日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:料理教室( 115 )

すっごく久しぶりに韓国餅を習ってきた。

といっても、伝統的なお餅ではなく、フィージョン餅。

韓国の市販(ロッテ)のアイスキャンディーで、テジバー(豚バー)とスバッバー(すいかバー)というアイスがある。

テジバーはバニラアイスにいちごジャムが入っていて、それをチョコとチョコクランチでコーティングしている。←カロリーが高いから豚バーか?

Q2もナンピョンも大好きなアイスキャンディー。

そして、もう1つはすいかを模ったアイスキャンディー。

今回はこれらをお餅で再現したもの!←S先生のブログで一目惚れして申し込んだ

↓これがテジバー(豚バー)とスバッバー(すいかバー)

b0194098_17043304.jpg

テジバーは昔の柄で、今はもっと可愛いイラスト。


初めてお会いする可愛らしい先生に1:1でみっちり教えてもらった。

↓出来上がったテジバーとスバッバー
b0194098_17090990.jpg

どちらもうるち米にもち米を混ぜたお餅で、食感がすごくいい。

テジバーは甘くなりすぎるので、今回はジャム抜きで作った。

それでも甘いけど、ブラックコーヒーによく合う美味しさ!

これは思ったより簡単だった。


スバッバーは結構、手間がかかった。

赤い部分はイチゴ味、緑の部分はメロン味、種はチョコクランチ。

これも間違いない美味さ!

どちらも餅好きの子供達なら、かなり喜ぶお餅だと思う。

今日はたくさん作ってきたので、アパートの仲のいいオンマにあげたり、テコンドー教室に差し入れをしてきた。

この美味しさなら、他のお餅もならってみたい...。


[PR]
by 2010neko | 2018-10-16 16:32 | 料理教室 | Comments(0)
去年から3〜4年ぶりに復活して通っていた個人宅の韓国招待料理教室。
 
段々とメニューに飽きてきたことや(新しい生徒向けに、昔習ったメニューも出てくるので)、自分が習いたい料理ではないな〜と思うことが多くなり、悩んだ結果、7月でこの教室を辞めた。

これからは単発の特別レッスンで気に入るものがある時だけ通うことにした。

料理写真の整理で、今年の4月〜7月まで習った料理をアップ(写真以外に2回休み、レシピだけもらった回がある)
b0194098_23295042.jpg


b0194098_23301614.jpg


b0194098_23303831.jpg


b0194098_23305413.jpg


b0194098_23310943.jpg


b0194098_23312892.jpg

思い出に残っているのは、3番目の写真の中にある海鮮焼きサラダと、最後の写真のポテトサラダ。

特にこのポテサラは濃厚で、バケットパンに乗せて食べると最高だった。

すっごく美味しいものに巡り合うのは、なかなか難しいと思う。

それと、最近は日本食ばかりだし、マンネリ化したおかずばかり作っているので、もう少し何とかしなければ...。
[PR]
by 2010neko | 2018-10-01 23:29 | 料理教室 | Comments(0)
先週の日曜日、久しぶりのお寺料理教室へ。

習いたかった채개장(チェゲジャン)!

牛肉とゼンマイ、里芋の茎(ずいき)、もやしなどの野菜を一緒に煮た辛いスープをユッケジャン、牛肉ではなく、鶏肉と煮たスープをタッケジャンというが、お寺料理なので、肉なしで野菜だけのユッケジャン風スープがチェゲジャン。

以前、チェゲジャンを習ったというお寺教室仲間から美味しいと聞いていたので、興味深々だった。

↓これがチェゲジャン

b0194098_21173906.jpg

お肉の旨味の代わりに、基本の野菜出汁プラス、ゼンマイや里芋の茎をエゴマ油でしっかり炒めて、じっくり煮た野菜エキスが出ていて、肉なしでも充分に満足できる味だった。←お寺料理とはいえ、今回は結構辛かった





[PR]
by 2010neko | 2018-08-22 21:17 | 料理教室 | Comments(0)
今回も日本でいつものAパン教室へ行ってきた。

毎月、ネットでその月のメニューを見ては、「こんなのを習えていいな、いいな〜」と思っているので、参加できる時はすごく嬉しい。

今回はロングウインナーパンとキャラメルブレッド。

どちらもめちゃくちゃ美味しかった。

毎回、こんなに美味しいパンを作れる(考えられる)先生は凄い!と思う。

↓Aパン教室にて
b0194098_16553237.jpg

出来たてパンのランチは最高!

