日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昨日、製菓技能士の筆記試験を受けてきた。

クラスメート達は2週間後に受ける予定だが、みんなと同じスピードで頑張っていては取り残される(筆記が通らない限り、実技試験を受けれないため)可能性大のため、すぐに受験した。

問題集を解いて勉強しなければいけないのに、どうしても気分が乗らず、ちょこっと勉強するだけ。

気分転換に図書館にも行ってみたが、30分で飽き、ご飯とお茶をして帰ってきたり...とにかく勉強しなかった。

たぶん製菓気質?ではないのだと思う。

半ば諦めて受験したものの、問題も最後まで読め、71.6点という変な点数で合格した。←パソコンを操作しながら回答するので、自分が解き終わったら合否がすぐに表示される(試験時間は1時間で60問出題、60点以上で合格)

運が良かった。(笑)

ナンピョンに報告したら、勉強しなかったのに?と不思議がられた。←とはいいつつ、今までに経験から得た知識等を総動員したり、韓食調理技能士の試験で勉強したことを必死に思い出しながら...

で、夕食はお祝い気分で家族揃って楽しく食べようと思っていたのに、Q2のナンピョンに対する言動(Q2はナンピョンをなめているというか友達扱い)がきっかけでナンピョンと私は喧嘩になった。

いつものようにナンピョンは私の育て方が悪いからQ2がこうなったという風になるので、私も完全にブチ切れた。

夕食はまずくなるし、言い合いになるし最悪。

そして、私はナンピョンを無視することにした。

夕食後、ナンピョンがQ2を連れて、いつも行く大型マート内の美容室に散髪しに行く時も声をかけられたが無視。

しかし、美容院から帰って来たらQ2がプレゼント!とこれをくれた。

ドクターショール ベルベットスムーズ 電動角質リムーバー

Q2がナンピョンに「これをオンマにプレゼントしてあげて欲しい」と懇願したらしい。

いつも母子でこの売り場を通り過ぎるたびに、私はQ2に「これが欲しいけど高くて買えない(ちなみにこのマートでは3万9千ウォン:約3900円)」と言っていた。(笑)←Q2にお金があると思われるとオモチャをねだられるし、実際に角質取りにこの値段を出すのが惜しかった

それにしても、なぜこのタイミング?

でも、嬉しかったな~。

ということで、踵の角質を削りながらナンピョンとも和解。

使った感想は最高!

ひび割れでよく痛くなっていた超ガサガサ踵もツルツルに...。

もっと早く買えば良かった。

お勧めの商品♪

Q2、ありがとう!

でも、実は今でも心の中でナンピョンにムカついている執念深い私。003.gif

ずっと出張に行っとけ~と思いながら今日は送り出した。(笑)

来週帰ってくる時のナンピョンのお土産は姑。

お~まい が~っと!!!
 
ほんま、来すぎやねん!←こういう時は関西弁に限ります
[PR]
by 2010neko | 2015-01-24 19:50 | 資格関連 | Comments(6)
少し前のことだけど、Q2の冬休み後半の数少ないお出かけ話。

韓国ママ友母子と一緒にQ2がよく行くキッズカフェ「Chappy Family Park」に遊びに行った。

このキッズカフェはチェーン店で、規模がかなり大きく、いろんな大型遊具があるので活動的な子供や男の子達に人気がある。

逆にいえば、小さい子には不向きなキッズカフェ。

友達の子供は満3歳の男の子でQ2より1つ下。

二人とも前よりかなり絡めるようになったけど、仲良しという感じではない。
(笑)

お母さん同士・子供同士がそれぞれ仲良しになるのは、本当に難しい。

そういう母子と巡り会えたら、かなりラッキーかも...。


さて本題。

遊んだ後は、同じビル内にある「948Kitchen」へ。

ここはしゃぶしゃぶ&サラダバーのお店でこれまたチェーン店。←韓国は大きなチェーン店が大好き

↓基本のしゃぶしゃぶとサラダバーのおかずの極一部(Q2分)
b0194098_1622882.jpg


このしゃぶしゃぶ&サラダバー(といってもブッフェのことを指す)が最近の流行のようで、普通のしゃぶしゃぶ屋は対抗できなくなるためか、リニューアルオープンでサラダバー付き路線にするところも...。←サラダバーなしのしゃぶしゃぶ屋も、サラダバーありのしゃぶしゃぶ屋も一人当りの価格は大差がないように思う

