日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:資格関連( 11 )

Q2の漢字検定8級

先月、Q2が漢字検定8級を受けた。

幼稚園から申請書をもらってきたが、本人に意思を確認すると、試験を受けるというので申し込んだ。←幼稚園で漢字の授業があるし、家でも学習紙はやっている

ハングルや算数の勉強は大嫌いなQ2も漢字の勉強は大好きで、漢字ができる=日本人だと思っている。

まだ小さいのに試験?と迷ったけど、本人が好きなことで自信を得られるなら、受けてもいいかなと思い、申し込んだ。

ちなみに韓国の漢字は簡略化されていない旧字体なので、字により日本とは違うし、もちろん、読み方(音読み・訓読みはなく漢字1つにつき、1つの読み方しかない)も違う。

Q2はその辺の違いをあまりわかっていない。

でも、本人はやる気満々のため、そこはスルー。

漢字検定8級は一番初心者の級で50個の漢字を覚えればいいだけ。

しかも書きはなく、読んでハングル表記すればいい。

Q2人生初の試験当日、緊張したみたいだけど、終わってスッキリして帰ってきた。←出来栄えはわからないと...

そして今週、ネットで合格発表。

合格するだろうとわかっていたけど、100点だったし、やはり自分のことのように嬉しかった。

↓合格発表記念写真(笑)
b0194098_08255103.png

Q2は合格そのものより、ご褒美に(約束した)変身ミニカーを買ってもらえると喜んでいた。042.gif

そして、最近、家族3人だけの外食をしていなかったので、これまたQ2が一番好きな遊び場がある(豚)焼肉屋で慰労会。

↓Q2の慰労会ご飯(Q2もコーラで乾杯)
b0194098_08351553.jpg
お祝い会だけど、Q2はほとんど焼肉屋内の遊び場にいるので、ナンピョンとほぼ二人の食事。

あまり仲良くないので、ぎこちなさが否めず。(汗)

ナンピョンに早く出張に行って欲しい...。

[PR]
by 2010neko | 2017-02-10 07:49 | 資格関連 | Comments(0)

