日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年初めてのブログ。

皆様、今年もよろしくお願いします。003.gif


年末年始と風邪をひき、治ったと思ったら、姑の滞在&ナンピョン家族の行事と立て続き、

全くテンションがあがらず、日々を淡々と過ごしていた。←ここまで気力のない新年は

初めてかも・・・

そして、ほどなく韓国のお正月であるソルラル(今年は1月22日~24日だった)に

突入した。

チュソク(去年の韓国のお盆)の時は2泊3日の実家滞在で譲歩してくれたナンピョンも

ソルラルはやはり3泊4日。

今年はナンピョン実家でほとんど眠れなかったので、かなりしんどかった。


1日目:ソルラル3連休の前日の昼に家を出発。

夕方、実家に到着すると、姑の家のすぐ近くにいる長兄夫婦が来ていて、一緒に夕食。

その後、長兄夫婦は帰ったが、ナンピョン・私・姑の3人で晩酌。←といっても、姑はほとんど

飲まず、ナンピョンのそばで甲斐甲斐しくお世話

私はその場を早々と退散し、Q2と別室へ。

ナンピョンは大好きな母親と二人で話込みながら、午前2時までお酒を飲んでいた。

先に休んでいた私だが、寝付けずにいると、酔ったナンピョンが「スルプダ(悲しい)」と・・・。

私はナンピョンの話をそのまま無視し、寝たふり。←ソルラル終了後にこの時、

なぜ悲しかったか聞いてみると、姑に関したことだったが、全く悲しいと思う出来事では

なかった020.gif

で、私は心の中で、「いつも自分の家族に会って、酒を飲みながら、ひとしきり話をして、

何が悲しんや?!悲しいのは私やろ~!」とむかついていた。


2日目(大晦日):ナンピョンは寝たまま、私だけ早起きをし、朝食後、姑&長兄嫁と一緒に

江原道ではソルラル必須料理のマンドゥ(韓国式餃子)をせっせと作り始める。

b0194098_6401432.jpg
マンドゥは江原道J郡地域の包み方(皮作りと具を作るのが姑担当、嫁二人は包み担当)。

一般家庭ではマンドゥの具の主役は牛肉(または豚肉)なのだが、

ナンピョン家ではソルラル前に山でウサギを捕まえられると、ウサギ肉のマンドゥを作る。

今年で私も5回目のソルラルだったが、ウサギ肉は2回目。

ウサギ肉はたたいてミンチ状にしているとはいえ、中には小さめの塊肉もある。

それが青赤みかがって、しかも、地鶏級に筋肉質なので、私は作りながら、

「このウサギ、山でピョンピョン元気に飛び回っていたんやろうな~」と感傷に

耽ったりしていた。

私は作るだけで、ナンピョン家のマンドゥは嫌いなので食べない。←ウサギ肉も嫌だけど、

それ以上に牛肉でも骨付きでミンチ状にするので、骨の破片の舌触りが嫌い

「一体、何百個作るねん?!店でも開くんか?」と心で突っ込みを入れつつ、午前中の

作業は終了。←この時点でナンピョン&Q2起床

昼食後、私は徒歩3分の長兄嫁の家に移動し、プッチムゲ(チヂミみたいな小麦粉料理)

作りに参加。←ナンピョンとQ2、姑も一緒に兄宅に来て、別室でゴロゴロ。

でも、長兄嫁の気まぐれで(ソルラルにどの料理をどれだけ作るかは

兄嫁の気分しだい)、まず例年にないキムチマンドゥ(これは蒸し物にする)を

作ることになり、またマンドゥ作り。

私が長兄嫁に「しんどいですね~」と(世間話の合間に冗談交じりに)言うと、長兄嫁は

「だったら、帰れ」とか、「働かない者は食べなくていい」と・・・。←長兄嫁は場面によって

冗談が通じないことも多く、「私、今、地雷踏んだ?」と焦ることがよくある008.gif

その後、プッチムゲ作りに突入したのだが、私はマンドゥ作り以外はほとんど手伝えないので

(名節料理は一人なら全部作れるが、長兄嫁の前で勝手に手を出すと怒られる)

