日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

悲しいガナッシュクリームのミニブッセ他

同じアパートに住む韓国人ママ友がお茶に誘ってくれた。

このママ友には日本から帰って来て、まだ挨拶をしていなかったが、他の韓国人ママ友から私が日本から帰って来たことを聞いて連絡をくれた。

しかし、カカオトークでやり取りをしていると一抹の不安が...。

Q2と幼稚園は違うが、同じ年で同じ小学校にも通うし、私の感じていることとは違うかも...と思いつつ、お宅訪問。

当日は朝からガナッシュクリームのミニブッセを作り、田舎で購入した菊茶と一緒に持参。

↓なかなか美味しくできたミニブッセ
b0194098_01244730.jpg


そのママ友は、私との再会をすごく喜んでくれ、ああ私の不安はやっぱり間違っていた...と思い直していたところ、途中からママ友が最近始めた仕事について話し始めた。

韓国では誰もが知る本(学習誌)の会社で自分の子供のために勉強している(また子供もそれで今学習中)という内容から始まったが、要は私にその会社の本を買わないか?というセールスだった。

やっぱりな〜と納得半分、悲しさ半分。

確かに、身近にいろんな関連性のある本が読める環境は大事だし、Q2に本に対する興味を持ってもらいたいとは思うが、なんせ(アプリも含めた学習代&本代)日本円にして約100万円。

今、子供に投資しないでどうするの?!とか、言われたけど、そんなお金なんてないし...。

私には経済権がないから無理と言ったものの、それならナンピョンに直に説明すると言ってきた。

ナンピョンも私の付き合いを考慮して、そのママ友の話は聞いてくれることになったが、最後は断るので、そのストレスも半端ではない。

今ナンピョンはまた数日の出張で不在のため、ママ友には説明の日の日にちを告げずにいたら、一昨日はアパート内の公園に自分の子とQ2を遊ばせるために来た!と言って去って行った。

ありがたいけど、かなりのプレッシャー。

まあ、それはさておき手土産で作ったミニブッセ。

すぐに食べないなら、冷蔵庫にしまってね!とお願いしたにも関わらず、そのまま放置されていたので(後から考えるとママ友は私にいつセールスの話をしようかと上の空だったのだと思う)、韓国化してしまった私は勝手にママ友宅の冷蔵庫にブッセを入れてきた。(笑)

悲しいミニブッセ。



もう1つもトホホな話。

熊本の地震ニュースからしばらくして、韓食調理技能師教室の仲間であったA氏から日本の家族は大丈夫なのか?と連絡が来た。

しかし、彼女は教室終了時の打ち上げ会にも参加しなかったし、私とはもう2年会っていなかった。←当時は同じ班だったし、お茶したり、帰りも車でよく送ってくれた

で、久しぶりなのでランチでもしようということになり、家の近所にあるしゃぶしゃぶブッフェで再会。

普通に話していると、途中から中学生になる自分の息子が日本語に興味を持ち、一人で勉強しているとのこと。

相手はっきりとは言わなかったが、暗に私に無料で日本語を教えてもらえたら...との内容だったので、即、私は日本語を教えるのは嫌いと返答。

今までにも、こういう風に近づいてくる人がいたので、またか〜という感じだったが、いっきにテンションダウン。

そして、お会計。

私がまとめて払ったが(韓国的には私が年上なので親しければ私がおごるが、もうこの子とは会わないだろうと思ったので割り勘にするつもりだった)、私が会計を済ませた瞬間、「オンニ(お姉さん)、ご馳走さま!次は私がおごるわね!」と腕組みまでされて言われたので、何も言えず。(笑)

なんて厚かましい...。←向こうももう誘ってこないのはわかっているのに〜

これらを含めて最近の悲しかった話を、別の仲良しの韓国人友達に話すと、「気にすることはない。友達というものは、情報交換とか、何かの目的で一緒にいることも多いよ。」と諭された。

そして、その子からさらにどきつい現在進行形の友達(親友だったらしい)の話を聞き、人間不信に陥るし、滅入っていた気分がさらに塞いだのだった。

よくよく考えると、こういうことの積み重ねが私の心身を蝕んでいくんだと思う。

先週末から私は突然全身の蕁麻疹で大変なことになっている。

これに関する話はまた後日。

頑張れ私!!!

日本にいる心からの友達たちに会いたい...。
[PR]
by 2010neko | 2016-05-18 01:16 | お菓子 | Comments(0)