日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

この冬、韓国は大寒波だった。

冬の間、Q2も外遊びが少なくなるな~と心配していたが(心配の種はQ2がストレスで

ギャ-ギャ-騒ぐことなんだけど)、毎日の体験でマイナス5度くらいまでならQ2の外遊びが

可能なことがわかった。

いつも(アパ-ト内の)公園には私達母子のみ。

大雪で公園を使用できない時(遊具を拭いて除去できる程度なら遊んでいた)も、

極寒の中、ほぼ毎日、二人でマ-トまで買い物がてら散歩。←ナンピョンからマ-ト通いは

私の趣味と言われている(だって、行くところないし・・・)

ベビ-カ-も持参しているが、基本、Q2のペ-スで歩くので(しかも何度も何度も滑ったり

こけたりで)買い物を含めて2時間はかかる。

でも、そのおかげでQ2も数キロ歩くようになったし、冬の方が逆に風邪を引かなかった。

やっぱり、子供は風の子!

ただし、外で遊ばせると、Q2のほっぺも鼻も真っ赤かで、きちんと防寒しているのに、

道行く人からは、(子供が)可哀想などいろいろ言われた。(笑)


マ-トで思い出したが、最近はマ-トでもやりたい放題のQ2。←日本風のしつけはしているが・・・

私が何かを選んでいる間に、(西洋)かぼちゃを転がしていたり、

ホバッ(ズッキ-ニのようなもの)を買い物かごに大量に入れていたり、

お菓子を持って逃げたり・・・とびっくりすることがよくある。←要は親が目と手を離すな!と

いうことですが・・・^^;

なので、最近はQ2をマ-ト自体に一緒に連れて行きたくない。


話を戻し、そんな韓国も寒さが随分和らぎ、最近は春の風を感じるように・・・。

ということで、先週、急遽、家族でソウル大公園の動物園に行ってきた。

Q2は今回、3度目の動物園。

最近はかなりの動物を認識しているので、楽しく動物達を観てくれるかな~と

期待して行った。

でも、冬の動物園では屋内に移動させている動物も多かったし(観れない)、

Q2自体が動物を観るより単に歩いていることの方が楽しいらしく、ナンピョンとまた

「わざわざ動物園に来ることはなかったね~」とがっくり。

それでも、家族揃っての外出は楽しいので、また春あたりにリベンジするか?

↓ソウル大公園付近にあるダンキンド-ナツで足を止めるQ2
b0194098_10383628.jpg

↓動物園入り口のトラのオブジェ前でポ-スをとらせパチリ
b0194098_1039910.jpg

↓動物とは関係のないところではしゃぐQ2
b0194098_16222029.jpg

↓家でもサル系にはよく反応
b0194098_16233074.jpg

↓ちょっとだけ真剣に観てくれることもあった
b0194098_1624969.jpg

↓哀愁漂うQ2
b0194098_16243296.jpg

[PR]
by 2010neko | 2012-02-26 16:35 | 育児関連 | Comments(0)

羊のソボロパン

日本が誇る菓子パンのメロンパン。

私は韓国で売っているのをまだ見たことがない。←調べてみると、一部の大手パン屋に

あるようだが・・・メジャ-ではない

それより韓国ではソボロパンやボン(パン)がメジャ-。

ソボロパンはコンボ(あばた)パンとも呼ぶ。

クッキ-生地をソボロ状にして、丸型のパンの表面に貼り付けて焼いたもの。

ボンは東南アジアから入ってきたパンで、クッキ-生地を丸パンにかけて焼いたもので

焼き上がりはUFO型。

でも、中にはバタ-の塊を入れているので、割るとバタ-が溶け出すという、

とってもカロリ-の高そうなパン。

説明が長くなったが、先日、たまたま見た韓国のサイトで羊の形をしたソボロパンを

発見し、目が釘付け。

これは作らなければ・・・ということで、手間はかかるが、挑戦してみた。

↓これが羊(型)のソボロパン、焼く前
b0194098_9412024.jpg
本来、目の部分はチョコチップだったが、家になかったので目は黒豆をはめ込んだ。

↓焼きあがった羊。角がはっきり出なかったが・・・
b0194098_9424176.jpg
実はこれ、2回目の作品。

1回目(6匹)焼いたが、すべて最初の成型が悪かったようで、屍骸のような羊の

オンパレ-ドだった。

2回目のソボロパン、Q2は大喜びだった。

でも、ナンピョンはソボロパンが好きなのに、大きいし、怖いといって敬遠していた。(笑)

