日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:外食 ( 174 ) タグの人気記事

猫カフェ 他

昨日の夜、情報番組を見ていると猫カフェ(韓国ではコヤンイ カペという)が出てきた。

それを見ていたQ2が猫カフェに行きたい!というため、今日は3人でお出かけ。

まずは昼食。

↓いつも行くネンミョン(冷麺)屋で水冷麺
b0194098_22305113.jpg



食後、車で20分くらいのところにある猫カフェへ。
↓初の猫カフェ
b0194098_23114386.jpg
カフェに入ると、まずカフェスペースに小型犬がいた。

そして、もう1つのガラス張りの部屋に猫達がいた。

犬より猫が好きな我が家はまず猫部屋でしばらく過ごした。

座ると同時に膝に乗ってくる猫もいて、すごく可愛かった。

でも、黒いパンツは一瞬で毛だらけに...。(汗)


子猫達は、部屋の片隅の木箱スペースに何匹かいたが、狭い空間だったので、何だか可哀想な気がし、私だけ先に猫部屋を出てカフェスペースへ。

ここは入場料や時間制限がない代わりに、子供も含め1人1オーダー。

アイスコーヒーが何と1杯7000ウォン(約700円)。

飲みながらくつろごうと思っていると、やはりきれいにしていても動物臭がするし、犬や猫の毛が舞うので、神経質な私は心底ゆっくりできず。

そうこうしていると猫アレルギーのあるQ2が目の痒みを訴え出したため、1時間くらいで猫カフェを退散。

案外高くついたし、いろんな面で何だかな〜と思ってしまったが、猫を見れたQ2が可愛かったと喜んでいたので、まあ行って良かったかな。←でも、もう二度と行かないと思う


この日の韓国は中伏(チュンボッ)という日本の丑の日のような日だった。←夏の間に初伏、中伏、末伏の3回ある

日本で丑の日に鰻を食べるように、韓国でもこの日はサムゲタンなど栄養があるものを食べる日。

この前の初伏の時はQ2のリクエストでフライドチキンを出前して食べた。

そして、今回は大人優先で、夕食にチャンオクイ(鰻焼き)を食べに行った。

↓久々のチャンオ ソグム クイ(鰻の塩焼き:白焼き)
b0194098_23221408.jpg
鰻も美味しかったが、出てきたおかず類がすべて美味しかったので大満足。

穏やかな休日だった。
[PR]
by 2010neko | 2017-07-22 22:24 | お出かけ | Comments(0)
先週末は雨&曇りだったこともあり、みんなで遠出しよう!という気にならず、かといって家でじっとしているのも気分が下がるので近場をぶらぶら。

まずは昼食を食べにロッテリアへ。

その後、前から何か記念館があるな〜と思いながら、ずっと行くことがなかった場所に行ってみた。

それは「유엔군초전기념관(UN軍初戦記念館)」という記念館だった。

↓유엔군초전기념관(UN軍初戦記念館)
b0194098_21234451.jpg
この記念館は日本でいう朝鮮戦争(韓国では1950年6月25日始まった南北の戦争のため6.25戦争と呼ぶ)が勃発した場所ということで建てられたものだった。

この時のUN軍(国連軍・多国籍軍)は、韓国を軍事支援したアメリカを始めとする11カ国の軍隊から成り、韓国のために戦ってくれた軍人達を讃えるための記念館だった。

記念館前の広場には、昔の戦車や飛行機などが展示されている。

そして、記念館の中は朝鮮戦争が勃発した詳しい状況、参加した兵士や亡くなった兵士の写真やメッセージなどが展示されている。

結構新しい記念館なのに、PR不足なのか、はたまた市のやる気がないのか(税金で不必要なものを建ててしまった感満載)、来客者はほとんどいなかった。←維持費だけでも大変だと思う

