人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:お菓子( 71 )

週末、Q2がパフェを作りたいというので、二人で材料を買いに行き、今年最初のパフェを作った。

アイスクリームは新発売のペッタバンアイスクリームを使用。

マートで試食販売をしているQ2のクラスのオンマが勧めてくれたので買ってみた。

ちなみに、このオンマからいろんなものを買わされるので(アイスは自分の意思)、ちょっと困っている。

マートで会うと、有無を言わさずいきなり口に試食を入れてきて、私が一口食べ終える前に、「はい!」といって、かごに品物を入れてくる。

この日は、ロッテのウインナー3袋のセットで、いつも8000ウォン前後の品物を入れられるので、なかなか痛い。

私も断ろうとするが、世間話をしながら品物が置かれている場所を塞いでいるし、話を別に逸らされたりして、結局、買うことに...。

とにかく押しが強くて、買わせる技術と気力が凄すぎる!

この日、やり取りを見ていたQ2も後から、「○○オンマ、凄いな〜。」と驚いていた。←Q2もいらないといった試食を口に入れられたらしい

いい人なんだけどな〜。

最近はそのマートに行くと買わされるので(週4回くらい勤務らしい)、できるだけそのマートは避けている。(笑)

↓ペッタバン アイスクリーム(1つ474mlで2800ウォン)
b0194098_21030765.jpg
話を戻し、このアイスは韓国では誰もが知る料理界のCEO、백종원(ペッ チョンウォン)のアイスクリームなので、価格が安い!←この人のお店(いろんな飲食店のチェーン店がある)はどれも価格が安い

アイスクリームの味はまあまあというか、価格相応の味だったけど(汗)、子供には関係ないかな。

↓Q2作の土曜日と日曜日のチョコレートパフェ
b0194098_21143817.jpg

b0194098_21143844.jpg
どちらもコーンフレーク、チョコシリアル、極細ポッキー、カクテルフルーツ缶、チョコレートアイスクリーム。
by 2010neko | 2019-06-17 07:00 | お菓子 | Comments(0)

不味すぎるクッキー

この前、図書館に行った時、面白そうなお菓子の本があったので借りてきた。

↓(バター 卵なしで作る)菜食ベーキングという本
b0194098_08091512.jpg

10年前に韓国人パワーブロガーが書いた本。

いくつか作りたいと思うものがあり、昨日はその中からジャガイモとブロッコリーのクッキーというのを作ってみた。

説明では甘じょっぱくて、ついつい手が行くクッキーと書いてあったので、すごく期待していた。

名前の通り、生地にマッシュしたジャガイモとブロッコリーを入れるクッキー。

型抜きがちょっと面倒だったけど、焼く前に生地を味見したら良さげな感じだった。

↓出来上がったジャガイモとブロッコリーのクッキー
b0194098_08190916.jpg

説明には生地を薄く伸ばすとあるだけで何ミリとは書いていなかったので、大体2〜3ミリに伸ばして焼いた。

そして、冷めてから食べてみた。

「まずっ!!!」

あまりの不味さに衝撃を受けた。

一口噛んだ瞬間、ブロッコリーの青臭さが全面に出てきて、どちらかというと好きな野菜のブロッコリーなのに、これは受け付けず。

そして、クッキーに硬い部分とグニョっとした部分(硬いグミみたい?)があり、何のお菓子?という食感だった。

自分のイメージではクラッカーみたいな感じだと思っていたので、パリッと出来るよう焼き時間も少し長めにしたのに何故?

混ぜすぎにも気を付けて作ったのに何故?

で、もう1回本を読み直したら、ブロッコリーは生ではなく、一回茹でたものだった。←ハングル3文字を逃していた

撃沈...。

でも、あまりの青臭さだったので、たとえ茹でたブロッコリーでもクッキーには合わないという結論に至った。

捨てるのももったいないので、クリームチーズをつけて食べている。←でも、全部は食べれないと思う

この本が悪いとは思っていないので(そう信じたい・笑)、もう1〜2つ、作りたいクッキーとケーキを作ってみたいと思う。
by 2010neko | 2019-05-18 08:04 | お菓子 | Comments(0)

いちご大福

最近、いちごがかなり安いので(500gのパックで3500ウォン前後)、よく買っている。

日本から白玉粉も買ってきていたので、昨日はいちご大福を作った。

久々にあんこも炊いたが、自家製あんこはウマウマで味見が止まらず。

↓いちご大福(一番ちゃんと包めた分・汗)
b0194098_23190008.jpg

包むのが難しい〜。

見た目はともかく、求肥はもちもちだし、いちごも甘い方だったので味はお店と遜色なし。

Q2が食べた瞬間、目を大きく見開いて親指を立てたので、私が「お店と同じやろ?」と聞くと、「美味しいけど、この前(元町の春節祭で)食べた屋台のいちご大福の方が美味しいかな。」と...。

