日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ナンピョンの実家に帰った時、エゴマが畑いっぱいに育っていた。

みんなで野外サムギョプサル(豚の三枚肉の焼肉)をする時も、摘みたてのエゴマの葉や

これまた収穫したばかりの白菜で包んで食べる。

当然、新鮮で香り・甘みなども市販のものとは比較にならない。

今回も長兄が収穫した白菜、唐辛子(生の青・赤唐辛子、挽いた唐辛子粉)、じゃが芋を

大量にもらって帰ってきた。

そして、私が畑で自ら摘んできたエゴマの葉。

少し大きくなっているので、葉がやや硬めだが、香りは抜群。

それでキムチとチャンアチ(醤油漬け)を作ってみた。

↓깻잎김치(エゴマの葉のキムチ)、上:漬けた直後、下:数日後
b0194098_048398.jpg

b0194098_0485432.jpg
ミョルチエキス(いわしエキス)の分量が多すぎたようで、ちょっと塩辛かったが、まあ合格。

↓깻잎장아찌(エゴマの葉の醤油漬け)
b0194098_0513117.jpg

b0194098_0522232.jpg
これはすごく美味しかった。


最近の韓国料理・・・。

夏の終わりと秋を感じさせるメニュ-?

↓잔치국수(韓国の温麺)
b0194098_0554246.jpg
自分で好きな具を取って乗せ、だし汁を入れた後、にんにく醤油だれで好みの味に調整。
b0194098_0555012.jpg


↓알탕(スケソウダラの卵入りの辛い汁物)
b0194098_104264.jpg


↓里芋が出始めたので作った들깨토란탕(里芋・里芋のつる・牛肉入りのエゴマ粉汁)
b0194098_1244100.jpg


↓夏の定番の호박잎쌈밥(かぼちゃの葉のおにぎり・中は自家製味噌入り)
b0194098_0592592.jpg


↓LA갈비구이(骨付き牛カルビのヤンニョン焼き)
b0194098_1420100.jpg


↓삼치생강장조림(さわらの生姜醤油煮)
b0194098_153846.jpg


↓애호박소고기조림(韓国かぼちゃと牛肉の煮物)、汁気が少なすぎたが・・・
b0194098_18222.jpg


↓노각무침(ノガク:熟して大きくなったキュウリの和え物)
b0194098_192058.jpg


↓고구마줄기들깨가루볶음(さつま芋のつるのエゴマ粉炒め)美味しい~!
b0194098_1121316.jpg


↓표고버섯마늘종볶음(椎茸とニンニクの芽の炒め物)
b0194098_1125536.jpg


これ以外にもメイン料理で닭백수(韓国の鶏の水炊き)や 닭개장(ユッケジャンの

鶏肉バ-ジョン)などをいろいろ作っているが、ゆっくり写真が撮れない~。
[PR]
# by 2010neko | 2011-09-25 01:25 | 家ご飯 | Comments(2)

乳児から幼児へ

チュソク(韓国のお盆:9/12)から、体調を崩していたQ2。

ずっと風邪&中耳炎で病院に通っていたが、今週の月曜日から39度台の熱が

3日間続いた。

ご飯は食べるものの、やはり体力の消耗は激しく、Q2もげっそり?痩せてしまった。

ぷにょぷにょだった太ももの肉もなくなって、痩せた分、背が大きくなった感じ。

でも、顔だけはナンピョンに似て、でかいまま・・・。(笑)

