日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ほっと一息

Q2の夏休みが終わった8月末頃、私の子育てのイライラがピークで、すべてを投げ出してしまいたい衝動にかられた。

原因はいろいろあった。

まずは、一人で育児・教育等をしなければいけないストレス。←夏休みに日本に行けたけど、残り半分の夏休みで四六時中Q2といなければいけないのが辛かった(塾の宿題とかさせるのもストレス)

次は、なかなか治らない副鼻腔炎で頭痛や歯痛等があり、体調が悪かった。

その上、バスから降りる時にQ2の足が私の足に当たり、バランスを崩した私はこけて脛を強打。

結果、左脛を3針縫うはめになり、毎日のように耳鼻咽喉科と外科のはしご状態で、気が滅入っていた。

そして、最大の原因はQ2が中間反抗期か?と思うくい悪態をつくことだった。

もう、ムカつくこと極まりなく、何度、「そんなに嫌なら家を出て行け〜!!!」と叫んだことか...。

偉そうにするくせに夜は怖いからと、私と一緒に寝ようとする。

これまたうざいので、私:「もう頼むから、別に寝て!」、Q2:「嫌!」のエンドレス。

これ以上、一緒にいたらQ2をボコボコにしてしまう!と思った時、ナンピョンが出張先から半日だけ帰って来た。

すぐにナンピョンにQ2を預け、一人で出かけた。

私はイライラしていたせいか、急に甘いものが食べたくなり(普段はあまり甘いものを食べたいと思わない)、ケーキが美味しい静かなカフェに向かった。

でも、運悪く日曜日が定休日で閉まっていて、がっかり。

仕方がないのでウロウロしていたら、パンケーキのカフェがあったので、一人で入店した。

周りは家族連れや友達・カップルばかり。

ちょっと気が引けたものの、綺麗な庭のあるテラス席に近い場所に座り、オリジナルパンケーキとアイスコーヒーを注文した。

大きな期待はしていなかったのに、思いがけず美味しくて、怒りがスッと引いていった。

塩気の利いた甘さ控えめのパンケーキを食べながら、Q2に食べさせてあげたいな〜と思い、Q2の携帯電話にメッセージと写真を送った。

すると、電話がかかってきた。

私だけずるい!といっていたけど、可愛らしい返事が返ってきた。

それからネットで、私と同じように、子供が中間反抗期で悩む人の相談コーナーをむさぶるように読んだり、頼りになるMちゃんにアドバイスをもらうことで、私はQ2への対応を少し変えることができた。

今も腹が立つことは多々あるけど、前よりは切れることが減ったし、何より私が変化することで、Q2の態度も軟化してきた。

この日、2時間でもほっとできたのは、本当にありがたいな〜と感じた。

ぎりぎりで頑張っているお母さん達を始め、老若男女問わず、みんなが少しでもほっとできる時間を持てるといいなと、真剣に思った。

後日、Q2を連れて、このパンケーキカフェを再訪。

一人もいいけど、二人もいいな。

↓パンケーキカフェにて(1回目&2回目)
b0194098_21495973.jpg








[PR]
# by 2010neko | 2018-09-17 22:00 | 育児関連 | Comments(0)

最近のおやつ

長い間、習い事等で忙しく動いていたので、9月からは韓国語以外の定期的な習い事はしばらくしないことに決めた。

なので、平日は時間的に余裕ができた。

Q2が小学生になってから、スナック菓子ばかり与えていたのを反省し、ここのところ、また手作り&腹持ちのいいおやつを作りに励んでいる。

↓パン系おやつ
b0194098_16560937.jpg
右から時計回りに、ふわふわパンケーキ、レイチェルのパリの小さなキッチンよりクロックマダムマフィン、パンの耳ラスク、ミニウインナーパン、(結局買った)門間みかさんの本よりブランチタイム、コーンツナマヨパン。

