人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko

<   2019年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

最近、観ているNHKの「趣味どきっ!パンのある幸せ」。

日本の基本的なパンを紹介してくれるので、何だか懐かしい気分で観ている。

今週はコッペパンだった。

番組後半に一次発酵をしない簡単短時間で作れるコッペパンが紹介されていたので作ってみた。

そして、それにあんこバターを挟んで食べた。

↓コッペパンのあんこバターパン
NHK「趣味どきっ!」のコッペパンであんこバターパン_b0194098_19421306.jpg
あんことバターの組み合わせが最高!

こんなに美味しいとは思わなかった。

でも、ちょっとカロリーが気になる。

それと、この時短コッペパン。

食感が私の好みではなかったので、やはりいつも焼くコッペパンのレシピで焼いた方がいいかな。



by 2010neko | 2019-06-30 06:30 | パン | Comments(0)
昨日はDオンマとオサンオイルジャン(烏山五日市)に行って来た。

オイルジャン(五日市)は5日おきに開かれる市場のことで、だいたいは毎日やっている常設市場の周囲に露天のお店がたくさん集まって規模が大きくなる市場。

オサンのオイルジャンは、毎月3と8のつく日にやっている。

久しぶりにオイルジャンに行ったら、すごく面白かったし、Dオンマがこの市場の活用法や美味しいお店をいろいろ教えてくれたので、次回からの楽しみがまた増えた。

到着後、すぐにお昼ご飯。

↓いつも行列ができている常設市場内のカルグッス屋へ(この日は15分くらいで入れた)
オサンオイルジャン(烏山五日市)_b0194098_09201517.jpg
1杯3500ウォン(約350円)の安いカルグッスなので、大して期待していなかったけど、オープンキッチンで麺を手打ちしているところや準備の手際を見ていると、美味しいだろうな〜と期待感が膨らんできた。

そして、実際に食べたらスープも出汁がしっかりして深い味だったし、麺も適度な歯ごたえでスープによく合っていた。

このカルグッスならまた食べたいと思う。

ちなみにキムチはあまり美味しいとは思わなかった。


今回、衝撃だったのはチョッパル(豚足)屋。

チョッパルは、韓方(漢方)の材料などを入れたソースで豚足を煮込んだもの。

これをスライスして食べるので、慣れれば気にはならないけど、やはり足の原型を見ると食べる気が失せる。(笑)

我が家は普段から、ほとんど豚足は食べないので今までチョッパル屋をディープに見ることがなかった。

でも、今回は豚足好きなDオンマのおかげでがっつりチョッパル屋を見たら、「こんなものまで売ってたん?」とびっくりだった。

↓チョッパル屋にて
オサンオイルジャン(烏山五日市)_b0194098_09571018.jpg
写真上側は豚足&スライスした豚足。←スライスした豚足をそのまま食べたり、サムジャンというお味噌をつけて葉野菜に包んで食べたりする

写真右下が豚の皮。←そのまま、もしくは野菜と一緒に辛い炒めものにして食べる

写真左下は豚の尻尾で、左が尻尾そのまま、右が輪切りにした尻尾。←しゃぶりついて食べる(笑)

う〜ん、尻尾はどうしても食べたくない。(汗)

でも、Dオンマ家族は子供2人を含めみんな、豚の皮&豚の尻尾が大好きらしい。

ちなみに、Q2が最近、チョッパルを食べてみたいといっているので、近々、デビューしようと思っている。

興味がない(または苦手)という視点で見ていたら、気づかないこともたくさんあると気づいたので、これからはもっとアグレッシブに市場探検をしてみようと思った。

↓オイルジャンにて
オサンオイルジャン(烏山五日市)_b0194098_10154542.jpg
今回、一番嬉しかったのは、中国式揚げパンの油条(ヨウティヤオ)を買えたこと。

オサン市場周辺には中国人もいっぱい住んでいるので、中国料理屋や羊肉の串焼き屋がたくさんある。

でも、中国の幅広い粉物料理を扱うお店があるとは知らなかったので、発見した時はテンションが上がった。

前から油条がどんな味なのか興味津々だったので即買い。

遂に昨日の夕食で、(私だけ)夢だった油条&豆乳を食べた。

初めて食べる油条は、塩味のきいたクァペギ(韓国のねじ巻きドーナツ)とクロワッサンが合わさった様な食感で、すごく美味しかった。

ただ、かなり油っぽい。

でも、こんな美味しいなら、現地の揚げたてを絶対食べたい!と思うようになった。

いつか、実現しようと思う。


今回は、食材が家にたくさんあったので、大根・ニンニク・チェリーだけを購入。

おから(ピジ)も欲しくて、お豆腐屋に行ったら夏なので(足が早いから)売ってないといわれた。

卯の花が食べたい...。

他に気になったのは甲イカ(カプオジンオ)と唐辛子(コチュ)。

今年は甲イカをあっちこっちでよく見かけるので、豊漁なのかな?