ひたすら長兄嫁の横に付いて、見て試食するだけ。←苦痛の時間

唯一、チョンピョンという料理を巻く時だけ手伝いをさせてれる。

夕方4時、この日の名節料理の準備は終了し、兄宅でサムギョプサル(豚の焼肉)。

ナンピョン、またもや家族と楽しそうにお酒を飲み始める。

これは1時間半程で終了し、次兄家族が到着してすぐ(夕方6時からの)家族揃って

マンドゥチャレを開始。

※マンドゥチャレはナンピョンの故郷の江原道J郡の風習で、その年1年が無事であった

感謝の気持ちを込めて、マンドゥクク(韓国餃子の入ったス-プ)他をご先祖様にお供えし、

チョル(韓国式の挨拶の儀式)を行うもの

そして、チャレ後、家族でマンドゥククがメインの夕食。

↓これがナンピョン家のマンドゥククで私以外はみんな大好き
b0194098_7473587.jpg

途中から弟家族(とっていも、弟嫁は2人目の子供を出産して2ヶ月しか経っていないので

欠席し、ナンピョン弟と2歳半の娘だけ参加)も加わり、計11人で宴会開始。

私はひたすら準備と皿洗いに明け暮れた。

私は途中から別室に移動したものの、宴会は午前4時まで続いた。

途中からナンピョン弟はぐでんぐでんに酔って寝ていて、その間、2歳半の姪(弟の娘)は

ずっと泣きぱなし。←誰があやしても激しく拒否

宴会に参加していない者も、このせいで不眠状態。


3日目(元日):いろんなことで神経が休まらず、2時間くらいウトウトしただけで、

朝6時半からソルラルのチャレ(ご先祖様にお供え&挨拶をする儀式)のための料理を

また準備。←また、私はほとんど長兄嫁にくっついて見るだけ生活

ナンピョン家は朝9時からチャレを始めるのだが、二日酔いのナンピョンはいくら起こしても

起きず。

結局、チャレは朝10時から開始に・・・。

Q2も100日祝いの時に私が作った韓服を来て(今がジャストサイズだった)、チャレに参加。

↓お供えしているものをチャレ前に荒らしまくるQ2
b0194098_7534140.jpg

↓Q2もクンヂョル(韓国で一番丁寧な挨拶:土下座をして床に額をつける感じ)もどきで挨拶
b0194098_757148.jpg
ナンピョンがQ2にソルラル数日前からクンヂョルを教え込んだおかげで、挨拶もきちんとでき、

お尻が天井を向いた挨拶は人気満点だった。(笑)

チャレ時の話。

私が手伝ったチョンピョンを前に、長兄嫁が次兄嫁に「これはネコが巻いた」となぜか説明。

すると、長兄嫁と超・仲の悪い次兄嫁が長兄嫁に向かって「やっぱり~、何か形が違うと

思っていましたよ。お義姉さんが作ったら、もっと綺麗だから・・・」と・・・。

長兄嫁はその言葉に気分を良くした様子。←あの~、日本人の私が作ったチョンピョンも

十分に見れる範囲だと思いますが・・・

横にいた私は心の中で「(次兄嫁)よく言うわ~」と思っていたのが伝わったのか、

次兄嫁は私に小声で、「そういう私は一回も作ったことがないけどね・・・。」と笑っていた。

←次兄嫁は長兄嫁より年上のため、長兄嫁の指示下で手伝うことは嫌でほとんどしない

そして、ナンピョンはこの日も朝から迎え酒とか、言いながら、次々来る親戚やお客さんと

ハイテンションで本当に一日中飲み続けていた。

かたや私はというと、料理を準備しては片付けを繰り返し、のんびりする暇もなし。

今年は例年以上に親戚が来た感じで、部屋中、人だらけで休む場所もなく辛かった。

長兄嫁は厳しいが、皿洗いをずっとしている私を手伝おうとしてくれたので、私が「私は

皿洗いしかできませんから・・・いいです。」と言うと、なぜかツボにはまったようで

大笑いしていた。←この人の怒りや笑いのツボはほんまにわからん!

ちなみに次兄嫁が皿洗いをするのを、今までほとんど見たことがないし(自分が

食べたものもずっと放置して姑が洗う始末)、別室でテレビを見ていたりと、

ゴ-イングマイウェイ極まりない人。

私を可哀想に思ったナンピョンの実長姉(この家族も来ていた)の社会人の娘が皿洗いを

手伝ってくれた。←同じく長兄嫁の社会人の娘達はいつも食べてばかりで手伝わない

本当に子供を見れば、親の姿というか躾けがよくわかる!

