日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

お弁当持参で夕涼み

最近は暑いので、休日(ナンピョンの仕事がない日)の日中は家でゴロゴロし、

夕方から家族で行動することが多い。

だいたいは、カフェ・マ-ト・週末農場・公園・・・と近場だけ。


先週は、近くの大きな公園に夕涼みがてらお弁当を持って出かけた。

↓その前に喉が渇いていたので、よく行くカフェでお茶
b0194098_13524089.jpg

↓食前の運動?
b0194098_13531144.jpg

↓お弁当でテンションがあがるQ2
b0194098_13533671.jpg

↓今回のお弁当
b0194098_13535542.jpg
爆弾おにぎり(笑)、塩昆布入り卵焼き、エリンギのうま煮、

じゃがチ-ズボ-ル(マッシュポテトに玉ねぎ・人参・ピ-マン入り)、ピ-マン・パプリカ&

ウインナ-のめんつゆ炒め。

↓単純なお弁当でも外で食べると最高!
b0194098_1358369.jpg


豪華な外食をしなくても、お弁当を持って行くだけで、何となくわくわくして小さな幸せを

感じる今日この頃。←何だか小市民になりました^^;

今週もお弁当持参で夕涼みに行くかな・・・。
[PR]
by 2010neko | 2012-06-29 00:05 | お出かけ | Comments(2)

収穫した野菜で・・・

週末農場で収穫した野菜でご飯。

最近の食卓(韓国食)・・・。

↓まずはサムギョプサル(豚三枚肉の焼肉)と一緒に♪
b0194098_1242372.jpg

b0194098_1243123.jpg

サンチュ等、本来、こういう風味や苦味があったのか~と驚いた!←マ-トの野菜は

美しいけど、無味無臭な感じ・・・

自分で育てたものは、泥や虫もついているので、かなりしっかり洗わないといけない。

この点がかなり面倒!

でも、その分、健康的な気がする。←この秋には虫下しを飲んだ方がいいかもね(笑)

↓オイヤンパムッチム(キュウリと玉ねぎの和え物)
b0194098_1247431.jpg

↓スッカッムノムッチム(春菊とタコの辛いサラダ)
b0194098_1251413.jpg

↓スッカッセウジョン(春菊と海老のチヂミ)
b0194098_12484045.jpg

↓スッカッパプリカジョン(春菊とパプリカのジョン)
b0194098_12493718.jpg
春菊をジョン(チヂミ)にしたことがなかったが、韓国人主婦のブログで見かけたので、

やってみると美味しかった~!

↓オイソバギ(キュウリのキムチ)
b0194098_12533817.jpg

↓ビビンバッのサム(葉野菜で包んで食べる料理)&オイネンチェ(キュウリの冷たい汁物)
b0194098_12561391.jpg

ビビンバッはこの前作ったヨルムムルキムチ(幼い大根葉の水キムチ)を入れた

ヨルムビビンバッで、それをサンチュに包んで食べる(オイソバギも一緒にイン)。

↓こんな感じで食べる
b0194098_12585195.jpg


↓ある日は、チェユッポックン(豚肉の甘辛い炒め物)とサム
b0194098_1312428.jpg

b0194098_13154981.jpg


↓キュウリをたくさん入れた冷た~いトドリムッパッ(どんぐり寒天の汁ご飯)
b0194098_12594049.jpg


↓春菊入りコッケタン(渡り蟹の汁物)&サンチュコチュムッチム(チシャと唐辛子のサラダ)
b0194098_1333683.jpg



日本食ではこんな感じ・・・。

↓サラダ巻き
b0194098_1365343.jpg

↓春菊の白和え
b0194098_1371523.jpg

↓キュウリとワカメとササミの和え物(中華風)
b0194098_138651.jpg

[PR]
by 2010neko | 2012-06-28 13:24 | 家ご飯 | Comments(0)
ここ最近、いくつかの農作物を収穫。

↓オイ(キュウリ)
b0194098_12282062.jpg

↓サンチュ(チシャ)3種
b0194098_1229347.jpg

b0194098_12291969.jpg

b0194098_12293415.jpg

↓スッカッ(春菊)
b0194098_1230216.jpg

↓コチュ(唐辛子)
b0194098_12325579.jpg

どんどん採れるのはいいが、同じ野菜を毎日食べるのはちょっと辛いことも・・・。(笑)


