日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さっきのお出かけ記録の続きをアップ。

私が興味深々だった偏食解決ブログラム「고마워 토토(ありがとう トト)」。

最近、Q2の偏食(葉物野菜&繊維質な野菜&食感が悪そうな野菜)が悩みの私。

よく野菜嫌いな子供は、畑で親と一緒に野菜を収穫したり、料理をしたり・・・などの

解決法が紹介されている。

Q2も物ごころがついた時からやっているのだが、野菜嫌いになってしまったし、

その後も効果が見られず。

最近はオリニチプの先生にも協力してもらい、園ではもちろん、家で嫌いなものを1口でも

食べられたら連絡帳に書いて、その後、先生に褒めてもらうようにするなどしている。

でも、あまり進歩がないし、ずっとみじん切りの野菜料理ばかりを作るのも私が疲れる。

そんな時、この偏食解決プログラムを発見。

遊びの延長でできるし、割引もしていたので、日曜日、ソウルまで出かけてきた。

今回テ-マの野菜はコチュ(唐辛子)だった。

韓国の子供は小さい時から洗ったキムチを食べたり、少しだけ辛い赤い料理も食べるので、

ある程度の年齢になれば、唐辛子は慣れ親しんだ食べ物。

唐辛子にもいろんな種類があり、辛くない唐辛子もある。

授業は60分で、Q2は4歳(満3歳)クラス(1クラス5人)で受講。

こんな感じで進行した。


b0194098_9512933.jpg
ユニフォ-ムを着用し、手のアルコ-ル消毒。

(人工)川を渡って雰囲気作り。


b0194098_9523948.jpg
全面に土を敷き詰め、草木が植えられた

畑の部屋で授業開始。←カエルや小鳥の鳴き声もする

先生が唐辛子の苗を子供達に見せ、唐辛子についてのいろんな説明や質問。

Q2も元気よく質問に答えていた。

ここでは、唐辛子の収穫を遊び風にして、綱にぶら下げてある唐辛子を、子供達が

バックを持って収穫。

その唐辛子を石でつぶして中身を確認したり、土と唐辛子を使ってキャラクタ-のトトに

食べさせたい料理を作って、ままごと遊び。←Q2はチョコレ-トケ-キを作った(笑)


