日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:資格関連 ( 47 ) タグの人気記事

罵声

昨日は、中食(中華)調理技能士の教室の日だった。

昨日のメニューはセウ ケチャップ ポックン(海老のケチャップ炒め)と、ヤチェ ポックン(野菜炒め)。

先生が、最初から最後まで怒りまくりで、生徒に注意するのではなく、罵声レベル。

聞いていて気分が悪いし、また相手を殴りたい衝動に駆られた。

最近、嫌なことがあると、前にあった似たような出来事と、その時の怒りの感情がフラッシュバックし、抑えようのない怒りに...。

体調が悪いのもあるけど、心の中をすっきりさせないと、怒りに任せて、本当に人を殴ってしまうのではないかと思う時がある。

話を戻し、みんな、教室に中食(中華)の基本を習いに来ているのに、先生の説明&デモンストレーション中の写真や動画撮影はおろか、メモも禁止。

すべて頭に叩き込めというが、おばさん達の記憶は定かではない。

それを言う通りにしない!といわれても困る。

言う通りにしようと思っていても、どうするのか忘れてしまったり、時間の関係で焦ってできないこともある。

できないから、回を重ねたり練習して、上手くなればいいやん?!と思う。

例えば、昨日の罵声。←私が関西育ちなのもあるけど、先生の口調が本当にこんな感じ

「小学生でも卵焼きを(デモンストレーションと)同じように作れといえば、10人中9人ができる。なのに、あんた達は何なん?小学生以下やん!韓食の免許を持っていること自体、嘘やろ!」

「きちんと決められたサイズ通りに切れといわれて、それを難しいという意味がわからん。頭を使って考えろといってるわけじゃないのに、何が難しいんや?!」

「さっき、(指示されたことをきちんと)できなかった奴は、自分で馬鹿ですといえ!」

説明中にちょっと後ろを向いていた生徒に「(教室から)出て行け!」

他には、同じ班のオンニ(私より年上の人なのでお姉さんと呼んでいる)が、この日、衛生帽から髪の毛がたくさん出ていた。

それを見た先生が同じ班の人間は手を挙げろというので、私を含めた3人が手を挙げると、「なんで、これを注意しないんや?試験に落ちたらいいとでも思っているんか?」と...。

前に衛生服についての注意は散々受けているし、もう大人なんだから、団体責任って...。

このオンニ、ちょっと天然というか、この日、すごいマネキュアまでしていた。

さすがにこれはないと思い、授業前にマネキュアについて注意し、前掛けの正しい締め方もわからないというので、一緒にやりながら教えてあげた。←マネキュアは取り忘れたらしい

それでもって、髪の毛で怒られたので、トホホな気分だった。

その後も、先生の罵声は続き、もううんざり〜辞めてやる〜!!!と思ったけど、お金がもったいないし、なぜ先生のために私が辞めないといけないのか?!と思い直した。

帰り道、私と同じ年の班長と先生のことを話していると、班長もなぜこんなに厳しいのか理解できないし、先生自体に適応できないといっていた。

生徒が何クソと思って頑張るのを期待しているのかもしれないけど、今の時代には全く合わないと思う。

ただ、先生が料理について教えていることは、原理原則から見ると理に適っていることなので、それだけしっかり学んで、罵声時、これからは妄想タイムに切り替えていくよう努力しようと思う。

は〜、でもやっぱり行きたくない。

ちなみに今回の海老のケチャップ炒めは、衣の生地がゆるすぎたので、まばらに衣が揚がった上、揚げ温度が低く、油ギッシュに...。

ケチャップもしっかり炒めていないので、暗い赤色にならず。

結果は当然、不合格。

野菜炒めは、サイズも揃い、なかなかの出来と思いきや、汁気があるといわれ不合格。

出来るだけ忠実にやっているけど、これを難しいとか、出来ないと普通にいえないのも、タプタッペ〜。


あっ、もう1つ思い出したことが...。

お玉はJの字になっているが、中華を作るのにお玉を使いやすいIの字(お玉と持ち手部分がまっすぐになるように)にしてくるよう先生がいっていた。

それをしていない生徒に対し、お玉を取り上げ、地面に起き、靴を履いたまま、怒りながらガンガン踏みつけ、I字のお玉に...。

みんな顔が引きつり、ドン引き。

どうしたもんだか...。




[PR]
by 2010neko | 2017-10-17 09:55 | 料理教室 | Comments(0)
今週月曜日にあった中食(中華)教室は揚げ物シリーズだった。

