日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今週月曜日にあった中食(中華)教室は揚げ物シリーズだった。

깐풍기(鶏の唐揚げの甘酢醤油)&빠스 옥수수(揚げトウモロコシ団子の糖蜜和え)を作った。

揚げ物だし、各ソースも単純そうなので楽勝?と思いきや、かつてないほどてんやわんやで、帰ったらソファでバタンキュー状態。

中食では、揚げ物は必ず2度揚げする(パサッとジューシーにするため)とのことだったが、各々揚げる温度が違うし、(試験では)ガスコンロは1つだけしか使用できない決まりなので、1度揚げた後にすぐソース作り。

そして、これまたソースの火消しのタイミングが少しでも遅れると、一瞬にして焦げるので、気が抜けず。

一生懸命やっていたけど、唐揚げソースは焦がすし、トウモロコシの糖蜜(食用油と砂糖で作る)に至っては真っ黒にしてしまい、やり直しを命じられた。

そして、この日も唐揚げの2度揚げをすっ飛ばす、トウモロコシ団子に卵黄を入れ忘れてしまうなどダメダメ。

焦りもあり、この日は3箇所もやけど。

わけがわからなくなり、途中から逃げて帰りたかった。←同じ班の韓国人達も同じような感じで、アップアップの私に聞いてくる(涙)

↓先生が作った作品
b0194098_21064784.jpg


↓私が作ったいづれも生煮えの作品(笑)
b0194098_21115153.jpg


来週、再来週とチュソク(韓国のお盆)に伴う10日間の連休で、中食教室も休み。

しばらく行かないでいいと思うと嬉しい〜。
[PR]
# by 2010neko | 2017-09-27 20:32 | 料理教室 | Comments(4)
今日の韓国料理教室も充実のラインナップだった。

↓今日の韓国料理その1
b0194098_20041715.jpg
낙지 샐러드(手長ダコのサラダ)、검은깨 두부 버섯 요리(黒ゴマをまぶして揚げ焼きした豆腐とキノコのあんかけ)、꼬들꼬들 찹재(こりこりチャプチェ)

↓今日の韓国料理その2
b0194098_20072787.jpg
돼지 갈비찜(豚カルビの煮物)、열무 물김치(幼い大根葉の水キムチ) 、연근 곤약 어묵 조림(蓮根・こんにゃく・練り物の煮物)、마늘 꽈리고추 멸치 볶음(ニンニク・しし唐・煮干しの炒め物)

豚カルビの煮物は私には甘すぎたけど(他の人は普通らしい)、後は全部美味しかった。

特に柿酢を使ったドレッシングで食べる手長ダコのサラダが気に入った。

蓮根やこんにゃくの煮物は、干した赤唐辛子が入らなければ、ほぼ日本の味で、韓国人オンマ達も子供やお年寄りに合うおかずだといっていた。

こりこりチャプチェは一手間かかるものの、翌日もタンミョン(韓国春雨)がこりこりのままで食べられるというもの。

チャプチェ全体がシャキシャキ感があって良かった。

先生は来週のチュソク(韓国のお盆)に準備すれば助けになるメニューを考えてくれたようだけど、勝手に料理を作ったら兄嫁に怒られる私には全く関係のないメニューだった。(笑)

チュソクが終わったら、何品か作ってみようと思う。
[PR]
# by 2010neko | 2017-09-27 19:59 | 料理教室 | Comments(0)
今日は一人で映画を観に行って来た。

慰安婦ハルモニ(おばあさん)の実話という「아이 캔 스피크(I can speak)

b0194098_21083069.jpg


笑いもある映画だったが、やはり内容が内容のためいたたまれず。

私も泣いた。

実話といえどもどこまでが本当なのか?

おばあさんがアメリカの議員の前で演説をする時、自分のお腹を最初に見せた。

傷だらけのお腹に、旭日旗や「いぬころ」と入れ墨が入れられていたのは、衝撃だった。

これは演出のような気もするが(このモデルになったおばあさんの実際の記事も探してみたら、いい日本人もいたと書かれていた)、その当時、戦争という狂気の中にいた軍人達がこれに似たようなことや、もっとひどいことをしたのは、間違いないと思う。←平和な今もサイコな事件が後を絶たないことからして

ただ、おばあさんの演説後に日本側の議員?が公の場で汚い言葉で喚き立てたりするのは、まずないと思う。

実際に被害にあったおばあさん達の苦しみ、日本の謝罪や賠償金問題(お互い受け取り方が違うので埒が明かず)、韓国がベトナム戦争時に現地でしたことなどを考えると、個人的に複雑な思いが...。