ここ数日、寝る前に飲んでいた粉ミルクを与えなくても、寝るようになり、

内外共にすっかり乳児から幼児になった。

Q2が成長した姿は嬉しいが、反面、子牛みたいに哺乳瓶でミルクを飲んでいた

可愛いQ2が見られなくなると寂しい気がする。←なので、まだ哺乳瓶を片付けられず・・・

話を戻し、3日間の高熱が(解熱剤を飲まなくても)下がったと思ったら、

頭~顔面、そして全身に広がる発疹出現。

この前起こしたピスタチオアレルギ-の再来?(今回はナッツの入った市販の

クッキ-を知らずに与えてしまったので)と心配したが、突発性発疹ということだった。

小さな子供は一度はかかる病気だとわかっていても、発疹がひどくて痛そうだし

(触れると不快感全開)、また色つきの鼻汁を垂らしだして元気がなさそうだし、

可哀想。

それにしても、乳幼児の病気は教科書通りでわかりやすく、Q2には悪いが、

いろんな症例の勉強が実践的にできるので、いい経験のような気がする。

看護士をしていた時は、小児科は絶対に避けたい分野だったが、今は

各症状・疾患に対する観察のポイントやこつがかなりわかってきたので、

日本で看護職を復帰する時(これはナンピョンと離婚する時だけど・・・笑)は

小児科もいいかも・・・と思う今日この頃。


ただ今、13ヶ月のQ2。

よく歩けるようになり(逃げる時は小走りにもなる)、私達の言っていることも

ずいぶんわかるようになってきた。←だからといって、言うことは聞かないけど・・・

しっかり言える単語はまだ3つ(オンマ・アボジ・マンマ)で、以前とあまり進歩していないが、

一人で何か話しているような感じの時もあるし、泣く時も拒絶や怒りの言葉交じり。

絵本も少しだけなら、注視できるようになってきたし、音楽を聞いて踊ることも・・・。

引き戸も開けられるようになったし、以前は部屋の中から眺めていたベランダの洗濯機も

部屋の段差を乗り越えられるようになったので、自分でベランダ脱出。

なので、悪さの範囲も拡大中。

でも、確実に成長している姿は嬉しくもある。

ちなみに現在の歯は11本。

よく食べるので、うんちは大人並みで、いつもナンピョンが驚いている。

でも、未だに少しでも食べ物が固いと吐き出しているので、それが厄介。

こんな感じ・・・。←忘れてしまうので、簡単にまとめてみた


↓この前、作ったかぼちゃのクッキ-をQ2が「いないいないば-」をしながら

食べている姿が可愛かったのでパチリ。
b0194098_10163435.jpg
b0194098_10164585.jpg
b0194098_10165255.jpg
b0194098_101724.jpg

↓その後、ぬいぐるみを持ち出して遊びタイム
b0194098_10182211.jpg

↓発疹後、寝てばかりのQ2
b0194098_10185921.jpg
早くQ2が元気になりますように・・・☆
[PR]
# by 2010neko | 2011-09-24 12:38 | 育児関連 | Comments(2)

かぼちゃづくし

少し前に、ナンピョンの知り合いの農場に寄ったとき、いろんな野菜をもらって帰ってきた。

野菜が高~い韓国では、とても助かるのがだ、あまりの多さに困りもの。

かぼちゃだけでも10個近くあった。

元々、私はあまりかぼちゃ好きではないので、料理に使うのは苦手。

なので最近は、せっせとかぼちゃを使ったお菓子やパンを作っている。

参考にしたのは、いつものクックパッド。

韓国かぼちゃは日本のものより水分が多いので、適当に薄力粉を増やしたり、

牛乳を減らしたりし、砂糖はQ2に合うように、各レシピの2/3程度にした。

↓かぼちゃプリン(かぼちゃ・牛乳・卵・砂糖)
b0194098_1626429.jpg
18cm程度のケ-キ型で作ったので、中ぐらいのかぼちゃ約2/3が入っている。

b0194098_16261346.jpg
かなり濃厚なプリンで美味しかった。


↓次はノンオイルかぼちゃケ-キ(かぼちゃ・牛乳・卵・砂糖・薄力粉のみ)
b0194098_16281064.jpg
b0194098_16281830.jpg
スイ-トポテトのような感じで、これも美味しかった。


↓かぼちゃのコロコロクッキ-(かぼちゃ・牛乳・砂糖・薄力粉・マ-ガリン)
b0194098_16311915.jpg
かりっ、しっとり~という感じで、本当に優しい感じのクッキ-。

その日に食べきれば、美味しいと思う。

どれもQ2がよく食べていたので、今後のレパ-トリ-に・・・。
[PR]
# by 2010neko | 2011-09-23 16:38 | お菓子 | Comments(2)
今年の秋夕(チュソク:韓国のお盆)。←韓国の秋夕についてはこちらを参照

チュソクの休み自体は9/11(日)~13(火)の3日間だった。

いつもナンピョンと実家に何泊するかの話し合いをするのだが、今回はナンピョンが4泊5日を

希望。

私はもちろん2泊3日。←これでも長いと思うけど・・・

結局、ぎりぎりまで粘って、3泊4日にしてもらったが、9/11(日)の早朝(まだ夜が

明けてもいないうちに)に出発し、9/14(水)の夜に帰ってきたので、フルな3泊4日だった。

ちなみに、次兄家族はわけのわからない理由で欠席。

弟家族は1泊2日で帰宅(しかも夕方に来て、翌日の昼には帰る羨ましいパタ-ン)。

叔父家族も嫁の出産がこの時期だったので、欠席。

なので、いつもの台所での女の争い(姑・義叔母・兄嫁二人・弟嫁・私)に巻き込まれる

こともなく、料理や皿洗いも比較的簡単に済んだ。

しかし、大変なことやむかつくことは結構あった。(笑)


まずはQ2。

実家の縁側から3回も落ち、額・顔面に擦り傷が数箇所。

そして、ナンピョンのT字髭剃りで遊んでいて、手足から血を流していた。(怖すぎ~)

姑や長兄嫁から、「母親がちゃんと見ていないから・・・」等、嫌味な感じでいわれたが、

だったらあんたらが、皿洗いや食事の準備をすれば?