깐풍기(鶏の唐揚げの甘酢醤油)&빠스 옥수수(揚げトウモロコシ団子の糖蜜和え)を作った。

揚げ物だし、各ソースも単純そうなので楽勝?と思いきや、かつてないほどてんやわんやで、帰ったらソファでバタンキュー状態。

中食では、揚げ物は必ず2度揚げする(パサッとジューシーにするため)とのことだったが、各々揚げる温度が違うし、(試験では)ガスコンロは1つだけしか使用できない決まりなので、1度揚げた後にすぐソース作り。

そして、これまたソースの火消しのタイミングが少しでも遅れると、一瞬にして焦げるので、気が抜けず。

一生懸命やっていたけど、唐揚げソースは焦がすし、トウモロコシの糖蜜(食用油と砂糖で作る)に至っては真っ黒にしてしまい、やり直しを命じられた。

そして、この日も唐揚げの2度揚げをすっ飛ばす、トウモロコシ団子に卵黄を入れ忘れてしまうなどダメダメ。

焦りもあり、この日は3箇所もやけど。

わけがわからなくなり、途中から逃げて帰りたかった。←同じ班の韓国人達も同じような感じで、アップアップの私に聞いてくる(涙)

↓先生が作った作品
b0194098_21064784.jpg


↓私が作ったいづれも生煮えの作品(笑)
b0194098_21115153.jpg


来週、再来週とチュソク(韓国のお盆)に伴う10日間の連休で、中食教室も休み。

しばらく行かないでいいと思うと嬉しい〜。
[PR]
by 2010neko | 2017-09-27 20:32 | 料理教室 | Comments(4)

おさらいご飯1

毎週、中食(中華)の教室で習った料理は必ず家で復習している。←といっても、まだ3回

↓昨日習った양장피 잡채(洋張皮の雑菜)
b0194098_23113644.jpg
家で作ると緊張していないから根気が続かず、雑な仕上がりに...。←イカも省略

どこに何色を配置するのかも忘れてしまった。

後は家ご飯として食べるので、肉や魚介類に必要以上に火を入れてしまうので、野菜がくたっとしてしまうのが難点。

↓先週の復習は、짜춘권(揚げ卵春巻き)
b0194098_23221377.jpg
海老・ナマコ省略、タケノコの代わりに人参使用。

揚げ色がきれいに出て満足だけど、やっぱり材料を均一に切れない。


次は普通の料理教室の復習。

これは自分が気に入ったおかずだけ作っている。

↓初回分のメニューより
b0194098_23265739.jpg
통 삼겹살 와인소스 조림(丸ごとサムギョプサルのワインソース煮)、 오징어 볶음(イカの辛い炒め物)、육개장(ユッケジャン)、팽이버섯 초고추장 무침(えのきの酢コチュジャン和え)

[PR]
by 2010neko | 2017-09-19 22:54 | 家ご飯 | Comments(0)
昨日の中食(中華)の教室では、前菜で出てくる양장피 집채(洋張皮の雑菜)を作った。

これまた料理がややこしく、この日は全員(24人)の材料の準備〜最後の掃除をする担当まであったので、最初から最後まで緊張の連続だった。

↓先生が作った美しい양장피 집채(洋張皮の雑菜)
b0194098_00553428.jpg
外側は、キュウリ・人参・錦糸卵・海老・イカ・ナマコで、その周りにヤンチャンピというマロニーみたいな麺を飾り、中心は玉ねぎ・豚肉・キクラゲ・ニラを炒めたもの。

辛子酢ソースを別皿に作り、食べる時に混ぜて食べる。

昨日は自分の作ったものを写真に撮るのを忘れたが、きれいに出来たと褒められ、気分が良かった。

でも、先生には内緒だけど、辛子酢ソースの酢とお酒を間違え、全く違う味になっていた。(笑)

同じ班の仲間も穏やかないい人達で、少しずつ連帯感が出てきたような...。

今日は予定がキャンセルになったので、料理の復習でもするかな。







[PR]
by 2010neko | 2017-09-19 06:46 | 料理教室 | Comments(0)

짜춘권(揚げ春巻き)

今日の中食(中華)の教室では、짜춘권(揚げ春巻き)を作った。

私の中で春巻きといえば、具を春巻きの皮で包んで揚げた春巻きだったが、試験用の春巻きは薄焼き玉子で包んで揚げる春巻きだった。

ネットで調べてみると、これは中国の山東省の春巻きらしい。

この薄焼き玉子を揚げた春巻きも美味しいけど、やっぱり私は春巻きの皮派!

