日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:お出かけ( 138 )

連休前半

今週末から、Q2の学校は4連休。

先々週は韓国のお盆休みの連休だったし、先週10/3も開天節という休日だった。

そして今度は、10月9日(火)がハングルの日で休日なので、土日と休日に挟まれる8日の月曜日が休みになり(学校ごとに微妙に違う)、親は大変。


10/3はパン屋で朝食&図書館に行った。

でも、バスに乗って図書館に行ったのに休みだった。←図書館入り口で愕然とする人多数(笑)

↓パリバケで朝食
b0194098_16525699.jpg




昨日は、多文化家族(家族に外国人がいる家庭)の子供たちが対象の遊びの会へ参加。

↓遊びの会にて
b0194098_16550512.jpg

1組を除いて、全員母親が日本人の家族だった。

3つのゲームを通して、遊びながら東アジアの国々について学んだり(国名・国旗・国花・特徴など)、カードの持ち札の単語を母親の母国語で発表したりするので、もっといろんな国の家族か集まれば、さらに有意義だったと思う。

でも、子供たちは楽しそうだったし、自尊心や唯一無二ということを少なからず感じられたと思うので、参加して良かった。



今日は、近くの総合文化センターで建築文化祭という催しがあった。

そこの無料体験広場であった、お菓子の家作り(事前申し込み)&建築物の紙模型作りに参加。

↓お菓子の家作り
b0194098_17124738.jpg

前からお菓子の家を作りたがっていたQ2は大喜び。

この週末、ナンピョンが出張先のペンションに遊びに来るよう言っていたが、Q2はお菓子の家を選んだ。(笑)

お菓子作りの間、私はQ2に促され、お茶しに行った。


↓建築物の紙模型作り(長安門とロンドンブリッジ)
b0194098_17142763.jpg

Q2はお菓子の家作りも含めて、計2時間半くらい、ずっと下を向いて集中していたので、首が痛いらしい。



明日からの2日間、Q2と二人で小旅行の予定。

宿は取ったものの、私が大きなミスをしてしまい、未だ何をするか決めていない。

[PR]
by 2010neko | 2018-10-07 16:36 | お出かけ | Comments(0)
先週の土曜日、Q2と子供ミュージカルを観てきた。

캐리TVという子供番組の放送局で、캐리와 친구들(ケリーと友達たち)という番組がある。←何だかYouTubeのような放送

対象は幼稚園児のような気がするが、いろんな遊びや流行りものについて体験形式で紹介してくれるので、いつもQ2が見ている。 

そして、Q2がそのキャラクター達のミュージカルにどうしても行きたいと言い出したので、一緒に行くことにした。←小2が行くと恥ずかしいかもよ!と言っても、全く平気とのこと

ミュージカルは午後2時から。
私達は早めに行き、会館前の公園でお弁当を食べた。


ミュージカルの題名は미운 오리 너는 특벌해(みにくあアヒルの子 君は特別だ)

私は途中で意識が何度も消失したので、正直、全部の内容を把握していない。(笑)

でも、みにくいアヒルの子と君は特別だという題名からわかるように、勇気と自尊心を育てるような内容。

あと、起きている時に見た限りでは、事前にもらったワークブックを劇中で使いながら、クイズをしたり(シールを貼る)、応援をしたり(メガホンを作る)参加型?のミュージカルで、よく工夫されているな〜と思った。

やはり来ていた子供達はほとんど幼稚園児だったが、Q2は最後にコマ ケリーと写真も撮れ、満足した様子。

↓ケリーミュージカルにて
b0194098_22530024.jpg

今度はラブコンサートがあるらしい。

もう行かないけど、手を替え品を替え、よく儲けることを考えるな〜と感心。

[PR]
by 2010neko | 2018-10-02 22:59 | お出かけ | Comments(0)

小さな幸せ

ナンピョンが先週末に帰って来た。

でも、週末は小雨&曇り空。

短い秋の間に、家族3人でピクニックに行きたかったのに、それが叶わなかった。

今回を逃すと、3人ではもう行けそうにない。(T_T)


土曜日の午後は、私がある試験を受けていたので、ナンピョンとQ2が試験会場まで送り迎えしてくれた。

試験終了後は、私が疲れていたので、夕食を食べに行くことにした。

ナンピョンも私も肉や魚をガッツリ食べたい気分ではなく、何を食べるか悩んでいたところ、小雨が降っていたので、ジョン(チヂミ)とマッコリが浮かんできた。

韓国では雨が降ると、ジョン(チヂミ)とマッコリを思い浮かべる人が結構いる。

諸説はいろいろあるけど、雨の音がチヂミを焼く音に似ているからという説を聞くことが多いように思う。

あとは、手軽に家にあるもので作れるからかな?