b0194098_1014784.jpg
次の部屋では、唐辛子クレパス作りと唐辛子の種のお絵かき。

中身を抜いて乾燥させた唐辛子にクレパスを溶かして入れ、唐辛子型のクレパスを作る。

子供達が行うのは、クレパスをすり鉢でトントンする作業。

クレパスをレンジで溶かして流し入れる危険な作業は先生がし、子供達はそれを見学する。

お絵かきは紙にのりで絵を書き、それに唐辛子の種を当て、絵を完成される。


b0194098_10131516.jpg
次の部屋は家庭科実習室。

ここで、コチュジョン(唐辛子に豚ミンチ肉・豆腐・野菜をつめた韓国ピカタ)作り。

先生が作る作業をまねしながら一人ずつ作っていく。

写真右上から時計回りに・・・。

まずは、手動フ-ドカッタ-に野菜を入れ、コンコン叩いて野菜をみじん切りにする。

次は半分に切った唐辛子(プッコチュという青くて辛くない唐辛子)の種を除去する。

その唐辛子の内側とと外側に小麦粉を付ける。

(先生が混ぜてくれた肉・豆腐・野菜の)具を唐辛子に詰めていく。


b0194098_10252258.jpg
具を詰めた唐辛子に小麦粉をまぶし、溶き卵につけて完成。

ここまでが子供達の作業で、後は先生が焼いてくれる。

その間に、子供達は魔法の紙(笑)に絵を描いて、それに先生が魔術を唱えながら

ドライア-の熱風を紙に当てると、小さく硬いプラスチックに・・・。←本当に魔法だと

思っている子供達の言動が面白かった~

これに紐を通してブレスレットにし装着。


b0194098_1026117.jpg
コチュジョンの出来上がりと同時に、次の部屋に移動し、

家で育てる唐辛子の苗と、作った唐辛子クレヨンと描いた絵をもらい、

その後、試食。←きちんとした食べる部屋がないのが、これだけがとても残念

今までQ2に唐辛子にも辛くないものがあると説明しても、家では絶対に口にしなかったが、

今回は、「美味しい!」と完食したのでびっくり。


翌日、Q2はオリニチプで先生に唐辛子の説明をしたり、ままごと遊びでコチュジョン作りを

披露したらしく、先生も感心していた。

まあ、今回はみんなで楽しく遊んだから食べられたということもあるが、効果はあったので、

これから月1回、定期(毎月違う野菜がテ-マ)で通うことにした。←本来は月2回らしいが

月謝が高いのと、ソウルまで通うのがしんどいので月1回に・・・

来月のキャベツから通うつもりだったが、一昨日、ブロッコリ-を食べないQ2を

見て、早速、今月(今月はブロッコリ-らしい)から開始予定。

また週末にソウルに行くのは、正直、しんどいけど、野菜嫌いが治るなら

頑張らないとね。
[PR]
by 2010neko | 2013-08-20 12:33 | 育児関連 | Comments(3)

흙놀이(土遊び)他

先々週、Q2の夏休みは終わったものの、先週は祝日があったため、

気分的には引き続き夏休みのようだった。

先週も休日ごとに外出。

いつもはオリニチプの後、園の近くにある公園に寄って1~2時間遊んで帰って来る

パタ-ンがほとんどだが、休日前にはバスで近くの大型公園に行くこともある。

先週もそうだった。

↓公園の人工河原で水遊び&パッピンス(韓国のかき氷)が人気のカフェへ
b0194098_11191112.jpg



そして、翌日の祝日には、夏の期間(6月末~8月末)だけやっている

「키즈파크(キッズパ-ク)」という室内巨大ノリト(遊び場)に行ってきた。

首都圏では4箇所で開催されていて、私達はソウルのヤンジェ会場へ。

この暑さでは日中に思い存分、外で遊ぶことができないので、このキッズパ-クも

大盛況だった。

会場は大型展示会場2つ分を使って設置しているのでかなり大きく、走り回るには

いいのだが、とにかく休みの日だったので人が多かった。

遊び道具はトランポリン、空気で稼動する各種滑り台(スライダ-)やお城。

ボ-ルプ-ルなど・・・。

基本、キッズカフェと同じような感じだけど、遊具のスケ-ルや数が違うので、

子供達も興奮していたし、私も遊びたい!!と思うものが結構あった。

↓こんな感じ
b0194098_1114431.jpg
小学生のお姉ちゃん達が30分くらい一緒に遊んでくれたおかげで、Q2大満足。


週末は、隣の市(徒歩とバスで45分くらい)であった흙놀이(土遊び)体験に行ってきた。

体験時間は80分。

こんな感じで進行。

b0194098_11315100.jpg
係りの先生に注意点を聞いてから入場。

一つ目の部屋ではお絵かき&土粘土遊び。

お絵かきは、お習字のように、土を固めた棒をすずりですり、泥水を作成。

あとは半紙に筆を使って描く。

それが終わると土粘土遊びで、いろんな型で型抜きをしたり、好きに形成。


b0194098_11381094.jpg
2つ目の部屋に移動。

すべて土と泥を敷き詰めた部屋。

ここでは泥投げや、泥坂すべり、どろんこ遊びができる。

Q2にこれがさせたくて参加したようなもの。

ここでは、私もQ2を投げ飛ばしたり、いたずらをして、Q2は全身泥だらけに・・・。

←子供に細心の注意を払っている他の親はちょっと引いていた^^;

泥だらけの写真を撮りたかったが、私の手も泥だらけで撮れず。

最後は外に設置された泥水プ-ルで水遊び。

この汚い水を飲んだりする子供達。(笑)

