日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

スライムカフェ

韓国で少し前から流行っているスライム。

スライム自体は私が子供の時からあるけど、最近の韓国のスライムは進化したスライム。

昔のブニュブニュした緑のものではなく、色・香り・触感・デコレーションなど様々。

学校前の文具店にもいろんな種類のスライムが並んでいる。

そして、今年の春頃からでき始めたのが、子供が自分で好みのスライムを作ることができる「スライムカフェ」。

最近、うちの近くの地域にできたので、Mちゃん母子と一緒に行ってきた。

↓スライムカフェにて
b0194098_17573912.jpg

まず、カフェの受付で子供一人当たり17000ウォン(材料&受講費)を払う。←親は無料(飲み物や食べ物は別注文、注文しなくてもOK)、時間は1時間半まで

デコレーション用のパーツを入れる容器をもらい、自分の好きなものを選ぶ。←蓋が閉まる量で1度だけ

テーブルにボウルやヘラ、水のりなどがセッティングされ(使い捨てのエプロンも配られるので着用)、1テーブルに店員さん1人が付いて、作り方を順次説明してくれるので、その通りに混ぜていく。←スライム自体から作る

粘りが出てきたら、色と香りを選択し(店員さんが着色料と香料を入れてくれる)、さらに捏ねる。

最後に、最初に選んだパーツ類を入れ、混ぜ合わせて完成。←柔らかさはグリセリンで調整できる

容器に入れてお持ち帰り。


Q2は、海をイメージしたらしく、青色にレモンの香り&パーツは真珠や貝殻型を中心に入れたとのこと。

T1君は赤色にリンゴの香り、T2君は紫に綿菓子の香り。

みんな、いろいろ個性があり、見ていて楽しかった。

Q2は元々、市販スライムにはまっていたし、YouTube等の動画で手作りスライムを見ていたので、このスライムカフェの虜に...。

そして、すぐに再訪。

↓今度は森をイメージし(笑)、緑色にラメや木の実っぽいものを入れ、サイダーの香りで作ってきた。←高いので、行きたければアッパがいる時に連れて行ってもらい!と説明

b0194098_18325475.jpg

週末は人がいっぱいで、並ばなければいけないくらい流行っている。

でも、1年しないうちに無くなるような気がするので、興味がある人は今のうちにGO GO。

[PR]
by 2010neko | 2018-08-31 17:44 | 育児関連 | Comments(0)

夏休み、いろいろ

韓国のほとんどの小学校は、既に先週から2学期に入っている。

今更だけど、韓国で過ごした夏休み(直前も含め)の記録をアップ。

↓ソウルにある국립 어린이 과학관(国立子供科学館)
b0194098_17423929.jpg

春にリニューアルした体験型科学館(規模はそれ程大きくない)。←予約制


↓地元にある複合文化センターにて無料の仮面作り&演劇体験&小さな美術館鑑賞
b0194098_16083000.jpg



↓映画「ドラえもん のび太の宝島」鑑賞&ランチでピザ
b0194098_16114529.jpg

日本では3月に放映された映画


↓ソウルにある경찰 박물관(警察博物館)
b0194098_16162884.jpg

小さい博物館だけど、コスプレや交通整理ゲーム、モンタージュ写真作成などができる。

すぐそばに서울 역시 박물관(ソウル歴史博物館)があるので、それとセットで行くといいと思う。


↓明洞にあるカカオフレンズショップやソルビンにて(別々の日)
b0194098_16325801.jpg

カカオフレンズに日本人観光客が結構いて驚いた。

人気なのか?

アイスクリームが可愛かった。

ソルビンで初めて抹茶のピンス(かき氷)を食べたけど、チョコやインジョルミ(きな粉餅)のピンスより断然美味しかった。←これはお勧め!

