人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:お出かけ ( 248 ) タグの人気記事

面白い図書館

昨日、Q2の用事があって二人で隣町(といっても家から20分くらい)に行ってきた。

すると、目的地のすぐ近くに、前から行ってみたかった図書館があったので、用事が終わってから寄ることにした。

その前に図書館近くで昼食。

↓私はチョルビビンマンドゥ(チョルミョン+マンドゥが一緒になったもの)、Q2はカルグッスを注文
b0194098_18333133.jpg
期待せずに食べたら、どちらもなかなか美味しかった。


そして、図書館へ。

↓ここは階段状ではなく、スロープがついたひな壇状?になった自由閲覧コーナーがあった(2階から写真を撮ってみた)
b0194098_19211367.jpg
椅子がたくさん並んでいるが(左上)、この日は演奏会があるので、こんな感じだった。

普段はちょっとオシャレなテーブルや椅子が間隔を空けて置いてある様子。

子供用の図書館(右上・右下)も子供が好きなように本を読めるよう、いろんな空間があった。←Q2も含め、寝転んで読む子供達も多い(笑)

韓国の新しい図書館には、閲覧室&資料室&学習室、休憩室、会議室、講堂(ホール)、カフェ、売店(カップラーメン等食べられる)が基本的にあるが、この図書館にはさらに読書キャンプ場(図書館裏手の敷地内)というのがある。

読書キャンプ場は、毎週金曜日と土曜日の2回(16時〜翌朝11時まで)読書兼キャンプができる宿泊施設。

↓読書キャンプ場(冷暖房完備のドラム缶みたいな建物が4棟あり、中で読書したり、横に持参のテントを設置してもいい)
b0194098_18435023.jpg
すべて無料だけど、(子供の)読書感想文を1つ提出するのが条件。

トイレは図書館を使用し(シャワーはない)、共同冷蔵庫と炊事場はある。←騒がなければ、炭火は使えないけど、持参の携帯ガスコンロでBBQなどをしてもいい

小さいながら建物内はきれいだし、天井から夜空を観れるのも良さげ。

人気があり、抽選はなかなか当たらないらしい。

夜な夜な家族で読書を楽しめるので、読書好きには魅力のある施設だと思う。

うちもダメ元で申し込んでみようかな?


あと、子供の図書館も併設している図書館では、隔週〜毎週の土曜日か日曜日に子供映画上映会があるし、その他の催しも多々ある。

↓昨日はどこかのアマチュアオーケストラの演奏会があったし、別のコーナーにはドローン写真展もやっていた
b0194098_19143273.jpg
中2階になる2つの場所を利用しての演奏会で、たくさんの人達が聞いていた。

来週は別のアマチュアオーケストラの演奏会、再来週はKポップダンス大会の予定らしい。

その他、毎週末?の土曜日の朝に、父子で参加する科学教室みたいなものもあった。

図書館の職員さんは週末大忙しだろうと思う。

なかなか韓国のいいところを見つけるのは難しいけど(汗)、図書館は充実していると思う。

by 2010neko | 2019-06-16 08:00 | お出かけ | Comments(0)
先週の日曜日、久々に結婚式に参加してきた。

結婚したのは姑の弟の娘なので、ナンピョンのいとこに当たる。

私はほとんど面識がなかったけど、可愛らしくて性格も良さげな感じの子だった。

↓ナンピョンいとこの結婚式(パーティーハウスにて)お父さんと新婦が入場
b0194098_10022989.jpg

式場にお皿がセッティングされているが、食べるのは別の会場にあるブッフェ。←不思議な飾り?(笑)