↓ご飯系おやつ

b0194098_17091801.jpg

真っ赤なのはトッコッチ(韓国餅の串刺し・コチュジャンソースの甘辛味)、ウインナーと韓国餅が交互に串刺しになるトッコッチの一種でソットッソットッ(Q2が好きなケチャップとハニーマスタードソース味)、かっぱ巻き、チャーハンをミニ卵焼きで巻くケランマリパッ。

その他、Q2が韓国のトッ(お餅)を使ったおやつやチャジャンソースが大好きなので、韓国餅やご飯にチャジャンソースをかけて食べたり、日本の切り餅で餅たま(お餅を薄焼き卵焼きの上に乗せて包み、お好み焼き風に食べる)を作って食べたりしている。

夏あたりからSNSや子供番組で話題になっているソットッソットッ(ソーセージのソ、お餅のトックが交互に来るので、この名前)。

子供番組でも、自分達で作るコーナーがあるため、Q2からリクエストを受けて作ったけど、刺して焼くだけなので、超簡単。←ソースは好みで変えればいい

ソットッソットッも餅たまも5分〜10分あれば簡単にできるのでお勧め!

でも、私の一押しはケランマリパッとかっぱ巻き。

ケランマリパッは他のものより手間がかなりかかる。

でも、オムライスとはまた違う味だし、食べた感じが新鮮で美味しい。

それとかっぱ巻きに至っては、この歳になってから、かっぱ巻きの美味しさに目覚めたという感じで、私が毎日食べたいと思ってしまう。

何だか、おやつにしては全部ガッツリすぎる気もするけど、買ったお菓子を片っ端から食べられるよりマシかな〜と思い、楽しく作っている。←出来るだけお菓子の買い置きも辞めた

最近は夕食に何を作るかより、おやつに何を作るかの方が重要かつ楽しい。

あと、季節もいいので本も読みたいし、自分の布かばんも作りたい。

秋っていいな〜。

[PR]
# by 2010neko | 2018-09-17 16:31 | お菓子 | Comments(0)

小さな幸せ

ナンピョンが先週末に帰って来た。

でも、週末は小雨&曇り空。

短い秋の間に、家族3人でピクニックに行きたかったのに、それが叶わなかった。

今回を逃すと、3人ではもう行けそうにない。(T_T)


土曜日の午後は、私がある試験を受けていたので、ナンピョンとQ2が試験会場まで送り迎えしてくれた。

試験終了後は、私が疲れていたので、夕食を食べに行くことにした。

ナンピョンも私も肉や魚をガッツリ食べたい気分ではなく、何を食べるか悩んでいたところ、小雨が降っていたので、ジョン(チヂミ)とマッコリが浮かんできた。

韓国では雨が降ると、ジョン(チヂミ)とマッコリを思い浮かべる人が結構いる。

諸説はいろいろあるけど、雨の音がチヂミを焼く音に似ているからという説を聞くことが多いように思う。

あとは、手軽に家にあるもので作れるからかな?

で、私達は結婚して初めてジョン(チヂミ)専門店を訪れた。←ナンピョンは当然行ったことがある

雨の日に、みんな本当にチヂミなんか食べるのかな?と思って、お店に入ったら、結構、お客さんがいたので、ビックリした。←しかも、いろんなお酒があるのに、マッコリ率高し!

↓注文した모듬전(チヂミ盛り合わせ)&날치알주먹밥(トビコのおにぎり:自分で握るタイプ)&マッコリ
b0194098_14455677.jpg

いつもナンピョン実家で、お盆やお正月に大量に作るチヂミ類を思い浮かべると、あまり食欲がわかないのに、こうやって食べると、格別に美味しく感じた。←生マッコリもチヂミによく合う!

それに、みんなで久々に和気あいあいと話しながら食べたので、楽しかった。

これなら、また来たいかも...。


翌日も同じような天気だったので、午後からドライブがてら、行きたいと思っていたパン屋さんへ。

「하얀풍차(白い風車)」というチェーン店のパン屋。

料理教室仲間から、ここのパンは美味しいと聞いていたものの、いつもの上から目線で訪問。(笑)

↓ホワイトロール、ピーカンモンスター、チーズロール?とアイスコーヒーをチョイス(Q2はチョコ牛乳)
b0194098_14584786.jpg

正直、ホワイトロールやチーズロール?はまあ美味しいかな〜という程度だったけど、ナンピョンが選んだピーカンモンスター(パイ生地にシナモン)がすっごく美味しくて、プチ感動。←パイ系がそれほど好きでないのに...

