日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:外食( 81 )

크리미벨로(Creamy Bello)

うちの近所だけど、ちょっと行きにくい住宅街にあるベーカリー&カフェ「 크리미벨로(Creamy Bello) 」

小さな可愛らしいお店で、オーナーのベーキングの趣味が高じて、お店を出したらしい。

↓ 크리미벨로(Creamy Bello)
b0194098_00202061.jpg

種類は多くなく、数種のスコーン、フィナンシェ、カヌレ、カップケーキ、クロワッサンがあった。

一人だったので、カヌレとコーヒーを注文し、クランベリースコーン(手作りマーマレード付)とチョコスコーンは持ち帰りにした。

価格は1つずつが小さいこともあり、2000ウォン代。←良心的な価格だし、大きすぎないのも気に入った

カヌレは普通に美味しかったけど、私自身、カヌレがそんなに好きでないことに今回気がついた。(笑)←カヌレは韓国で4回くらい食べているのに、気づくのが遅すぎ〜

スコーンは極わずかに甘いだけで、ジャムをつけるといい感じのあっさり味。

サクフワで健康的なスコーンという感じで、私の好み。

今度はいつ売っているのかわからない食パンやチアバター(チャバタ)を食べてみたいんだけど...。

あと、ここは火・水・木に2組だけ予約制でランチ(ピザ、パスタ、サラダのセット)が食べられるようなので、これも一度試してみたいと思う。




[PR]
by 2010neko | 2018-02-15 01:01 | 外食 | Comments(0)
今日は久々に韓国人友達とスタバでお茶した後にランチ。

最近、テレビで即席トッポッキ(トッポッキにいろんな具を入れる鍋バージョン)の特集を見て、ずっと食べたかった。←普通のトッポッキは結構食べている

ちなみに、昨日はコマッという貝料理の特集を見たので、それからはずっと頭にコマッがある。

テレビを見ながら、私があれが食べたい!これが食べたい!というので、ナンピョンにテレビを見ない方がいいといわれた。(笑)

で、今日のランチは私のリクエストで即席トッポッキのお店に決定。

今回は即席トッポッキのチェーン店먹쉬돈나(モッシドンナ)へ。

ここは、メインの具材が違う5種類のトッポッキ(ベースになる秘伝のソースは同じ)から選ぶ。

人数分選べるので、メインは同一の具のトッポッキでも、違う具のトッポッキでもOK。

次に4種類ある麺から麺を選ぶ。

麺はトッピングの一種なので、嫌なら注文しなくてもいいが、入れた方が断然美味しいと思う。

あとは、ゆで卵や焼き餃子などの追加トッピングがいろいろあるので、自分の好みに合わせて注文すればいい。

すべて、テーブルに置いてある伝票に自分達で正の字や数字を書いて注文していけばいいので、ややこしくはない。

私達は2人なので、メインにヘムルトッポッキという海鮮が入るものと、プデトッポッキというハムとソーセージが入るトッポッキをチョイス。

基本、お餅と野菜は入っている。

麺は2人ともタンミョン(さつま芋澱粉の韓国春雨)が好きなので、タンミョンで統一した。

追加トッピングは、おでん(薄い平天)と、新メニューのトンカツ。

↓これが注文した即席トッポッキ(全部で14000ウォン:1400円くらいだった)
b0194098_15292054.jpg
トンカツ入りの即席トッポッキは初めて。

カツ鍋と同じ感じで、甘辛いスープが衣にしみて(グダグダになる前に食べるのがいい)、すごく美味しかった。

ただ、全体としては秘伝という程のソース(スープ)ではなく、甘さも辛さもマイルドで、食べやすい即席トッポッキかな〜という感じだった。

最後の〆に、ご飯を入れて焼き飯にして食べることができるけど(これも追加料金)、私達はお腹いっぱいで注文しなかった。

本当に食が細くなってしまい残念. . . 。

これくらいの辛さで、メインをチーズ入りのトッポッキにしたら、辛いものが苦手なQ2でも食べられそうなので、また行ってみようかな。

でも、友達と行く場合は、もっと刺激的な即席トッポッキのお店にすると思う。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-01 15:27 | 外食 | Comments(2)

