人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2018年 10月 17日 ( 2 )

空き瓶で時計作り体験

前に子供ミュージカルで紹介した韓国の子供専門チャンネルの캐리(ケリー)TV。

その中で「엘리가 간다(エリーが行く)」という番組がある。

エリーオンニ(エリーお姉さん)と着ぐるみキャラクター達が、いろんな場所に行ったり、体験をしに行くプログラム。

視聴している子供達はそれを観て、同じところに行きたがる。

私が見ていても楽しそうと思うことがあるが、ここに行きたい!といわれた親は大変。←休日にどこへ遊びに行くかの参考にはなるが...

今回はコーラの空き瓶を溶かして、風船のように膨らまし、花瓶を作るというもの。

そして、花瓶を作ったあと、もう1つ、ペチャンコの空き瓶で時計を作るという内容だった。

↓その回の放送


元は、廃瓶を再生して新たなものを作るリサイクル目的で始まった模様。

それをソウルのインサドンにあるガラス工芸店「글라스본(グラスボン)」で体験してきた。
Q2とお寺料理の後に行ってきたが、この日は休日で、私達と同じようにケリーTVを見た子供達が数組いた。

最初にお店のおじさんが廃瓶やガラスの溶ける温度などについて説明してくれる。

瓶を溶かして作る花瓶作りは、別料金がいるので申し込んでいなかったが、別のグループが申し込んでいたので、一緒に見学できてラッキーだった。←実際に見ると楽しいし、ガラスが火で溶けるのがよくわかる


時計作りは、まずペチャンコになった空き瓶(色により価格が違う)を選び、次に自分が描きたい図案を選ぶ。←図案を選ばず、直に描いてもいい

その図案をネームペンで写し描き、その後、アクリル絵の具で2回ほど塗り絵をし、最後に再度ネームペンで縁取りする。

合間、合間にドライヤーで乾燥させる。

時計自体は、最後におじさんが取り付けてくれるので、時計作りというよりは、瓶にお絵描き!という感じだった。

でも、見学も含め全部で1時間半以上かかった。

↓グラスボンにて(Q2作のペコちゃん時計)
b0194098_21315666.jpg

本当は私も作りたかったけど、1つ3万ウォン(3000円)前後するので諦めた。←ティーモン(韓国のソーシャルコマースの1社)でチケットを買ったら20%オフになった

展示されているワイン瓶で作ったおつまみ皿もすっごく可愛くて欲しかった〜!!!

我慢、我慢。

廃瓶なら、もっと安くして〜。


その後は、インサドンのギャラリーで絵画の展示を見たり、お店をうろついて、最後は早めの夕食で明洞の丸亀製麺へ。

↓トルコアイスでおちょくられるQ2&丸亀製麺にて
b0194098_21435644.jpg

たまには別のものを食べたい!


by 2010neko | 2018-10-17 20:27 | お出かけ | Comments(0)
先週末、久々にソウルのお寺料理教室へ。

今回は、Yスニムの산채 비빔밥(山菜ビビンパッ)。

ポピュラーな具材に山菜であるチゥィナムル(シラヤマギク)とサントドッ(山ツルニンジン)を追加したもの。←ビビンパッの具は何でもいい

ヤッコチュジャン(混ぜ味噌)は、普通、牛ミンチ肉が入る場合が多い。

今回はお寺料理なのでお肉の代わりに豆腐を使用。

↓これが今回の山菜ビビンパッ
b0194098_17313990.jpg

味も香りもよく、すっごく美味しかった。

なので、ついつい食べすぎてしまった。

でも、消化がいいので、それほど負担にならず。

一番上に乗っているのはホンシという韓国人が好きな柔らかい柿。

これを一緒に混ぜて食べると聞いた時はゲゲッと思ったけど、食べてみたら、優しい甘みが加わり、逆にアクセントに...。

今回は一緒の班になった2人がとってもいい人で、話も盛り上がり、いつも以上に楽しかった。

今週末は何の料理かはっきりわからないものの、ここの無料のレッスンに参加できることになったので、張り切って行ってこようと思う。


by 2010neko | 2018-10-17 17:17 | 料理教室 | Comments(0)