人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー

<   2019年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今日はナンピョンとお昼を食べに行ってきた。

ナンピョンに何を食べに行くか任せたら、ウロンサンパッ(タニシの包みご飯)のお店になった。

ウロンサンパッのウロンはタニシのこと。

韓国では茹でタニシがマートに売っていることもあり、割とポピュラーな食べ物。

この茹でたタニシを、葉野菜にご飯やおかずなどを包んで食べる時につけるサムジャンというお味噌に入れる。

このタニシ入りお味噌をつけて(葉野菜で包んで)、食べるのをウロンサンパッという。

↓ウロンサンパッ定食(一人前11000ウォン:1100円)
b0194098_22470297.jpg
右真ん中写真の縁が黒っぽいのがタニシ。

サザエみたいな食感で臭みはほとんどない。

このお店は、タニシの茹で具合は絶妙だったけど、お味噌の味付けがいまいちでちょっと残念だった。←旨味がなく、深みのない味

あと、定食についてくる豚肉のコチュジャン炒めも味付けがいまいち。

でも、それ以外は全部美味しかったし、野菜もいっぱい食べられたので、そんなにがっかり感はなかったかな。


↓食後は田んぼの横に建つ静かなカフェへ
b0194098_22532410.jpg


by 2010neko | 2019-06-24 22:33 | 外食 | Comments(0)

自分磨き

私のアパート内のオンマ友達は、派手な人は一人もいない。

化粧もかなりナチュラル。

子供のことにしか、興味がないのかな〜と思っていたら、みんな結構自分磨きをしていた。

なんせ暇なので(笑)、春以降のオンマ達のことをちょっとまとめてみた。

Uオンマは、以前書いたかもしれないが、シミ取り(コースで組んでいる)&定期的なボトックス施術。

Dオンマは、眉アートメイク(眉毛の入れ墨というのか?)施術。

Sオンマは、パーソナルトレーナーをつけてのジム通い。

もう一人のSオンマは、本気(毎日)の水泳通い。

Jオンマは、福祉系大学に通いだした。

服や化粧などの装飾ではなく、美容・健康でも基礎の部分に気を使っている様子。

オンマ達がこうやって自分磨きもしているのを見て、なんだか嬉しくなった。

ただ、私の場合、これとは逆に最近特に引きこもりが激しいので、そろそろ脱したいと思う。

by 2010neko | 2019-06-24 09:09 | いろいろ | Comments(0)
今日はP市の外国人達が集まる料理教室へ行ってきた。

前回はベトナム料理(バインセオ)を習い、今回はカンボジア料理を習った。

先生はもちろんカンボジアの若奥さん。

メニューは牛肉料理のロックラックと、デザートのチェイックティ。

↓ロックラック&チェイックティ、胡瓜のおかずは中国人奥さんが作ってくれたもの
b0194098_22120473.jpg
ロックラックはカンボジアの家庭料理兼お客さん招待料理らしい。

オイスターソースや魚醤などで炒めたお肉は、日本人も好きな味。

それをさらに別のソース(塩・砂糖・胡椒・レモン汁)につけて食べるが、このソースが見た目のグロさとは違い、すごく美味しかった。

ソースにレモンが入るので、お肉料理なのにさっぱり食べられるし、生野菜も同時にモリモリ食べられる。

カンボジア料理は食べたことがなかったけど、こんなに美味しいなら、他のおかずも食べてみたい。

そして、デザートはカンボジアバナナとタピオカをココナッツミルクで煮たもの。←今回は冷凍ジャックフルーツ入り

今日は温かいままで食べたけど、好みで冷たくしてもいいらしい。

優しくて、ほっこりするデザートだった。

個人的には冷たくして食べたいかな。

胡瓜の中華おかずも、夏にピッタリで箸が進んだ。

料理教室の帰りには、アジアンマーケットでいろいろ買い物もでき(うちの近所では手に入らないので)、気分のいい半日になった。


帰りは一人でお茶。

シンプルですっきりしたカフェ。

でも、すごく大きな犬が...。

ゴールデンレトリバーかな?