この映画を観た韓国人達は、日本人にいい感情を持てないのは確実。←テロップに未だに日本から謝罪がないと書かれていた

自国のことを知らない韓国人学生達もたくさん観に来ていたので、少し気分が滅入った。


映画の後、図書館に行き、コーヒータイムで気分のリセット。


家に帰ってから、作りたかったプレッツェルというドイツパンを焼いた。

プレッツェルはビールのおつまみになるお菓子しか食べたことがなかった。

でも、数日前に平澤で売っているのを見て、このパンもあるのを知った。

↓独特の色を出す苛性ソーダの代わりに重曹を使用したプレッツェル
b0194098_21561001.jpg
下側の膨らみがないし、ツルピカでもないけど、初めてにしては上手く出来たかな?

プレッツェルはベーグルに似た味だと思っていた。

でも、ベーグルよりソフトでモチモチ感もあり、岩塩の塩気がきいていて(岩塩は食べる時に適度にこそぐ)、すっごく美味しかった。


独特な香りもいい感じ。


これはまた作らなければ...。
[PR]
# by 2010neko | 2017-09-26 21:01 | 映画・ドラマ | Comments(0)

お餅作りの会

今日はOさんが誘ってくれたH市の図書館奉仕団(韓国人アジュマ)主催のお餅作りの会に参加してきた。

本当は母子で参加予定だったのに、Q2は昨日の夜から高熱を出し、急遽、私一人で行くことになった。←Q2はナンピョンが看てくれた

多文化家族(家族に外国人がいる家庭)対象に開かれた会だったが、参加者はみごとに全員日本人だった。

まず最初に大きな公園でピクニック。

奉仕団の誰かが作ってきてくれたキンパッやシッケ(米ジュース)でお昼ご飯。

日本人ママ達は、私だけ違う市に住んでいるのでOさん以外は初対面。

日本人ママ達も奉仕団の韓国人アジュマ達も、みんな穏やかでいい人達だった。


昼食後は、公園内にある室内施設でお餅作り。←目の前は一面コスモス畑でとってもきれいだった

もうすぐチュソク(韓国のお盆)なので、チュソクの時に必ず食べるソンピョンといううるち米粉の蒸し餅(中に黒豆や、ごま&黒砂糖)と、チュソクとは関係のないチャプサルプックミというもち米粉の焼き餅(中にあんこ)を作った。

お餅作りはパンより難しい〜。

お腹がいっぱいだったので出来上がったチャプサルプックミだけその場で食べてみた。

少し油っこかったものの、すごく芳ばしくて美味しかった。

あとは家にお持ち帰り。

ソンピョンは硬い団子みたいで正直まずかった。←ナンピョンもまずい!と一つ食べて終了。(笑)

でも、チャプサルプックミはススプックミ(キビ粉の焼き餅)より簡単で、すぐに作れるのがわかったので、家でまた作ろうと思う。

b0194098_22161533.jpg
奉仕団の人は市から補助金が出たから今回の会を開いたといっていたけど、なんか多文化家族というだけで(支援の対象になる)、いろいろしてもらって申し訳ない気も...。←韓国人が逆差別だというのもわかる気がする

[PR]
# by 2010neko | 2017-09-23 21:27 | お出かけ | Comments(2)
最近、Q2のマイブームのカレートッポッキ。

外で食べるだけでなく、家でも作って欲しいというので、適当に作ってみた。

子供達相手のお店風に紙コップに盛り付け。

↓5分くらいで完成するカレートッポッキ
b0194098_15445317.jpg
出汁を取って作ろうかと思ったけど、カレー味ということで、簡単に鶏ガラの顆粒だしを使用。

それに、赤缶のカレー粉・醤油・砂糖で味付け。

中身はサルトッポッキ(うるち米のお餅)・オムッ(練り物)・作り置きであったメチュリアルチャンジョリム(うずら卵と牛肉の醤油煮)・冷凍していたみじん切り野菜を入れ、汁気が少なくなるまで煮込んだら完了。

思った以上に美味しくできて、Q2も喜んでくれた。

作る気になったらすぐに出来るし(私の感覚では、真っ赤な甘辛いトッポッキより簡単)、子供のおやつにお勧めです。←お餅と練り物さえ入れればお店と同じ

[PR]
# by 2010neko | 2017-09-22 15:39 | 家ご飯 | Comments(0)