Q2も犬泳ぎなどをして、泥遊びに続いて大喜び。

プ-ルから出たくないといい、最後の一人になってしまった。

おやつでつり、やっと終了。←係りのおばさんが簡単にシャワ-をかけてくれるので、

着替えると一応はきれいになる


ここの会場は美術館が併設されているので、土遊び後、館内のカフェでお茶

(焼いたパンを持参)をした後、美術館見学。←子供達が親しみやすいポップな絵画や

造形物がいっぱい

見学後、まだ遊び足りないQ2はこの近くの河原を散歩したいと言う事を聞かず。

仕方なく、一番日差しがきつい炎天下の中、河原を散歩。

私は死にそうだった。><
b0194098_12145513.jpg



帰ってQ2が昼寝(夕寝)をしてくれると期待していたが、バスの中で眠っただけで

昼寝は終了。

1時間程、家で休んだ後、私の眼鏡のレンズ交換のため、また大型マ-トへ。

私は夕食を作る気力もなく、マ-ト内のファミレスで夕食を済ませた。

帰って早く寝ようと思っていたのに、Q2がまたマ-ト内のキッズカフェで遊ぶと言い出し、

しぶしぶ付き合い、家に到着したのは夜9時前だった。

すぐにお風呂に入ってQ2は寝てくれたものの、私の疲労は取れず・・・。

寝酒でもしないと寝むれない感じだったので、夜な夜な一人でウイスキ-を飲んで

は~とため息をついていた。


P.S 泥遊びは面白いが、今の世の中、都会に住んでいるとこういう遊びは難しい。

私なら昔、セメント工場(忍び込んでいた^^;)や公園・路地で泥遊びをした記憶が

蘇るが、今の子供達は環境問題や細菌問題でそいうこともままならず、何だか可哀想。

お金を出してこういう経験させるのもナンセンスな気がするが、全く経験がないよりは

マシかと自分に言い聞かせたり・・・。

とにかくQ2にはできることは何でもやらせ、楽しい記憶を作ってもらいたいと思う。
[PR]
by 2010neko | 2013-08-20 12:32 | 育児関連 | Comments(0)
最近、たまに作るパン。

それにしても暑いわ~。

↓きび砂糖とピ-カンのモンキ-ブレッド
b0194098_132438.jpg
やっぱり一口がでかくなり、全体的に可愛く仕上がらず。

味は最高~♪

↓はちみつと練乳のおやつパン
b0194098_1305183.jpg
適当にレシピを置き換えて作ったので覚書。

強力粉200g、牛乳120g、バタ-30g、はちみつ30g、練乳10g、塩3g、

ドライイ-スト3gで20個くらいに分割し、180度で11分弱

↓Q2と一緒に作ったサンドイッチ
b0194098_13214632.jpg
Q2がしまじろうの(サンドイッチ)ペ-パ-ワ-クで遊んだ翌日に

同じように作ったパン。←高~いレタスの代わりにサンチュ(チシャ)を使って・・・

しばらくQ2のサンドイッチブ-ムが続いた。

後は、コッペパンを焼いてホットドッグにしたり、はちみつ白パンを焼いたり・・・。

暑いけど、やっぱり家で作るパンは安心で美味しい!

といいつつ、ほぼ毎日、Q2を送り出した後、パン屋でモ-ニングカフェして、

くつろいでいる私って・・・。011.gif


最近、とあるパン屋でモンキ-ブレッドを見かけるようになった。

やはり素人の私とは違う・・・。←食べていないけど、見かけが可愛い!

韓国も急速な勢いで、街のパン屋さんが進化中。←新しいパンがどんどん入っている

↓可愛らしいモンキ-ブレッドとカメのメロンパン
b0194098_13312232.jpg

[PR]
by 2010neko | 2013-08-13 13:37 | パン | Comments(0)

長かった夏休み

Q2の夏休みが先週末やっと終わった。

前後の土日等を含めると実質10日間。

小学生の夏休みを考えると、10日間なんて・・・と笑われそうだが、1日中子供と付き合う

10日間は私には拷問だった。(笑)

来年からQ2を公立の幼稚園(公立小学校付属)に入れようか?と思っていたのだが、

そうなると夏休みや冬休みが小学生と同じように長~くなってしまうので、

今は真剣に悩んでいる。←そろそろ近所の幼稚園の下調べ等をしないといけない


さて今回の夏休み。

1日も休みことなくお出かけ三昧だった。

先々週末は家族3人でナンピョンが単身赴任している家の近所のペンションに

泊まりに行ったことは書いた。

そして、翌日の日曜日からはこんな感じ。

日曜日:大型マ-トで昼食&お茶後、マ-ト内にあるキッズカフェで

3時間ほど遊び、その後買い物。

月曜日:ソウル(新村)にある日本国際交流基金ソウル文化センタ-&キッズカフェ

この文化センタ-には主に日本の本やDVDを扱う図書館がある。←月1回日本の絵本の

読み聞かせ会もある(平日にあるのでQ2は未だ参加したことがないが・・・)