안국153(安国153) 他

先週日曜日のお寺料理教室の後は、教室近くにあるパン屋안국153(安国153)へ。

↓安国153にて
b0194098_10350182.jpg
一見、小さなパン屋だけど、中2階(作業場)、2階、3階まであり、店内もレトロでいい感じだった。

私がチアバター(チャバタ)、Q2がソボロパン、ソーセージパンをチョイス。

チアバターがモチモチで、このパンにつけて食べるマスタードソースがすごく美味しく、いつまでも食べていたい感じだった。

チアバターだけを食べに、また行きたいと思うパン屋かも...。←Q2もチアバターが気に入り、先々週の京都マーブルより美味しいといっていた

ちなみに、ソボロパンは普通に美味しく、ソーセージパンはもろ韓国式で、お惣菜パンなのに甘くして食べるスタイルだったので✖。


昼食後は、Q2の歴史学習会へ。

今回、指定された場所は서울역사박물관(ソウル歴史博物館だった。

↓ソウル歴史博物館にて
b0194098_10350493.jpg
今回は朝鮮時代の学習をしたらしい。

今まで興味がなかったので知らなかったが、光化門(カンファムン)周辺は、たくさんの博物館があり、夏休みや冬休みに遊びに行くには、とってもいい場所。

今回は学習体験会のために連れて来たけど、また、休みにいろんな博物館をまわろうと思う。


学習会の後は、夕食を食べに西村(ソチョン)にある누하의 숲(ヌハの森)へ。

日韓のご夫妻が営まれている日本の定食屋。

ここに来るのは2回目。

人気のお店なので、開店前に到着するようにし、5番目で入店できた。

すき焼き定食と豚肉の何たら鍋定食があったけど、Q2も私もそれぞれチキンソテー定食(14000ウォン)を注文。

それと、私は日本の地ビールを...。←フルーティーで美味しいんだけど、小瓶が10000ウォン(お酒の輸入はどうしても高くなるから仕方がない)

↓ヌハの森にて
b0194098_10350699.jpg
すべて日本の家庭料理の味で、Q2も私も大満足。

チキンソテーもタルタルソースもあっさりで、胃にもたれず、量も私にはジャスト。

家の近くにあればな〜。

食後はヌハの森の近所にあるマッコリ食パンが人気のパン屋토리(トリ)で、翌日の食パン(マッコリ食パンは売り切れで、クランベリー食パン)を買ってから帰宅。

ここの食パンは今回で3回目だけど、ふわっふわ、あっさりでやっぱり美味しい〜。

さて、来週の日曜日はどこに行こうかな?

[PR]
by 2010neko | 2018-01-16 18:23 | 外食 | Comments(0)
このところ、私がほぼ日曜日ごとにソウルまでお寺料理を習いに行っているが、Q2も一緒なので、Q2自身も楽しめることを探してみた。

すると、冬休みの学習体験ということでやっている3回完結の「쉬운 옛날 역사(優しい昔の歴史)」という小1〜小3対象の学習会があったので、申し込んだ。

一回につき、日本円で約2500円と高めだけど、テーマに合った博物館に行って、わかりやすい本をもらい、専任の先生が一緒に回って教えてくれる。←韓国の歴史については私が教えられないので助かる

歴史に興味を示していたQ2に聞いてみると、行きたい!と即答したのと、同級生や歳の近いお兄ちゃん達とグループになって一緒に行動するのはいいな〜と思った。

何より、この学習会の2時間半は、私が一人になれる!←決めてはここ?(笑)

というわけで、日曜日の午前は私の用事、午後はQ2の用事をすることになった。

そして、用事以外の2人の共通の楽しみは、美味しいお店を探すこと。

↓先々週の日曜日にランチで行った교토마블・이촌점(京都マーブル・二村店)
b0194098_08041703.jpg
ディニッシュ食パンの専門店で、京都のグランドマーブルで修行をした韓国人が開いたパン屋らしい。

日本と違うのは、この各種ディニッシュ食パンにフィラデルフィアのクリームチーズを塗って食べるのが、このお店の特徴で、店頭にフィラデルフィアのクリームチーズが一緒に売っている。

私達は3色(ノーマル・いちご・抹茶味)という1斤のディニッシュ食パンといちご味のクリームチーズ&コーヒーを注文。

注文システムがわからなかったのと、値段をよく見ず注文したので、会計でびっくり。(汗)

ディニッシュ食パン1斤(ハーフとして売られている)が日本円で約820円!←フィラデルフィアは約550円とマートに売っているような価格

Q2と4枚切りを1枚ずつ食べ、後はお持ち帰り。

味はクリームチーズを塗るせいか、バターの風味が弱く感じたし、64層になっているというパン生地のサクフワ感もいまいち感じられなかった。←私が軽くお寺料理を食べた後というのと、値段のことがあったからかな〜?