唐辛子は私が食べたことがない種類(比較的新しい品種)もあったので、次回、トライして見ようと思う。

とにかく楽しい市場巡りだった。


by 2010neko | 2019-06-29 08:43 | お出かけ | Comments(0)

フェトッパッ(刺し身丼)

昨日は韓国人友達とリーズナブルなお寿司屋でランチ。

友達は最近、このお寿司屋が気に入り、よく行っているらしい。

で、いつも注文するのが10000ウォン(約1000円)のフェトッパッ(刺し身丼)。←これ以外にもお得なお寿司&うどんのセットなどがある

今日は私もこのフェトッパッを食べることにした。

↓「초밥상회(寿司商会)」のフェトッパッ(刺し身丼)
フェトッパッ(刺し身丼)_b0194098_00255141.jpg

白身の魚、サーモン、トビコ、玉ねぎ、サンチュ、キャベツ、たくわん、韓国海苔入りの丼にお味噌汁付き(らっきょうは食べ放題)。

韓国の刺し身丼や海鮮丼は、だいたいこんな風に野菜まみれで、これにコチュジャン酢をいきなりかけて、ぐちゃぐちゃに混ぜて食べる。

でも、お魚も新鮮だったし、最初からその食べ方をすると飽きるので、私は別にお刺し身を半分だけ醤油につけて食べ、残りは韓国式にして食べた。

確かにこのお店のフェトッパッは美味しい!

ナンピョンにもQ2にも食べさせてあげたくなった。

そして、思い出すとまた食べたい。

来週辺り、ナンピョンを連れて再訪しようかな。




by 2010neko | 2019-06-28 06:30 | 外食 | Comments(0)
最近、よく食パンを焼いている。 

↓正方形の1斤を4枚切りにしてトーストするのがお気に入り
型抜き失敗の食パンでフレンチトースト_b0194098_23571554.jpg

でも、バターが韓国製なので、美味しいパンを焼いても日本のトーストの味にはならない。(T_T)

少し前、雰囲気を変えようと久しぶりに長方形の1斤型を出して焼いてみた。

使う前に洗ったけど、その後、手入れをしっかりしなかったため、パンが型から外れず。

それでナイフを使い、必死に取り出したところ、表面が見るも無残な形になり、どう見ても食パンに見えなくなった。

一応、冷凍していたが、昨日は友達が送ってくれたレシピで、フレンチトーストを作った。

↓フレンチトースト
型抜き失敗の食パンでフレンチトースト_b0194098_00095155.jpg

適当に切ってフレンチトーストにしたら、なかなか可愛いビジュアルになった。←ちょっと焼きすぎたけど

それに久々に食べるフレンチトーストは、すごく美味しかった!

今からまた、朝ご飯に作ろうと思う。
by 2010neko | 2019-06-27 06:30 | パン | Comments(0)
今日はヨルムペッキムチ(열무백김치:若い大根葉の白キムチ)を作った。←水キムチの一種でもある

これは姑がよく作るキムチで、その美味しさはピカ一!

ナンピョンも私も大好きな夏のキムチで、唐辛子が入らないので赤くも辛くもない。←だから白キムチという

毎年、このキムチを姑からもらっていた。

しかし、姑がここ1年くらいでめっきり足腰が弱くなって体力もなくなり、キムチを漬けるのも必要最小限になった。

姑からキムチを持って帰れ!攻撃を受けることはほとんどなくなったので、そこはいいけど、これからは少しずつ自分でキムチを作っていかなければいけない。

姑が元気な時は、自分でキムチを作りたいのに冷蔵庫にいろんなキムチがありすぎて、作れないジレンマでストレスを受けていた。

でも、私も歳がいき、そんな気持ちもなくなってしまった。(笑)

そういうところに、またキムチ作りを始めなければいけないというのは皮肉なものだな〜と思う。

まあ、大して食べないから少しだけ作ればいいけど、これが結構面倒でほぼ一日を費やしてしまう。←白菜等になると2日くらい必要

何とか楽しめるようにならないとね...。

↓ヨルムペッキムチ(赤い唐辛子は辛くないもの)
ヨルムペッキムチ(열무백김치:若い大根葉の白キムチ)_b0194098_18352407.jpg
姑のヨルムペッキムチに似た感じに仕上げたけど、作り方を聞いたわけではなく(姑は耳が遠くなってしまい、電話で聞きたくても聞けない)、ナンピョンの味覚の記憶を聞き出して再現。