うちが家族でよく行くしゃぶしゃぶ屋チェーン店の채선당(菜鮮堂)も 「채선당PLUS+」になり、サラダバー付きに...。

韓国の結婚式場で食べるブッフェの規模を縮小した感じのブッフェなので、これがしゃぶしゃぶとセットならお得感大。

それに子供料金が安いし、子供が好きな食べ物・デザートもあるので、それもありがたい。

一昨年~昨年前半にかけては、トッポッキ(甘辛餅炒め)やカルグクス(韓国麺料理)の専門店がおまけでシンプルなピザをつけて売り出していたが、後半あたりからは前に紹介した一皿二人前のコテコテ洋食屋(カフェレストラン)や、このしゃぶしゃぶサラダバーが目立ち始めた。


次は今週、中国人友達と行ったカフェ。

私が好きだったカフェ(特にバジルソースが入ったパニーニが美味しかった)に行ったら、店が変わっていた。

これも韓国では日常茶飯事。

でも、シックな感じのカフェだったので入ることにした。

↓(鶏の)胸肉サラダ、ゴルゴンゾーラピザなど
b0194098_1721918.jpg
見た目は良かったけど、美味しくなかったので再訪なし。

この程度の味でカフェを開くって、ほんと勇気がある!

だから、新規開店も多ければ、閉店する店も多いのだと思うが...。(笑)


↓家族で久々に行きつけのアグチム(アンコウと豆もやしの辛い蒸し物)屋へ
b0194098_1783266.jpg
辛すぎてイラッとするのに食べてしまう。(笑)

写真ではわかりにくいが、大きなお盆サイズのお皿。

二人で完食し、最後はこのタレでボックンパッ(焼き飯)で〆た。

激辛料理に韓国焼酎は最高!

↓つきだしはいつも同じで、煮ポンテギ(蚕のさなぎ)等が出てくる
b0194098_17114063.jpg


↓さなぎをおかわりするグロすぎるナンピョン
b0194098_1714696.jpg


もっと頻回に辛いものを食べに行きたいけど、こういうお店にはQ2の食べられるものがないので、なかなか行けず。

この日もQ2だけ家に帰ってから素麺。

親だけ楽しんでごめん。
[PR]
by 2010neko | 2015-01-24 17:31 | 外食 | Comments(2)

お上りinソウル

先週末、出張中のナンピョンに無理やり帰ってきてもらい、私はソウルに遊びに行ってきた。

私を含めた在韓日本人友達5人。

いつもはみんな、P市で会うのだが、今回はソウル。

私はお上りさん気分でテンションアップ。

詳しいお店紹介は一緒に行ったHさんがアップしてくれているので興味のある方はこちらを参照して下さい。


まずはインサドンで昼食。

↓北朝鮮式マンドゥのお店「グン(宮)」でマンドゥジョンゴル(北朝鮮式餃子寄せ鍋)
b0194098_12345047.jpg
優しい味で私が家で作るマンドゥジョンゴルに限りなく近い味。(笑)

カクトゥギ(大根キムチ)も美味しかった。

ナチュラルな味が好きな人にはお勧めのお店!

次は仁寺洞~三清洞周辺でカフェ巡り。


↓ カフェ・コ(鼻)
b0194098_12402485.jpg
入り口に鼻のオブジェ!

夜は鼻の毛穴から明かりが漏れるらしい。(笑)

器も含めたネルドリップコーヒーの味
も落ち着いた内装もいい感じ!←トイレも面白いので立ち寄った際は是非用を足してみて下さい


↓ カフェ&ホームベーカリー「THE BARN」
b0194098_12523581.jpg
次もあるので、ここではニンジンケーキ、ザッハトルテを5人で味見。

店の人も嫌がらず、フォークも5本準備してくれた。

ここのニンジンケーキは私が今まで食べたニンジンケーキ中で最高!

生地には超細切り人参にナッツがたっぷりで、上にはクリームチーズ系のクリーム。

残念ながらザッハトルテは甘過ぎるのと、柔らかさに欠けた。

Q2へのお土産に紅麹酵母で発酵させたモンキーブレッドを買って帰ったが、それもかなり美味しかった。←日本のモンキーブレッドよりあっさり


↓ 有名な?「レミニスケーキ」
b0194098_1316269.jpg
お店の外観に模型マカロン等があり可愛い!

