日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:家ご飯( 189 )

だまこ鍋

昨日のあさイチで見た秋田の郷土料理「だまこ鍋」。

だまことは、ご飯を半殺しにして(半分くらいにすり潰すことをいうらしい)丸めたもの。

きりたんぽの簡単バージョンみたいなものか...。

初めて見たけど、だまこをはじめとする具材やスープが美味しそうですぐに作りたくなった。

いろいろレシピを見てみたが、オーソドックなだまこ鍋は、セリ、ごぼう、舞茸、白ねぎ、鶏肉、しらたきが入る様子。

↓初めて作っただまこ鍋
b0194098_23370182.jpg

舞茸が手に入らないため平茸にし、しらたきは買うのを忘れたので省略。

Q2に野菜を取らせるため、人参も少し入れた。

だまこは、丸めたら焼かなくていいみたいだけど、きりたんぽみたいに焼くバージョンもあったので、私も軽くオーブンで焼いてみた。←個人的にこの方が美味しいと思う

だまこ鍋は優しい味で美味しかった。

ナンピョンはお腹がペコペコだったこともあり、だまこを含めて大絶賛。

テレビでいっていたので最後の〆はうどんで...。

これから冬の鍋料理の仲間入り。
[PR]
by 2010neko | 2018-12-07 06:30 | 家ご飯 | Comments(0)
昨日の夕食は짜장밥(チャジャンパッ:韓国ジャージャーご飯)。
 
韓国の国民食であるチャジャンミョン(韓国ジャージャー麺)のご飯バージョン。

チャジャンミョンについては↓
チャジャンパッやチャジャンミョンは、Q2の大好きなメニュー。

昨日の小学校の給食でもチャジャンパッが出た。

↓Q2の昨日の昼食(給食)
b0194098_22571880.jpg
前日からこの日の夕食はチャジャンパッと決めていたので、昼食に食べたといわれてもメニューを変えるのが面倒だった。

結局、Q2が夕食も同じでいいというので、そのままチャジャンパッを作った。(^_^;)

↓チャジャンパッ
b0194098_22493782.jpg
今回は、豚肉、キャベツ、玉ねぎ、人参、ズッキーニ入り。
 


セール中だったクァリコチュ(しし唐)。

消費に勤しみ、連日、しし唐のおかずが並んだ。

↓(韓国)しし唐料理

b0194098_23040839.jpg
セールは嬉しいけど、少量で売ってほしい。

[PR]
by 2010neko | 2018-12-06 22:45 | 家ご飯 | Comments(0)
先週末、1泊2日でナンピョンの実家に行ってきた。

昔より行く回数は減った気がするが、それでも行事等を含めると1〜2ヶ月に1回は訪れている。

片道、車で4時間の道のりは年々きつく感じて本当に苦痛。←元々、私は車の旅行より電車やバスでの旅行が好き

Q2も昔はハルモニ(おばあちゃん)の家に行けると無条件に喜んでいたが、今は行事でみんな集まる時だけ行きたがるし、私同様、車の移動が嫌いな様子。

今回は実家からの帰り道に、自分への慰労として注文津(チュムンジン)に行き、私が大好きなカフェと水産市場に寄って帰ってきた。←注文津は漁港がある港町

水産市場では、生のポゴ(フグ:内臓はすべて取り除いたもの)3匹、コダリ(半乾燥スケトウダラ)6匹、マルンセウ(干し海老)1パックを購入。

↓水産市場で買い物をした後、ウロッミヨックッ(クロソイ入りわかめスープ)の夕食
b0194098_21392326.jpg



今週は、水産市場で買ってきた魚でナンピョン用のご飯を作った。

↓ポゴマルグンタン(フグのすまし汁)
b0194098_21502040.jpg

ナンピョンが大好きなスープ。←私はいつも怖いので食べないことにしている(汗)

赤くはないが、辛い青唐辛子が入っているので若干辛い。


↓コダリ チョリム(半乾燥スケトウダラの煮物)
b0194098_22374867.jpg



海産物つながりで...。

すっごく久しぶりに買ったサム タシマ(生の昆布で、そのまま食べたり、何かを包んで食べる)をちょっと豪華にしてみた。(笑)

