日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぜんざい他

今年に入り、韓国人の友達が食べるのをやめた方がいいというお菓子のリストを

カカオで送ってきてくれた。

リストに載っていたお菓子には、特に子供に害のある添加物が使用されていると

いうもの。

去年の後半から、お菓子(チョコ)中毒化していたQ2。

原因はもちろん私が家でも市販の(甘い)お菓子をどんどん与えてしまったせい。

Q2の喜んで食べている姿に負けてしまったのと(母親の手作りお菓子より市販の

お菓子の方が美味しい様子)、ナンピョンが甘やかせ放題だったので、

良くないのはわかっていながら、そのまま経過していた。

毎日のように、(韓国版)「きのこの山」を一箱を食べ、

合間にも(韓国版)ハイチュウ-などを食べるという感じだった。←姑が来ている時

なんて、さらにお菓子・果物漬け生活・・・

でも、友達が送ってきてくれたリストを見ると、私がQ2にあげていた韓国でメジャ-な

お菓子も多数あり、結構、ショックだった。

その後、お菓子等の添加物についての本を読み、これは真剣に取り組まなければ・・・と

思い、私も改心。

といっても、市販のお菓子を一切禁止すると、大きくなってからの反動が大きいという

意見が多数あったので、マイルドなやり方で始めることにした。

市販のお菓子はできるだけ控えるのと、あげるときも1個単位で本人に説明・確認(約束)

しながら与えた。

当然、市販菓子は与えない方向なので、家でお菓子類を作ったり、

間食に果物、焼き芋やかぼちゃの煮付けを与えたり・・・。

おやつ日記も書き始め、毎日、振り返るようにもしている。

極めつけは、母親の作ったお菓子は最高!と毎回話しながら洗脳。(笑)

これでQ2も改善傾向。

といっても、市販のお菓子は見たら欲しがるし、外に遊びに行くと、他の人からも

いろいろもらって食べるので、お菓子漬けになる日もある。

まあでも、それ程神経質にならず、1週間ト-タルで見ていくようにしている。

最近のおやつ。

↓小餅をいれたぜんざい
b0194098_851538.jpg

↓果汁100%のジュ-スで作ったグミ(食感がいまいち・・・)
b0194098_8482077.jpg

↓黒糖蒸しパン
b0194098_8503827.jpg

↓バレンタインデ-に作ったチョコプリン(これお勧め!)
b0194098_851934.jpg

↓生地に苺がたっぷり入ったシフォンケ-キ(甘さを控えすぎたので、練乳いちごと一緒に)
b0194098_85129100.jpg

↓Q2と一緒に作ったクッキ-(これは今まで作った型抜きクッキ-レシピで一番美味しい!)
b0194098_8513896.jpg

↓余ったプチフランスを利用したキャラメル胡桃ラスク(参考にしたのはこれ)お勧め!
b0194098_8501911.jpg

[PR]
by 2010neko | 2013-02-28 08:41 | お菓子 | Comments(2)

2013年・テボルム料理

先週の日曜日、韓国では(旧暦の1月15日)「テボルム」という日だった。

今年はうっかり日本の節分の日を忘れて、何もしなかったので、

テボルムの日には注意していたのに、またうっかりするところだった。

前日の夕方に気がついてセ-フ。

テボルムについてはこちら

テボルムの朝に出会った人に、その年の夏負けを前もって買ってもらうという風習がある。

別に買ってもらうといっても、お金を出すわけではなく、「ネ トウィ  サガラ

(私の夏負けを買っていけ)」と言葉のやり取りをするだけ。←もちろん、姑には丁寧語で・・・

もうQ2も電話で話せるようになったので、今年はおばあちゃんに舌足らずな言葉で挨拶。

姑はめちゃめちゃ喜んでいた。(笑)

