日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

約2週間前、姑80歳のお誕生日会があった。

場所は我が家から車で(混んでいなければ)3時間のところにある海辺近くのペンション。

子供・孫・ひ孫を合わせた家族総勢23人が参加。

ペンションは2階建ての3LDK1棟を貸切。←部屋数が足りなさすぎだと思いますが・・・

みんな午後4時前後からぼちぼち到着。

うちは約4時間以上かかりペンションに到着したが、そもそもヘルニアがひどい私にはこの道のりは地獄と同じで、そのせいで車でもナンピョンとは険悪な雰囲気。

ペンションに着いても、まともに歩けなかった。

夕方6時の時点ではほぼみんな着いていたのに、次兄夫婦から連絡があり、午後7時半に到着するとのこと。

子供達もお腹が空くし、次兄夫婦だけ後で食事会場に遅れて来ればいいと思うが、そこは韓国人。

次兄夫婦を待って、食事をする夕食会場(刺身屋)に行こうということになった。



午後7時半すぎにやっと次兄夫婦が到着したので、23人が車5台に別れ出発(車で5分の場所)。

Q2を含めた4歳~7歳の子供達5人は、長兄夫婦&運転者の長兄夫婦の婿と一緒に少し大きめの車に乗車。

そして、うちも含めた3台の車はすぐに刺身屋に到着した。

しかし、しばらく経っても子供達は来ず。

遅いな~と思っていると、長兄の娘に電話があり、子供達が乗った車が事故ったとのこと。

事故は車との接触事故で、一応相手(代理運転手)に非があったらしい。

怪我人はいないということだったが、みんな顔面蒼白・・・。

事故の知らせを受けて、ナンピョンを含めた男達(5人)が全員事故現場へ。

30分くらいして子供達は刺身屋にやって来た。

子供達は興奮ぎみ。

Q2は背中を軽く打ったと言っていたし、弟の子供は顔を少し打ったとのこと。

みんな元気だったので安心したものの、次は1時間経過しても事故車に乗っていた大人と途中から出て行った男達が帰ってこず。

姑のお誕生日会なのに、何でみんなで事故対応?←頭が悪いとしか思えない

みんなお腹がぺこぺこだし、姑も含めて何だかな~という雰囲気。

私も地べたに座っているのが限界で、泣きそうだった。

午後9時すぎになって、やっとナンピョン達から電話があり、夕食を始めておくよう指示があった。

そして、食べ始めたが、男達や長兄夫婦もいないので、乾杯する雰囲気もなく、普通に姑を囲んで夕食開始。←みんな会話もあまりなく、ただ刺身等を食べる

午後9時半になり、ようやく男達も帰って来たが全くもって盛り上がらず。←みんな死んだ魚の目・・・

その後、事故を起こした長兄婿が恐縮した様子でやってきた。

でも、途中から病院に行ったという長兄夫婦からは何の連絡もなかった。

心配した誰かが電話をすると、既にペンションにいるという。

姑のお誕生日の夕食会をしているのに、長兄夫婦が連絡もせず、勝手にペンションにいるって失礼すぎると思いますが・・・。

怪我をしたのならともかく、後からごねてやろうという魂胆が見え見え。←相談していたのを後で見た(ナンピョン曰く、ペンションでも夫婦で相談していたのだろうとのこと)

身内なので、おかしく聞こえるかもしれないが、この家族と事故を起こしてしまった相手に本当に同情してしまう私。

それと後からナンピョンに聞いた話によると、どうやら長兄婿はペンションに来る前にアルコ-ルを摂取していた模様。

少しだけなのかもしれないけど、それで車を運転するとか、子供を乗せるとかあり得ない。←未だにコップ1杯ならいいと思っている(ナンピョン家族以外の)韓国人もいたのでビックリ!

