日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

最近作った汁物を集めてみた。

汁物作りが苦手だという在韓日本人主婦が多いようだが、単に汁物の種類が

思いつかないのだと思う。←私もメインよりこっちで悩むことの方が多い

なので、今日はこんなものもあるよ!って感じで・・・。←作り方も書きたいが、

時間がないので写真紹介のみ(料理名を検索すると好みのレシピが見つかるかと・・・)

↓감자홍합국(じゃが芋と貽貝の汁物)
b0194098_205688.jpg


↓소고기국(牛肉と大根の汁物)
b0194098_2115356.jpg


↓닭고기국(鶏肉と大根の汁物)
b0194098_2122319.jpg



次は牡蠣の季節の始まりなので、牡蠣を使った汁物3品。

↓매생이국(海草と牡蠣の汁物)
b0194098_213207.jpg


↓굴두부찌개(牡蠣と豆腐の赤くないチゲ)
b0194098_2132793.jpg


↓무굴국(大根と牡蠣の汁物:ほのかな味噌味)
b0194098_213364.jpg



少し前がワタリガニの時期だったので、ワタリガニの汁物2品。

↓꽃게탕(ワタリガニの汁物:コチュジャン・テンジャンが入る)
b0194098_2253933.jpg

↓꽃게됀장찌개(ワタリガニの韓国味噌汁)
b0194098_2255363.jpg



同じ魚でも加工形態で味・食感が変わってくるスケトウダラ。

味付けは基本同じでいいので、この魚で赤いチゲの作り方を1つ覚えれば、

既に3種類を覚えたことになるし、この魚で白い(澄んだ)チゲの作り方を覚えれば、

さらに3種類が作れるという優れもの?(笑)

かなり昔に書いたことがあるが、スケトウダラの生の状態(捕まえて、そのまま魚屋に

のった状態)を생태(センテ:身は柔らかくあっさり味)、冷凍して売られる状態を

동태(トンテ:身はしっかりしていて、味がある)、いったん半乾燥させて冷凍したものを

코다리(コダリ:さらに身はしっかりし、コクがある)という。

ちなみに私はトンテが一番好き。

さらにスケソウダラを乾燥させた북어(ブゴッ)、特殊環境で数ヶ月干した

황태(ファンテ)も澄んだ汁物を作るのによく登場する。

この2つも味と食感が若干違うので、同じ作り方でも別の汁物を作れるということに・・・。

さらに入れる野菜(もやし、大根、豆腐、卵などの各種バ-ジョンがある)でも、

味はかなり変わってくるので、一応、別の汁物として、バリエ-ションはさらに広がる。(笑)

↓これは동태찌개(冷凍スケトウダラの赤いチゲ)
b0194098_2281086.jpg



キムチチゲも同様、ほぼ同じ作り方でも、キムチの次にメインになる食材によって

味は全く変ってくるので、便利といえば、便利か・・・。

↓これは缶詰のさんまで作る꽁치김치찌개(さんまとキムチのチゲ)
b0194098_17463374.jpg
他にも豚肉とキムチのチゲだったり、牡蠣とキムチのチゲだったり・・・。

まあ、何の汁物を作っても、韓国料理ならど~んと土鍋(トゥペキ)ごと出した方が

美味しそうに見えるかな?←といいつつ、個人の皿に取り分ける日本人主婦な私です
[PR]
by 2010neko | 2011-11-27 18:05 | 家ご飯 | Comments(2)
昨日はナンピョンもいなかったので、久しぶりにQ2とキッズカフェに行った。

一番好きなキッズカフェ。

でも、行くと閉店(休みではなく廃業)していた。

予告もなく、突然店がなくなる韓国。

もう何度も何度もこういうのを見てきたが、大体は気に入っていた店なので、

ガッカリ度も高いし、結構ショック。

また別のキッズカフェを探してみようと思う。


今日は호도과자(ホドカジャ:胡桃の焼き菓子)を焼いた。

ホドカジャは日本のちんちん焼き(ベビ-カステラ)にあんこと胡桃が入ったようなもの。

生地は適当に薄力粉・BP・卵・牛乳・砂糖・塩を入れて作った。

↓生地を固めに作ってしまったせいで、かなりリアル(で固そう)なホドカジャ
b0194098_1658547.jpg
次はもっと研究してフワフワに作ろう!