↓2013年の我が家のテボルム料理
b0194098_7483868.jpg
ムグンナムル(干しナムル)を3種類とテンジャンチゲだけ・・・。

ムグンナムルの3種類は、ム-チョンシレギ(大根葉を干したもの)・トランデ

(里芋の茎を干したもの)・サンナムル(山に自生している草を干したものが数種類

ミックスになったもの)を使用し、それぞれ、味噌ベ-ス・えごま粉ベ-ス・醤油ベ-スで

薄味に作った。

ナムルをビビンバッにして食べられるように、ヤッコチュジャン(コチュジャンに牛肉や

その他の調味料類を入れ炒めたもの)も作ったが、ご飯も五穀飯ではなく、白米にスス

(タカキビ)を入れただけのご飯。

「プロム」は、去年の秋にうちで収穫したタンコン(ピ-ナッツ)を、

「キバルギスル」には、日本の友達がお土産で持ってきてくれた金箔入りのめでたい

日本酒を準備。

ちなみに過去のテボルム料理はこんな感じ。

2012年・テボルム料理
2011年・テボルム料理

年々、しょぼくなっていると思う。(笑)
[PR]
by 2010neko | 2013-02-27 07:48 | 家ご飯 | Comments(0)

料理ミ-ティング

1月の途中から、期間限定(約2ヶ月)で料理ミ-ティングというものに

通っている。

(韓国)アムウェイの鍋を使って作る料理のミ-ティング。

当初、韓国人の友達に誘われた時は、正直、鍋を買わされるのではないか?と

行くことに気乗りがしなかった。←アムウェイの製品自体は私の周囲の韓国人お母さん達も

(子供のために)購入している人が多く、ビジネス(販売)をしている人でない人達から

良い口コミを聞いていたので、私も韓国でアムウェイの会員になり、いくつかの商品は

購入している

でも、その友達が作った美味しいお菓子類を何度か食べたことがあり、料理自体に

関心があったので、とりあえず4回コ-スに参加。

料理だけでなく、いろんな食や健康についてのミニ勉強会もするし、

料理もすごく美味しいので、結果的に参加して良かった。

そして、今はその上の4回コ-スに通っている最中。←もっと通いたいんだけど・・・

それ以上のクラスはないらしい(涙)

商品の押し売りをされることもないので、普通の料理教室みたいに通っている。

アムウェイの鍋がなくても、家でやり方さえ変えれば、そのままの味は出せるので、

今のところ、全く問題はないが、やはり鍋セットが欲しくなる。←罠にはまったか?(笑)


では、料理の写真をアップ。

今のところ、メニュ-は全般的に(韓国)中華料理が多いような・・・。

b0194098_7571235.jpg
수육(熟肉:茹で豚)・ 잡채(雑菜:チャプチェ)・ LA찹쌀떡(LA風焼餅)

熟肉(スユッ:茹で豚)は、ポッサムという(茹で豚をキムチ等に包んで食べる)料理に

登場するが、ここではその肉を使って、中華風に豆板醤べ-スのたれと

芥子酢ベ-スのたれの2種類の料理を習った。

LA찹쌀떡(LAチャプサルトッ)はアメリカ(LA)に居住していた韓国人が韓国のお餅が


食べたいと思っても食べられなかったので、もち米(粉)にいろんなナッツや

ドライフル-ツ、豆の煮物類を入れ、オ-ブンやフライパンで焼いて作ったという

焼き餅菓子。


b0194098_87466.jpg
마파두부( 麻婆豆腐)・새우와사비샐러드(海老わさびサラダ)・

피칸파이( ピ-カンパイ)

ピ-カンパイは日本では見たことがなかった私。←アメリカ南部の名物のお菓子

でも、韓国はナッツ系をよく食べるので(頭が良くなる&健康に良い食べ物と認知

されている)、特に胡桃やピ-カンで作った(手作り)パイをよく見かける。

食べてみると、私もアップルパイよりピ-カンパイの方が好きかも・・・。


b0194098_758715.jpg
해물크림파스타(海鮮クリ-ムパスタ)・두부샐러드(豆腐サラダ)・

시퐁케이크 (シフォンケ-キ)


b0194098_7581630.jpg
해물누룽지탕(おこげの海鮮あんかけ)・탕수육(酢豚)・고추잡채(チンジャオロース)・

LA찹쌀떡(LA風焼餅)・약밥(薬飯:甘いおこわ)

