人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko

<   2019年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

その情熱はどこから?

昨日はQ2の通う英語学院でハロウィンパーティーがあった。

学院からは1週間前にお知らせがあり、できるだけ工夫を凝らして仮装してくるよう書かれていた。

見た瞬間、ため息...。

もしも、これが通っている小学校(公的な機関)なら経済的に準備できない子供もいると思うので、私は反対していたかもしれない。←仮装せずにパーティーだけなら賛成

でも、英語学院の外国行事だし、仕方ないかな〜と納得。

Q2はこういうことが好きだし、ベストドレッサーに選ばれると、図書券がもらえるということで張り切っていた。

私はダイソーのハロウィン衣装でも着せて送ればいいかと思っていたら、Q2は自分でいろいろと考えていた。

その情熱はどこから来るんや?!というくらい凄かった。

先週末、ナンピョンと出かけていたQ2は、いきなり私に電話をかけてきて、「正装を買って欲しい。」と言ってきた。

私は「正装?!何言うとん?小学生に正装はいらん!」と最後まで話を聞かず、電話を切った。

家に帰って来てから、Q2に詳しく話を聞くと、映画「신과 함께(神と共に)」の저승사자(冥土の使者)のイメージで仮装したかったらしい。

結局、ナンピョンとQ2の話し合いで、コートはナンピョンのハーフコートを着ることになった。(笑)

小道具はダイソーのものをQ2なりに組み合わせたり(ナンピョンが手伝う)、家にあるものを使った。

↓Q2がイメージしたのはこれ
b0194098_19465651.jpg


↓ハロウィン仮装パーティーにて
b0194098_19481068.jpg
鎌の持ち手に骸骨のアクセサリーをつけ、首にも骸骨のペンダント。

黒い帽子になるようハロウィン用のキラキラ帽子を裏返し、とんがり部分を折り返して、それらしく調整。

顔はBBクリームと真っ赤な口紅(真っ黒や紫がなかった)をつけている。

見た瞬間、笑ったが、本人は大真面目で必死に考えた結果だったので、最終的には、私もどんなことにも一生懸命になれるのはいいことかなと思えた。

学院のハロウィンパーティーでは、女の子達が可愛いカチューシャとかしているくらいで、ほとんどの男子は仮装していなかったらしい。←先生達は千と千尋の神隠しに出てくるカオナシ姿だったらしい

やっぱり、韓国オンマもこういうことが面倒なんだと思う。

でも、みんなでゲームをしたり、カップケーキを作って楽しかった様子。


昨日はハロウィンパーティーもあったことだし、簡単にハロウィンご飯第二弾を作ってみた。

↓適当に作った感が半端ないハロウィンご飯
b0194098_20133048.jpg
おばけとカボチャ型で抜いたご飯を乗せた海老カレー、ジャックオーランタン仕立てのカボチャの焼きサラダ。

ジャックオーランタン、汚すぎ...。(汗)


今日はテコンドー教室でまたハロウィンパーティーがあるとのこと。

楽しみがあって羨ましいわ〜。



by 2010neko | 2019-10-31 06:30 | 家ご飯 | Comments(0)
昨日はヒーリングでもしようと一人で紅葉狩りに行って来た。

場所は家からバスを乗り継ぎ、約1時間15分のところにある「남양성모성지 (南陽聖母聖地)」というキリスト教の殉教地。

紅葉の名所というだけで特別な信仰心はないので、ここがプロテスタントなのかカトリックなのかも知らずに出発した。←今調べたらカトリックだった

まずは、バスを途中下車して、ネットで調べて良さげだったベーカリーカフェでランチをした。

↓「메이710(MAY710)」にて
b0194098_15052484.jpg
オーガニックの国産小麦粉を使うのが売りのようだったが...。

まず、スタッフの挨拶ができないことから始まり、一度食べてみたかった人気のカムジャパン(ポテサラ入りのパンらしい)が売り切れではないのになかったので、最初からあまり気分がよくなかった。

それでも、わざわざ遠方まで来たし、これまた人気というオッススカンパーニュ(とうもろこしカンパーニュ)とパンオヘジャン(パンオレザン)、アメリカーノを注文した。

しかし、2つともバサバサ!

