日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:家ご飯( 174 )

今日、節分だということをすっかり忘れていて、気付いたのは午後2時。

お昼にパンを焼いていたけど、それで気力を使い果たし、もう節分行事はいいか...と諦めることにした。

でも、夕方になり、せめて恵方巻きとして、サラダ巻きでも作ろうと思い直した。

玉子焼き、カニカマ、きゅうり、ツナマヨ、レタスのサラダ巻きに決めたのに、作り始めたらツナ缶がなかった。

結局、気力も材料も中途半端で、しゅぼいサラダ巻きの完成。

他は鮭缶のトングランテン(鮭・豆腐・野菜のチヂミみたいなもの)、ソコギクッ(牛肉と大根のスープ)、キムチというまとまりのない日韓メニューだった。

↓しゅぼい恵方巻き(サラダ巻き)
b0194098_01233327.jpg

Q2には切らずに丸ままを渡し、今年の方角の南南東を向かせて、願い事をするように説明して食べさせた。←ドラえもんで見た!と喜んでいた

途中、Q2が大小のぬいぐるみを10個くらいずらりと並べたかと思うと、各ぬいぐるみごとに恵方巻きを食べさせる真似をしていた。←ご飯中に行儀が悪いが、イベント等で、Q2がぬいぐるみにご飯を食べさせている時だけは怒らないようにしている

たまにこうやってご飯の時に、ぬいぐるみにご飯を食べさせたり、プラスチック製の小さな戦隊キャラクター人形をお風呂に入れたりしている(人形は洗面台が湯船代わりらしい)Q2。

もうすぐ2年生なのに、何か変な奴やな〜と思いつつ、真剣な様子を見ていると、可愛くて笑けてくる。

いつまで見れるかな。
[PR]
by 2010neko | 2018-02-03 23:50 | 家ご飯 | Comments(0)
先月から大型マートで売り出され、気になっていた、ピンクの袋が可愛い까르보 불닭볶음면(カルボ プルダッポックンミョン)。←正式な発売日は去年の12月18日

私が韓国で一番辛いと思っている三養(サミャン)という会社のプルダッポックンミョン(直訳では火鶏炒め麺)が、10億食を突破した記念に期間限定で販売したのが、このカルボ プルダッポックンミョン。

元になるプルダッポックンミョンの過去の記事はこちら

これは、そのカルボナーラ味で、激辛の液体ソースを入れるところまでは、普通バージョンと同じ。

最後にカルボナーラ味の粉末を入れて、かき混ぜたら完成。

↓これがカルボ プルダッポックンミョン(うちの近くのマートでは4個1袋3980ウォン:約400円)
b0194098_21392871.jpg
味はカルボナーラ味というより、普通バージョンにスライスチーズを入れた時の味に近いと思う。←プルダッポックンミョンが熱々の時点でスライスチーズを入れ、溶けたら全体に混ぜる(辛さを和らげるため韓国人もよくやる食べ方)

ちなみに、チーズ プルダッポックンミョンというチーズ味もあるが、これは食べたことがないので、カルボナーラ味との違いはわからない。

辛いのは辛いけど、カルボナーラ味の粉末で、かなり辛さが軽減。

私には、カルボナーラ味はちょっと物足りない。

韓国人ブログでも、私と同じように普通バージョンの方が好みという人が多かった。←プルダッポックンミョンは、激辛を求めて食べている人がほとんどなので、当たり前か...。

今回のカルボ プルダッポックンミョンは3月まで発売予定らしいので、食べてみたい人はそれまでに〜。

ちなみに、去年発売の5万個限定販売の핵 불닭볶음면(ヘッ プルダッポックンミョン)は、普通バージョンの2倍の辛さ。←핵とは核(爆弾級)という意味で、それくらい辛いということ

普通バージョンでも、私は唇が腫れたり、耳の中まで痛くなるので(体調が良くない時に食べると、真剣に倒れそうになる・笑)、核バージョンは試したいとも思わない。

でも、悶絶したい人は是非!