↓タシマ ヤチェ マリ(野菜の昆布巻き)
b0194098_22311806.jpg

チョッコチュジャン(コチュジャン酢)につけて食べる。

昆布や野菜(パプリカ、人参、キュウリ、貝割れ大根)の食感がよく、美味しくてモリモリ食べられる。


↓翌日、上記の残り野菜にカニカマと青ネギを追加し、チョッパ ヤチェ マリ(野菜の青ネギ巻き)
b0194098_22262451.jpg

生のパプリカはサラダよりこの方が食べやすいように思う。
[PR]
by 2010neko | 2018-11-24 21:02 | 家ご飯 | Comments(0)
一昨日のわかめスープラーメンに引き続き、今度も韓国人友達から強力に勧められた노브랜드(No Brand)の冷凍食品を買って食べてみた。

노브랜드(No Brand)は韓国の大手スーパーマーケットであるEマートのプライベートブランド。←日本でいうイオンの「トップバリュー」や西友の「みなさまのお墨付き」みたいなもので品質に比べて安い!

このプライベートブランド専用のマートも노브랜드(No Brand)という名前で、うちの地域では少しずつ店舗が増えている。

今回、友達に勧められたのは、옥수수찰호떡(とうもろこし餅ホットッ)と숯불양념닭꼬치(炭火ヤンニョム焼き鳥)。

↓옥수수찰호떡(とうもろこし餅ホットッ)
b0194098_01112326.jpg
ホットッは、中に黒砂糖やナッツ類が入ったお焼きみたいなもの(油で揚げ焼きにしたものが多い)で、韓国屋台の冬の風物詩の1つ。

これは、屋台で売っているものより小さい、手のひらサイズで、10個入り3780ウォン(約378円)とかなりお買い得。

生地にもち米粉やとうもろこしが入るためモチモチで、中身もそれなりに充実していた。

冷凍食品ということであまり期待していなかったが、すっごく美味しくて、ちょっと感動した。(笑)←わかめスープラーメン同様家族絶賛

油をひいたフランスパンでゆっくり弱火で焼くだけで、本格的なホットッが食べられる。

ホットッミックス(HMみたいなもの)から作るよりさらに簡単。

食べたい時に短時間で準備できるので、さっきも小腹が空いたというナンピョンに食べさせた。

そして、もう1つ。

↓숯불양념닭꼬치(炭火ヤンニョム焼き鳥)
b0194098_01091414.jpg
韓国版の炭火焼き鳥で、20本入で12980ウォン(約1300円)。

日本の鶏もも肉のたれ焼きと、ほぼ似たような味で全く辛くない。

レンジでチンでもいいし、フランスパンで焼いてもOK。

友達はお酒のあてにいいといっていたが、味が結構濃いので、ご飯と一緒に食べるとベストだと思った。

あまりご飯を作りたくない時や、外出して帰ってきた時のおかずに最適だと思う。

昨日はこれで焼き鳥丼を作った。

この焼き鳥、私にはちょっと甘いけど、ナンピョンとQ2はかなり美味しかったらしい。

この商品は人気らしく、私が買いに行った時も、韓国人アジュマの4人グループが冷凍コーナーの方に向かい、「焼き鳥、焼き鳥!」と呟いていた。(笑)

いづれにせよ、家に常備していたら助かる商品だな〜と思うので、この2つはまたリピ買いすると思う。
[PR]
by 2010neko | 2018-11-23 17:15 | 家ご飯 | Comments(2)
今年の9月6日、韓国の大手食品会社、오뚜기(オットゥギ) から発売された쇠고기 미역국 라면(スェコギ ミヨックッ ラーメン:牛肉わかめスープラーメン)。

