日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2012年 07月 25日 ( 1 )

今日はQ2がオリニチプ終了後、二人でキッズブックカフェが週1回主催している

구연동화(クヨントンファ)を聞きに行った。

このクヨントンファ、漢字で書くと口演童話となる。

私はてっきり絵本の読み聞かせや紙芝居を想像していたが、少し違った。

どうやら、語り手の(音声で)話す物語を聞くのが主体らしい。←イメージとしては

語べ(伝承者)が昔話をする感じか?でも、そういう静かな雰囲気でもないし・・・

口演童話は絵本も含めた小道具を使うことがあるらしいが、それがないとなると、

語り手の演技力?が相当必要だと思う。←口演童話士の資格というのもある

なので、絵本の読み聞かせより、さらに子供の聞く力や集中力、想像力を

高めるような気がする。

でも、今回Q2を連れて行ったのは失敗。

実際の口演童話が始まるまで、Q2はじっとしておれず、途中で別席へ退散。

←前座の振り付けありの童謡を歌うまでは喜んでいたのに・・・

というわけで、普通にお茶を飲んで、ちょこっと興味がありそうな絵本を見ただけで

帰って来た。←ちょっと遠出をしたんだけどな~(疲)

↓これが今日行ったキッズブックカフェ「메르헨의 숲(メルヘンの森)」
b0194098_0162647.jpg
私の住む地域では、

たぶん去年辺りから、子供専用のブックカフェができ始めた。←近所で知る限りでも3軒

↓店内も明るく清潔で母子がくつろげそうな雰囲気
b0194098_0184520.jpg

b0194098_0291837.jpg

↓整然と並べられた絵本や児童書
b0194098_0195467.jpg
飲み食いしながら、絵本を見れるようになっているため、絵本は汚れていることも・・・。

↓オ-ナ-一人で切り盛り(口演童話をしてくれる人はその時間帯のみ出勤)
b0194098_0211195.jpg
このお店は、オ-ガニックのお菓子やジュ-スがある他、軽食類もすべて安全食材で手作り。

衛生的にも、かなり気を使いながら作っていた。←韓国では珍しい?

でも、それをオ-ナ-が一人でやっているので、母子5組くらいがいる中で、

注文したジュ-スとアイスアメリカンが出てくるのに20分以上かかった^^;

↓Q2が食べたオ-ガニックキャンディ-の4本セット
b0194098_0541934.jpg

↓オレンジジュースを飲むQ2(コップがめちゃめちゃ可愛かった!)
b0194098_0545784.jpg


オリニチプで先生が絵本を読んでくれる時には、Q2も集中して聞いているらしいが、

なんで私と一緒だとじっとしていられないのかな~?


キッズブックカフェ初体験のついでに、6月に行った모래놀이터(モレノリト)をアップ。

モレノリトは砂遊びのできる施設で、キッズカフェに併設してあったり、砂遊び場&カフェが

合体した感じの作り。

これまたモレノリトも去年あたりから、近所で何軒かでき始めた。

公園での砂場は犬の糞等で汚染されているので、新都市に住む若い母親達は

砂場で遊ばせることを嫌う。

それにタ-ゲットを当てた商売ということか・・・。

なので、こういうモレノリトの砂は抗菌加工の特殊な砂。(笑)

この砂場(区域)で遊ぶ前には、トイレをしっかり済ませてから入場させるとか、

入場口で子供に消毒薬で手を消毒させるなどのル-ルがある。

口にキャンディ-等を入れている状態でも砂場への入場は不可となかなか厳しい。

←私が見る限りでは、他のモレノリトもこんな感じ

↓閑静な住宅街のカフェ通りにあるモレノリト(母親達がお茶をしながらくつろぐ場所)
b0194098_052745.jpg

↓砂場で遊んでいる子供達を母親達が小さな窓からチェックできるようになっている
b0194098_0595888.jpg
ちょっと刑務所チック?

↓砂場で遊ぶQ2
b0194098_12485.jpg

b0194098_121691.jpg
砂場には遊んでくれるというか、監視しているお姉さんが一人いた。

でも、好奇心旺盛で動き回っていたQ2は、お姉さんに「あれはダメ!これはダメ!」と

かなり注意を受け、小さいながらに傷ついた様子だった。

モレノリト単体とカフェが合体した小さなタイプの施設はQ2には不向き。

というか、砂遊びに関しては、多少の菌に侵されても、公園の砂場で制限なく、

楽しく遊ばせた方が良いと思った。

ごめんよ、Q2。

何でも体験したい母が行きたかっただけなんよ・・・。
[PR]
by 2010neko | 2012-07-25 01:20 | 育児関連 | Comments(0)