で、私達は結婚して初めてジョン(チヂミ)専門店を訪れた。←ナンピョンは当然行ったことがある

雨の日に、みんな本当にチヂミなんか食べるのかな?と思って、お店に入ったら、結構、お客さんがいたので、ビックリした。←しかも、いろんなお酒があるのに、マッコリ率高し!

↓注文した모듬전(チヂミ盛り合わせ)&날치알주먹밥(トビコのおにぎり:自分で握るタイプ)&マッコリ
b0194098_14455677.jpg

いつもナンピョン実家で、お盆やお正月に大量に作るチヂミ類を思い浮かべると、あまり食欲がわかないのに、こうやって食べると、格別に美味しく感じた。←生マッコリもチヂミによく合う!

それに、みんなで久々に和気あいあいと話しながら食べたので、楽しかった。

これなら、また来たいかも...。


翌日も同じような天気だったので、午後からドライブがてら、行きたいと思っていたパン屋さんへ。

「하얀풍차(白い風車)」というチェーン店のパン屋。

料理教室仲間から、ここのパンは美味しいと聞いていたものの、いつもの上から目線で訪問。(笑)

↓ホワイトロール、ピーカンモンスター、チーズロール?とアイスコーヒーをチョイス(Q2はチョコ牛乳)
b0194098_14584786.jpg

正直、ホワイトロールやチーズロール?はまあ美味しいかな〜という程度だったけど、ナンピョンが選んだピーカンモンスター(パイ生地にシナモン)がすっごく美味しくて、プチ感動。←パイ系がそれほど好きでないのに...

値段は全体的に高い。

でも、今回、お店イチオシのチーズバケットを買えなかったので(売り切れ)、また再訪して味を確かめたいと思う。

その後、近くのSTRが発着するD駅を探検。

みんなで、いつ行けるかわからない旅行に思いを馳せながら、列車の時間や値段を調べたりした。(笑)


そして、帰ってから一大イベント。

今回、ナンピョンが出張から帰って来る時、「牛タンが手に入るけどいる?」と聞いてきた。

韓国では特殊な部位を取り扱っている一部の焼き肉屋等でないと、牛タンは食べられない。

ナンピョンも韓国では食べたことがなくて、日本の焼き肉屋で初めて食べてから牛タンファンになった。

それで、私も普通に「いる!いる!」と答えたら、舌丸ごと持って帰って来たので、ひっくり返りそうになった。

誰がさばくねん?!

私の感覚ではスライスした牛タンしか頭になかった。

だから、ものすごい塊(気管や舌周囲の脂肪や筋肉がばーんとついた)と、でろんと伸びた舌を見た時は泣きそうになった。←ナンピョンが食堂のおばさんと知り合いになって、入手先を紹介してもらったらしい

でも、綺麗に研いだばかりの出刃包丁もあったので、ユーチューブで勉強してから、生まれて初めて牛タンをさばいてみた!

まな板くらいあるグロい牛タンと格闘。

舌の皮を剥いだり、切ったりしながら、自分が痛い!痛い!という何ともいえない感覚に...。

血も出るので、後片付けや消毒を合わせると2時間近くかかった。

お店みたいにきれいにはさばけなかったけど、ちゃんと部位別に分けられた。

さばいたところを思い出すと、食べる気にならなかったものの、3人で牛タン焼き肉の夕食。

↓牛タンパーティー(一応怖いので念入りに焼いてみた)
b0194098_15302712.jpg

グロすぎるので、牛タン丸ごとの写真は撮らなかった。

レモン汁&ヒマラヤのピンク塩、そして、ネギ塩で食べてみた。

う〜ん、美味しい〜!!!

やはり上タン部分をネギ塩と一緒に食べるのが一番美味しかった!

普通、硬いからタンシチューとかにする部分も焼き肉にしてみたら、噛みごたえがある普通の焼き肉っぽくて、これまた美味しかった。

ナンピョンも大満足!

