人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:育児関連( 123 )

以前にも話した韓国の独特な施設である산후조리원(産後調理院)について。

漢字で調理院と書く。

調理は料理の意味もあるが、ここでは養生の意味。

名前の通り、産後の体を休めるための施設。

韓国では、出産して病院を退院後、この産後調理院に入るか、日本同様、

実家や夫の家族の援助を受けながら自宅療養をする、もしくは산후도우미

(保健所に申請すると、産後のお手伝いをしてくれる人が家に来てくれ、

家事・料理・買い物等をすべて行ってくれる。有料)に来てもらうというのがある。

これらの中で自分にあった組み合わせをする人もいる。←もちろん、家族の強制もあるが・・・

調理院の経営者曰く、夏場はホテル生活のようなに快適な産後調理院が人気らしく、

予約を早くからしなければいけないらしい。←実際に満員だった

調理院はだいたい1週間単位で申し込むが、2週間で申し込む人が一番多い。

金額は地方・施設ごとに格差があるが、私の住む地域にある調理院は2週間で

200万ウォン~230万ウォン(今の日本円で14万~16万くらい)。

私が出産前に予約していた調理院は、出産日には満員になり(←経営者が予約を

受けまくっていた)、二日後の移動は無理になったので、急遽、別の調理院を

紹介してもらった。

結果的には、ここがすごく良かった。


施設は去年に建ったばかりで、約500坪の施設内は白で統一され、掃除も行き届いていて、

(韓国では珍しく?)とっても清潔な施設だった。

新生児室の看護師さんもベテランぞろいだったし、その他の従業員もいい人ばかりだった。

調理院では、エステ他、毎日、いろんなプログラムがある。

私がいた調理院では、ティラピス教室、モ-ビル作り教室、体型管理講義、新生児の観かた

講義、母乳授乳講義・沐浴講義・離乳食講義・避妊法講義、子供の名づけ相談、

赤ちゃんマッサ-ジ教室などがあった。

ただし、各講義や教室は、一部業者が入り込んで行っているので、

セ-ルスのような感じもあった。

私もつい業者の言葉につられ、子供に必要かな~と思った商品をいくつか買い、

ナンピョンにかなり呆れられた。


では、写真を・・・。

↓まずは部屋の中(各部屋、模様やインテリアが違う)旦那さんも自由に泊まって良い
b0194098_21185011.jpg
私がいた時は最高20人の産婦さんが一緒だった。

そのうち、毎日平均、1/3ほどの旦那さんが施設内に泊まり、出勤していた。

ナンピョンもほとんど泊まってくれてはいたが・・・・我が家ではいろんな問題が山積みで

毎日が喧嘩状態だった。048.gif

↓各部屋に洗面所とシャワ-ル-ム
b0194098_21205256.jpg

↓テ-ブルセット
b0194098_21213439.jpg

↓パソコン、液晶テレビ、空気清浄機、ミニ冷蔵庫完備(もちろんエアコンも完備)
b0194098_21225410.jpg

↓個人用の電動搾乳機の本体も完備
b0194098_21245176.jpg

↓部屋に子供を連れて来てもいいように新生児用ベッドや授乳クッションなどが完備
b0194098_21274710.jpg

↓座浴室(座浴室に個人用の座浴カバ-を持って行って使用するタイプ)
b0194098_21301940.jpg

↓食堂(ここはみんなで集まって食べるタイプの施設、施設によっては部屋食)
b0194098_21314369.jpg

↓食事は5種類のおかずが出るビッフェタイプ(これは旦那さん用に朝食が支給される風景)
b0194098_21422759.jpg

↓廊下
b0194098_21543871.jpg

↓リラックスル-ム(骨盤矯正機やヨモギ蒸しの器械などもがある)
b0194098_21465984.jpg

↓ティラピスなどを行う小ル-ム
b0194098_21475563.jpg

↓専門のエステシャンがいるエステ室(顔の皮膚管理中の私)
b0194098_22123081.jpg
滞在中、エステは顔、お腹、骨盤、全身コ-スの4回が料金に含まれていたが、

オプション料金で別の管理も受けられる(私は浮腫みをとる管理を2回ほど追加)。

↓ある日の昼の間食
b0194098_21521426.jpg

↓ある日の夜食(毎日日替わりでお粥、この日はかぼちゃ粥)
b0194098_2154396.jpg
朝の間食は主に果物とヨ-グルト、昼の間食はジュ-スとパンまたは餅菓子が多かった。