そして、午後10時半に夕食会は終わり、みんなでペンションに戻った。

長兄夫婦はごくごく普通に寛いでいた。020.gif
[PR]
by 2010neko | 2017-01-25 14:41 | お出かけ | Comments(0)

念願の料理教室

去年からずっと通いたいと思っていた料理教室。

厳密にいえば、キムチ教室。

この教室は人気ブロガ-である先生が去年の夏から始めた教室。

ソウルなので朝早く出発しないといけないのと(ナンピョンの出張が多くQ2を見る人がいない)、値段が通常の個人料理教室の約4倍するので、行けなかった。

でも、今回はナンピョンがしばらく出張に行かないのがわかっていたし、1~2月はキムチではなかったが(本来は寒い冬には野菜がないという理由でキムチは漬けない)先生が門外不出にしていたらしいコチュジャン作りだったので、勇気を出して申し込んでみた。

なぜ勇気を出してかというと、この先生、すっごく激しい性格で怖い!(笑)

そして、ネットでの申し込みも朝5時からスタ-ト。

しかも、瞬時に予約が埋まるので、私も朝4時半に起きてスタンバっていた。

(緊張でか?)送信ミスをして、5時2分になり希望した日にちにあぶれてしまい、すぐに日にちを切り替え再送し、当選するのを待った。←先着順

一通りのことが終わるまでに45分かかり、もうぐったり~。


そして、先週、初レッスンに参加。

緊張で前日から眠れず。

当日は約20分前に到着(出してもらったお茶を飲み、始まるまで世間話)。

初対面の先生は優しかったが、やはり言う通りにしなかったり、変な質問をする生徒には容赦なし!だった。←すごく繊細な先生なんだと思う

レッスンはすべて見て学ぶスタイルで、実習はなし。

定員は10人。

先生の説明はすごく細かく(材料1つとってもこだわりがすごいが、理由を説明してくれるので本当に為になる)、独特な手法のコチュジャンだった。←今まで見たことのない作り方

そして、かなり早いスピ-ドで説明・進行するので、聞いて記録するのも大変だった(コチュジャン以外はレシピがなかった)。

コチュジャンを作った後は(2ヵ月熟成させる)、(2ヶ月前に先生が仕込んだ)コチュジャンを使ってミョルチポックン(煮干のコチュジャン炒め)、シグムチムッチム(ホウレン草のコチュジャン和え)、チェユッポックン(豚肉と野菜のコチュジャン炒め)を習った。

どれも普段自分が作る料理だけど、下準備や調理方法が全く違い驚き。

味もさることながら、食感が全く違った。

ちなみにレッスン前日、この先生の本(現時点で3冊発刊されている)の料理を1つ作ってみたが、感動するくらい美味しかった。


↓これが今回習ったものを含めたレッスン後の昼食会
b0194098_17085647.jpg
今回出たキムチは食べてすっごく美味しい~という印象ではなかったが、いつまでも食べ続けられるあっさりタイプのキムチ。

これから2ヶ月に1回通うことになると思うが(当選すればの話だけど)、今年はキムチの年にして、自分で納得のいくキムチを漬けれるようになりたいと思う。
[PR]
by 2010neko | 2017-01-22 16:37 | 料理教室 | Comments(0)
今月のお菓子教室(日本のお菓子研究会)。

私のお菓子の先生が愛してやまない弓田亨先生。←韓国人でお菓子を専門にやっている人に人気

去年の11月にも先生は東京の「イル・ブル-・シュル・ラ・セ-ヌ」まで研修に行ってきた。

弓田氏のすべての本を購入するという熱愛ぶり。

というわけで、今月からは弓田亨氏の本を先生に翻訳するお手伝いがてら、その中にあるお菓子を一緒に作ることになった。

今回はパレ・オ・プラリネ・アマンドゥというチョコクッキ-。

クッキ-生地にはア-モンドパウダ-や赤砂糖が入っていて、それをそぼろ状にし、中身にはア-モンドダイス等をミルクチョコで固めたものを挟む。

その中身を挟むときに、また別のチョコで糊代わり?にしてクッキ-生地に貼り付けるという手間のかかるカロリ-の高い焼き菓子。(笑)