同じく器も可愛く日本チック。

ケーキの種類も豊富。

いちごケーキに至っては、こんなに綺麗なナッペは見たことがないというくらい綺麗だった。

しかし!!!

味はごく普通。←韓国人には人気店でも日本人の舌にはそう感じる

その中でもジャガイモケーキと紅茶チーズケーキはまあまあ美味しかった。←私が注文したサツマイモケーキは中の下ラインでサツマイモケーキが好きな私も残した

ジャガイモケーキはポテサラの味がする不思議なケーキで、クセになるケーキだった。

ただ、これも中身が一部凍っていてシャリシャリしていたので減点対象。(笑)

そして、この店は飲み物(特に紅茶)がまずいのが致命的だった。

韓国はコーヒーの味は格段に上がったけど、各種紅茶を置いている店も少ないし、味がいけてない。

これはまだまだかな...。


最後は仁寺洞に戻り、複合ビルの「仁寺洞マル」でウィンドウショッピング。

高すぎて買えませ~ん。

みんなで楽しく過ごせたし、カフェ巡りもできたし、いい一日だったな~♡

それにしても、韓国の小洒落たパン屋やケーキ屋の値段は馬鹿にしとんか~!?というくらい高い。

中にはケーキ1ピース、9000ウォン(約900円)なんていうのもある。

韓国は時給が安いのでアルバイトしている店員自身が1時間働いてもケーキ1個も食べられない。

普通の(定食等の)食事の1.5~2倍もするこの価格は異常。

家でまたパンやケーキ作りに励もう!と心に誓ったのだった。(笑)
[PR]
by 2010neko | 2015-01-24 12:27 | お出かけ | Comments(4)
先週の平日。

冬休みの間、ほとんど家にいたQ2のため、前からQ2が見たがっていた恐竜を見に行くことになった。

場所は家から車で約2時間の忠清南道泰安郡にある안면도 쥬라기 박물관(安眠島ジュラ紀博物館)。

去年からナンピョンが住んでいるところの近くらしく、食事もナンピョン行きつけのお店に...。

ナンピョンの普段の食生活を垣間見る、いい機会になった。

まず昼食はソモリクッパッ(牛の頭というか顔の肉を使ったスープご飯料理)。

グロそうで気が進まなかったものの、ナンピョンの強い勧めで食べてみた。

↓在来市場にあるお店のソモリクッパッ
b0194098_872158.jpg
顔の肉(薄くスライスしたもの)が入っているのに、すごくあっさりしていて、香ばしい味。

脂分をしっかり除去して丁寧に作っているのがわかる。

肉も全く臭みがなく、薄切りで皮の部分はミミガーの食感。

カクトゥギ(大根キムチ)もすごく美味しかった!

ナンピョンのいうように中毒性があり、私でもまた食べたいなと思う店だった。


市場を後にし、恐竜博物館へ。

↓ 安眠島ジュラ紀博物館にて
b0194098_8162454.jpg

b0194098_816528.jpg
博物館自体はそれ程大きくなく、本物の化石は極一部。

でも、内外(外は小さな公園になっている)に恐竜の大きなフィギアがあり、Q2も興奮しながら見ていた。

ナンピョンとQ2は恐竜の名前を言い合いながら楽しそう。

私はお付き合い。


博物館の後は、海辺に向かった。

↓サ厶ボンビーチと近くの展望橋
b0194098_8595827.jpg
西海なのに水も綺麗で砂浜もあり、なかなかいいところだった。

海岸沿いをしばらく散歩してから、夕食を食べに行った。

2日前に刺身を食べたばかりだったので、今回はパスし、ウロクメウンタン(黒ソイの辛い鍋)を食べた。

ここもナンピョンの行きつけ。

↓ウロクメウンタン(黒ソイ2匹が入り食べごたえあり)
b0194098_9113018.jpg
ここのは、ナズナとテンジャン(味噌)が入るので独特な味。

一般的なメウンタンとは少し味が違い、最初は?という感じなのに、食べ進めるごとにクセになり、最後まで美味しく食べられた。

↓特に美味しかったおかず類
b0194098_912368.jpg
上記のおかずも含めてパーフェクトな美味しさ(化学調味料は使っていない)。

味覚が確かなナンピョンが美味しい!というところは本当に美味しいと再認識。


夕食後、すぐ近くにナンピョン宅があるということで訪問することになった。

目の前に船が停まっている刺身屋の裏の一軒家だった。

↓部屋の中(L字型のリビング兼寝室1、荷物を置く部屋1)
b0194098_923339.jpg
写真部分は綺麗だけど、外観やシャワー室は...私は住めない。

Q2はナンピョン宅がかなり気に入り、泊まりたいとまでいっていた。(笑)