値段は全体的に高い。

でも、今回、お店イチオシのチーズバケットを買えなかったので(売り切れ)、また再訪して味を確かめたいと思う。

その後、近くのSTRが発着するD駅を探検。

みんなで、いつ行けるかわからない旅行に思いを馳せながら、列車の時間や値段を調べたりした。(笑)


そして、帰ってから一大イベント。

今回、ナンピョンが出張から帰って来る時、「牛タンが手に入るけどいる?」と聞いてきた。

韓国では特殊な部位を取り扱っている一部の焼き肉屋等でないと、牛タンは食べられない。

ナンピョンも韓国では食べたことがなくて、日本の焼き肉屋で初めて食べてから牛タンファンになった。

それで、私も普通に「いる!いる!」と答えたら、舌丸ごと持って帰って来たので、ひっくり返りそうになった。

誰がさばくねん?!

私の感覚ではスライスした牛タンしか頭になかった。

だから、ものすごい塊(気管や舌周囲の脂肪や筋肉がばーんとついた)と、でろんと伸びた舌を見た時は泣きそうになった。←ナンピョンが食堂のおばさんと知り合いになって、入手先を紹介してもらったらしい

でも、綺麗に研いだばかりの出刃包丁もあったので、ユーチューブで勉強してから、生まれて初めて牛タンをさばいてみた!

まな板くらいあるグロい牛タンと格闘。

舌の皮を剥いだり、切ったりしながら、自分が痛い!痛い!という何ともいえない感覚に...。

血も出るので、後片付けや消毒を合わせると2時間近くかかった。

お店みたいにきれいにはさばけなかったけど、ちゃんと部位別に分けられた。

さばいたところを思い出すと、食べる気にならなかったものの、3人で牛タン焼き肉の夕食。

↓牛タンパーティー(一応怖いので念入りに焼いてみた)
b0194098_15302712.jpg

グロすぎるので、牛タン丸ごとの写真は撮らなかった。

レモン汁&ヒマラヤのピンク塩、そして、ネギ塩で食べてみた。

う〜ん、美味しい〜!!!

やはり上タン部分をネギ塩と一緒に食べるのが一番美味しかった!

普通、硬いからタンシチューとかにする部分も焼き肉にしてみたら、噛みごたえがある普通の焼き肉っぽくて、これまた美味しかった。

ナンピョンも大満足!

でも、怖すぎるので、もう二度とさばきたくない。(汗)


こんな感じで2日間が過ぎた。

昨日の夜、Q2に「どこも行けんかったから面白くなかったやろ?」と聞くと、「家族で一緒にいたから楽しかった。」と...。

ここ最近、反抗期かと思うくらい言動が荒れているQ2だったけど、週末は不思議な程、穏やかで声のトーンまで違っていた。

ほのぼのとした時間の中で、小さな幸せを感じた週末だった。






[PR]
# by 2010neko | 2018-09-17 15:40 | お出かけ | Comments(0)
昨日はQ2とソウルにある전쟁기념관(戦争記念館)と、その敷地内にある어린이박물관(子供博物館)へ行ってきた。