至ってシンプル、しかも全部自分の感覚。(汗)

でも、仕上げた時点でなかなか美味しかったので、発酵したらさらに美味しいのでは?と期待している。

覚書
ヨルム1束(塩1C)、玉ねぎ1/2個、ねぎ4本、赤唐辛子1本
プル:昆布出汁2C、もち米粉超大盛り2T
ヤンニョン:ニンニク適当、生姜適当、セウジョ2T
汁:昆布出汁、不足分はミネラルウォーター、梅エキス3T、塩は味を見て調整

昨日、えごまの葉が3束500ウォン(50円)とかなり安くなっていたので、とりあえず購入。

これでキムチにするか、蒸し物にするか考えていたが、結局、すぐにできる日本の大葉の醤油漬けのえごまの葉バージョンにすることにした。

ヨルムを塩漬けしている間に、えごまの葉の醤油漬けが完成。

↓えごまの葉の醤油漬け
ヨルムペッキムチ(열무백김치:若い大根葉の白キムチ)_b0194098_21085090.jpg
明日には食べられるけど、本当は大葉が食べたい。


by 2010neko | 2019-06-26 17:46 | 家ご飯 | Comments(0)
昨日は久しぶりにオジンオスンデを作ってみた。

オジンオスンデは江原道 束草(カンウォンド ソクチョ)の郷土料理。←元々は北朝鮮の料理(朝鮮戦争での北の避難民が故郷を懐かしみ作った料理)

オジンオはイカのことで、スンデは通常、豚の腸にもち米・韓国春雨・野菜・血液などを入れて蒸したものをいう。

その腸詰めの代わりに、イカの胴部分に詰め物をしたのがオジンオスンデ。

中身に刻んだイカの足・ミンチ肉・豆腐・韓国春雨・野菜などが入る。

↓オジンオスンデ
オジンオスンデ(いかの詰め物蒸し)_b0194098_13005230.jpg
束草に行くと、オジンオスンデに卵をまとわせて焼いた(ジョン)スタイルで出てくることが多く、私もそのまま蒸したものより、ジョンスタイルの方が好き。

でも、昨日はオジンオスンデだけでも手がかかったので、さらにジョンを焼く気にならず、残していた1匹分を今日の朝兼昼ご飯で焼いた。

あと、中身の具が余ったので、これにはもち米粉をまぶして皮なし焼売風にした。

作って大満足したものの、やはり束草に行って本物を食べたい。
by 2010neko | 2019-06-25 12:44 | 家ご飯 | Comments(0)
今日はナンピョンとお昼を食べに行ってきた。

ナンピョンに何を食べに行くか任せたら、ウロンサンパッ(タニシの包みご飯)のお店になった。

ウロンサンパッのウロンはタニシのこと。

韓国では茹でタニシがマートに売っていることもあり、割とポピュラーな食べ物。

この茹でたタニシを、葉野菜にご飯やおかずなどを包んで食べる時につけるサムジャンというお味噌に入れる。

このタニシ入りお味噌をつけて(葉野菜で包んで)、食べるのをウロンサンパッという。

↓ウロンサンパッ定食(一人前11000ウォン:1100円)
ウロンサンパッ(タニシの包みご飯)_b0194098_22470297.jpg
右真ん中写真の縁が黒っぽいのがタニシ。

サザエみたいな食感で臭みはほとんどない。

このお店は、タニシの茹で具合は絶妙だったけど、お味噌の味付けがいまいちでちょっと残念だった。←旨味がなく、深みのない味

あと、定食についてくる豚肉のコチュジャン炒めも味付けがいまいち。

でも、それ以外は全部美味しかったし、野菜もいっぱい食べられたので、そんなにがっかり感はなかったかな。


↓食後は田んぼの横に建つ静かなカフェへ
ウロンサンパッ(タニシの包みご飯)_b0194098_22532410.jpg


by 2010neko | 2019-06-24 22:33 | 外食 | Comments(0)

