日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:外食 ( 202 ) タグの人気記事

9月下旬のお出かけを今更アップ。

近場で2017 정조대왕 능행차(正祖大王 陵行次 )という大行事があり、家族3人で行って来た。

正祖大王は、朝鮮時代の22代目の王で、とっても親孝行の王として知られている。

正祖大王のお父さん(荘献世子または思悼世子とも呼ばれる)は、正祖大王が子供の時、正祖大王のお祖父さんである21代目の王・英祖により米櫃に閉じ込められ餓死した。

正祖大王についてはこちら

荘献世子についてはこちら

そういうこともあり、正祖大王がお父さんを思う気持ちは人一倍強く、自分が王になってからは何千人もの家来を引き連れて、お墓参りをしていた。

その様子を再現したお祭りが정조대왕 능행차(正祖大王 陵行次 )。

毎年行われているが、今年は大規模で正祖大王が住んでいたソウルの昌徳宮(厳密には母親が住んでいたところ)〜正祖大王のお父さんである荘献世子(思悼世子)が眠っているファソン市のユンルン(のちに正祖大王も同じ場所に祀られるので、一般的にはお父さんのお墓のユンルン+正祖大王のお墓のゴンルンでユンゴンルンと呼ばれる)までの59.2キロを練り歩いた。

私達はユンルン(お墓があるところ)の数キロ手前から参加。

この日はちょっと暑くて、途中でお茶休憩しながら歩いた。

↓정조대왕 능행차(正祖大王 陵行次 )の様子
b0194098_08222382.jpg


↓今年の王様と一緒に歩く(笑)
b0194098_08280607.jpg


ユンルン前の駐車場では、イベントや体験ブースがあり、いろいろ楽しめた。

↓体験ブースにて
b0194098_08541015.jpg
礼儀作法を習ったり、伝統遊びや、鞄や缶バッチ作りをしたり...。

↓帰りはカルグクス屋でマッコリで乾杯
b0194098_08581677.jpg


ナンピョンに誘われ、乗り気がしなかったお出かけだったけど、案外楽しくて、いい一日だった。

[PR]
by 2010neko | 2017-11-01 07:54 | お出かけ | Comments(0)

漫画カフェ

1ヶ月くらい前から、やっとQ2が自らの意思で本を読んでくれるようになった。

といっても、漫画。

10月9日にあったハングルの日を前に、世宗大王の勉強をさせようと、漫画本を買ってみたら、面白かったようで、今は寝る前に歴史漫画本を必ず読んでいる。←ゲラゲラ笑っている

↓買ってあげた最初の歴史漫画
b0194098_19185400.jpg
4巻まで出ていて、1巻を何回か読んだようなので、3巻まで買ってあげた。

そのうちに、漫画から普通の読書に移行してくれたらな〜。

ちなみに普通の読書は、小学校の宿題で週2〜3冊読んでいるけど、仕方なくという感じ。


Q2が漫画を楽しめるようになったので、先週、2人で漫画カフェへ。

うちの地域周辺の漫画カフェは小学校1年生から入場でき、今回行った漫画カフェは一人2時間(飲み物付)コースなら6000ウォン(約600円)。

お菓子やカップラーメン他、軽食も何種類かあり、普通の飲食店で食べるより若干安い。

子供が読める学習漫画本のシリーズがたくさんあるので、小学校低学年でも楽しめる。

週末はカップルや親子が多かった。

↓足が伸ばせる(寝転べる)個室(ドアはなく暖簾)で、Q2は漫画、私は勉強
b0194098_19380395.jpg
おやつに、バナナチョコワッフル(約350円)とクリームトッポッキ(クリームスパではなくクリーム韓国餅・約550円)。

期待していなかったけど、普通に美味しかった。

家みたいにくつろげるし、お茶や軽食も食べられるし、たまに行くのはいいかな。

[PR]
by 2010neko | 2017-10-29 15:01 | お出かけ | Comments(0)