↓中はこんな感じ・・・胡桃をド-ンと入れたので香ばしい♪
b0194098_1702469.jpg
こんなホドカジャだったけど、Q2は美味しそうに食べてくれた。


↓これは数日前に作った胡桃ケ-キ(生地はバタ-ではなく、生クリ-ムを入れる生地)
b0194098_1731791.jpg
しっとりしていい感じ。


↓最近、傾倒中の小嶋ルミさんのレシピで抹茶のカップケ-キ
b0194098_176032.jpg
味は美味しいけど、やはり、どっしり重いバウンドケ-キ生地は苦手な私。

それにバウンドケ-キはバタ-の量が半端ではないので、Q2には不向きだし・・・。

←マドレ-ヌやフィナンシェまでなら許容範囲かな?

しばらく、この系統はお休みして、軽いカステラやシフォンケ-キを焼こうと思う。
[PR]
by 2010neko | 2011-11-27 17:17 | お菓子 | Comments(0)

ケ-ク・サレ他

Q2、何とか風邪をひかずに2週間が経っているので、先週・今週とで予防接種を

いっきに済ませている。

先週は日本脳炎(2回目)とインフルエンザ(1回目)、今週はヒブ(追加)と

肺炎球菌(追加)を接種。

残すところ、3週間後にインフルエンザ(2回目)があるのみ。

これが終われば、来年の5月まで休憩できる。(笑)


さて、パン作り。

前から名前を聞いて興味を持っていたが、なぜか作らなかったケ-ク・サレ。←厳密には

お菓子作りに属すると思うが・・・

最近、偏食が激しいQ2。

同じ食材でも舌触りが悪かったり、大きさが気に入らなかったり、味が気に入らなかったり・・と

何か少しでも気に入らないと、吐き出す。←同じ料理でも、その日によって違ったりする

どうしてもダメな時は、無理をすると私が疲れるだけなので、Q2が好きな果物や炭水化物

だけでも食べればいいか~と諦めることにした。

でも、パンは好きなので、ケ-ク・サレで野菜をしっかり食べてくれるかな?と思い、

作ることに・・・。

ホット-ケ-キミックスの甘い生地で作るケ-ク・サレもあったが、本来の味を知るべく

(私が食べたことがないので)、正統派?の小嶋ルミさんのレシピで・・・。

いろんなケ-ク・サレの紹介文を見たが、ヘルシ-な食べ物と紹介しているものの、

実際に作ってみると、油やチ-ズがかなり入るので、カロリ-は高いと思った。

でも、焼き途中にオ-ブンを開けてみると、チ-ズの香ばしい香りと

野菜のほのかな匂いが・・・。

これはかなり美味しそう。

↓家にある材料で作ったケ-ク・サレ
b0194098_11301368.jpg

中身はハム・玉ねぎ・人参・韓国カボチャ(ズッキ-ニに近いもの)・ブロッコリ-・

インゲン・かぼちゃ。

b0194098_11302953.jpg
味はキッシュのしっとりケ-キバ-ジョンという感じで美味しかったし、

これ1切れで朝ご飯として十分なくらい。

高カロリ-であるものの(何度もいうが^^;)、栄養バランスは取れているので、

塩分と油を調整すれば、子供の食事やおやつとしてもいいのではないかと思う。

出来上がりの形がいびつになってしまったが、さっききれいに形を整える方法を発見。

焼き始めて10分くらい(表面が割れる前)でオ-ブンからいったん取り出し、

縦(中央線)に切開を入れるときれいな形になるとのこと。←次回リベンジ!