核バージョンを食べた韓国人ブログを見てみると、辛くないという人もたまにいるけど、大勢の人が辛すぎて、じっとしていられないとか、汗や涙がダラダラ出てくるとか...。(笑)←牛乳片手に胃粘膜保護らしいです
[PR]
by 2010neko | 2018-02-02 21:27 | 家ご飯 | Comments(0)
去年末から韓国のお寺料理と共に興味を持ち始めた北朝鮮料理。

北朝鮮料理は、全体的に刺激的でなく、薄味で日本人の口に合うらしい。

(発刊されている数少ない)本や、ネットをよく見ているが、実際にはまだ2品しか作れていない。

ナンピョンがいないので、韓国料理自体をあまり作っていないこともあるし、ちょっと手に入りにくい食材や、私が苦手かもしれない食材がよく出てくる。

例えば、うさぎの肉やキジ肉など。


ナンピョンの実家では、ナンピョンのお兄さんが直接捕まえて、食べているみたいだけど、私はどうも食思が動かない。

ということで、去年、初めて作った北朝鮮料理は伝統的なものではなく、比較的新しく、北朝鮮の人なら誰もが知っている 두부 밥(豆腐ご飯)を作ってみた。

↓これが作った두부 밥(豆腐ご飯)
b0194098_20385516.jpg

10個くらいのレシピを見て、一番良さげなもので、作ってみた。

これが、めちゃくちゃ美味しかった!

イメージとしては、芳ばしく焼いた厚揚げにご飯を詰めて、醤油味ベースのタレをかけて食べた感じ。

作り方。

まず、(木綿)豆腐を三角の厚揚げ型に切り、前日からしっかり水切りをする。

そして、豆腐の両面をしっかりと焼く。←揚げ焼きみたいな感じ

それに切れ目を入れ、ご飯を入れる。←ご飯に塩やごま油で味付けしたり、お肉を入れるレシピもあるが、食糧難の人達が食べていることを考え、出来るだけシンプルなレシピで作った

そして、最後にご飯の上に、ヤンニョム(合わせ調味料)をかけて完成。

ヤンニョムは、醤油・ニンニクみじん切り・青ネギみじん切り(韓国では白ネギをよく使うが、北は青ネギらしい)、ゴマ油、唐辛子粉(先述のゴマ油と一緒に炒めて、唐辛子油にするとさらに芳ばしい)、ゴマ。

他のレシピによれば、ヤンニョムに砂糖を入れたり、酢を入れたりするレシピがあるが、このヤンニョムが一般的か...。←タテギの味

この두부 밥(豆腐ご飯)は1990年代半ば〜後半にかけて北朝鮮の장마당(市場)で売られ始め、庶民が大好きな料理らしく、家庭でも作っていた様子。←どちらが先かはわからない

実際に市場や道端で売られていたものは、計数をあげるために、豆腐を薄くし、唐辛子なども高いので、水でふやかせて色出しして、他の草みたいなもの?を入れ、量を増やしていたらしい。

約20年前に売り出された頃は、北朝鮮のお金で1つ5ウォンだったらしいが、北朝鮮のお金の価値についてはよくわからないので、一体いくらだったのか?

知っている人がいれば、教えて下さい。

この두부 밥(豆腐ご飯)が登場した背景には日本も関係が...。

昔、北朝鮮にいた在日同胞が、故郷の味を忘れられず、いなり寿司を作っていた。←この説明からすると、具体的には、昔、(在日)夫に伴って、北に渡った日本人妻達のことか?拉致された人達か?

それを見た北朝鮮住民が真似して作ったのが、두부 밥(豆腐ご飯)の様子。←上記の説明も含め、文献からではなく、ユーチューブで見た脱北女性の話より

在日同胞が、日本の料理を懐かしみ、食糧難の中、いなり寿司を作っていたと思うと胸が痛む。

それと、この 두부 밥(豆腐ご飯)1個を食べるだけで栄養補給になったし、2〜3日はお腹がしっかり満たされるというのを聞いて(話の誇張かもしれないけど)、食べるものがない中にあっては、これはご馳走なんだと思った。

あるテレビ番組で、脱北した北朝鮮人の兄弟(母親は脱北できず、父親は脱北数年後に病死)が、厳しい韓国生活の中、(母親の)思い出の料理として作っていたのも、この두부 밥(豆腐ご飯)だった。

そんなこんなで作った두부 밥(豆腐ご飯)は、私の中でもインパクト大な料理だった。

[PR]
by 2010neko | 2018-01-17 19:12 | 家ご飯 | Comments(0)
あけまして おめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。


年末のカウントダウンは、Q2が寝てしまったので、とりあえず仕事中のナンピョンに電話をして済ませた。(笑)