でも、怖すぎるので、もう二度とさばきたくない。(汗)


こんな感じで2日間が過ぎた。

昨日の夜、Q2に「どこも行けんかったから面白くなかったやろ?」と聞くと、「家族で一緒にいたから楽しかった。」と...。

ここ最近、反抗期かと思うくらい言動が荒れているQ2だったけど、週末は不思議な程、穏やかで声のトーンまで違っていた。

ほのぼのとした時間の中で、小さな幸せを感じた週末だった。






[PR]
by 2010neko | 2018-09-17 15:40 | お出かけ | Comments(0)

夏休み、いろいろ

韓国のほとんどの小学校は、既に先週から2学期に入っている。

今更だけど、韓国で過ごした夏休み(直前も含め)の記録をアップ。

↓ソウルにある국립 어린이 과학관(国立子供科学館)
b0194098_17423929.jpg

春にリニューアルした体験型科学館(規模はそれ程大きくない)。←予約制


↓地元にある複合文化センターにて無料の仮面作り&演劇体験&小さな美術館鑑賞
b0194098_16083000.jpg



↓映画「ドラえもん のび太の宝島」鑑賞&ランチでピザ
b0194098_16114529.jpg

日本では3月に放映された映画


↓ソウルにある경찰 박물관(警察博物館)
b0194098_16162884.jpg

小さい博物館だけど、コスプレや交通整理ゲーム、モンタージュ写真作成などができる。

すぐそばに서울 역시 박물관(ソウル歴史博物館)があるので、それとセットで行くといいと思う。


↓明洞にあるカカオフレンズショップやソルビンにて(別々の日)
b0194098_16325801.jpg

カカオフレンズに日本人観光客が結構いて驚いた。

人気なのか?

アイスクリームが可愛かった。

ソルビンで初めて抹茶のピンス(かき氷)を食べたけど、チョコやインジョルミ(きな粉餅)のピンスより断然美味しかった。←これはお勧め!

明洞の、とあるチュクソットッポッキ(即席トッポッキ)のお店で、チャジャントッポッキ(チャジャン味のトッポッキ)チーズ入りを食べた。

店員さんは親切だったけど、肝心の味があまり美味しくなくて残念だった。


↓4年ぶりに会ったMちゃん母子と家でパンとクリームメロンソーダ作り&キッズカフェにて
b0194098_16501912.jpg

本当は水遊び場に行く予定が雨で中止になり、急遽、我が家で遊ぶことになった。

Mちゃん母子に久々に会えて、すごく嬉しかった。

4年の間にMちゃんが人間的に大成長しているのを見て、人間ここまで変われるのかと驚いた。

とにかく前向きに物事を考えられる彼女。

話していると学びがたくさんあり、自分もそういう思考に変えていこうと思わせてくれる。



[PR]
by 2010neko | 2018-08-31 05:30 | お出かけ | Comments(0)

키즈런(キッズラン)

先々週の日曜日、Q2が키즈런(キッズラン)という遊びプログラムに参加。

これは잘큼という会社が、一部の地域12箇所(野外の大きな公園)で展開している遊び教室のようなもの。←各種サイトから申し込みできる

いろんな地域から来た小学生達が6~10人で1グループになり、先生(ボス)の出すミッションをこなしながら、チームで戦う。

時間は3時間で参加費は29000ウォン(約2900円)。

各グループに引率の(大学生みたいな)先生が付き添ってくれる。

最初は高いな〜と思っていたけど、思いっきり体を動かして遊べるし、夏の期間はスプラッシュという水遊び主体の構成になっていて、参加直後に申し込んで良かったと思い直した。←ボスが子供のテンションをあげていく様子は素晴らしい!

Q2も楽しかったようで、すぐに次回(秋)も参加したいといっていた。


今回はうちからバスで1時間の場所にあるカンギョホスコンウォン(光教湖水公園)へ。

日陰のない炎天下で30分ももたないのでは?と心配していたら、グループ割り後、日陰もある水遊び場に移動。←以後、ずぶ濡れのまま遊ぶ(笑)