←味は普通のソボロパン味で美味しい


次も菓子パン。

↓レ-ズンパン(シュガ-トップ)形がいまいち~切込みが深すぎてだれてしまった
b0194098_9543674.jpg



最後はお惣菜パン3種。

↓ポテマヨパン(じゃが芋とベ-コンをマヨで和えたもの)
b0194098_9492413.jpg

↓卵・ブロッコリ-・ベ-コンのサラダパン
b0194098_9501410.jpg

↓ミ-トパン(牛ミンチ・人参・玉ねぎ・ピ-マン・レンズ豆のトマトソ-ス煮)上にはチ-ズ
b0194098_9512334.jpg
上にはチ-ズ。

来週は大忙しなので、パン作りはひとまず休憩。
[PR]
by 2010neko | 2012-02-26 10:00 | パン | Comments(2)
先週の土曜日、Q2が3月から通うオリニチプ(保育園)のオリエンテ-ションがあった。

初体験だったので、当日はドキドキしながら参加。

しかし、韓国らしく突っ込みどころ満載で、あっという間に時間がすぎた。


時間通りに始まらないのは、オリエンテ-ションでも同じ。←特に新入学の親達がほとんど

来ていないという理由で20分遅れで始まったのには苦笑(開始後、続々と登場する父兄)


早速始まった園長の挨拶では、いきなり園長交代の話。

父兄に事前に知らせることもなく、ある日、突然、園長が変わったなどの話はブログ等で

知っていたが・・・まさか、自分も経験するとは・・・。

交代の理由がまた笑えた。

Q2の通うオリニチプは教会付属のオリニチプだったのだが(前にも書いたようについ先日まで

それを知らなかった私達夫婦)、その教会が移転することになったらしく、信者の園長先生も

一緒に異動。←教会の移転なんて、そんなにすぐに決まるわけではないから、その時点で

お知らせするのが、日本では当然だと思うが・・・ここは韓国。

実質、父兄に何の説明もなしに、保育園を売り飛ばしたということ。←在学中の一部の親だけ

知っていた


そして、新しい園長の挨拶。

この園長、ここに来る前にノリハッキョ(遊び学校)を経営していたらしい。

※ノリハッキョとは韓国の(小学校就学前までの子供達が通う)保育施設の1つだが、

塾の一種で、1ヶ月の授業料(保育料)は最低80万ウォン~という高額施設。

遊び学校と名前はついているものの、勉強が中心で、授業の半分以上は英語で対応という

ノリハッキョもある(特に有名なのはドイツ系のHABAノリハッキョ)

私の感覚では、「がきんちょに、こんな大金はたいて、どないすんねん?!」と

言いたいが・・・。


話を戻し、この園長。

自分が経営していた時の講師(体育・美術・英語など)をそのまま連れてやって来た。

普通、オリニチプではお絵かきやお遊戯(体操)などは保育園の先生が担当している。

保育(授業)の一環で、英語などを教えている園などは外部講師を呼んでいるが、

こんなたくさんの講師を連れて来て、どこからこの講師代を捻出するのだろう?←追加料金を

請求されるのかな~?

新しい園長は今以上に素晴らしいオリニリプにする!と、宣言した後、

早速、自分が連れて来た体育の講師にバトンタッチ。

そして、この講師と一緒に親達は(リラックス目的で)踊りながら体操。

幼児がする体操なので、変なポ-ズはさせられるし、一番前にいた私はめちゃくちゃ

恥ずかしかった。←聞き逃す可能性があるため一番前に座ってみた私だが、

一列目は私一人だった(涙)