↓カフェ「쿠잉」
b0194098_14261463.jpg



習った直後に材料が手に入ったので、今日の夕食はロックラックを作った。

汁気を飛ばしてしまったけど、味はちゃんと再現できた。

↓おさらいのロックラック
b0194098_22144589.jpg
ナンピョンは胡椒が大好きなので、このソースもすごく気に入っていた。
by 2010neko | 2019-06-22 22:00 | 料理教室 | Comments(0)

おしりたんてい弁当

今日はQ2のクラスの現場学習(遠足みたいなもの)があり、朝からお弁当を作った。←1クラスずつ日を分けて現場学習に行く

今回はQ2から、わけのわからないゲームキャラのお弁当を直前に頼まれたけど、紫とか緑とか無理なので(日本みたいにデコふりがあればな〜)、簡単そうな「おしりたんてい」のお弁当にした。

「おしりたんてい」は、Q2が幼児の時に日本の友達から絵本をプレゼントしてもらい、さらに去年、小学校低学年用?の絵本ももらっていたので、慣れ親しんだキャラクター。

日本だけでなく、韓国にも翻訳されたおしりたんていの絵本があり、Q2の学校の図書館でも人気の絵本シリーズになっている。

そして、この7月にもおしりたんていの韓国語吹き替えバージョンの映画が公開予定。


クックパッドには、型紙をあらかじめ準備するやり方があったけど、うちはちょうど家にあった絵本のおしりたんていがお弁当箱の大きさにぴったりだったので、型紙なしで作った。

ラップで作ったおにぎりを本の上に置いて形を整え、目の位置なども顔の絵の横に持っていけばだいたいわかったので、手持ちの絵本がすごく役に立った。

↓この絵本
b0194098_15482987.jpg


↓おしりたんてい弁当
b0194098_15402451.jpg
上手くいったと思ったけど、やはりヘアスタイルとか黒目の配分とか微妙。(笑)

Q2にも目がちょっと変!とダメ出しがあった。

でも、修正するとさらにおかしくなるので、このままで...。

顔は炒めたケチャップライス、目はチーズと海苔、帽子は味付けしたまる天。

おかずは、玉子焼き、ウインナー、三色チンジャオロース、チキンナゲット(冷凍食品)、茹でブロッコリー、ミニトマト、ハム玉子サンド。


たぶん、1年に1回しか遠足はないので、今年のお弁当作りのお務めは終了。
by 2010neko | 2019-06-21 15:29 | 小学校 | Comments(0)
週末、Q2がパフェを作りたいというので、二人で材料を買いに行き、今年最初のパフェを作った。

アイスクリームは新発売のペッタバンアイスクリームを使用。

マートで試食販売をしているQ2のクラスのオンマが勧めてくれたので買ってみた。

ちなみに、このオンマからいろんなものを買わされるので(アイスは自分の意思)、ちょっと困っている。

マートで会うと、有無を言わさずいきなり口に試食を入れてきて、私が一口食べ終える前に、「はい!」といって、かごに品物を入れてくる。

この日は、ロッテのウインナー3袋のセットで、いつも8000ウォン前後の品物を入れられるので、なかなか痛い。

私も断ろうとするが、世間話をしながら品物が置かれている場所を塞いでいるし、話を別に逸らされたりして、結局、買うことに...。

とにかく押しが強くて、買わせる技術と気力が凄すぎる!

この日、やり取りを見ていたQ2も後から、「○○オンマ、凄いな〜。」と驚いていた。←Q2もいらないといった試食を口に入れられたらしい

いい人なんだけどな〜。

最近はそのマートに行くと買わされるので(週4回くらい勤務らしい)、できるだけそのマートは避けている。(笑)

↓ペッタバン アイスクリーム(1つ474mlで2800ウォン)
b0194098_21030765.jpg
話を戻し、このアイスは韓国では誰もが知る料理界のCEO、백종원(ペッ チョンウォン)のアイスクリームなので、価格が安い!←この人のお店(いろんな飲食店のチェーン店がある)はどれも価格が安い

アイスクリームの味はまあまあというか、価格相応の味だったけど(汗)、子供には関係ないかな。

↓Q2作の土曜日と日曜日のチョコレートパフェ
b0194098_21143817.jpg

b0194098_21143844.jpg
どちらもコーンフレーク、チョコシリアル、極細ポッキー、カクテルフルーツ缶、チョコレートアイスクリーム。
by 2010neko | 2019-06-17 07:00 | お菓子 | Comments(0)

面白い図書館

昨日、Q2の用事があって二人で隣町(といっても家から20分くらい)に行ってきた。

すると、目的地のすぐ近くに、前から行ってみたかった図書館があったので、用事が終わってから寄ることにした。

その前に図書館近くで昼食。

↓私はチョルビビンマンドゥ(チョルミョン+マンドゥが一緒になったもの)、Q2はカルグッスを注文
b0194098_18333133.jpg
期待せずに食べたら、どちらもなかなか美味しかった。


そして、図書館へ。

↓ここは階段状ではなく、スロープがついたひな壇状?になった自由閲覧コーナーがあった(2階から写真を撮ってみた)
b0194098_19211367.jpg
椅子がたくさん並んでいるが(左上)、この日は演奏会があるので、こんな感じだった。