明洞の、とあるチュクソットッポッキ(即席トッポッキ)のお店で、チャジャントッポッキ(チャジャン味のトッポッキ)チーズ入りを食べた。

店員さんは親切だったけど、肝心の味があまり美味しくなくて残念だった。


↓4年ぶりに会ったMちゃん母子と家でパンとクリームメロンソーダ作り&キッズカフェにて
b0194098_16501912.jpg

本当は水遊び場に行く予定が雨で中止になり、急遽、我が家で遊ぶことになった。

Mちゃん母子に久々に会えて、すごく嬉しかった。

4年の間にMちゃんが人間的に大成長しているのを見て、人間ここまで変われるのかと驚いた。

とにかく前向きに物事を考えられる彼女。

話していると学びがたくさんあり、自分もそういう思考に変えていこうと思わせてくれる。



[PR]
by 2010neko | 2018-08-31 05:30 | お出かけ | Comments(0)
先週の日曜日、久しぶりのお寺料理教室へ。

習いたかった채개장(チェゲジャン)!

牛肉とゼンマイ、里芋の茎(ずいき)、もやしなどの野菜を一緒に煮た辛いスープをユッケジャン、牛肉ではなく、鶏肉と煮たスープをタッケジャンというが、お寺料理なので、肉なしで野菜だけのユッケジャン風スープがチェゲジャン。

以前、チェゲジャンを習ったというお寺教室仲間から美味しいと聞いていたので、興味深々だった。

↓これがチェゲジャン

b0194098_21173906.jpg

お肉の旨味の代わりに、基本の野菜出汁プラス、ゼンマイや里芋の茎をエゴマ油でしっかり炒めて、じっくり煮た野菜エキスが出ていて、肉なしでも充分に満足できる味だった。←お寺料理とはいえ、今回は結構辛かった





[PR]
by 2010neko | 2018-08-22 21:17 | 料理教室 | Comments(0)
日本から帰ってきた早々、ナンピョンから実家行きを提示された。

ナンピョンも私達が帰ってきた時に出張先から帰ってきたが、3週間ほど、休みなしで働いている。

しかも、猛暑の中、早朝から夕方〜夜まで、山の中を歩き続け、夜中まで事務仕事や整理。

傍からみても、疲れてよれよれなのがわかる。←よく死なないな〜と思う

それなのに、私達が帰ってきた翌日に出発し、実家で2泊3日滞在するという。

私は日本といえども海外に行った直後だし、疲れている。

お互い疲れているのだから、無理せず、次の休みに行けばいいやん?というと(私も行かないつもりはない)、ナンピョンは「次もいつ帰って来れるかわからないし、夏休みに行かないと、オモニはいい気分がしないだろう。この前も電話をかけた時に機嫌が悪そうだった。」と...。←弟家族や次兄夫婦も実家に1泊したらしい

そんなんほっとけや!と言いたいところではあったが(笑)、私も実家に帰ったから、仕方がないと思い、何とか出発を一日伸ばして翌々日から出発した。

私はこの時、週末にお寺料理のレッスンを予約していたので、急遽、キャンセルをした。←事前とはいえ、相手や来たかった人に申し訳ないし、代金も戻って来ない

ナンピョンは私のキャンセルを当然のようにいうので、真剣に切れてしまい、「私にキャンセルしていただく立場やのに、なぜお願いしますと言えないのか?!」と詰め寄った。

次からは私の予定を確認しない場合、私は実家に絶対行かない!という約束をさせた。


で、実家で気分良く過ごせたかというと、そうではなかった。

まず、実家近くの長兄家に挨拶にいくと、兄嫁の兄弟が遊びに来ていた。

前から変な人達だとナンピョンから聞いていたが、本当にそうだった。

こちらから笑顔で頭を下げて挨拶したのに、目も合わせず完全無視!(出会った2回とも)←世の中にこんな奴らがいることが不思議

やはり、家庭教育は生涯ついて回ると思った。


そして、実家では朝食以外、外食にしたが、2つの店でお膳をひっくり返したろか?!と思うくらい腹が立つ出来事があった。

一軒は中華料理屋。

私はコチュチャプチェパッ(唐辛子雑菜飯)が食べたかった。

ナンピョン達がタンスユッ(韓国酢豚)とチャンポン(真っ赤なチャンポン)とチャジャンミョン(韓国ジャージャー麺)のセットを食べるので、そのセットに1つ追加注文すればいいだけのこと。

なので、それを店員に注文したら、「できないです!」ときつく言われた。

ナンピョンがもう一度、セットに料理を1つ追加だと説明すると、「だから〜!うちはセットと同じ料理しか追加で作らないんです!2つ同じ料理を追加で注文するなら作ります!」とめっちゃめっちゃ高圧的に言われた。←だったら表示しとけよ!