親は付き添わないので、水遊びをしているのを確認して、私も公園から離れた。

ただ、この大きな公園沿いにはゆっくり休めるカフェがなく、往復約50分歩いて公園外のカフェに行ってきた。←夏でなければ散歩できるのにな〜


↓遊んでいる様子(写真も撮ってくれる)
b0194098_20141010.jpg

今回は40人くらいの子供達が参加。

特に一人っ子にはお勧めのプログラム!←仲間同士で来ると、その仲間は同じグループになる様子


↓午後からの開催だったので早めに行って二人でお昼ご飯(タコライス風おにぎらず)&一人カフェ
b0194098_20141158.jpg

[PR]
by 2010neko | 2018-07-17 20:13 | お出かけ | Comments(0)
2週間前の日曜日、お寺料理を習いにソウルへ。

お寺料理が終わった後は、Q2の希望で明洞の丸亀製麺で昼食。←何度行っても飽きないらしく、いつも同じものを一通り注文している(笑)

その後、近くにある우표박물관(切手博物館)へ。

小さな博物館だけど無料だし、切手の歴史や珍しい記念切手、世界の切手、郵便に関するゲームなどもあり、1時間くらいは楽しめた。

これまた近くに貨幣博物館があるが、日曜日は休館日だったため、次の機会に...。

そして、ロッテ百貨店のデパ地下→ソルビンでチョコブラウニーピンス(チョコブラウニーかき氷)を食べて帰宅。

↓切手博物館 他
b0194098_16320006.jpg



6月は細々した行事が多かった。

↓各行事関連
b0194098_17462409.jpg
まずは현충일(顕忠日)といって韓国の戦没者追悼記念日。

小学校でこの日は自宅で太極旗(半旗)を掲げるように教えられているため、朝からQ2に急かされ、太極旗を前に一緒に1分間の黙祷を命じられた。

その後、ピカチュウの映画を観に行ったが、日本で10年前に放映された映画だった。←まあ、Q2が生まれる前のものだから観たことはないけど...

で、麺類を食べて帰宅。


次は地方選挙。

私は永住権があるので地方選挙は投票できる。

でも、私が住む市の市長なんて前科がある人ばかり。←ある候補のポスターには、「前科NO!」と書かれていて笑った

民主化運動時に投獄されたのならともかく、飲酒運転、暴力、賄賂、職権乱用など、道徳心がない人達が平気で立候補しているので、選挙自体に関心が持てなかった。

それでも、Q2の教育のため一緒に投票場に行き、務めを果たしてきた。←ナンピョンは不在のため事前投票

その後、オンライン日本語授業を受ける子供達とカフェで顔合わせ(親同士の打ち合わせ)。←これは後日



私の試験でソウルへ。←これも詳細は後日

付き添いでついて来たQ2と、帰りにカフェ&丸亀製麺。(笑)


Q2の放課後授業(低額の費用を払って習うクラブ活動のようなもので、放課後に小学校である)の授業参観。

Q2は珠算(週2)と歴史論述(週1)を習っていて、今回は歴史論述の授業参観に参加。

韓国の歴史を習いながら、工作みたいなこともするので、Q2も楽しんで通っている。

親が見ても楽しかったし、いい先生だった。

どちらもQ2が1年生の時から通っているけど、来学期からQ2の意向で珠算は辞める予定。←私もあまり為になっていない気がしたし、習い事が多すぎる


最後はQ2が3月から通い始めた英語学院の英語発表会。

会話重視の学院を選んで、内容そのものは気に入っているものの、大々的な発表会(学院外の会場を貸し切り、6箇所のセンターの生徒約130人が3会場に分かれて発表)に幻滅した。

コンサート会場か?というくらい雄叫びをあげて応援している先生や父兄。←私はエネルギーを吸い取られげんなり

Q2は初めてだったけど、さほど緊張せず、無事に短い発表を終えた。

それにしても、こんな発表会は必要ないと思うんだけどな〜。←ナンピョンは肯定的な意見

発表の後は、同レベルのグループ内で一等賞が選出される。

でも、どの生徒も表彰されるようにと、学院から各父兄に我が子へ表彰状を書くよう指示され、それをまた、みんなの前で賞の内容を読みあげながら授与。

私は韓国語の表彰状なんて書けないので(書くのは書いても発音が悪いので)、発表まですべて日本語で通した。←別に母親が日本人だし、それが何か?という感じ(笑)

