日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2018年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

名探偵コナン 紺碧の棺

先週の日曜日、お疲れのナンピョンは家で休みたいということで、私とQ2だけで映画を観に行った。

その前に、ハッドッ(アメリカンドッグ)の専門店で小腹を満たし、その後、適当なカフェへ。

↓すべてがでかいサイズのカフェにて
b0194098_21141033.jpg
韓国のカフェの飲み物は一般的に量が多いので、普通サイズでも私には多い。

なのに、ここは更に量が多く700ml以上入っていた。←サイズは選べず

これでコーヒーが1500ウォン(約150円)と安いけど、飲めずに半分以上残したので、値段はそのままでもいいから、半分くらいの量にして欲しい。

ちなみにQ2のマスカットエイドは約350円。

全部飲んでいたけど、見ているだけでお腹がちゃぷちゃぷになりそうだった。

ペクタバンというカフェがビッグサイズで低価格のコーヒーを出し始めてから、これを真似るカフェがたくさんできた。

でも、コーヒーは日本式に適度な量を優雅に飲みたい。(笑)


その後、大型文具店でQ2の新学期の買い物をしてから映画へ。

↓名探偵コナン 紺碧の棺
b0194098_21354108.jpg
韓国では新しい映画なのに、見終わった後、調べてみると、日本では2007年放映の超古い映画でびっくりだった。

Q2は面白かったみたいだけど、ストーリーに無理があり、私はいまいち。


映画の後はナンピョンが迎えに来てくれ、そのまま夕食を食べに行った。

↓いつものキョドンチャンポンで、私はスンドゥブチャンポンパッ(おぼろ豆腐入りチャンポンのご飯付き)
b0194098_01411881.jpg
辛〜いチャンポンの中には海鮮&野菜&豚肉&おぼろ豆腐が入っていて、麺は普通のチャンポンの半分くらいの量で、それにご飯が付いてくる。

麺を食べてから、残りのスープにご飯を入れて食べるスタイルが多いけど、私は別々に食べる方が好き。

ソルラル(お正月)に伴った連休が終了。

疲れた、疲れた。

未だに疲れが取れない。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-23 00:10 | 映画・ドラマ | Comments(1)

2018年 ソルラル

先週あったソルラル(韓国のお正月)の連休。

今回も2泊3日でナンピョンの実家へ。←2泊3日が定着

出発当日の午前3時すぎまで会社の宴会だったナンピョンのおかげで(笑)、午後4時前にゆっくり自宅を出発。

↓夕食は帰省途中にあるチンブという町(村)で山菜定食を食べた
b0194098_21514846.jpg
超素朴な味付け(味をほとんどつけていないものもある)で、お寺料理よりさらに自然を感じた。←ここまでいくとちょっと物足りないかも...

でも、全部食べても、お腹にもたれず、体にいいのは確か。

実家に到着したのは午後8時すぎ。

なので、この日は何のお手伝いもせずに済んでラッキーだった。


ソルラル当日は、いつものように長兄嫁から料理作りでいじめられたけど、まあいつものことなので、普通にスルーした。

良くも悪くも、長兄嫁の相手をするのは3番目の私だけなので(2番目と4番目はほとんど1番目と話もしない)、いじめにも合うけど、私にはよくしてくれる方だと思う。

この日も、私が夕食にラーメンが食べたいというと、長兄嫁は卵まで入れて、ラーメンを作ってくれた。(笑)←2番目、4番目は嫁に行った長兄の娘家族2組に会いたくないので、昼食後すぐに帰っていった


最終日は、我が家プラス長兄の孫(Q2より1歳上)だけ連れてお墓参りをし、遅めの昼食後、実家を出発。

その後、実家から30分くらいのところにあるジョンソンのコドゥルムチュクチェ(つらら祭り)に行った。

ここで先に出かけていた長兄家族達8人と合流し、雪ソリ、つらら見学、氷上ソリ、スケートを楽しみ夕方5時の閉会と同時にここを出発。←ナンピョンも長兄家族と関わりたくないから、このお祭りに行きたくないといっていたが、Q2のためだと私が説得(昔と立場が逆になってしまった)