また、次回までのお楽しみ。 


もう1つは、日本に帰省する少し前に、ソウルの日本人T先生の米粉教室へ行ってきた。

3年くらい前にT先生のレッスンのランチで食べた米粉のシフォン・サレが忘れられず、ずっと習いたかったが、今回ようやく習えた。

ふわっふわに焼けた、塩味のするお食事シフォンに再度感動。←いくらでも食べられる感じ

それ以外にブルーベリーのリンツァー・トルテも習った。

↓T先生の教室にて
b0194098_17114080.jpg
試食時のトマトのクリームチーズムースもすごく美味しかった。

日本人びいきかもしれないけど、やはりパンやお菓子は日本人の先生に習う方が美味しいと思う。

[PR]
by 2010neko | 2018-08-17 16:38 | 料理教室 | Comments(0)
2週間前のお寺料理教室は、냉잡채(冷チャプチェ)だった。

前回の教室から1ヶ月半ぶりくらいだったし、チャプチェの冷たいバージョンなんて見たことがなかったので、すごく楽しみだった。

それにHスニムにも会え、癒やしになった。

↓これが冷チャプチェ
b0194098_19333634.jpg

普通のチャプチェも好きだけど、この冷チャプチェはさらに美味しい!!

それに野菜をモリモリ食べられて、いつも以上に健康的に感じた。

今月のお寺料理教室は3回申し込んでいたけど、Q2関連の用事で残り2回をキャンセル。

これからも行ける日が結構限られてしまうので、かなり残念かも...。

とりあえず、来月はいったんお休み。

[PR]
by 2010neko | 2018-06-24 19:25 | 料理教室 | Comments(2)
昨日、Q2はテコンドーでの行事に参加、その間、私はソウルにお寺料理を習いに行ってきた。

今回は두부김밥(豆腐キンパッ)。

豆腐をどうするのかな?と思っていたら、豆腐を揚げ焼きし、厚揚げ風にしてから甘辛く煮て具に...。

それと、一般的なキムパッの具材を合わせる。

ハムやプルコギなど入っていなくても、充分美味しかった。 

↓豆腐キンパッ
b0194098_09482628.jpg


昨日は3人グループで、一人はOL、一人は大学生の若い子達と一緒だった。

この女子大生、愛想はいいけど、周りに配慮するという行動が全く取れないし(自分がやりたいことだけをする)、洗い物や後片付けの時間に至っては、ずっとスマホをいじっていた。

あっぱれというくらいひどくて、私が将来、姑になったら、こういうことを思うんだろうな〜とイメージできた。(笑)

で、二度とこの子と一緒になりたくないな〜と嫌な感情を抱いていたところ、私が敬愛するHヨスニム(尼僧)が最後の締めの話で、「因縁」について話してくれた。

悪縁であれ、良縁であれ、出会うことは凄く難しいこと(貴いこと)で、その縁が良い悪いと決めるのは自分の心。←自分の心との戦いが修行だと... 

もう、私にジャストな話!

Jヨスニムに心を見透かされているようで、ちょっとドッキリした。

刧という時間の観念からの話だったので、ちょっと難しかったけど、夫婦関係も含め、自分の心持ちを反省。

来て良かった。



[PR]
by 2010neko | 2018-04-29 09:48 | 料理教室 | Comments(0)
久しぶりにソウルのT先生のところにお菓子を習いに行ってきた。

今回はフォレ・ノアール(黒い森)というケーキ。

もちろん、T先生なのでケーキシート生地は米粉。

フォレ・ノアールという名前は知らなかったけど、神戸にいる時は結構見かけて食べていた。

でも、韓国に来てからは見たことがなかったので、懐かしいな〜と思い、レッスンに参加。

↓一人一台作ったフォレ・ノアール&T先生お手製の軽食
b0194098_07545251.jpg

ケーキは3層になっていて下側にショコラクリーム、上側にキルシュ(さくらんぼのブランデー)クリーム、最後にまたショコラクリームを全体に塗り、その上から削りチョコをまぶす。

いろんなポイントを教えてもらった。

このケーキ、私には甘いけど、Q2には大好評だった。

この日の軽食は、米粉にキビ粉を入れた食事クレープで、クリームはアボガドに明太子という組み合わせ。

具にオレンジ等が入り、自分では絶対に思いつかないクレープだった。

韓国人の先生とやっていた日本のお菓子研究会もなくなったし、こうやって、たま〜にお菓子教室に行くのもいいかな。
[PR]
by 2010neko | 2018-04-28 07:42 | 料理教室 | Comments(0)

