日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:陶芸( 5 )

陶芸教室・最後の作品

9月いっぱいで陶芸教室が終わった(先生が店じまい)。

最後の作品が数日前に出来上がったので、取りに行ってきた。

男の先生がアフリカに美術教師として行ってしまい、奥さんである女の先生が

すべての整理をしているでの、忙しいのはわかる。

でも、最後くらいはしっかりやって欲しかった~。(ため息)

結局、指定した色の釉薬もかけてもらえず(先生が忘れている?)、

(取り扱いのためか)ひびが入っているものも・・・。


では、気を取り直し、陶芸教室の最後の作品をアップ。

↓四角い中皿(煮物や刺身を盛るためのお皿をイメ-ジ)
b0194098_12571337.jpg


↓楕円形の中皿(揚げ物等を盛るためのお皿をイメ-ジ)
b0194098_12583838.jpg


↓やや小ぶり(20cm)のどら皿
b0194098_1313640.jpg


↓初めてペインティング(絵付け)した鍋敷
b0194098_1334561.jpg
ネットでフリ-イラストをダウンロ-ドし、それをまねて描いてみた。

↓ペイティング用の素皿の形が可愛かったので買い、真っ白にして欲しいと依頼したが・・・
b0194098_1383485.jpg
写真ではわかりにくいが、昔の毛糸風にいろんな色の水玉(点模様)が

入ってしまっている。(涙)


この1年間で、自分に陶芸センスがないのは十分にわかったので、

もう陶芸を習うことは一生ないと思う。←陶芸体験くらいかな・・・

なので、これからは、自分が気に入ったお皿をじっくり吟味して買いたいと思う。(笑)
[PR]
by 2010neko | 2012-12-17 13:18 | 陶芸 | Comments(0)

淡い翡翠色のどら鉢

昨日は月2回の陶芸の日だったのだが、女の先生から突然、

「今月いっぱいで教室(工房)を閉めることになった。」と説明があった。

え~っと思う反面、私には陶芸の才能はなく、最近は創作意欲も沸かなかったので、

これが潮時かも・・・と思って納得。(笑)

では、ここ1~3ヶ月前に焼きあがった作品をアップ。

↓使い勝手の良い淡い翡翠色のどら鉢
b0194098_1065052.jpg
約20cmある大容量の鉢。

煮物や蒸し物をのせようと思って作った。

↓ナンピョンにご飯茶碗といわれた小ぶりの深鉢
b0194098_10211893.jpg


↓上記二つを使ったある日の食卓
b0194098_10111241.jpg
どら鉢にはコダリプチュチム(半乾燥スケソウダラとニラの辛い煮物)、

深鉢にはキュウリとワカメとカニカマの酢の物。

↓ピカピカ黒茶色の中鉢
b0194098_10155148.jpg
和食のお惣菜を盛ろうと思って作った。

↓醤油を入れるための豆皿
b0194098_10171022.jpg
ジョン(チヂミ)や焼き海苔を食べる時の醤油皿として大活躍中。


ラスト1回・・・。

今、作っているものを仕上げて、あとはハンドペインティングでもしてみようかな?
[PR]
by 2010neko | 2012-09-14 10:23 | 陶芸 | Comments(0)

特大サイズの長皿

去年から習っている陶芸。

3月からはペ-スを落とし、1ヶ月に2回通っている。

回数を減らした上に(1回につき1作品作る感じ)、いつものごとく先生が超のんびり

焼き上げるので、なかなか作品が手元に帰ってこなかった。

では、数ヶ月前の作品を・・・。


↓特大サイズ(約50cm)の濃茶色(艶なし)長皿&取り皿
b0194098_13373237.jpg
これは家でサムギョプサル等をする時に、葉野菜を並べようと思って作った。

長すぎて、焼きの途中で、くびれ部分にひびが・・・。(涙)

わかりにくいが、淵部分は角ばった小石でコンコン叩いて、素朴な感じにした。


↓ジョンやチヂミ用に作った大きな(30cm角程度)農茶色(艶なし)の四角い皿
b0194098_13473174.jpg

↓先生のアイデアでリバ-シブルにし、パンチャン(おかず)を4種類入れられるお皿に・・・
b0194098_13501959.jpg



↓和食のおかず等を入れる中鉢
b0194098_13513394.jpg

↓横から見るとお茶碗チック
b0194098_13515844.jpg



↓赤いチゲや(洋食系)ス-プを入れるために作った取っ手付きス-プ皿
b0194098_13531063.jpg
合計3つ作った。

でも、すべてコイリングの深さがまちまちだし、取っ手が微妙に下がって、気に入ったのは

1つだけ・・・。(笑)


↓焼き魚用(特に韓国のクルビという魚を載せたくて作った)淡い翡翠色の長皿
b0194098_13591433.jpg



↓韓国のスッカラ(スプ-ン)&チョッカラ(箸)置き
b0194098_1404867.jpg
端っこに花の押し型をしていたが、釉薬をつけて焼きたら、ほとんど花形が消えていた。

