人気ブログランキング |

日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

日式(日本食)調理技能士のこと

今年の5月から3ヶ月間(週1で4時間〜4時間半)通っていた日式(日本食)調理技能士班。←日式調理技能士の資格取得を目的とした教室

本来4ヶ月で習うところ、調理室を大々的に工事するということで、3ヶ月に短縮し、試験に出る28品目をすべて習った。

1回につき2品習うだけでも体力的・精神的に辛いのに(先生のデモンストレーション後、各自自分で一から作る)、今回はほぼ毎回3品だったので、めちゃくちゃしんどかった。

ただ、今回は韓食(韓国食)調理技能士、中食(中国料理)調理技能士の時に習った超怖い先生が、牙を抜かれた虎のように大人しくなっていた。(笑)

というのも、基本の韓食調理技能士の資格を持っている上で、それ以外の調理技能士班に通うのがスタンダードとされているのに、今回、半数以上の生徒が無資格で習いに来た。

なので、包丁の砥ぎ方や魚のさばき方はもちろん、服装やマネキュア、心構えなど、私が見てもトホホな人が多く、先生も日本食を教える以前の問題だと、早々に諦めてしまった。←やりたい人は韓食技能士からやり直せという感じで...

それでも、新しい人達は先生が怖いとビビっていた。

いろんな感覚の違いから、同じグループの仲間とは何となく打ち解けられず、特に私の相棒になったアジュマは、授業は韓国語であんたは韓国人やろ?といいたくなるくらい、私に作り方を聞いてきて辟易した。←私が日本人で日本食について知っているからと聞いてくるのではない

うちのグループ(4人)は授業終了後、お茶もほとんどしなかったかったので、私はいつも中食の時に一緒だった仲間達&他のグループとお茶をして、ストレス発散。

↓試験に出る日本食28品目(すべて先生作)
b0194098_13244662.jpg

b0194098_13244782.jpg

b0194098_13251450.jpg

b0194098_13251447.jpg

b0194098_13251404.jpg

b0194098_13254131.jpg

b0194098_13254128.jpg

日本食ではあるものの、牛肉の唐揚げとか、醤油味の海鮮うどん焼きとか、鮑と野菜のバター炒めとか、韓国チックなおでんとか、山椒をかけるワカメと豆腐のお味噌汁とか、ツッコミどころ満載だった。(笑)

とにかく日食は、まるごとの鯛をさばいたり、生の魚を扱うことが多くて面倒だった。←鯛の頭や骨を切るごとに出刃包丁の刃が欠けていくので手入れに苦労した

でも、お刺し身や握り寿司等、作り手の手の触れ具合やスピード、包丁の切り方により、鮮度が全く違ってくるのがよ〜くわかり、勉強になった。

実技試験についてはまた後日。
by 2010neko | 2018-11-27 14:20 | 料理教室 | Comments(0)