昨日は元日なのに、ナンピョンもいないし、起きたのは朝11時。←Q2に起こされるが二度寝(笑)

で、Q2だけお腹が空いていたので、とりあえずミルクブレッド&ヌテラの遅い朝食。

その後、昼食として炒飯を作って食べた。

全く持ってお正月の雰囲気はなし。

午後からはQ2と近くのキッズカフェに行き、Q2を遊ばせている間、私はいつものスマホいじりは辞めて、久しぶりに読書をすることにした。

今年の初読書は日野原重明先生の「生き方上手」。

私にぴったりな50代からの生き方について書かれている本で、とっても読みやすかった。

ただ、爽やかすぎるせいか、のめり込めず、途中まで読んで、今日からは私の好きな湊かなえさんの「白雪姫殺人事件」に切り替えた。←安定のある面白さ

日野原先生の本はまた気分が落ち込んでいる時にでも読もうと思う。

夕方になって、やっとお正月を意識し(韓国は普通の日曜日の雰囲気)、お節を作って食べた。

今年は、新しいお節メニューを取り入れてみたけど、全体の色合いが地味というか、全く可愛くなかった。

でも、味は例年より美味しかった。

↓2018年お節料理(洗い物が面倒なので大皿で)
b0194098_00000310.jpg

焼きなます、黒豆、和風ミートローフ、イカの松笠焼き、たたきごぼう。

これにいつもの鶏肉・大根・人参・三つ葉が入った醤油味(ゆでたお餅)のお雑煮。

一応、お節を作ったので、(日本の)お正月は迎えたということで...。

今年は敢えて、新年の目標とかは立てず、健康に過ごせたら、それでいいな〜と思う。
[PR]
by 2010neko | 2018-01-02 18:25 | 家ご飯 | Comments(0)

