人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー

2010年 10月 11日 ( 1 )

いろんな思い(長文)

少し愚痴から・・・。

昨日はナンピョンの友人家族がQ2を見に我が家にやって来た。

朝(10時頃)に突然、電話がかかって来て、午後1時半頃に来るとのことだった。

昼食も一緒に食べることになったので、いつもの朝兼昼ご飯はパスして、シリアルだけで

済ませた。

昨日はナンピョンにQ2を見てもらって、少し休もうと思っていたのに、食後から掃除を開始。

そして、友人家族の到着後、すぐに昼食に行くと思っていたら、別の友人家族も

来るということで、その家族を待つため、我が家で待機。

その別の家族とも約束をしていたわけではないので、その家族も用事があり、

それが済んでから来たので、結局、みんなで1時間以上待った。

私は前夜、Q2のために眠れなかったので、この時間帯はかなり眠かった。

そして、ようやくみんなが揃い、昼食を食べに行った。

そこでわかったことだが、2家族とも昼食は済ませていたようで、午後3時にようやく昼食を

食べる私達夫婦だけ、お腹がペコペコの状態だった。←昼食の約束をしているのになんで?

その後、友人家族の子供・計4人を引き連れて、みんなで近くの(いろんな施設がある)

公園に遊びに行くことになった。

しかし、私とQ2だけ家に帰してもらうことにした。

一番の理由は私の湿疹の急激な悪化。

そして、突然で3時間以上もつきあったのだから、もういいだろう?!というのと、

このままだと夕食も一緒に行くことは必須だからだった。


9月の中旬にぶり返しした湿疹も、10月に入って、ようやく落ち着いてきて、

内服を中止しても、虫さされのような湿疹がピ-ク時の1日10個→1個くらいにまでコントロ-ル

できるようになっていた。

それがまたなぜか、昨日、背中が痒い~と思ったら、いっきに5個くらいに・・・。

最初は我慢していたが、眠いし、みんなと話さなければいけないし・・・と思っている間に

痒みが増強。

ナンピョンにも食事中、痒みのことを伝えていたので、私が先に帰ることを承知してくれた。

←ナンピョンも前回、私がひどくなった痒みで、泣くほど辛い状態をわかっているので許可

そして、家に着いたら、心の底からほっとした。

先週末も突然、ナンピョンの別の友人家族と食事(外食)をし、我が家で数時間接待。

別におもてなしをするとわけではないが、私の日本人的感覚?からすると、

産後2ヶ月になるかならないかという人の家に、家族で押しかけて長時間滞在したり、

食事に行くというのが理解できない。

在韓日本人の友達たちは、みんな私が3ヶ月を過ぎて、落ち着いたら・・・と言ってくれるし、

もちろん、前もって約束をしてから会う。

それにもう1つ驚いたのは、昨日、我が家に来た友人家族の子供(幼稚園児)が

Q2を抱きたいといっていたところ、母親から「あなたは風邪をひいているからダメでしょ!」と

言われていたので、ビックリ!