↓つらら祭りにて
b0194098_00504315.jpg
Q2だけ子供達と一緒に遊べて楽しそうだった。

帰り道にある、オリンピックが開かれている平昌で夕食を食べようと、平昌市外バスターミナル前の市場に行った。

でも、ここはオリンピックから取り残され?、町自体が閑散としていた。←オリンピック期間中なのにサムギョプサル屋くらいしか開いていなかった

チンブの町でも外国人カップルを1組見たくらいで、ここも人がおらず。

今回は行きの道路も帰りの道路も、いつものソルラル時より車が少なく、本当にオリンピックが開催されている?と不思議な感じだった。

平昌でも、試合が行われているスキー場付近や、スケートリンクがあるカンヌンにしか人がいないのかな〜。

今日のニュースでは、カンヌンの海辺のお店はお刺身などのお店ばかりなので、魚を生で食べない外国人には人気がないらしく、車の通行制限の影響もあり韓国人自体も少なく、通常期より儲かっていない様子。

逆に市内のサムギョプサル屋やチキン屋は外国人で大盛況とのこと。

ともあれ、今回のオリンピックは盛り上がりを感じないし、利益があったのも、ほんの一握りの人だけなんだと思う。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-22 07:44 | お出かけ | Comments(0)

크리미벨로(Creamy Bello)

うちの近所だけど、ちょっと行きにくい住宅街にあるベーカリー&カフェ「 크리미벨로(Creamy Bello) 」

小さな可愛らしいお店で、オーナーのベーキングの趣味が高じて、お店を出したらしい。

↓ 크리미벨로(Creamy Bello)
b0194098_00202061.jpg

種類は多くなく、数種のスコーン、フィナンシェ、カヌレ、カップケーキ、クロワッサンがあった。

一人だったので、カヌレとコーヒーを注文し、クランベリースコーン(手作りマーマレード付)とチョコスコーンは持ち帰りにした。

価格は1つずつが小さいこともあり、2000ウォン代。←良心的な価格だし、大きすぎないのも気に入った

カヌレは普通に美味しかったけど、私自身、カヌレがそんなに好きでないことに今回気がついた。(笑)←カヌレは韓国で4回くらい食べているのに、気づくのが遅すぎ〜

スコーンは極わずかに甘いだけで、ジャムをつけるといい感じのあっさり味。

サクフワで健康的なスコーンという感じで、私の好み。

今度はいつ売っているのかわからない食パンやチアバター(チャバタ)を食べてみたいんだけど...。

あと、ここは火・水・木に2組だけ予約制でランチ(ピザ、パスタ、サラダのセット)が食べられるようなので、これも一度試してみたいと思う。




[PR]
by 2010neko | 2018-02-15 01:01 | 外食 | Comments(0)

ブラウニー

昨日、ブラウニーを焼いた。

別にバレンタインを意識したわけではなく、クックパッドを見ていると作りたくなった。

ついでに、よくミッパンチャン(常備菜)をくれる同じアパートのDオンマにブラウニーをあげることにした。

参考にしたレシピはこちら

↓ブラウニー
b0194098_22191168.jpg
上にかかったパリパリのチョコの食感がポイントのブラウニー。

きれいにはできなかったけど、胡桃も入って美味しかった。

プレゼントの残り1/3は2日分のQ2のおやつに...。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-14 22:05 | お菓子 | Comments(0)
先週の韓国(招待)料理教室は、初めてみる面白い料理が...。

↓연저육찜(韓国版豚の角煮風?)
b0194098_09310292.jpg

この料理は애저찜(子豚の蒸し物)といって、昔の王様が食べる料理だったらしい。

今は子豚が手に入りにくいため、サムギョプサル(豚の三枚肉)を柔らかく調理して作ることが多い。

王様料理だけに、手間がかかっているし、中身も体に良さげなものというか、栄養があるものばかり。

豚肉、焼いた豆腐、銀杏、胡桃、ナツメ、栗、ニンニクなど。

先生は、(1時間程)柔らかく蒸し焼きした豚肉を切ってから、醤油等の調味料で煮たので、一般的な(煮た後に豚肉を切る)ビジュアルとはちょっと違うけど、お肉も柔らかいままだったし、全体に味がしみて、すごく美味しかった。