これが出る?ベーグル

明日の(製パン技能士)実技試験を前に今日は最後のパン焼き練習。

8月と9月にかけて、まだ出題されていない品目が3つあった。

それがベーグル、パンドーナツ、ディニッシュペストリー。

個人的にディニッシュペストリーは作ったことがない上に難しいので、これが出たら諦めることにした。

そして、私の中ではもうベーグルが出るに違いない!と確信し(笑)、今日はこれを作ることに...。

久しぶりに作ったベーグルは撃沈。

まず、今日はいつも以上に坐骨神経痛がひどくて、痛くてじっと立っていられず、成形にも集中できなかった。

半ば、早く終わらせようと取り組んだので、何のための練習だか...。←一応ちょっとだけ、この生地でパンドーナツ(韓国でよく売っているツイストタイプ)の成形も試した

↓出来上がったベーグル
b0194098_14311626.jpg
つなぎ目無茶苦茶、円形にもなっていない。

家で楽しく焼いている時よりひどい出来栄え。

試験では、18個(6個×3枚)提出しないといけない。

それとケトリングはお湯のみ(家ではハチミツを入れる)で行う。

今日はお湯のみでやってみたが、変な細かいシワが入ってしまうし(湯の温度・時間には気をつけたのに)、つるピカにはならなかった。

ベーグルや食パン類が出ても、無理かも...とちょっと弱気。

あと、予想ではツイスト、スウィートロール、モカパン、栗食パン等の菓子パンも出そうなので(いづれも作ったことがないパン)、今から動画で学習。


今日はナンピョンとQ2にお弁当を持たせて、昼から追い出した。

私の勉強に協力して!と半ば強制。

何だか悪い気もするけど、二人の時間を楽しんでね〜。

↓今日の地味弁
b0194098_14525169.jpg

[PR]
by 2010neko | 2016-09-24 14:12 | 資格関連 | Comments(0)
今日は午後からまた(牛乳)食パンを焼いた。

二次発酵を充分にさせ、巻きもソフトに...。

今日、思い知ったけど、今まで私が作っていたパンって、めちゃくちゃ二次発酵が短かったと自覚。

何で二次発酵後に食パン型から生地の頭が出ないのか不思議だったが(試験では頭が0.5〜1cm程度が見えるのがチェックポイント)、発酵温度を上げて時間を1時間にしたら、初めて頭が出たので感動した。←今までは、せっかちな性格なのでこれでもいいか〜と思って、そのまま焼いたり、型に対する粉の量が少ないのか?とか、イーストが古いのか?なんて考えていた(汗)

そして焼いたら、やはり昨日の食パンとは歴然の差だった。

昨日よりはるかに高さがあるし、バランスが取れていた。

それでも、巻き部分に窪み?があるし(巻き幅が均等でないからか?)、横の焼き色が薄いし、型からの取り出しにも失敗し一部損壊。←焼き色が薄いとか、型から剥がれない等、過発酵時にも見られる現象だけど、今回のはどうなんだろう?(二次発酵後に触った感じや匂いには問題なかったけど...)

↓今日の食パン
b0194098_19542974.jpg
食感も昨日のはぎっしり目の詰まった感じで重かったが、今日はフワフワ感がしっかり感じられた。

今日の出来事を通して、ちゃんと基礎から教えてもらえる(生地の見極め等から、何がどう悪いのか、理論的に教えてもらえる)パン教室に通いたいな〜と思った。
まあ、独学でしっかりやっていけばいいが、性格上なかなか難しい。
あと、近所にパン焼き仲間が欲しいな〜。

食パン、奥が深いです。(笑)←でも、気持ちはお惣菜を焼きたい

[PR]
by 2010neko | 2016-09-22 19:33 | 資格関連 | Comments(0)

(牛乳)食パンの練習

今週末にある製パン技能士実技試験に向け、一応、またイメージトレーニングと実技の練習をしている。

25種類の中で指定されたものを作るが、3日前と昨日はその中で一番簡単といわれているウユシッパン(牛乳食パン)を作った。

いづれも失敗。(笑)

これじゃあ、落ちるの確実。

↓昨日の食パン
b0194098_10043193.jpg
悲惨な横割れ状態&均一でない形。

原因を追求せず、片手間で作っているので、同じミスを繰り返した。

いろいろ調べた結果、たぶん二次発酵不足&生地を強く巻いたことが原因と思われる。

他の原因があれば、どなたか教えて下さい。

今日はこの点を注意して再度トライ。
[PR]
by 2010neko | 2016-09-22 09:56 | 資格関連 | Comments(0)

製菓技能士実技試験合格

先週、ソウルで受けた製菓技能士実技試験の結果発表が昨日あった。

結果、合格。

晴れて、製菓技能士の免許が取れた。

でも、思ったより点数が低かったので、何がどう悪かったのか理由を知りたい。←点数しかわからない

結構、採点がシビアなんだな〜と思った。←でも、私の感覚では製菓技能士より韓食調理技能士の試験の方がかなりしんどかったように思う

私自身、なぜ資格を取るのか、今持ってはっきりわからないが、自分がいったん興味を持って教室にも通ったので、その終了の印ということで...。

Q2がすごく喜んでくれたから、お母さんが頑張る姿を見せるのも悪くはないかもな〜と思った。

で、次は調子に乗って、製パン技能士の実技試験を受けることにした。

試験を受けるのも熾烈な競争(オンラインで試験申請日の開始5分くらいで各地域の試験会場は満席になる)で、私が申請した時もどこの席もなかった。

しかし、申請最終日の締め切り1時間前にキャンセル席が出ると信じて、何度もアタック。

そして、最後の5分で1席だけ空きが出て、すぐに申請。

すごくラッキーで、これも何だかいけるような気が...。(笑)


でも、製パンの資格班には通っていないので、今回は完全に独学。

考えが甘すぎ?