2017 大晦日

大晦日もナンペョンはおらず。

今日はお昼ご飯に、年越しそばではなく、年越しうどん。←私がそばよりうどんが好きなため

手打ちうどん作りは、Q2がほとんどやってくれた。

↓年越しうどん(Q2が冷やしうどんを希望)
b0194098_22095409.jpg

Q2は自分で作って、「美味しい〜」を連発。


夜はQ2と日本の居酒屋にいる気分で乾杯〜。

↓居酒屋メニュー
b0194098_22095684.jpg

枝豆、オニオントマトスライス、おくらのおかか和え、手羽塩(焼きすぎ?)、ポテトサラダ、Q2が大好きな爆弾おにぎり(おかか、梅、塩昆布)。

簡単メニューだけど、大満足だったので、またナンピョンがいる時にでもやりたいと思う。

今からSBSとKBSの演技大賞を行ったり来たりしながら、Q2とカウントダウンの予定。


皆様、今年一年、どうもありがとうございました。

よいお年をお迎え下さい。


[PR]
by 2010neko | 2017-12-31 21:00 | 家ご飯 | Comments(0)
今日からQ2は約1ヶ月の冬休み。

夏休みはダラダラ過ごしてしまったので、今回の冬休みは計画的に過ごそうと、Q2とも話しをした。

まず1つ目は、日本語学習に力を入れること、2つ目は、生活力をつけること。

生活力といったら、漠然としているけど、私が思っているのは、家事全般が一人でできること。

一気にするのは無理だと思うので、まずは食事作りから...。

今までも、断片的にやれそうなところだけ、お母さんのお手伝いという感じでやらせていたが(本人がやりたいというので)、今回は基礎からみっちり叩き込むつもりでいる。


その前に、冬休み初日ということで、雰囲気を変えて、マクドナルドで朝食。

↓2人で朝マック
b0194098_01525167.jpg


朝食後、図書館に行き、それぞれ別行動(Q2は1階の子供図書館、私は2階の大人の図書館)。

Q2はすぐに飽きると思っていたけど、私が行くと一人で絵本に熱中していた。

少し前まで、図書館に誘っても行きたくないといっていたのに、本の面白さがわかってきたのか?あるいは、気まぐれか...。

家で昼食を食べてから、Q2を午後2時からのテコンドーに送ろうと思っていたのに、時間がなくなり、結局、テコンドー教室近くの粉食店でさっと済ませて送った。

↓チャジャンヌードルトッポッキ&おでん
b0194098_01525239.jpg

チャジャンヌードルトッポッキがなかなか美味しかったけど、かなり味が濃かった。

たまに食べるのはいいけど、これを学校帰りに...となると、食べさせるのを躊躇する。


夕方、学習誌の先生の授業(週1で家に来て45分くらい勉強)が終わった後、Q2に夕食作りを任せた。

私は台所の椅子に座り、すべてQ2に口頭指示。

炊飯器の操作から始まり、お米と水の計量・とぎ方・蒸らし方等、簡単なことなのに、口で説明すると、かなり面倒だった。

次はワカメと玉ねぎのお味噌汁→卵焼き→胡瓜とミニトマトのサラダを作らせた。

今回から私の使っているフルーツナイフを使わせてみたが、切り方がぎこちなくて、ひやひやした。

卵焼きを焼く時も、Q2は火傷をするやろうな〜と思っていたら、やはり、手の平の端をちょっと火傷した。

すぐに流水で冷やしていたし、熱い思いをしたから、次からは火傷に気をつけるだろうと思う。←火傷ばかりする私がいっても説得力がないけど...(笑)

4品も疲れるだろうと思って、途中で2品だけにするか聞いたが、本人は面白いようで最後までやるというので、やらせた。

↓完成したQ2が初めて自分で作った夕食
b0194098_01525332.jpg

これ以外に、私がおかずを2品作った。

自分で作ったご飯は最高だったようで、食べながら「ほんま、美味しいな〜。」とモリモリご飯を食べていた。

そして、食後のデザートを作らないといけない!と、クマ型グミに練乳と水をかけて、気持ち悪いデザートを作って食べていた。←私も勧められたけど拒否(笑)

明日はカレーライスを作らせる予定。

レパートリーを増やしていきながら、冬の間に洗濯と掃除も教えて、ナンピョンより使える男にしようと思う。




[PR]
by 2010neko | 2017-12-29 23:40 | 家ご飯 | Comments(0)

2017 クリスマス

今年のクリスマスこそは計画的に...と思っていたが、24日は私がソウルの料理教室に行ったので、ナンピョンとQ2は山登り。

↓父子のクリスマスイブ
b0194098_09155552.jpg

この日は、疲れて夕食を作る気にならず(帰りの地下鉄を乗り間違えてソウル→仁川まで行ってしまい、倍以上の時間がかかった)、結局、ナンピョンに刺し身を買って来てもらった。

ツリーも出していなかったが、Q2が25日にサンタハラボジ(韓国ではサンタのおじいさんという)が来るから、どうしても出さないといけないというので、24日の夜にようやく飾り付け。

Q2はもうナンピョンがサンタハラボジだとわかっているだろうと思っていたのに、やはりサンタの存在を信じている様子。

ナンピョンがサンタハラボジと知り合いで、電話で(フィンランドまで)連絡する仲だと説明をしたことを信じていて、私に「サンタハラボジ(サンタのおじいさん)と知り合いのアッパと結婚してくれて、ありがとう」と...。(笑)

(翌日)プレゼントをもらえると思って、ずっと興奮していた。

寝る前には、サンタハラボジに手紙を書き、ビールとグミを添えて、ツリーの下に準備して寝ていた。

↓今年のサンタさんからのプレゼントはベイブレード バスターのB62 DXセット
b0194098_09154537.jpg

Q2が欲しがっているDXセットとは、違っていたらしいが(私の勘違い)、それでも喜んでいた

私からはダイソーの3D恐竜パズル4種類&化石発掘セット、ナンピョンはプレゼントの代わりにクリスマス当日、Q2とピカチュウの映画を一緒に観に行った。

↓映画館にて
b0194098_09154646.jpg


↓2017 クリスマスパーティーご飯
b0194098_09154947.jpg

b0194098_09155336.jpg

マッシュルームのスープ、焼きビーツ・リンゴ・モッツァレラチーズのサラダ、イカのマリネ、ミートローフ、Q2と一緒に作ったトナカイのカップケーキ、青い鳥のシュトーレン

次はお正月だ〜。
[PR]
by 2010neko | 2017-12-28 08:15 | 家ご飯 | Comments(0)
ナンピョンの出張の頻度が落ち着き、家に帰って来る日が増えた(といっても夜中に帰って来る)。