中身は豪華で、豚肉・ニラ・玉ねぎ・干し椎茸・筍・海老・ナマコ。

(韓国の試験用?)中食では、ニンニク・ネギ・生姜・ニラ・玉ねぎ・肉以外の材料は無条件、いったん、さっと茹でて(湯通しして)使う。←油通しの代わりなんだと思う、生で食べる時の野菜はゆでない

豚肉も塊から、自分で横長に開いて薄くし、そして繊維に沿って切るようにして0.3cmの太さの細切りにする。

材料を切る→湯通し→卵液を2回濾す→薄焼き玉子を焼く→具を順番に炒める→玉子で具を包む(小麦粉の糊づけ)→玉子春巻きを揚げる→きれいに切り分けて盛り付ける

とにかく、今日から使っている中華包丁の扱いにも慣れていないし(帰って見たら2箇所、爪先に切れ目が...)、料理自体がややこしくて大変だった。

先週から進歩したことといえば、炒める時にファイヤー(風味を良くするために液体調味料を入れた直後に鍋の中で炎をあげる)ができたこと。(笑)←みんな慣れていないので、できた人の中には怖くてキャ〜っと声をあげる人が何人かいて、先生がまた怒っていた

今日の強烈な出来事。

先生が「韓食の時はダメそうな生徒でも何とかついて来れるようにしてあげたけど、中食では切り捨てていく!説明も一度しかしないから肝に銘じておくように!」と...。

外国人とか関係ないのは頭でわかっているけど、やっぱり他の生徒より理解力が劣るので、なかなか厳しいな〜というか、何だか泣けそうだった。

↓今日作った짜춘권(玉子春巻き)
b0194098_22135580.jpg
見ての通り、揚げ色がまったくついておらず(温度が低いのと、早く引き上げすぎた)、具の豚肉や筍も太めな部分があり、不合格だった。


今日は帰ってすぐに、缶ビールを飲んで息抜き。

午後5時だったが外が明るかったので、Q2が「昼からお酒?!」と呆れていた。

あ〜、疲れた。
 
でも、作ったことのない料理が自分の力で完成するのは、ちょっとだけ楽しかったかも...。

[PR]
by 2010neko | 2017-09-11 21:30 | 料理教室 | Comments(2)
今日は中食調理技能士の筆記試験があった。

過去の模擬試験を4回分勉強しただけといういい加減さだったが、何とか合格。←ナンピョンにわからない問題は(4択なので)2番にするようにいわれ、その通りにした(笑)

これでみんなと同じスタートラインに立てた。


本当は今日、Q2と多文化家族(家族に外国人がいる)が参加できる과학놀이마당(科学遊び広場)というのに行くはずだった。

でも今週急遽、筆記試験になったので休みだったナンピョンにバトンタッチ。

この催しでは、小学生の子供達に、もの作りを通して、科学を身近に感じさせてくれる様子。

教えてくれるのは、サムソン電子の研究員。

バネや電気仕掛けのおもちゃを4種類くらい作り、最後は自分で作った車でみんなと競技。

Q2は1次予選がトップだったらしいが、2次予選では3位になり脱落〜。

でも、日本人の子にも会えて話したようだし、無料のお弁当等も食べ、なかなか楽しかった様子。

↓科学遊び広場にて
b0194098_00202971.jpg


↓ちなみに私の試験後の一人ご飯はまたケランマリキンパッ(薄焼き卵焼きで巻いたキンパッ)
b0194098_00270293.jpg



先週の日曜日は家族3人で久しぶりに융건릉(ユンゴンルン:隆健陵)へ。←王(父子)のお墓があるところで世界遺産になっている

昔はここでお弁当を持ってピクニックができたが、今では食べ物やピクニックシートの持ち込みも禁止になり、かなり残念。

↓ユンゴンルンにて(出た後はユンゴンルン前のカフェへ)
b0194098_00470880.jpg
この日は晴天で、空がすごくきれいだった。←なのに今日は、晴れているのに、火事があった?というくらい空気が汚れグレーな空だった

ナンピョンとQ2はトンボ、チョウ、バッタ、カマキリ、カエル、ザリガニなどを捕まえるのに大忙し。←捕まえても、すぐに逃がすけど...