私なら、そんな態度に出られたらお店を出ると思うけど、穏便派のナンピョンや姑もいるし、私が諦め、チャジャンミョンに変えて追加注文。トホホ


もう1件はマス料理専門店。

ここでマスの刺し身(マス2キロ分)と唐揚げを注文しようとしたところ、店員が「忙しいから唐揚げはしません!」と...。←忙しいからって...この時期忙しいのはわかってるやん?!だったら唐揚げのメニューを載せるなよ!

連日こんなことが起こるし、私が食べたいものが(前日もそうだけど、どうも韓国食を食べたい気にならず、仕方なくまだ食べれそうなものを注文したのに)食べられないので、すっごく腹が立った。


ナンピョンはナンピョンで、数年に1回しか熱が出ない強靭な体なのに、やはりこの時は無理に無理を重ね発熱&全身痛を併発。←韓国でいうモムサル状態

それでも、解熱鎮痛剤を服用しては休み休み、母親&Q2孝行&仕事の撮影をしていた。←馬鹿みたい

姑は姑で、足が弱っているので渓谷に行けないのに、一緒に行くといい、車の中で待つというが、結局、1時間くらいで嫌になり、早く帰ろうと急かし、Q2はゆっくり遊べなかった。

何一つ、しっくりいかなかった。

私はナンピョンが何でこんな思いまでして、親孝行するのかさっぱりわからなし、疲れている息子を実家に来させようとする姑の気持ちもわからない。

とにかく、ナンピョンや姑に怒りしかわかない。

とにかく、お互い体調不良のまま出かけた実家滞在は最悪だった。


↓渓谷にて(ナンピョン、薬で解熱直後)
b0194098_14110366.jpg


↓2泊3日での外食
b0194098_14112108.jpg



ナンピョンは実家から帰ってきた翌日、また旅立って行った。

私は何のために韓国にいるんだろう?



[PR]
by 2010neko | 2018-08-18 14:07 | 旅行 | Comments(0)
今回も日本でいつものAパン教室へ行ってきた。

毎月、ネットでその月のメニューを見ては、「こんなのを習えていいな、いいな〜」と思っているので、参加できる時はすごく嬉しい。

今回はロングウインナーパンとキャラメルブレッド。

どちらもめちゃくちゃ美味しかった。

毎回、こんなに美味しいパンを作れる(考えられる)先生は凄い!と思う。

↓Aパン教室にて
b0194098_16553237.jpg

出来たてパンのランチは最高!

また、次回までのお楽しみ。 


もう1つは、日本に帰省する少し前に、ソウルの日本人T先生の米粉教室へ行ってきた。

3年くらい前にT先生のレッスンのランチで食べた米粉のシフォン・サレが忘れられず、ずっと習いたかったが、今回ようやく習えた。

ふわっふわに焼けた、塩味のするお食事シフォンに再度感動。←いくらでも食べられる感じ

それ以外にブルーベリーのリンツァー・トルテも習った。

↓T先生の教室にて
b0194098_17114080.jpg
試食時のトマトのクリームチーズムースもすごく美味しかった。

日本人びいきかもしれないけど、やはりパンやお菓子は日本人の先生に習う方が美味しいと思う。

[PR]
by 2010neko | 2018-08-17 16:38 | 料理教室 | Comments(0)

夏の帰省(後半)

10日目

この日から母子二人きり。

本来、Q2だけが大阪の妹宅に3泊4日で遊びに行く予定だったのに、私が一緒に家族旅行に行けなかったせいか、私とずっといると言い出した。

結果、私の一人時間がなくなってしまった。(T_T)

↓朝は兵庫駅前のパン屋「ヴィドフランス」でモーニング→兵庫図書館→夜にしか行ったことがなかった居酒屋「かくれんぼ」でランチ→また図書館→家に帰りQ2が大好きなクラシエのポッピンクッキシリーズのお菓子作り(たのしいケーキやさん)
b0194098_17293328.jpg


