状態で出て行き(ペンやクレヨンも箱に入れずテーブルに使った状態のまま放置)、テーブル上も床もゴミだらけ。←テーブル上にゴミ入れはある

うちのテーブルと床だけは元通りにきれいにしたが、他は目も当てられないくらいひどかった。

思わず写真を撮ろうと思うくらいひどく、後から片付けしている職員達に一言「こういう物作りも大事だけど、まずは親子に片付けを教えた方がいいですよ!」と言うか真剣に迷った。←変な外人と見られるのがオチなので言うのは我慢した

Q2には部屋の中を入り口から確認させ、どう思うか考えさせた。

これが、韓国のゴミだらけの文化を作っているんだと、私も痛感した。←日本の躾教育は素晴らしいと思う

これだけは本当に残念な部分だったけど、開館から閉館一時間前まで遊んでも、全部周りきれなかったし、Q2もまた来たい!といっていたので、プログラムを確認して近々、行きたいと思う。


合間に外に食べに行った昼食。

パスタ&ピザの予定にしていたけど、体が冷えきっていたので、温かい汁物が食べたくなり、韓国中華に変更。

↓ソウルサンサンナラから徒歩5分くらいの하이난(ハイナン:海南)
b0194098_10132739.jpg
Q2はチャジャンミョン、私はチャンポン。

2つとも中華なのに、化学調味料の味がしないマイルドな旨味で、すごく美味しかった。

ジャスミン茶の他、食後にザクロ酢のジュースも出てきた。

ここはお勧めかも...。

チャンポンを食べてから、やっと手が温まってきた。

この寒さ、どうにかならないかな〜。
 

私は寒さに耐えながら一日中付き合い、ボロボロ状態。

Q2は、体を使って遊んでくれるアッパもいないし、特にテコンドーのない週末は体を動かしたくて仕方がないらしい。

昨日も気力を振り絞り、近所のキッズカフェへ。

子供の頃から私は休日が嫌いだったが、今はさらに嫌いかも...。

疲れた、疲れた。
[PR]
by 2010neko | 2018-01-29 06:30 | お出かけ | Comments(2)