↓ある日のビッフェ料理(自分用に盛った皿、これに毎回違う種類のわかめス-プとご飯)
b0194098_2225273.jpg

↓モービル作りの教室での作品(新生児が反応しやすい色と模様らしい)
b0194098_2235419.jpg

モ-ビル教室を主宰していたのは、韓国の有名な幼児教育の会社。


私のいた施設は、旦那さん以外の家族は施設の中に入れないようになっていた。

もし、他の家族や友人が来た時は、施設の外にある(廊下)ロビ-で短時間の面会のみ。

なので、煩わしい義家族との面会も最小限で済むのが、私には何よりだった。

ただし、正直、良いことばかりではなかった。

外人は私一人。

しかも、何もかもが初体験。

そんな中、韓国人(のお母さん達)と食堂や授乳室などで会話をしなければいけない。

今まで聞いたことがない(育児)単語も頻繁に出てくるし、子供の世話とお母さん達との

会話にも集中しなければいかなかったので、当初はかなりのストレスを受けた。

←養生になっていなかった

私の今の能力で各種講義は80~90%は理解できたが、それでも韓国人お母さんと

比較すると、この時点で子供にとってはマイナス。

そんなことを考えているとかなり落ち込んだ。

やはり会話能力がないと、なかなか辛いものがあると思うので、韓国で出産する場合は、

そういった点も考慮した方がいいと思う。


もし、これから韓国で出産し、調理院に入ろうと思っている人に関しては、

施設の料金やプログラムの内容以外に、部屋食なのか?面会のシステムは?など、

詳し~く聞いておいた方がいいと思う。


肝心の子供のことだが、調理院でも24時間、看護師さんが看てくれる。←各お母さんの

授乳スタイル・時間にあわせてくれる

そして、1日1回、小児科医が診察してくれるので、その点は安心。


次回は、韓国の(風習を含めた)産後の養生の仕方についてアップしようと思う。
by 2010neko | 2010-08-25 23:01 | 育児関連 | Comments(7)

韓国の産婦食

先週の金曜日、病院で2泊3日(自然分娩の入院の場合)、産後調理院で2週間過ごし、

家に帰って来た。

韓国の(産科)病院自体は日本とほとんど変わらないが、食事に特徴があるため、

今日は韓国の産婦食をアップ。

韓国では、産後に必ずミヨックk(わかめス-プ)を食べる。

それもどんぶり鉢で1日3食。

韓国で産後のわかめス-プは、血液を浄化し、産後の回復を助けるといわれている。

それ以外にも、わかめには数々の効能がある健康美容食。

しかし、いくら体に良くても1ヶ月、わかめス-プを毎食なんて・・・。

と、思っていた私も、すっかり慣れてしまった。

しかも、毎日、わかめス-プを食べだしてから、快便!^^;←会陰切開後の

排泄での苦労もなし

今は家に帰って来て、食事は自分で作っているので、わかめス-プは1日1食。

あと、産婦食の特徴といえば、赤い(辛い)料理や刺激物が出ないこと。

←これは病院食の基本だと思う

そして、回数が多いことか・・・。

病院では朝食・昼食・昼の間食・夕食・夜食の1日5食。

調理院ではさらに朝の間食まであり、1日6食。

私も食事・間食ともに、しっかり食べていたので、調理院で体重が増えてしまった。

←ちなみに妊娠中、気にしていた体重は元の体重の6.5キロで抑えられた

しかし、家に帰って来て、いつも通りに家事・育児をこなしていたら、

3日で妊娠前の体重に戻った。

体系は崩れたままだが・・・。(汗)

↓これは病院での分娩後すぐにあった最初の夕食
b0194098_16104774.jpg
夜食もあったが、さすがに疲れて食べられず。

↓2日目の朝食
b0194098_16105830.jpg

↓2日目の昼食
b0194098_1611930.jpg

↓2日目の昼の間食
b0194098_16111746.jpg

↓2日目の夕食
b0194098_16112935.jpg

↓2日目の夜食(病院・調理院ともに夜食には日替わりで粥類が出た)
b0194098_16113934.jpg

↓3日目の朝食
b0194098_16115876.jpg


この週末、我が家で姑と義兄の会話でこういうものがあった。

ついこの間、義兄の知り合いが出産したらしい。

しかし、この韓国人女性は、わかめス-プが嫌いで、全く食べなかったらしい。

すると、左の顔面に麻痺が出てきたとのこと。

治療に2ヶ月かかったらしいが、姑と義兄が真剣に「わかめス-プを食べないから

こうなった」と話しながら、私に必ずわかめス-プを摂るように言ってきたのには笑えた。

たまたま、そうなっただけだと思うんだけど・・・。
by 2010neko | 2010-08-25 16:33 | 育児関連

生まれました♪

思いがけず?8月6日(予定通り)に出産しました♪

おっさん顔の男の子です。←他人の子なら、「可愛い~~」とは絶対にいえないかと・・・

病院は2泊3日で退院し、今は韓国の独特な施設である산후조리원(産後調理院)という

ところに入所しています。

出産前からここに入所するまでの間、義家族の言動により、語るも涙・・・という状況

でしたが、私がいる調理院は夫以外は施設の玄関をくぐることさえできなくなっているので、

ようやく心穏やかに過ごせるようになりました。

ここでは、毎日いろんなプログラムがあります。←詳しくは後日

ちなみに昨日は、皮膚管理(フェイシャル、デコルテ&頭皮マッサ-ジ)を、そして今日は

腹部管理(腹部のマッサ-ジ・パックなど)をしてもらい、エステシャンのお姉さんに愚痴を

聞いてもらいながら、気持ちのいい施術を受け、すごくリラックスできました。

産後調理院は産婦の体を休めることを第一に考えているので、住み心地は

なかなか快適です。

今まで韓国のいろんな施設に対して不満ばかりでしたが、ここは看護師(ベテランぞろい)を

はじめ、調理師、洗濯・掃除係り、エステシャンと本当にいい方ばかりで、ちょっと驚きです。

というわけで、簡単な近況報告でした。

次の更新はかなり先になると思います。029.gif
by 2010neko | 2010-08-10 22:40 | 育児関連 | Comments(15)