一応勉強にはなったが、いろんな意味でとっても残念な記念館だった。

そして、Q2は全くもって関心なし。←朝鮮戦争の説明にはどうしても日本が絡んでくるので、私がQ2に話す時も慎重になる


記念館の後は、小さなアウトレットや文房具屋に行って、この日のお出かけ終了。

早く梅雨明けしてくれないかな〜。

[PR]
by 2010neko | 2017-07-17 20:30 | お出かけ | Comments(0)

신야식당2(深夜食堂2)

作日は韓国人友達と日本の映画「深夜食堂2」を観に行った。

b0194098_18084879.jpg
いつもながら物静かな映画だったが、映画に出てくる料理を見る度によだれが出そうになり、友達と「モッコシプタ〜!(食べた〜い!)」を連発。

深夜食堂はやはり内容より料理のインパクトが強く、今も映画の内容より誰がどのシーンで何を食べていたかを思い出す。(笑)

映画が終わってから、速攻で昼食を食べに移動。

友達が割引券があるということで、韓国のちょっとお高いファミリーレストラン「VIPS」へ。
b0194098_18092413.jpg
美味しいけど、やはり私にはヘビー。

食事が終わろうとしている時、Q2が学校で怪我をしたと連絡があり(映画鑑賞中に連絡があったのに気が付かず)、慌ただしくレストランを後にして学校へ。

そのことはまた書くとして、深夜食堂の影響で夕食はどうしても豚汁が食べたくなり、昨日の夕食は豚汁を作った。

やっぱり、日本食はほっとしていいわ〜。

↓深夜食堂風ではないけど、とりあえず豚汁
b0194098_18094294.jpg
なんやかんやで、昨日の夜はまたQ2関連で少し落ち込んだ。

浮き沈み激し過ぎ。

[PR]
by 2010neko | 2017-06-16 18:07 | 映画・ドラマ | Comments(0)

給食モニタリング初体験

Q2の小学校は、学校の役員およびクラス代表にならなければ、年に1回、日本でいう緑のおばさん活動だけをすればいい。

それ以外はすべて父兄のボランティア。

ボランティアは、学校周辺のパトロール、図書室の補助業務&読み聞かせ、給食モニタリングがある。

周囲のオンマ達は小学校のボランティアはしなくていいというが、何となく韓国の小学校を覗いてみたい気になり、私が出来そうな給食モニタリングというのを申し込んだ。

給食モニタリングには、(仕入れや保管状況の)検品、検食(試食)、配食(トレイに食事を盛る)の3種類がある。

これも選べるので、私は学校内のQ2と接触できる配食業務を選んだ。

5月初旬に行われた給食モニタリング説明会ではボランティアを志願した約30人のオンマ達が参加。

予め自分が参加できる日数や日程を書いて提出できるようになっていたので、私は月1の木曜日ならOKと書いて提出した。

でも、私が指定されたのは1年で1回だけだったので外国人だからかな?と不思議に思っていた。

でも、この日参加すると月2で指定されたオンマもいて、不公平だと不満者が続出。

スケジュールを立てた管理栄養士の先生がオンマ達からかなり責められていた。

先生がいうには、希望等の備考欄を見て考慮しながら作ったらしいが、不満をぶつけたオンマ達は何も書いていなかった様子。←月1くらいの参加だろうと思っていたらしい

そもそも、ボランティアなんだからそんなことで噛みつかなくても...と荒れる様子を見ながらボランティアを志願したことを少し後悔。(汗)

結局、またスケジュール表が組み直されることになり、最後はみんな公平になった。

それに伴い、私も年1回→月1回(6月だけ2回)の参加になった。

ちょっとがっかり...。(笑)


そして、今日は初めての配食ボランティアの日だった。

検品や検食はわかるけど、なぜ配食までオンマにやらせるのか理解できなかったため管理栄養士の先生に聞いてみると、給食のおばちゃん達が不親切という意見があり、父兄が配食に加わることで不親切な態度の抑止力になるからとのこと。

笑える理由!

職員の態度に問題があるなら、教育するなり解雇すればいいと思うのは私だけ?