とにかく、(神戸の)トミーズのあん食より高い食パンは、私の中ではアウト!(笑)


食後は、この日の博物館である국립중앙박물관(国立中央博物館)へ。

↓国立中央博物館にて
b0194098_08041975.jpg
今回は三国時代(高句麗、百済、新羅)について学んだ。

Q2は終わってからも、自分が書き取れなかった部分を書きたいからと、また博物館を回り、私にも得意気に説明してくれた。

「あ〜、楽しかった!早く(1週間後の学習会に)行きたいわ!」といっていたので、かなり楽しかったんだと思う。

良かった、良かった。


そして、夕食。

明洞にある日本のお好み焼き屋「鶴橋風月」に行くつもりだったのに、直前になってQ2が粉ものは食べたくない気分ということで、急遽、韓国人がやっている日本の定食屋돈돈정・명동점(トントン亭・明洞店)へ。

↓Q2の唐揚げ定食と私のメンチカツ定食
b0194098_08042129.jpg
唐揚げはまずくはないけど、大雑把な味で、メンチカツに至っては安い冷凍食品みたいで、お肉というより練り物を食べている感じだった。

700円くらいだったら、まあ納得しようと思うけど、どちらも1100円くらいだったので、残念感が...。

今回の2軒はリピなし。

美味しいお店探しは楽しいけど、二人分を私の生活費から出すのは、本当に痛い。

普段の家ご飯を節約しなければ...。

[PR]
by 2010neko | 2018-01-16 08:00 | 外食 | Comments(0)
昨日は韓国人友達とランチ。

最近、できたベトナム料理店「Emoi」へ。

韓国人はサルグッス(日本でいうフォー)が好きな人が多く、ベトナム料理店が結構ある。

ここの売りはブンチャーというベトナムのつけ麺。

茹でた米粉の細い麺と生野菜(ここはミントが入っていた)、豚焼肉・揚げ春巻き・焼きつくねをヌックマムベースの甘酸っぱいたれにつけて食べる。

私も初めて食べたが、すごく美味しかった。

フォーはあっても、ブンチャーがおいてあるお店は、(うちの近所では)なかったので、これがきっかけで、このお店は人気店に...。

↓牛肉のサルグッス(フォー)とブンチャー
b0194098_08020223.jpg

パクチーは言うと小皿に入れて出してくれる。

サルグッスも他のお店より美味しかった。

サルグッスが10000ウォン(約1000円)、ブンチャーが12000ウォン(約1200円)。

韓国のベトナム料理は高くて、近所で食べるフォーは9000ウォンが相場。

日本の友達と本場の料理を食べに、ベトナムか台湾旅行に行きた〜い。
[PR]
by 2010neko | 2017-12-15 07:38 | 外食 | Comments(0)

黒豚、食べたい!

Q2が数日前、学校から帰って来るなり、「흑돼지 먹고 싶어~!(黒豚食べた〜い!)」といった。

聞くと、クラスの友達と話していて、話題で、黒豚がすごく美味しい!と聞いたらしい。

それで、自分も食べたくなった様子。(笑)

黒豚は一般のマートには売っておらず、黒豚といえば済州島の黒豚が有名。

なので、昨日の夜、近所で済州島の黒豚を扱う豚焼肉店を探し、食べに行って来た。

↓「석기시대(石器時代)」というお店の黒豚のオギョプサル(5枚肉)、普通の豚のハンジョンサル(背首肉)、モクサル(首肉)のセットを注文
b0194098_21233754.jpg

済州島の焼酎といえば、할라산(漢拏山)!

写真は漢拏山オリジナルという種類でアルコール度数は21度。

ジンロのような甘みはほとんどないが、私は好き!←新婚旅行で飲んだ懐かしいお酒

黒豚をすごく期待していたQ2だったが、食べたら普通だったらしく、「これなら普通のでいいわ。」と...。

私もそう思った。(笑)

でも、このお店が他店とちょっと違っていて面白かった。

まず、葉野菜とスンドゥブチゲ(おぼろ豆腐チゲ)が出てくる。←普通はテンジャンチゲ(味噌チゲ)

このスンドゥブチゲがシンプルで辛さが際立つ味で美味しく、脂っこい焼肉にピッタリだった。

そして、付き出しのおかずは全く出てこず、代わりに斜めになった石板(大量の脂が下に落ちるように)に大根や白菜のキムチ、白ネギと豆もやしの和え物、コーンチーズ、海老、ベーコン、エリンギ、玉ねぎが乗り、お肉と一緒に焼いて食べるスタイル。←店員さんが全部焼いて切ってくれる

お肉は焼いたら、ミョルチエッ(イワシで造った魚醤)ソースをつけて食べる。

〆はポックンパッ(焼き飯)。

焼き方等が気に入ったので、リピしてもいいかな?と最初は思っていたけど、(黒)豚肉にかすかな獣臭(私が豚肉の臭いに超敏感)がしたので、リピはなし。←口コミにはみんな美味しいと書いていたので、この日の豚肉だけ、そうだったのかも...