ここは、韓国の戦争に関する記念館&博物館。

百済、新羅、高句麗などの戦いを始め、日本でいう文禄の役(朝鮮出兵)や朝鮮戦争などをわかりやすく学べる。

ただし、日本人の私から見ると、(韓国の)民族意識を強烈に植えつけるようなところや、特定の人物を過度に英雄視しすぎるところが気になった。

何というか、ウリナラ万歳〜という言葉がピッタリな場所。

でも、Q2共々、勉強になったし(当然ながら、日本の解釈と違うところもある)、敷地内が公園みたいになっているので気持ち良く、行って良かった。

↓今回は敷地内にある子供博物館がメイン(ここは要予約)
b0194098_21044593.jpg

子供博物館は、主要な人物や歴史をコンパクトにまとめ、アニメや遊びで学べるようになっている。

子供博物館の周囲は、屋根付きのテーブルや椅子、ベンチ等、たくさんあるので、お弁当も食べられる。


↓次は屋外展示場&記念館
b0194098_21180355.jpg

屋外展示場では戦闘機や戦車などがずらりと展示されていて、一部、内部まで見学できる。

きれいな池で鯉に餌をあげられるので、Q2の希望で餌やりもした。←1000ウォン

屋外展示場の1つで、第ニ延坪海戦に関する資料館があり、そこで3D映像を見た。

韓国と北朝鮮の関係について考えさせられる映像だったし、殉職した人のことを思うとやりきれなかった。

最後の記念館では、まず館内のカフェでお茶。

Q2がまだ韓国近代史をほとんど知らないので、休憩後、昔の戦争のことがわかる戦争歴史館Ⅰ・Ⅱ(1階)だけを見て回った。←近代史の部分の2階・3階はスルー

記念館にも、展示以外にいろんな映像室があり、時間制で見られるので、内外合わせて、じっくりすべてを見るとなると1日がかりかな。

小学3年生から、記念館内の解説やイベントに参加できるようなので、Q2が近代史を習い出したら(クラブ活動みたいな放課後授業で歴史論述というのを選択している)、また再訪したいと思う。
[PR]
# by 2010neko | 2018-09-03 20:03 | Comments(0)

スライムカフェ

韓国で少し前から流行っているスライム。

スライム自体は私が子供の時からあるけど、最近の韓国のスライムは進化したスライム。

昔のブニュブニュした緑のものではなく、色・香り・触感・デコレーションなど様々。

学校前の文具店にもいろんな種類のスライムが並んでいる。

そして、今年の春頃からでき始めたのが、子供が自分で好みのスライムを作ることができる「スライムカフェ」。

最近、うちの近くの地域にできたので、Mちゃん母子と一緒に行ってきた。

↓スライムカフェにて
b0194098_17573912.jpg

まず、カフェの受付で子供一人当たり17000ウォン(材料&受講費)を払う。←親は無料(飲み物や食べ物は別注文、注文しなくてもOK)、時間は1時間半まで

デコレーション用のパーツを入れる容器をもらい、自分の好きなものを選ぶ。←蓋が閉まる量で1度だけ

テーブルにボウルやヘラ、水のりなどがセッティングされ(使い捨てのエプロンも配られるので着用)、1テーブルに店員さん1人が付いて、作り方を順次説明してくれるので、その通りに混ぜていく。←スライム自体から作る

粘りが出てきたら、色と香りを選択し(店員さんが着色料と香料を入れてくれる)、さらに捏ねる。

最後に、最初に選んだパーツ類を入れ、混ぜ合わせて完成。←柔らかさはグリセリンで調整できる

容器に入れてお持ち帰り。


Q2は、海をイメージしたらしく、青色にレモンの香り&パーツは真珠や貝殻型を中心に入れたとのこと。

T1君は赤色にリンゴの香り、T2君は紫に綿菓子の香り。

みんな、いろいろ個性があり、見ていて楽しかった。

Q2は元々、市販スライムにはまっていたし、YouTube等の動画で手作りスライムを見ていたので、このスライムカフェの虜に...。

そして、すぐに再訪。

↓今度は森をイメージし(笑)、緑色にラメや木の実っぽいものを入れ、サイダーの香りで作ってきた。←高いので、行きたければアッパがいる時に連れて行ってもらい!と説明

b0194098_18325475.jpg

週末は人がいっぱいで、並ばなければいけないくらい流行っている。

でも、1年しないうちに無くなるような気がするので、興味がある人は今のうちにGO GO。

[PR]
# by 2010neko | 2018-08-31 17:44 | 育児関連 | Comments(0)