日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:料理教室( 120 )

今年の5月から3ヶ月間(週1で4時間〜4時間半)通っていた日式(日本食)調理技能士班。←日式調理技能士の資格取得を目的とした教室

本来4ヶ月で習うところ、調理室を大々的に工事するということで、3ヶ月に短縮し、試験に出る28品目をすべて習った。

1回につき2品習うだけでも体力的・精神的に辛いのに(先生のデモンストレーション後、各自自分で一から作る)、今回はほぼ毎回3品だったので、めちゃくちゃしんどかった。

ただ、今回は韓食(韓国食)調理技能士、中食(中国料理)調理技能士の時に習った超怖い先生が、牙を抜かれた虎のように大人しくなっていた。(笑)

というのも、基本の韓食調理技能士の資格を持っている上で、それ以外の調理技能士班に通うのがスタンダードとされているのに、今回、半数以上の生徒が無資格で習いに来た。

なので、包丁の砥ぎ方や魚のさばき方はもちろん、服装やマネキュア、心構えなど、私が見てもトホホな人が多く、先生も日本食を教える以前の問題だと、早々に諦めてしまった。←やりたい人は韓食技能士からやり直せという感じで...

それでも、新しい人達は先生が怖いとビビっていた。

いろんな感覚の違いから、同じグループの仲間とは何となく打ち解けられず、特に私の相棒になったアジュマは、授業は韓国語であんたは韓国人やろ?といいたくなるくらい、私に作り方を聞いてきて辟易した。←私が日本人で日本食について知っているからと聞いてくるのではない

うちのグループ(4人)は授業終了後、お茶もほとんどしなかったかったので、私はいつも中食の時に一緒だった仲間達&他のグループとお茶をして、ストレス発散。

↓試験に出る日本食28品目(すべて先生作)
b0194098_13244662.jpg

b0194098_13244782.jpg

b0194098_13251450.jpg

b0194098_13251447.jpg

b0194098_13251404.jpg

b0194098_13254131.jpg

b0194098_13254128.jpg

日本食ではあるものの、牛肉の唐揚げとか、醤油味の海鮮うどん焼きとか、鮑と野菜のバター炒めとか、韓国チックなおでんとか、山椒をかけるワカメと豆腐のお味噌汁とか、ツッコミどころ満載だった。(笑)

とにかく日食は、まるごとの鯛をさばいたり、生の魚を扱うことが多くて面倒だった。←鯛の頭や骨を切るごとに出刃包丁の刃が欠けていくので手入れに苦労した

でも、お刺し身や握り寿司等、作り手の手の触れ具合やスピード、包丁の切り方により、鮮度が全く違ってくるのがよ〜くわかり、勉強になった。

実技試験についてはまた後日。
[PR]
by 2010neko | 2018-11-27 14:20 | 料理教室 | Comments(0)
今日は午前中、덮밥 특강(丼もの 特別レッスン)があり、習ってきた。

私が夏まで通っていた韓国招待料理教室の先生が、たまにテーマを決めて、こういった特別レッスンをやっている。←直に電話がかかってきた

丼もの3種類にデザート1種類でレッスン費もそれ程高くなかったので、久々に参加してみるか〜という感じで参加した。

↓まずは달콤한 찹쌀 케익(甘いもち米ケーキ)
b0194098_14125569.jpg

名前が違うだけで、要はLA찹쌀떡(またはLA찹쌀파이)。  

今回のは、バニラエッセンスやさつま芋の甘煮が入っていて、普通のものよりケーキチックな味と食感で美味しかった。


↓스테이크 덮밥(ステーキ丼)
b0194098_14190586.jpg

私はニンニク醤油味のステーキ丼をイメージして教室へ行った。

なのに、配られたレシピを見た瞬間、以前習ったことのあるポークチャップのビーフバージョンだと悟り、がっかり。

美味しくないわけではないが、クックパッドにある私の大好きなポークチャップのレシピの方がはるかに美味しいので、この酸味の強いビーフチャップは何だかな〜。

まあ、好みの問題ということで...。


↓마파두부 덮밥(麻婆豆腐丼)
b0194098_14281024.jpg

悪いけど、これもクックパッドの勝ち!

クックパッドがどれだけ素晴らしいか実感できる。

でも、今日の参加者達(私以外の韓国人6人)の半分くらいは「美味しい!」を連発していたので、私は食べながら、「この人達は美味しくなくて、何もいえないから逆に美味しいといっているのか?」、はたまた「これを本当に美味しいと思っているのか?」等、いろいろ考えていた。←料理を過剰に褒めて、次から来ない生徒を何人も見てきたため(笑)

わざわざ日本のお味噌を使っているのに、残念すぎる。


↓마구로 덮밥(マグロ丼)
b0194098_14391354.jpg

これが一番ツッコミどころ満載だった。

漬け丼のタレにわさびと唐辛子油などが入る。

それにトビコやエゴマの葉など、ザ・韓国な材料が盛られている。

なのに、チャムチ丼(韓国語でまぐろをチャムチという)といわず、マグロ丼!