スンデグッ&嫁の苦労

金曜日、同じアパートの(Q2と同じクラスの)オンマに誘われ、バスで30分くらいのアウトレットへ行ってきた。

行ったことのない辺鄙な場所だったが、Q2の運動靴などがかなり安くて気に入った。←暇なので、今からまた家族で出かける予定

アウトレット後、私達がよく行くマートに寄るついでに昼食。

この日は人気のお店のスンデグッ。

スンデは豚の腸に、タンミョン(韓国春雨)や野菜、豚の血を入れて蒸した韓国版ソーセージみたいなもので、見た目はかなりグロいけど、私もたまに食べたくなる食べ物。←韓国に来た当初は食べられなかった

そのスンデと内臓を煮込んだ白濁したスープがスンデグッ(スンデスープ)で、さらにグロさがバージョンアップ?(笑)

スープはほどんど味がしないので、自分でテーブルに用意されているセウジョッ(網エビの塩辛)か岩塩、タテギ(唐辛子ペースト)で味付けする。

また、臭いは若干するので(このお店はほとんどしない)、好みでエゴマの粉や白ネギを追加して自分好みのスープにして食べる。

↓スンデグッ
b0194098_12413466.jpg
スンデグッ自体は2年ぶりくらいだった。

美味しかったので、スープまで完食。


食後、二人でマートに寄り、買い物をしているとDオンマに、同居しているお姑さんから電話があった。

アルタリを10束買って来なさい!とのこと。

アルタリは小ぶりの大根だけど、1束が10個以上あり、かなり重い。

それを、友達とでかけた嫁に買ってこいなんて、どういうこと?!

本当に韓国の婆さんは信じられない。

お姑さんは、タクシーで帰ってくればいいというが、乗る前後に何十キロ(最低でも24キロ)もの荷物を手で持たなければいけないことがわからないのか?

Dオンマは、これ以上、姑のお使いが増えると嫌!という理由で、韓国オンマには珍しく運転免許を生涯取るまい!と決めているらしい。

結局、アルタリは4束ずつでセールになっていたので、Dオンマがお姑さんに電話をすると、なんと12束になってしまった。

私も少し手伝ったけど(アルタリ以外のいろんな食品)、大袋2つに分けた、めちゃめちゃ重たいアルタリをDオンマは両手に一袋ずつ下げて帰った。←私がしたら確実にヘルニアが再発するはず

Dオンマは、昔、運動選手だったので力持ちらしいが、普通のオンマなら片手ずつで持てる重さではない。

帰り道、Dオンマは「これからはマートに行くといわないようにしないといけない」といっていた。

荷物を抱えるDオンマの健気な後姿を見ながら、お姑さんの顔が思い浮かび(会ったことがある)、本気で殴ってやりたくなった。
[PR]
by 2010neko | 2017-10-15 13:00 | 外食 | Comments(0)

長かった10連休

長かった10連休。

ナンピョンはチュソク(韓国のお盆)を挟んで4日間だけいたので、あとは母子だけで過ごした。


1日目は、家でソンピョン作りをして、夕方からQ2一人でアパート内の公園へ。


2日目、ウォーターパークに行くが工事中で、結局、チムチルバン(サウナ)へ。


3日目、ナンピョンがいたが、ナンピョンは出張疲れで一日中ソファーで横になっていた。

私は大型書店や百貨店に用事があり、Q2を誘ったのに拒否され、一人で水原へ。←Q2は家で一人遊び

↓ロッテ百貨店の地下にある某有名パン屋でお茶
b0194098_15525992.jpg
プレッツェルの生地に練乳クリームが挟んであるパンを発見し、試しに食べてみたが、正直この水準なら自分で作った方が美味しいと思った。

4日目、ナンピョン実家へ。

車で5時間以上かかり、夕方に到着。

私だけ休む暇もなく、すぐに長兄嫁とチュソクのための料理作り&準備。


5日目、朝6時前に起きて、嫁4人でチュソク料理作り。

朝のチェサ(ご先祖様にお供え&挨拶をしてから、みんなで朝食)、お昼のお墓参り2箇所等を済ませ、午後3時半から姑&弟家族&我が家の合計8人で車で1時間のヤンピョン郡にあるリゾートへ。

ここでの話はまた後日アップ。


6日目、遅めの朝ご飯を食べて、男性陣と子供達だけリゾート内のミニ遊園地で1時間半ほど遊ぶ。

その後、うちの家族はまた姑を実家に送り届け(弟家族はリゾートにもう1泊)、午後2時すぎに実家を出発。

最後に実家で姑の食べろ攻撃とキムチ持って帰れ攻撃で、ぶち切れていた私に気を使ったナンピョン。

帰り道に、ジョンソン市場(5日ごとに大きな市場が開くが、この日はいろんな行事もしていた)に寄ってくれた。

ここでかなり遅い昼食を食べて、ちょっとだけぶらぶら。

↓ジョンソン市場にて
b0194098_16083597.jpg
ただ市場の屋台で軽食を食べるだけでも家族3人だけなら、ハッピーな気分!