Q2も最初はビックリしていたけど、私の好きなようにどうぞという感じだった。←Q2から次回は韓国語でなくていいから英語で!というリクエストが...笑

終わった後は、Q2とチキン屋でお疲れ会をした。

なんか、子供絡みのことが多い1ヶ月だったな〜。

[PR]
by 2010neko | 2018-06-24 16:14 | お出かけ | Comments(0)
5/13(日)、この日はお寺(サチャル)料理を無料で、しかも習いたかった연잎밥 도시락(蓮の葉ご飯弁当)を教えてもらえるということでソウルへ。

Q2も同伴。

今回は曹渓寺前の会館で行われたが、行ってみるとちょうど연등회(燃灯会)というお釈迦様をお迎えする会で、大規模なお祭りをやっていた。←曹渓寺前の道路も通行止で歩行者天国になっていた


まずは、お寺料理教室から...。

↓蓮の葉ご飯のお弁当
b0194098_02190322.jpg
でかそうに見えるけど、手のひらサイズの小さなお弁当。

おかずは、애호박 잡채(ズッキーニのチャプチェ) 、김 장아찌(海苔の醤油漬け) 、우엉 무침(ゴボウの和え物)

蓮の葉ご飯の蒸し時間が短く、少し硬めのおこわだったものの、扶余旅行で食べた蓮の葉ご飯より好みだった。

おかずも海苔の醤油漬け等、面白かった。

私が料理を習っている間、Q2は会館1階であった紙の蓮華作り(LED入りでランプになる)に参加。

まだお客さんがいない時間帯だったので、Q2一人で可愛いボランティアのお姉さん達を独り占めし、教えてもらったり、おやつを貰ったりしていた。

若いヨスニム(尼僧)との会話も楽しかったらしい。←何を話していたんだか...(笑)

大人しく待っていたからと、お寺のキャラクターグッズ(ぬいぐるみ)までもらい、ご機嫌なQ2。

そして、私の料理教室後の時間帯にちょうど茶菓作り体験があったので、それにも参加。

↓蓮華作りと茶菓作り体験(いづれも無料)
b0194098_02403892.jpg


↓お寺なのか、今回の燃灯会かはわからないが、そのキャラクターが4種類あり(センセンとかヨヨとか名前がある)、この日、お祭りを練り歩いているキャラクターと一緒に写真を撮ってインスタやフェイスブックにアップすると、希望のぬいぐるみをもらえた
b0194098_02485410.jpg

ここを出てから、いつもお寺料理を習っている体験館に行き、チャンアチ入りのおにぎりをもらい、食べながらテンプルステイ(宿坊体験)のビデオなどを見た。←Q2と今年の秋あたりにテンプルステイに行く予定

その後、お祭りへ。

ここでも、仏教関係のいろんな無料体験や催しがあり、Q2がすごく喜んでいた。

私も東〜東南アジア諸国の仏教ブースや、お寺料理の屋台等を見れて楽しめた。

↓燃灯会のお祭りにて
b0194098_02585786.jpg
小坊主さんのタトゥーが可愛い♡

お祭りの間に、すぐそばのインサドンに行き、興味のあったうんこカフェへ。(笑)

↓サムジギルの4階にある또옹카페(トオンカペ:うんこカフェ)にて
b0194098_03120289.jpg
ここはうんこだらけなので、幼児なら確実に喜ぶカフェ!

Q2は和式便器型の器に盛られたワッフルとチョコアイスのセットを食べたけど、気分が微妙だったらしい。

うんこの形のスコーンや、便器型皿に盛られたカレーなどもある。(笑)

サムジギル1階にはうんこノリト(有料の遊び場)があるが、面白くないという口コミが多かったのでパス。

お茶後、またお祭りに行き、しばらくしてから夕食を食べに明洞のタッカンマリ屋へ。

↓清渓川&박대감 닭한마리(パッデカム タッカンマリ)にて
b0194098_03280402.jpg


思いがけず楽しい一日になった。
[PR]
by 2010neko | 2018-05-22 06:56 | お出かけ | Comments(0)