↓용수산 개성 채나물(ヨンスサン ケソン ナムル)
b0194098_09310427.jpg

このナムル料理はケソン式(今の北朝鮮にある地域)の料理を作るヨンスサンという有名な韓定食のお店が発祥の様子。

甘酸っぱい大根ナムル(センチェ)と、モヤシ&セリのナムルの2つの料理が合体している。←干し柿も入る

脂っこい料理がある時に食べると、さっぱりする料理ということだったが、本当にそんな感じだった。


↓약선 우엉 들깨 탕(薬膳 ごぼう エゴマ汁)
b0194098_09310549.jpg

トゥルケタン(エゴマ汁)は韓国ではよくみるけど、これは薬膳でトラジ(桔梗の根)やファンギ(キバナオギ)などを入れ、出汁を取る。

一般的なエゴマ汁よりサラッとしていて、匂いもくせがなく、これもすごく美味しかった。


↓꽈리고추 조림(しし唐の煮物)
b0194098_09310783.jpg

これは私が大好きなおかずで、ずっと求めていた味!

唐辛子粉抜きバージョンが、お店でもよく出るので、家で真似てみるけど、いつも何か違うと感じていた。

私はしし唐とベースの調味料を長めに炒めて作るものだと思っていたのに、完全に煮て作るものだった。

今まで何をしていたんだか...。←もちろん、これを炒めるおかずもある

これは簡単なので、習ったその日作ってみたら、求めていた味を完璧に再現でき、嬉しかった〜。(笑)

↓その他の料理
b0194098_09412792.jpg
무 시루떡(大根入りの小豆餅)、더덕 고추 초회(ツルニンジンと唐辛子の甘辛酸っぱいサラダ)&감자전(ジャガイモのチヂミ) 、소고기 오이 볶음(牛肉と胡瓜の炒め物)

これらも全部美味しくて、今回の料理教室も満足だった。

[PR]
by 2010neko | 2018-02-13 08:14 | 料理教室 | Comments(0)
今日は朝からQ2連れで、ソウルのお寺料理へ行って来た。

今日のメニューは、 콩비지찌개(おからのチゲ)。

元々優しい味で地味な料理だし、そんなに期待はしていなかった。

でも、今回は搾りかすのおからではなく、大豆を煮てからミキサーにかけたフレッシュなおからを使用するのと、Jスニムがアレンジしたシレギ(大根の葉を干したもの)&テンジャン(韓国味噌)入りのおからのチゲだったので、感動級の美味しさだった。←スニムが作ったものも個人的に味見させてもらった

↓絶品のおからチゲ(写真がいまいちなのが残念)
b0194098_20401751.jpg
手間暇かかるけど、頑張って作ってみようと思う。


教室後は、先週行ったイギリス式焼き菓子が売りの레이어드(Layered)に行った。←先週、Q2にここの写真を見せたらチョコレートケーキが食べたいというので

前回の記事はこちら

でも、一緒にお店に入るなり、入り口で「ノーキッズ!」とモード系女子店員にバツマークまでされ、まさかの入店拒否。←子供はダメなのは知らなかった

確かに、この小さな店に韓国育ちの子供が来たら、迷惑をかけるかもしれないな〜とは思った。

でも、Q2は日本式に躾けているので、お店で騒いだり、店内をうろうろしたりもしない。

もちろん、触ったらいけないというものにも触れたりしないし、パンが陳列されている前では、唾が飛ぶから話すな!と教えている。

そして、テーブルに落ちたパン屑なども、最後はきれいにして帰る。

Q2は挨拶してお店に入ったのに、姿を見た途端、いきなり断られたので、Q2自身が憤慨していた。(笑)