今日からチュソク(韓国の旧盆)の連休で、ナンピョン実家に滞在中(2泊3日の滞在予定)。

早く帰って、パン焼きの練習がしたい。
[PR]
by 2010neko | 2016-09-14 19:15 | 資格関連 | Comments(2)

製菓技能士実技試験終了

さっき、ソウルまで製菓技能士の実技試験を受けてきた。

試験対策でいろんなブログを見ていたところ、私の受ける試験会場の過去に出た課題がすべてアップされていた。

8月後半にかけて私の苦手なものが出題されていたので、ちょっと安心。←出ないと踏んで

7月、8月、9月を統計した結果(この間、出題されていないものも含め)、マデラカップケーキ(ワインや干しぶどう・胡桃入り)、(アーモンドクリーム)タルト、シュークリーム、マドレーヌ、チョコマフィン、バタークッキー、ソフトロールケーキ、ジャムロールケーキ、餅米あんドーナツの9つに絞って動画を見て手順を書き出したり、イメージトレーニング。

この9つだけ、焼き温度・時間や比重、生地の温度等、完全に暗記。←クリーム法、共立て、別立てを頭に入れたので、別の関連した菓子も何となく理解した気分に...。


でも、昨日からドキドキするし、夜も眠れず。

何とか2時間ほど寝て、朝6時前に出発。

私が今日、お菓子を作る試験というのを知っているQ2も昨日は不眠(笑)。

それなのに、私が家を出るとき、玄関まで送り出してくれた。←ちなみにナンピョンはぐうすか寝ていたので、私がいつ出発したのかも知らず


朝8時すぎにソウルの会場に到着。

ユニフォームに着替えた後、私を含めた27人の受験生と一緒に控室で無言のまま待った。


朝8時半から試験会場入室。

ああしなさい、こうしなさいと説明が続くが、韓国語の説明が早く、かなり焦った。

そして、遂に出題課題等が書いた用紙が配られた。

課題はほぼ的中し、試験の中でも簡単な部類に入るチョコマフィンだった。

心の中で小躍りしながらも、これで駄目なら次はないな〜と気を引き締めた。

まずは計量を開始する前に自分の作業台に別の作業台から大まかに容器に入れて持ってきた材料をすべて並べる。

そして、計量開始の掛け声と同時に自分の作業台で各材料を計量し、指定された容器に準備。←残りは後で返す

計量終了になると、計量が本当にあっているか(指定された3種類だけ次々に計量器に乗せると)、監督官が数字をチェック。

それが終了したら、試験開始の合図で一斉にスタート。

先に割り当てられた私のオーブン(一人一台)の予熱(上180度、下160度)をしに行く。

覚えていたけど、セット後、作業台に帰るついでに他のオーブンを見たら、ほぼ同じだったので安心。

次に作業台で粉類をふるいにかけ、卵を割り、それぞれ準備。

それが終わったら、これまた割り当てられたミキサー器のところに行き、バター→砂糖をミキサーにかける。

ここで軽い?失敗。

ミキサーの羽の高さを調整するのを忘れ、監督官から指摘が...。

その後は、スムーズでバター&卵も分離させることなくクリーム化したし、作業台で粉類→水を入れてからも問題なし。

生地が出来たら手を挙げて、生地の温度を測定してもらうが23.8℃(24℃±1℃まで可)だったので、天才やん?!と心の中で叫んだ。(笑)

後は鉄板にカップ紙を敷き、生地にチョコチップを入れ(トッピング用も確保)、絞り出して焼くだけ。

オーブンに入れる時、綺麗に焼けますように!と願をかけ投入。

焼いている間に、洗い物や掃除をし、最後に綺麗に焼きあがった作品(24個)を並べて提出。

ちょっとサイズがバラバラだったが、ちゃんと焼けていたし、見た目もまあまあだったので(自分としては)、気にしないことにした。
 
午前11時すぎに終了。

この課題で落ちたら、かなりショックで落ち込むかも...。

でも今、オーブンを消し忘れたことを思い出した。

また減点。(T_T)