やれやれ...と思いつつ、初めての体験でちょっと緊張。

11時半に学校の給食室に行き、着替えや消毒を済ませる。←清潔だったので安心した

その後、食堂で給食の昼食を給食のおばちゃん達と食べてから配食を始める。←検食は週1別の日にある

12時と13時の2部制で2階と3階の食堂で合わせて約600人の給食を準備。

父兄は自分の子供が食べる食堂に配置される(なので1日に2人のオンマが参加)。

↓今日の給食
b0194098_14453670.jpeg
無農薬黒米飯、カムジャスジェビ(じゃが芋入りすいとん)、タンスユッ(韓国酢豚)、ミオッチュルギポックン(ワカメの芽の炒め物)、カクトゥギ(大根キムチ)、りんご

薄味で体に良さげな感じだけど、もう少し美味しく作って欲しい気がした。←Q2の給食の反応がいまいちな理由がわかった

今日の私の担当はワカメの芽の炒め物。

盛り付ける量の配分が難しいし、子供達が次から次に流れてくるので、息つく暇もなし。←団体給食の仕事の大変さも経験できて良かった

トングで300人分入れていくだけで最後は指がつりそうになった。

でも、Q2が給食のおばさんをしている私を見つけて、飛び上がりながら喜んでいた。

母親がこうやって参加するのが、そんなに嬉しいのかな〜?

まあ、参加した甲斐があるというもの。

また2週間後、行ってきます。
[PR]
by 2010neko | 2017-06-08 15:00 | 小学校 | Comments(2)

みんなでインド料理

昨日は在韓日本人友達と一緒に、Q2が以前よく通っていたキッズクッキングカフェに行って来た。

母子4組(大人4人、子供5人)の計9人。

私が初めて会う母子(友達の子供の学校のママさん達)も2組いて、そのうち1組はインド人母子。

インド人母子は英語以外話せず、私は他の日本人二人に通訳してもらっていた。(汗)

やっぱり英語習おうかな?


でも、最終的にはどこの言語であれ、相手のことをわかりたいとか、相手に思いを伝えたいという気持ちが大事なんだと思う。

年々、そういう気持ちがなくなっている私。←歳のせいと思いたい

昨日のクッキングはクラムケーキ。

久々のクッキングはQ2も楽しかったらしい。

また夏休みの間、お世話になろうと思う。

↓キッズクッキングカフェにて&昼食後のノリト(室内遊び場)でレゴブロック
b0194098_09064607.jpg


昼食は(ベジタリアン)インド人母子に合わせ?インド料理屋へ。

↓ほうれん草のカレーやタンドリーチキン、インド焼きそばなど
b0194098_09123052.jpg
初めてのインド焼きそば(名前は忘れた)がスパイシーでかなり美味しかった。

昼食後は倉庫型のアウトレット服屋に行き、みんなでいろいろ買い、その後はノリト(室内遊び場)に移動し2時間程遊んで解散。


朝11時〜夕方5時まで不思議な環境で過ごし、楽しかったものの、それ以上に疲れが...。

今日はQ2を公園に遊びに行かせ、私は休養しようと思う。
[PR]
by 2010neko | 2017-06-04 08:43 | お出かけ | Comments(2)
今日はQ2のクラスモイム(クラスの集まり)の日だった。

前回決めた通り、平日働いているオンマ達も参加できるように土曜日にし、子供達も一緒。

場所は小学校近くのキッズカフェ(パーティールームを貸し切る)で朝11時〜午後3時まであった。

クラス24名中、16人のオンマ達と25人の子供達が参加した。

先々週から休みなく動いているので私は疲労の限界。

今日は最後の力をふりしぼり出かけた。

前回は始めてということもあり、頑張って自分から話し、輪に入るようにした。

でも、今日は最初からそんなパワーもなく、もう話さなくてもいいわ〜と思い(ちょこっと話す程度)、お話好きなオンマの話に耳を傾けていた。

私みたいなオンマが結構たくさんいたので、自分から話をしないことにほとんど苦痛を感じなかった。

たぶん、多くのオンマが子供のために参加しているだけなんだと思う。

4時間もいて、一度たりともオンマ個人の話はなく、すべて子供の話。

これがとっても苦手な私。(汗)