私が大好きになったクレオレに似たお菓子なので、かなり期待していた。

↓これがパレ・オ・プラリネ・アマンドゥ
b0194098_16414175.jpg
このクッキ-、すごく手間がかかる割には普通な味だった。

写真下はおやつに出てきた塩キャラメルシフォンと(弓田氏の)ギャレットゥ・ノワという胡桃と黒糖のクッキ-。

この二つも普通な味だった。

ちなみに弓田氏の本にあるクレオルやピーナッツクッキ-は以前食べてすっごく美味しかった。

素晴らしい本でも、人の好みはそれぞれだし、実際に作ってみないとわからない。

個人的には弓田氏の本は解説が宗教がかった感じがするし詩的だし、手順等がすごく細かくややこしいので私の好みではない。

こういった手間のかかるお菓子を作る程、私のお菓子作りへの意欲がなくなっていくような・・・。

クックパット万歳!037.gif
[PR]
by 2010neko | 2017-01-22 15:37 | 料理教室 | Comments(0)
マートで見かけた即席のコマ チュンム キンパッ(ちびっこ忠武海苔巻き) セット。

チュンム(忠武)キンパッは、具の入っていない(ご飯にも海苔にも味がついていないただの)海苔巻きで、韓国の統営(トンヨン)という町発祥の料理。

昔の統営は忠武と呼ばれていたので、この名前がついた。

いくつかの説はあるが、その中の1つ。

昔々、漁業の盛んな港町・統営で、漁師をしている男(夫)がいた。

その男が仕事で忙しく、船上で食事が採れないため、お酒をご飯代わりにしていた。

それを心配した妻が、夫が船上でも簡単に食事ができるようにと小さな海苔巻&キムチ・イカの和え物

海苔巻が腐敗しにくいように、具なし海苔巻きとおかずを別にして作り、夫に持たせることにした。

それが、他の漁師仲間にも広がり、統営の名物料理になったという話。


同じ即席海苔巻きシリーズで普通のコマキンパッ(ちびっこ海苔巻き)セットやコマユブチョッパッ(ちびっこいなり寿司)セットは買ったことがあったが、これは初めて。←去年の6月から販売されていたようだが...

↓これがコマ チュンム キンパッ セット
b0194098_15314430.jpg
海苔巻き12本分の海苔と辛子醤油、イカと干大根の和えものがついているので、簡単は簡単。

しかし、海苔巻きをつけて食べる辛子醤油がかなり甘めなのと、和えものが少しくどい味なので、これは自分で作った方が断然美味しいと思う。

とはいえ、これにインスタント味噌汁をつけて、立派な?(笑)休みの日のナンピョンのブランチになった。

本音をいえば、割引セールだったので試しに買ったけど、正規の値段(4900ウォン前後)なら買わないと思う。

他のシリーズはこれよりいけてます。
[PR]
by 2010neko | 2017-01-16 15:08 | 家ご飯 | Comments(0)

姑80歳のお誕生日膳

先週末、カンヌンのペンション1棟を借りきり、1泊2日で姑80歳の(家族一同が集まる)お誕生日会があった。

ここでは、あり得ないくらい最悪の出来事が連発。

すごく長くなるので、これはまた後日。


この家族一同のお誕生日会終了後、姑も私達と一緒にやってきた。

私はもう歩くのもやっとの状態だったので、姑には次兄宅に行ってもらったが、翌夕にも次兄家族達との会食があった。

ナンピョンとの関係も最悪で、会食でも大泣き。←痛みから開放されないストレスが一番の原因

兄夫婦もこれは我が家に姑を送っては駄目だと思ったのか、姑を計3日面倒みてくれた。←私がどんな状態であれ、姑が来ないという選択肢はない

そして、姑はその後、我が家に3日間だけ滞在。

しかし、姑の本当の誕生日は我が家に滞在中だった。

夕方の会食ではないので、朝にしっかりお誕生日膳を作らなければならず(別にゲストが来るわけではない)、前日夜から、分娩のような痛みに耐えながら準備した。

自分がこういう状態なので、姑を純粋にお祝いしたいという気持ちは全くわかず、嫁としてナンピョン家族の誰からも避難されることのないようやり遂げよう!という執念だけでやり切った。

韓国ではナンピョン家族の誰にも助けてもらうことができない。

それを今回のみんなのお誕生日会でも痛感。

↓これが執念で準備したお誕生日膳
b0194098_15541946.jpg
ソコギミヨックッ(牛肉とワカメのスープ)、デジカルビチム(豚カルビの蒸し物カボチャ添え)、チャプチェ(韓国春雨と野菜の炒め物)、ムーサム(酢大根の野菜・カニカマ包み)他