途中経過の野菜たち。

↓カジ(茄子)
b0194098_12333266.jpg

↓パプリカ
b0194098_12335949.jpg

↓タンコン(落花生)
b0194098_12342080.jpg

↓トラン(里芋)
b0194098_1235413.jpg

↓ムウ(大根)農薬なしなので、葉は虫食いだらけ・・・
b0194098_12353198.jpg

↓テチュトマト(なつめトマト)
b0194098_12362744.jpg

[PR]
by 2010neko | 2012-06-28 12:39 | 週末農場 | Comments(0)
週末農場6月初旬~中旬の様子。

ずいぶん農作物も育ってきた。

ある程度の高さになった農作物が倒れないように、支柱等を植え込んだり、

紐を張るのに忙しいナンピョン。

さすが田舎育ち&農家の息子のナンピョン!←農場の主(プロ)に農作業のアドバイスを

するので困り者

鍬を持つ姿も板についていて、農作業は趣味の域を超えている・・・?(笑)

↓コチュ(唐辛子)
b0194098_12131222.jpg

↓タンコン(落花生)
b0194098_12135931.jpg

↓オイ(キュウリ)
b0194098_1214487.jpg

↓スッカッ(春菊)
b0194098_12151539.jpg



↓農作業をする?Q2
b0194098_122130100.jpg

b0194098_12214144.jpg

↓農作業の合間のおやつは最高!
b0194098_12225262.jpg

b0194098_122347.jpg

↓帰る頃にはぐっすり~
b0194098_12232790.jpg

[PR]
by 2010neko | 2012-06-28 12:25 | 週末農場 | Comments(2)
我が家は去年に引き続き、今年も주말농장(週末農場)をしている。

週末農場とは、都市近郊の農地で、何らかの理由(人手がなく農業を営めないなど)で

空いている農地を市民に1年単位で貸し出している農場。

週末や休日に家族で来て、野菜等を育て、田園生活を体験できるようになっている。

韓国人は野菜を育てるのが、とても好きな国民のようで(野菜が高いというのもあるが)、

農地でなくても、道路際の空き地やアパ-ト建設予定地など、ほんの少しの空き地を

見つけて(撤去を求められるまで)は野菜を育てている。


去年の週末農場は、土地自体が良くなかったことと、梅雨で1ヶ月以上雨が降ったので、

ほとんどの農作物が全滅。←水が全くはけず、根が腐った><

おまけに、農場の主が飲んだくれで(いつも行くとマッコリを飲んでいた・笑)、

管理もずさんだった。

今年の農場選びは、農地の水はけ具合&農場の主の人柄が重視。

家から一番近い(車で1分)ところは、既に人がいっぱいで契約できず、

結局、家から車で約10分の農場に決定。

3月末に契約して(1年の契約金は10万ウォン・水や農具は自由に使える)、

5月中旬に種まき&苗植えを開始。

↓最初はこんな感じだった(去年は雑草でも苦労したので、今年はビニ-ルを張った)
b0194098_11312585.jpg
ビニ-ルを張った3列が我が家の農地。

↓苗から植えたコチュ2種類(辛い唐辛子と辛くない唐辛子)
b0194098_11383087.jpg

↓種まき後に発芽してきたムウ(大根)
b0194098_11403189.jpg

その他は、サンチュ(チシャ)3種、スッカッ(春菊)、カジ(茄子)、タンコン(落花生)、

テチュトマト(なつめトマト)、トラン(里芋)、パプリカ、オイ(キュウリ)。

↓約50家族が利用する農場の休憩場(もちろんエアコンはない・笑)
b0194098_11464791.jpg
ここで食事をしたり、BBQをしても良い。

今回の農場の主はとても善良な人で(ナンピョンもお気に入り)、毎日、

農場に出てきているし、農業のアドバイスだけでなく、手入れが行き届いていない畑等も

手助けしている。←なので、どこの家もしっかり農作物が育っている

↓農作業をする父子(ナンピョンが苗を植えると、Q2が後について全部抜いていた・笑)
b0194098_11503520.jpg

↓農場の番犬と遊ぶQ2
b0194098_11524376.jpg

Q2も小さいながらに農作業に親しめるし、農場に来る他所の家族とも交流ができるので、

週末農場は本当にいいと思う。←ただし、いつも泥まみれで洗濯が大変^^;
[PR]
by 2010neko | 2012-06-28 11:55 | 週末農場 | Comments(0)

カスピ海ヨ-グルト他

10日くらい前にOさん宅に遊びに行って来た。

そこでカスピ海ヨ-グルトの種をもらったのだが、ヨ-グルトの話の前に・・・。

今回、Oさん宅のお茶タイムでいただいたもの!