欲しかった干したとうもろこしの粒も買えて満足。

家には、午後9時半に到着。

ジョンソン市場で地酒のマッコリ(そば、高麗あざみ)を買って来たので、ナンピョンが作ったチェユッキムチポックン(豚キムチ炒め)で晩酌。


7日目、Q2と映画。

↓妖怪ウォッチ
b0194098_14374148.jpg
Q2がキャラメルポップコーンとコーラを飲み食いしながら、映画を観てゲラゲラ笑っているのを見て、(あんたは)幸せそうでいいな〜と思ってしまった。(汗)

↓映画の後は、遅めのランチでピザ屋へ
b0194098_14415136.jpg
店の外で綿菓子を無料でくれるイベントがあり、Q2が「すごいいいおじさんやな〜。」と感動していた。(笑)


8日目は家で休息。←Q2は一人でアパート内の公園へ


9日目はハングルの日を前に、ハングルを作った世宗大王(セジョン テワン)の勉強をしにQ2と、ソウルのカンファムンにある세종이야기(セジョン イヤギ)へ。

その前に、ホンデにある日本のパン屋さんの青い鳥でランチ。

ソウルまで遠いと文句をいっていたQ2も青い鳥の看板を見た途端(前に来て覚えていた)、「ここに来るなら遠くないわ。」と...。(笑)

↓青い鳥にて
b0194098_16574978.jpg
2人で食べ過ぎ?

やっぱり、青い鳥のパンはあっさりしていて、美味しかった〜。

ランチ後、セジョン イヤギに移動。

世宗大王の銅像の後ろ側に入り口があり、その地下がセジョン イヤギの施設になっている。←今回調べるまで銅像の地下に施設があるのを知らなかった。

世宗大王についての展示・映像やゲーム、子供達の体験コーナー(数箇所)があり、カフェも併設されている。

また、セジョン イヤギの反対側には、イ・スンシン将軍のチュンムゴン イヤギのコーナーがあるので(やはり地上にはイ・スンシン将軍の銅像がある)、韓国の偉人を勉強するには一石二鳥。←私はあまり興味はないけど、半分韓国人のQ2には必須事項のため

↓セジョン イヤギ&チュンムゴン イヤギにて
b0194098_16564353.jpg
1週間前、あまり本に興味を示さないQ2に世宗大王等の載っている漫画の偉人伝を買ってあげたら面白かったらしく、最近は寝る前に自ら読んでいるので漫画といえども買って正解だった。


10日目、Q2は通っているテコンドー道場でハングルパーティーがあったので放置。←何でもパーティーと名前をつける道場(笑)

聞いたらクイズ大会だったらしい。


10連休でこんなに疲れているのに、2ヶ月ある冬休みをどう過ごそうか?と思うと今から気が重い。

[PR]
by 2010neko | 2017-10-11 14:33 | 育児関連 | Comments(0)