それに伴い、ナンピョン用の朝食が必要なので、ミッパンチャン(韓国の常備菜)を準備している。

でも、いつも同じようなものになるので、最近はいろいろ調べて、ちょっと新しいメニューやしばらく作っていなかったメニューを作ってみた。

↓いつもと違うミッパンチャン
b0194098_19521770.jpg

右上から時計回りに、말린 문어 꽈리고추 볶음(干しダコとしし唐の炒め物) 、건새우 알감자 조림(干し海老と小さいじゃがいもの煮物)、 브로콜리 마늘 볶음(ブロッコリーとニンニクの炒め物) 、 오징어 부추전(イカとニラのチヂミ) 、잔멸치 우엉 고추장 볶음 (ゴボウ入りちりめんじゃこのコチュジャン炒め)、애호박 들깨볶음(エホバッのエゴマ粉炒め)

どれも美味しかったけど、一押しは、最近かなり安い(1本100円以内)エホバッ(ズッキーニみたいな野菜)でできるエゴマ粉炒め。

エホバッを出汁でさっと炒め煮にし、自家製マッカンジャン(味醤油:万能醤油)とエゴマ粉&エゴマ油を入れるだけ。

久しぶりに作ったら、すごく美味しかった。


ゴボウ入りちりめんじゃこのコチュジャン炒めは、昔、料理教室で習った。

本来はゴボウに米粉をつけて揚げてから、ちりめんじゃこと炒めるけど、面倒なので、ゴボウはそのまま揚げ焼きで...。

それでも、ゴボウとちりめんじゃこの合わさった食感がいいので、ちりめんじゃこだけより私は好きかも...。

イカとニラのチヂミは、お弁当にも最適だという韓国オンマのブログを見て作った。←中華の練習後にイカとニラが残っていたので

このチヂミは大きく焼くと、何故かお酒のあてみたいになってしまうけど、人参も入れて(全部みじん切り)小さく焼けば、普通のおかずに早変わり。

本当にお弁当のおかずにもいいと思う(私は卵多めで作る)。

でも、やっぱり焼きたてが一番美味しくて、一人で焼きながら、バクバク食べてしまった。

干しダコとしし唐の炒め物はなかなか豪華な一品で美味しいものの、ナンピョンの歯が悪いのと(笑)、たくさん食べらるものではないので、なかなか減らず。

2日以上、同じおかずを食べるのは苦手〜。

しばらく、新しいミッパンチャン作りに励もうと思う。
[PR]
by 2010neko | 2017-12-07 18:47 | 家ご飯 | Comments(0)
先週、姑が4泊5日滞在していた。

ナンピョンはほとんどいなかったので、すべて私任せ。←今回は会社で徹夜しているナンピョンから電話で「オモニの話しをずっと聞いてくれて、ご苦労様!」と慰労の言葉があった

本当に姑をしばきたくなるくらい(汗)、むかつくことが何度かあった。

穏やかに過ごそうとしている私に、何で姑が嫌なことをいうのか理解できない。

本人は至って、自分はいい人だと思っているので、人を傷つけている感覚は全くなく、余計にたちが悪い。

今、姑はナンピョン弟宅に滞在しているが、弟宅の居心地が悪くて、半日でナンピョンに電話してきた様子。←本当は今週木曜日に帰る予定になっていたのに、聞くところによると、1泊だけして帰ったらしい

私のありがたみがわかるでしょ?!

それはさておき、姑がいたので、久々にミッパンチャン(韓国の常備菜)を準備。

↓ミッパンチャン
b0194098_10085727.jpg

시금치김무침(ほうれん草と海苔の和え物)、 어묵마늘종볶음(ちくわとニンニクの芽の炒め物) 、육전(ひき肉のチヂミ)、 감자멸치볶음(じゃがいもとちりめんじゃこの炒め物) 、꽈리고추찜 (しし唐の蒸し物)、마늘종건새우볶음(ニンニクの芽と干し海老の炒め物)

これに料理教室で買ってきたミッパンチャンが3品の計9品を準備。一日2品ずつ新しい物を追加する感じ

基本、姑はキムチがおかずなので、作ってもほとんど食べない。←なので、ミッパンチャン作りは、やってます!パフォーマンスのようなもの(笑)