とうもろこしカンパーニュはすごく芳ばしいけど、2日前くらいのパン?という感じで撃沈。

そして、パンオレザンにはカスタードクリームが巻き込まれておらず、バターの風味もないデニッシュ生地にシナモンパウダーを巻いただけ。

パンオレザンではなく、シナモンロールやろ?と突っ込みたかった。

しかも、名前がパンオヘジャン。

韓国のパン屋ではパンオレザンはパンオレジャンということが多いが、ここはパンオヘジャン。←パロディーかと思った

それに、コーヒーカップとソーサーがチグハグでまたイラッ!←センスでやっている感じではない

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとはこのことか...。(笑)

自分の時間と胃袋を無駄にしたようで、苛つきながらお店をあとにした。

ヒーリングの旅なのに〜。


気を取り直し、「南陽聖母聖地」へ向かった。

入り口から歩き進めて行くと、色とりどりのきれいな紅葉が目の前に広がり、木々の香り、冷たい風等、徐々に気分が良くなってきた。

↓「남양성모성지 (南陽聖母聖地)」にて
b0194098_15241444.jpg
写真が上手く撮れなかったけど、本当はもっときれい。

写真真ん中にあるろうそくを焚いて祈祷する場所が絵画のようで、すごく気に入った。

大聖堂は改修工事中で見れなかったので、木造の小さな聖堂?の方に入ってみた。

バスケットボールのコートくらいの床部屋には6人くらいの人がバラバラに座り、それぞれ瞑想や祈祷をしていた。

私も瞑想をしようと座ったものの、静けさと空気(オンドルをつけていて暖かかった)がチムチルバンみたいで、これは寝転ばないと寛げないと思い、5分で退散。(笑)

私はあっちこっちにある聖母マリア像等を見ても素通りするし、一人だったので、他の団体やカップルで来ている人達とは一線を画していたと思う。

とにかく紅葉を観ながらゆっくり散策した。

読書もしたかったが、ベンチにいると工事の音が気になるので諦め、約1時間半滞在して、ここをあとにした。

前半は失敗だったけど、紅葉狩りでヒーリングできたので、ここまで来て良かった!

今回は少し田舎の町だったこともあり、移動しながら、昔よく一人旅をしていた感覚が蘇った。

知らない場所にいるわくわく感。

誰にも気を使わず、干渉もされない自由な時間。

これから、また近場の一人旅でも始めてみようと思う。

by 2010neko | 2019-10-30 14:53 | お出かけ | Comments(2)

ハロウィンご飯

今日はQ2と二人だけの晩ご飯だったので、ハロウィンご飯にしてみた。

↓完成度は低いけどQ2が喜んでくれたハロウィンご飯
b0194098_21213507.jpg
指入りミネストローネ、目玉おにぎり&冷凍チキンナゲット&サラダ。

ハロウィンがテーマのご飯は4回目か?

Q2曰く、「生まれてから一番美味しいハロウィンご飯やった。」と...。(笑)

日中出かけていたせいもあり、全くやる気が出なかったけど、重い腰を挙げた甲斐があった。

ちなみに、出張中のナンピョンにこの写真を送ったら、どん引きしていた。


by 2010neko | 2019-10-29 21:15 | 家ご飯 | Comments(0)

はりはり漬け

日本にいる友達と切り干し大根の話になり、はりはり漬けが美味しいとレシピを送ってくれた。

韓国の切り干し大根は太めなので、定番和食の切り干し大根の煮物には不向き。←慣れ親しんだ食感ではないので

でも、サラダやはりはり漬けなど、歯ごたえを求める料理には最適。

さっそくはりはり漬けを作ってみた。

↓はりはり漬け
b0194098_14075524.jpg
漬け汁の塩梅も良く、すっごく美味しかった。

なんで今まで作らなかったのか?