次は暗闇の中を車で走り、ナンピョンが潜伏しているどこまでも続く広大な(気が遠くなるような広さ)畑へ。

車のライトを照らした部分しか見えない漆黒の闇の中、ほとんど一人で夜な夜な仕事(動物の撮影)をしているナンピョンに敬意。←ナンピョンに怖くないのか聞くと、人がいる方が怖いと...

↓この姿(笑)で畑に潜伏し撮影しているナンピョン、唯一車が通れる道でこの両サイドが畑
b0194098_936333.jpg
今はマイナスの世界。

夏はうだるような暑さに、凄まじい虫刺され...。

ナンピョン、本当にお疲れ様。

それにしても、私はナンピョンに全く興味がなかったんやな~と痛感。

ナンピョンに去年の夏頃、別宅(笑)に遊びに来る?といわれていたのに、行きたくない!の一言で済ませてきた悪妻。

どんな環境で仕事をしているのかも知らなかった。←話してくれていたけど、そのまま耳をスルーしていた

もう少し歩み寄ろうと思う。
[PR]
by 2010neko | 2015-01-16 07:47 | お出かけ | Comments(0)
韓国で数日前に起こった仁川市のオリニチプ(保育園)児童暴行事件。

日本でもその映像が放送されたと思う。

今までにも保育園での虐待事件が何度もあったが、今回のはかなり衝撃的だった。

担任である保育教師が、昼食のキムチを残したという4歳女児

(日本の歳では満3歳児にあたる)に腹を立て、自分の前に立たせ、いきなり

女児を平手打ち。

その衝撃で女児は床に叩きつけられていた。

その横では同じ教室の子供達が固まって座っていて、すべての状況を怯えながら

見ていた。

女児も怖かっただろうが、それを見ている子供達もどれだけ恐ろしかったことか・・・。

その映像を見て涙が出てきた。

そして、今までだってこういうことはあっただろうに、子供達はなぜ親にいわなかった

のだろう?と思った。


さき、実際にこのクラスに通わせていた別の母親がインタビュ-に答えているニュ-スを

見て、やっと状況が理解できた。

聞き取りが間違っているかもしれないが・・・。

この事件が発覚したのは、これを見ていた別の子供がAちゃんが先生から殴られていたと

母親に話したらしい。←でも、自分が話したことは絶対に先生に言わないで欲しいと

懇願していたとのこと

それを聞いた母親がAちゃんの母親に連絡。

でも、Aちゃん自体は自分の母親に何も言っていなかった。

Aちゃんの母親が他から聞いたからとAちゃんに確認すると、やっと告白したらしい。

そういう経過で保育園のCCTVが確認され、事件が公になった。

公になった後、園に通わなくてよくなった園児達が次々に告白。

子供達のほとんどが昼寝をしないこと、おかずを残すことなど、些細なことで

殴られていたらしい。

でも、親に話すのは誰々ちゃんが殴られていたということで、自分のことは話さないらしい。

追求すると目を逸らしたりする。

おまけに先生はいい先生だといいながら、今まで殴られた別の子の名前を挙げていく

子供もいるとのこと。

子供達は自分が殴られた話はしないものの、お母さん達の間で互いに自分の子供達から

出てくる証言を合わせると、殴られていない子はほとんどいないという状況だった。

園に行かなくなっても、親に話したことで怯えている子供もいるらしい。


なぜ、今まで親にいわなかったのか?

この保育教師は子供達を殴った後、「私はお父さんやお母さんより力が強いんだ!」、

「(証拠写真等を見せながら)おかずを残したことは悪いことだ!警察のおじさんに

話さないといけない。」、もちろん殴ったことも話すなと脅していた様子。

これはもう集団洗脳状態。

この子供達、今までどれだけ辛かったことか・・・。

仁川警察長もこの保育園を閉鎖させる覚悟で捜査しなければならない!といっているが、

そういう閉鎖とかのレベルではなく、幼い子供達に虐待・脅迫・洗脳したのだから、

私としてはこの犯人を無期懲役くらいにしていいと思うし、園長他、資格の永久剥奪が妥当。

もしQ2が被害にあったら、無期懲役の前に私が相手をボコボコにしないと気が済まないと

思うけど・・・。

この事件を見て、自分自身も反省。

力でねじ伏せる怒り方は心を屈折させてしまうだけだと思ったのと、子供は本当に

純粋なんだな~と痛感。

今回、被害にあった子供達はこれから長い時間の治療が必要になると思うが、

悪い記憶が一日も早くなくなりますように・・・。
[PR]
by 2010neko | 2015-01-15 15:50 | 育児関連 | Comments(3)