マグロ丼と日本を強調するなら、完璧に日本のようにして欲しい。←カリフォルニアロールを日本の太巻きといわれている気分

それに、漬けタレを作る時にほんだしを入れるなら、なぜ、また別に鰹節&昆布出汁をとるのか意味不明。

手間はかかるし、変なことばかりするので、説明を聞きながらイライラしてしまった。←ここのところ疲れていて切れやすい(笑)

でも、3つの丼の中では一番、味は良かったと思う。

とにかく、これらを作るために韓国人がわざわざ日本のお味噌やほんだし・鰹節を買うとは思えない。

それと、私はもういろんな調味料を使って複雑な味の料理をするのも食べるのもいいわ〜と再認識した。

お寺料理みたいに、塩・醤油・酢・コチュジャン等、基本の調味料だけでシンプルに作る方が口にも体にも合う。

歳がいったということか...。

正直すぎて、悪いことばかり書いたけど、今回教室で食べた2種類のキムチは味・発酵具合共に絶品だった!

↓すっごく美味しかったネギキムチ&小さい大根のキムチ
b0194098_15003683.jpg

先生は自分のアピールの方向性を間違えていると思う。


最後にもう1つ思い出した。

レッスン後半に入った時間に、遅れて50代のアジュマがやって来た。←別に謝るわけでもなく普通に入ってくる(これはよくある光景)

教室のスリッパが6人分しかないので、必然的に遅れてきたアジュマは素足(靴下は履いている)。

すると、30後半くらいの若手アジュマ(遅れてきたアジュマと親しいのではなく、前に一度同じレッスンになったことがある程度)が、いきなり自分のスリッパを脱いで、遅れてきたアジュマに差し出した。←室内にオンドルがついておらず、室内も床も冷たかった

その50代アジュマは断りもせず、すぐにそれを受け取り、「やっぱり私達の妹は違うね〜!」とご機嫌だった。

ちなみに、韓国では血のつながりはなくても、親しければ上下関係で姉(オンニ)・妹(トンセン)等の呼称で呼ぶので、一緒にいて紹介を受けた時、「本当の妹ですか?」と聞くことも...。

それはさておき、私はそのやり取りを見ながら、「中学生の部活動か?!」と呆れてしまった。←もちろん、これがどこかの福祉会館等で相手がお年寄りなら十分理解できる

そして、「あんたら、これでウリ(お互いが1つの仲間)になったな。」と思っていたら(笑)、しばらくしてその50代アジュマが30後半アジュマをお茶に誘っていたので笑えた。←ウリになる、ならないでその後の対応が全く違ってくる

とっても韓国らしい光景を見て、今回、ぼっちだった私は、「ぼっちのままの方がいいわ。」と心底思ってしまった。


[PR]
by 2010neko | 2018-10-23 13:53 | 料理教室 | Comments(0)
今日はお寺料理教室に行って来た。

昨日と今日、ナンピョンが家にいたので、今日は私一人での外出。

今日のメニューは늙은호박전(老いた南瓜のチヂミ)&무채김무침(千切り大根と海苔の和え物)。

Jスニムに教わった。

私が教室で、この1年で教わったスニムは5人。

どのスニムもお肌がツルツルなのだが、Jスニムは特に赤ちゃんのような肌で、しかも、めちゃめちゃ可愛い(綺麗!)。←スニムでなければモテモテかも...失礼

教えていただきながら、ずっと顔を見ていた。(笑)

肉ではなく野菜を摂ること、薄味にすること、たくさん食べないことを強調されていた。

Jスニムにいわれると納得。

↓今日の料理
b0194098_18300102.jpg

特に老いた南瓜(ハロウィンでよく出てくる黄色っぽい大きな南瓜)のチヂミがおやつ感覚で美味しかった。

それに合わせたサラダ感覚の大根と海苔の和え物もサッパリしていて、お腹が膨れていたのに、2時間くらいしたら、すっと消化してきた。

お寺料理の良さをまた実感。

今日は、試食中もスニムの冗談で大笑いしたし、私がよく話す料理好きのメンバーと一緒の班だったので、いい気分転換ができた。←ここ最近、Q2の子育てのイライラと落ち込みが激しい