コーン缶で

この前、中食(中華)の教室で作った、とうもろこし団子の糖蜜和えの復習をしようとコーン缶を準備したけど、揚げ物を作る気になれず。

結局、パンが食べたかったので、それでパンを焼くことにした。

夕食にするために、作りたかったスープカレーも作った。

ふわふわコーンパンスープカレー
b0194098_14281702.jpg
パンがふわふわで、ほんのり甘く、またリピしたくなるパンだった。

そして、このスープカレーもすごく美味しくて、私はカレーより好きかも...。

↓残りのコーン缶でふっくらコーンパン
b0194098_14325065.jpg
コーンにベーコン、粉チーズの組み合わせ&この形の成形も初めて。

Q2が気に入って、作っている最中から中身をつまみ食いしていた。


今日は、バスに1時間乗って隣の市にあるウォーターパークに来た。

なのに、連休中は休みだった。

ホームぺージで確認してきたのに...。(涙)←昨日までの工事の案内があったけど、来たら連休中も工事日になっていた

チムチルバン(体操服でゴロゴロできるサウナ)の方はやっていたので(韓国はプールとチムチルバンを一緒にやっているところが多い)、急遽、ここで寛ぐことにした。

でも、ずっとウォーターパークに行きたがっていたQ2はすごくがっかり。

↓ウォーターパーク前の食堂で昼食
b0194098_14563061.jpg
Q2のチーズトンカツ、私はかけうどん。

今から本格的にサウナに入ろうと思う。
[PR]
by 2010neko | 2017-10-01 14:53 | パン | Comments(2)

お餅作りの会

今日はOさんが誘ってくれたH市の図書館奉仕団(韓国人アジュマ)主催のお餅作りの会に参加してきた。

本当は母子で参加予定だったのに、Q2は昨日の夜から高熱を出し、急遽、私一人で行くことになった。←Q2はナンピョンが看てくれた

多文化家族(家族に外国人がいる家庭)対象に開かれた会だったが、参加者はみごとに全員日本人だった。

まず最初に大きな公園でピクニック。

奉仕団の誰かが作ってきてくれたキンパッやシッケ(米ジュース)でお昼ご飯。

日本人ママ達は、私だけ違う市に住んでいるのでOさん以外は初対面。

日本人ママ達も奉仕団の韓国人アジュマ達も、みんな穏やかでいい人達だった。


昼食後は、公園内にある室内施設でお餅作り。←目の前は一面コスモス畑でとってもきれいだった

もうすぐチュソク(韓国のお盆)なので、チュソクの時に必ず食べるソンピョンといううるち米粉の蒸し餅(中に黒豆や、ごま&黒砂糖)と、チュソクとは関係のないチャプサルプックミというもち米粉の焼き餅(中にあんこ)を作った。

お餅作りはパンより難しい〜。

お腹がいっぱいだったので出来上がったチャプサルプックミだけその場で食べてみた。

少し油っこかったものの、すごく芳ばしくて美味しかった。

あとは家にお持ち帰り。

ソンピョンは硬い団子みたいで正直まずかった。←ナンピョンもまずい!と一つ食べて終了。(笑)

でも、チャプサルプックミはススプックミ(キビ粉の焼き餅)より簡単で、すぐに作れるのがわかったので、家でまた作ろうと思う。

b0194098_22161533.jpg
奉仕団の人は市から補助金が出たから今回の会を開いたといっていたけど、なんか多文化家族というだけで(支援の対象になる)、いろいろしてもらって申し訳ない気も...。←韓国人が逆差別だというのもわかる気がする

[PR]
by 2010neko | 2017-09-23 21:27 | お出かけ | Comments(2)

그것(それ)

昨日はOさんと刺し子の糸を買いに東大門総合市場へ。

その前に東大門で映画「그것(それ)」を観た。

↓그것(それ)←元々のITでええやん?!という感じの題名(笑)
b0194098_17111304.jpg
この映画はホラー映画。

これは本当に怖い!

どういったらいいかわからないが、とにかく無駄に怖く?、映画を観ているというよりお化け屋敷にいるような感じだった。

終わった後、ぐったり〜。←でも約600円で2時間お化け屋敷を楽しんだと思ったら、かなりお得!

映画の終わり方を観たら、パート2があるようだったので、怖いけど、また観に行きたいと思う。

あと、Oさんの驚く様子が可愛くておかしかった(Oさん、ごめんよ・笑)。


映画の後は昼食。

行きあたりばったりで、カムジャタンのお店へ。

↓カムジャタン(小)
b0194098_17263520.jpg
美味しいのに、小でもかなりのボリュームで、2人でこれだけ食べるのが精一杯。

〆のポックンパッ(焼き飯)はパスすることに...。


その後、東大門総合市場でさっと糸を買い、ソウル駅でお茶をして解散。

あっという間の時間だった。
[PR]
by 2010neko | 2017-09-21 15:31 | 映画・ドラマ | Comments(0)
一昨日、Q2がテコンドーから帰って来て、どうしてもトッポッキが食べたい!といいだした。

いつもは、また買ってあげるとか、作ってあげるというと諦めるのに、この日は自分で買いに行くからと懇願。

夕食までまだ時間があるし、そんなに食べたいのなら買っておいでと、結局お金をあげることに...。

値段を聞くと、500ウォン(50円)!という。

聞いた私は???