韓国招待料理教室にて

3月にあった韓国(招待)料理教室。

↓3月1回目の料理
b0194098_18492380.jpg

ミルサム(小麦粉クレープ)&ソコギ プチュ キムチ ポックン(牛肉とニラとキムチの炒め物)、コムンケソース タッカンジョン(鶏唐の黒ごまソース和え)、カムジャタン(豚の背骨肉とじゃがいものスープ)、チョッパ ムッチム(青ネギの和え物)、ヨングン チョリム(蓮根の煮物)、ムーマルレンイ ムッチム(干した大根の和え物)

甘くないクレープに、牛肉と野菜の炒め物を包んで食べるミルサムと、青ネギの和え物が美味しかった。

私が前からリクエストしていたカムジャタン。

楽しみにしていたけど、友達が作ってくれたカムジャタンの方が断然美味しかったので、ちょっと残念だった。


↓3月2回目の料理
b0194098_18492326.jpg

ソコギ クイ(焼き牛肉)、バルサミクソース クァイル タンスユッ(果物入りバルサミコ酢豚)、タッケジャン(鶏肉の辛いスープ)、オジンオ ムッチム(イカの和え物)、スクチュ ナムル(もやしのわさび入りナムル)、ミョルチ ポックン(じゃこの炒め物)

焼き牛肉は手間がかかっていたけど、食べた瞬間、前日私が作った焼きカルビの方が美味しいやん?!と思ってしまった。(笑)←もちろん先生の方がお肉が柔らかい

タッケジャンも然り。←ナンピョンもそういうと思う

タンスユッ系は飽きてきたし、ここ3回の韓国招待料理教室はいまいち。

でも、じゃこの炒め物はすっごく美味しかったし、ここで買ってきたカワハギの干物の和え物も絶品だった。

先生は先月から料理が苦手な人や料理初歩の人を対象にした汁物&簡単な基本のパンチャン(おかず)クラスを始めた。

私は先生の招待料理よりもシンプルな常備菜が大好きなので、このクラスに移りたいと2回ほどお願いしたが、却下されてしまった。

生徒のやりたいことを優先させてよ〜。


今回から他の習い事と日がかぶるので木曜日の招待料理クラスに移動した。

Q2がまだ幼稚園の年少時代、この料理教室で一緒だったオンマと久しぶりに再会した。

そのオンマの子供はQ2より1歳年上の男の子で、この3月から小学3年生。

前から教育熱心なオンマだと思っていたけど、さらに進化していた。

今は放課後授業(お金を出して習う学校内のクラブ活動みたいなもので、かなり安い)にコンピューター、普段の習い事は英語、数学、論述、美術、ピアノ、バスケットボール、水泳らしい。

私は習い事の多さにも驚いたけど、それより一ヶ月の教育費がいくらなのか気になり、そのオンマにダイレクトに聞いてみた。

その額、なんと160万ウォン(約16万円)。

思わず「そんなん一家の生活費やん?!」と思ってしまった。(笑)

そのオンマの周りはみんなそんな感じらしい。←別にお金持ちが住む地域でもない

恐るべし...。

もう1つ、みんなと料理以外の趣味の話をしていた。

ピアノの先生を始め、ピアノを習っている人、ウクレレを習っている人がいたので、楽器の話になった。

すると、一般的なウクレレやオカリナのクラスにも資格取得クラスがあることを知った。

本当に専門的な学校や機関で習った人、またはその道を極めた人が楽器を教えると思っていたので、こういう資格クラスがあることに驚いた。←韓国は習い事をして、修行とかもなく、すぐに開業する人が結構多い

みんなに門戸を開いているのはいいことだと思うけど、誰でも専門家になれるということなので、何だかな〜という気持ちがしないでもない。

みんなの話を聞いていたら、私も何か楽器を習いたくなってきた。
[PR]
by 2010neko | 2018-03-25 00:00 | 料理教室 | Comments(4)
先週のお寺料理教室のメニューは、연근 옹심이 미역국(ヨングン オンシミ ミヨックッ:蓮根団子のワカメスープ)だった。
 