その後、ゲ-ムを経て(景品は辛ラ-メン・笑)、大型スクリ-ンを見ながら本題の

今年度の説明。

新しい園長の説明後、質疑応答の時間になった。

韓国の母親達からどんな質問があるのか?と興味深で聴いていると、やはり、教育

カリキュラムについて。

「英語の授業は今後どうなるのか?(今までは満2歳クラスから週1の英語授業だった)」、

「英語の教材はどこの製品を使うのか?」、「今までのハングル(韓国語)教育の教材は

新しく買い替えなければいけないのか?」など・・・。

私は聴きながら、「そんなに子供に英語を話させたいなら、あんたが家で子供にずっと英語を

話してあげたらええやん!」とか、「いい学校に入っても、英語が話せても、社会的常識は

ないし、就職もできひんやん?!」と数々の一人突っ込み。

美術まで、名画教育なる教材があるようだし、ぐちゃぐちゃな(線レベルの)絵遊びで

喜んでいる母子としては、かなり衝撃的説明&質疑応答だった。

Q2は満1歳クラスになるので(ここは満0歳から3歳までのオリニチプでハングルや英語は

満2歳クラスからスタ-ト)、五感遊びが中心になるらしいが、これまた個人の遊び道具も

この園長になってから、韓国大手の教育会社フレ-ベルのものを毎月使用するらしい。

日本でいうと、毎月保育園でベネッセ(しまじろうシリ-ズ)のおもちゃが個人用で

準備される感じ。←これも追加料金がいるのかな~?

別にいろいろ用意してくれなくても、Q2が仲間達と普通に元気に外遊びをしてくれ、

他人を労わるとか、挨拶をきちんとするとか、基本的な生活習慣等を身につけて

くれたら、それで充分。

名画を見て、これは〇〇の絵と答えられるより、きれいな花を見て素直にきれいだな~と

思えることの方が素晴らしいと思う。

何か教育を履き違えている感じがする。

でも、今回、ORで見た韓国の父兄達は園長交代で苦情を言うどころか、充実する

であろう教育内容に大満足な様子。

私が勇気を持って話しかけてみた同じクラスのお母さんも、「上の子が通っている幼稚園より

カリキュラムが充実していていいわ~」と感心していた。


質疑応答が終わり、新しい園長先生が閉会しようとしたところ、(担任の)先生達から

声が・・・。

どうも新しい園長が担任紹介を忘れていた様子で、一瞬、新旧対立風で不穏な空気が・・・。

そして、担任の紹介。

この園長に替わってから、先生達の名前を呼ぶのは廃止にして、果物の名前(愛称)で

呼ぶようにしたとのこと。

Q2のクラス担任の先生はポド(ぶどう)先生、タルギ(苺)先生、チェリ(チェリ-)

先生の計3人。←クラスメ-トは14人(満1歳児は園児5人に対して先生が1人)

韓国人の名前を覚えるのが苦手な私は、この点だけは気にいった。(笑)

それに、以前から私があの先生に担任して欲しいな~と思っていた先生が担任になったので

ちょっとラッキ-かも・・・。

と、いうわけでこんな具合に無事に終わった初体験ORでした。

↓もらってきたど派手な通学鞄、制服(これ着たら可愛いだろうな~)、弁当箱
b0194098_18493211.jpg

[PR]
by 2010neko | 2012-02-23 18:50 | オリニチプ(保育園) | Comments(2)
昨日のニュ-ス。

今年3月から韓国では満0~2歳の子供達の無償保育料支援が始まる。

※2011年の場合、所得下位70%以下の家庭のみ支援、また多文化家族(韓国人と外国人に

よる国際結婚により構成された家族)は所得に関係なく全面支援があった

今まで保育園に通わせたいが、金銭的な問題で入学を躊躇していた親達もこの2月に

一斉に保育料支援の申請を始め、既に2月だけで20万名を超え、2月下旬までには

34万名になることが予想されている。←オンライン申請は麻痺状態、直に行って

申請する住民センタ-や、支払いに関連するカ-ドを発行する銀行でも母親達の姿が急増

しかし問題は、これに伴い、オリニチプ(保育園)の数が全く足らなくなったこと。

今までも首都圏等では、オリニチプの待機人数がすごく、子供が生まれてすぐに申請する

親達も多かったが、今回の支援により、オリニチプに送ることが

「하늘의 별따기(空の星を取ることで不可能に近いことを意味する)になっているらしい。

政府は特に優秀な国立系保育施設に需要が集中すると観ているので、首都圏等では

保育(の)大乱まで憂慮されているとのこと。

対策として施設の園児収容人数を拡大したとしても、先生が(不足で)確保できない

ようなので、事実上、何の対策もないのだと思う。


今まではQ2が3月から通うオリニチプが気に入らなければ、すぐに別のところに行けば

いいか・・・と安易に考えていたが、そういうことも難しくなってきた。

今からオリニチプに通わせようと思っている韓国在住のお母さん、オリニチプ選びは慎重に!