姑は体調不良で欠席し、ナンピョン直系家族は一部だけ出席していた。

詳しくは書かないけど、この晴れやかな場でもドン引きするような言動を取るナンピョン家族。

いつもながら、どういう教育を受けたら、そうなるんやろう?と心底疑問に思う。

それはさておき、若い二人には楽しい家庭を築いてもらいたい。


結婚式の後は、Q2が前からリクエストしていた코노(コノ)へ。

Q2がよくコノという単語を使うので、何かと尋ねたら、コイン ノレバンの略語だった。←子供同士はこう呼ぶらしい

韓国ではカラオケをノレバンというが、若い子に人気があるのは、コイン(実際には紙幣になるが)を入れて、その分だけ歌うカラオケ。

部屋も1~2畳くらいの狭さで、値段も安い。

1000ウォン(約100円)で3~4曲くらい歌える。←でも、早く選曲しないと他のお客さんが待っていますなどの警告メッセージ(自動音声)が入る

この日は日曜日の午後3時半くらいで、コノは学生だらけ。

1軒目に行ったお店は空きがなく、裏通りにある2軒目のお店で何とか入れた。

↓コノにて熱唱するQ2(やっぱり音痴・汗)
b0194098_10425715.jpg

ナンピョンと私は疲れているし、付き添いで来ただけなので、Q2だけ12曲歌って終了。

Q2は大きな声を出して、「ヒーリングできたわ。」と満足げだった。

普段、そんなにストレス溜まってるのか?

楽しそうにしていたし、夏は冷房も効いていると思うので、避暑がてら、また連れて行ってあげようと思う。



by 2010neko | 2019-06-14 09:49 | お出かけ | Comments(0)
去年の夏、すごく人気だった韓国のスライムカフェ。→去年の記事はこちら

Q2も去年の夏の間ははまっていたが、マイブームが去り、スライムについて何も言わなくなった。

でも最近、YouTubeの影響でまたスライムを作りたいと言い出したので、先週の土曜日、以前行ったスライムカフェに行ってみた。

すると、スライムカフェの看板は降ろされており、オーナーも代わった様子で、普通のカフェになっていた。

でも、カフェ内にはスライムの材料が置いてあり、スライム作りは以前17000ウォンだったのがセール価格で10000ウォンになっていた。

さらに、お店も営業しながら売りに出していた。←いっぱいあるスライムの材料をセールしてでも整理したいんだと思う

もう風前の灯火状態。

私が1年続かないと思うとブログに書いていたけど、本当にそうなってしまった。

↓スライムカフェにて
b0194098_14311398.jpg
Q2の今回のテーマはスイカらしく、色は赤で、種のようなビーズをメインに使用。

そして、匂いはチェリー。

久々に作って楽しかった様子。

次回はもう閉店になっていると思う。



夕方はこの前、ナンピョンとビール祭りで訪れた烏山五色市場へ。

その時、お店の前で魚を捌いていて、お客さんもたくさんいた刺し身屋へ。

↓白身三種類(35000ウォン)と海鮮ラーメン(5000ウォン)を注文
b0194098_14391615.jpg
いつも多すぎると思う付き出しも、ここは適当な感じだし(多すぎるとメインのお刺身や〆が食べられなくなる)、かなり安いのにお魚も新鮮で美味しかった。

お刺身を捌いている店主?も韓国のお店では珍しくハイテンションで(笑)、親切だった。

帰り際、お店を出るナンピョンに向かって、店主は拳を振り上げながら「明日もファイト〜〜!!!」と叫んでいた。

あまりのテンションに私は苦笑。

でも、理不尽に無愛想にされるより、こっちの方が断然いい。

おじさんもファイト〜!
by 2010neko | 2019-06-03 14:11 | 育児関連 | Comments(0)
先週の土曜日、Q2と新しい図書館へ。

