日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
疲れた。

本当に疲れた。

壊れる一歩手前まで来た感じ・・・。

今週末は疲労も蓄積しているので、ゆっくりしたかった。

しかし、またもや行事。

ナンピョンの友達家族が遊びに来たり(我が家訪問&外食)、次兄嫁の誕生日祝いのため、

次兄宅を訪問したり(ナンピョンは仕事のため私だけで)・・・。


今回の友達家族は、Q2が生まれてから会うのは初めて。

幼稚園児の子供が二人いるのだが、一人が風邪をひいていた。

元気に動き回っていたが、鼻汁をあごの下まで垂らし(ビヨ~ンという感じ)、

Q2を覗き込みながら、Q2の顔の真上でケホケホ咳をしていた。008.gif

前回の別の友達家族もそうだったが、韓国では乳児のいる家への風邪ひき訪問は

全く平気なのだろうか?


そして、次兄宅での出来事。

高2の甥がまたやってくれた。

この甥にQ2が噛まれないように(頬やおでこ、手などに吸い付く)注意していたが、

今回はいきなりQ2の頬に触ったかと思うと、ひねって引っ張って指を引き離した。

甥が指を引き離す際、Q2の頬っぺたからパチンと音がしたので、相当、きつくひねったと

思う。

Q2は顔を真っ赤にして大泣き。

私もかなり怒ったが、この馬鹿息子はへらへら笑っていた。

可愛いから、ひねるのもわかる気がするが、あまりにひどすぎ・・・。

もう絶対に甥をQ2に触れさせない。

高2でこんなことをするのは、この馬鹿息子以外にはいないと思うのだが、どうだろう?


来週はまた次兄の誕生日祝いで訪問しなければいけない。

ため息・・・。

いつになったら、ほっとできるのだろう?

ナンピョン、いい加減にしてくれ!!!031.gif


さて、食事。

昨日は美味しくできて満足。

↓これが昨日の晩御飯
b0194098_18295271.jpg

↓コ-ルラビといかの辛い和え物
b0194098_18312233.jpg
これは唐辛子粉、いわしエキス、梅シロップ、醬油、酢、にんにく、ごま油、白ごまを

入れて和える。

歯ごたえもいいし、本当に美味しいので、お勧め!

↓椎茸・平茸・エホバk(韓国かぼちゃ)の炒め物
b0194098_18344731.jpg
これは韓国の田舎料理を紹介する番組(その土地のおばあさん達の自慢料理を実際に

作りながら見せてくれる)で出ていたもの。

毎週、この番組を楽しみにしているのだが、作る過程もよくわかるし、番組のHPにレシピも

出ているので、とっても便利。

田舎のおばあさんが作る素朴な味で、ナンピョンも気に入っていた。

3つの材料を炒めて、醬油・にんにくで味付けするだけ。

↓ご飯は何種類かの山菜が入った(干したものを戻して)山菜飯
b0194098_18383588.jpg

↓上のご飯にこのヤンニョンジャン(合わせ調味料)を少量かけて、混ぜて食べる
b0194098_18521411.jpg

↓汁物はアサリりとにらの辛い汁物(青唐辛子・にんにく入り)
b0194098_18412513.jpg

[PR]
# by 2010neko | 2010-11-21 23:26 | 家ご飯 | Comments(0)

おまけ

韓国はおまけ天国。

2年くらい前の語学堂の授業でも韓国の「덤(おまけ)」文化について学んだことがある。


私が小腹が空いた時に食べるシリアル。

いつも家に常備してある。

お気に入りは「クランベリ-ア-モンドグラノ-ラ」。

しかし、私が行くマ-トでは、この商品には大抵、おまけがついている。

おまけがついていない時の方が少ないか・・・。

↓昨日はこれだった
b0194098_0155896.jpg

↓詳細は・・・おにぎりの型抜き
b0194098_017169.jpg

↓少し前のおまけは・・・いろんな線(波型など)に切れるはさみセット
b0194098_0182789.jpg

今回のおにぎりの型抜き。

この形は持っていなかったので、まあいいか~という感じだったが、物を増やしたくない

私としては、このおまけ文化はありがた迷惑。

よっぽど、欲しい(または欲しかった)商品ならともかく、どうでもいい商品をつけるくらい

なら、「その分、価格を安くしてくれ~」と思う。

あまりに迷惑な品がついている時は、商品棚の奥をかき回し、何もついていない商品を

買っている。

たまにこのシリアルの場合、小さな別のシリアルがついていることがあるが、その時は

大歓迎。(笑)