そして、相当早めの申請を!
[PR]
by 2010neko | 2012-02-23 09:48 | オリニチプ(保育園) | Comments(0)
赤いチゲにもホワイトシチュ-にも合うようなス-プ皿(一人用)を作ろうと自分でおおまかに

書いた絵を先生(この日は男の先生が担当)に見せて相談。

先生が(一人用なら)このくらいで良いといった大きさを目安に作り出していったところ、

どうも大きい。

これでいいのかな~と思いつつ、私も黙々と作っていた。

先生もある程度の工程まで作っているのを見て、大きいね~と言ったものの、

既に新しく作り直すこともできず、鍋くらいの大きさのお皿ができた。

でも、直火にかけられる土を使ったわけではないので、鍋にもできず。

まあ練習と思えばいいか・・・と無理やり納得させることにした。←焼き代が従量制なので、

その点が痛かった

翌週、奥さん先生に一人用のス-プ皿を作ろうとしたらこうなったということを話すと、

男の先生はどうたらこうたら・・・と愚痴っていた。037.gif

結局、奥さん先生のアドバイスにより、こういう形のお皿には汁気の多い煮物料理を

盛ればいいということになった。

あとは、これでペクソルギ(韓国の蒸し餅の一種)は作れるらしい。←皿ごと蒸し器にイン

焼き上がりも私がイメ-ジしていた色合いとは違っていたので(私はつや消しで希望)、

全く愛着がわかなかったが、ものは試しに닭볶음탕・タッポクンタン(または닭도리탕・

タットリタンともいう)鶏肉と野菜の辛い煮物を作って盛ってみた。

いつもこの料理を作る時は汁気を飛ばしすぎる。

でも、今回はお皿を意識したせいか、しっかり汁気のある美味しいタッポックンタンができ、

盛り付けた感想は何となくう~んって感じだったものの、料理の味自体はいつもより満足。

←写真では汁も見えないし、全く美味しそうに見えないのが悲しいが・・・。

↓わかりにくいが、お皿の色は茶色(ミルクチョコ色)で所々に黒い釉薬の流れ模様あり
b0194098_1712374.jpg


これに懲りず、先週までの3回程、ずっと一人用のス-プ皿をせっせと作っていた。

合計3個で、サイズは理想通り。

でも、男の先生と奥さん先生の言うことや教え方が違い(都合でその日によって先生が

変わる)、同じように作ったのに、すべて違う感じ?

焼き上がりは如何に・・・?
[PR]
by 2010neko | 2012-02-19 17:30 | 陶芸 | Comments(0)
Q2のオリニチプ(保育園)入園に向けて、いろいろ小物を作らないといけないかな~と

思い、Q2が好きなアンパンマンの生地等を日本から送ってもらっていたが、

Q2が行くオリニチプは鞄もお弁当箱(袋)も指定のもがあって、別に作る必要はなし。

なので、前から作ってあげたかったアンパンマンのポシェットを作成。

初めて作るので(本も持っていないし)、いろいろとリサ-チをした結果、

素晴らしいサイトを発見。←ものすごく丁寧に説明してくれていて初心者の私でも作れた

↓表はデニム地、中はキルト綿、裏は綿生地、市販のアップリケ装着、カラ-ひも
b0194098_1355824.jpg

↓Q2より少し背の大きい熊のぬいぐるみにかけてみた
b0194098_14102916.jpg

↓ポシェトの表柄はアンパンマン
b0194098_13564280.jpg

↓ポシェットの裏柄はバイキンマン
b0194098_13571145.jpg

↓裏返すと(中は)こんな感じ
b0194098_13555782.jpg

出来上がったものを見たら、ド-パミンがドバ~って感じで、クセになりそうな

快感♪

洋裁にはまる人の気持ちが少しわかったような・・・。


作っている最中、松任谷由美のベストCDを引っ張り出して聞きていた。

懐かしい曲を聴きながら、作業に没頭できて(Q2とナンピョンは昼寝中だった)

失敗しながらも、すごく楽しい時間を過ごせた。

途中、「リフレインが叫んでいる」の歌詞、「どうしてどうして私達、離れてしまったのだろう?