紙コップに入っているというが、そんな値段でトッポッキが食べれるのか?と疑心暗鬼だった。

Q2はお金を握りしめ、嬉しそうに一人で買いに行った。

その後、Q2は公園で遊んで帰って来たので、私は現物を見られなかった。

Q2は帰って来てから、また明日もトッポッキが食べたい&私に見せたいから、テコンドーが終わる時間に道場まで迎えに来て欲しいといってきた。


そして昨日、道場に迎えに行き、そのままトッポッキのお店に案内してもらった。←テコンドー近くの小さなお店

↓これがQ2を魅力したカレートッポッキ
b0194098_18365684.jpg
お餅が10本くらいに練り物も入っているのに、500ウォンは安すぎ〜。

甘辛い真っ赤なトッポッキがまだバクバク食べられないQ2は、このカレートッポッキがいいらしい。

私が味見をすると、甘っ!と思わずいってしまうくらい甘い韓国のカレー味だった。←お腹の足しにもなるし、駄菓子よりマシかな?

帰り道、なぜトッポッキを食べたくなったのかQ2に聞いてみると、何だか可哀想になった。

一昨日、Q2は同じアパートに住む1学年上のお兄ちゃん2人と一緒に帰って来たが、2人はテコンドーの帰り道にそのお店に寄り、それぞれこのコップトッポッキを買ったらしい。

Q2には、まだ学校にお金を持って行かせないようにしていたので、1人だけ買えなかった。

Q2は2人に、「ちょっとちょうだい!」といったらしいが(笑)、一口ももらえなかったとのこと。

だから、帰って来てからも食べたい!という思いが、抑えられなかった様子。←この日は一言もそんな話はしなかった

さらに話を聞くと、2人は食べた後の紙コップを陸橋に置いて来たらしい。←とにかく、韓国の子供も大人も簡単に道端にゴミを捨てるので、そこらじゅうゴミだらけ

まだお兄ちゃんといえども小学校2年生だから、食べたいといった下の子にあげないのも理解しようと思うけど、うちに遊びに来てはおやつのおかわりを催促してきたり、道で会っても挨拶をしないこともある2人なので、どうしてもムカついてしまった。(汗)

でも、Q2には逆の立場になった時のことや、ゴミ処理の徹底等を話せたので、こういう出来事もあって良かったかなと思うことにした。

ちなみに、Q2は一人でトッポッキを食べた時、近くの公園のベンチで食べ、またお店にゴミを返却しに行ったとのこと。(笑)

みんなが食べたお菓子のゴミも、よく下履きカバンに詰めて持って帰ってくる。

そんな様子をみていると、ちゃんと教えた通りにして偉い!と思うものの、韓国では馬鹿っぽくみえてしまうところが悲しい時もある。←親としては利用されているような感じ?

そんなこんなで、これからはみんなが食べる時に自分も食べたくなった時の非常金として500ウォンだけ持たせることにした。

小学生になり、学校帰りにトッポッキデビューをこんな理由でしたというのは悲しいけど、成長したな〜とも思うので嬉しい気持ちも...。

私の小学生の時は、トッポッキではなく、たこ焼きだったな〜。

1個10円で売っていたので、「じゅうタコ」に行くというのが、トレンドだった。

あ〜、あの頃のたこ焼きが食べてみたいな〜。
[PR]
by 2010neko | 2017-09-15 06:30 | 育児関連 | Comments(2)
今日は韓国人友達とランチを食べに行って来た。