↓夕方6時前に再度外出し、生田神社大海夏祭り→三宮のお好み焼き屋「美作」で夕食
 
b0194098_17351647.jpg

生田神社のイベント会場では、東京の高校生アイドル(何かのコンテストで優勝し、MCなどをしているらしい)が歌っていたが、Q2は手拍子して聞き入っていた。←見入っていたが正しいかな(笑)

このアイドルのお姉さんを気に入ったQ2は、CDを買うと握手をしてもらえるというのを聞いて、私にCDを買って欲しいと懇願してきた。

もちろん、却下したけど、小2でこんな様子じゃ、先が思いやられる。

お祭り自体はまあまあ楽しかったらしいが、本音はいとこ達と来たかった様子。

お好み焼き屋ではQ2がオムそば初体験で、美味しかったとのこと。


11日目

Q2とミニ旅行?

さんちかのうなぎ屋「丸高」でランチ→三宮図書館→ミント神戸で映画「ジュラシック ワールド」鑑賞→さんちかの「ケニーヒスクローネ」でおやつ→元町南京町の長安門入り口横にあるホテル「神戸元町東急REIホテル」にチェックイン→三宮の焼き肉屋「牛角」で夕食

b0194098_17475613.jpg
Q2がうな丼を食べるのも今回の帰省のミッションだったが、かなり気に入った様子。←別にうなぎはなくてもいいらしいので、要はタレが好きなだけ(笑)

映画「ジュラシック ワールド」は先に韓国で放映されていたが、日本語の勉強にもなると思い、日本で鑑賞。

恐竜好きのQ2も最後まで集中して観ていた。

ケニーヒスクローネでは、クローネが食べたかったけどなかったので、パフェみたいなものを食べたけど、これもすごく美味しかった〜。

ホテルは朝ご飯が美味しいというところを探してみたが、すべて満室だった。

ここだけ、予約が取れたので何となく泊まってみた。

部屋は極々普通のビジネスホテルだった。←難点はWi-Fiが弱くイライラ

でも、朝食のパンが何種類かあり(ホテルで焼いているというパンはどれも美味しかった)、オムレツを可愛くデコしてくれたり、少ないながらもパンに合うお洒落なおかずがあって、私は満足だった。←パンしかなかったと思うので、ご飯派には不向きか...

夕食は特に食べたいものがなく、三宮方向に歩いていたら牛角が目に入ったので、そのまま入った。

韓国に来てから、焼き肉の時はいつも誰か(男性陣)が焼いてくれていたので、焼きながら食べる難しさを体験。

やっぱり日本の焼き肉は美味しい〜。←塩たん初体験のQ2も舌だと聞いたら嫌がっていたけど、食べたら気に入ってしまった


12日目

この日はQ2の8回目の誕生日だった。

チェックアウト後、一緒にプレゼントを買いにハーバーランドのumieへ行き、本と中古の3DSのソフトを購入→「丸亀製麺」でランチ→「サンマルクカフェ」でおやつ→母親の病院にお見舞い&私が成人になるまで住んでいた町を散策(Q2と歩いてみたかった)→Q2の誕生日会ということで、妹がQ2の好きな板宿の「くら寿司」へ連れて行ってくれた

b0194098_14141582.jpg
Q2の誕生日なのに、ケーキとか準備するのも面倒で何もしなかった。

韓国に帰ってから、ちゃんとお祝いしてあげるといったのに、未だ実現できずにいる。


13日目 

待ちに待っていたパン教室→子供達を連れて須磨海水浴場で水遊び→夜は上の妹と「マルガリータ 須磨店」で飲み会

↓マルガリータにて(どれも美味しかった)
b0194098_14433504.jpg


14日目(最終日) 

午後からまた海で遊ぶ→一人で最後の買い物→みんなで家ご飯(夕食)
b0194098_14452802.jpg
翌日、心配していた台風にはかからず、韓国に帰って来た。

今回の帰省。

いつもなら日本に行く前からうきうきしているのに、今回はどうも気分が上がらず、ゴタゴタもあり、そのまま韓国に帰って来た感じ。

何でかな〜?