今からQ2に食べさせる。

反応はどうかな~?


もう1つ。

↓数日前に作ったクルミパン(待ちきれずQ2の指が・・・)
b0194098_1130525.jpg
全粒粉などを入れて、少しハ-ドな生地のクルミパンを作りたいのだが、

それではQ2が食べにくくなるので、今回はフワフワなクルミパンに・・・。
b0194098_11311015.jpg
メ-プルシロップと三温糖入りなので、生地が茶色っぽい。
[PR]
by 2010neko | 2011-11-24 11:33 | パン | Comments(2)
韓国はこの時期、キムジャンといってキムチ作り最盛期。

私も今年の冬は本腰を入れて、いろいろとキムチを作ろうと意欲満々だったので、

冷蔵庫の整理もして準備万全だったのに、姑が我が家滞在時に数十キロのキムチを

持って来たため、作れなくなってしまった。←冷蔵庫内が姑のキムチで占領され、

私が作っても置き場所がない

大事な息子に自分のキムチを食べさせたいのはわかるが、そろそろ嫁がキムチを

作るということも理解してもらいたい。


ということで、今回はとりあえず순무김치(かぶのキムチ)を作った。

순무(スンム)は赤紫色の皮で覆われた韓国のかぶ。←味は日本のかぶと同じ

韓国ではかぶをどこでも栽培しているわけではなく(ほとんど市場には出ない)、

江華島という地域でのみ栽培。←この地域の特産物

ナンピョンが昔、出張先で食べた순무김치が美味しかった(独特な味がするので)と

懐かしんでいたので、スンムキムチに決定。

スンムは江華島の農家にネットで注文。

もう何年もかぶを見ていなかったので、到着したかぶを見て感動した。(笑)

↓これが漬けたてのスンムキムチ
b0194098_2502730.jpg

作ったヤンニョンがすごく塩辛かったので、悩んだ末、梅エキスで緩和した。

すると、かなりいい感じのヤンニョンに・・・。←何が幸いするかわからないもんだな~

↓数日発酵させ、食べごろになったスンムキムチ
b0194098_2511311.jpg

出来上がりは、今までのキムチで一番納得のいく味で、ナンピョンの評価も上々。

だんだん自分が出したい(好みの)味に近づいてきたし、続けて、他のキムチも

作りたいんだけどな~。


我が家の冬の必需品と化したトンチミ(水キムチの一種)のスペ-スが冷蔵庫にかろうじて

できたので、残りのスンムで순무동치미(かぶのトンチミ)を作った。

↓漬けた直後のスンムトンチミ
b0194098_2512450.jpg


↓ちょっと早いが完成~減塩で作ったので発酵の進みも速い様子
b0194098_2514775.jpg
スンム(皮付き)でトンチミを作るとこんな感じに可愛いピンク色になる。

味は大根のトンチミ同様、すごく美味しい♪

熟成したかぶは昔食べていた日本のかぶの漬物の味に似ているので、一石二鳥!
[PR]
by 2010neko | 2011-11-21 03:16 | 家ご飯 | Comments(0)
最近作った韓国料理をアップ。

まずはメイン料理から・・・。

↓조기감자조림(イシモチの干物とじゃが芋の煮物)
b0194098_0563758.jpg



↓돼지고기더덕고추장볶음(豚肉とツル人参のコチュジャン炒め)
b0194098_0584615.jpg



↓안동찜닭(鶏肉と野菜の煮物)
b0194098_0593496.jpg



↓봉용불고기(薄切り冷凍サムギョッサルを醤油ベ-スのたれに浸して焼く焼肉の一種)
b0194098_18973.jpg
醤油に白ネギ・玉ねぎ・砂糖等を入れて煮て、浸したれを作り、

薄切り冷凍サムギョプサルをこの醤油たれにくぐらせてから焼く。

b0194098_182440.jpg
焦げやすいので、アルミ箔を敷いて焼くのが多いようだが・・・。

b0194098_185368.jpg
このヤンニョンで和えた白ネギサラダ(パチェ)も鉄板で一緒にさっと焼く。

b0194098_1102495.jpg
こんな感じで食べる。

この焼肉は薄切りなので、焼くと脂も落ちやすく、醤油味なのであっさりしている。

専門店は少ないが、家でもすぐに再現できるので、お勧め!