あんなに愛していたのに・・・」という部分を聞きながら、ふと、昔の彼氏を思い出した。

そして、「なんで別れてしまったのだろう?」と真剣に考えたり・・・。

一切、未練はないのにね。

子供のものを作りながら、不謹慎な母でした。
[PR]
by 2010neko | 2012-02-19 14:15 | ハンドメイド | Comments(0)
以前やっていたブログには書いたことがある꼬마김밥(ちびっこ海苔巻)。

꼬마は小さいものを示すが、俗語でちびっこ、おちびちゃん。

私は普段、海苔巻きは全部手作りするが、マ-トには忙しい人のために、

こういう商品もあるので、韓国に観光に来た友達には変わったお土産として、

聞かれた時には勧めるようにしている。

その、꼬마김밥(ちびっこ海苔巻)を2年半ぶりに買って作ってみた。

2年半の間に、かなり値上がりしているような・・・。(とっていも、今も日本円で200円代)

↓大手Pulmuone社の야채꼬마김밥(野菜ちびっこ海苔巻き)セット
b0194098_1134191.jpg
普通サイズの海苔巻きセットなら他のメ-カ-からもいくつか出ている

↓中はこんな感じ
b0194098_115565.jpg
甘酢タレ&胡麻などが入ったふりかけ&真空パックされたタクワン12本、煮ゴボウ12本、

煮人参24本&10×10cmの(焼き)海苔12枚が入っている。

↓お茶碗2杯分に甘酢とふりかけを入れ混ぜ混ぜ(ご飯が多すぎた・汗)
b0194098_1184075.jpg
きっちり(韓国のご飯茶碗で)2杯分だと、もっとふりかけの色がきれいに出る

↓後は、海苔にご飯を敷いて、真空パックの具をのせて手で巻くだけ(簀巻き不要)
b0194098_11105351.jpg
片手で持てるサイズが12本できる

↓1本を3等分すると、おちょぼ口サイズ3個でこんな感じ
b0194098_1112813.jpg
ご飯が多かったので、ふりかけの色が薄く感じるが、味は普通に美味しい。

これに自分で用意した少しの具を加えると、もっとカラフルで美味しいキンパッになる。

↓これは2年半前に作ったもの(ご飯適量で、茹でホウレン草を加えたもの)
b0194098_12261575.jpg

[PR]
by 2010neko | 2012-02-13 12:31 | 家ご飯 | Comments(0)

スイ-トブ-ル他

明日の予定だったQ2の通うオリニチプ(保育園)のオリエンテ-ション。←以前もらった

書類にOR予定日が書かれていた

当日は子供を連れてこないよう注意書きがあったため、ナンピョンに家でQ2の子守を

してもらえるよう、この日、仕事を休んでもらうことにした。

しかし、先週金曜日の夕方に郵便で来たORの案内状を見ると、今週土曜日に

変更されていた。

別に変更のお知らせとか、お詫びなどの文は一つもなく、あたかも以前から

土曜日だったような文面。

ナンピョンは自分の都合で仕事を休む場合、社内外のいろんな人のスケジュ-ルを

いっきに調整して変えなければいけないので、苦労して変更したことがすべて無駄になった。

多分、平日だと動きが取れない夫婦が多いため、こういう風になったのかもしれないが、

こういうことは例年同じだと思うので、予定日を設定する時や、連絡をする前に、十分に

考えばいいのに・・・と、初っ端から韓国的出来事にガッカリした。

でも、当のナンピョンは怒るわけでもなく、極普通なので、これまた韓国人だ!と納得。

こんなことで、一喜一憂している自分を変えないと・・・生きていけない。


そして、今回の家に送られてきた郵便物で初めて気がついたこと。

Q2の通うオリニチプが〇〇教会付属オリニチプだったこと。

別に怪しい教会等ではなく、近所の評判もいいオリニチプなので、問題はないが、

看板等にはそういうことは一切記載されていないし、説明もなかった。

唯一、古株の先生が「園長先生は教会に通っている方なので良い方です!」という

話を聞いたことがあるだけ。

なので、送られてきた封筒を見て、ナンピョンと二人、「へ~」って感じだった。(笑)