↓自家製赤紫蘇ジュ-ス(自宅で赤紫蘇を栽培中)
b0194098_046746.jpg
色も綺麗で涼やかだし、紫蘇の香りもほんのりして、すごく美味しかった♪

ちなみにもう一種類、カルピスもどきという飲み物もあった。

カリカリ梅も仕込み中とのことだし、とにかく、自分で何でも作ってしまうOさんには脱帽。

数ヵ月後、カリカリ梅を試食させてもらう楽しみもできた。(笑)


ヨ-グルトの話に戻り・・・。

私は今回、初めて自分でカスピ海ヨ-グルトを育てて食べたと思う。

一般のヨ-グルトとは、食感が違ったので少し驚いた。

トロトロねっとりという感じ?

とにかく美味しいので、ここ最近、Q2と二人で毎日食べている。

うちでの一番シンプルな食べ方は、ヨ-グルトに蜂蜜を垂らして食べる食べ方。

Q2も蜂蜜を自分で持って来て、ヨーグルトを催促してくる。(笑)

次に多いのが、エンドゥジャムを混ぜて食べる食べ方。

この前、マ-トではあまり見かけないエンドゥ(ユスラウメ)があったので、

早速、買ってみた。

さくらんぼに似た味(大きさはさくらんぼより小さい)なのだが、

今回買ったものはかなり酸っぱかった。

捨てるわけにもいかず、家にレモンがあったので、いつものように糖度30%の

ジャムにすることに・・・。

↓これがエンドゥ(ユスラウメ)とっても可愛い色!
b0194098_1134893.jpg

↓出来上がったジャムは色鮮やかだし、甘酸っぱさ加減もよくジャムにして大成功♪
b0194098_1154686.jpg
実際にパンに塗ってみるともっと明るい(朱色混じりのような)赤色。

このジャムをヨ-グルトに混ぜてグルグルすると、市販の果肉入りのヨ-グルトに変身。

次はこれまたOさんが教えてくれたヨ-グルトを入れたパンケ-キ。

パンケ-キの中に溶かしバタ-が入るので、油分調整のため、クッキングシ-トを

敷いて、フライパンで焼いてみた。

すると、縞々模様のパンケ-キに・・・。

そのまま食べても良かったけど、この日はQ2が帰って来るまでに少し時間があったので、

クマ型のクッキ-型で型抜きをし、トラのパンケ-キにしてあげた。

↓これがトラのパンケ-キ&エンドゥジャム入りヨ-グルト
b0194098_132848.jpg

↓Q2は大喜びで、ほぼ完食
b0194098_1242813.jpg


↓後は普通にキウィを入れたり・・・
b0194098_133532.jpg
こうして出したらナンピョンが、「キウィをソ-ス状にしたらいいのに・・・」とクレ-ム。

黙って食べろ!と言いたい。


随分前に作ったまま放置していた写真もアップ。

↓ピクニック用に作った懐かしのオ-ルレ-ズンクッキ-
b0194098_1364550.jpg
これはナンピョンが珍しくもっと食べたいと言ったお菓子。

↓ふわふわのバナナシフォンケ-キ
b0194098_1395793.jpg
美味しかったけど、個人的には普通のシフォンケ-キの方が好きかも・・・。

↓スフレチ-ズケ-キ
b0194098_1405634.jpg
久々に作ったチ-ズケ-キは美味しかった~。

でも、もう少し高さが欲しかったかな。


最近、自分のことで忙しかったが、トラのパンケ-キを喜んで食べているQ2を

見ていたら、もう少しQ2に手をかけてあげないとな~と少し反省。

ゆとり時間やゆとりの心は大事です!
[PR]
by 2010neko | 2012-06-25 01:52 | お菓子 | Comments(2)