主菜もいらないけど、Q2がいるので、カルビチムやマンドゥなどを作った。

ただ、汁物は必須。

↓汁物
b0194098_10163559.jpg

차돌박이된장찌개(牛ともバラ肉入りテンジャンチゲ) 、바지락콩나물국(アサリと豆もやしのスープ) 、김치청국장(キムチ入り韓国納豆汁)、황태콩나물국(干しスケソウダラと豆もやしのスープ)、오징어고추장
찌개(イカのコチュジャンチゲ) 、
우럭미역국(黒ソイ入りワカメスープ)

日中は姑といる時間を減らすため、姑のお昼ご飯の準備だけして、私は映画に行ったり、カフェや本屋に行って、毎日時間を潰した。

今週は心穏やかに過ごせると思う。

[PR]
by 2010neko | 2017-11-21 20:44 | 家ご飯 | Comments(0)
今日はもう本当に中華(料理)を見たくない!食べたくない!のMAX状態で、練習はパス。

そして、食べたいものを食べることにした。

朝食はホットケーキ(ご飯を炊く時間がなかったので)、昼食はよく行く食堂でキムチチゲ、夕食は昨日から無性に食べたかったビビンパッ。

家で食べるビビンパッは自分で作るヤッコチュジャン(肉味噌のコチュジャンバージョン)とトゥルキルム(えごま油)を混ぜて食べるので、お店より美味しい(と思う・笑)。

今日の中身は、ほうれん草のナムル、人参のナムル、エホバッ(ズッキーニに似た野菜)のナムル、椎茸と平茸のナムル、常備菜で作った豆もやしと薩摩揚げの炒め物、あとは目玉焼き。

ナンピョンが出張から帰って来るので、ナンピョンが好きなメセンイクッ(海藻と牡蠣の汁物)も作った。

↓今日の夕食
b0194098_21152053.jpg
満足、満足。


昨夕、Q2のクラス代表のオンマからバンド(ラインのグループチャットみたいなもの)でオンマ達に、「2学期になってからクラスの子供達がざわついていて、ちょっとやり過ぎな出来事があったり、統制が効かない状態になっているようなので、担任と話し合った。」という報告。←そういうやり取りが特定のオンマ達の間で話題にのぼったのだと思う

担任の先生(年配の女性)は、2学期初日から体調不良により1ヶ月半休職していたので、本来、先月にあるはずだった保護者面談も中止になった。←今後も面談予定はないらしく、何か聞きたいことがある人だけ電話で聞いて下さいとのこと

担任の先生もいろんなアプローチで対応してみるということだったが、要は家庭でしっかり躾けよう!みたいな連絡だった。←私は「わかりました。よく話しておきます。」と返信した

一瞬、Q2のことかな?と心配になり、Q2に直接、バンドの内容も含めて訊いてみた。

すると、ある特定の男の子が授業中に歩いたり、女の子を叩いたりすると教えてくれた。

まあ、本人は普通に過ごしているらしいが、一応、授業中の態度や友達との付き合い方について、話をした。

そして、今日の夜、突然、あるオンマからバンドで謝罪の言葉が入ってきた。←Q2が話していた男の子のオンマ

「フルで働いているのを言い訳にクラスモイムにも参加せず、挨拶も遅れました。自分の子供が迷惑をかけているのを聞き、悲しいし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。」

これを見て、このオンマはどんなに辛いだろうと思い、悲しくなってきた。

たった10ヶ月だったけど、私も日本で働きながらQ2を育てたことがあるので、このオンマのしんどさや、子供への思いがひしひしと伝わってきた。

もちろん、授業を妨害するのはよくないし、叩かれた女の子はたまったものではないと思う。

でも、学校の先生からではなく、オンマ達からダイレクトに注意を受けたと思うと(クラス代表が伝えた様子)、ため息が出る。

このオンマ、仕事も辞めようか考えているみたいだけど、働く場所があるのは幸せなことだし、子供3人の養育費だけでも、それはそれは大変だと思うので、こういう理由で辞めて欲しくない。

でも、子供はやっぱりオンマが家にいるのがいいのかな〜?

私自身、愛情は時間だけではないと思っているけど...難しい。

とにかく、昨日・今日の一件で、クラスのオンマ達との付き合いが、今まで以上にややこしいな〜と思ったのと、やはり、(何か問題が起こった時のためにも)ある程度、仲良く付き合っていかないとな〜と改めて思った。

[PR]
by 2010neko | 2017-11-09 20:55 | 家ご飯 | Comments(2)