来月は教室の申請をし遅れて習いにいけないので、家で今までの復習でもしようと思う。



[PR]
by 2010neko | 2018-10-21 18:14 | 料理教室 | Comments(0)
先週末、久々にソウルのお寺料理教室へ。

今回は、Yスニムの산채 비빔밥(山菜ビビンパッ)。

ポピュラーな具材に山菜であるチゥィナムル(シラヤマギク)とサントドッ(山ツルニンジン)を追加したもの。←ビビンパッの具は何でもいい

ヤッコチュジャン(混ぜ味噌)は、普通、牛ミンチ肉が入る場合が多い。

今回はお寺料理なのでお肉の代わりに豆腐を使用。

↓これが今回の山菜ビビンパッ
b0194098_17313990.jpg

味も香りもよく、すっごく美味しかった。

なので、ついつい食べすぎてしまった。

でも、消化がいいので、それほど負担にならず。

一番上に乗っているのはホンシという韓国人が好きな柔らかい柿。

これを一緒に混ぜて食べると聞いた時はゲゲッと思ったけど、食べてみたら、優しい甘みが加わり、逆にアクセントに...。

今回は一緒の班になった2人がとってもいい人で、話も盛り上がり、いつも以上に楽しかった。

今週末は何の料理かはっきりわからないものの、ここの無料のレッスンに参加できることになったので、張り切って行ってこようと思う。


[PR]
by 2010neko | 2018-10-17 17:17 | 料理教室 | Comments(0)
すっごく久しぶりに韓国餅を習ってきた。

といっても、伝統的なお餅ではなく、フィージョン餅。

韓国の市販(ロッテ)のアイスキャンディーで、テジバー(豚バー)とスバッバー(すいかバー)というアイスがある。

テジバーはバニラアイスにいちごジャムが入っていて、それをチョコとチョコクランチでコーティングしている。←カロリーが高いから豚バーか?

Q2もナンピョンも大好きなアイスキャンディー。

そして、もう1つはすいかを模ったアイスキャンディー。

今回はこれらを普通のお餅(冷たくない)で再現したもの!←S先生のブログで一目惚れして申し込んだ

↓これがテジバー(豚バー)とスバッバー(すいかバー)

b0194098_17043304.jpg

テジバーは昔の柄で、今はもっと可愛いイラスト。


初めてお会いする可愛らしい先生に1:1でみっちり教えてもらった。←2人だけなので、作りながらお喋り三昧(汗)

↓出来上がったテジバーとスバッバー
b0194098_17090990.jpg

どちらもうるち米にもち米を混ぜたお餅で、食感がすごくいい。

テジバーは甘くなりすぎるので、今回はジャム抜きで作った。

それでも甘いけど、ブラックコーヒーによく合う美味しさ!

これは思ったより簡単だった。


スバッバーは結構、手間がかかった。

赤い部分はイチゴ味、緑の部分はメロン味、種はチョコクランチ。

これも間違いない美味さ!

どちらも餅好きの子供達なら、かなり喜ぶお餅だと思う。

今日はたくさん作ってきたので、アパートの仲のいいオンマにあげたり、テコンドー教室に差し入れをしてきた。

この美味しさなら、他のお餅も習ってみたい...。


[PR]
by 2010neko | 2018-10-16 16:32 | 料理教室 | Comments(0)
去年から3〜4年ぶりに復活して通っていた個人宅の韓国招待料理教室。
 
段々とメニューに飽きてきたことや(新しい生徒向けに、昔習ったメニューも出てくるので)、自分が習いたい料理ではないな〜と思うことが多くなり、悩んだ結果、7月でこの教室を辞めた。

これからは単発の特別レッスンで気に入るものがある時だけ通うことにした。

料理写真の整理で、今年の4月〜7月まで習った料理をアップ(写真以外に2回休み、レシピだけもらった回がある)
b0194098_23295042.jpg


b0194098_23301614.jpg


b0194098_23303831.jpg


b0194098_23305413.jpg


b0194098_23310943.jpg


b0194098_23312892.jpg

思い出に残っているのは、3番目の写真の中にある海鮮焼きサラダと、最後の写真のポテトサラダ。

特にこのポテサラは濃厚で、バケットパンに乗せて食べると最高だった。

すっごく美味しいものに巡り合うのは、なかなか難しいと思う。

それと、最近は日本食ばかりだし、マンネリ化したおかずばかり作っているので、もう少し何とかしなければ...。
[PR]
by 2010neko | 2018-10-01 23:29 | 料理教室 | Comments(0)
先週の日曜日、久しぶりのお寺料理教室へ。

習いたかった채개장(チェゲジャン)!