結果は来週、火曜日。

受かりますように...。

また嫌なことを思い出すと困るので、今から試験のことは、すべて頭から消そうと思う。

お疲れ様〜。
[PR]
by 2010neko | 2016-09-05 13:55 | 資格関連 | Comments(0)
月曜日、遂に製菓技能士の実技試験を受けることになった。

去年、日本に行く前にいろいろあって実技試験の機会を逃し、韓国に帰ってきてからも、ナンピョンの仕事の予定が立たず(試験日は朝6時に家を出ないといけないため、Q2のお世話係が必要)、受験できなかった。

製菓技能士班の教室で一通り習ってから約1年半。

やる気もなくなっていたが、筆記試験合格の有効期限が2年のため、ナンピョンが出張に行かない今を狙い、後先考えず、先週金曜日に受験の申請をした。←ラッキーなことにたまたま席が空いていた

本当に何もやっていないので、今日から動画を見て勉強開始。←遅すぎる(汗)


手順はもとより、オーブン上下焼き温度と時間、比重等も記憶しないといけない。(T_T)

自分の中でジャムロールケーキが出そうな気がしたので、とりあえず今日はロールケーキの模様描きと巻く練習をした。

家のオーブンの鉄板は実際の試験サイズの半分。

材料も削り、うちのオーブンでは1/2の分量のところ、1/3まで減らし、さらに砂糖や薄力粉は追加で減らして作った。←失敗したらもったいないし、試験用レシピは甘すぎるため

↓できたのは小巻ジャムロール(笑)
b0194098_17180681.jpg
生地の厚さも一定でないし、一部粉も残っていて、なんじゃこりゃ〜という出来栄えだけど、模様と巻きの感がつかめたのでこれでよし。

↓以前習って教室で作ったのはこんな感じ
b0194098_17214439.jpeg



実技試験では、26品目中指定された1品目を作る。

ボランティアで作っていたマドレーヌやクッキーなら、いけそうな気もするが、栗まんじゅうや餅米あんドーナツ、ポップペストリー(源氏パイみたいなもの)が出たら、完全お手上げ。

そのまま諦めて帰ってくると思う。 
 
どうか、簡単なものが出題されますように...。



さっき、テコンドーから帰ってきたQ2におやつとして、この小巻ロールを出した。

Q2が一口食べて、「おっいしい〜!」と笑顔でいうのを見て、「私はなんで資格を取ろうとしているのか?家族が美味しい!と言ってくれればそれでいいやん!?」と思ってしまった。

今もわからない。042.gif

[PR]
by 2010neko | 2016-09-01 17:30 | 資格関連 | Comments(0)
昨日、製菓技能士の筆記試験を受けてきた。

クラスメート達は2週間後に受ける予定だが、みんなと同じスピードで頑張っていては取り残される(筆記が通らない限り、実技試験を受けれないため)可能性大のため、すぐに受験した。

問題集を解いて勉強しなければいけないのに、どうしても気分が乗らず、ちょこっと勉強するだけ。

気分転換に図書館にも行ってみたが、30分で飽き、ご飯とお茶をして帰ってきたり...とにかく勉強しなかった。

たぶん製菓気質?ではないのだと思う。

半ば諦めて受験したものの、問題も最後まで読め、71.6点という変な点数で合格した。←パソコンを操作しながら回答するので、自分が解き終わったら合否がすぐに表示される(試験時間は1時間で60問出題、60点以上で合格)

運が良かった。(笑)

ナンピョンに報告したら、勉強しなかったのに?と不思議がられた。←とはいいつつ、今までに経験から得た知識等を総動員したり、韓食調理技能士の試験で勉強したことを必死に思い出しながら...