普段はちょっとオシャレなテーブルや椅子が間隔を空けて置いてある様子。

子供用の図書館(右上・右下)も子供が好きなように本を読めるよう、いろんな空間があった。←Q2も含め、寝転んで読む子供達も多い(笑)

韓国の新しい図書館には、閲覧室&資料室&学習室、休憩室、会議室、講堂(ホール)、カフェ、売店(カップラーメン等食べられる)が基本的にあるが、この図書館にはさらに読書キャンプ場(図書館裏手の敷地内)というのがある。

読書キャンプ場は、毎週金曜日と土曜日の2回(16時〜翌朝11時まで)読書兼キャンプができる宿泊施設。

↓読書キャンプ場(冷暖房完備のドラム缶みたいな建物が4棟あり、中で読書したり、横に持参のテントを設置してもいい)
b0194098_18435023.jpg
すべて無料だけど、(子供の)読書感想文を1つ提出するのが条件。

トイレは図書館を使用し(シャワーはない)、共同冷蔵庫と炊事場はある。←騒がなければ、炭火は使えないけど、持参の携帯ガスコンロでBBQなどをしてもいい

小さいながら建物内はきれいだし、天井から夜空を観れるのも良さげ。

人気があり、抽選はなかなか当たらないらしい。

夜な夜な家族で読書を楽しめるので、読書好きには魅力のある施設だと思う。

うちもダメ元で申し込んでみようかな?


あと、子供の図書館も併設している図書館では、隔週〜毎週の土曜日か日曜日に子供映画上映会があるし、その他の催しも多々ある。

↓昨日はどこかのアマチュアオーケストラの演奏会があったし、別のコーナーにはドローン写真展もやっていた
b0194098_19143273.jpg
中2階になる2つの場所を利用しての演奏会で、たくさんの人達が聞いていた。

来週は別のアマチュアオーケストラの演奏会、再来週はKポップダンス大会の予定らしい。

その他、毎週末?の土曜日の朝に、父子で参加する科学教室みたいなものもあった。

図書館の職員さんは週末大忙しだろうと思う。

なかなか韓国のいいところを見つけるのは難しいけど(汗)、図書館は充実していると思う。

by 2010neko | 2019-06-16 08:00 | お出かけ | Comments(0)

久しぶりに手仕事

今年は数年ぶりにメシルチョン(梅シロップ)と、初めて挑戦する日本の白干し梅(干さない塩漬けだけの梅)を作ろうと、オーガニックの梅を注文した。

白干し梅用の黄梅は熟れるまで出荷待ちの状態で、青梅だけ先に届いた。

そして、今週、メシルチョンを漬けた。

↓梅に穴を開けず凍らせて漬けるやり方で(Q2もヘタ取りを手伝ってくれた)
b0194098_09355284.jpg
梅を洗ったり、ヘタを取ったりするのが面倒なのに、また白干し梅を漬ける時に同じ作業をすると思うと、ちょっと気が重い。(汗)


先週日曜日、長兄嫁が無農薬のきゅうり1箱(50本)をくれた。

アパートの友達たちにおすそ分けをしたものの30本が手元に残った。

食べ切れるわけもなく、結局、オイジ(きゅうりの塩漬けみたいなもの)とオイソバギ(きゅうりのキムチ)を漬けたけど、数年ぶりに作るので段取りは悪いし、いっきにいろんなことをしたのでヘトヘトになってしまった。

↓水無しで作るオイジ(塩・砂糖・酢・焼酎使用)
b0194098_09503177.jpg
伝統的なオイジは沸騰させた塩水を生のきゅうりにかけて漬ける。

このやり方のオイジも、上の水無しオイジと同時に漬けたけど、かなり塩水を冷ましてからかけたので(プラスチックの容器に熱湯をかけたくなかった)失敗したかも...。←2〜3日間隔で漬け汁を取り出して再沸騰させたりするので観察中

↓これは簡単バージョンのオイソバギ(きゅうりの中にヤンニョムを詰めやすいように片方を切ってしまうやり方)
b0194098_09550511.jpg
塩気を洗い流しすぎたようで発酵がかなり早い!(涙)

食感は良く、味もまあまあかな。

↓ヤンニョムが余ったので、ついでにアサギコチュ(辛くない大きめの唐辛子)キムチも漬けた
b0194098_09550588.jpg
サラダ感覚で美味しかった。

by 2010neko | 2019-06-15 08:30 | 家ご飯 | Comments(0)