美食な午後

この前、Oさんが韓国人友達Yさんと食べに行ったお店が美味しかったらしく、私が好きそうなお店ということで教えてくれた。

行きたいけど場所が忠清南道の天安市である上に、畑の中に建っている民家のため、車がないと行けない場所だった。

すると、今週火曜日に二人がわざわざ車で連れて行ってくれた。

なんと親切な...。

そのお店はフュージョン韓食ブッフェ(バイキング)のお店だけど、家族経営で、50代くらいの奥さんがほとんど一人でおかずを作っていた。

台所の横の空間に、韓国の家庭で普通に食べるようなおかずがずらりと並んでいて、まさしく家ご飯。

それを食べに来るのは、ほとんどが主婦。←みんな誰かにご飯を作ってもらいたいんだな〜と感じた

お店はお昼の12時から15時まで営業しているものの、開店と同時にいっぱいになるようで、おかずが2種類くらいなくなった時点で営業終了になるらしい。←おかずは20種類以上あるのに...良心的

↓チャンチ(宴)というフュージョン韓食ブッフェにて
b0194098_09220673.jpg
一人10000ウォン(約1000円)で食べ放題。

おかずはナムルや野菜がほとんどで、3種類くらい肉や魚のおかずがある。

薄味の優しい味で、もろ私好みだった。

一番気に入ったのは、コムチゥィ(オタカラコウ)のチャンアチ(醤油漬け)。

甘さと塩加減が絶妙。←授業料を払ってでも教えてもらいたいくらい

ナムル類も全部美味しかったし、韓国家庭料理に刺激され、またいろいろ家で作ってみようと思えた。

食後のシッケやスジョンガまで手作りで、最後まで大満足だった。

家の近くに、このお店があればな〜。


ランチ後はドライブがてら近くの大学の売店でお買い物。←大学内で栽培された苺を購入(でかくて味が濃い)

次はお茶タイム。

↓トドロンという小さなカフェにて
b0194098_09220796.jpg
マカロンがそれ程好きでないOさんが、ここのマカロンは美味しいといっていたので、私も食べてみたかった。

よもぎ餅きな粉マカロンと、韓国の代表的なアイスキャンディーのテジバーを真似た、テジバーというマカロン、人参ケーキ、アイスコーヒーを注文。

よもぎ餅きな粉マカロンは甘すぎず、あんこ他、中身も独特で驚くほど美味しかった。←今も頭から離れず

歴代1・2位を争うマカロンだった!

テジバーマカロンもアイスキャンディーと同じ味で、そのアイデアに感心した。

ここは平澤市の住宅街にあり、何とか再訪できそうなので、近いうちにまた行きたいと思う。


最後は、これまた食べに行きたかった平澤市にあるキンパッのお店に寄り、夕食として買って帰った。

↓テジュンキンパッにて
b0194098_09220797.jpg
ここは珍しい2種類のキンパッを売っている。

1つはシレギ(干した大根葉が入った)キンパッ、もう1つはコンドゥレ(高麗あざみ入り)キンパッ。

茹でて炒めたシレギやコンドゥレが入っているのも珍しいし、コンコギといって豆とじゃがいもなどを潰して作ったオリジナル豆肉が入っているので、栄養満点。

手間暇かかったキンパッなのに、それぞれ2000ウォン(200円)と2500ウォン(250円)という安さ。←嬉しいけど、労力を考えたらもう少し値上げした方がいいような...

「センファレ タリン(生活の達人)」という番組で2017年の大賞に選ばれた。

味は本当に地味な美味しさ。←わあ〜美味しい!というのではなく、おばあちゃんがあり合わせで作った手作りキンパッみたいな感じ?

でも、お店が家の近くにあれば、普通のキムパッより断然こっちのキムパッを選ぶと思う。 

初めて会った韓国人Yさんも豪快でいい人だったし、みんなで美食な午後を過ごせて楽しかった。


[PR]
by 2010neko | 2018-04-06 22:19 | お出かけ | Comments(2)

最新のアパート

昨日は友達と外でランチ後、その友達の家に行って来た。

2月末から入居可能になった最新のアパートで、友達は1週間前に入居した。

きれいなだけでなく、いろんなものがあったので、びっくりだった。

築13年くらい経ったうちのアパートの敷地内には、ノリト(遊具がある公園)&野外運動器具、敬老会館、オリニチプ(保育所)、ミニマート、クリーニング屋という、このくらいの頃に作られたアパートと同じく最低限の施設が入っている。←噴水もあるのに水がでているのを見たことがない(笑)