自分磨き

私のアパート内のオンマ友達は、派手な人は一人もいない。

化粧もかなりナチュラル。

子供のことにしか、興味がないのかな〜と思っていたら、みんな結構自分磨きをしていた。

なんせ暇なので(笑)、春以降のオンマ達のことをちょっとまとめてみた。

Uオンマは、以前書いたかもしれないが、シミ取り(コースで組んでいる)&定期的なボトックス施術。

Dオンマは、眉アートメイク(眉毛の入れ墨というのか?)施術。

Sオンマは、パーソナルトレーナーをつけてのジム通い。

もう一人のSオンマは、本気(毎日)の水泳通い。

Jオンマは、福祉系大学に通いだした。

服や化粧などの装飾ではなく、美容・健康でも基礎の部分に気を使っている様子。

オンマ達がこうやって自分磨きもしているのを見て、なんだか嬉しくなった。

ただ、私の場合、これとは逆に最近特に引きこもりが激しいので、そろそろ脱したいと思う。

by 2010neko | 2019-06-24 09:09 | いろいろ | Comments(0)
今日はP市の外国人達が集まる料理教室へ行ってきた。

前回はベトナム料理(バインセオ)を習い、今回はカンボジア料理を習った。

先生はもちろんカンボジアの若奥さん。

メニューは牛肉料理のロックラックと、デザートのチェイク・クティ。

↓ロックラック&チェイク・クティ、胡瓜のおかずは中国人奥さんが作ってくれたもの
カンボジア料理教室☆ロックラック 他_b0194098_22120473.jpg
ロックラックはカンボジアの家庭料理兼お客さん招待料理らしい。

オイスターソースや魚醤などで炒めたお肉は、日本人も好きな味。

それをさらに別のソース(塩・砂糖・胡椒・レモン汁)につけて食べるが、このソースが見た目のグロさとは違い、すごく美味しかった。

ソースにレモンが入るので、お肉料理なのにさっぱり食べられるし、生野菜も同時にモリモリ食べられる。

カンボジア料理は食べたことがなかったけど、こんなに美味しいなら、他のおかずも食べてみたい。

そして、デザートはカンボジアバナナとタピオカをココナッツミルクで煮たもの。←今回は冷凍ジャックフルーツ入り

今日は温かいままで食べたけど、好みで冷たくしてもいいらしい。

優しくて、ほっこりするデザートだった。

個人的には冷たくして食べたいかな。

胡瓜の中華おかずも、夏にピッタリで箸が進んだ。

料理教室の帰りには、アジアンマーケットでいろいろ買い物もでき(うちの近所では手に入らないので)、気分のいい半日になった。


帰りは一人でお茶。

シンプルですっきりしたカフェ。

でも、すごく大きな犬が...。

ゴールデンレトリバーかな?

↓カフェ「쿠잉」
カンボジア料理教室☆ロックラック 他_b0194098_14261463.jpg



習った直後に材料が手に入ったので、今日の夕食はロックラックを作った。

汁気を飛ばしてしまったけど、味はちゃんと再現できた。

↓おさらいのロックラック
カンボジア料理教室☆ロックラック 他_b0194098_22144589.jpg
ナンピョンは胡椒が大好きなので、このソースもすごく気に入っていた。
by 2010neko | 2019-06-22 22:00 | 料理教室 | Comments(0)

おしりたんてい弁当

今日はQ2のクラスの現場学習(遠足みたいなもの)があり、朝からお弁当を作った。←1クラスずつ日を分けて現場学習に行く

今回はQ2から、わけのわからないゲームキャラのお弁当を直前に頼まれたけど、紫とか緑とか無理なので(日本みたいにデコふりがあればな〜)、簡単そうな「おしりたんてい」のお弁当にした。

「おしりたんてい」は、Q2が幼児の時に日本の友達から絵本をプレゼントしてもらい、さらに去年、小学校低学年用?の絵本ももらっていたので、慣れ親しんだキャラクター。

日本だけでなく、韓国にも翻訳されたおしりたんていの絵本があり、Q2の学校の図書館でも人気の絵本シリーズになっている。

そして、この7月にもおしりたんていの韓国語吹き替えバージョンの映画が公開予定。


クックパッドには、型紙をあらかじめ準備するやり方があったけど、うちはちょうど家にあった絵本のおしりたんていがお弁当箱の大きさにぴったりだったので、型紙なしで作った。

ラップで作ったおにぎりを本の上に置いて形を整え、目の位置なども顔の絵の横に持っていけばだいたいわかったので、手持ちの絵本がすごく役に立った。

↓この絵本
おしりたんてい弁当_b0194098_15482987.jpg


↓おしりたんてい弁当
おしりたんてい弁当_b0194098_15402451.jpg
上手くいったと思ったけど、やはりヘアスタイルとか黒目の配分とか微妙。(笑)

Q2にも目がちょっと変!とダメ出しがあった。

でも、修正するとさらにおかしくなるので、このままで...。

顔は炒めたケチャップライス、目はチーズと海苔、帽子は味付けしたまる天。

おかずは、玉子焼き、ウインナー、三色チンジャオロース、チキンナゲット(冷凍食品)、茹でブロッコリー、ミニトマト、ハム玉子サンド。


たぶん、1年に1回しか遠足はないので、今年のお弁当作りのお務めは終了。
by 2010neko | 2019-06-21 15:29 | 小学校 | Comments(0)