私はオンマ自身の話が聞きたいし、話したい。

あるオンマは遅れて来て参加するやいなや、友達から頼まれたという15分くらいかかる育児のアンケート記入をみんなに依頼。

みんなやる気がなく、適当に○をつけていて、時間がかかっている私に、横にいたオンマが「全部普通に○をしておけばいいよ」と小声でアドバイス?←年長のオンマ(最年長は私だけど...笑)一人だけやりたくない!と拒否

大学の研究に使うみたいなのに、こんな適当な資料でいいのかな〜?(汗)

遅めの昼食は、中華料理屋の出前のチャジャンミョン(韓国式ジャージャー麺)。

みんなでチャジャンミョンを食べている姿は圧巻だった。←子供達がみんな大好きなチャジャンミョン

最後はみんなで記念撮影。

思ったより早く過ぎた4時間だったけど、正直げんなり〜。

いつもなら家に帰ってからストレスで爆発し、Q2に怒ってしまうことがよくあったが、今日はQ2に疲れている理由(すごく騒がしい場所で韓国人だけの会話についていくのは並大抵ではないこと、アウェイの気持ちなど)を具体的に説明。

無理していることがQ2にばれないように装うのにも疲れているのか、はたまた自分に素直になったのか...?

とにかく、今日が無事に済んで良かった。

2ヶ月に1回のクラスモイムといっていたのが、行事等も絡み、しばらくは1ヶ月に1回になりそう。

次回は体力・気力を整えて参加しようと思う。

↓キッズカフェにて
b0194098_23451706.jpg


[PR]
by 2010neko | 2017-05-13 23:59 | 小学校 | Comments(2)
昨日、韓国では大統領選挙のため休日だった。

私は韓医院の通院日だったので、休みのQ2を一緒に連れて行くことに...。

通っている韓医院がソンナム市(城南市)のモラン(牡丹)から1駅のところなので、お出かけがてらモラン オイルジャン(牡丹五日市)へ寄って帰って来た。

オイルジャンは5日ごとに開かれる野外市場でモランの場合は毎月4と9のつく日に開かれる。

ここは、規模も大きく、売っていないものがないと言われるくらい、ありとあらゆるものが売っている。

私も前から行きたいと思っていたが、ここまでディープだとは思わなかった。

食用の鶏類、黒ヤギ、うさぎ、犬なども生きたまま狭いゲージに入れられ、食べ物屋の横で売られているし、ペットの小犬や小猫も市場内で(ワヤクタ状態で)売られていた。←可哀想で仕方がなかった

後、他の市場では見たことのない形態のお店があった。

さばいた鶏肉(身や砂ずりなど)を鉄板焼きスタイルで食べる屋台なのだが、おじさんやお爺さんが横一列に並んで、焼き鳥をつまみながら焼酎を飲んでいる姿が圧巻。←おじさん達が飼育されている感じに見える(写真を撮りたかったけど、しばかれそうなので辞めた)

ディープ好きな私も、子供連れであれば衛生的・教育的?にここはお勧めできないかも...。←風で悪臭と動物の毛がぶわっときました(汗)

とはいえ、せっかく来たのでカルグクスやチヂミなどを売っている屋台エリアで昼食にカルグクス(1杯4千ウォン)を食べた。

味は麺もスープもかなり美味しく(麺の太さや長さは一定でなく手打ち感満載)、食べても食べても減らないくらい量が多かった。←Q2も美味しかった様子

↓モラン オイルジャンにて
b0194098_18561291.jpg
在来市場や五日市が好きな私もここの再訪はないかな。

[PR]
by 2010neko | 2017-05-10 18:17 | お出かけ | Comments(2)