↓바지락볶음(あさりの炒め物)
b0194098_1224035.jpg



次は昼食メニュ-。

↓자장면(韓国のジャ-ジャ-麺)
b0194098_1243032.jpg


↓가지새송이덮밥(茄子・エリンギ・しし唐・鶏肉の丼)
b0194098_123599.jpg


↓김치볶음밥(キムチチャ-ハン)
b0194098_1272743.jpg



次は副菜のおかず。

↓깻잎게맛살전(エゴマの葉とカニカマのチヂミ)
b0194098_1281357.jpg



↓달래굴전(ヒメニラと牡蠣のチヂミ)
b0194098_1311761.jpg



↓버섯달걀찜(椎茸がのった韓国の茶碗蒸し)
b0194098_1323042.jpg



↓빨간두부조림(辛い豆腐の煮物)
b0194098_1335275.jpg



↓연근들개무침(茹でた蓮根をエゴマ粉ベ-スのたれで和えた物)
b0194098_135882.jpg



↓참나물무침(チャムナムルの和え物)
b0194098_1371067.jpg



↓매콤한시금치나물(辛いほうれん草ナムル)
b0194098_139480.jpg



↓깻잎상추들깨소스겉절이(エゴマの葉とチシャのエゴマドレッシング和え)
b0194098_1404553.jpg



↓참나물생채(生チャムナムルの和え物)
b0194098_1405586.jpg



↓어묵양파볶음(丸天と玉ねぎの炒め物)
b0194098_147378.jpg



↓마늘종멸치볶음(ニンニクの芽とジャコの炒め物)
b0194098_1491691.jpg



↓꼴뚜기꽈리고추조림(干しホタルイカとしし唐の煮物)
b0194098_151161.jpg



↓오이오징어무침(キュウリとイカの和え物)
b0194098_1511894.jpg

[PR]
by 2010neko | 2011-11-21 01:58 | 家ご飯 | Comments(0)
昨日、姑がやっと帰って行った。

今回は弟夫婦に子供が生まれるからということで、姑は我が家で待機していたが、

弟嫁の出産予定日が遅れに遅れ、姑、2週間の滞在。

本当に長くて、しんどかった。←もちろん姑は兄宅にも泊まってはいるが・・・

でもって、金曜日に姑を引き連れて、弟嫁の出産した病院にお見舞いに出かけた。

この日から姑はこの弟宅に滞在することになっていたのだが(弟嫁は病院退院後、

チョリウォンという産婦が療養する施設に2週間滞在し、その後、自分の実家に2週間

滞在予定なので自宅にはいない)、弟夫婦は理由をつけて姑滞在を拒否。

仕方なく、姑をまた我が家に連れて帰って来た。

弟夫婦の姑滞在拒否の理由は、「夫婦そろってチョリウォンで寝起きして、(弟は)出勤も

チョリウォンからするから・・・」ということなのだが・・・。←夫が寝起きできるチョリウォンもある

前に私が弟嫁に、「私が(出産後)チョリウォンにいる時に、姑がずっと我が家に滞在

していて、ナンピョンは姑にも気を使い、二人の女の家を行ったり来たりみたいな状態だし、

私は不安だから一緒にいて欲しいのに、それもできず、私が(精神的に)大変だった」と

言ったことがある。←日本の家族の援助もない状態で韓国で初出産だし、頼れるのは

ナンピョンだけだったのに、それすら叶わなかったから・・・

ちなみに弟嫁は一人目の出産の時には、姑が孫に病院で面会後、すぐに追い返したので、

姑に関する問題は完全クリア。

そして、今回はチョリウォンに入るということで、私の上記の話をそのまま自分の夫に伝え、

姑で苦労しないように、夫を使って(夫から姑に説明をさせる)対策を立て、またもや

姑問題をクリア。←私の名前を出さなくてもいいものを・・・ずる賢い弟嫁だな~と別の意味で

感心した(まあ、ナンピョンもこのずる賢さをかなり嫌っているのだが・・・)