[PR]
by 2010neko | 2018-08-17 14:18 | 日本滞在 | Comments(0)
8日目 

帰省時に必ず会う看護師時代の友達と1泊2日で京都旅行。

足の件で、この旅行もぎりぎりまで悩んでいたが、友達に相談したら、無理な観光はしないことに変更してくれ旅行へ。←元々、ゆっくりするのが目的だったのでゆるゆるな予定だったが...

今回の旅行のメインだった貴船の川床!

↓「かつら」にて
b0194098_12063815.jpg

写真は友達

この日の京都市内は37℃くらいだったが、貴船に着いた時点で32℃、川床に降りると天然のクーラーで25℃!

汗もすぐに引き、渓谷の水音やそよ風に心底癒やされた。

貴船の7〜8月の川床ランチ(コース)は川床代も含め基本1万円〜だけど、「かつら」は写真のようにお弁当形式で出てきて、格安の2500円。←要予約

母子お二人で運営されていて規模は小さいが、川床も上流にあり綺麗だし、何より料理がすごく美味しかった。

お弁当でも、鮎の塩焼き(焼き物)、揚げ物、煮物、酢の物、和え物など、一通り入っている。

すごく美味しかったので、帰りに板前さん(息子さん?)に作り方を聞いたら、とっても丁寧に教えてくれた上、その他の料理まで教えてくれた。

とにかく、外回りを担当されているお母さん?も親切だったし、景色・サービス・お料理まで完璧だった。

来年はQ2やナンピョンを連れて再訪したいと思う。

ただし、ゴージャスさを求める人や、たくさん食べたい人には不向きかも...。

でも、私には食事量がジャストで、食後のデザートに「貴船クラブ」でわらバニ(黒糖わらび餅にアイスが乗ったおやつ)も食べられ、大満足だった。

元々の予定の貴船神社参拝と鞍馬温泉入浴は、足の都合でパス。←二人とも経験済み


その後、京都市内の四条室町にあるホテルへ。

↓前日にオープンしたばかりの小さな和風ホテル「ホテル リソル京都 四条室町」
b0194098_13055230.jpg

至るところに和を感じられ、お部屋にはお抹茶を点てられるセットまであって楽しめた。

外国人が喜びそうなホテルだけど、かなりお部屋が小さいので、スーツケースを広げるには不便だと思う。←そもそも欧米人の背たけではベッドから足がはみ出ると思う(笑)

朝食は日中イタリアンレストランになっている入口のお店で、ブッフェスタイルの朝食。

種類は少ないものの、和食が充実していたので満足できた。


↓夜は烏丸御池にある「春夏秋冬 ざこや」へ
b0194098_13154836.jpg

b0194098_13155869.jpg

写真がきれいに撮れず残念。  

ここは季節料理・お寿司のお店。

コの字のカウンター12席だけの紹介制のお店で、登録された電話番号でしか予約ができないらしい。

友達が去年、友達に連れて来てもらって美味しかったということで予約してくれた。

店に入ると、ちょっと高級な感じだし、バブリーなお客さんもいて、最初は緊張。

約2時間に渡り、お任せ料理が出てきた。←時間は2部制

どれも新鮮で美味しく、面白い料理も食べられ楽しかった。←目の前で魚をさばいて調理

服薬中のため禁酒中だったが、これほどお酒を飲めないことを悔やんだことはなかった。(笑)

〆の海鮮スープとトリュフのラーメンは食べたことのない澄んだ旨味のある味で、自分でも作りたい!と思い、また作り方を聞いてしまった。

コースでこれだけの料理を食べたのに、案外安くてびっくりだった。
  
お酒が飲める時にまた行けたらいいな〜。 


 
9日目

翌日は友達と朝食後に京都駅の伊勢丹に行き、デパ地下でいろいろお買い物をし、昼前に解散。

10月にまた韓国で会うので、またね〜という感じであっさり別れた。

最初の予定通り、温泉や和菓子作り体験もしたかったけど、友達と一緒に貴船でヒーリングできたので良かった。

いろいろ手配・変更してくれた友達に感謝。

 
家に帰ると、Q2が私の帰りを待ちわびていた。

そして、午後からは子供達を引き連れ、神戸で一番大きいパフェといわれている垂水駅前の商店街の中にある老舗喫茶店「ブラジル」へ。

↓これが神戸一大きいマッターホルンというパフェ
b0194098_14480036.jpg

このマッターホルンというパフェは高さが55cm。

Q2はパフェを見て、歓声をあげていた。

これを子供達4人で食べた。←ちょうどいい量?