ヤッパッ(甘いおこわ)は昔から韓国にあるもので、もち米にナツメ・栗等を入れ、

醤油・砂糖・ごま油等で味付けした甘いおこわ。

おこわといえば、中華おこわや山菜おこわを食べてきた私としては、この甘いおこわは

ちょっと苦手。←だんだん慣れてきたけどね・・・

再度、LA찹쌀떡(LAチャプサルトッ)が登場しているが、この時の料理ミ-ティングは

いつも教えてくれる先生のさらにその上の先生宅に習いに行くことになったので、

同じメニュ-が登場。

でも、前回は牛乳入り、この回は生クリ-ム&水だったので、明らかに食感等が違った。

やはり生クリ-ムが入ると、もちもち感やしっとり度がアップ。


b0194098_7583221.jpg
와인삽겹살(豚の三枚肉のワインソ-ス)・표고버섯깐풍기(椎茸のから揚げに

甘いピリ辛ソ-スをからめたもの)・약밥(薬飯:甘いおこわ)

깐풍기(カンプンギ)も韓国中華でよく食べられる料理。

今回は椎茸で作ったが、本来は鶏のから揚げ(漢字では乾烹鷄と書く)に

甘いピリ辛ソ-スをからめたもの。

長くなるので、各料理の感想は省いたが、海鮮クリ-ムパスタを除いては、

誰が食べても充分美味しいと思える味だと思う。

この料理ミ-ティングは講習費というのはなく、材料費(1回につき)7000ウォン

(約600円)だけ払う。

試食といっても、おなかいっぱい食べられるし、いろんな飲み物や果物等も

出してくれるので、かなりお得。(笑)

ナンピョンにも、後日、「今回は何を作った・・・」などの話をすると、「7000ウォンで

豪華ランチを食べられていいね~」と羨ましがっている。
[PR]
by 2010neko | 2013-02-24 09:09 | 料理教室 | Comments(0)

復活・料理いろいろ

年明けから、ずっと体調不良だった。

こんなにひどかったのは、始めてかもしれない。

今回、体調を崩して、やっと自分の体について、よく考えるようになった。

40半ば、メンテナンスが必要になってきたのかもしれない。

Q2のことを考えると、あと最低20年は健康に生きなければ・・・。

自分が健康に過ごしたい!というより、健康に過ごすことがQ2(家族)に対する

私の責任なんだと痛感した。

なので、ブログをお休みしていた間、自分の健康や生活習慣(特に食習慣)を見直し、

とりあえず良いといわれることから始めてみた。

毎日でもOKだったお酒も、体が拒絶しているのか?全く飲みたいとは思わなくなった。

健康の話はまたぼちぼちするとして、かろうじて私が外で活動していたのが料理教室。

今日は年末から溜めていた料理教室の写真から・・・。

↓(去年の)クリスマスがテ-マのメニュ-
b0194098_15224622.jpg
오렌지 닭가슴살 샐러드(鶏胸肉のサラダ)・해산물 토마토 크림 파스타(海鮮物

トマトクリ-ムパスタ)・또띠야 피자(トルティ-ヤピザ)・Fruit Cake(フル-ツケ-キ)・

레몬 스콰시(レモンスカッシュ)

写真右上の海鮮物トマトクリ-ムパスタはとびことコチュジャンがアクセントで入った

トマトクリ-ムパスタというとっても韓国チックなパスタ。

これが激まずだったので、完食するのに難儀した。

他の人は普通に食べていたが、どうなんだろう?