先週末の散歩中に、お客さんが並んでいて、とっても気になっていたお店へ。

イイダコの辛い炒め物が名物の「신복관(シンボッカン)」というチェーン店。←見たことがなかったので、調べるまでチェーン店とは知らなかった

特製ソースと油を使って味付けしたイイダコを、700度1分で炒めるらしく、火の味(日本では炭火の味というのかな)がして、イイダコの食感も絶妙とのこと。

人工調味料も使っていないらしい。

今日はお店で一番人気の우쭈(ウッチュ)セットを注文。

セットの名前は、ウーサムギョプサル(牛の三枚肉)とチュクミ(イイダコ)の頭文字を合成した名前で、これらの材料をハーフ&ハーフで炒めた料理がメインのセット。

セットにすると、辛さを癒やすモッサバル(どんぐり寒天と野菜の冷たいスープ)と野菜サラダがついてくる。
↓これがウッチュセット
b0194098_15135166.jpg
これをエゴマの葉や甘酢大根に乗せ、その上に晒しネギや豆もやしのナムルを乗せ、包んで食べる。

確かにこのお店のヤンニョム(合わせ調味料)がいい感じで、火の味もしっかりしていて美味しかった。

さらに、イイダコとお肉を一緒に食べるので脂が加わわり、イイダコ単品で食べるより味がグレードアップ!

ムッサバルもサラダも美味しかったので、ここはリピ決定〜。

最後は〆のポックンパッ(焼き飯)にチーズをプラスすると、そのチーズを店員さんが目の前でバーナーを使って焼いてくれる。

セットは一人前13000ウォン(1300円)、チーズは別料金で3000ウォン(300円)追加。

ちなみに写真は2人前。

セットでこの料金はお得感あり。

次回は夕方に来て、焼酎のあてに食べたいな。

お勧めのお店!
[PR]
by 2010neko | 2017-09-14 15:30 | 外食 | Comments(0)

刺し子の会1

昨日はOさんと刺し子の会をした。

その前に平澤市の新興住宅地帯に新しくオープンした「うたげ」というラーメン屋さんでランチ。

↓味噌ラーメン、イカのゲソフライ、餃子、ベーコン入りの和風サラダ
b0194098_15005233.jpg
日本人奥さんが作っているので、ちゃんとした日本の味でなかなか美味しかった。

でも、キムチはいまいちだったかな。


ランチ後、Oさん行きつけのカフェで刺し子の会。

このカフェの韓国人オーナーSさんも、Oさんの影響で刺し子を始めたので、仲良く3人でチクチク。

このカフェはギャラリーカフェなので、こういう活動をするにはもってこい。

少し懐かしいK-POPを聞きながら、のんびりした時間を過ごせた。

↓昨日完成した二の字という模様のコースター
b0194098_15233768.jpg



お昼を食べ過ぎたし、ナンピョンもいないので、昨日の夕食はケランマリキンパッ(卵巻き寿司)を買って帰り、簡単ご飯。

↓初めて食べたケランマリキンパッ(一応、お皿に盛り付ける)
b0194098_15342958.jpg
キンパッ自体は(魚肉風)ソーセージとタクアンだけの細巻きで、それを鉄板で焼いている薄焼き卵焼きの上に乗せ、クルクルと巻いたもの。

チープな味だけど、野菜が入ったキンパッが好きでないQ2は喜んで食べていた。

私はキンパッより付け合わせで付いてきたムーチャンアチ(大根の醤油漬けの和え物)が焼酎のあてにピッタリで気に入った。



全然、関係のない話だけど、さっきモヤモヤすることがあったので書いてみる。

日本のことが嫌いな韓国なのに、日本の真似をしたり、技術(知的財産など)を盗む韓国。←大きなものでは苺などの農産物、小さいものではレシピなど

当人達は悪びれた様子はないし、韓国発祥と言いかねないから困る。

それでもって、さっき韓国の朝ドラのタシポギ(録画みたいなもの)を観ていると、主人公の女性が道端で出くわして喧嘩になった男性に対し、「は〜、謝罪、反省がないのはどこかの国の奴と同じじゃないか?!」と言い放った。

これは、まさしく日本を指すので、聞いた瞬間、耳を疑った。

政治的な番組でもないのに、何故、この場面でこういう台詞を入れるのか?

脚本家は馬鹿というか、こういう台詞を入れると人気が出るとでも思っているのか?

ということで、金輪際、このドラマは観ないことにした。

気分良く過ごしているのに、気持ちを逆なでしないで欲しい。

[PR]
by 2010neko | 2017-09-07 14:53 | お出かけ | Comments(2)