日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

映画「あん」

今日は昨日の家族キャンプの疲れでバテバテ。

家から出ないことにした。

昼食後、Q2と夏を題材にした折り紙をいくつか作り、その後、Q2は一人で公園に...。

私は昼寝でもしようかと思ったが、時間がもったいない気がして、家で映画を観ることにした。

うちのケーブルテレビで無料で観れるものを探していると、日本の映画「あん」があったので、久々に邦画をチョイス。

「あん」についてはこちら

b0194098_18442651.jpg


最初から暗いこと、暗いこと。(笑)

静かと表現すればいいのだけど、フランスや日本の映画って独特な感じ。

それと、樹木希林や樹木希林の実の孫(内田伽羅)が一般人そのもので(いい意味で演技でなく、私達の周りに普通にいる人みたい)、何これ?みたいな...。

それに途中まで気が付かなかった永瀬正敏。

私が永瀬正敏を観るのは10年以上ぶりだったので、あまりのおやじぶりにびっくりした。

あんこを丁寧に作るシーン(料理番組か?とツッコミを入れたくなるくらい)とか、?と感じる部分が続出だったものの、映像が綺麗だったので、そのまま頑張って観ていた。

すると、中盤辺りから夢中に...。

題材にハンセン病を扱っているので話も重くなりがちだけど、心に響くものがあったし(永瀬正敏が樹木希林の録音を聴く部分には泣けた)、とにかく風景の撮り方や映像・音声が心地よく、実際に自分がそれを観て風を感じている気分になった。

演技を観ていて、樹木希林や市原節子って、やっぱりすごい女優なんだと思う。

とにかく、いいヒーリングになった映画だった。
[PR]
by 2010neko | 2017-06-11 18:26 | 映画・ドラマ | Comments(0)