話は逸れるが、長兄嫁はつい先日、娘(次女)を交際相手と別れさせた。

理由は「交際相手の両親が気に入らなかったから・・・」とのこと。

よく姪がすんなり母親に諭されて別れたな~と思ったが、姪曰く、「親の反対する相手とは

結婚したくない」とのこと。←そんなものかな~

そして、長兄嫁に娘達を嫁がせる時のポイントについて聞いてみると、長兄嫁の口から、

「娘を嫁がせるのはお金持ちの家で、家族が少ないこと!苦労はさせたくない!」と

言い切った。

←長兄嫁が大家族に嫁いで苦労したのはわかるけど、度々、嫁いだ長女宅に行っては

(家族の少ない)婿をいびっているのを見ると、???と思ってしまった

それはさておき、この日、弟の2歳半の子供はやはり駄々をこねたり、泣いたりで1日中大変

だった(父親はこれまたナンピョン同様、酒びたりで酔って寝ている)。

姑やナンピョン実長姉がかまうので、余計に大泣き。

子供が食べたくないと駄々をこね、悪態をつくなら、お腹が減るまで食べさせなければ

いいのに、過保護もいいところなので、私も辟易した。

子供嫌いな次兄嫁なんて、「(弟嫁も)こんな小さな子供を夫に任せて、

連れてこさせるなんて非常識すぎる!!」と露骨に怒っていた。←弟嫁は自分がしんどいから

実家に連れて行くよう夫に命じたらしい

4日目:日にちが変わり、夜更けから、何か空気の感じが違う?とやはり眠れなかった。

オンドルをガンガンに焚いていも、床以外の空気が今まで感じたことがないくらい冷たかった。

まるで、家の中にいるのに、雪山でキャンプをしているような感じ。

この日はQ2も夜鳴きが激しく、またウトウトしかできなかったのに、

朝5時前から家中バタバタ。

まず朝5時に弟家族が自宅に帰るために起きたのだが、水道管が凍結で大騒ぎ。

仕方がないので、準備もそこそこ朝食抜きで弟家族は出発。

その際、私も弟家族をお見送りするために、外に出た。

やはり、私が今まで体感したことがない寒さで、外はマイナス18度だった。←ナンピョン家は

木と土でできている昔ながらの農家の韓国家屋で(隙間だらけ)、ドアも障子紙なので、

外の気温が家の中ににダイレクトに伝わってくる(家での中でもダウンジャケットを着ることも)

そして、朝7時前に第二陣で次兄家族が出発準備。

この時点では、水道管の凍結は解除できたものの、今度は、次兄の車のエンジンが

かからず、また大騒ぎ。

時間を置き、何度も何度もエンジンをかけ、8時半にようやく次兄家族は出発。

すると、今度は朝9時過ぎに長姉家族が出発。

その度に、私はお見送りに出なければならず、「みんな一緒に帰れよ~」とイライラ。

寒いし、ここ3日間まともに眠れていないしで、私の我慢も限界。

3泊4日中、実家で思い切り楽しんでいたナンピョンに前日からむかついていたので、

この日はナンピョンに言って、朝食後すぐに出発するように計画していた。

でも、ナンピョンはのんべんだらりと過ごし、結果、午後2時過ぎに私達家族は出発。

今回の姑とのお別れ時は、ナンピョンは泣かなかった。

車が出発した瞬間、「あ~、やっと開放された!」と喜びもつかの間、姑の「2月にまた

会おう!」という言葉で、気力減退。←2月はナンピョンの誕生日があるので、何が何でも

うちにやって来る姑

今年もナンピョン家族とは濃厚な付き合いが繰り広げられそうです。042.gif

↓出発前に実家の牛や犬を見たり、坂道でヌンソルメ(雪ソリ)を楽しんだ父子
b0194098_9524738.jpg

b0194098_9525921.jpg


余談。

長兄嫁がみんなと話していた時、「C(弟嫁のこと)がナンピョン家で一番不細工な嫁だと

村で噂になっている」というので、私がそんなことが村で噂になるのか?と長兄嫁に質問。

※不細工と表現しているが、韓国語ではインムル ナップダ(外見が悪い)で表現していた

長兄嫁は「もちろん!」と即答。

ナンピョン家は山の上(里)にあるので、村といっても車で20分の麓の村のこと。

ちなみに里は麓の村より気温が5度前後低い。@@

そして、続けて長兄嫁は、「2番目に悪いのはネコだ!」と・・・。←私、絶句。

容姿に自身があるとは言えないが、不細工と言われる程ではないと思う。

よくよく聞くと、要は化粧っけもなく、きれいな格好もしていないので、「インムル ナップダ」と

言われているらしい。←弟嫁は化粧はしないものの、結構、きれいな格好を

しているんだけど・・・

次兄嫁も、「化粧をしないで相手に会われると、自分がちゃんとした扱いを受けていない

気がする」とまで言っていた。←兄嫁二人は化粧ばっちりで、すっきり系アジュマファッション

私、そこまで外見で迷惑かけています?

結果、次に私が村に行く時は化粧をして、お洒落姿で行くことになった。(笑)

でも、噂する程の大した人数の村人も見たことがないしな~。

ここの村にも韓国の田舎らしく東南アジアからの外国人妻がたくさんいるはずなのに、

まだ一度も見たことがない。←カンボジア人妻だけでもが10人近くいるはずなんだけど・・・

窮屈なシプモ付き(義両親同居の)田舎生活、苦労が耐えないだろうな~。

このことをナンピョンに話すと、次に長兄嫁からそういうことを言われたら、「家族の噂を村に

広めているのは、一体誰なんでしょうね~?お義姉さん。」と言えと、笑っていた。
[PR]
by 2010neko | 2012-01-31 10:28 | Comments(2)