まあ、はっきりした意見でいいけど、何だかな〜。

それよりナンピョンが「美味しいから売れる!(もろ韓国人的発言)」とかなり喜んでくれた。

でも、お菓子やパンの味覚はQ2の方が断然優れているのでQ2の意見が的を得ていると思う。

今日は残りのあんこで日本式あんぱんでも作ろうかな。
by 2010neko | 2019-04-03 06:30 | お菓子 | Comments(0)

野生家族

すごく久しぶりにバナナケーキを作った。

NHKでフードディレクターの野村友里さんの番組を見た後だったので、ちゃんと盛り付けて食べてみようと思い、家にあるトレイに一人ずつ盛り付けて、お茶タイム。

↓バナナケーキとナタ豆茶
b0194098_15455518.jpg

ナンピョンとQ2に出すと、Q2はフォークでケーキをひと刺しし、かぶりついていた。

ナンピョンに至ってはフォークも使わず、手づかみで、私が座って食べようとする頃には食べ終わっていた。

優雅にお茶なんて、我が家には似合わず。

まさに「野生家族」!

それにしても、私が盛り付けるとなぜこんなにダサいのか?

野村友里さん手作りの蕎麦ぼうろとお茶なんて、まるで芸術品のようにセッティングされていた。

まあ、我が家には関係はないものの、やっぱりセンスは欲しい。


by 2010neko | 2018-12-20 14:39 | お菓子 | Comments(0)
今日、外出先でお餅屋を見つけた。

可愛いお餅がたくさんある中、目を引いたのが가래떡(カレトッ)といううるち米で作った細長い韓国餅。

まあ、このお餅はどこのお餅屋でも売っているけど、ここのカレトッは쌀엿(サルヨッ)というお米の水飴をつけたセット売りだったので、すごく美味しそうに見えた。

我が家の3時のおやつに購入。

↓これがセット売りのカレトッ(3000ウォン)
b0194098_00412224.jpg

久々にこの食べ方で食べると、やっぱり激ウマ!

お腹が膨れなければ、いつまでも食べていたい味ともっちり加減。

お米の水飴がじんわり美味しくて、俵屋のじろあめを思い出した。←家にも料理用にお米の水飴を置いているのに、つい存在を忘れてしまう

ナンピョンは、お餅に箸を刺し、ガスコンロであぶり焼きにしてから、水飴をつけて食べていた。

Q2は、水飴の味がちょっと苦手で、練乳をつけて食べていた。

三者三様。

明日も買いに行こうと思う。

by 2010neko | 2018-12-05 23:00 | お菓子 | Comments(0)
韓国語教室の帰りに、料理教室(資格取得班)の時のお茶友達(韓国人オンマ)に偶然出会った。

彼女は今、お餅教室に通っている。

二人とも別の友達と一緒だったので、次に会う約束をして別れたが、この時、教室で作ったサルカンジョンをいくつかくれた。

サルカンジョンは、日本のおこし(大阪の岩おこしみたいなもの)と同じで、お米(一度炊いて洗ってから乾燥させたもの)を油で揚げて、それを水飴等で固めた韓菓子。

韓国でも何度か食べたことはあったが、今回彼女にもらったサルカンジョンは、今までに食べたことがないバージョンで、甘すぎず、固さも適当で絶品だった。

↓これが感動のサルカンジョン
b0194098_21371376.jpg

これは、厳密には粟で作っているので粟おこし。

穀物では、粟以外に玄米みたいなものも入っていたし、ひまわりの種やカボチャの種、クランベリー、極めつけはオレンジピールが入っていて、「サルカンジョンにこの味〜?」とびっくりした。

でも、これがよく合っていた。

ナンピョンにもあげたら、美味しいといっていた。

韓国餅(韓菓子も含め)は単発で何度か習っているものの、家ではほとんど作ったことがない。

これを食べながら、韓国餅全般をちゃんと基礎から習おう!と決心した。

冬の学期は行けないので、春からスタートかな。



by 2010neko | 2018-11-17 21:17 | お菓子 | Comments(0)
この前、Q2の体験教室で訪れたカフェで売っていた焼き菓子に目が釘付けになった私。

その焼き菓子は、프레첼머랭쿠키(プレツェルモレンクッキー:プレッツェル&メレンゲクッキーのこと)。

日本では見たことがなかったし、韓国でも今回が初めて(ウリジナルか?)。←韓国のブログを見ると、去年の秋くらいからあるようだけど、つい最近作っている人が多いような...