母子二人旅☆ソウル

ゴールールデンウィーク後半。

Q2と二人でまた1泊2日の旅行。

といっても、いつもなら日帰り(片道1時間半以内に着く)で行くソウルの明洞へ。

今回は泊りなので、景福宮などゆっくり観光しようと思っていたが、この日はミセンモンジ(大気汚染)と黄砂で警報が出たくらいひどい状態だった。

本当にこの日は空気のきれいな日本に帰りたくなった。

二人とも家にいたかったのに、ホテルを予約していたので、仕方なく午後から出発。(汗)

午後3時前に明洞に到着し、Q2も私も大好きな日本の「丸亀製麺」で昼食。

Q2はいつも日本で食べる冷たいザルうどん、ツナマヨおにぎり、鶏天、ちくわ天を注文。←小1でこれは食べ過ぎだと思うんだけど...?

明洞の丸亀製麺は、うどんのお出汁やつゆが少し塩辛く(私やQ2には)、麺もちょっと太すぎ感があったものの、総合的に満足だった。

その後はスウィーツが美味しいというデザートカフェ「포엠(ポエム)」へ。

ここで、トロピカルワッフルセット(コーヒー1杯付)を注文。

見た目も可愛いし、ふわふわしたワッフルがすごく美味しく、Q2も「食べているから話しかけないで!」と...。

↓丸亀製麺&ポエムにて
b0194098_01524963.jpg
韓国では珍しいチョコパルフェ(パフェ)も注文。←これも日本を思い出す味♡

昼食後は観光もせず(外に少しいるだけで眼鏡まで砂埃だらけで目にも違和感と痒みが...)、ホテルに直行。

今回のホテルは朝食ブッフェと(かなり)小さいプールがあるティーマークグランドホテル明洞。

やることもないので、すぐにプール遊び。

家族連れが何組かいたが、2時間くらい遊んでいると後半は人もほとんどいなくなり貸し切り状態だった。
↓ホテルにて(プール、朝食)
b0194098_13434803.jpg
朝食の品数は少な目なものの、味は数日前に泊まったソンド ラマダホテルより美味しかった。

夕食は日本のお好み焼き屋「鶴橋風月」に行くつもりだったのに、Q2が(お腹がいっぱいで?)何だか気分が悪いというので、結局、コンビニでおにぎりを買って簡単に済ませた。

鶴橋風月に行きたかったな〜。


翌日も空気が最悪だったので、室内で遊べる場所を探し、結局、バスで서대문자연사박물관(西大門自然史博物館)へ。

ここはQ2の好きな恐竜や鉱石も展示しているし(宇宙、人類史、動物など見どころも多い)、施設外にも長い滑り台があって、なかなか良かった。

博物館に到着した時間がたまたま解説士による館内の案内時間だったので、私達もこれに参加。

約1時間、解説士が子供達にいろいろ解説をしてくれたので、私も楽ちんだった。

その後、また館内で回らなかった場所も含めて最初から回ったので、ここで計3時間ほど過ごした。

↓西大門自然史博物館にて
b0194098_17350994.jpg
ここも子供連れにお勧め!

博物館の後はまた明洞に戻り、Q2の強い希望で昨日と同じ丸亀製麺&ポエムへ。

丸亀製麺ラブなQ2は家に帰って来てからも「(丸亀製麺は)食べても食べても飽きない!毎日行きたいな〜」と言っていた。(笑)

5日間のゴールデンウィーク、無事終了。

[PR]
by 2010neko | 2017-05-09 17:14 | 旅行 | Comments(0)
ゴールデンウィーク中日は韓国も子供の日だった。

この日は韓国人友達家族と一緒にソウルにある「서울시민안전체험관(ソウル市民安全体験館)」へ。

この施設は災害時の対応についてリアル体験を通して学習する施設。

ソウルには2箇所あるが、今回はオリニ大公園のあるクァンナル安全体験館に行って来た。←ネットで予約が必要(無料)