姑は一口ずつも食べなかったが、「コマプタ(ありがとう)」と言ってくれた。

正直、今回の姑の弱った様子をみると、来年のお祝いはないかもな...と思ったので、全部やり遂げた後は、私の中で後悔はないなと思った。←今回、姑はたまたまかもしれないけれど、我が家に置いていた私服を持ち帰った

ただ、ナンピョンからはありがとうの一言もなかった。

私がどんな状態で準備したのか、ナンピョンだけが見ていたので知っている。

別にお礼を言われたいから作っているわけではないけど、労りの言葉が欲しかった。

この日の夕方も姑のお誕生日ということで、次兄家族と会食。


夫婦を続けるのは、本当にしんどい。
[PR]
by 2010neko | 2017-01-14 15:18 | 家ご飯 | Comments(4)
冬休み後半の今週、友達母子達と一緒に新しくできた室内遊び場に行ってきた。

最初は、韓国人友達のJ母子(Q2より1歳下の男の子)とキッズカフェ「スポーツクラブ チャンピオン」へ。

キッズカフェは幼児対象のところが多いが、ここはスポーツクラブを謳っているだけに体をダイナミックに動かす遊び場で、Q2くらいから上の子が遊ぶのにいい感じだった。

↓アスレチックやボクシング、バスケ、サッカーなどができる
b0194098_21164199.jpg
ここでQ2も汗をいっぱいかいていた。

施設はなかなかいいものの、私としてはアスレチック部分をもっと充実してもらいたいのと、オンマ達のお茶できるカフェ部分がかなり小さかったのが残念だった。

あとはキッズカフェにしては子供料金が2時間15000ウォンとかなり高額。

なので、次回からは行かない(と思う)。

ここで遊んでからフードコートで昼食。

ここにも小さな(室内)遊び場が併設しているので子供達は遊んでいた。←うちの地域ではこういうサービスがないとなかなか経営が難しい

昼食後、大型文具店に行ってから、J母子と別れる予定だった。

でも、文具店横にナクシカフェ(釣りカフェ)なるものがオープンしたばかりだったので見学がてら中に入ったら、結局子供達のリクエストで釣りをすることに...。

↓これがナクシカフェ(釣りカフェ)
b0194098_21393678.jpg
中には釣り堀があるが、カフェというだけあって室内はバーみたいな照明。

料金は1時間女性9000ウォン、子供は5000ウォン。

釣り竿を選んで、餌(ドッグフードみたいなもの)が入ったお皿をもらい、席につく。

釣った魚(コイ?フナ?)はボックスに入れて重さを計ったら(自分の腕にしているキーを機械に当てて)、そのまま釣り堀に流れる。←これが何だか可哀想になるけど...

と同時に釣り堀前方にある大型電光掲示板に自分の名前と魚の重量&それに合わせてもらえるポイントが表示される。←スロットみたいな抽選で景品が当たる場合もある

私は釣りをしたことがなかったので(Q2も網や銛を使う釣りしかしたことがなかった)、お店のおじさんに教えてもらい、手助けをしてもらってQ2と二人で1匹ゲット。←Q2も大喜び

釣りカフェなので、釣り堀横のカフェコーナーには、紙コップ自販機(コーヒーやカフェラッテ、ココアなど)や各種缶ジュースが入った冷蔵庫、2種類のカップラーメンが置いていて、すべて無料。

でも、釣りに夢中になるのでお茶をする暇がない。(笑)←もったいないので缶ジュースを2缶持ち帰ってきた(もちろん、怒られないです)

釣りは辛気臭いと思って敬遠していたけど、釣れた時はすごく嬉しいし、待ち時間もそう苦にならなかったので、自然の中の釣りもいいかも...と思った。


次は先週に引き続き、日本人友達Yさん母子と遊びに行ってきた。

↓まずは約2年ぶりにキッズクッキングカフェ「AIYA」へ
b0194098_22434872.jpg
この日のメニューは新年酉年ということで、コッコピザだった。

作ったものを昼食として食べた。

とっても美味しくて満足〜。

その後、前日に行ったナクシカフェ再訪。

この日は2時間トライし、自力で4匹ゲット。←Q2は途中から私のお手伝い役へ

友達は5匹以上釣れ、うち同様、母親の方がエキサイト。

そして、やはり釣るのに忙しくお茶タイムが出来ず。

釣りカフェの後はまたYさんちで遊ばせてもらい、お言葉に甘え、夕食までいただいて帰って来た。

↓夕食の(屋台風)焼きそば&中華コーンスープ
b0194098_22573165.jpg


Q2もそうだけど、私もYさん母子と遊ぶのが楽というか一緒にいて楽しかった。

日本語で共通の趣味の話や日本人的世間話ができるのでストレスを感じないのもあるし、子育ての姿勢が似ていることが大きいと思う。←自分の子に厳しいとか、規則を守らせるなど(笑)