最初はあまり乗り気でなかったQ2も、売店やカフェが充実しているのと、子供資料室(子供用図書館)に靴を脱いで寛ぎながら本を読むスペースがあるので気に入った様子。

本を読んでいると、この日はたまたまヒーリング音楽会というのが多目的ホールであり、図書館のおばさんが声をかけてくれたので、Q2と参加した。

↓F市青少年フェスティバルオーケストラによるヒーリング音楽会
b0194098_09511002.jpg

世界旅行をしている気分で、各国(アメリカ・ドイツ・オーストリア・韓国・日本など)の曲を聴きながら、ヒーリングしよう!というコンセプト。

小さな音楽会だったけど、ほとんど馴染めみのある曲(クラッシック、歌謡曲などジャンルもいろいろ)だったし、内容もよく考えられていて、思ってた以上に楽しかった。

日本の曲は、千と千尋の神隠しの「いつも何度でも」

韓国の曲は、「고향의 봄(故郷の春)」、「사랑을 했다(恋をした)」

やはり、iKONの「사랑을 했다(恋をした)」は子供も大人にも大人気で、アンコールでもこの曲が演奏された。

アンコール曲を演奏する前に、女性指揮者が聴衆に「歌える人はいますか?」と問いかけると、Q2がつかさず手を挙げた。

Q2は歌詞を全部覚えてるわけでもなく、その状態で手を挙げることに、唖然としてしまった。

そして、女性指揮者はQ2を前に呼び出した。

名前などを聞かれた後、Q2はオーケストラをバックに「사랑을 했다(恋をした)」を歌うことになった。

ここでも、恥ずかしがる様子はなかった。

私はQ2が音痴なのを知っているのでドキドキしてしまった。

で、演奏が始まり歌い出したQ2。

やはり、音程が外れている。(笑)

しかも、歌詞を覚えていないので途中は無言になり(いつもは歌えるラップ部分もついていけてなかった)、サビで盛り返すの繰り返し。

アンコールの最後の曲なのに...と思うと、オーケストラや会場にいる人達に申し訳なくて、私はいたたまれなかった。

それでも、Q2は最後までみんなの前で歌い切った。

拍手をしてもらい(まあ、これはオーケストラにだけど)、見知らぬ人達から「よくやった!」とか褒められ、Q2は満足げな様子で私の元へ帰って来た。

こういう度胸が外国人気質でいいな〜と思う反面、この雰囲気(協調性とでもいうか?)を読み取れないQ2に複雑な思いがした。←どこまでも典型的な日本人の私(汗)

家に帰ってからナンピョンに話すと、案の定、「좋구만〜(いいね、いいね〜)という感じ」と、そんなことを思う私がおかしいという感じだった。

親なら無条件で大絶賛してあげるべきなのかな〜

by 2010neko | 2019-05-28 06:30 | お出かけ | Comments(2)
金曜日の夕食後、Q2はテコンドー教室の1泊2日(夜7時半〜朝8時)の合宿へ。

Q2を送り出してから、ナンピョンと私は烏山五色(オサン オセッ)市場で開催されていた第6回夜のビール祭りに行ってきた。

烏山五色市場は烏山市の中心街にある在来市場で、結構大きい。

その市場で年2回(だと思う)夜のビール祭りがある。

ビール祭りといっても単に市販しているビールではなく、韓国でも盛んになっている全国の地ビール(手作りビール)の醸造所が一同に介するビール祭りで、今年は24の醸造所が参加した。

一業者が10種類くらいの地ビールを出しているところもあり、どこも全部試飲できるので地ビール好きにはたまらないお祭り。

そして、ビール祭りでは、イベント会場で催しもやっているし、ビールに合いそうなコッテリガッツリな食べ物の屋台、元々、市場にある食堂などもあるので、ビールを飲めない人も楽しめる。←人が多くて並ばないといけないのが難点

↓第6回夜のビール祭りにて
b0194098_11520464.jpg

中央は、ある醸造所の看板。

右上写真(飲みかけ)の大きさのカップで試飲できる。←フルーツみたいなもの、コーヒーみたいなもの、いろんな味があるな〜と感心した

どこもいっぱいだけど、一応、市場の何箇所かに休憩所が設けてある。

私はお酒を多少飲むものの、ビールは大ジョッキ1杯くらいで充分。

そして、ナンピョンは市販のビールはたくさん飲めても地ビールはホップの苦味で?同じ量が飲めないらしい。(笑)

なので、試飲以外で二人で飲んだのは全部で4杯だけ(だいたい1杯5000ウォン)。

夕食も食べた後だったので、おつまみは4種類のフライドポテトの盛り合わせと牛肉の串焼きだけを食べた。←2つとも美味しかった

面白い食べ物も多かったので、私はビールよりそっちを見る方が楽しかった。

↓いろんな食べ物(極々一部)
b0194098_12105257.jpg

外国人もたくさん住んでいる地域なので、羊肉の串焼き、春巻きみたいなもの、ケパブ、ロブスターのチーズ焼き、たこ焼きなどもあった。

その中でも私が一番興味を持ったのは、サムギョプサルキンパッ!