お店を出た瞬間、Q2は「こんな店、二度とこんわ。気分悪いわ。」と...。

私ももう二度と行かない。

で、気分を変えて、これまた前回行って美味しかった우드앤브릭(종각점)へ。

その時の記事はこちら

↓クリームチーズパン、ベーコンチーズパン、メレンゲクッキー、コーヒーを注文
b0194098_21205336.jpg
私にはちょっと生地が重い(油分が多い)パンだったけど、味は美味しかった。←私はお昼を少し食べているので味見程度

それに、Q2とこのカフェでゆっくり話もできたので良かった。←레이어드(Layered)では狭すぎて寛げない


カフェの後は、Q2の希望でカンファムンにある中古書店に行き、2時間近く過ごした。


そして、今日の夕食はこれまたQ2の希望で、明洞の丸亀製麺へ。

↓私はきつねうどん、あとはQ2の定番メニュー
b0194098_21361372.jpg


最後はロッテ百貨店で、日本のお菓子や調味料を買い込み、帰宅。

バスに乗ってる間に大雪になり、1時間もしないうちにザクザク踏めるくらいの雪が積もっていた。

今日も寒い中、よく歩いた。

[PR]
by 2010neko | 2018-02-11 21:30 | 料理教室 | Comments(0)
ここ一週間は朝に食べやすい丸パンばかり焼いていたが、少し前に作って、かなりヒットだったのが、ハムチーズスティック。

門間みかさんのサラミチーズスティックを誰かがアレンジして作っていた。

パン生地はその配合を見て作り、後は家にあったハムとスライスチーズを投入。

見た目もきれいだし、すごく美味しかった。

元のレシピ通り、サラミと良質のチーズを使ったら、もっともっと美味しいんだろうな〜と思った。←門間さんの本が欲しい

↓これがハムチーズスティック
b0194098_17502729.jpg



次は、いつもと違うレシピで作ったコッペパン。

成形が失敗だったけど、ふわふわで美味しかった。

↓コッペパン
b0194098_17501356.jpg



久々に作って美味しかった柚子クリチパンは、ナンピョンの会社に差し入れ。

↓柚子クリチパン
b0194098_17501688.jpg



↓これまた久々にミニ食パン
b0194098_17501721.jpg



次は初挑戦で、完全に失敗したチャバタ。

見た目はスリッパ風でなかなかいいかも?と思ったのに、切るとパンの中は大きな気泡がほとんどないし、人気のパン屋で食べたチャバタ(韓国ではチアバター)とは、比較にもならなかった。

↓失敗したチャバタ
b0194098_17501808.jpg



今日のおやつに作った薄力粉とBPを使った薄焼きピザ。

やっぱり、私は強力粉とイーストを使う生地の方が美味しいかな。

↓薄力粉のピザ
b0194098_17502027.jpg



最後は去年12月に、はまっていたウズベキスタンのパン。

韓国EBSのテレビ番組「아빠 찾아 삼만리(お父さんを探して3万里)」を観ていた。

これは、韓国に出稼ぎに来ている外国人労働者の家族の話で、故郷の子供と妻が韓国のお父さん(夫)に、内緒で会いに来るという番組。

いつも、これを観ると泣けてくる。

この時は、ウズベキスタン人の回で、妻が来韓する際、ウズベキスタン人の主食である日持ちするパン(ノンまたはパティールと呼ぶ)を作って持参していた。

同じく何かの番組で、ロシアを始めとする中央アジアのパンとして、このパンが紹介されていて、形とか模様の多様さが面白くて、自分でも作りたくなった。

ユーチューブで、いろんなレシピも見てみたが、見た目が可愛く美味しそうだった↓のレシピで作ってみた。


4回くらい焼いたけど、私が作るとどうもベーグルっぽくなる。

味はシンプルで、おかずやスープと食べるとピッタリなパンなので、主食というのに納得。

↓中央アジア風?に食べてみたウズベキスタンのパン
b0194098_17502546.jpg



食べ物が出てくる番組は、本当に面白い!