でも、あとは全部美味しかった。

特に、タルト型で作るフル-ツケ-キはナッツ類と干しイチジクがどっさり入り、

ラム酒の香りもよく、想像以上に美味しくてびっくり。

そして大ヒットは、レモンスカッシュ。

ざくろが入るためきれいなピンク色になるし、甘酸っぱさもまろやかな感じに・・・。

すぐに家で作ろうと思っていたのに、マ-トで売っているザクロの時期を逃して作れず。


↓1月は韓食月間ということで韓食を堪能
b0194098_15251959.jpg
돼지갈비 조림(骨付き豚肉の煮物)・소고기 무국(牛肉と大根の汁物)・

꼬막무침(ハイ貝の和え物)・주먹밥(韓国式おにぎり)・대구 아가미 창란젓 김지

(タラのエラとスケソウダラの内臓塩辛入りキムチ)。

どれも美味しかった。

特にチャンジャ入りのキムチは最高で、先生が販売しているものを買って帰ってきた。

ナンピョンもお気に入り。

今回の大根と牛肉の汁物は韓国の慶尚道という地域のユッケジャンらしい。

すっきりした感じのス-プで普段食べるユッケジャンとはまた違った感じで良かった。


b0194098_15493424.jpg
안동 찜닭(韓国・安東式の鶏の蒸し煮)・계란말이(卵焼き)・

멸치볶음(ちりめんじゃこの炒め物)・진미오징어채 무침(味付きスルメの和え物)・

한지 무침(ヤリイカの和え物)・부추김치(韮キムチ)

待望のミッパンチャン(保存のきくおかず)シリ-ズ。

やはり先生が作る基本のおかずは、はずれなし!

全部、美味しかった!

アンドンチムタッ(韓国・安東式の鶏の蒸し煮)の色の出し方もこれで解決。

やはり韓国料理でも、黒い色出しには中国の醤油が必須とのこと。


↓2月はソルナル(韓国のお正月)にあわせたメニュ-
b0194098_15262813.jpg
들깨소스가 들어간 야채해물무침(えごまソ-スの入った野菜と海鮮の和え物)・

매생이 굴전(海草と牡蠣のチヂミ)・토마토전 (トマトのチヂミ)・

오징어 미나리 된장무침(イカとセリの和え物)・매생이 굴 떡국(海草と牡蠣の餅ス-プ)

メセンイ(海草の一種)はナンピョンの好物。

私も冬になれば、家でこのメセンイと牡蠣(相性がいいといわれている)の

汁物を作る。

でも、これに(韓国)餅を入れて食べるのは思いつかなかった。←調べたらたくさんあった

健康にもいいし、牛で出汁を取るより私はあっさりして美味しいと思う。

今回、えっ?と思ったのが、トマトのチヂミ。

これは初めて。

美味しいのか?と半信半疑で食べた。

どう表現したらいいかわからないが、美味しいのは美味しかった。

色合いもハムみたいで可愛いし・・・。

他の料理もすべて美味しかった♪


↓最後は子供の間食がテ-マになったメニュ-のオンパレ-ド
b0194098_7231794.jpg
꼬마김밥(ちびっ子海苔巻き)・떡볶이(餅の甘辛炒め)・닭꼬치(焼き鳥)・

시금치 딥소스 또띠아칩 (トルティ-ヤチップのほうれん草ディップソ-スのせ)

・매생이 미소국(メセンイの味噌汁)

子供が大きくなって、毎日、こんな間食が出せたら最高だと思う。

この時は、先生がすごくお茶目だった。

コマキンパッ(ちびっ子海苔巻き)は1本が手で摘まめるくらいの大きさなのに、

急いで作っていたら、普通の海苔巻きの太さ(長さは半分)になってしまったと

照れていた。

そして、次にトッポッキの味見をして、あまりの辛さに、「辛~い!」と水を飲んでいた。

そんな感じだったが、どれもお店で食べるものより美味しかったし、キンパッの具が

よくあるものとは違うし、トッポッキの作り方のポイントなど、とても参考になった。

やはり、料理は楽しい♪
[PR]
by 2010neko | 2013-02-21 07:43 | 料理教室 | Comments(0)