とにかく、韓国はエコ生活についてもっと考えるべきだと思う。


もう1つ、マ-トでよく見るおまけ文化。

「1+1(ワンプラスワン)」。

1つ買えば、同じ商品をもう1つは無料でくれる。

これもかなりの無駄。

本当に、もう1つを無料にするくらいなら、「価格を下げて~」と言いたい。

大家族でよく消費する商品なら嬉しいかもしれないが、小家族には賞味期限が切れそうな

品物も多々ある。

「1+1」につられて買っていると、家にストックの品があふれてしまう結果に・・・。

最近、私は「1+1」でも1つしかレジに持って行かない。

そうすると、決まってレジのおばさんが、「もう1つついていますよ。」などと言ってくるので、

うざい。

でも、この前は得した気分に・・・。

うちの母親が韓国土産にゆず茶(瓶入り)を買った。

大きなゆず茶が2個で1つの値段。

こういう時には、便利かもしれないので、観光の際はお勧めかも・・・。
[PR]
# by 2010neko | 2010-11-21 00:40

메밀전병(そば煎餅)他

母親が日本に帰った。

ペギルチャンチをはさんで7泊8日の滞在。

姑が弟宅へ移動した後、母親にも韓国を楽しんでもらおうと、Q2を連れて買い物や

サウナ(私は単にQ2とオンドル部屋で待つだけ><)に行った。

もう体力・気力との戦い。(笑)

そして、一昨日、無事に日本に送り返した。

ほっとした反面、少し寂しい気持ちが・・・。

ナンピョンも母に本当によくしてくれた。


やっと家族3人の穏やかな生活に戻ったので、水曜日の夜はナンピョンとマッコrリで乾杯。

マッコrリのあてには、粉もの系が合うとされているので、今回は메밀전병(メミル

ジョンピョン)を作った。

메밀전병は日本語直訳すると「そば煎餅」だが、おかず入りそば粉クレ-プという感じの

食べ物。

韓国の江原道(山側)の郷土料理で、ナンピョン実家でも名節や法事の際に必ず出てくる。

いつもは長兄嫁が作るのをお手伝いする程度で、自分一人で作るのは初めて。

↓これがメミルジョンピョン(マッコrリはすっきり味の2種類を用意)
b0194098_7393231.jpg
b0194098_7394517.jpg

↓中身は白菜キムチ(さっと洗う)・にら・豚肉・韓国春雨
b0194098_7404721.jpg

↓そば粉の生地は薄く・・・焼いたら上記の具を入れて巻くだけ
b0194098_7421553.jpg

各家庭により入れる具が違う。

ナンピョンの実家はキムチだけを入れたメミルジョンピョンなので、この肉入りのジョンピョンを

「ブルジョアジョンピョン」と呼んでいた。003.gif


引き続き・・・。

この日の夕食のカルチヂョリム(太刀魚の辛い煮物)。

↓今日は大根ではなく、じゃが芋と一緒に煮た。←太刀魚の煮物には大根またはじゃが芋が

スタンダ-ド(今日のは少し色つきが薄かった・・・^^;)

b0194098_749275.jpg


↓おからも買っていたので、日本の卯の花を・・・懐かしい味でほっとした
b0194098_7493566.jpg
中身は椎茸・人参・薄あげ・ちくわ・ねぎ。


次は昨日の朝兼昼ご飯。

↓コチュチャプチェパp(唐辛子雑菜飯)
b0194098_7523553.jpg
本来は豚肉の細切り肉を使用する。

でも、家になかったので今回は牛ミンチで・・・。

ピ-マンの炒め物のようだが、青唐辛子の細切りが入っていて、さらに唐辛子油で炒める

ので、結構辛い。


↓最後は昨日の晩ご飯
b0194098_802113.jpg

メインは오삼불고기(オサmプルコギ)というコチュジャンだれベ-スの炒め物。

오삼(オサm)というのは、오징어(オジンオ:いか)と삼겹살(サmギョプサル:

豚の三枚肉)が一緒に入っているので、こういう呼び方をする。

↓葉っぱにこれとご飯を包んで食べる(もちろんこれだけでもOK)
b0194098_813055.jpg

↓後は簡単にしめじのナムル
b0194098_82319.jpg



睡眠不足に加え、先週からの疲れが溜まりに堪っていて、肩・首はガチガチで頭痛まで・・・。

来週はQ2をナンピョンに見てもらって、一人でチmチルバン(サウナ)に行くことだけを

楽しみにしている。

そこで、1年半ぶりの垢すりに、全身マッサ-ジも受けて、シッケ(米ジ-ス)を飲んで

午睡する・・・。(笑)

早く来週にならないかな~。
[PR]
# by 2010neko | 2010-11-19 08:21 | 家ご飯 | Comments(2)
引き続き、백일잔치(ペギルチャンチ)ネタで・・・。

昨日も書いたが、韓国では子供が生まれて100日目にお祝いをする。

この日、私が出産した産院からも携帯電話に祝賀メ-ルが届いたのには驚いた。


家庭によって違うが、1歳のトルチャンチ(お誕生日会)は結構、大々的にする家も多く、

いろんな人を大きな会場やレストランに招いて、ミニ結婚式状態の宴会を開いたりする。

しかし、ペギルチャンチはだいたい家族のみでお祝いをすることが多い。

うちはこの日、旦那家族(姑・次兄家族・弟家族)と日本の母親とで、夕方から

中華料理屋でお祝いをすることになった。

しかし、みんなでの会食形式のお祝いでは何となく寂しいので、自宅でのお祝いも

することにした。


韓国式のお祝いは、自分で調べたところ、백일상(ペギルサン:百日床)という食事を

準備し、三神(または産神)にお供えするというもの。

必ず準備しなければいけないものは、백설기(ペクソルギ)という粳米で作った白いお餅。

それに、果物(桃は除くらしい)・牛肉を入れたワカメス-プ、白いご飯、水(本来は

夜明けに初めて汲んだ井戸水)。

三神用にご飯・ス-プ・水は箸・スプ-ンと共に三膳分準備するのが基本。

後は三色ナムル、ジョン(韓国ピカタ)、焼いた海苔、ノビアニ(牛肉を焼いたもの)、

チャプチェなど、その家庭での慶事料理を準備する。


私もQ2のために、いろいろ準備してあげたかったが、ペギルを迎えるまでに心身の疲労が

極限状態だったので、中途半端な感じになってしまった。

ちょっと愚痴ると、ペギル前日の夜遅くまで、我が家には姑と日本の母親が同居状態で

数日間、西川きよしファミリ-状態だった。←なぜだか姑は日本の母親が我が家に滞在する

1日前にやって来て、近くの兄宅に移動することになっていたのに、こういう状態に・・・

育児に加え、二人の年寄りに合わせた食事の準備、観光(外食)、

散歩に連れ出したり・・・。

ずっと姑と母親が一緒にいる状態なので、常に通訳も必要。

ナンピョンは日本語ができないし、仕事にも行くので、本当にペギルまでの数日間、

私はあらゆることに気を使ってヘトヘトで、ペギルまで自分の体が持たないと思った。

こういう状態を作った?ナンピョンにも苛立つし、ペギル当日の夕方までナンピョンが1泊2日の

MT(宿泊研修)でいなかったので、自宅でのペギルチャンチは日本の母親と二人でお祝いと

いう寂しい結果になった。


話を戻し、自宅でのペギルチャンチは伝統的なものに、少しだけ日本色を入れた。

白いご飯はやめてお赤飯を炊いた。

そして、三神にお供えというより、Q2のお食い初め風に1膳だけ準備した。

↓これが自宅ペギルチャンチの様子(Q2もご機嫌に見える・・・003.gif
b0194098_10412047.jpg

↓韓日ミックスペギルサン
b0194098_104310100.jpg