1回につき100人が参加でき、その中で3〜4グループに分かれ、1グループごとに119の隊員一人がついて説明してくれる。

体験時間は約2時間。

グループごとに回る順番は違うが、私達はまずエレベーターに閉じ込められた時の体験学習。

体験用のエレベーターは本物と同じようにできているし、ガタンとなった後、電気が消えるなどリアルそのもの。

2つ目は、火災避難体験。

ここは説明後、グリセリンで作ったという、煙がもうもうとする部屋に入る。

ほぼ前が見えない状態で壁を伝いながら非常口を探して部屋から脱出していくが、あまりにリアルで倒れる人がいるらしく、呼吸に問題があったり、体調が優れない人は辞めておくようにいわれた。

私は閉所にいると息が苦しくなってパニクりそうになるので、ここはパス。

でも子供の後ろに必ず親がつかないといけないらしく、友達の旦那さんに変わってもらった。

脱出できなくても、119の隊員は助けてくれないので(体験学習のため)、人によっては時間がかなりかかるらしい。

私は出口で待っていたが、漏れてきた煙が凄まじく、ほんとの火事のようでドキドキした。

体験した幼稚園児で怖くて泣いている子もいた。

3つ目は台風体験。

ゴーグルを装着し、中型台風を真似た暴風が吹く部屋の中を歩く。

風でブルドッグみたいな顔になるし、体も吹き飛ばされそうになるし、これも大変だった。

カツラをつけている人は飛んでしまうらしいので、そこは自由参加でどうぞ!ということだった。

4つ目は、消火体験。

消火器の扱いを習った後、台所の火事映像が現れ、それを水入り消火器で消火していくというもの。

対応時間等により、消火失敗のアナウンスが流れたりするので、子供達も必死に消火していた。

最後は海上避難体験。

セオル号沈没事件後にできた体験場らしい。

救命チョッキを装着し船に乗り込む。

船内が揺れ、非常アナウンスが流れた後、並んで滑り台から脱出していくというもの。

海に飛び降りる時や浮かんで待つ体勢なども具体的に教えてくれた。

どの体験場でも、今まであった事例や知らなかったことなど、映像も踏まえながら教えてくれるので、大人も絶対に体験した方がいいと思う施設だった。

地震体験もあるらしいが、この日は工事中ということでできなかった。

シュミレーションを何度もすることで、効果を発揮できると思うので、今後は1年に1回はQ2と一緒に安全館に通おうと思う。

ここは強くお勧めする施設!

↓ソウル市民安全体験館にて
b0194098_19262070.jpg
この日は子供の日だったので、施設前でも、消防車に乗ったり、家の見取図を描くなどの体験もあった。


友達家族とはここで別れ、私達は地下鉄で江南方面へ移動。

前に「センファレ タリン(生活の達人)」というテレビ番組で観てから気になっていたクロワッサン専門店「쁠로13(プッロ13)」へ。

韓国でベーグル専門店はあっても、クロワッサン専門店は聞いたことがなかったし、店主が研究を重ね、独自の方法で丹精込めて作ったというクロワッサンを是非とも食べてみたかった。


小さなお店だけど、割と繁盛していた。

↓쁠로13(プッロ13)にて&教保文庫で無料タトゥー体験
b0194098_19284828.jpg
まずは基本のクロワッサンとQ2が選んだチョコクロワッサン、後はお店の売れ筋商品でクロワッサン生地にクリームを詰め込んだクロピン(クロワッサンとマフィンの合体したハイブリッドスウィーツ)。

どれも1個4000ウォンくらいと高め。←手間を考えたら仕方がないと思うが...

クロワッサンは外のパリパリ加減、中のしっとり感、塩加減がジャストで、クロワッサンなのに後味が軽く、すごく美味しかった。

チョコクロワッサンはチョコ三昧すぎて(中にもチョコレート)、甘いもの好きなQ2も途中でギブアップ。

残りは私が食べたけど、3人で1個を食べるくらいがいいかも...。←真のチョコ好きさんには最高だと思う

クロピンはクリームがあっさりしているものの、外の皮が硬すぎて(ザクザクを通り越して歯が...)いまいちだった。

私にはクロピンよりケニーヒスクローネの安くて美味しいクローネの方がいい!

