人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー

カムジャオンシミで素朴な夕食

今日は約9年ぶりにナンピョンの故郷・江原道(山間側)の郷土料理であるカムジャオンシミ(ジャガイモ団子入りのスープ料理)を作った。

カムジャオンシミ(감자옹심이)のカムジャはジャガイモのことで、江原道はジャガイモの産地で有名。

そしてオンシミはセアルシム(鳥の卵くらいの団子:白玉団子みたいなもの)の方言。

まず、ジャガイモを擦り、布で濾してしっかり絞り水分を除去。

絞った水分はしばらく置いておくと、上澄み液とジャガイモの澱粉に分かれるので、先のジャガイモの絞りカスにこの澱粉だけ入れて混ぜ、白玉団子くらいの団子を作る。←ゆるければ片栗粉を足す

この作業の間に昆布や煮干し等でだし汁を作り、中に入れる野菜を切っておく。←私は玉ねぎ、人参、韓国カボチャ(ズッキーニ)、ニンニクのみじん切り

すべて準備できたら、沸騰させただし汁にジャガイモ団子を投入。

団子が浮いてきたら野菜を入れ、しばらくしたらクッカンジャン(主に汁物やナムルに使う韓国の醤油)とお塩で味付けし、好みで胡椒を入れて完成。

お店で食べるものは、かなりスープにとろみがあったり(ドロッドロなところもある)、江原道のもう1つの特産物である蕎麦を使った太めの麺が入っていたりする。

ジャガイモ団子はモッチリムッチリとして独特な食感で、ちょっとすいとんみたいな感じ。

あっさりした優しい味のスープ料理なので、日本人も好きな味だと思う。

今日はこれに、この前お寺料理教室で習ったピルムナムルチュモッパッ(ヒユのおにぎり)を作った。

↓今日の素朴な夕食
b0194098_21560996.jpg

Q2は最初、この夕食を見て、チキンが食べたい!といっていたけど、残りのおにぎりを握らせたらチキンのことも忘れ、嫌がっていた草のおにぎりも普通に食べていた。(笑)

ナンピョンも久しぶりに食べるカムジャオンシミが美味しかった様子。

2つとも地味な料理だけど、大満足な夕食で消化も良好。



by 2010neko | 2019-05-16 22:15 | 家ご飯 | Comments(0)