↓ペクソルギ
b0194098_1045238.jpg
餅屋でお米を挽いてもらって粉にして作るが、餅屋に行く時間もなく、

洗って乾燥させた米を自分ですり鉢で粉にして作った苦心作。

なので、生地の目がかなり粗い。^^;

↓炊飯器で炊いたお赤飯
b0194098_10432283.jpg

↓牛肉入りワカメス-プ
b0194098_10432979.jpg

↓三色ナムル(桔梗の根、ほうれん草、わらびのナムル)
b0194098_10521074.jpg

↓韓国かぼちゃ・牡蠣のジョン(韓国ピカタ)
b0194098_1053218.jpg

↓焼き魚(イシモチ)
b0194098_1054434.jpg


チャプチェやノビアニも作ってあげたかったが、もう無理だった。007.gif

果物も家にあるもので準備したので、数も中途半端。

Q2ごめん・・・。


最後は今回、初登場のQ2の写真をアップ。

b0194098_1105618.jpg
b0194098_111535.jpg
b0194098_1111332.jpg
b0194098_1112369.jpg
b0194098_1113231.jpg

[PR]
# by 2010neko | 2010-11-16 11:12 | 育児関連 | Comments(6)
先週の土曜日、Q2誕生100日を迎えた。

日本ではこの日、「お食い初め」があると思うが、韓国では「ペギルチャンチ」という

お祝いの会を開く。

詳しくは後日、アップ予定。


そこでQ2に着せる服を何にしようかと悩み、タキシ-ド風のカバ-オ-ルと韓服を準備。

私は「韓国人より韓国人らしく!日本人より日本人らしく!」を目指しているので、

Q2の韓服は自分で作ることにした。

上下の色の組み合わせは私の自前の韓服(チマチョゴリ)と同じ。

デザインは、トリョンニムスタイル(韓国の時代劇で、ええとこの坊ちゃんが着ている服の形)

も考えたが、Q2はまだ人に抱かれている状態なので、簡単なスタイルの韓服にした。


布の裁断だけはどうしても嫌いなので、お店の人に任せ、初の韓服作りをスタ-ト。

ネットで作り方を見ながら、せっせと作ること約2ヶ月。

わからない用語だらけで、難しいのは難しかったが、この時間は長すぎ。

なぜ、こんなに時間がかかったかというと、ペギル用のサイズにしたのに、Q2の体幹が

でかすぎて、最初に作ったセットンチョゴリ(上半身に身につける服)が入らなかった

から・・・。

店の人に言ったら、「そんなはずは・・・。」と言っていたが、入らないのだから仕方がない。

そして、また布を注文して、一から作り始めた。

最初のものは手縫いで作ったのに、2枚目はペギルチャンチの期限も近づいていたので、

ミシンを導入。

そして、ペギルの1週間前に出来上がった。

いびつながら、出来上がりは大満足♪

そして、いい思い出になった。


↓これが苦心の韓服(全体・前姿)
b0194098_1111546.jpg

↓後ろ姿
b0194098_1121682.jpg

↓セットンチョゴリ(袖が縞々のチョゴリをいう)、襟の部分が一番難しかった~
b0194098_1125799.jpg

↓刺繍の部分は売っているもの
b0194098_1142773.jpg

↓パジ(ズボンのこと。下が絞りになっていて、昔で言うボンタン風^^;)
b0194098_1135680.jpg

↓ズボンのサイドの絞り部分(よく見ると色の合わないガタガタの縫い目が丸見え・汗)
b0194098_116913.jpg

[PR]
# by 2010neko | 2010-11-15 11:23 | ハンドメイド | Comments(2)