やっぱり、ナンピョン家族には心を許せる人が一人もいないんよね~。

ということで、姑は(弟夫婦の)孫に会うために、また1ヵ月後に我が家にも来るといって、

帰って行った。

うちに来なくていいですから・・・。

今回は私も極限で、いろいろ外出などして気分転換をするようにしたのに、

最後はナンピョンに対しても、「この人にもあの姑の血が流れている」と思うだけで

嫌悪感が・・・。

一昨日からナンピョンと話し合い、一応、私の心の問題は解決したけど、

ナンピョンへの愛情回復は難しいかも・・・。


でも、今日は久しぶりに気分も良く、パンを焼いた。

ホバッコグマ(かぼちゃさつま芋という中身が黄色くて甘みの強いさつま芋)が

家にあったので、それに練乳と牛乳を混ぜてペ-ストを作り、いつものヤワヤワの

パン生地に巻き込んでフラワ-型のうづまきパンに・・・
b0194098_18113774.jpg

↓なかなかきれいにできて満足(でももっとねじりがあればな~)、味もグッド♪
b0194098_18115487.jpg



↓これは数日前に作ったテ-ブルロ-ル
b0194098_18125175.jpg

[PR]
by 2010neko | 2011-11-20 18:21 | パン | Comments(0)

KOREA FOOD EXPO2011

一風堂に行った友達とお茶後に別れて、私はコエックスで開催されている

「KOREA FOOD EXPO2011」に行って来た。←友達は興味なし^^;

名前の通り、韓国食の祭典。←この前行った製菓・製パンフェスティバルの4倍の規模だった

巨大ブ-スには(伝統スタイルの)韓国食と最近(西欧スタイル)の韓国食の展示。

韓国の農水産物の展示・紹介&いろんな食材及び加工品の展示・販売。

いろんなコンテストやクッキングショ-もあった。

各店の試食・試飲も至る所で行われているし、少し並べばいろんな試供品やお土産も

もらえる。←みんないろんな(パンプレット付き)お土産かばんをぶら下げて歩いている


私は韓国食の展示に一番興味があったが、今回はこのブ-スの規模が小さすぎたのと、

伝統韓国食がほんの一部しか展示されておらずガッカリ。

というのも、最近、韓国は「韓国食の世界化」を目指しているので、見た目がすっかり

西欧化していて、韓国食?って思う料理がオンパレ-ドだった。

試食できれば、韓国料理だとわかるかもしれないが、蝋細工の料理を見ているだけなので、

わからない。

こういう部分では、もっと韓国色を出して欲しい。←外国人の受けを狙わないで欲しい

↓これがその世界に向けた韓国食
b0194098_9341189.jpg


伝統韓国食ブ-スの副テ-マは「宗家と宗家の飲食」。

日本で言えば、(伝統のある)本家とそこでの食事だと思えばいいか・・・。←でも規模が

違いすぎ?韓国では何代まで遡って親戚付き合いですか?って感じ

韓国は家系を大事にするので、その長に当たる家は大変。

まあ、実際はそこの料理を作る女性達が大変なんだけど・・・。

日本で御なじみの俳優・歌手のリュ・シウォンも名門家系の出身。

今回はこの柳家の伝統的なお客さんへの接待料理も展示されていた。

↓これはある宗家(大田のソン家だったか?)のお爺さんの誕生日祝い膳
b0194098_9462854.jpg
爺さん、こんなに食べられへんやろ?!って思ってしまった。(笑)

以下、どこそこ宗家ははずし・・・。

↓これは舅・姑のための膳
b0194098_9534081.jpg
昔は宗家ともなれば、義家族とも同居必須。

毎日、毎日、こんな料理を義父母に準備していたのかと思うと、お嫁さんに同情!