[PR]
by 2010neko | 2018-02-10 16:19 | パン | Comments(0)
今日は、ナンピョンにQ2を任せ、お寺料理を習いに一人でソウルへ。

今日のメニューも楽しみにしていた 표고버섯 만두(椎茸 饅頭:マンドゥ)。

韓国のマンドゥというのは、蒸し餃子や小籠包みたいなもの。

一般的なマンドゥは、豚ミンチ肉・豆腐・ニラ・白菜キムチ(または白菜)・もやし・タンミョン(韓国春雨)などが入るが、お寺料理なので、お肉の代わりに干し椎茸が入り、臭いのするニラは入らない。

今日は白菜ではなく、キャベツや人参を入れたマンドゥで、風味をアップさせるため、エゴマ油や落花生を粉々にしたものが入り、私が予想していた以上に美味しくて大満足。

↓これが 표고버섯 만두(椎茸 マンドゥ)
b0194098_21052715.jpg
椎茸も含め、中身をかなり細かいみじん切りにするので、食感がお肉入りのマンドゥに近い感じだった。

こんなご飯なら、もうこの先は菜食でもいいかな〜と思うけど、Q2がいるので、どうしても肉や魚が...。

今日の教室は50代以上の男性が5人くらいいた。

その中の一人のおじさんと同じグループになった。

教室でおじさんの写真を撮ってあげた時(頼まれた)も、すごく嬉しそうだったし、緊張しながらも終始楽しそうに料理していたので、私も見ていて楽しかった。


お寺料理教室が終わってからは、안국역(安国駅)2番出口の近所にある人気のカフェ레이어드(Layered)に行ってお茶。

ここはイギリス式のホームメイドレシピで作るスコーンやケーキが売りのカフェ。

今日もすっごく寒かったのに、お店の中はほぼ満員で、私がいる間もひっきりなしにお客さんが来ていた。

↓레이어드(Layered)にて
b0194098_21162133.jpg
特に人気があるのは、バジルスコーンみたいだけど、私は見た目も可愛いいタルギ(いちご)スコーンとコーヒーを注文。←先にテーブルを確保してから、お菓子類を選び、それを自分でお皿に入れてレジへ(飲み物はレジで注文)

ここのスコーンは大人の拳大くらいの大きさで、ケーキもかなりでかい!

価格はどれも4000~4500ウォン(400~450円)くらいで、他のケーキ屋と比べると、かなり良心的か...。←イギリスの家庭的なケーキだけど

いちごスコーンを食べた感想。

甘すぎず(ジャムのついていないところは、ほんのりな甘さ)、外はザクザク、中はしっとりな感じで、スコーンがそれ程好きでない私も美味しく食べられた。

ただ、1つが大きすぎるので、最後の方はちょっとキツかった。

アールグレイのスコーンやキャロットケーキ、ジンジャーブレッドなども美味しいらしいので、次はQ2と一緒に行ってみようと思う。


夕方、家に到着すると、ナンピョンとQ2はまだ山歩き(鉱石探しらしい)から帰っておらず、一人で黙々と夕食準備。

ここ数日、꼬막(コマッ)という貝の料理が食べたくて仕方がなかったので、今日はその料理を...。

꼬막には참꼬막(ハイガイ←干潟で人が手作業で採取)、새꼬막 (サルボウガイ←船でごっそり採取)、피꼬막(赤貝)があるが、私が好きなのは、磯の香りが強くなくて、やや硬めの食感のサルボウガイ。

値段は赤貝(ピコマッ)>ハイガイ(チャムコマッ)>サルボウガイ(セコマッ)の順に高い。

うちの地域では、サルボウガイ(セコマッ)1キロが約15000ウォン。←ハイガイ(チャムコマッ)は2倍以上高い

↓새꼬막 비빔밥(サルボウガイと姫ニラのビビンパッ)他
b0194098_22131741.jpg
シレギクッ(干し大根葉のスープ)、ハルナナムル(菜の花の葉のナムル)←Q2はビビンパッの代わりにカレイの煮付け

今日一日、美味しいものばかり食べられて良かった〜。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-04 20:30 | 料理教室 | Comments(0)
今日、節分だということをすっかり忘れていて、気付いたのは午後2時。