ここでQ2に日本の絵本を見せてあげようと思っていたが、置いているおもちゃに集中して

絵本にはほとんど関心がなかった。><

終了後は、同じ建物内にあるキッズカフェで昼食も食べながら3時間遊んで帰って来た。

火曜日:近所の公園(といってもバスに乗らなければいけないが)で水遊び。

途中、土砂降りの雨が降ってきたのにQ2は帰ろうとせず、雨の中を裸足で走り回っていた。

その後、かなり遅~い昼食を食べてから大型マ-トで買い物。

水曜日:韓国人の友達母子2組とプ-ル&友達宅で夕食

友達のアパ-ト内にあるプ-ル(そこの住民だけ使用できる)に行ったのだが、

小さいながらもしっかり管理がされているし、夏の間だけでもここに住みたいと思った。

Q2も私と一緒に泳いだ(遊んだ)ので、とても喜んでいたし、その後、友達ともいっぱい

遊べたし、母子で大満足な1日だった。

木曜日:またソウル(ソンパ区)まで行き、昼食後、子供ミュ-ジカル

「안아줘요!무무(抱きしめてムム)」を観た。←下の写真の右上がその主人公

この海の妖精ムムが主人公のミュ-ジカル。

キャラクタ-はすごく可愛かったが、私にはあまり面白くなく睡魔との闘いだった。

観劇後は、カフェでお茶をして帰って来た。

↓日~木のQ2
b0194098_8402138.jpg


金曜日~日曜日:ナンピョン実家に2泊3日で帰省。

ナンピョンとは中間地点で合流のため、また母子でバス移動。

帰省2日目は、ナンピョンの長兄家族(結婚した姪家族も)や長姉等も加わり

総勢12名で実家から車で30分のところにある渓谷へ遊びに行った。

朝から夕方まで・・・。020.gif

疲れで風邪を引いていた私には帰省は辛かったが、Q2は大喜び。042.gif

↓渓谷にて
b0194098_841942.jpg



10日間、日中のメインのお出かけ以外にも夕方になるとアパ-ト内の公園に

行かせられるし、家でも一緒に遊ぼう!とせがまれるし、本当に体力勝負な夏休みだった。

普段、自分で一日中子供を観ているお母さん達って本当にえらいわ~。

もちろん、ワ-キングマザ-も同様。

自分の時間ってほとんどないだろうし、掃除・洗濯・・・どうやって生活しているんだろう?

とにかく早くQ2が友達だけで遊びに行ってくれる年齢になってくれればな~と思いつつ、

一緒に遊べる時間も限られているので、もっと一緒の時間を楽しく過ごさないと・・・と

思ったり・・・。


この夏休みの間、Q2は満3歳の誕生日を迎えた。

出かけっぱなしで、誕生日の日の夕食も作ってあげられなかった。←気力が・・・

韓国では必須のミヨックッ(わかめス-プ)まで今年はなし。←姑から確認の電話が

あったがスル-

この日は、夕方に帰って来た(誕生日を祝うだけのためにはるばる帰って来た)

ナンピョンと一緒に、おもちゃ屋に行き、夕食は外食。

しかも、Q2が食べられない超激辛のアグチム(アンコウの蒸し物)。

家に帰ってから、私が唯一作ってあげていたクマのチョコケ-キでQ2のお祝い会。

このケ-キも未だかつてこんなにイラつきながら作ったことはないというほどの精神状況で

作ってしまったし、節約&面倒だったこともあり、チョコペン・生クリ-ムも買わず、

家にあるものだけで作ったケ-キ。

そんなケ-キでも、Q2は「うわ~、サプライズ!!」(笑)とすっごく喜んでくれた。

来年は愛情いっぱいでお誕生日会をしてあげたいな~。

↓Q2、満3歳の誕生日(韓国では4歳と表現するのでロウソクは4本)
b0194098_1244674.jpg
クマのケ-キはチョコスポンジ。

耳はオレオ、目や鼻は幼児チ-ズとチョコボ-ル、粉砂糖と板チョコで細工。

ナンピョンからのお誕生日のプレゼントはQ2希望のパワ-レンジャ-(フィギア)セット
[PR]
by 2010neko | 2013-08-13 12:54 | 育児関連 | Comments(0)
先週急遽、家族で1泊2日の夏休みの旅行に行って来た。