↓実際にスプ-ンと箸を載せるとこんな感じ
b0194098_1424463.jpg



↓韓国のかぼちゃ粥を入れようと思って作った粥碗。可愛いけど、サイズがデカすぎた
b0194098_14141672.jpg

b0194098_14142810.jpg
もともと、女の先生がこんな感じの植木鉢を作っていたのだが(だから蝶が留まっている)、

植木鉢は嫌だったので、お粥を入れてみようかと・・・。

さて、何に使おうか?
[PR]
by 2010neko | 2012-06-04 14:20 | 陶芸 | Comments(0)
赤いチゲにもホワイトシチュ-にも合うようなス-プ皿(一人用)を作ろうと自分でおおまかに

書いた絵を先生(この日は男の先生が担当)に見せて相談。

先生が(一人用なら)このくらいで良いといった大きさを目安に作り出していったところ、

どうも大きい。

これでいいのかな~と思いつつ、私も黙々と作っていた。

先生もある程度の工程まで作っているのを見て、大きいね~と言ったものの、

既に新しく作り直すこともできず、鍋くらいの大きさのお皿ができた。

でも、直火にかけられる土を使ったわけではないので、鍋にもできず。

まあ練習と思えばいいか・・・と無理やり納得させることにした。←焼き代が従量制なので、

その点が痛かった

翌週、奥さん先生に一人用のス-プ皿を作ろうとしたらこうなったということを話すと、

男の先生はどうたらこうたら・・・と愚痴っていた。037.gif

結局、奥さん先生のアドバイスにより、こういう形のお皿には汁気の多い煮物料理を

盛ればいいということになった。

あとは、これでペクソルギ(韓国の蒸し餅の一種)は作れるらしい。←皿ごと蒸し器にイン

焼き上がりも私がイメ-ジしていた色合いとは違っていたので(私はつや消しで希望)、

全く愛着がわかなかったが、ものは試しに닭볶음탕・タッポクンタン(または닭도리탕・

タットリタンともいう)鶏肉と野菜の辛い煮物を作って盛ってみた。

いつもこの料理を作る時は汁気を飛ばしすぎる。

でも、今回はお皿を意識したせいか、しっかり汁気のある美味しいタッポックンタンができ、

盛り付けた感想は何となくう~んって感じだったものの、料理の味自体はいつもより満足。

←写真では汁も見えないし、全く美味しそうに見えないのが悲しいが・・・。

↓わかりにくいが、お皿の色は茶色(ミルクチョコ色)で所々に黒い釉薬の流れ模様あり
b0194098_1712374.jpg


これに懲りず、先週までの3回程、ずっと一人用のス-プ皿をせっせと作っていた。

合計3個で、サイズは理想通り。

でも、男の先生と奥さん先生の言うことや教え方が違い(都合でその日によって先生が

変わる)、同じように作ったのに、すべて違う感じ?

焼き上がりは如何に・・・?
[PR]
by 2010neko | 2012-02-19 17:30 | 陶芸 | Comments(0)

コバルトブル-の大皿

去年の11月から週1回で始めた陶芸。

家から陶芸工房まで30分以内と比較的便利な場所にあったので、まずは体験教室から

入ってみた。

先生が二人(夫婦)いるのだが、奥さん先生がとても明るくて料理やパンなどにも興味があり

私と話が合ったので、この工房に決定。

壷などを作っていく基礎コ-スを申請したものの、興味のない鉛筆立て?や壷を作ることに

嫌気がさしているのがわかったのか、基礎は1ヶ月(4回)だけで、自由に自分が作りたい

食器を作りなさいということになった。←これで自由の身となり、通うのも楽しくなった

同じ班には、50代の不動産屋のおじさんが一人。

私より1ヶ月早く始めたらしいが、絵といい、陶芸自体の腕前といい、初めて?というくらい

上手なおじさんで、私はいつも横目で作品を見ては、「上手いな~」と感心している。

私はというと・・・。

ナンピョンからは「才能がないから辞めた方がいい!」と本気で勧められている。

11月からなので、自分の作品がもっとあっていいはずなのだ、一番最初に持って帰った

大長皿は、家に到着10分後にQ2に割られてしまうし、それ以外にも、釜で焼いている

最中に割れてしまったり(または割られてしまったり)、包装し終わる瞬間に角にぶつけて

欠けてしまったりと不運が続いて、手元にはまだ二作品しかない。←大皿ばかり作るので

割れやすい(&分厚さの加減がまだ調整できず、つい薄く作ってしまう)


↓濃茶色の大長皿と受け皿セット(受け皿は計5枚作った)
b0194098_12344082.jpg

そして、前回、初めてテボルム料理を盛ってみた。


↓この前、持って帰ってきたコバルトブル-の大皿(皿の中は波型縞模様の凹凸あり)
b0194098_12374756.jpg

↓横から見るとこんな感じ
b0194098_1240112.jpg

↓これには고추잡재(唐辛子雑菜で青椒牛肉のこと)&꽃빵(花パンで花巻のこと)を・・・
b0194098_12441459.jpg

↓花巻の成型がいまいち^^;
b0194098_12445025.jpg



来週はQ2のオリニチプ(保育園)のORがあり、それだけで何だか緊張。

OR後、何やかんやと準備するものが必要になってくると思うが、まずはQ2が

関心のある(子供用)ポシェットを作ってみようと思う。←私のポシェット?を自分に

かけて、引きずりながら歩いていることがあるので・・・
[PR]
by 2010neko | 2012-02-09 12:54 | 陶芸 | Comments(0)