割り切る

先週水曜日から製菓技能士班の本格的な授業が開始。

一人ずつ作ると思っていたら、2人1組になって作る方式(同じグループに2ペア)と聞き、

嫌な予感が・・・。

先にある程度の講義を受け、要所要所で先生のデモンストレーションを見ながら作る。

実際に試験会場で作る一人分の量をペアで作るのだが、こんなに多いとは知らなかった。

例えば、初回はジェノワ-ズ(共立てのスポンジケ-キ)だったが、

1回につき21cm型なら4個分で、それをいっきに作る。

業務用の機械を使っていくから当たり前なんだろうけど、家でちまちま作っていた

私としては驚き。


同じグル-プの仲間はいい感じの人達(私を含めて4人)。

でもでも、やっぱり韓国アジュマ(おばちゃん)だった・・・。

自分が解釈したその通りにしないと気が済まないところ(他の方法を許さない、

人の話を聞かない)、おせっかいなところ・・・etc。

同じグル-プ中に製パン技能士班を修了したアジュマが2人いるのだが(まだ免許は

取っていないらしい)、押しの強いことこの上ない。←製パンと製菓のコ-スは別々に

なっている

一人で自分の作品を完成させる方がよほど楽。

昨日はジャム入りロ-ルケ-キだったのだが、泡立てが終わったケ-キに薄力粉等を

混ぜる作業を私がしていたら、その時相棒になっていたアジュマに「私はここはノ-タッチ

だから(比重が重たくなって)失敗しても私の責任じゃないからね!」といわれた。

素人といえども、私も家でお菓子を焼くし、基本は日本の専門書で勉強したり、

日本に帰った時に通ったお菓子教室で、ある程度は習っている。

で、ここに来て上から目線で言われるので、いらっとくることが初回から何度もあった。

ずっとずっと我慢するのも精神衛生上悪いので、このアジュマにちょこっと言い返したら、

「冗談よ~。」とちょっと大人しくなった。←あんた、本気やったやろ?!

そして、今度はジャムを塗ったスポンジケ-キを巻く段階・・・。

先にスポンジ巻きが終わった別のアジュマが自分が(巻きが緩くて)失敗したものだから、

他の人が失敗しないようにと過干渉してきた。←その気持ちはありがたいけどね・・・

60cm以上の長さになるスポンジを巻くから難しいのは難しいけど、唯一、個人で完成

させられる部分。

私も太い麺棒を持って気合を入れて巻き始めた途端、後ろからそのアジュマが手出し。

後ろから羽交い絞め状態で、まるで個人レッスンをアジュマから受けている気分。

「押して~、押して~」と言いながら、私のロ-ルケ-キをぐいぐい押し巻きしていった。

先生から柄も焼きもきれいにできたと褒められていたのに、最終的に「ぎっしり巻きすぎ!」

のコメント。←許可なく手出しするな~!!!

そして、先生はとてもいい人なのだが、レシピが不味すぎ。←試験用だから先生も

レシピを直せないんだけど・・・これでいいのか?!韓国製菓界!

生地が美味しくないのもあるし、超甘い。

私は家でお菓子を作るとき、甘ったるいのが苦手なので、どんなレシピでも

まず砂糖は減量して作る派。

ここのスポンジケ-キを小麦粉の量にあわせて計算してみたら、砂糖だけでも

私が作る時の2倍量が入っている。

到底、私には耐えられない。

持ち帰る量も半端なく多いので、最初は同じアパ-ト内の幼稚園ママ達におすそ分け

しようと思っていたが、これをもらって喜ぶ人はいないと思うので(それにこんな不味いものを

作ったといって渡すのは恥ずかしすぎる)、勿体無いけど家で少しだけ食べて処分している。


まだ始まったばかりの教室だけど、既に行くのがかなりのストレス。←そう思っていたら

先週末から風邪でもないのに左の扁桃腺が史上最高に腫れ(医者もびっくり)、

40度近い熱が2日間くらい出た(今も治療中でヨレヨレ状態)