場所はナンピョンの単身赴任先のすぐ近くのペンション。

ナンピョンがこの地域で仕事をしている間に親しくなったペンションのご主人が

自分達の休みの日に招待してくれた。

すぐ前の渓谷がペンション専用になっているし、私達以外に誰もお客さんがいないので、

ペンション(ビラ)も渓谷も完全プライベ-ト。

と、ここまでは良かった。

ここでQ2とナンピョンが遊んでいる間に、私はのんびりと静かな河原に足でもつけて

読書を楽しんだり、窓からの景色がとても美しい部屋でごろごろしようと思っていた。

でも・・・、その夢はすぐに打ち砕かれた。

というのも、ペンションのご夫婦が親切すぎたから。

とにかく相手を楽しませてあげたい!という気持ちから干渉と強制が鬱陶しく・・・。(笑)

私が渓谷で水遊びをしないでいると、何度も何度も入るように言われた。←あまりの

しつこさに姑を思い出した私^^;

一緒に入って遊んでも良かったが、私自身は最初からのんびりするのが目的だったので、

自分の水着は持っていかなかったし、とにかく私には水が冷たすぎた。←山の水は

冷た~い

それ以外にも、山道を四駆で駆けまわるようなスリリングな体験ができる乗り物に乗るよう

言われたり、スライダ-も滑るように言われたり・・・。

挙句の果ては、勝手に住居進入。(笑)

途中で結構すごい雨が降ってきたのだが、窓を空けていて雨が室内に入っていないか

確認しにきた。←寝転がっていたのに、玄関で奥さんの声がしたと思ったら、

すでに室内にいてびっくりした私

遊んで外から帰って来ると、玄関先に果物やとうもろこしが差し入れとして

置かれていたのだが、どうも私は落ち着かず。

本当にありがたいのは、ありがたいのだけど・・・。

自分達がいる時に、声をかけてもらっていただく方が嬉しい。←私が変なのか?


食事は自炊やBBQができるようになっていた。

でも、ナンピョンが私に配慮してくれ(また外でも食事を作るのは嫌だろうということで)、

すべて外食することになった。

でも、またこれがトホホなことに・・・。

ナンピョンがペンション近くの家で、若い男性アシスタントと一緒に生活をしているのは

話したと思うが、その子が食事時には必ず一緒だった。

そら~、アシスタントに食事を提供するのはナンピョンの務めだけど、何も1泊2日だけの

家族旅行に同伴させなくても・・・。

これまた、このアシスタントの男の子が、変わっているというか、若さのせいなのか

???と思う人物で、食事も楽しめず。


いくら無料といえども、こんな旅行になるのなら、自分でお金を払って、気にいったところに

旅行したいと思った。

私も人のありがたさはわかる方だと思っていたけど・・・。

すみません。

これも文化的な差かな?

まあ今回もナンピョンとQ2だけは楽しめたということで良しとしなければ・・・。


↓ペンション(ビラ)の様子
b0194098_949433.jpg
ビラ自体は新しく綺麗だし、変わった感じ(外観はコンクリ-ト、中は全部木)の

宿で良かった。

↓周囲の環境は抜群で、渓谷にはタスルギ(タニシ)もたくさんいた
b0194098_9524688.jpg


↓水遊び中の父子
b0194098_95356100.jpg


↓食事風景等
b0194098_954383.jpg
夕食はソンオ(マス)の刺身。

韓国では山間で刺身といえば、まずマスの刺身。←池等で養殖しているものをすぐに

さばくので新鮮!←写真がきれいに撮れなかったが・・・

わさび醤油で食べてもいいが、ほとんどの韓国人は丼にマスの刺身を数枚取り、

写真にあるエゴマの葉やキャベツなどの野菜をわさっと入れて、そこに

チョッコチュジャン(酢コチュジャン)・ごま油(またはエゴマ油)・きな粉・エゴマ粉を

入れ、ぐちゃ混ぜにして食べる。(笑)