焼き肉屋で食べるあのカットする前の長細いサムギョプサル(三枚肉)を鉄板でしっかり焼いて、海苔→白ご飯→サンチュ→エゴマの葉→サムギョプサル→白髪ネギ→サムジャン(お味噌の一種)の順で巻いて完成。

これは絶対に美味しいので、来週あたりに家で作ってみようと思う。

この夜のビール祭りで、脱サラして地ビールの醸造所で修行をしているナンピョンの後輩にも会いに行った。←私はここで黒ビールを飲んだけどマイルドで美味しかった

地ビールのお店を開く予定らしいので、その時を楽しみにしている。

ビール祭りはQ2がいないとゆっくりできると思っていたけど、ナンピョンと二人だけだと何となく面白みに欠けた。(笑)

次回はやかましいQ2も連れて行くかな。


Q2は、今まで親と離れてどこかに泊まることができなかった。←唯一、うちの妹宅に泊まっただけ

でも、今回は自分から泊まりの合宿に行きたいと言い出した。
 
心配したけど、翌朝、元気に帰って来た。

寝る前に電話をかけてくるといっていたのに、それもなかった。

聞いてみると、みんな(小3~6までの男女30名で寝る時は男女別、同性の先生がつく)でカップ麺の夜食を食べ、遊びやゲームなどをし、その後もお菓子を食べながらの映画鑑賞をして、すごく面白かった様子。

午前1時くらいに寝たらしいが、高学年は館長と一緒に午前2時くらいまでゲームをしていたとのこと。

バリバリの運動部だった私の合宿のイメージとは程遠い。(笑)

でも、館長が親もヒーリングが必要だと開催してくれるこんな子供達の合宿はありがたい限り。

ともあれ、Q2がどんどん親離れしていることを実感する。

by 2010neko | 2019-05-26 11:18 | お出かけ | Comments(0)
先週末、家族3人それぞれ別行動。

休みなので、せめて夕食は一緒に外へ食べに行こうと、土曜日は家の近くにある焼き肉屋(豚カルビを食べる)へ行き、日曜日は小雨が降っていたけど、バスに乗って少しだけ遠出をした。