Q2を可愛がるなら、最後まで面倒をみろ~って感じ。

みんな中途半端な可愛がり方で、Q2にむやみやたらに食べ物を与え、

滞在2日目の夜には消化不良で胃液が口元まで行ったり来たりで、一晩中愚図って

寝なかった。←1日目の夜も寝床が変わったためか愚図って夜中に何度も泣いていたので、

行事に加えて、こんな状態が2日連続で私もぼろぼろ

そんな状態でも、ナンピョンは自分の計画を遂行。047.gif

疲れもあってか、Q2はそのまま風邪をひき、我が家に帰宅してすぐに病院へ直行。

私もQ2の風邪が移り(そら~、こんなヨレヨレなら風邪にもなるでしょ?)、今日、病院へ。

秋夕が終わったら、やりたいことがいっぱいあったのに、またできなくなってしまった。


ナンピョンの行動はというと・・・。

1日目の昼は一人で松茸狩り、そして夜には大好きな弟と(実家で)深夜までお酒。

2日目は秋夕本番なので、家族みんなで過ごし(墓参り他)、夜は姪の夫と

(実家から歩いて3分の長兄宅で)お酒。

3日目は昼から姑・私・Q2を引き連れて、実家から車で1時間のところにある長姉家族宅を

訪問。

海の近くなので、私の希望で、長姉に会う前に、海辺に少し寄ってもらった。

しかし、海に着くなり姑が、「寒い」、「こんなところでQ2を遊ばせるな」等々、

文句のオンパレ-ド。←しかも、どんよりム-ドを全身から発している姑

私のテンションもいっきにダウン。

ナンピョンは私に、「状況に応じて楽しめ」と言ってきたが、私はあまりにむかついていたので

「チャンソリ(小言)ばかりで何が楽しい?海に来た意味もない」とぶ-たれ、

カフェでコ-ヒ-を飲んで、すぐに海を後にした。

そして、長姉家族に会い、フッヨンソチョンゴル(黒山羊鍋)を食べに行くことになった。

しかし、いくら体にいいとはいえ、私は山羊とか犬の肉は食べられない。

でも、長姉家族が予約までしてしまったので、仕方がない。

結果、黒山羊を食べた。←エゴマの葉等で臭いも消していたし、

肉質もちょっと固めだったが、まあ食べられる範囲(カメラを持っていかなかったので

肝心の写真は撮れず)

でも、私の皿にどんどん黒山羊肉が放り込まれるのには辟易した。←野菜を食べて

カバ-していたのに~

ちなみに、私は帰宅する途中から気分が悪くなり(山道なので車酔いもあったのだと思う)、

実家に到着後、すべて嘔吐。042.gif

やっぱり、体が受け付けたくないものは、食べない方がいいと悟った。

話を戻し、長姉達との食事の最中、長姉からこんなことを言われた。

「オルケ(長姉から見た私の呼称)が家族を捨て、夫だけを信じて韓国に来て、

努力しているのはよくわかっている。同じ嫁の立場としても(状況が)理解できる。

でも、もっと(韓国文化を)理解して、オモニ(母親)がオルケの家に行った時は、

よくしてやって欲しいし、(安否)電話もかけて気にしてやって欲しい。

これからも変わらずに・・・。」とのこと。

私は結婚した直後、頑張りすぎてしんどかったので、自分のペ-スで頑張ることにしたと

いうことを長姉に説明したが、やはり長姉からは、「それもわかるけれども・・・」と

上記の話を繰り返しされた。

そういう言葉が長姉から何度か出ていた時、姑が長姑に目配せしているのがわかった。

その時、私は「あ~、姑が言わせていることなのか」と理解した。

長姉は好きなので、こういうことを言われてもあまり気にはならないが、なぜ私より遥かに

我がままし放題の次兄嫁や弟嫁に、こういう話をしないのだろう?

言う相手が間違っていると思うけど・・・。

正直者がバカを見る気分だし、何か府に落ちない。

ナンピョンに後から、長姉が言った言葉の真意を確かめたが、ナンピョン自身は

「ネコが変わったと言っているのではなく、今していることをそのまま変わらず続けて行けと

いうことでしょ?」と・・・。

ナンピョンは、なかなか会えない長姉と姑を会わせてあげることもでき(姑をドライブに

連れ出してあげることもできたし)、ナンピョン自身も長姉に会えて、

そら~あんたは気分もいいでしょ?と嫌味を言いたい気分の私。

さて、長姉の言葉の真意は?