昨日からナンピョンが10日間の休暇を取った。

ずっとQ2を一人でみていたし(ナンピョンは平日の休みでも二日酔いとかで、ずっとゴロゴロしていた)、週末からの大行事に控え、私は銭湯に行ったり、韓医院に行ったり療養。

ちなみにQ2とナンピョンは昨日はパンパンノリト(トランポリンのある室内遊戯場)、今日は映画ポケモン&散歩に行ってきた。

ナンピョンに一日中子育てするしんどさを充分に感じてもらわなければ...。

[PR]
by 2010neko | 2017-01-06 21:01 | 育児関連 | Comments(0)

パンパンノリト三昧

Q2の冬休み前半。

家でパンを作ったり、粘土で人形を作ったりもしていたけど、スマホもかなり長時間見せていた。

↓Q2と作ったテーブルロール(上と下一部がQ2作)
b0194098_09232373.jpg


そしてスマホの合間に一人でブロック遊びという感じ。(汗)

体を動かさないとQ2もストレスになるので、パンパンノリト(トランポリンがメインの室内遊具場)へ2日に1回連れて行った。←パンパンノリトでは誰かしら遊び相手がいるようで楽しそうにしている

本来ならその間、私もお茶をして待っていればいいけど、ヘルニアで椅子に長時間座るのが苦痛なので、待つのも辛かった...。


後は日本人友達Y母子(2つ上のお兄ちゃん、同い年の女の子、小さい女の子がいる)を誘い、パンパンノリトへ。

そして、昼食にみんなで日本のラーメン屋に行き、その後、Yさん宅で遊び、夕飯までご馳走になって帰ってきた。←Yさん宅の夕食はいつも17時半!子供に早寝早起き&理想的な遊びをさせているので、育児に怠慢な私はかなり反省した

↓ラーメン屋&Yさん宅にて
b0194098_09365393.jpg
男児2人がカウンターでラーメンをすすっていたり、オセロに夢中になっている姿が何だか可愛いかった。

Yさんは料理上手でよく料理を振る舞ってくれる。

この日は朝に作っておいたカレーと海藻サラダ。

ずっと笑顔で夕食を食べているQ2。

みんなといると本当に楽しいんだと思う。

冬休み後半はまた後日。
[PR]
by 2010neko | 2017-01-06 08:46 | 育児関連 | Comments(0)

クリーム...

一昨日、Q2の予防接種があり小児科へ。←小学校入学までにしなければならない予防接種をいくつか忘れていた(汗)

その帰りのお昼ご飯(外食)。

通りがかりついでに、(地域で)噂になっていたあるものを食べに、「조선면가(朝鮮麺家)」というお店へ。

↓これがその食べ物...クリームのこれな〜んだ?
b0194098_08530694.jpg


↓答えはクリームカレーうどん
b0194098_08543709.jpg
軽くホイップした生クリームの下にはスパイシーでもちもちなカレーうどん(日本の味だった)。←配膳直後はもっとクリームを絞り出したビジュアルだった

最初、クリーム部分だけ食べて(飲んで)みると、冷たくて、少し甘かったのでぎょっとしたけど、辛めの熱々カレーうどんと一緒に食べると辛さがマイルドになり、結構、ハマる美味しさだった。

でも、如何せん(生)クリーム。

若くない私には少しヘビーだった。←美味しく食べるには半分くらいがちょうどかな?

味見をしたQ2も美味しかったらしい。

このクリームカレーうどん、ソウル・カンナムのとあるお店が最初に売り出したようだけど(クリーム部分がジャガイモと生クリームのムース)、発売された時期をみてみると、どうも日本の「白いカレーうどん」というのを真似たのかな?と思う。←あくまで推測ですが...韓国オリジナルとは思えない


まあ、パクリはよくあることなので置いておいて、今回のクリームカレーうどんの高いこと!