行ったのは、水原市にあるスウォン トンタッコリ(水原 鶏の丸焼き通り)というチキン屋が集まっているところ。←丸焼き通りだけど、イメージとしてはフライドチキン通り

いろんなお店があるけど、今回はロールパンが付いてくる、ちょっと変わったチキン屋「남문통닭(ナンムントンタッ)」。

ちなみに、前回はこちら

ナンムントンタッでは、普通のフライドチキンとヤンニョムチキン(甘辛い赤いソースを絡めたチキン)をパン・パン(日本でいうハーフ&ハーフ)で注文。

そして、このお店は地ビールがあったので、私がナンムン(南門)ビール、ナンピョンがプッムン(北門)ビールを選んだ。

↓フライドチキンとヤンニョムチキンのパンパン
b0194098_22401593.jpg

まず、付き出しに素揚げしたニンニクと砂肝と枝豆が出てきた。

塩味でビールが進む。

その後、釜みたいな器に入ったチキンが出てきた。

フライドチキンは自分の好みで、ハニーマスタードソース、塩胡椒、スウィートチリソースにつけて食べる。

付いているロールパンは、骨のない部分のチキンとキャベツのサラダを挟んで食べる。

鶏肉自体も衣も美味しくて、大満足だった。

他のお店も試してみたいけど、次回もここでいいかも...。

前にスウォンワンカルビトンタッ(水原王カルビトンタッ)ついて書いたことがあるが、今ではこのお店を含めて、何軒かこのワンカルビ味のチキンがある様子。

私も食べるか悩んだけど、結構ソースが甘いという口コミがあったので、辞めることにした。


食後は川沿いを散歩してからチドンシジャンという在来市場をブラブラし、ちょこっとだけイカのお刺身を買って帰宅。←家でまたナンピョンと晩酌

二日とも夕食が美味しかったので、いい週末を送れた気分がした。

by 2010neko | 2019-05-20 22:18 | 外食 | Comments(0)
先週土曜日、ソウルでのお寺料理教室後、Q2と合流。

マクドナルドで昼食を食べてから、忠武路駅近くにある「남산골한옥마을(南山コル韓屋村)」へ。

ここは無料で韓国の伝統家屋である韓屋や庭園が観覧できたり、いろんな文化体験(有料)ができる。

Q2は韓屋に興味はないので、やりたい体験教室に参加。

↓南山コル韓屋村にて
b0194098_09255589.jpg


↓体験教室にて
b0194098_09262359.jpg

弓矢作り(6000ウォン)→伝統武芸(4種類8000ウォン・缶バッチ付き)→仮面作り(5000ウォン)

どれも30分〜1時間くらいの体験で、Q2は楽しく参加していた。←暑かったので私は一時、韓屋村内のカフェで休憩

他にもお餅作りや伝統遊び体験などをやりたいといっていたが、午後2時くらいに行ったので時間切れ(体験教室は午後5時くらいに終了)。

曜日や時間によって、テコンドーや国楽団の公演があるし、韓屋の中で実際に伝統的な結婚式もやっているので、いろいろ楽しめる。

ちなみにこの日は、実際のカップルが3組(時間を分けて)結婚式を挙げていて、観光に来た人達も見学していた。

子供連れにもお勧めな場所。


帰りは韓屋村近くにある「파인트룸(PINT ROOM)」というカレー屋へ。

日本のカレーみたいな感じだったのと、地ビールが飲めるので選んだ。

↓파인트룸(PINT ROOM)にて
b0194098_09584381.jpg

ゲソの唐揚げはちょっと衣が硬すぎたけど、カレーや地ビールも美味しくて満足だった。



by 2010neko | 2019-05-14 09:01 | お出かけ | Comments(0)
昨日は午後から3人でまたバスに乗り、ソウルの景福宮敷地内にある국립민속박물관(国立民俗博物館)に行って来た。

↓まず、国立博物館入り口の道路向かいにある「百味堂(オーガニックなソフトクリームが有名なチェーン店)」にてお茶
b0194098_15224506.jpg
お洒落な韓屋風カフェ。

百味堂のウユパン(牛乳パン)やケランパン(玉子パン)はあまり美味しくなかった。

百味堂では、やはりソフトクリームやパフェを食べるに限る。


↓国立民俗博物館にて
b0194098_15284496.jpg
先に子供博物館の方に行った。

こっちは、博物館というより幼児〜幼稚園児の遊び場という感じで、Q2には合わなかった。←それなりに楽しんではいたけど

その後、普通の展示室へ。

韓国人の一生、韓国人の生活、韓民族の生活史というテーマで展示されていて、ナンピョンや私はなかなか楽しめた。

でも、Q2はあまり興味がないような...。←これが先生引率の見学となると、俄然やる気になるQ2(何が違うのか不思議)

無料だし、韓国人に興味がある人にはいいと思う。

3人とも景福宮が初めてだったので散歩してみたかったものの、もう16時を回っていたので、今回は博物館のみ見学した。


帰りは明洞に行き、Q2希望の丸亀製麺でうどんを軽く食べてから、チキン屋へ。

↓美味しいお店を調べて行ったのに、美味しくなくてがっかり(ナンピョンは怒っていた・笑)
b0194098_15404001.jpg


by 2010neko | 2019-04-22 15:15 | お出かけ | Comments(0)

編み物会

3年前、Q2にマフラーを編んであげようと材料等準備していたのに、ずっと放置していた。←私は小学生の時に鍵編みでマフラーを編んだだけの実力(笑)