水遊びと野外での出前

ナンピョンが水曜日から2泊3日で出張中。

暇なので、勉強会のオンマ達を誘い、日差しの弱まる夕方から水遊びに出かけた。

でも、すごく暑かった~。

集まったのは、私を含めた5人のオンマ&5人の子供達。

↓他の子供達は何でもオンマと一緒・・・Q2だけいつも自由行動^^;私が嫌い?
b0194098_915321.jpg

↓他の子供達と楽しく遊べると思ったが、Q2以外は一人遊びが好きなようで今回も絡めず
b0194098_916217.jpg
一緒に遊べないので、3~5歳くらいの2つのグル-プに接近したQ2。

ここでも、「小さいから面白くない!よその子とは遊ばない!」、「(遊び道具に)

触らないで!」と完全に拒絶される。(汗)

Q2は年齢より、遊びや行動の成長が早いので、どこの仲間にも入れず、

幼いながらに傷ついているのではないか?と最近は心配になる。

ということで、水遊びは不完全燃焼で終わった可哀想なQ2。

親しいお兄ちゃんやお姉ちゃんがいるといいんだけど・・・。←たまにアパ-トの公園に

行くと可愛がってくれる小学生の女の子達がいるくらい


遊びの後は、公園のベンチに出前を注文し(韓国ではよくある光景でほとんどのものを

出前できる)、コンビニでビ-ル等を調達し夕食会。

↓ヨルムククス(大根葉の水キムチ&汁に素麺が入った冷麺)を注文
b0194098_926438.jpg
暑い中で遊んだ後のビ-ルは最高!

↓子供達はチュモッパッ(おにぎり)を注文←自分達で作るスタイルでビニ-ル手袋付き
b0194098_9282970.jpg

↓食後のデザ-トは差し入れのド-ナツ
b0194098_9291184.jpg
Q2が一緒なので、てんやわんやな状態だったが(野外なので、

目を離すとすぐにいなくなる・汗)、オンマ達とこういうのもたまにはいいかな・・・。
[PR]
by 2010neko | 2012-06-22 09:39 | 育児関連 | Comments(0)
もう1ヶ月以上前のことだが・・・。

韓国では、5月15日は스승의 날(ススンエナル)という先生の日だった。

儒教の国らしく、この日は父母同様に、師匠(先生)に感謝をする日。

純粋に先生に感謝の意味を込めて、カ-ネ-ションをプレゼントしたりする生徒達もいるが、

実際のところは、自分の子供をよろしく!と先生にアピ-ルするため母親達が金品を

贈って頑張る日?(笑)

最近では、こういう習慣はよくない!ということで、学校が休校(または時短)になったり、

学校側からあらかじめプレゼント禁止というような主旨の連絡があったりする。


Q2のオリニチプでも、5月最初の家庭通信文(毎週金曜日にもらってくる連絡事項が

書いたプリント)で先生の日のことが書いてあった。

でも内容は、今月は先生の日があるということや、各家庭で子供が先生を尊敬するように

教育して下さいというようなことだった。←尊敬は自発的なものだと思っていたので、

私には???という感じ

プレゼントのことが書かれていなかったが、文面からはプレゼントウェルカムな雰囲気が

漂っていたので、念のため文をナンピョンにも読んでもらって、「これってプレゼントをよこせ!

ということ?」とダイレクトに確認。

するとナンピョンも「そういうことでしょ・・・」という返事。(笑)

ナンピョンは元々、先生の日にはプレゼントするもの!と思っている人で、商品券でも

プレゼントすれば?と私に言っていた。←でも、何か違うような・・・

初めて経験するススンエナルのため、私は韓国のお母さん達のカペ(カフェといって

SNSのようなもの)で徹底調査。←オリニチプ(保育園)&ユチウォン(幼稚園)に

通園させているお母さんを中心に)

やはり、学校側から禁止されていなければ、先生にプレゼントをする人が大半だった。

内容的にもいろいろで、いかにも賄賂というものから、気持ちだけ・・・というものもあった。

この時点では、Q2のオリニチプのオンマ達ともつながりはなかったので、

めちゃくちゃ悩んだ結果、一人で決めて、自分なりに準備した。

後日あったオリニチプのオモニ会(母親達だけの会)では、出席者全員が各々、

担任の先生3人にプレゼントすることに決定した。←園長にはしない!ということで統一?