で、夕食はお祝い気分で家族揃って楽しく食べようと思っていたのに、Q2のナンピョンに対する言動(Q2はナンピョンをなめているというか友達扱い)がきっかけでナンピョンと私は喧嘩になった。

いつものようにナンピョンは私の育て方が悪いからQ2がこうなったという風になるので、私も完全にブチ切れた。

夕食はまずくなるし、言い合いになるし最悪。

そして、私はナンピョンを無視することにした。

夕食後、ナンピョンがQ2を連れて、いつも行く大型マート内の美容室に散髪しに行く時も声をかけられたが無視。

しかし、美容院から帰って来たらQ2がプレゼント!とこれをくれた。

ドクターショール ベルベットスムーズ 電動角質リムーバー

Q2がナンピョンに「これをオンマにプレゼントしてあげて欲しい」と懇願したらしい。

いつも母子でこの売り場を通り過ぎるたびに、私はQ2に「これが欲しいけど高くて買えない(ちなみにこのマートでは3万9千ウォン:約3900円)」と言っていた。(笑)←Q2にお金があると思われるとオモチャをねだられるし、実際に角質取りにこの値段を出すのが惜しかった

それにしても、なぜこのタイミング?

でも、嬉しかったな~。

ということで、踵の角質を削りながらナンピョンとも和解。

使った感想は最高!

ひび割れでよく痛くなっていた超ガサガサ踵もツルツルに...。

もっと早く買えば良かった。

お勧めの商品♪

Q2、ありがとう!

でも、実は今でも心の中でナンピョンにムカついている執念深い私。003.gif

ずっと出張に行っとけ~と思いながら今日は送り出した。(笑)

来週帰ってくる時のナンピョンのお土産は姑。

お~まい が~っと!!!
 
ほんま、来すぎやねん!←こういう時は関西弁に限ります
[PR]
by 2010neko | 2015-01-24 19:50 | 資格関連 | Comments(6)
韓食調理技能士試験のことを詳しく書こうと思っていたら、時間だけが過ぎてしまうので、

簡単に結果だけ・・・。

b0194098_015139.jpg


ついに合格!

嬉しい~。


7月初めに筆記試験があり、76点で一発合格。

数年前は問題を最後まで読むことができなかったのに、今回は最後まで読むことができた。

伸びていないと思っていた語学力も多少なりともUPしていたんだと実感。


そして、7月末に1回目の実技試験。

ソウルに受験しに行ったのだが、ソウルの会場は一斉に80人で行う試験場。

初めての実技で緊張するし、古い建物内で80人が火を使うので、

エアコンもほとんど効かず、真夏の作業は地獄だった。

詳しい内容は後日書くとして、指定された提出料理2品は60分の時間内にぎりぎり提出

できたが、仕上がり等は散々で自分でも落ちたことがすぐにわかった。

結果、49点で不合格。


そして8月末、2回目の実技試験に挑戦。

今度は2回目だったので、それ程緊張することもなかった。

1回目の時の提出料理より、楽チンなメニュ-だったし、調味料の分量や作り方も完全に

覚えていた料理なので、割とスム-ズに作れた。

余裕を持って提出でき、余った時間に後片付けまでできたので、なかなかいい具合だった。

そして、9月6日に結果発表を向かえ、77点で晴れて合格。

先生もすごく喜んでくれたし、クラスメ-トがはまだ半分しか合格していない中、

外国人の私が先に合格したので、かなり褒めてもらえた。

大人になって誰かに褒めてもらうことなんてないから、それだけでちょっと嬉しかった。

でも、クラスメ-ト、特に同じグル-プのメンバ-(2人)のことが気にかかるので、

早く合格して、みんなで喜びを分かち合いたい。


来年は製パン(これも国家資格)の資格を取ることに決めた。

1月から製パン技能士班に通うつもりなので、年末までに筆記試験に合格しよう思う。(笑)
[PR]
by 2010neko | 2014-09-21 09:06 | 資格関連
9月から2ヶ月間(週1回2時間授業)、コ-ヒ-バリスタの教室に通っていた。

なぜ通ったのか?というと、(結婚移民者向けに)授業料が無料だったから・・・。(笑)