で、ここ10年以内に建ったアパートには、上記に加え、アパート自体が管理するジム、図書館が基本になった。

↓そして、今回はさらに新しいものを発見
b0194098_11033336.jpg

子供達専用のバス停(幼稚園や各習い事の送迎車が停車する場所)。

ミニサッカー場。←バスケットやテニスのコートは結構見たことがある

抽選制で個人の花壇。←何箇所かにあるらしい

アパートが山の横という立地なので可能な、キャンプ場。(笑)←5個だけということだったけど、各敷地にテントを張れるようになっているし、1箇所につき水道2個が完備

各ごみ捨て場には、シンク台のある水道もあった。

アパート管理のカフェや、フリールーム(宿泊可)があるのも最近の傾向。

あと、ここ10年のアパート内には台所(たまにお風呂も)にミニテレビが付いていたけど、それがさらに進化していた。

それと、換気システムも壁に埋め込まれたモニターでリモコン操作だったし、極めつけは家の外のエレベーターを、これまた家の中のリモコンで操作するなど、便利すぎる仕組みだった。

お金持ちが住むアパートというわけではないのに、ここまで施設や設備が整っているのは羨ましい限り。←まあ、うちは住めないから、やっぱりお金持ちの家になるのかな(笑)

いろいろ、面白かった。

[PR]
by 2010neko | 2018-03-14 11:55 | お出かけ | Comments(0)

2018年 ソルラル

先週あったソルラル(韓国のお正月)の連休。

今回も2泊3日でナンピョンの実家へ。←2泊3日が定着

出発当日の午前3時すぎまで会社の宴会だったナンピョンのおかげで(笑)、午後4時前にゆっくり自宅を出発。

↓夕食は帰省途中にあるチンブという町(村)で山菜定食を食べた
b0194098_21514846.jpg
超素朴な味付け(味をほとんどつけていないものもある)で、お寺料理よりさらに自然を感じた。←ここまでいくとちょっと物足りないかも...

でも、全部食べても、お腹にもたれず、体にいいのは確か。

実家に到着したのは午後8時すぎ。

なので、この日は何のお手伝いもせずに済んでラッキーだった。


ソルラル当日は、いつものように長兄嫁から料理作りでいじめられたけど、まあいつものことなので、普通にスルーした。

良くも悪くも、長兄嫁の相手をするのは3番目の私だけなので(2番目と4番目はほとんど1番目と話もしない)、いじめにも合うけど、私にはよくしてくれる方だと思う。

この日も、私が夕食にラーメンが食べたいというと、長兄嫁は卵まで入れて、ラーメンを作ってくれた。(笑)←2番目、4番目は嫁に行った長兄の娘家族2組に会いたくないので、昼食後すぐに帰っていった


最終日は、我が家プラス長兄の孫(Q2より1歳上)だけ連れてお墓参りをし、遅めの昼食後、実家を出発。

その後、実家から30分くらいのところにあるジョンソンのコドゥルムチュクチェ(つらら祭り)に行った。

ここで先に出かけていた長兄家族達8人と合流し、雪ソリ、つらら見学、氷上ソリ、スケートを楽しみ夕方5時の閉会と同時にここを出発。←ナンピョンも長兄家族と関わりたくないから、このお祭りに行きたくないといっていたが、Q2のためだと私が説得(昔と立場が逆になってしまった)

↓つらら祭りにて
b0194098_00504315.jpg
Q2だけ子供達と一緒に遊べて楽しそうだった。

帰り道にある、オリンピックが開かれている平昌で夕食を食べようと、平昌市外バスターミナル前の市場に行った。

でも、ここはオリンピックから取り残され?、町自体が閑散としていた。←オリンピック期間中なのにサムギョプサル屋くらいしか開いていなかった

チンブの町でも外国人カップルを1組見たくらいで、ここも人がおらず。

今回は行きの道路も帰りの道路も、いつものソルラル時より車が少なく、本当にオリンピックが開催されている?と不思議な感じだった。

平昌でも、試合が行われているスキー場付近や、スケートリンクがあるカンヌンにしか人がいないのかな〜。

今日のニュースでは、カンヌンの海辺のお店はお刺身などのお店ばかりなので、魚を生で食べない外国人には人気がないらしく、車の通行制限の影響もあり韓国人自体も少なく、通常期より儲かっていない様子。

逆に市内のサムギョプサル屋やチキン屋は外国人で大盛況とのこと。

ともあれ、今回のオリンピックは盛り上がりを感じないし、利益があったのも、ほんの一握りの人だけなんだと思う。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-22 07:44 | お出かけ | Comments(0)