기생충(寄生虫)

昨日、韓国の友達と映画を観に行ってきた。

カンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞した映画
「기생충(寄生虫)」。

b0194098_11313753.jpg



この映画を作ったポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホはよくタッグを組んでいるが、二人が最初に作った映画「殺人の追憶」は内容も実際の殺人事件を元にしていたので、すごく印象に残る映画だった。

ソン・ガンホが出ているので、いろんな意味で面白い映画だろうと思っていたけど、この映画に出てくるどの俳優も、個性的で強烈だった。

面白い場面もたくさんあったし(家族みんながおとぼけで楽観的)、見応えがあり面白かった。

ただ、映画は貧富の差を題材にしているので、私としては何となく重苦しい気分が最後まで残った。

フランス人にこの感覚がわかるのかな〜?と後で友達に話したら、どこの国にも貧富の差はあるから理解できるんじゃない?といわれ、なるほどな〜と納得。


映画の後はベトナム料理屋へ。

↓ブンチャ、ナシゴレン(韓国のベトナム料理屋にはよくマレーシアやタイ料理もある)を注文したら開店1周年イベントでフォーが無料でついてきた
b0194098_11422046.jpg

可もなく不可もなく、まあまあの味だった。



by 2010neko | 2019-06-14 10:58 | 映画・ドラマ | Comments(4)
先週の日曜日、久々に結婚式に参加してきた。

結婚したのは姑の弟の娘なので、ナンピョンのいとこに当たる。

私はほとんど面識がなかったけど、可愛らしくて性格も良さげな感じの子だった。

↓ナンピョンいとこの結婚式(パーティーハウスにて)お父さんと新婦が入場
b0194098_10022989.jpg

式場にお皿がセッティングされているが、食べるのは別の会場にあるブッフェ。←不思議な飾り?(笑)

姑は体調不良で欠席し、ナンピョン直系家族は一部だけ出席していた。

詳しくは書かないけど、この晴れやかな場でもドン引きするような言動を取るナンピョン家族。

いつもながら、どういう教育を受けたら、そうなるんやろう?と心底疑問に思う。

それはさておき、若い二人には楽しい家庭を築いてもらいたい。


結婚式の後は、Q2が前からリクエストしていた코노(コノ)へ。

Q2がよくコノという単語を使うので、何かと尋ねたら、コイン ノレバンの略語だった。←子供同士はこう呼ぶらしい

韓国ではカラオケをノレバンというが、若い子に人気があるのは、コイン(実際には紙幣になるが)を入れて、その分だけ歌うカラオケ。

部屋も1~2畳くらいの狭さで、値段も安い。

1000ウォン(約100円)で3~4曲くらい歌える。←でも、早く選曲しないと他のお客さんが待っていますなどの警告メッセージ(自動音声)が入る

この日は日曜日の午後3時半くらいで、コノは学生だらけ。

1軒目に行ったお店は空きがなく、裏通りにある2軒目のお店で何とか入れた。

↓コノにて熱唱するQ2(やっぱり音痴・汗)
b0194098_10425715.jpg

ナンピョンと私は疲れているし、付き添いで来ただけなので、Q2だけ12曲歌って終了。

Q2は大きな声を出して、「ヒーリングできたわ。」と満足げだった。

普段、そんなにストレス溜まってるのか?

楽しそうにしていたし、夏は冷房も効いていると思うので、避暑がてら、また連れて行ってあげようと思う。



by 2010neko | 2019-06-14 09:49 | お出かけ | Comments(0)
旅行後半。

去年もQ2と母子旅行で訪れたプヨの「부여롯데리조트(プヨロッテリゾート)」へ。

ここのアクアガーデンで遊ぶ前に、ホテル横にあるロッテアウトレットへナンピョンの結婚式参加用の服を買いに行った。

その後、アクアガーデンへ。

ナンピョンは寒さと疲れでアクアガーデンに行きたくないようだったので(ウォーターパークより渓谷が好き)、休ませてあげることにした。←ナンピョンだけチェックイン時間後、部屋でのんびり


↓私はQ2と一緒にプールで3時間半過ごした
b0194098_11214146.jpg
Q2は楽しんでいたけど、私はかなり疲れた...。


夕食は「水曜美食会」他、たくさんのテレビ番組で放送されたり、芸能人も訪れるという(牛)熟成肉の焼肉屋「서동한우(ソドンハヌ)」へ。

↓「서동한우(ソドンハヌ)」にて
b0194098_11343984.jpg
熟成肉2人前、盛り合わせ1人前、トッカルビ1個、韓国焼酎、チャンチクッス(温麺)、冷麺を注文。