ご飯にもお酒のあてにもよく合うし、すぐにできるので(実質5分→一晩置く)、リピ決定。
by 2010neko | 2019-10-28 13:59 | 家ご飯 | Comments(0)
私が大好きな中国人YouTuber「李子柒」さん。

過去の分も一通り見てしまったので、今は料理のやる気が出ない時にちょこちょこ見ている。←見ると止められない

数日前に李子柒さんの新年を迎える時の料理で目を惹くパン(焼き饅頭?)があったので、自分のランチに作ってみた。

↓これは李子柒さんが作った「花好月圓」
b0194098_14251437.jpg

お正月なので、料理1つ1つに縁起のいい綺麗な名前がついている。←名前まで李子柒さんのセンスが光っている

「花好月圓」の直訳は、「花が美しく月が丸い」ということらしいが、夫婦円満を表す言葉とのこと。

韓国語は全く勉強しようという気にならないけど、中国語は料理習いたさに勉強する気になるかもしれない。(笑)

材料の説明も分量も書いていないので、見た限りで得られる情報と想像力で真似っ子してみた。

↓成形直後
b0194098_14380003.jpg


↓焼き直後
b0194098_14394246.jpg

実物より色が濃く出てしまった。(T_T)

↓今日の一人ランチ
b0194098_14524603.jpg

少し中の餡の味がぼやけていたので、もう少ししっかり味をつければ良かったかな。←逆にあっさりしているので4個も食べてしまった

でも、なかなかよく再現できたので自分なりに満足できた。
by 2010neko | 2019-10-27 14:13 | パン | Comments(0)
1ヶ月くらい前から新生姜がマートに出回り始めた。

寒くなってきたので、冷え性予防にセンガンチョン(生姜茶の素)を作ろうと思ったが、調べていると、ちょっと珍しいタイプのテチュセンガンチョン(ナツメ&生姜茶の素)があったので、それを作ることにした。←テチュ・センガン・チョンのチョンというのは本来、蜜を意味する

普通、チョンというのは漬ける主材料と砂糖などを混ぜて、そのまま数カ月熟成させる。←梅シロップのイメージ

でも、今回のは火にかけて煮詰めていくタイプのチョンなので、すぐに飲んだり、(調味料として)使える。

そして、テチュ(ナツメ)や黒糖が入るのでさらに健康的なもの。

参考にしたのは↓
テレビの通りに作るとすごい量になるので、量は1/3程度に変更し、黒糖(贅沢に奄美産使用)が少し足らなくなったので、その分ははちみつを継ぎ足した。

↓出来上がったテチュセンガンチョン(ナツメ&生姜茶の素)
b0194098_13552830.jpg
生姜の皮を取ってから薄くスライスしたり、ナツメの種を取って細切りしたり、下準備が大変で途中嫌になってきた。(笑)

それでも、出来上がりをお茶にしたら、内臓も体の末梢も温まってきた。

まだ、生姜のピリピリ感が少し残っているが、時間と共に落ち着くと思う。

手仕事は楽しいけど、正直、私の性格的に面倒くさい。

by 2010neko | 2019-10-27 13:30 | 家ご飯 | Comments(0)

落ち込んで...

今週前半はいろんなことが重なり、かなり落ち込んでいた。

一番の原因は自分でわかっているが、それをベースにすべてがマイナス思考になってしまう。

どうしたもんだか...。

数日前、すごく辛かったので、開放的なカフェで気分転換でもしようと思い、行きたかった大型カフェに行ってきた。

↓カフェ「LE REVE」
b0194098_16304093.jpg
スタイリッシュでゆったりしたカフェ。

一人で行くと、誰に気兼ねすることなくのんびりできる。

その反面、気持ちが落ち込んでいるので、私以外のグループで来ているオンマ達が楽しそうに話しているのを見ると、ちょっと悲しくなった。←韓国オンマ達が自由に自分を表現できている姿に対して

でも、選んだ胡桃のライ麦パン(だと思う)が思いがけず美味しかったので、少し気持ちが和らいだ。

重い腰をあげて行った甲斐があった。

ちょっと行きにくい場所だけど、このパンを食べにまた行こうと思う。

鬱の一歩手前...。

今の自分を受け入れて、気持ちを立て直そう!