もちろん普通の魚の刺身のように、チョッコチュジャンをつけて、ニンニクや味噌と一緒に

エゴマの葉やサンチュに包んで食べても良い。

今回は刺身以外に、ソンオティギム(マスの天ぷら)、メウンタン(マスのアラを

使った辛い鍋料理)を食べて満足~。

翌日の遅い朝食は、韓食ビッフェ(バイキング)。

昼食は頂いたとうもろこし。

そして早めの夕食はユッケジャン(辛くて真っ赤な牛肉入りス-プ)を食べ、帰路へ。

食事の度に、車で村を出ないといけないので、自炊の方が楽といえば楽。

う~ん、これは難しい選択。(笑)

というわけで、何だかな~という今年の夏旅行でした。
[PR]
by 2010neko | 2013-08-07 11:09 | 旅行 | Comments(0)
まだ梅雨明けしていない韓国。

先週末、小雨が降る中、ソウル(シンドリム)までQ2とまたミュ-ジカルを観に行ってきた。

このミュ-ジカルは、EBSという局の子供アニメ「부릉!부릉!브루미즈

(ブル-ン ブル-ン プルミズ)」がそのままミュ-ジカルになったもの。

(動物の姿をした)レ-スカ-がモチ-フのアニメで、子供達に人気がある。

今回は国内初のデジタルミュ-ジカルということで、どんなものかも気になっていたのだが、

要は背景が固定されたセットではなく、映画のように背景がスクリ-ンに映し出される

というものだった。

セットが固定されていないので、話の展開がわかりやすく、いろんな場面が楽しめたり、

(主人公達の)車が走っているときは、画面が動くので、自分達も車に乗っているような

感覚になることもあった。

ただ、映像を映し出しているので、舞台をスポットライトで強く照らすことができず、

後ろ席だと登場人物達が少し観にくいように思う。←私達は前から5列目のど真ん中で

観やすかった

あらすじは、仲間の一人が行方不明になり、みんなで探しに行くスト-リ-。

その中でいろんな人や妖怪等と出会い、助けたり、そのお礼にまた助けられながら、

友達を探し出すというものだった。

大きなかぶりものを被った(でも下半身は白いぴちぴちパンツ)キャラクタ-がなんだか

ださくて笑えた。

子供が観るものなので、舞台と会場が一体となり、子供達が掛け声をかけたり、振り付けを

まねたりしながら話が進むので、Q2も最後まで楽しく見れた。←ミュージカル終了後、

Q2は声が枯れていた^^;

↓ミュ-ジカル観賞時の様子
b0194098_1420291.jpg



ミュ-ジカルの後は、同じ建物内(テクノマ-ト)の食堂街で昼食を食べて、

いざプルミズのノリト(遊び場)へ。←別の階にあるこのアニメのテ-マパ-ク

でも、もう潰れていた。020.gif

ミュ-ジカルの続きで遊べば、もっと楽しめると思っていたのに残念!

仕方なく、これまた別の階にある「キッズパ-ク」という遊び場へ。

↓こんな感じ
b0194098_1430985.jpg
遊具も充実しているし、まあQ2も走り回って楽しんでいたからいいけど、

割引チケットを検索していかなかったので、高かったこと・・・。042.gif

7月はQ2とのお出かけ代にかなりの額を使ったので、8月は引き締めないと・・・。


↓これは近くの公園の水遊び場(もちろん無料!)で遊んでいるQ2
b0194098_14313075.jpg

b0194098_14404677.jpg
無料に越したことはないけど、外は本当に暑くて私がばててしまう。

暑いと、母子ともにカフェでアイスコ-ヒ-やパッピンス(カキ氷)が食べたくなるし、

どうしたもんだか・・・?

早く夏が終わって欲しいな~。
[PR]
by 2010neko | 2013-08-01 14:41 | 育児関連 | Comments(0)