鬱陶しすぎ・・・。

↓これは子供のための膳
b0194098_9555336.jpg
育ち盛りの子供にはやはり牛肉ス-プが・・・。

健康的な食事で見習いたいものです!

この他にもいろいろあったが、省力。

↓次は韓菓(大作もいっぱいあったが、写真撮りに疲れたので・・・)
b0194098_959916.jpg

b0194098_9591940.jpg

b0194098_10115923.jpg


クッキングショ-ではテレビの料理番組によく出る정신우氏が・・・。

個人的にこの人の料理はいまいちだと思っている私だが(レシピの調味料等から判断して)、

実際に見ると、可愛い男前だった。←たぶん、メディア受けするのだと思う


クッキングショ-と同じ時間帯に私と同じように韓国に嫁いだ女性達による韓国料理の

コンテストで「全国多文化家族韓食調理決戦大会」が行われていた。

実際に会場で作るのって、緊張するだろうな~。

日本人主婦も出場していたと思う。←ペアで出場

通りすがりに見ただけなので、しっかりした内容は確認できなかったが、料理の品目は

チゲとトッポッキ、キンパッだったと思う。

↓たぶん東南アジア系の女性達が作った(出来上がったばかりの)作品
b0194098_10111983.jpg

b0194098_10113014.jpg

b0194098_10114284.jpg
どこのチ-ムが優勝したのかな?


いろいろ見学した後は、あらゆる食材・食品の展示・販売ブ-スをうろうろ。

ここでの私の最大の目当てはマッコリ!

いろんな会社のマッコリを試飲し放題。

あてはキムチ(これもいろんな店のものが試食できる)で、昼からマッコリ6杯飲んで

ほろ酔い気分。←普通に大きなマッコリ碗で注いでくれるところもあり大盤振る舞い!

今回は2011年の韓国ウリスル(自国の酒)品評会で賞を取っているマッコリを中心に

飲んだ。

↓これは生マッコリ部門の大賞・最優秀賞・優秀賞を取ったマッコリ
b0194098_10195768.jpg
私は一番手前のハ-ブが入ったマッコリ(大賞受賞品)を飲んだのだが、

あっさりしすぎて拍子抜け。

飲むと鼻越しにハ-ブのいい香りはしたけどね・・・。

↓これは殺菌マッコリ部門の大賞・最優秀賞・優秀賞を取ったマッコリ
b0194098_10224725.jpg
これまた一番手前の大賞を取ったマッコリを飲んだが、これもあっさりしすぎで特徴がない。

←販売元のおじさんは自信満々だったけど・・・

やはり、私は自分が好きなそば生マッコリが一番!

↓これはどこかの大学が開発した菊花&米(麹)を発酵させた菊花マッコリでこれも試飲
b0194098_102627.jpg
おお~菊花茶がマッコリになったよ~って感じで飲みやすい。

試飲したマッコリたちは、飲みやすさを考えてか、あっさりのオンパレ-ドだった。

1つだけトンドンジュ(マッコリとの区別は難しいので、ここではマッコリの上澄み液の

ようなもので韓国の伝統酒と簡単に説明)を飲んだ。

これは作ったハルモニ(おばあさん)自ら販売していたが、一口飲んだ瞬間、「くさっ」。

飲み干すのを躊躇うほどで、他の人は残していた。(笑)

やはりクセが強いと敬遠する人も多いのね。←でも、虜になる人はこういう部分が魅力?