こんな感じのスタ-トになったが、園児達が制服を着た集合写真や何かの行事での写真が

載ったORの招待状を見ると、「あ~、これからはQ2も巣立って行くんや~」と何となく

嬉しいような悲しいような気持ちになった。

これが親心というものなんやね。←初めて自分の母親の気持ちを振り返ってみたりした


さて、先週のパン作り。

初めて、スイ-トブ-ル(リッチパンにクッキ-生地が乗せて焼いたパン)を焼いてみた。

思っていたより簡単だったし、何より美味しくて、いっきに食べてしまった。

参考にしたのは、こちら

↓もっと丸みがあれば完璧?
b0194098_9233314.jpg



次はレンズ豆シリ-ズ。

前回、Oさんに教えてもらったレンズ豆の(スリランカ)カレ-。

ダル・カレ-というものらしいが、今は家にスパイスがないため、とりあえず日本の

カレ-ル-でレンズ豆入りカレ-を作った。

何となく、いつものカレ-もグレ-ドアップした感じ。

そのカレ-の残りでフィ-リングを作り、焼きカレ-パンを作った。

↓味は最高で、日本のパン屋のカレ-パンの味や!と一人感動
b0194098_9431727.jpg



次もレンズ豆で、カレ-ル-を入れる前まで煮込んでいた具を取り出して、

Q2用のレンズ豆のサラダパンを作った。

元々、具を取り出したものに少量のケチャップ等で味をつけてQ2のご飯のおかずとして

食べさせようとしたが、この日は何が気に入らないのか、Q2はご飯を全く口にせず。

仕方がないので、これをそのまま利用し、少量のマヨで和えてから、パンを作ってあげた。

すると、バクバク。

わからない人だ~!

↓レンズ豆・牛肉・玉ねぎ・人参・じゃが芋・ブロッコリ-・パプリカ・ミニエリンギ入り
b0194098_9472021.jpg

[PR]
by 2010neko | 2012-02-13 10:00 | パン | Comments(0)
最近、節約のため、家族であまりカフェに行かないようにしている。←でも、私とQ2は

ナンピョンに内緒で外でお茶をすることが・・・(笑)


数日前、韓国のカフェ(ネット)で、近所の美味しい店を調べていると、

「떡꼬물」というのが、出て来た。←陶芸教室で先生とトッポッキの話題後だったので・・・

ここは(即席)トッポッキ専門店。

※トッポッキは韓国餅を甘辛く煮たもので、韓国人は屋台等で小腹が空いた時に、

子供の頃からよく食べている食べ物(時に女の子が好き)で関西で言えばたこ焼き

みたいな存在か・・・

で、早速、家族で行ってみた。

屋台や路面に面したオ-プンな店で売っているトッポッキは単にトッ(韓国餅)と

オムッ(平天・練り物)くらいしか、入っていない。

でも、専門店になると、おやつというよりしっかりした食事になるくらいの内容。

いろんな(具)のトッポッキがあるが、困った時はだいたいどこの店にもある人数分の

セットメニュ-にすればお得で満足感あり。←私達は2人分セット(12000ウォンだったかな)

セットメニュ-はどこも同じ感じで、基本のトッポッキ(屋台のトッポッキに各種野菜が入る)+

ゆで卵+ラ-メン(&ヂョルミョン・韓国の太目の冷麺用の麺)+ご飯+飲料水。

ゆで卵やラ-メンもトッポッキの中に入って出てくる。

↓(この店の場合)セットに含まれた無料のコ-ラが1本と、たくわんが出てくる
b0194098_11102481.jpg
揚げたマンドゥ(餃子)は後で鍋に入れる←私は知らずに先に1個食べてしまった^^;

↓こんな感じで登場(ここはキャベツ・玉ねぎ・人参・エゴマの葉・貽貝入り)
b0194098_11353850.jpg


↓目の前のコンロでグツグツ(混ぜるのは店員さんがしてくれる)美味しい~~!!
b0194098_11362650.jpg
これでけで食べ応え十分なのに・・・

↓やはり、最後は〆の焼き飯が出てくる(店員さんが残り鍋を使用し、横で作ってくれる)
b0194098_11373771.jpg


↓この店は外観・内装がまるでカフェ
b0194098_1052843.jpg

b0194098_114577.jpg

b0194098_1152546.jpg

b0194098_1153834.jpg

b0194098_1155226.jpg


屋台のトッポッキで軽くつまむのもいいが、(お酒でも飲みながら・笑)がっつり

食べるトッポッキ専門店もお勧めです!
[PR]
by 2010neko | 2012-02-11 11:46 | 外食 | Comments(0)

子供本で大人大爆笑

先月に引き続き、今月もOさん宅に遊びに行ってきた。

まずは今月の訪問記から・・・。

1月初旬に開かれた新年会(私は参加できなかった)で利用したという韓定食屋。

参加者皆、大満足だったらしい。

今回の昼食は、ネコさんにもその味を(再現しなさい)ということで、そのお店にしてくれた。

前から怪しい店?だと思っていたのだが、入ってみるとお客さんはいっぱいだし、

従業員はみんな親切丁寧だし、何より食事がすべてパ-フェクト!!!