この日、Q2は初めて自分一人でトンボを捕まえて大喜びだった。

海辺もいいけど、草木の匂いに癒される森(山)の自然もいいな〜。

明日もどこか緑のある近場へ散歩に出かけようと思う。
[PR]
by 2010neko | 2017-09-09 23:51 | お出かけ | Comments(2)
昨日から中食(中華)調理技能士の資格取得のための教室に通い始めた。←一体どこを目指しているのか...?迷走中

週1回3時間で4ヶ月通う。

25品目の中華料理を習い、実技試験では指定された2品目を作る。

韓食調理技能士の時の半分の品目だし、日常的に韓国人より中華料理を作っている強み?もあり、昨日まで中食は韓食を取るより楽勝だと考えていた私。

それが昨日、大きく覆された。

みんな韓食で基礎を勉強しているから(初級という考え)、中食は中級レベルと思うようにいわれた。

調べてみると、やはり韓食より中食の方が資格を取るのが難しい様子。

そして、実際に昨日の初実習で作った麻婆豆腐で撃沈。

火の使い方の難しさとスピードの速さにビックリ。

やっぱり、韓食の授業の時よりみんなの動きも早くてテキパキしている。

先生は相変わらず、すっごい怖くて(技術的にはとてもいい指導者だけど)、猛スピードでオリエンテーションをしながら、8月まで韓食技能士班にいた生徒達を怒る、怒る。(汗)

みんなの自己紹介もなく(28人くらいいると思う)、すぐに先生の実演になり、作る手順を頭に叩き込み(調味料の量や材料のサイズだけホワイトボードに記載している)、すぐに材料を受け取り、個人実習スタート。

1グループに4人いるが、どんな人かもわからず、みんな自分のことで精一杯だった。←終わった後、話すといい人達みたいでちょっと安心

私は調味料を入れるタイミングを間違っていたのと、若干の焦げ(完成品では見た目わからず)、豆腐のサイズの勘違いで、初っ端から駄目出しされた(不合格)。

緊張で完成品を写真に撮るのも忘れてしまった。

気力・体力を使い切り、帰る頃にはへたり込みそうになるし、帰ってからは頭痛・肩こり・吐気...。

週1だから何とか通えると思うけど、前途多難。

↓今日の自分用のお昼ご飯に、昨日の復習で麻婆豆腐を作った
b0194098_16261988.jpg
試験用のレシピは家で作る時より複雑><

それに豆腐を茹でる段階で茹ですぎた上に、片栗粉水を入れてから激しく混ぜたせいか豆腐に亀裂が...。


昨日衝撃だったことがもう1つ。

韓食調理技能士の資格があれば、中食調理技能士の筆記試験は生涯免除されると思っていたのに、違っていた。

各調理技能士(韓食、中食、日食、洋食、ふぐ)の資格取得日から2年間だけ、別の調理技能士の筆記が免除されるとのこと。

私は3年を経過しているため、また筆記試験を受けなければいけなかった。(涙)

みんなよりスタートラインが遅れてしまったが、やるしかない。

ということで、今週末に筆記試験の申請をした。

無謀もいいところだけど、ダメもとで頑張ろうと思う。
[PR]
by 2010neko | 2017-09-05 15:42 | 料理教室 | Comments(0)
昨日の日本のお菓子研究会(お菓子教室)は、日本から買ってきた抹茶で和泉光一さんの上原ロール(抹茶アレンジ)というのを作った。

↓これが上原ロール(抹茶アレンジ)、下はおやつタイムのガレットブルトンヌ
b0194098_14452178.jpg
右側と左側の生地の色にかなり差があるのは、実験と称して違う抹茶を使ったから。