オギョプサル(5枚肉)は、いくら焼いて脂を落とすとはいえ、もう私には脂っこすぎて無理。

今日もお昼過ぎまで消化ができなかった。(汗)

まあ、Q2が食べてみたいと思った黒豚を食べて、実際の味がわかったので、良かった、良かった。
[PR]
by 2010neko | 2017-11-26 19:54 | 外食 | Comments(0)

スンデグッ&嫁の苦労

金曜日、同じアパートの(Q2と同じクラスの)オンマに誘われ、バスで30分くらいのアウトレットへ行ってきた。

行ったことのない辺鄙な場所だったが、Q2の運動靴などがかなり安くて気に入った。←暇なので、今からまた家族で出かける予定

アウトレット後、私達がよく行くマートに寄るついでに昼食。

この日は人気のお店のスンデグッ。

スンデは豚の腸に、タンミョン(韓国春雨)や野菜、豚の血を入れて蒸した韓国版ソーセージみたいなもので、見た目はかなりグロいけど、私もたまに食べたくなる食べ物。←韓国に来た当初は食べられなかった

そのスンデと内臓を煮込んだ白濁したスープがスンデグッ(スンデスープ)で、さらにグロさがバージョンアップ?(笑)

スープはほどんど味がしないので、自分でテーブルに用意されているセウジョッ(網エビの塩辛)か岩塩、タテギ(唐辛子ペースト)で味付けする。

また、臭いは若干するので(このお店はほとんどしない)、好みでエゴマの粉や白ネギを追加して自分好みのスープにして食べる。

↓スンデグッ
b0194098_12413466.jpg
スンデグッ自体は2年ぶりくらいだった。

美味しかったので、スープまで完食。


食後、二人でマートに寄り、買い物をしているとDオンマに、同居しているお姑さんから電話があった。

アルタリを10束買って来なさい!とのこと。

アルタリは小ぶりの大根だけど、1束が10個以上あり、かなり重い。

それを、友達とでかけた嫁に買ってこいなんて、どういうこと?!

本当に韓国の婆さんは信じられない。

お姑さんは、タクシーで帰ってくればいいというが、乗る前後に何十キロ(最低でも24キロ)もの荷物を手で持たなければいけないことがわからないのか?

Dオンマは、これ以上、姑のお使いが増えると嫌!という理由で、韓国オンマには珍しく運転免許を生涯取るまい!と決めているらしい。

結局、アルタリは4束ずつでセールになっていたので、Dオンマがお姑さんに電話をすると、なんと12束になってしまった。

私も少し手伝ったけど(アルタリ以外のいろんな食品)、大袋2つに分けた、めちゃめちゃ重たいアルタリをDオンマは両手に一袋ずつ下げて帰った。←私がしたら確実にヘルニアが再発するはず

Dオンマは、昔、運動選手だったので力持ちらしいが、普通のオンマなら片手ずつで持てる重さではない。

帰り道、Dオンマは「これからはマートに行くといわないようにしないといけない」といっていた。

荷物を抱えるDオンマの健気な後姿を見ながら、お姑さんの顔が思い浮かび(会ったことがある)、本気で殴ってやりたくなった。
[PR]
by 2010neko | 2017-10-15 13:00 | 外食 | Comments(0)
今日は韓国人友達とランチを食べに行って来た。

先週末の散歩中に、お客さんが並んでいて、とっても気になっていたお店へ。

イイダコの辛い炒め物が名物の「신복관(シンボッカン)」というチェーン店。←見たことがなかったので、調べるまでチェーン店とは知らなかった

特製ソースと油を使って味付けしたイイダコを、700度1分で炒めるらしく、火の味(日本では炭火の味というのかな)がして、イイダコの食感も絶妙とのこと。

人工調味料も使っていないらしい。

今日はお店で一番人気の우쭈(ウッチュ)セットを注文。

セットの名前は、ウーサムギョプサル(牛の三枚肉)とチュクミ(イイダコ)の頭文字を合成した名前で、これらの材料をハーフ&ハーフで炒めた料理がメインのセット。

セットにすると、辛さを癒やすモッサバル(どんぐり寒天と野菜の冷たいスープ)と野菜サラダがついてくる。
↓これがウッチュセット
b0194098_15135166.jpg
これをエゴマの葉や甘酢大根に乗せ、その上に晒しネギや豆もやしのナムルを乗せ、包んで食べる。

確かにこのお店のヤンニョム(合わせ調味料)がいい感じで、火の味もしっかりしていて美味しかった。

さらに、イイダコとお肉を一緒に食べるので脂が加わわり、イイダコ単品で食べるより味がグレードアップ!