具体的な話を聞いたところ、リ-ダ-的オンマは一人6万ウォンの香水、班長は一人

1万ウォン台の自然石鹸セット(8人の先生にするらしいので)、あるオンマ二人は

ペアで10数万ウォン程度のホンサムセット(紅参エキスが入った健康食品のセット)と

こういう感じ。


正直にいうと、私自身も確かに先生達にQ2をよろしく頼みます!という気持ちはある。

でも、それは他の子と同じようにして欲しいという気持ちで、特別に扱って欲しいと

いうものでない。

というか、それよりもオリニチプの先生達には、本当によくしてもらっていると

思っているので、いつも感謝している←韓国人のナンピョンはいつも先生達に

疑惑の眼差しで本当に困ったもの(他の韓国人オンマ達に通じるものがある)

で、私が準備したものは?というと・・・。

↓3人の先生に色違いですぽっと被るタイプのエプロン
b0194098_1218713.jpg

b0194098_12181411.jpg

b0194098_1218215.jpg
エプロンも断然日本製が可愛いので、

韓国で日本のエプロンを専門に扱っている店にネット注文(一人19800ウォン)。

エプロンを選んだのは、先生達が毎日着ているエプロンがかなり古びていて、シンプルで

地味な(そっけない)エプロンだったことと、動物柄の色鮮やかな可愛いエプロンなら

園児達が喜ぶと思ったから・・・。←室内靴も一緒にするか?とも考えたが予算が

高くなるのでやめた(笑)

先生にエプロンをプレゼントする時の注意点は、動きが激しいので、紐式でない上記のような

被り式が良いということ、もう一つはオリニチプ内で先生のエプロンが(制服のように)

決められていないか確認すること。←プレゼントしても着てもらえないなら意味がない


そして、もう1つは担任以外の先生達へのプレゼント。←通園バスで全員の先生に

お世話になっているのと、給食の先生にも毎日お世話になっているので・・・

これはQ2への教育的なことを考慮して準備してみた。

↓レモン風味のマドレ-ヌと折り紙で作ったカ-ネ-ションのメッセ-ジカ-ド
b0194098_12345014.jpg
一応、Q2にも先生の日について説明し、

マドレ-ヌの計量やミキシング、オ-ブンのスイッチ入力等に参加させてみた。

これが本当のススンエナルの教育!(笑)


ススンエナルの当日は、下園時にプレゼントを持参。

先生も「(こういうものは)いいのに・・・」と言いながらも、すぐに受け取ってくれた。

夕方、担任の先生の一人がカカオト-クでお礼のメッセ-ジを送ってきてくれた。

エプロンはとても喜んでもらえたようだし、翌日には3人の先生がお揃いでエプロンを

着ていてくれたので、嬉しいのと同時に安堵した。

でも、悲しいかなマドレ-ヌやメッセ-ジカ-ドに関しては、一切、触れられることなく、

そのまま捨てられたのかな~とちょっとガックリ。←前夜、少し焼きすぎて見栄えが

悪かったので、当日の朝にまた焼き直して美しいものを準備^^;

先生達は40人以上の父兄からプレゼントが一斉に来るし、市販の豪華なケ-キやお菓子も

たくさんもらっていると思うので、こういうものには目もいかないのかな・・・。

Q2と一緒に作ったものの方が価値があると思うのだが(カ-ドにもQ2と一緒に作ったと

書いた)、やはり手作りプレゼントは多くの韓国人に受けないな~といつものことながら、

痛感。←でも、負けない!(笑)

まあ、無事に終わって良かったです。

先生達、いつもありがとう!←オリニチプの先生達の給料をもっと上げてあげて下さい!と

韓国政府に言いたいです
[PR]
by 2010neko | 2012-06-20 13:09 | オリニチプ(保育園) | Comments(0)
私は今まで個人宅で行われる料理教室に通ったことがなかったので、

今回の料理教室では、料理を習う以外に別の楽しみもある。

それは、食器(陶芸)とテ-ブルセッティング。

料理学院や文化センタ-の料理教室では、教室の備え付けのバラバラなお皿等にざっと

盛って終了のため、こういう楽しみはなかった。←使うのも躊躇するような皿もあった(汗)

では、料理教室(昨日)の室内をアップ。

↓生花が飾られたテ-ブル、8人まで座ることができる
b0194098_1021514.jpg

↓昨日は個人用でこんなセッティング
b0194098_10231910.jpg

↓聴講席(テ-ブル)には、その日使うお皿や調味料が・・・
b0194098_10244713.jpg
わかりにくいが、そば茶がいつでも飲めるように置かれている。

このポットもコップの上にセットするとポットの下側からお茶が出てくるという

私が見たことがないスタイル←こんなことでも喜ぶ田舎者な私^^;