3日目の夜もナンピョンは地元の友達たちとお酒を飲みに行って、深夜に帰宅。


最終日の4日目。

朝食を食べてすぐに出発すると約束をしていたにも関わらず、ナンピョンはだらだらして

午後2時すぎに出発。

出発間際、また姑はナンピョンの前で、「別れるのが辛い」と涙を流していた。033.gif

姑は1ヶ月前にも我が家に滞在していたし、また1ヶ月後にも滞在するので、こういう言動が

(母親になった今も)理解できない私。←姑は他の子供にはこんなことはしない

ようやく実家を出発したのはいいものの、最後のお勤めがもう1つ。

実家から車で1時間半かかるナンピョンの知り合い宅を訪問。←我が家に帰るのと

道が違うので、行き帰りにさらに3時間プラス

Q2は風邪で調子が悪いし、車の中でもよく泣いていた。

ナンピョンに「別に行かなくてもいいやん?」と言ってみるが、ナンピョンは「相手が自分が

来るのを楽しみにしている」と強行。

は~、こうやって付き合っていても、いつもナンピョンはまだまだ私が自分に協力的で

ないことに不満を抱いている。

誰かナンピョンに説教して欲しい!!


また、姑の嫌なことを思い出した。

ナンピョンが地元の仲間とお酒を飲みに出かける時、「〇-〇〇(韓国の汚い言葉)、

友達なんか会いに行かなくてもいい(家に来てもらえということ)」。

最終日に知り合い宅に行く時も、「〇-〇〇、その家に行かなかったら、もっとゆっくり

できるのに・・・」とげんなりする言葉を連発。

韓国では友達より家族が優先なのはわかるけど、みんなナンピョンがお世話に

なっている人でしょ?と言いたい。

とにかく自己中心的。

でも、みんな素晴らしい人だと賞賛する。

韓国人と日本人の笑いのつぼが違うように、賞賛のつぼもきっと違うのかな?

ともあれ、無事に今年の秋夕は終了。
[PR]
# by 2010neko | 2011-09-16 01:39 | Comments(7)

離乳食(ステップ4)

最近の離乳食。

日本から持って帰ってきたひじきがマイブ-ム。←Q2は舌触りと色が苦手な様子だが・・・

それと面倒なので、よく焼き飯も作るようになった。(汗)

まずは焼き飯(味は少量の醤油だったり、バタ-入りだったり)から・・・。

↓玉ねぎ・人参・パプリカ・韓国かぼちゃ・白ゴマ・しらす・かつおぶしの焼き飯
b0194098_156423.jpg

↓青梗菜・玉ねぎ・人参・しらす・白ゴマの焼き飯
b0194098_1593692.jpg

↓ひじき・牛肉・人参・ブロッコリ-・白ゴマの混ぜご飯(だし味)
b0194098_1595036.jpg


↓代わりダネで、ひじきとしらすと野菜のクリスピ-ピザ
b0194098_20133.jpg

↓大人の取り分け材料で具沢山のチャンチククス(温かいそうめん)
b0194098_211689.jpg



↓これはQ2がモリモリ食べたパプリカと玉ねぎの牛肉巻き(少量の醤油・砂糖で味付け)
b0194098_292344.jpg

↓それにレンジでチンかぼちゃ、すいか、白飯
b0194098_293139.jpg


↓メインは大根・人参・ひじき・大豆の煮物
b0194098_2175788.jpg
あとは、レンジでチンのチじゃが芋チ-ズのせ、キウィ、白飯

↓本を見て作った青梗菜・じゃが芋・ツナの煮物
b0194098_223075.jpg
しかし、臭いor舌触りが嫌なのか、ほとんど食べなかった。

あとの人参の磯部あげ(人参に海苔巻きして揚げる)は美味しそうに食べていたので、

私も試しに食べてみたら(いつも味加減しかみない)、かなり美味しかった。

意外な組み合わせもいけるものだと関心。


↓メインは豆腐ステ-キの野菜甘酢あんかけ(だし汁・砂糖・酢で味付け)
b0194098_2291289.jpg
あとは、茹でブロッコリ-のマヨ和え、マスカット、白飯

↓メインは合びき肉団子のパプリカソ-スかけ(少量のケチャップ・ウスタ-ソ-スで味付け)
b0194098_230243.jpg
あとは、茹でレタスのお浸し(少量の醤油・ごま油で味付け)、ノガク(巨大キュウリ)、

白飯
[PR]
# by 2010neko | 2011-09-09 02:38 | 育児関連 | Comments(0)