まだまだ、いろんなマッコリを飲みたかったが、家にはQ2も待っているし、姑もいるので

酒臭さも程ほどにしなければ・・・と思い、会場をあとにしたのだった。
[PR]
by 2010neko | 2011-11-13 10:48 | お出かけ | Comments(0)
金曜日、友達とソウルのアックジョンにある「IPUUDO SEOUL(一風堂ソウル店)」に

行って来た。

日本で一風堂に行ったことはないが、友達と共に、ここは韓国の日本ラ-メン店としては

今のところ、最高ではないか?!という結論に至った。(笑)

ソウル在住の方なら、もっと美味しい日本ラ-メン屋さんをご存知かも・・・。^^;


店の外観も店内も、バ-みたいでお洒落~。

日本語での挨拶もいい感じだし、接客も問題なし!

この日は、ミニドンブリセット(1万2千ウォン)を注文。

ラ-メン(私は基本の白丸元味)&ミニドンブリ(明太子ご飯)&ゆずドレッシングのかかった

生野菜サラダ&酢漬け大根&ピリ辛もやしナムル。

↓写真が美味しそうに撮れなくて残念だけど・・・
b0194098_8362198.jpg
ス-プを一口飲んで感動。

こくがあるけど、しつこくもなく、ストレ-トの麺はやや硬めでいくらでも食べられる感じ。

チャ-シュ-もトロトロだった。

明太子ご飯はマヨネ-ズとごま油が隠し味の明太子がのったご飯で、家で食べる味とは

少し変わっていて、私は美味しかった。←友達はマヨネ-ズはいらないと言っていた

それに韓国の甘ったるいドレッシングではなく、ラ-メンによく合う柚子風味のドレッシングが

かかったサラダや、これまた甘すぎない酢大根もすごく美味しかった。

韓国食と比較したら、やや高いかもしれないが、でもまた行きたい!と思える大満足な

店だった。


食後は、美味しいケ-キでも・・・と思い、ここの店員さんに教えてもらったカフェに行った。

←一風堂のすぐ近く。でも店員さんは行ったことがないらしい^^;

場所柄、やはりお洒落なお店で、マダム風なお客さんで賑わっていた。←周囲の車も

すごかった

↓カウンタ-はこんな感じ(ここの横がガラス張りになっていて、職人さんがパンを焼いている)
b0194098_8463424.jpg

↓私達は昼食を食べた直後だったので、チョコレ-トケ-キを1個だけ注文
b0194098_8474731.jpg
トレ-やポットが可愛い!

でも、ケ-キがパサパサでがっかり~。←家で作るケ-キの方が数倍美味しいと思う

なので、店の名前も覚えられなかった。

「THE なんたら」だったような・・・。

多分、パンのランチはみんなよく注文していたので、パンは美味しいのかな?

↓売っていたパンはこんな感じ
b0194098_8554661.jpg



続いて、いつもの公園近くに、日本で修行をした韓国男性がケ-キ屋をオ-プン。

早速、一人で行ってきた。←姑も含めた家族で公園に行っておきながら、一緒にいるのが

嫌で嫌でトイレ(少し遠い)に行って来ると言って、一人でお茶(笑)

すごく小さい店だが、名前も日本らしく「ICHIGO」と可愛いネ-ミング。

店内に入ると、小さなショ-ケ-スには数種類のシンプルなケ-キのみ。

それに韓国チックなゴテゴテケ-キも見当たらず・・・とにかくシンプル!

↓私はアメリカンといちごショ-トケ-キを注文
b0194098_921367.jpg
一口食べると、あ~日本のいちごショ-ト!って思える味で、スポンジはフワっとしっとり、

生クリ-ムも甘すぎずさっぱり!