わかめスープは韓国人がお誕生日に必ず食べる食べ物で、日常的にもよく食べるスープ。

でも、今までこれをラーメンにしようという発想はなかったようで、今回、ラーメン業界で初めてわかめスープラーメンを作ったらしい。

マートでの宣伝効果もあり、40日間で既に販売500万個を突破。

韓国人友達が美味しいから買ってみて!というので、3週間前に大手マートに買いに行ったが、品切れ状態だった。

そして、やっと昨日見つけた。

友達の話を聞いた時は、「わかめスープでラーメン?!何だか、美味しくなさそうやな〜。味は日本の塩ラーメンみたいな味かな?」と思っていた。

↓これがスェコギ ミヨックッ ラーミョン(牛肉わかめスープラーメン)
b0194098_14161260.jpg

麺、液体スープ、乾燥した具が入っている。

麺は細く、国産米粉が10%入り。

液体スープは、牛肉のヤンジ(日本でいう友バラ部分)と牛と豚のサゴル(骨)を煮込んだスープがベース(らしい)。

乾燥した具は、わかめと牛肉。

作り方は、500mlの水に乾燥した具を入れて沸騰させ、液体スープ→麺を入れ2分煮たら完成。

食べた乾燥は...。

リアルわかめスープ!

わかめスープ自体がすごく濃厚で、美味しくて驚いた。

下手なわかめスープより、遥かに美味しい!

しかも、わかめの量が半端なく、わかめスープの名にふさわしい量だった。←インスタントなのに、えっ、こんなに?!と驚いた

麺は可もなく不可もなくという感じだけど、細麺が好きな私には良かった。

私はラーメンだけでお腹いっぱいになったものの、この残りのスープにはご飯を入れたくなった。←忙しい日はナンピョンご飯に麺抜きのわかめスープとして出すかな?(笑)

辛いラーメンを食べられないQ2にも、食べたいというのであげたら、すごく美味しかったらしく、Q2もわかめスープそのままの味だといっていた。

冬休みの日本のお土産に、このラーメンも買うことにした。

4+1個入り(このいやらしい売り方は辞めろ!・笑)で各店で若干異なるが、5000ウォン前後なので、1個1000ウォン(約100円)。

他のラーメンよりは高いけど、このクオリティーならいいと思う。

このラーメン、お勧めです!
[PR]
by 2010neko | 2018-11-22 13:58 | 家ご飯 | Comments(2)
明日11月11日は、韓国ではペペロデー(日本でいうポッキー&プリッツの日)。

子供達は、ペペロデーにポッキーのようなチョコ菓子を食べれるので楽しみにしている。←この時期、マートやコンビニでもペペロデーのコーナーがある

そんなペペロデーだけど、もう1つ、농업인의 날(農業人の日)という日でもある。

<この日は、農民たちの誇りと自負心を鼓舞させ、農業の重要性を考える法定記念日。

11月11日を漢字で書くと十一月十一日になる。

十一の十と一を上下に書くと土となり、土月土日になる。

農民は土に生まれ、土を友として生き、土に帰るという意味から、土が2度重なる11月11日を農業人の日に決めたとのこと。

また、この時期は一年の農作業が終わって農民たちが楽しみながら休める時期でもある。>

以上、ネイバーの知識辞典より引用(一部わかりやすくした)。

Q2は、これらをテコンドー教室で教えてもらい、カレトッという、うるち米でできた細長くて太い韓国餅をもらって帰ってきた。

これを食べて、農業を営んでいる人に感謝しなさいということだけど、実際にこの日はカレトッの日でもあり、米離れが進む若者世代にもカレトッを食べてもらい、消費促進をしようという狙いらしい。


前置きが長くなってしまったが、テコンドー教室から農業人の日を記念してのミッションがあった。←こういうミッションがたまにあり、証拠で写真を送ることになっているので面倒くさい(テコンドーの生徒全員が見れるようになっている)

今回は「カレトッ ポッポッ(カレトッを2人で両サイドから食べてキス←最後まで食べなくてもいい)」&「カレトッ料理作り」。

お餅は昨夕受け取ったので、昨夕からどんどん他の家のミッション遂行写真が届いていた。

なので、うちも今朝作って送った。

↓カレトッ ミッション
b0194098_18324101.jpg

ナンピョンとQ2のカレトッ ポッポッ(キス) 。

うちのカレトッ料理は、日本の餅たまと箸巻きからアイデアを得て、トッケランマリバー(餅玉子焼きバー)を作った。 
 
ちなみに他の家は、マンドゥトックッ(餃子&餅入りスープ)、トッラーミョン(餅入りラーメン)、トッポッキ(いろんなバージョンの餅炒めがあった)、トッコチ(ソーセージと餅の串刺しが多かったけど、果物と餅の串刺しもあった)がほとんどだった。

だから、うちのは結構斬新だったと思う。(笑)

後から韓国サイトを検索すると、カレトッを玉子焼きで巻くのはあった。

でも、このバーの形でお好み焼き味はなかったので、私の完全オリジナルということで...。

韓国でパクられると駄目なので、韓国で商標登録しようかな。(笑)←嘘です

これは美味しいのでお勧め!