お昼にパンを焼いていたけど、それで気力を使い果たし、もう節分行事はいいか...と諦めることにした。

でも、夕方になり、せめて恵方巻きとして、サラダ巻きでも作ろうと思い直した。

玉子焼き、カニカマ、きゅうり、ツナマヨ、レタスのサラダ巻きに決めたのに、作り始めたらツナ缶がなかった。

結局、気力も材料も中途半端で、しゅぼいサラダ巻きの完成。

他は鮭缶のトングランテン(鮭・豆腐・野菜のチヂミみたいなもの)、ソコギクッ(牛肉と大根のスープ)、キムチというまとまりのない日韓メニューだった。

↓しゅぼい恵方巻き(サラダ巻き)
b0194098_01233327.jpg

Q2には切らずに丸ままを渡し、今年の方角の南南東を向かせて、願い事をするように説明して食べさせた。←ドラえもんで見た!と喜んでいた

途中、Q2が大小のぬいぐるみを10個くらいずらりと並べたかと思うと、各ぬいぐるみごとに恵方巻きを食べさせる真似をしていた。←ご飯中に行儀が悪いが、イベント等で、Q2がぬいぐるみにご飯を食べさせている時だけは怒らないようにしている

たまにこうやってご飯の時に、ぬいぐるみにご飯を食べさせたり、プラスチック製の小さな戦隊キャラクター人形をお風呂に入れたりしている(人形は洗面台が湯船代わりらしい)Q2。

もうすぐ2年生なのに、何か変な奴やな〜と思いつつ、真剣な様子を見ていると、可愛くて笑けてくる。

いつまで見れるかな。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-03 23:50 | 家ご飯 | Comments(0)
先月から大型マートで売り出され、気になっていた、ピンクの袋が可愛い까르보 불닭볶음면(カルボ プルダッポックンミョン)。←正式な発売日は去年の12月18日

私が韓国で一番辛いと思っている三養(サミャン)という会社のプルダッポックンミョン(直訳では火鶏炒め麺)が、10億食を突破した記念に期間限定で販売したのが、このカルボ プルダッポックンミョン。

元になるプルダッポックンミョンの過去の記事はこちら

これは、そのカルボナーラ味で、激辛の液体ソースを入れるところまでは、普通バージョンと同じ。

最後にカルボナーラ味の粉末を入れて、かき混ぜたら完成。

↓これがカルボ プルダッポックンミョン(うちの近くのマートでは4個1袋3980ウォン:約400円)
b0194098_21392871.jpg
味はカルボナーラ味というより、普通バージョンにスライスチーズを入れた時の味に近いと思う。←プルダッポックンミョンが熱々の時点でスライスチーズを入れ、溶けたら全体に混ぜる(辛さを和らげるため韓国人もよくやる食べ方)

ちなみに、チーズ プルダッポックンミョンというチーズ味もあるが、これは食べたことがないので、カルボナーラ味との違いはわからない。

辛いのは辛いけど、カルボナーラ味の粉末で、かなり辛さが軽減。

私には、カルボナーラ味はちょっと物足りない。

韓国人ブログでも、私と同じように普通バージョンの方が好みという人が多かった。←プルダッポックンミョンは、激辛を求めて食べている人がほとんどなので、当たり前か...。

今回のカルボ プルダッポックンミョンは3月まで発売予定らしいので、食べてみたい人はそれまでに〜。

ちなみに、去年発売の5万個限定販売の핵 불닭볶음면(ヘッ プルダッポックンミョン)は、普通バージョンの2倍の辛さ。←핵とは核(爆弾級)という意味で、それくらい辛いということ

普通バージョンでも、私は唇が腫れたり、耳の中まで痛くなるので(体調が良くない時に食べると、真剣に倒れそうになる・笑)、核バージョンは試したいとも思わない。

でも、悶絶したい人は是非!

核バージョンを食べた韓国人ブログを見てみると、辛くないという人もたまにいるけど、大勢の人が辛すぎて、じっとしていられないとか、汗や涙がダラダラ出てくるとか...。(笑)←牛乳片手に胃粘膜保護らしいです
[PR]
by 2010neko | 2018-02-02 21:27 | 家ご飯 | Comments(0)