私の韓定食屋ランキング1位に躍り出た。(笑)

写真がきれいに撮れなかったので、このお店については次回、行った時にアッップする

ことに・・・。


食後、Oさん宅に移動し、お茶。

日本から帰って来たばかりのOさん宅には日本のお土産がわんさか!

なので、お茶タイムには日本製のお菓子を堪能。

↓可愛らしい釜出しチ-ズ(ケ-キ)&巻き寿司セット&コ-ヒ-
b0194098_9482833.jpg
とってもリアルな巻き寿司セットは韓国の冬休み中に日本の小学校に短期留学していた

Jちゃんが学校で作って来たらしい。←今時の日本の図工って面白いことをするのね~

↓寿司飯は糸状の発泡スチロ-ル、いくらはビニ-ルのプチプチ、ガリはナイロン紐
b0194098_9524077.jpg


↓コ-ヒ-の後は、日本茶でこれまたお土産のあんころ餅(久々~)
b0194098_954214.jpg


↓その後、Oさん手作りの(無農薬)みかんの皮の砂糖漬け(オレンジピ-ル?)
b0194098_9571823.jpg
これ、お茶請けに最高!

止まらなくなる美味しさだった。←本当にいつも考えつかないような美味しいお茶請けを

出してくれ、目から鱗の私(勉強になります!)


そして、今日の本題の子供本で大人大爆笑。

↓これがその本で「あたらしい みかんのむきかた」
b0194098_101147.jpg
Oさんが日本にいる友達に子供のお土産として頂いたものらしい。

この本自体は、2010年の秋に発行されたようだが、2011年秋にもパ-ト2が出ている。

在韓なので、日本で(自分の趣味範囲以外で)どういった面白い本が出ているかなど

知らない私達。

今頃、ブ-ムに乗る感じ?

みかんの皮にサインペンで切り方の作図を描き、これを小さい鋏やピンセットで切って、

十二支の動物などに切っていくもの。

みかんのむきかたは普通にすごいな~と思うのだが、主人公の「むきお(名前もさることながら

昭和チックな絵が最高)」が繰り広げる物語と、作文に書いている感想文が、めちゃめちゃ

笑える。

当の子供には、普通の文とちょっとおかしな絵でも、大人が読むと、変な想像をしてしまい、

「ここで笑ったら、やらしすぎるやろ?!」という笑いが満載で、腹黒い大人にも超お勧め本!

すっかり、大人4人はこの本にはまってしまった。

みかんを食べながら、親子で楽しめる本でもあるので、Q2がもう少し大きくなったら、

この本を買ってあげたいと思う。

美味しいものもいっぱい食べられたし、大笑いしたし、楽しい1日だった。


遡って、先月のことも・・・。

先月は、韓国で初挑戦となる編み物(コ-スタ-を作る)をOさんに教わったのだが、

やはり私の腕前は小学校の家庭科クラブの時(鈎針で1回マフラ-を作ったことがある)と

同じレベルで、家に帰って完成させようとしたものの、編んでは解きを繰り返し、結局、

「(私には)センスなし!」と再認識し、意欲喪失。

編み物は、また意欲が湧いた時に・・・。


前回は、日本の節分も近いということで、Oさんが昼食に恵方巻きを作ってくれた。

↓これが具沢山のOさんの恵方巻き(これは食べやすく切ったもの)
b0194098_10261841.jpg

Hさんが方角を確認してくれ、最初の1本(大きいので半分にした)はみんな無言で

ほうばり、願掛け。←みんなの鼻息がやたら気になり、笑いが・・・

↓その後のお茶タイムには、日本の切り餅が入ったおしるこ(きな粉のトッピング)
b0194098_10292047.jpg

ホットッ(黒蜜等を入れて平たく焼いたお焼き)もトッポッキ(韓国餅の甘辛煮)も

大好きだけど、やはり日本の食べ物(特に人が作ってくれたもの)は、何でも懐かしいし、

美味しい~~!!(涙)

Oさん、ご馳走様♪
[PR]
by 2010neko | 2012-02-11 10:39 | お出かけ | Comments(3)