↓右側のは先生から頼まれて買ってきた北川半兵衛商店の広葉という抹茶
b0194098_14524417.jpg


↓左側はうちに常備してある伊藤園のお〜いお茶
b0194098_14534679.jpeg


結果は色もさることながら、京都のお茶の方がしっかりお茶の香りだし、ザ・抹茶味だった。

でも、量を誤るとお菓子に苦味が出ると思う。

飲むのは、やはりお〜いお茶がいい。

先生のお茶はコスパがいいし、やはりお菓子やパン向きだということがわかった。

この2つのロールケーキを、さっき、家族3人で食べてみた。

ややしっとりなふんわり感で、甘さもかなり控えめなので美味しかった。

私は抹茶味がそんなに好きな方ではないのでリピはないけど、Q2とナンピョンは結構、気に入った様子。


週2で通っている製パン教室も残り2週間。

やはり、少しは上達してきたと実感したので、ここに通って良かったと思う。

↓水曜日に教室で作ったフランスパンとドーナツ
b0194098_15431537.jpg

教室で製パン技能師資格試験にまだ5人しか合格していない。

同じ班のオンニ(60歳)が来週結果発表があるらしいが、このオンニにはとにかく合格して欲しい。

オンニはコーヒーバリスターの資格も取るため、別の教室に通い、ダブルで頑張っている。

そして、次は引き続き、製菓の資格も取るため、今の教室に通うとのこと。

なぜ、頑張るのか聞いたところ、オンニは、将来、娘さんとカフェをするのが夢らしい。←土地もあるらしい(笑)

バイタリティーあるオンニを見ていると、自分ももっと頑張ろうと思える。

私は来月からしばらく休む期間を作り、Q2の教育等に専念するつもりだったのに、悩んだ末、また自分のことを優先してしまった。

ほんとに自己中心的で、いい母親ではないな〜と思う。

で、何をするかというと次は中食調理技能士(中華料理)の資格を取ることにした。

ナンピョンは、呆れるばかり。←費用も自分で捻出してね!と知らん顔(いつも自分で出してますけど?!)
 

教室は4年前に韓食調理技能士の資格を取るために通ったところで、同じ先生。


めちゃくちゃ怖い先生なのに、なぜ申し込んだろう?と後悔してしまったが、運良く?待機5人目の中、通うことになったので、やりなさい!ということだろうと自分に言い聞かせた。

来月からどうなることやら?
[PR]
by 2010neko | 2017-08-19 14:39 | 料理教室 | Comments(0)
昨日の製パン教室。

米粉食パンとソーセージパンを作った。

これで、製パン技能士の試験で必要な25種類のパンをすべて習ったことになる。

教室は8月末まであり、次回からまた最初のパンから順番に、自分達で配合表だけ見て、作っていくとのこと。

↓米粉食パン(米粉は30%のみ入っている)とソーセージパン(花型と葉っぱ型)
b0194098_14373924.jpg


[PR]
by 2010neko | 2017-07-11 14:22 | 料理教室 | Comments(0)
今朝、先週金曜日に受けた製パン技能士の実技試験の結果発表をスマホで確認。

点数はよくなかったけど、一応合格していた。

製パン技能士の資格が取れて嬉しいというより、心底もう二度とあの灼熱地獄の実技試験を受けなくていいということの方が嬉しかった。

そして、今日は製パン教室の日だった。

行ってすぐ先生に合格の報告をしてお礼をいった。

しばらくして、先生がみんなの前で私が合格したことを発表した。

私が教室で最初に合格したので、先生がかなり喜んでくれたのはいいが、みんなに日本人の私が難しいクリームパンで合格しているんだから、みんな資格を取るのが難しいとか言わないように!と話し、聞いていた私がドン引き。

そして、それからがしんどかった。

おめでとう!といってくれる仲間もいたけど、(開いた口がふさがらないくらい)すごい嫌味をいってくる人もいるし、明らかに今までと態度が違う人が何人かいた。

普段から私は教室で慎ましやかにパンを作っていて、今日も本当にいつもと変わらない態度でやっているのに、それすら特別視されることにかなり気疲れした。

帰りは気分が少し落ち込んで、ナンピョンにカカオメッセージを送ったら、応援メッセージが返ってきた。←こういう時は持つべきものはナンピョン(友達)だなと思った(笑)

今は気疲れしたためか、頭痛と肩こりで吐き気が...。

韓国では、人の良い状況が憎らしい時、ペガ アップダ(お腹が痛い)という。

私は人を羨ましいと思うことがあっても、その人に対し、ペガ アップダという心情になったことがないので、意地悪をする人の気持ちがわからない。

今日はあらためて、心が貧しい人間にはなりたくないと思った。←自分の腹黒いところは認めています(汗)

今日の教室では、干しブドウ食パンとベーグルを作った。

↓干しブドウ食パン
b0194098_15321492.jpg



↓ベーグル
b0194098_15325979.jpg



[PR]
by 2010neko | 2017-07-05 14:21 | 資格関連 | Comments(2)