人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko

2019年 12月 01日 ( 1 )

室内ローラースケート場

昨日は家族で街の中心地にある室内ローラースケート場へ。

韓国では、市民が集うような大きな公園にインラインスケート場が設置されてることが多いので、ローラースケートといえば野外で行うものだった。

でも、(うちの地域では)約1年くらい前に室内ローラースケート場が出現。←今は家からバスで30分圏内で行ける室内ローラースケート場が3箇所ある

前から、この室内ローラースケート場に行こうと思っていたのに、すっかり忘れていた。

で、最近また思い出したので、昨日やっと行ってきた。

Q2はアイススケートを1回したことがあるが、ローラースケートは今回が初めてだった。


室内ローラースケート場はだいたいビルの中にあり、入り口で料金を払うと、腕に遊園地で巻かれるような紙の腕輪(チケット)をつけられ入場する。

料金は大人も子供も同じで、靴や防具代も込みで、2時間基準10000ウォン(平日は8000ウォン、滑らない人は入場料2000ウォンのみを払う)←一日券は15000ウォン、どこもこんな感じの値段

↓その後、自分に合うローラースケート(靴)をもらい、自分で防具を取って装着
室内ローラースケート場_b0194098_19480030.jpg


↓電飾は昔のディスコ状態で、K-POPがガンガンにかかっている室内ローラースケート場(写真ではわかりにくいけど、ミラーボールもあり完全にディスコ)
室内ローラースケート場_b0194098_19494494.jpg
BTSなどの曲もかかるので、私のテンションもあがる!(笑)

韓国らしく、ローラースケート場横には売店&カフェがあり、滑っているのを見ながら飲食できる。

持ち込みが禁止になっているので、売店ではお菓子や飲料水をはじめ、各種カップラーメン、袋ラーメン(ラーメンを自分で作る器械も設置されている)、冷凍食品(電子レンジもある)があり、間食には事欠かない。

Q2とナンピョンだけローラースケートをして、私は見学していたので(私がやると即骨折すると思う)、一人で優雅にコーヒーを飲んでいた。

あと、室内にはローラースケートに飽きてもいいように、トランポリン(左下写真)もあるし、カフェではアニメをやっているので、親も楽ちん。

↓ローラースケート場のQ2とナンピョン
室内ローラースケート場_b0194098_20044548.jpg
Q2は最初、キッズコースで歩行器を用いて練習後、一般のコースへ。

何度も何度も転けながら練習し、何とか歩くように周れるようにはなった。

でも、残り20分くらいで、ものすごい尻もちをつき、それがめちゃめちゃ痛かったようで、涙を浮かべていた。←その後、しばらく歩き方もおかしかった

最初は「来週も来る!」といっていたのに、これがトラウマになり、「もうローラースケートはしない!」と...。(笑)

ナンピョンは高校くらいの時に、ローラースケートが流行ったらしく、その時に滑ったことがあるので、少し練習したら、結構滑っていた。

2人共、帰る頃には髪の毛も濡れるくらい、びっしょり汗をかいていた。

ローラースケートの運動量は恐るべし。


帰りは、早い夕食で何年かぶりにトッポッキ鍋の専門店「두끼(トゥッキ)」へ。

두끼は、自分でトッポッキの材料やソースを選んで(ブッフェ形式)、自分好みのトッポッキ鍋を作るお店。

↓今回はQ2のリクエストでチャジャン味のトッポッキを作った
室内ローラースケート場_b0194098_21270908.jpg
トッポッキ鍋が出来上がるまでに、みんな、おでん(写真左下)を食べすぎて、トッポッキ鍋(写真右下)はこれだけしか食べられず、最後にポックンパッ(焼き飯)を食べて終了。

ちなみに、두끼(チェーン店)は1時間半の時間制限はあるが、トッポッキ&インスタントラーメン食べ放題・飲料水飲み放題で大人一人9000ウォン、子供一人7000ウォン。

たくさん食べる人にはかなりお得なトッポッキ屋なのでお勧め。

楽しい半日だった。
by 2010neko | 2019-12-01 09:43 | お出かけ | Comments(0)