どうしても作りたくなり、昨日作ってみた。

といっても、プレッツェルを作るのは大変なので、これは小さめの市販のものを準備。

メレンゲクッキーの覚書

小さいサイズの卵白2個分、粉砂糖65g(白い砂糖がなかったので100%粉砂糖を使用)

130度で2時間くらい焼いた(うちのオーブンは30度低いので130度で約100度・汗)

↓プレッツェルメレンゲクッキー
b0194098_20573504.jpg

メレンゲクッキーの形で可愛さが違ってくる。

いろいろ見てみたけど、プレッツェルの上にメレンゲクッキーを乗せるバージョンとメレンゲクッキーの上にプレッツェルを乗せるバージョンがある。

でもプレッツェルが上の方が可愛いような...。

そして、メレンゲクッキーの口金は丸口金でやると可愛さ半減か?
 
私はギザギザ丸口金が一番可愛いと思う。←カフェで見たのもこのギザギザ丸口金

私はプレッツェルより大きいギザギザ丸口金を持っていないので、ダブル口金を使用(勘違いして使ったけど案外良かった)。

それに、すごく美味しい!

甘じょっぱさが何ともいえない。

家族にも韓国オンマ(味見としておすそ分け)にも大好評だった。

お勧めのお菓子です!

by 2010neko | 2018-11-16 06:30 | お菓子 | Comments(0)

長〜いペペロ

昨日はペペロデー(日本でいうポッキー&プリッツの日)だった。

ナンピョンがQ2と私に、ペペロではなく、日本のグリコと韓国のヘテ製菓の合弁会社から出ているポッキー3箱を買ってきてくれたので、それでお茶をした。

その後、Q2と長いペペロを作ろうと約束していたので、一緒に作った。←面倒くさいので、ほぼQ2にやらせた

グリッシーニを焼いて、適当に溶かしたチョコを塗っただけ。

↓完成した30~33cmのペペロ(食べごたえあり)
b0194098_11533472.jpg


Q2が作ったペペロは見た目が汚い。(笑)

でも、グリッシーニに細い部分と太い部分があり、焼きむらができるので、カリカリした食感とフランスパンみたいムギュっとした食感の2つが味わえ、なかなか良かった。←上手く作れないことが逆に美味しかったりする

Q2は自分で作ったペペロを私とナンピョンに振る舞い、満足した様子。

台所は小麦粉や溶かしたチョコレートが飛んで、掃除が大変だった。

by 2010neko | 2018-11-12 11:41 | お菓子 | Comments(0)

期限切れでどら焼き

家に保管していたかんぴいのゆであずき缶。

賞味期限を見たら、今年の10月27日で既に9日過ぎていた。

以前は、どんなものでも賞味期限が1日でも過ぎていたら破棄していたが、(保管状態により)缶物や乾物などは大丈夫なようなので、1ヶ月くらいなら観察して食べるか決めている。

とはいっても、お肉や乳製品等は今でも無理だし、賞味期限切れを使った料理は家族だけで食べることに決めている。(笑)

そして昨日、このゆであずき缶で、どら焼き用のあんこを作った。←フライパンで汁気を飛ばすだけ

どら焼きの皮は、みりん、はちみつ入り。

↓どら焼き
b0194098_17031631.jpg

形は楕円形ぽくなったものの、皮もあんこもすっごい美味しくて、「あずき缶の賞味期限が、切れてくれてありがとう!」という感じだった。←賞味期限が切れないと動けない(汗)

残り一缶なので、近日中にぜんざいを作ろうと思う。
by 2010neko | 2018-11-07 06:00 | お菓子 | Comments(0)
少し前に突然Q2が、日本のりんご飴が食べたいと言ってきた。

また作ってあげると放置していたが、露店の果物屋でミニリンゴ(アルプスの乙女みたいなもの)を見つけたので、昨日作ってみた。

レシピには、飴を赤い食紅で発色するものがほとんどだったけど、食紅を買うのも何なので、ビーツで代用。

↓初(ミニ)りんご飴&みかん飴
b0194098_19364981.jpg

やはり、ビーツでは赤い色が出せず。

でも、飴はパリパリにでき、屋台のりんご飴と同じ味で大満足。

Q2も喜んでいた。←(ミニ)りんご飴もみかん飴も両方美味しかったとのこと

簡単にできるので、お勧め!

by 2010neko | 2018-10-23 06:30 | お菓子 | Comments(0)