↓それ以外にもバナナロ-ルケ-キ
b0194098_944689.jpg

↓シュ-クリ-ム
b0194098_955476.jpg

↓手作りジャム
b0194098_962359.jpg

アルバイト?店員がかなり暗い感じで気になるが、次はシュ-クリ-ムを食べに行こうと思う。

でも、少し住宅街にあるし、韓国らしい派手さがないので、美味しくても早々に潰れる

可能性も・・・。

頑張ってもらいたいな~。
[PR]
by 2010neko | 2011-11-13 09:15 | 外食 | Comments(2)

새우젓(あみの塩辛)

今年の冬は本格的にキムチを作ろうと思い、材料を厳選。

ナンピョン実家で栽培して乾燥・粉砕した唐辛子粉、3年寝かせた天然塩、

そして完全天然物の質の良い새우젓(セウジョッ:あみの塩辛)。

今回調べてわかったが、売られているセウジョッも厳密にはあみ(海老)を捕まえた

時期によって名前が違う。

一番いいものは6月に捕まえて塩漬けした육젓(ユッジョッ)で海老の殻は薄く、

身がぷりぷりした深い味わいのあみの塩辛で、キムチを作る時以外にもそのまま食べたり、

おかずに使ったりできる。

次にいいのは、오젓(オジョッ)で5月に捕まえて塩漬けしたあみの塩辛。

6月に採れるユッジョッより少し小さいが、肉質もそこそこ良く、あっさりした味。

最後は추젓(チュジョッ)で秋に捕まえて塩漬けしたあみの塩辛。

季節柄、一番小さく痩せた海老なので、キムチ用ではなく、汁物やおかずの塩加減を

出す時に使うのがベスト。←もちろん、キムチにも使える

なので、キムチを作るにはできればユッジョッやオジョッを使ったら美味しいとのこと。

今までは何となくマ-トに売っている大量生産のセウジョを買っていたが、今回は

いろいろ調べて個人がやっている店に육젓(ユッジョッ)をネット注文。←口コミが良かった

注文した店は、100%国産天然塩で、これまた韓国産のあみ(海老)を漬け込み、

年中温度が一定になる洞窟内で熟成させたセウジョ。

さすがに値段は市販のセウジョの4倍だった。

でも、届いたセウジョを見て納得。

大きくて新鮮だし、味に雑味がなく(塩オンリ-で添加物等が入っていないのがわかる)、

そのままでもご飯が食べられる感じ。

↓これが注文したセウジョ(ユッジョッ)
b0194098_21135356.jpg

↓プリプリのセウジョッ
b0194098_21145158.jpg


キムチを作る前に、これを使っておかずを作った。

↓새우젓무침(あみの塩辛の和え物:唐辛子・唐辛子粉・ネギ・梅シロップ・ごま油で和える)
b0194098_21182917.jpg
初めて作ったが、簡単ですご~く美味しい!!

ご飯の供にお勧め♪

↓호박새우젓볶음(韓国かぼちゃとあみの塩辛炒め)
b0194098_21184118.jpg
いずれも市販のセウジョより塩度が高いと思うので、おかずに使う時はある程度、

塩抜きしてから使わなければいけないと思う。

セウジョッのおかげかいつもより味もグレ-ドアップ?(笑)

昨日、キムチを1種類漬けたので、また熟成したらアップしたいと思う。
[PR]
by 2010neko | 2011-11-10 21:27 | 家ご飯 | Comments(4)
最近、作った焼き菓子。

さつま芋のフィナンシェ
b0194098_20269100.jpg
このフィナンシェはOさん推薦の「小嶋ルミ」さんのレシピで作ったもの。

今までフィナンシェはいまいち?(マドレ-ヌの方が好きだった)と思っていた私も、

この味には感動。

次回から、この人の他のレシピも試してみようと思う。


↓にんじんケ-キ(人参まるごと1本入ったケ-キ、シナモンも投入)
b0194098_20265982.jpg

↓Q2用にクマ型で焼いたにんじんケ-キ(シナモンなし)
b0194098_2026209.jpg
少し冷めてから食べたにんじんケ-キは美味しくなかったが、

翌日に食べたケ-キは美味しかった。

やはり焼き菓子は熟成が大事か・・・?
[PR]
by 2010neko | 2011-11-10 20:38 | お菓子 | Comments(0)