あとは、昔から飲んでいる(ブラック)コ-ヒ-だし、この機会にいろいろ学んでみるのも

楽しいかな~と思ったから。←家でもたまに豆から挽いてドリップコ-ヒ-を楽しんでいる

この講座に通うと、コ-ヒ-バリスタの資格を取るチャンスができるというのも魅力だった。


韓国のカフェではエスプレッソマシ-ンを使っていれるコ-ヒ-が主流。

(最近はドリップコ-ヒ-の店もたまに見かけるようになった)

なので、今回の教室でも、このマシ-ンを使用。

主に実技試験項目のエスプレッソ2杯とカプチ-ノ2杯をいれる練習を繰り返し行っていた。

教えてもらえると思っていたコ-ヒ-関する基礎知識は、ほとんど自己学習。

バリスタの資格試験用の(解説付き)問題集を見ながらこつこつ勉強。

内容は、コ-ヒ-の歴史からコ-ヒ-豆の栽培、各国コ-ヒ-豆の品種や特徴、

コ-ヒ-の入れ方やコ-ヒ-飲料の種類などなど。

今回は欠席もせず、まじめに通いバリスタ課程を修了。


そして、11月に筆記試験(60問出題で60点以上で合格)、12月に実技試験を

受け無事に合格し、コ-ヒ-バリスタの資格を取得した。←実技試験は個別で行われ、

見ず知らずの韓国人審査官2名の前で行うので、すっごく緊張した(プレッシャ-に弱い私)

この資格を取得したからといって何かあるわけでもなく、私の場合は単なる自己満足。

ただ私は運良く、(子供が保育園に行っている時間だけ)福祉センタ-内のカフェで

働かないか?とお誘いを受けたのだが、これは毎日出勤(土曜日は隔週)だったので

あえなく断念。

ちなみに、コ-ヒ-バリスタの上にコ-ヒ-マスタという資格がある。

これはコ-ヒ-バリスタの資格を持っているというのが基本条件で、さらにカフェや大学の

学科(韓国には専門的にコ-ヒ-について学ぶ大学がコ-ヒ-ブ-ムのせいで急増・笑)で

2年以上の実務経験や履修経歴がある人が受験対象。

マシ-ンだけでなくドリップコ-ヒ-や各種コ-ヒ-飲料等も扱う資格。

できれば、ここまで取りたいけど、私は実務経験等がないし、うちの近所にこの講座を

受けられるところもない。←まあ、そこまでの情熱がないし・・・汗


今回の教室を通して感じたのは、やはりコ-ヒ-一つでもいれる人の技術によって全く味が

違ってくるということか・・・。

何事も精進しないとね。

あとは、韓国人について学んだ!

今回、教室には私を含む外国人3人(中国人・インドネシア人)と私より年上の韓国人

アジュマ(おばさん)3人がいた。

結局、私以外の外国人は前半途中で来なくなり、私と韓国人アジュマの計4人が残った。

もうそれはそれは、日本人の常識から考えるとありえないくらい自己主張が激しく(論理的な

自己主張ならOKだと思うが、幼稚園レベルの自己主張で結構笑えた)、考え方も

ぶっ飛んでいた。←生徒だけでなく、先生もかなりの曲者だった(笑)

韓国人には慣れたとはいえ、久々にこういう人達に会い、本当にびっくりの連続だった。

これに関して書きたいことは山ほどあるが、書く時間がないので省略。

まあ、そうは言いつつ、このアジュマ達とは(表面上)仲良くできたので、結構、

自分の中では、楽しい思い出になったと思う。


去年は韓国で運転免許を取得し、今年はバリスタの資格を取得。

小さな資格だけど、私の目標の1つである、1年に1つの資格取得はクリア。

今、次の資格取得の目標のために動き出したところ。

また、この話はぼちぼちと・・・。
[PR]
by 2010neko | 2013-12-11 11:34 | 資格関連 | Comments(0)