でも、お菓子作りの基礎やポイントを習えるので、資格取得のためだけと心底割り切って

美味しくないお菓子を作りながら(笑)、最後まで通いたいと思う。

↓同じグル-プの4人の共同作のジェノワ-ズ(左は泡立て・混ぜ方が悪く完全に失敗)
b0194098_1249032.jpg
このスポンジ生地をナンピョンに食べさせたら、

「固いし、甘いし、何これ?!行くの辞めたら?」といわれた。

↓甘すぎるスポンジケ-キを消費するために無糖ヨ-グルトと合わせ苺のトライフル風に
b0194098_1454213.jpg




↓ジャムロ-ルケ-キ
b0194098_12493727.jpg
甘いものが大好きなQ2はこれを「美味しい~!」と喜んで食べていたが、私は不憫でならなかった。(笑)

ちなみに私が熱を出して出席できなかった米粉のスポンジケ-キ(共立て)の授業。

クラスメ-トに聞いてみると、普通のスポンジケ-キ(ジェノワ-ズ)より

さらにボソボソしていて不味かったらしい。

日本のレシピで作ったら、フワフワで超美味しかったんだけどな~。

あ~行きたくない・・・。
[PR]
by 2010neko | 2015-01-15 14:34 | 料理教室 | Comments(0)

習い事始め

今年第一弾の習い事。

製菓技能士班(資格を取るコース)。

今日から週2回で4ヶ月通う。

今日は初授業だった。

自己紹介が私からだったし、外人はやはり私一人だったので、みんな(約20人)の視線が痛かった~。

志望動機を詳しく話さなければならず、その過程で思わず韓国のパンや洋菓子が美味しくないからというようなことを言ってしまった。

正直すぎたか...。(笑)

まあ韓国も数年前より格段に美味しくなっているんだけど、どうしても神戸のパンや洋菓子と比較してしまうので、仕方がない。


今日はオリエンテーションがメインだったので、実習はグルテン採取のみ。

各小麦粉のグルテン含有率くらいは本で知っていた。

でも、実際に実験?するのは初めて。

薄力粉、中力粉、強力粉をそれぞれグルテン膜ができるまで捏ね、それをまた水に浸してからずっと洗っていき、グルテンだけを採取していく作業は面白かった。←久々の手捏ねは辛かったけど

最終的に乾燥グルテン含有量や含有率を自分で計算するので、記憶にもしっかり残った。

ただ、どのグループも中力粉と薄力粉の結果が逆転してしまい、結局、保存していた薄力粉と中力粉の容器を入れ間違えたか、混ざった状態で管理されてしまったという、とってもしょぽい結末に...。

こういう部分が韓国チック~。

先生自体は年配の男の先生で話し方も比較的ゆっくりしているし、親切そうでいい感じ。

クラスメートは40代のオンマ達がかなりいたけど、仲良くやっていけるか心配。

来週辺りに親睦会(全体の食事会)があるらしいので、もう既に緊張している私。

今月末くらいには筆記試験を受けるつもりなので、そっちのプレッシャーもかなりある。

自分で決めたことだけど、何だか新年早々弱気な今日この頃。

新学期を迎えた学生みたいかな。
[PR]
by 2010neko | 2015-01-05 13:15 | 料理教室 | Comments(0)

新規キッズカフェ

今日はQ2と二人で近所のオルムソルメジャン(野外の自然スケート場で韓国に昔からある手こぎソリで遊ぶところ)に行くつもりだった。

バスでオルムソルメジャンまで一番近い場所まで行ったものの、そこからの詳しい道がわからず、その辺にいた住人に尋ねた。

すると、そこから歩くのはかなり遠いとのこと。

まあタクシーが通る道でもないので、歩くのは覚悟したけど、こんなに暖かい日に行ってもダメでしょ!といわれ断念。

確かに今日は暖かかったな。(笑)