ムッサバルもサラダも美味しかったので、ここはリピ決定〜。

最後は〆のポックンパッ(焼き飯)にチーズをプラスすると、そのチーズを店員さんが目の前でバーナーを使って焼いてくれる。

セットは一人前13000ウォン(1300円)、チーズは別料金で3000ウォン(300円)追加。

ちなみに写真は2人前。

セットでこの料金はお得感あり。

次回は夕方に来て、焼酎のあてに食べたいな。

お勧めのお店!
[PR]
by 2010neko | 2017-09-14 15:30 | 外食 | Comments(0)
今日はお昼から家族3人でケーキを食べに行く&散歩をしに、車で7〜8分のところにある大きな公園に行った。

でも、お天気は曇りな上、やはりどこかで火事?と思うくらいグレーに霞んだ空だった


まずは、再オープンした「タルティーナ」というタルトとマカロンとチョコレートがメインのお店へ。←日本の製菓学校を卒業したパティシエのお店だったが、今度はフランスに留学されていたようで、その間、閉店していた

↓タルティーナにて
b0194098_17055531.png
私はレモンタルト、Q2はタングン(人参)ケーキを選んだ。

レモンタルトは酸っぱすぎず私の好みの味。

2つとも美味しかったけど、正直、人参ケーキは私が神戸で習ったものの方が断然美味しいと思った。

かなり久しぶりにこの周囲を歩いたら、入ってみたくなるような新しいお店が何軒かあったので、また近いうちに訪れたいと思う。


食べた後、公園に行ったら一部大きな工事をしていて、埃と音で散歩という雰囲気にもならず。←空が空だし、全てがグレーに見える

仕方がなく、遊具がある別の場所で30分くらいQ2を遊ばせて、すぐに公園を退散。

春でもないのに、この空気の汚さ、どうにかならないかな〜。
[PR]
by 2010neko | 2017-09-10 16:54 | 外食 | Comments(0)

パスタ、パスタ

最近、パスタが無性に食べたくなる。

で、3日間連続で食べてみた。

↓家族で新規のイタリアンのお店で、カルボナーラ他
b0194098_12351892.jpg
美味しかったけど、生クリームがヘビーすぎて、ナンピョンにかなり食べてもらった。

↓製パン教室の友達と駅近くのステーキ&パスタのお店で、私は上海パスタという海鮮トマトパスタ
b0194098_12393918.jpg
海鮮が結構豪華なのに、ソースが韓国的に辛い感じで(アラビアータ風でもない)、トマト味が負け、いまいちだった。

何が上海なのか?

ちなみに友達のパスタはサムギョプサル入りで、これまたトマトソースなのに激辛。←辛い味しかしない(笑)

メニューに辛さを表す唐辛子のマークがあったが、多分、友達のはシェフが間違えて、一番辛いのを作ったのだろうという結論に至った。

結局、友達はジュースをがぶ飲みしながら、辛うじて麺だけを食べた。


↓Oさんちに遊びに行き、ランチで作ってくれたたらこスパ他
b0194098_12452292.jpg
これがめちゃめちゃ美味しくて、おかわりしたくなるくらいだった。

昆布茶が隠し味な様子。

韓国で10000ウォン(約1000円)以上出して食べるパスタより、家で作るパスタの方が断然美味しい。

なら、外で食べなければいいのに、ついついこのことを忘れて食べてしまう。(笑)

明日はペペロンチーノでも作ろうかな。

それはさておき、昨日、マートでセール処分になっていたクスクスを発見。

珍しくて買ってみた。

今までクスクスは粟や稗のような単体の?雑穀だと思っていた。

しかし、クスクスが小麦の加工品で世界最小のパスタだということを初めて知り、へぇ〜〜っと、かなり驚いた。

まだ、料理していないけど、美味しく食べられるかな?
[PR]
by 2010neko | 2017-08-26 12:25 | 外食