by 2010neko | 2019-10-26 06:30 | 外食 | Comments(0)
今年の梅の時期、メシルチョン(梅シロップ)と日本の梅干しを作った。

メシルチョンについてはこちら

私は元々、梅干しが大好きだったけど、韓国では美味しい梅干しが手に入らないので、諦めていた。←料理で必要な時は日本で買ってきた練り梅のチューブを使用

前から自分で漬けたいと思っていたものの、私には梅を干す過程のハードルが高く作れずにいた。

でも、今回は干さなくていい塩に漬けるだけの白干し梅を発見。

参考にしたのはこちら

そして、面倒くさがりの私はさらにメシルチョンを作る時のように洗ってヘタを取った梅を冷凍庫で凍らせ、重石等もせず放置するやり方にした。

初めてだし、勝手なやり方で作ったので失敗も覚悟していたが、これが大成功し、とっても美味しい梅干しができた。

最近は、酸っぱいものが食べたくなったら食べたり、梅干しおにぎりにして食べている。

↓6月末に漬けた干さない塩漬け梅(白干し梅)
b0194098_13013574.jpg
昔ながらの酸っぱい梅干しで塩分も18%だけど、すごい塩辛さは感じない。←日本では市販の8~10%の梅干しを食べていた

干さないので実はやわやわ(トロトロ)で、皮が破けないよう取り出す時に注意が必要。

今日も1個食べた。

簡単なので来年も作ろうと思う。

☆覚え書

(材料)黄梅○キロ、粗塩は梅の18%の量、25%焼酎適量

(作り方)
1.梅を洗ってヘタを取り、水気を切ってからビニール袋に入れて冷凍(前日)
2.保存容器を煮沸消毒・乾燥→25%焼酎を容器内に垂らして消毒・破棄
3.容器内に塩→凍らせた梅を交互に入れ、最後に塩を乗せてから蓋をして放置
4.梅酢が上がってきたら、気がついた時に上部にある梅に梅酢が満遍なくかかるように容器を回す(梅酢が完全に上に上がって来るまで、1日1回は行う)
5.あとは1ヶ月くらい放置したら完成


この白梅酢で、友達が教えてくれた唐揚げを作ったり、新生姜の梅酢漬けも作ってみた。←たこ焼きや焼きそばパン用に甘酢漬けではなく梅酢漬けにした

↓新生姜の白梅酢漬け
b0194098_13365636.jpg


今日も朝からいろいろ手仕事をして、あっという間にこんな時間。

家の掃除...いつになることやら?




by 2010neko | 2019-10-25 13:35 | 家ご飯 | Comments(0)

塩クッキー

日本に住んでいる友達がテレビでやっていた栗原はるみさんの塩クッキーを教えてくれた。

レシピはこちら

昨日、早速作ってみた。

↓栗原はるみさんの塩クッキー
b0194098_23035760.jpg

b0194098_23035807.jpg
これ、確かに美味しい〜♡

7~8mmで作るところを今回は作りやすいように5mmで作った。

塩辛くなりすぎるのが嫌でお塩を控えめにかけた。

食べると塩気が若干物足らなかったので、次はもう少し多めにかけようと思う。

夕食後、このクッキーを食べながら3人で久しぶりにお茶をした。

たまには、こういうのもいいな〜と思った。

カロリーが恐ろしいけど、この塩クッキーはお勧め!



by 2010neko | 2019-10-24 07:00 | お菓子 | Comments(0)
大田旅行の続き。

パン屋を後にして、「오월드(オーワールド)」へバスで移動。

オーワールドは遊園地、動物園(サファリもある)、バードランド、フラワーランドからなる総合テーマランド。

ただし、規模はソウルランドなどに比べるとかなり小さい。

午前11時に着いて、すぐに遊園地のエリアで遊び、途中、サファリ(15分くらいで終わった)を見てから、また遊園地へ。

↓「오월드(オーワールド)」にて
b0194098_09475807.jpg
私は数日前にぎっくり腰になり、バスの振動も痛い状態だったので、ほとんどの乗り物はQ2一人で搭乗。