仕方なく市内まで引き返し、気になっていた新しいキッズカフェに行って来た。

市内のキッズカフェでは最大規模らしく、入口もレストランチックだったので、入口を掃除していた人にここはキッズカフェですか?と尋ねてしまった。

入るとまた凄く、天井も高いし、明るくて広々。

カフェ部分のスペースもかなりあり、親が寛ぐにはもってこいな空間。

遊具も木でできたものが多く、韓国のキッズカフェではないみたいだった。

↓こんな感じ(写真は極一部の空間)
b0194098_12449.jpg

b0194098_122093.jpg
値段もこの規模くらいの施設にしては良心的で子供は2時間で9000ウォン(約900円、会員価格だけど名前を書くだけで会員になる)で子供用ジュース1本付き、大人は入場料はいらない代わり、別料金で一人につき飲み物か食事を1つオーダーすれば良い。

掃除もかなり行き届いているし、環境的には申し分ないが、トランポリン以外は全身を使って遊ぶ遊具がないので、Q2には少し物足りなかったかも...。←本人は遊び相手もいたし、楽しかったらしい

もうここは行かないと思うけど、乳児~満4歳までの子供&親にとっては、すご~くいいキッズカフェだと思う。

今週中にオルムソルメジャンにリベンジ!
[PR]
by 2010neko | 2015-01-05 00:49 | 育児関連 | Comments(0)

新年会(熟年女子会)

昨日はOさん宅で新年会があった。

集まったのは塾年女子4人。(笑)

お節料理はOさんが全部準備してくれた。

年始の挨拶をし、人の作ったお節料理を食べるのは20年ぶりくらいかも...。←独身の時もいつもお正月に仕事をしていたので

雰囲気はまさしく日本!

塾年女子会なので、空気もゆるゆる♡

↓Oさんが作ってくれたお節料理
b0194098_10273547.jpg

b0194098_10282837.jpg
料理が美味しくて(特にぜんまいの煮物、栗きんとん、海老の酒煮がお気に入り)、お酒のあてにもいいね~と話しているうちに、Oさんの旦那さんが大切にしている大吟醸を開けることに...旦那さん、ごめんなさい。

このお酒がまたフルーティーで美味しかった~。(笑)

福井県のお味噌汁なお雑煮も初体験♪

時間の都合で先にお暇したけど、新年早々和やかに過ごせて楽しかった。


来年こそはちゃんとしたお節料理を作って家族みんなで過ごしたいと思います。
[PR]
by 2010neko | 2015-01-04 10:30 | お出かけ | Comments(0)

おやつ作り

ここ数日、母子で家籠りしている間、暇なので、ほぼ毎日おやつを作って食べていた。

いつもは少し手伝わせるくらいだったが、今回は大部分の工程をQ2に口頭指示しながらやらせた。

危ないけど、フライ返しをさせたり、熱湯に材料を入れさせたり...。

もちろん、これは付きっきり。

熱いのも、学習してこそ身につくと思っているけど、姑が見ていたら、すっ飛んで来るだろうな~。

そして、自分が作ったものは自分で食べるルール。←途中、Q2が作りながらベロベロ指をなめたりするので、汚くて私が食べたくない(笑)

↓ちくわパンとミックスジュース
b0194098_1233914.jpg
Q2がちくわに生地を巻けないとすぐ諦めようとするので、やりもしないのに初めから諦めるな!と怒りながらやらせる始末。

最後に形だけ整えてあげたら、それなりの形になった。

初めてのちくわパン、超久しぶりに作ったミックスジュースは最高で、二人で大満足。


↓10cm型で作ったチョコレートケーキ(上はQ2作、下は私作)
b0194098_12363039.jpg
チョコレートケーキ生地の砂糖を少し控えたが、Q2のケーキはすごく甘そうだったので私は試食せず。

ナンピョンが被害に合っていた。(笑)


↓上は餅たま、下はきな粉はちみつ白玉
b0194098_124092.jpg
餅たまはクックパッドを見て初めて作った。

フライパンで餅を焼いてから、卵を絡ませ、お好み焼き風にして食べるもの。

作る前は?という感じだったが、これはリピ確実。

簡単だし、おやつにお勧め!


↓左は焼きカレーパン、右はりんごのクッキー
b0194098_1257305.jpg
カレーパンは私の方が失敗。

Q2の方が綴じがしっかりしているので、中からカレーが出てくることなく焼けていた。

ちょっとへこんだ私。

りんごクッキーはソフトで優しくいい感じ。


家だけにいると、市販のお菓子率もかなり減った。

とはいいつつ、それでも毎日何かしら市販のお菓子を食べている。

私も食べたくなるから仕方がない。003.gif
[PR]
by 2010neko | 2015-01-02 12:12 | お菓子 | Comments(0)