↓先生が作った料理のスナップ写真がきれいにディスプレイされている
b0194098_14341264.jpg


↓リビングや(内)ベランダに収納された食器類(特に重厚な陶器は見ているだけで楽しい)
b0194098_10272860.jpg

b0194098_10273756.jpg

b0194098_10274547.jpg
先生曰く、可愛いものは日本製が一番!と親日な雰囲気。←メ-ドインジャパンも

たくさんあった


先生自体は全く飾り気がない人で、この私でさえ、最初は少しびっくりした。

←韓国でノ-メイクのおばちゃんは珍しいので・・・

反対に生徒達はお金持ちのおばちゃん風な人が多く、ばっちりメイクで着飾っていたり、

ネイルもキラキラだったり・・・。←でも、韓国料理はみんな一通りできる様子で、

新しい、またはきれいな料理を習いたいということで通っている様子(それも友達連れで!)

私は中華や洋食より、美味しい韓国料理をしっかり習いたいと思うけど、

今はまだ自分の希望を伝えることもできないので、韓国の多様化しつつある料理を

ぼちぼ習っていこうと思う。
[PR]
by 2010neko | 2012-06-19 14:51 | 料理教室 | Comments(2)
今日の料理教室は中華料理3品&洋食(ピザ)だった。

まあ美味しくいただいたのだが、中華に関しては私が中華料理を食べなれた神戸人なので、

採点の基準がかなり厳しいかも・・・。

それに、とにかく材料や調味料がかなり高価なものばかりだったので、今回の習った料理は

家では作らないと思う。(笑)

↓まずは샥스핀탕(フカヒレス-プ)でアワビも入って超豪華
b0194098_14512121.jpg
オイスタ-ソ-スならぬ、チョンボッ(アワビ)ソ-スや

ウェイパ-のような中華だしが入るので、かなり濃厚な味。

日本(神戸の中華)のフカヒレス-プとは、似て非なるものという感じ。

これが韓国中華の味?と思って、試食時にテ-ブルに同席した人達に聞いてみたが、

みんな、こういう(高級)中華料理自体を食べたことがない上に、とろみも強かったので、

ヌルンジ(韓国人が大好きなおこげ)にかけて食べたいと言っていた。(笑)

←샥스핀탕(フカヒレス-プ)は韓国の高級中華料理店にはある


↓次は어항 표고버섯 말이(干し椎茸の海老詰め)・直訳は金魚鉢(型)椎茸巻き
b0194098_1503360.jpg
海老のすり身を、戻した干し椎茸に詰め、

いったん揚げてから、少し酸味のある濃厚なソ-スで絡めた料理。

↓このソ-スに花巻を付けて食べる
b0194098_1501915.jpg

↓中はこんな感じ
b0194098_150439.jpg
個人的には、もう少し薄味が良かった。


↓ご飯物は韓国人の大好きな자장면(韓国ジャ-ジャ-麺)、でも今日はご飯にかけて・・・
b0194098_156957.jpg

b0194098_1562854.jpg
これはすっごく甘くて、他の人達も甘すぎると先生に直訴。

←甘ささえ控えれば美味しいソ-スだし、チャジャンミョンに入れるチュンジャン(味噌)と

油を分離しないように、最初にしっかり炒めるというポイントや、料理家達がよく使っている

チュンジャンを教えてもらったので、次回はこれを参考に作りたいと思う

※お勧めチュンジャンは사자표춘장(ライオン印のチュンジャン、1948年創業の会社)

市販はされていないので、マ-ト等では購入できないらしい

↓チャジャンパッ(ジャ-ジャ-飯)が脂っこいので、キムチも登場!発酵具合も良く美味~!
b0194098_15155369.jpg



↓最後は、트러플 피자(トリュフ入りピザ)モッツァレラ・エメンタ-ル・ブリ-などのチ-ズ入り
b0194098_15214490.jpg

↓茶色っぽいのが、トリュフペ-スト
b0194098_15235265.jpg
お店仕立てな本格ピザだったが、

これも私としては市販のピザ用チ-ズと家にあるもので作る普通のピザで十分かな。(笑)
[PR]
by 2010neko | 2012-06-18 15:34 | 料理教室 | Comments(0)