別に熟成肉(30日以上熟成させた肉)を食べる気はなかったのに、お店の人のゴリ押しで(笑)食べることにした。

お肉に表現しがたい風味は感じるものの、取り立てて美味しい!という感じではなかった。←味覚が敏感なナンピョンも同様

盛り合わせは普通に美味しかった。

でも、価格等を考えると、前回の安東旅行で食べた安東牛の方が美味しいと思う。

おかず類はきれいだけど、とにかく甘いし、トッカルビは最悪で、3人とも丹陽の市場で食べたトッカルビの方が100倍美味しいな!という意見だった。

温麺、冷麺もニンニクが入りすぎているのか独特な味。

高いし、さほど美味しくないし、残念な夕食だった。←何故ここがテレビでもてはやされるのか疑問(あくまで個人的な感想です)


夕食後は散歩がてら、「달밤시장(タルパムシジャン:月夜市場)」という週末の夜だけ開かれる市場へ。

↓月夜市場にて(屋台で買ったものを広場で飲食できる)
b0194098_11494370.jpg
この日は、サッカーの試合(韓国VSオーストラリア?)があり、みんなスクリーンで試合を観ていた。

どこに行っても、地元の市場に行くのは楽しい。


↓その後、ホテルに帰り、ゲームコーナーで少し遊んだ
b0194098_11591100.jpg

2日目終了。



3日目。

この日はやっと晴天になった。

↓ホテルで朝食後、ロビーで有料の体験(スピナー作り)があったので参加
b0194098_11572444.jpg


↓チェックアウト後、ホテル近くにある「백제문화단지(ペッチェムンファダンチ:百済文化団地)」へ
b0194098_12071578.jpg

b0194098_12020859.jpg
ここは百済の最後の王宮「泗沘(サビ)宮」や代表的な寺院である「陵寺(ヌンサ)」のレプリカ、当時の生活が垣間見れる生活文化村、百済歴史文化館などがあるテーマパーク。

とにかく広くて気持ちが良かったけど、前回、国立扶餘博物館や扶蘇山城を見たので、これといった感動はなかった。←休日なのに人もまばら


午後3時に出発し、「장원막국수(チャンウォンマックッス)」で遅い昼食。

↓マックッス(そば粉入り麺の冷麺)3人前を注文
b0194098_12151033.jpg
ここもプヨで有名なお店なので、20分くらい待った。

去年食べた時はすごく美味しかったけど、今回は普通というか最後は酸っぱくてブルブル。←ナンピョンも麺のそば粉の分量が少ないし、酸っぱすぎると...

このマックッス屋の前に昔ながらのお菓子を売っている露天のお店があり、マックッス屋に並んでいる人達に試食を配っている。

小麦粉は使わずジャガイモと玉ねぎで作ったという素朴なお菓子が美味しくて、私達も購入。←ビールのあてに最高



そして、最後は私の希望で雰囲気の良さげな古い韓屋カフェ「합송리994(ハッソンリ994)」へ。

Q2は車で寝てしまったので、私とナンピョンだけでしばしヒーリングタイム。

↓「합송리994(ハッソンリ994)」にて
b0194098_13563697.jpg
このカフェは、「私達は古い家を買った」、「夫婦が抱いていた韓屋住まいの夢」という題名で、人生を紹介するいくつかの番組に出たことがあるカフェ。←日本の「人生の楽園」みたいなもの

古いけど、いい感じのカフェで、自分の気に入った部屋や場所でお茶ができる。

私が注文した練乳コーヒーもすごく美味しかったし、一緒についてきたマレーシアのミニクッキーも買いたくなるくらい気に入った。

でも、残念だったのはカフェが有名になりすぎて?忙しく(この日は店主しかいなかったような...)、店主の表情も疲れていた。

お節介ながら、店主の描いていた生き方と違ってきているのでは?と、ちょっと心配になってしまった。←一部分を切り取って判断するのはよくないけど...

平日ののんびりした時間に、また行ってみたいな〜と思うカフェだった。



午後5時半前にプヨを出発し、約2時間で地元へ到着。

家の近所でコンナムルクッパッを食べて帰宅。

ナンピョンが歳を取るにつれ、いろんな面で小言が多くなるし(昔はおおらかだった)、体力も落ちてきているので、正直、家族旅行より母子旅行の方が楽しいと思ってしまう私。

でも、以前のように時間ができれば実家に行こう!と言わなくなったし、家族旅行にも付き合ってくれるので、一応、ありがたいと思わなければ...。

by 2010neko | 2019-06-12 06:30 | 旅行 | Comments(0)