私は思わず、心の中で、「オイオイ!そんな状態で家に連れて来るなよ!」と

突っ込みを入れていた。011.gif

Q2を見に来てくれたのは、本当にありがたいと思うが、韓国では相手に対する考慮が

欠けているように感じる。

なので、やっぱり私自身は素直にありがたいと思えなくなる。

それに2週も続けて、週末にそういう行事を受け入れるナンピョンにもむかつくし、

常にナンピョンから友人家族と仲良く(韓国語で)話すようプレッシャ-をかけられているので

しんどい。

昨日も最初は頑張ろうとしたが、奥さん達だけの会話が始まると、ペ-スが早くて

疲れてきた。

もう最後は、どうでもいいわ~という感じ。

先週末はこれ以外にも義次兄宅に訪問したし、今週は車で3~4時間かけてナンピョンの

実家に行って1泊2日しなければいけないし、何だか気が休まる気がしない。

料理や裁縫をして楽しくやっているような気もするが、冷静に考えてみると、そうやって気分を

紛らわせていかないと日々の生活をやっていけないのかな~とも思う。


湿疹の話しに戻るが、前回にぶり返した時、処方されたステロイド他、また薬を飲み出した。

しかし、それを飲んでも、さらに悪化するので、先生から、「治療をしているのに、

こんなに悪化するのは、皮膚だけの病気ではない。」と言われた。

先生からは最近、引越しをしたのか?や大きな出来事はあったのか?などを質問された。

しかし、出産以外には思い当たらず。

さらに他のストレスについて聞かれるが、そんなことをいちいちあげていたらきりがないので、

先生には、「ストレスは常にある」というと、それを韓国人のようにどんどん解消するように

言われた。←日本に何度もいったことがある先生なので、日本人の気質を知っている

そして、新しい薬が追加された。

その薬を飲み出してから、症状が改善。

次に受診をした時に、あまりに効果があったので、先生に何の薬を出したのか質問。

すると、先生は「どうしても知りたいの?(結局、私がハイといっても教えてくれず)

そういう薬なの・・・」と言うだけだった。

内緒で治験でもされているのかな?と思うと怖いし、自分が何の薬を飲んでいるのか、

具体的に把握していないと嫌なので、薬局で聞いてみた。

すると、マイナ-トランキライザ-(いわいる精神安定剤で不安・緊張・抑うつを和らげる薬)

だった。

先生が言葉を濁した意味も理解できた。

効いたからいいけど、毒を盛られたような気もするし、飲む前に一言いってくれ~!!って

感じだった。

ちなみに、この薬を飲むと同時に、ナンピョンから山参(山で採れる天然の高麗人参で効能が

高麗人参より高い)を食べさせられたので、この時点で湿疹が改善したのは、

何が効いたのかははっきりわからない。

ナンピョンは、私の湿疹にストレスが影響しているといった医者に対して、憤慨していて、

「ストレスのない人間なんかいない。ストレスを取り除くより、免疫を高める方が大事だろ!」

と言っていた。

これに対して、私は心の中で、「あんたのちょっとした努力で私のストレスがどれだけ

軽減すると思ってるねん?あんたは私が今までどれだけ苦労してきたのかを見ているのに、

それがストレスになっているというのが、まだわからんの?」と毒づいた。


話を元に戻し、そうこうして定期的に飲んでいた薬も頓服になり、早くQ2のために

授乳を再開したいので、頓服も極力飲まず、少しの湿疹と痒みは我慢をしていた。

そして、遂に先週の半ばから授乳を再開。

久々に母乳を飲んだQ2だったが、別に嫌がることもなく、粉ミルク同様に飲んでくれ安心。

これからは頑張って、減ってしまった母乳も少しずつ戻して、粉ミルクとの割合を

変えて行こうと思っていた矢先の湿疹の2度目のぶり返し。←元々、母乳と粉ミルクの

混合育児だったが・・・

今日は昨日より、さらに痒みが増強し、薬なしでは耐えられなくなってきた。

でも、1回でも多く母乳を・・・と思い、薬を飲むことを我慢。

しかし、遂にギブアップ。

さっき、最後に飲ませる母乳を搾乳してから、もうこの先、Q2に母乳を飲ませることはないと

心に決め、薬を飲んだ。

そこまで母乳にこだわる必要はないかもしれないが、今は敗北感と情けなさが・・・。

「母親なら、痒みくらい耐えろよ!」と自分で自分に怒っている。


こういう風に書いていると、何だか私が子供に対して、とってもいい母親のような感じに

なるかもしれないが、実際は全く違うと思う。

私の自己中心的な考え・生き方を誰よりも自分自身がよくわかっている。

昨夜もそれを再確認。

ミルクを飲んだ後、抱いていたQ2がやや大量にミルクを吐いた。

Q2の口元や服はもちろん汚れていたが、私の服も腕も汚れた。

瞬間的に、私はそのままQ2をベッドに置いて、自分の腕を先に洗っていた。

汚れたQ2の顔を見て、「自分を先に洗う母親なんておらんよな?!ごめん、Q2」と

思った。048.gif

自分の腕を洗わないと、全部の処置がスム-ズにできないと無意識に行動したのかも

しれない。

でも、やっぱり自己中の表れだと反省。

その罪悪感のような気持ちや、別の劣等感から、せめてQ2にできることはしてあげたいと

思うだけ・・・。

何ともいびつな私の心境。


なぜだか、今はあみんの「待つわ」が頭をグルグル旋回中。
by 2010neko | 2010-10-11 11:27 | 育児関連 | Comments(8)