何と1杯11000ウォン(1100円)。

シンプルなうどんが6000ウォン(600円)なので、2倍近い値段。

生クリームが高いとはいえ、強気にも程があるような...。

なので、次はなし。(笑)

もう1つは、Q2が選んだチキンカツ。

韓国ではトンカツがメジャーなので、ほとんどチキンカツを見ることがなかった。

注文して、その大きさにビックリというより、見ただけで胸焼けが...。

↓チキンカツ(7500ウォン:750円)
b0194098_22331771.jpg
Q2の顔より大きい!

Q2が「チキンやのに、オレンジの匂いがする。ない方がいいのに〜。」と言っていたが、幼稚園児が真っ当なことを言うな〜と感心した。

衣の油もあり、鶏肉のジューシーさや美味しさも全く感じられなかったので、安い鶏肉の臭い消しにオレンジを使用したのかな〜と思う。←完食するのに苦労した(衣をかなり外した)

新年2日目の外食は失敗。

[PR]
by 2010neko | 2017-01-04 08:39 | 外食 | Comments(0)

2017年あけました?

今日は新年?

いやいや、韓国はただの日曜日。

去年は日本にいたせいか、このギャップは大きい。

でも、一応年が明けたので、ご挨拶を...。

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。003.gif


昨日は久々にSBSとKBSの(ドラマ)演技大賞授賞式を21時〜1時半前までチャンネルを行ったり来たりしながら観て、その間に家族3人でカウントダウン&挨拶。←これが韓国の我が家の年越しスタイル


↓大晦日の朝ご飯&夕食(お寿司屋で買って来たにぎり寿司セット&手打ち年越しきつねうどん)
b0194098_20590587.jpg



今日は遅起きしてから、おせち3種とお雑煮を作り、ブランチタイム。(笑)

↓2017年初ご飯
b0194098_20235365.jpg
和風ミートローフ、紅白なます、黒豆、いつものお雑煮。

今回、初めて作ったレンジでできる和風ミートローフ。

いくつかのレシピを参考にして、いろんな野菜(玉ねぎ、人参、蓮根、ゴボウ、椎茸、三つ葉)を入れたら、すごく美味しかった。←冷めても美味しいので作り置きにもいいかも...


食事の後は、水原市にある遊び体験教室にQ2と参加。←親も一緒にテンションをあげて参加しなければいけず、ヘルニアで動けない私には涙ものだった

↓Q2は楽しかった様子(50分で終了)
b0194098_20453291.jpg
冬休み1週間前から帯状疱疹になっていたQ2。

子供が帯状疱疹になるなんて?!とびっくりした。

でも、何週間か前に40度近い熱が2日間出てから(本人は割と元気でご飯も食べていた・笑)、何だかずっと疲れている様子だったので、帯状疱疹にもなるな〜と納得。

見た目と出現場所も教科書通りだけど、子供の帯状疱疹はあまり痛くないらしく、それが救いだった。

医師に幼稚園は休む必要がないといわれ(日本は他の子に水疱瘡として移る可能性があるので行かない方がいいといわれると思うけど、韓国は大らか?)通っていたが疲労軽減のため、テコンドーは休ませていた。

その間にQ2がまるまる太ってしまった。

今日の遊ぶ教室で、運動不足をひしひしと見せつけられた。

冬休みが明けたら、またテコンドーで鍛えてもらわなければ...。


話を戻し、教室後はナンピョンも一緒に水原の大きな在来市場へ。

まずは、お腹が空いたので、市場名物のスンデコプチャンポックン(豚の血や韓国春雨の腸詰め・ホルモンと野菜の辛い炒めもの)を食べてから、いろいろ買い食い。

その後、河原を散歩。

b0194098_21274405.jpg

お正月な感じはまるでないけど、スンデコプチャンポックンをはじめ、付き出しのキムチも全部パーフェクトに美味しかったし、いつもと違うおやつも食べられ、何だか幸先のいい感じがした一日だった。
[PR]
by 2010neko | 2017-01-01 20:12 | お出かけ | Comments(0)