[PR]
by 2010neko | 2018-11-10 17:34 | 家ご飯 | Comments(0)
ナンピョンが家に帰ってきてから、また韓国食を作り始めている。←まだ堪が戻ってこない

先週のナンピョンウェルカムご飯は、チュクミヨンポタン(イイダコと野菜の軟泡湯というスープ=鍋料理)。

ヨンポタンは通常、ナクチヨンポタンといってナクチ(手長ダコ)で作ることが多いが、生のチュクミ(イイダコ)がセール中だったので、今回はチュクミヨンポタンに...。  

↓チュクミヨンポタン(鍋底にアサリがどっさりある)
b0194098_13515298.jpg

ちょっと煮えすぎたイイダコ(汗)。

ヨンポタンは辛くないので、Q2もスープをよく飲んでいた。

タウリン満点のスープなので、呑兵衛に最適なスープ!

手の込んだ韓国料理を作りたいとは思うけど、何もかもが面倒くさいので、なかなかできない。
[PR]
by 2010neko | 2018-11-06 13:06 | 家ご飯 | Comments(0)

芋ようかん&芋きんつば

サツマイモの美味しい季節。

昨日はOさんが教えてくれた辻調サイトのレシピで芋ようかん&芋きんつばを作った。

韓国のサツマイモは大きく分けて2種類で、パムコグマ(栗サツマイモ)とホバッコグマ(かぼちゃサツマイモ)がある。←紫芋とかもあるけど

私は甘みが強くてトロトロのホバッコグマ(かぼちゃサツマイモ)の方が好きなので、これを使った。

↓芋ようかん&芋きんつば
b0194098_08531470.jpg

まず、芋ようかん(ふかし芋に砂糖や寒天を混ぜて煮る)を作る。

そして、冷やして完成した芋ようかんに、白玉粉やそば粉を溶いた生地を付け、6面焼いたら芋きんつばの出来上がり。

芋ようかんはすっごく美味しかった。

芋きんつばは手間がかかるわりにはいまいちかな?←Q2はこっちが美味しかったらしい

やはり、きんつばは本高砂屋!

あと、かぼちゃサツマイモはかぼちゃ色で、芋ようかんぽくないので、次回は栗サツマイモで作ってみようと思う。


[PR]
by 2010neko | 2018-10-04 08:37 | 家ご飯 | Comments(0)

たません 他

先週日曜日、Q2と水原にあるロッテモールをブラブラしてきた。

Q2はモール内でやっていた有料のポシェット作り(絵を描くだけ)に参加。

その後、ロッテ百貨店のデパ地下で昼食を食べ、ロッテマートやモール内のMUJIで買い物をして帰ってきた。

↓ロッテ百貨店のデパ地下にある香港式ワンタン麺のお店「忠記麺屋」&オーガニック牛乳アイスクリームの老舗?「百味堂」にて
b0194098_17400098.jpg

よく他の人のブログで見ていた忠記麺屋。

やっと食べれると思い、期待も膨らんでいた。

Q2が새우완탕면(海老ワンタン麺)、私が수교면(水餃子麺)を注文。

海老ワンタンや水餃子は身がギッシリで食べごたえあり。

麺はコリコリした独特な歯ごたえの縮れ麺で、スープはあっさり〜。

昔、香港で食べた海老ワンタン麺の味や〜と思ったものの、感動する味ではなく、ちょっとがっかりした。←それより、日本の町の中華料理屋のワンタン麺が食べた〜いと思った


百味堂のシンプルなソフトクリーム。

Q2はすごく美味しいから、もう1個食べたいといっていた。

でも、私は体調がいまいちだったせいもあり、そこまで美味しいと思わず。←六甲山牧場のアイスクリームの方が美味しいと思う(汗)