ここはシンプルなクロワッサンがお勧めの店かな。


食後は教保文庫に行き、子供の日のプレゼントの1つとして日本の雑誌「幼稚園」を買ってあげ、その後は地元に戻り、文具店を2軒はしごしてQ2が欲しかったタッチ(プラスチック?ゴム?めんこ)を箱買い。

楽しい子供の日だったのに、連休のお出かけ疲れと、Q2が友達の子供と相性が悪いこともあり、いつも以上に怒ってしまい、後から後悔。

連休の計画はほどほどに〜。
[PR]
by 2010neko | 2017-05-08 19:09 | お出かけ | Comments(0)
チャイナタウンからの続き。

↓チャイナタウン散策後、歩いてすぐのトンファマウル(童話村)へ
b0194098_21552022.jpg
ここは住居や壁に国内外のいろんな童話を題材にした絵が描かれた街。

特別何かがあるという感じではないが、カラフルでこじんまりした街を観て歩くのも悪くはなかった。

本当はこの後、伝統市場やウォルミド(月尾島)に行く予定だった。

でも、移動疲れと暑さで私がヘトヘト。

無理は良くないので予定を変更し、この日は少し早めにホテル(ソンド ラマダホテル)へ。←私の計画が無謀だったと痛感(笑)

↓夕食はホテル近くのマッチプ(美味しいといわれているお店のこと)「チュマッ ポリパッ(酒幕麦飯)」へ
b0194098_21535743.jpg
ポリパッ(麦飯をビビンパッにして食べるもの)とトッカルビ(韓国の味付きハンバーグみたいなもの)を注文。

ポリパッは普通だったが、期待していなかったトッカルビがかなり美味しく、この日一日の食事はパーフェクトだったな〜と気分が良かった。

Q2がトッカルビ好きというのも初めてわかったので、また家で作ってあげようと思う。


↓ソンド ラマダホテルの部屋と朝食(ブッフェ)
b0194098_00265088.jpg
ここのブッフェは品数が少なく、コーヒーも紙コップだったのでいまいち。

翌日はホテル近くからバスを乗り継ぎ、ウォルミド(月尾島)にある遊園地、ウォルミテーマパークへ。

規模に比べ、フリーパスの料金がかなり高い(大人も子供も3万ウォン:約3千円)と最初は思った。

でも、乗り物の待ち時間はあまりないし(待っても10分くらい)、併設の大型キッズカフェも使えるし、朝11時から夕方6時までみっちり遊んだので、元は取ったかな?と思う。(汗)

↓ウォルミテーマパークにて
b0194098_00395346.jpg
昨日に引き続き、おやつ(長いソフトクリーム、渦巻きジャガイモ、うさぎの綿菓子など)を食べまくるQ2。

このテーマパーク、かなり(体勢が)ゆるいというか、職員は2つの乗り物を同時担当しているし、何人もの職員がおやつを食べながら仕事をしていた。(笑)

乗り物も老朽化しているみたいだし、事故は起こらないのかな〜とちょっと心配。

昼食はいったんテーマパークを出て、海岸沿いにある食堂でヘムルカルグクス(海鮮がたっぷりは入った麺料理)を食べた。

乗り物の名前は忘れたが、Q2と二人すっごく気に入った乗り物があり、帰るまでに4回くらい乗り、職員呆れ顔。←絶叫しまくりストレス発散

遊び疲れて、帰りのバスに乗った途端、Q2は爆睡。


帰りの道中で食べたい外食もなく、結局、21時に家に着いてから二人で納豆ご飯を食べ、この日が終了。

出張中のナンピョンに電話で旅行報告をすると、モッパン ヨヘン(食べ歩きの旅みたいなニュアンス)みたいと苦笑された。

まだまだ食べたいB級グルメがたくさんあったので心残りな部分もあるけど、全体的には満足な旅行だったかな。
[PR]
by 2010neko | 2017-05-07 00:10 | 旅行 | Comments(0)