可愛そうなことをしたけど、それなりに楽しんでいた。

昼食らしい昼食は食べず、チキンやアイスクリーム、お菓子などで済ませた。

後半は動物園やバードランドにも行く予定にしていたが、二人共歩き疲れて、結局、また遊園地で過ごした。

その分、Q2が乗りたかった乗り物にはほとんど乗れたので、まあ良かったと思う。←もっと絶叫系マシンがあればいいのにな〜

午後4時にオーワールドを出て、そのまま行きたかったデジカルビのお店へ。

オープンして間もない時間だったので、(外から見ると)お客さんもいなくてラッキーと思いお店に入ると、予約で満席だった。←知っていれば予約したのに...残念無念

仕方なくホテルに向かうことにした。

もうヘトヘトだったので、タクシーで移動することにしたが、乗った瞬間にトラブル。

詳細を書くと日韓問題化するので省略するが(笑)、私も久々に切れて吠えた。←だから日頃からタクシーに乗るのが嫌

また、バスでホテルまで移動。

↓「그레이톤호텔(グレイトンホテル) 」にて
b0194098_10164381.jpg
セール価格でダブルルームが5万ウォン(約5千円)。

小さいホテルだったけど、部屋もきれいだし、無料の朝食(ミニブッフェ)もこの値段にしたら、種類も多くてかなり良かった。←立地もいいし、大田に来たらまた泊まりたい

チェックイン後、ちょっとだけ休んで、ホテルのすぐ近くにあるチョッカルビ(骨付きカルビ)屋へ。

↓「구이구이 쪽갈비(クイクイ チョッカルビ)」にて
b0194098_10211642.jpg
BBQ味のチョッカルビ(小・2人用サイズ)、昔ながらのお弁当、白ご飯、韓国焼酎1本で占めて41000ウォン(約4100円)。

味もなかなか良いし、オープンテラス席で気持ちいいし、Q2もすごく喜んでいた。

タクシーで嫌なこともあったけど、最後に食事で満足できたので、めでたし、めでたし!



翌日のチェックアウト後は、「국립중앙과학관(国立中央科学館) 」へ。

大きな科学館で体験型施設や見どころも多いので、ここを選んだが、行ったら偶々この日はポンポンサイエンスという科学&数学のお祭りの日だった。

科学館敷地内の広場や道沿いに無料の体験ブースが50個以上あったと思う。←大田にはKAIST(韓国科学技術院)という有名な大学があるためか、高校の科学部などの活動も活発なようで、そこの高校生ボランティア達が学校単位で各ブースを運営

Q2もブースを見た時から既にテンションが高く、いろんなブースに並んで参加。

すべて科学や数学を応用したもので(最初に原理等の簡単な説明がある)、遊びや遊び道具を作りながら科学・数学を身近に感じられるように工夫されていた。

↓「국립중앙과학관(国立中央科学館)」にて
b0194098_15484304.jpg
途中からQ2は一人で行動すると言い出したので、私はカフェに行ったり、そこらへんを散歩していた。

お昼ご飯は科学館の敷地内にあるレストランでうどんを食べたり、おやつにフードトラック(10台くらい出ていた)のたこ焼きを食べたりした。

Q2が帰る予定時間になっても、まだ遊びたいというので、(ネットで)市外バスの予約時間を変更し、さらに遊んだ。

結局、8個のブースで体験でき、午後4時半すぎに科学館を出た。

午後5時15分の市外バスに乗り、午後7時15分(7時に到着予定だった)に水原バスターミナルに到着。

↓ターミナルで旅行最後の夕食
b0194098_10595251.jpg

家には午後8時半すぎに到着。

今回の母子旅行は充実していて楽しい判明、Q2の言動(最近、態度が悪すぎる)に苛ついて、何度もかなり怒ってしまった。

私も反省はしているけど、未だに同じ感じだし、そりが合わないと思い始めている。

それか、私が毒親なのかもしれない...と感じ出した。

早く完全自立して欲しい。

話を戻し、今回は国立科学館自体の建物(いろんな館がある)は全く観れなかったので、近々、ナンピョン連れで再訪しようと思う。

by 2010neko | 2019-10-23 09:33 | 旅行 | Comments(0)