そんな話をしていると、編み物上手なKさん、Oさんと一緒に編み物をすることになった。

そして、今日、Kさん宅で編み物会をしてくれた。

二人は難しそうな図案を前にしても余裕なのに、私一人、棒編みの基礎の基礎を教えてもらったり、動画をガン見しながら必死にマフラー作り。

最初は出来ずにイライラしたけど、少し慣れてくると気分がよくなってきた。

↓編み物会にて
b0194098_22070329.jpg
到着後、Oさんが作って持って来てくれたワッフル(発酵タイプ)でお茶タイム。

昼食はKさんが、タッケジャンやシチューを作ってくれていた。

Kさん、料理が嫌いといっていたのに、タッケジャンもシチューも丁寧に作っていて美味しかったし、とにかくまめ。

いろんなお菓子や果物もバンバン出てくるので、お腹がはちきれそうだった。

写真のさるぼぼやタコの編みぐるみはKさんオリジナル!

編み物に没頭していたこともあり、気づいたら帰る時間を大幅にオーバーしていて、慌てて家に帰った。

まだ10cmくらいしか編めていないけど、今年こそはQ2のマフラーを完成させようと思う。
by 2010neko | 2019-04-15 21:42 | お出かけ | Comments(0)
昨日は食品名人に習うお餅教室へ。

今回は、기정떡(キジョントッ)。

キジョントッは夏の時期に腐りにくいよう、うるち米にマッコリを入れて発酵させて作る伝統のお餅で、私が好きな韓国餅の一つ。

マッコリが入っているので、ほのかにマッコリの香りがし、優しい味で少しパンに近い感じ。

기정떡(キジョントッ)は、一般的に知られているこのお餅の名称である증평(チュンピョン)の方言だったけど、今では全国区の呼び方になったらしい。

このお餅が生産される地域は何箇所かあるが、全羅南道のサピョンのキジョントッが有名で、その食品名人(81号)に教えてもらった。

↓授業の様子
b0194098_21340563.jpg

本来の発酵は丸一日かかるので、今回は発酵前の仕込みをデモンストレーションで習い、準備された一次発酵後の生地から実習。

一番難しいのは、やはり発行具合と生地の粘度。

でも、今回もベテラン勢に囲まれて作ったので、割と上手に出来上がった。←出来上がりの時間がオーバーして急いでいたので写真は撮れず

先生のお店で作っているキジョントッをお土産でもらった。

今回一緒のグループになった4人は何回も日本へ旅行に来ている人ばかりだった。

さらに子供が日本に嫁いだ人もいて、みんな親日メンバーだったのでびっくりした。


帰りは、高速ターミナル駅のゴートゥーモールで買い物をしてから、ナンピョン達とヤンジェ駅で待ち合わせし、ナンピョンお勧めのお店「추억의 연탄갈비」で夕食。

↓済州島の黒豚の生カルビを練炭で焼いて食べられる、ちょっと珍しいお店
b0194098_21555365.jpg

お店もかなり年季が入っているし(きれい好きな人には無理かも・汗)、出てくるおかずやサイドメニューも渋い!

黒豚の生カルビは全く脂っぽくなく、適度な噛みごたえがあり、骨のまま来るので肉を食べている感が半端なかった。

一緒に食べるネギキムチがすっごく美味しく、一皿全部、私が食べてしまった。

昔の(韓国の)お弁当も注文し、ナンピョンの時代のお弁当話にも花が咲いた。

先週に引き続き、ソウルで食べる家族の夕食はなかなか楽しかった。



今日は朝から雨も降り、風もひどかったので一日中家に籠もっていた。

夕食を作る気にならず、結局、近所で外食。

今まで行ったことがなかったお店へ。

↓しゃぶしゃぶ&カルグクスのお店
b0194098_22145013.jpg

しゃぶしゃぶは化学調味料の味が全面に出た味でイマイチだったけど、思いがけずお酒のあてで頼んだタッパル(鶏の足先)が美味しかったので、ナンピョンと二人で喜んだ。←タッパルにしゃぶしゃぶの麺(カルグクス)を投入し〆ご飯に...

次から辛いもので一杯飲みたくなった時は、ここにタッパルを食べに来ようと思う。






by 2010neko | 2019-04-14 21:16 | 料理教室 | Comments(0)