オンシミといえば、普通はじゃがいもで作るのが一般的だったので、蓮根と聞いて、すぐに習ってみたいと思った。

でも、習ってみると蓮根饅頭と作り方は同じだった。

その蓮根団子をワカメや椎茸と一緒に、韓国味噌とコチュジャンで味付けしたスープで煮る。

コチュジャンの味は強くないので、日本のわかめのお味噌汁風で、美味しかった。

蓮根を擦って実質部分を除いた水分を置いて置くと、澱粉と上澄み液に分離する。

澱粉はお団子を作る時に一緒に使うが、上澄み液部分は最後にスープに入れると香ばしくなる。

入れるスープと入れないスープを作って4人で試食をしたら、3:1で上澄み液を入れた方が美味しいという結果に...。

またスニムによると、この上澄み液は血液循環を良くするらしく、特に生理痛がひどい女性にいいらしい。

みんなで上澄み液を分けて飲んでみたら、まずくはないけど、飲みたくもない感じ?だった。(笑)

↓蓮根団子のワカメスープ
b0194098_16451549.jpg

今回、お寺教室で初めて、苦手なタイプやな〜と思う人に遭遇。←今までお寺教室では、穏やかで他人に配慮できる人ばかりと同じグループだったので、ちょっと衝撃だった

私は何回か通っているので、あまり気にせず調理をしていたけど、新しく来た人はかなりやりにくそうだった

次から来ないかも...。

いくら料理ができる人とはいえ、習いに来ている立場はみんな同じなんだから、もうちょっと謙虚になれないものかな〜。

次回から一緒の班になりませんように...。
[PR]
by 2010neko | 2018-03-23 16:20 | 料理教室 | Comments(0)
昨日のお寺料理教室は、特別授業のコチュジャン作りだった。

お寺で作っている(大量の)伝統コチュジャンを家庭で作れるように、簡素化したものらしい。

100%もち米使用で作る添加物なしのコチュジャン授業はすごく人気で(すぐに締め切りになる)、私は3回目に開催された授業にやっと参加することができた。

去年、別の教室で初めてコチュジャン作りを習い、自宅でも作った。

でも、今回はまた違うやり方だし、発酵食品が専門だという年配のDスニムに、各材料の選び方から、お味噌やコチュジャンなどについて、いろんな話を聞かせてもらい、すごく勉強になった。

最初は習ったことがあるコチュジャンなのに、また別のところで習うのもどうかな?と思っていたけど、韓国でよくありがちな自分のやり方(または習ったやり方)がすべて正しい!という偏りも是正されるので、いろんな場所で同じ料理を習うのもいいことだと思った。

同じグループになった2人も、以前、一緒だったり、食事スタイルに共感できたりで、仲良くコチュジャン作りができた。

↓コチュジャン作り
b0194098_21452093.jpg
今後、2週間以上、家で日光浴をさせ、ゆっくり発酵させる。

どんな味になるか、楽しみ〜。


昨日はQ2が一緒だったので、コチュジャン作りが終わった16時半から一緒にブラブラ。

↓まずはQ2のリクエストでまた安国153でおやつ(ここのチアバターとマスタードソースに虜になっているQ2)
b0194098_21235126.jpg
今回は干しイチヂクと松の実入りのチアバター&レモンマドレーヌ&コーヒー。

レモンががっつり入ったマドレーヌも美味しかった。


おやつの後は、インサドンのギャラリーで開催されていた絵画展を見たり、(韓国人の)懐かしの駄菓子屋でおかしを買ったりしながら、夕食を食べに行くためミョンドンまで歩いた。

昨日の夕食は私の食べたいものを優先するという約束だったので、タッカンマリ(韓国の鶏の水炊きみたいな料理)のお店へ。

↓「박대감 닭한마리(パッデカム タッカンマリ)」にて
b0194098_21235100.jpg
ここはソース(つけダレ)にニラがついておらず、鍋で煮込んだ白ネギの細切りと一緒に食べる、他とは少し違うスタイルだった。

スープもラーメンスープみたいな感じで、煮詰める程に美味しくなり、グビグビ飲んでしまった。

付き出しの白菜キムチも適度に発酵して美味しかったし、サンチュのセンチェ(サラダ)も甘いのについつい手が行く美味しさで、全体的に満足だった。←ただし、ミョンドン価格のためタッカンマリの中サイズ(2〜3人前で食べる量)が25000ウォン(約2500円)とやや高め
 

[PR]
by 2010neko | 2018-03-11 22:22 | 料理教室 | Comments(0)