日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー

2018年 10月 30日 ( 2 )

忘れ去った記憶

先週の土曜日は風が吹いて寒いし、遊びに行く気力もなく、母子で家に籠もっていた。

日曜日はさらに小雨が降り、同じように家にいたものの、Q2が暇そうなので、バスに乗って再訪したいと思っていた大型パン屋に出かけた。

↓하얀풍차(白い風車)にて
b0194098_11464080.jpg

やはり韓国のパンはどれもこれもヘビー。←パン生地自体が...

そして、今回のチーズオニオンパンの甘ったるさ(身震いした)で、もうリピはない!と確信。(笑)

でも、母子でいい時間を過ごせた。


この日の夕方、ナンピョンが単身赴任していたペンションを引き払い、今までの荷物と(撮影対象の)たくさんの蟻と共に帰宅。←気持ち悪い〜

で、夕食は外食することになり、3人で新規の刺し身屋へ。

↓刺し身屋にて
b0194098_12182142.jpg

ここは珍しく、付き出しも出ない、ほぼセルフの刺し身屋。

チュルトム(石鯛)、ケブル(ユムシ)、ウロク(クロソイ)、メウンタン(魚のあらを使った辛い鍋料理)を注文。

普段は付き出しでお腹が膨れてしまうが、付き出しがない分、お刺身を堪能できるし、最後のメウンタンまで美味しく食べられたので、このスタイルの方が私は好きかも...。←この形態のお店は安いと思っていたけど、刺し身をたくさん注文してしまうので、付き出しが出るセルフでないお店より逆に高くなってしまったのが残念

このお店のメウンタンはスジェビ(すいとん)やラーメンを入れられるスタイルで、ラーメン入りメウンタンを初めて食べる私は、その美味しさにプチ感動した。

お刺身もメウンタンもかなり美味しかったので、ここはリピ決定!


それはさておき、普段、ほとんど何を食べたい!と主張しないナンピョンが、この日は食べたいものを主張したし、お店でも結婚当初の話をするので、何かおかしいな〜と思っていた。

すると、この日は結婚記念日(11周年)だった。

私は完全に忘れていて、食べている最中にナンピョンにいわれて初めて気がついた。

日にちを忘れていたというより、自分に結婚記念日があるという事実自体を忘れていた。←結婚をなかったものにしたいのか?(汗)

今月、結婚記念日があった友達2人の話や、この日、結婚式をする人の話も聞いていたのに、自分のことは全く思い浮かばなかったので、かなりひどい状態といえる。

ナンピョンは私が結婚記念日だとわかっているけど、それをアピールしないものだと思っていたらしい。(笑)

私の余りのすっとぼけぶりに、ナンピョンもQ2も呆れていた。

記念日も忘れていたし、ナンピョンも少し時間が出来たので、来週は一泊二日で結婚記念旅行に行くことになった。

いろいろ予定を立てる時間が、旅行では一番楽しい。

[PR]
by 2010neko | 2018-10-30 11:34 | 外食 | Comments(0)

静かな秋の一日

料理の資格班で仲良くなったオモニ(60代なので、みんなが親しみを込めてこう呼ぶ)がいる。

このオモニは書道が趣味で長年習っているらしい。

そんなオモニがソウル美術大賞展で書道の特賞を取り、良ければ観に行って!ということで、昨日、一人で展示があるカンナムへ行って来た。

平日のお昼前だったこともあり、1階と2階の展示会場には来客が1~2人しかいなかった。

ガランとした大きな空間で、のんびり書道の作品を観るのはなかなか良かった。

それに、オモニの作品の素晴らしかったこと!

好みにもよるが、私の中では1、2位に輝く作品だったと思う。

↓私がいいな〜と思った作品(オモニの作品を含む)
b0194098_10255646.jpg

b0194098_10261112.jpg
韓国の書道(韓国では書芸と呼ぶ)なので、ハングルの書もあったが、それにはあまり興味がわかず、サラッと観るだけにした。

漢詩の書は、隷書で書かれているのがほとんどで、日本でよくみる楷書や行書などの書体がほぼなかった。←韓国と日本の書道の違いなのかな?


書道を堪能した後は、カンナムへ来たついでにGOTO MALL(江南ターミナル地下ショッピングモール)で冬服の買い物。

本当はお洒落なランチでも食べたかったけど、胃腸の具合が悪かったので、諦めた。

そして、地元に帰ってから、最近知って行ってみたかったブックカフェへ。

↓「cafe groovy」
b0194098_10273123.jpg
このカフェは日本の路地裏にあるカフェをイメージして作ったらしく、こじんまりしてノスタルジックな感じ。

そして、店内には宮崎アニメのBGMが流れていて、独特な雰囲気。

読書をするためのカフェなので、すごーく静かなんだけど、今回は人が居なさすぎてコーヒーを飲む音まで気を使ってしまった。(笑) 

料理家・渡辺有子さんの「365日。」の翻訳本がこのお店の代表本みたいになっている。

なので、私もそれを読みながら1時間ほどのんびりした後、帰宅。←その後、現実に引き戻され、次兄家族と5時間の会食

雰囲気のいいカフェだったけど、正直、私は普通のカフェの方が読書に没頭できるし、バニララテ1杯約650円と結構高いので、このカフェのリピはないかな〜。

でも、行ってみたかったところに行けたので満足、満足。
[PR]
by 2010neko | 2018-10-30 10:09 | お出かけ | Comments(0)