MUJIでは、お好み焼き風たこせんべいと、しるこサンドクラッカーを買ってきた。

昨日はそのたこせんべいで、Q2のおやつとして「たません」を作った。←たませんは愛知県発祥らしいが、関西圏でも昔から食べていたので、愛知県と聞いてへ〜っと思った

私の子供の時は、駄菓子屋でたこせんべいにソースと青海苔のかかったシンプルなものが売っていた。

でも、途中から縁日の屋台等で豪華に変身し、たこ焼きを乗せた「たこせん」や、卵焼き(厳密には潰した目玉焼きを両面焼いたもの)を乗せた「たません」が登場。

だから、たこせんべいを見ると、自然にたこせんやたませんが食べたくなる。

↓たません
b0194098_22520017.jpg
楕円のたこせんべいの方が、雰囲気が出るんだけどな〜。

私はたこせんべいで卵焼きをサンドするタイプより、この平たいまま食べる方が好き。

Q2が食べている途中で、「美味しすぎる〜!」と叫んでいた。(笑)

餅たま(お餅を卵焼きで包んだもので、たません同様お好み焼きの味)より、美味しかったらしい。

今度はたこ焼きを作って(冷凍して)、たこせんでも作るかな。

あとは、最近のおやつ。

↓豆腐入りみたらし団子
b0194098_22181256.jpg
  
↓뻥스크림(ポンスクリーム)
b0194098_22282340.jpg
韓国のポン菓子(かすかに甘い)にアイスクリームを乗せたり、挟んだりしたものをポンスクリームという。←ブッフェのデザートコーナーに自分で作れるようになっていることが多い

たません同様、私は乗せるタイプが好きなので、パックに入った吸うタイプのアイスクリームを乗せて、こんな感じに...。
[PR]
by 2010neko | 2018-10-02 00:00 | 家ご飯 | Comments(0)
ここ最近、はまっているご飯がある。

そのご飯は、아보카드 명란 비빔밥(アボガド明太子ビビンバ)。

今日の一人ご飯もこれだった。

数ヶ月前にこのビビンバをテレビで見てから気になっていた。

そして、最近やっとアボガドと明太子(無着色)を同時に買えたので、作ってみたら美味しくて感動。←あくまで私見です

アボガドと明太子が合うなんて、ちょっとびっくりだった。

↓レシピも載っているお店(기다란というお店が開発?)の動画があるので紹介


このレシピでは、白米を炊く時に玉ねぎを入れて炊くが、私は白ご飯と晒したオニオンスライスの方が合いそうな気がしたのでアレンジ。

それと、最後にかけるゴマ油をエゴマ油(うちはビビンバを作る時はいつもエゴマ油をかける)に変えた。

写真の時は、貝割れ大根がなかったので省略。

↓私が作ったアボガド明太子ビビンバ
b0194098_12224158.jpg

明太子を1本分使っている。

でも、塩辛すぎないマイルドな明太子(ほぼ日本のタラコみたいかな)を使っているのと、アボガドや生玉ねぎが合わさり、ちょうどいい感じの味加減。

とにかく、癖になる美味しさなのでお勧め!

本家本元のレシピは動画を参照。←韓国語だけど動画なので、見るだけでもわかるはず



私のレシピ(一人前)

明太子1本(塩辛い場合は減量)、アボガド1/2個、卵1個、玉ねぎ1/4〜1/3個、韓国海苔適量、ゴマ少々、エゴマ油(またはゴマ油)少々、あれば貝割れ大根やスプラウト少々、白ご飯1〜1.5杯
 
白米を炊く→目玉焼きを焼く→玉ねぎを薄くスライスし水に晒す→アボガドを2〜3mmくらいに切る(太いと食べにくい)→明太子の中身だけを包丁で取り出す→ご飯が炊けたら、お皿にすべてを盛り、韓国海苔・ゴマ・エゴマ油をかけ完成

ポイントは、ぐちゃぐちゃに混ぜて食べること!(笑)





[PR]
by 2010neko | 2018-10-01 12:54 | 家ご飯 | Comments(0)