マッターホルンを頼んだ人は、記念写真を撮って、お店に飾ってくれるというので、子供達もパチリ。

今回の帰省で、Q2がビッグパフェを食べるというミッション完了。(笑)
[PR]
by 2010neko | 2018-08-16 11:53 | 日本滞在 | Comments(0)

夏の帰省(前半)

7月26日から2週間、神戸に帰省していた。

簡単に前半の記録をアップ。

1日目

↓仁川空港でランチ&さんちかのフォトスポットにて(関空から神戸に行く間に大雨に...)
b0194098_22482430.jpg

実家には20時半前に到着し、私だけ一人で近くの王将で晩酌。


2日目

↓朝から甥達も引き連れ、大阪南港ATCホールでやっていた「からだのひみつ大冒険」&「杵屋」でランチ
b0194098_23030472.jpg

からだのはひみつ大冒険には失望。

↓夜は家族11人で灘駅前にある居酒屋へ行き、乾杯〜
b0194098_23044695.jpg

Q2は悪いことをしたら怒るうちの母親があまり好きではない。(笑)


3日目 

↓朝から六甲アイランドにあるカネテツデリカフーズの「てっちゃん工房」で、かまぼこ&ちくわ作り体験
b0194098_23091545.jpg

小学校低学年には、成形がやや難しかったが、出来上がったかまぼことちくわは、プリップリで美味しく、家族にも大好評だった。←お勧め!

午前中に終わり、帰宅。

午後から私一人でランチ&Q2の日本の教科書を買いに元町の学友書房へ。

その間、子供達は妹と須磨海岸で水遊び。

↓夕方から高校の友達たちといつもの兵庫の居酒屋「かくれんぼ」へ
b0194098_23213893.jpg

4時間があっという間だった。←台風接近のため大急ぎで帰宅


4日目

一人でランチ&ショッピング(本来はハーバーランドである水かけ祭りに子供達と行く予定だったが台風で中止)


5日目

↓CoCo壱番屋でランチ→須磨離宮公園のアスレチック(強制的に運動をさせる・笑)→ミスドでかき氷のおやつ→夕方は母親と兵庫駅前の「市場ずし駅前 兵庫中店」へ
b0194098_23501142.jpg


6日目

この日は、家族で三木市にあるネスタリゾート神戸に1泊2日の予定で旅行するはずだった。

でも、私が帰省した日に、調子の悪かった母親の予定入院が決まり、この日に入院。

で、私は私で、突然右足首に異変が...。

右足首が尋常でないくらい腫れ上がり、痛みで歩けず、苦渋の思いで旅行を断念。←姪に行ってもらった

Q2と妹家族を送り出してから、タクシーで病院へ。

結果、元々変形もあり、軟骨がかなり擦り減っている状態らしく、それで前日に山を歩いたので、炎症を起こし、水が溜まっているとのことだった。←実費の受診なので最低限の治療のみ選択したけど金銭的にも痛かった

↓ネスタリゾート神戸でのQ2(ベッドで私を思い出し、泣いている様子)
b0194098_00125930.jpg

残念すぎる...。


7日目

消炎鎮痛剤&湿布で右足首は少し良くなり、亀スピードで歩けるようになった。

母親が心配だったので、上の妹と兵庫駅の「芳仙閣」でランチ後、病院を訪ねた。

b0194098_00185584.jpg

病院に行ったら、クーラーの効いた部屋で優雅に韓ドラを観ていた母親。(笑)

夕方にQ2達が帰宅。

Q2は、やはり私がいなかったので、寂しくて楽しくなかったとのこと。

台風、母親の入院、不意の怪我等で予定が狂ってしまい、そのまま後半に突入。


[PR]
by 2010neko | 2018-08-15 22:43 | 日本滞在 | Comments(3)