牛肉とゼンマイ、里芋の茎(ずいき)、もやしなどの野菜を一緒に煮た辛いスープをユッケジャン、牛肉ではなく、鶏肉と煮たスープをタッケジャンというが、お寺料理なので、肉なしで野菜だけのユッケジャン風スープがチェゲジャン。

以前、チェゲジャンを習ったというお寺教室仲間から美味しいと聞いていたので、興味深々だった。

↓これがチェゲジャン

b0194098_21173906.jpg

お肉の旨味の代わりに、基本の野菜出汁プラス、ゼンマイや里芋の茎をエゴマ油でしっかり炒めて、じっくり煮た野菜エキスが出ていて、肉なしでも充分に満足できる味だった。←お寺料理とはいえ、今回は結構辛かった





[PR]
by 2010neko | 2018-08-22 21:17 | 料理教室 | Comments(0)
今回も日本でいつものAパン教室へ行ってきた。

毎月、ネットでその月のメニューを見ては、「こんなのを習えていいな、いいな〜」と思っているので、参加できる時はすごく嬉しい。

今回はロングウインナーパンとキャラメルブレッド。

どちらもめちゃくちゃ美味しかった。

毎回、こんなに美味しいパンを作れる(考えられる)先生は凄い!と思う。

↓Aパン教室にて
b0194098_16553237.jpg

出来たてパンのランチは最高!

また、次回までのお楽しみ。 


もう1つは、日本に帰省する少し前に、ソウルの日本人T先生の米粉教室へ行ってきた。

3年くらい前にT先生のレッスンのランチで食べた米粉のシフォン・サレが忘れられず、ずっと習いたかったが、今回ようやく習えた。

ふわっふわに焼けた、塩味のするお食事シフォンに再度感動。←いくらでも食べられる感じ

それ以外にブルーベリーのリンツァー・トルテも習った。

↓T先生の教室にて
b0194098_17114080.jpg
試食時のトマトのクリームチーズムースもすごく美味しかった。

日本人びいきかもしれないけど、やはりパンやお菓子は日本人の先生に習う方が美味しいと思う。

[PR]
by 2010neko | 2018-08-17 16:38 | 料理教室 | Comments(0)
2週間前のお寺料理教室は、냉잡채(冷チャプチェ)だった。

前回の教室から1ヶ月半ぶりくらいだったし、チャプチェの冷たいバージョンなんて見たことがなかったので、すごく楽しみだった。

それにHスニムにも会え、癒やしになった。

↓これが冷チャプチェ
b0194098_19333634.jpg

普通のチャプチェも好きだけど、この冷チャプチェはさらに美味しい!!

それに野菜をモリモリ食べられて、いつも以上に健康的に感じた。

今月のお寺料理教室は3回申し込んでいたけど、Q2関連の用事で残り2回をキャンセル。

これからも行ける日が結構限られてしまうので、かなり残念かも...。

とりあえず、来月はいったんお休み。

[PR]
by 2010neko | 2018-06-24 19:25 | 料理教室 | Comments(2)
昨日、Q2はテコンドーでの行事に参加、その間、私はソウルにお寺料理を習いに行ってきた。

今回は두부김밥(豆腐キンパッ)。

豆腐をどうするのかな?と思っていたら、豆腐を揚げ焼きし、厚揚げ風にしてから甘辛く煮て具に...。

それと、一般的なキムパッの具材を合わせる。

ハムやプルコギなど入っていなくても、充分美味しかった。 

↓豆腐キンパッ
b0194098_09482628.jpg


昨日は3人グループで、一人はOL、一人は大学生の若い子達と一緒だった。

この女子大生、愛想はいいけど、周りに配慮するという行動が全く取れないし(自分がやりたいことだけをする)、洗い物や後片付けの時間に至っては、ずっとスマホをいじっていた。

あっぱれというくらいひどくて、私が将来、姑になったら、こういうことを思うんだろうな〜とイメージできた。(笑)

で、二度とこの子と一緒になりたくないな〜と嫌な感情を抱いていたところ、私が敬愛するHヨスニム(尼僧)が最後の締めの話で、「因縁」について話してくれた。

悪縁であれ、良縁であれ、出会うことは凄く難しいこと(貴いこと)で、その縁が良い悪いと決めるのは自分の心。←自分の心との戦いが修行だと... 

もう、私にジャストな話!

Hヨスニムに心を見透かされているようで、ちょっとドッキリした。

刧という時間の観念からの話だったので、ちょっと難しかったけど、夫婦関係も含め、自分の心持ちを反省。

来て良かった。



[PR]
by 2010neko | 2018-04-29 09:48 | 料理教室 | Comments(0)