日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:お出かけ( 120 )

先週日曜日、近くのサッカー場で「 농수축산물 한 마당(農水畜産物一つの広場)」という催しがあり、家族3人で行って来た。

全国の農水畜産物が一堂に会して販売されていて、ブースは100軒くらいあったか?

こういう催しは大好き!

販売ブースや飲食ブースの他、子供達がいろんなものを作れる体験ブースも結構あった。

その他、中央ステージでは、各地の農水畜産物の宣伝や抽選会などもあった。

↓Q2はいろんな体験ブースをはしご
b0194098_21485548.jpg
ダーツゲーム(干し柿をゲット)、木の小物作り、仮面作り、アップルパイ(ホットトースト)作りなど。


私はその間、会場をぶらつき、ちょこちょこお買い物。

乾燥ナムルや穀物、花茶等、欲しいものがいっぱいあったけど、予算の関係でちょっとだけ購入。

今回は見たことがないマッコリと、使いたかった柿酢を買ってきた。

↓この日、買った商品やおまけでくれた商品
b0194098_21485373.jpg
マッコリは、山苺のマッコリ、梅のマッコリ、私が好きなお米(철원오대미)を使ったマッコリ。

この日の夜、ヘムルパジョン(海鮮ねぎチヂミ)を焼いて、山苺のマッコリを飲んだ。

甘くてシュワシュワし、ほんのり山苺の味がして飲みやすかった。←濁ったスパークリングワイン?


この催しが終わった後は、美味しいコーヒーが飲みたくなり、久々に家族一緒にカフェで時間を過ごした。
↓コーヒーカンパニーにて
b0194098_09393632.jpg


平和な一日だった。

[PR]
by 2010neko | 2017-11-07 14:06 | お出かけ | Comments(0)
9月下旬のお出かけを今更アップ。

近場で2017 정조대왕 능행차(正祖大王 陵行次 )という大行事があり、家族3人で行って来た。

正祖大王は、朝鮮時代の22代目の王で、とっても親孝行の王として知られている。

正祖大王のお父さん(荘献世子または思悼世子とも呼ばれる)は、正祖大王が子供の時、正祖大王のお祖父さんである21代目の王・英祖により米櫃に閉じ込められ餓死した。

正祖大王についてはこちら

荘献世子についてはこちら

そういうこともあり、正祖大王がお父さんを思う気持ちは人一倍強く、自分が王になってからは何千人もの家来を引き連れて、お墓参りをしていた。

その様子を再現したお祭りが정조대왕 능행차(正祖大王 陵行次 )。

毎年行われているが、今年は大規模で正祖大王が住んでいたソウルの昌徳宮(厳密には母親が住んでいたところ)〜正祖大王のお父さんである荘献世子(思悼世子)が眠っているファソン市のユンルン(のちに正祖大王も同じ場所に祀られるので、一般的にはお父さんのお墓のユンルン+正祖大王のお墓のゴンルンでユンゴンルンと呼ばれる)までの59.2キロを練り歩いた。

私達はユンルン(お墓があるところ)の数キロ手前から参加。

この日はちょっと暑くて、途中でお茶休憩しながら歩いた。

↓정조대왕 능행차(正祖大王 陵行次 )の様子
b0194098_08222382.jpg


↓今年の王様と一緒に歩く(笑)
b0194098_08280607.jpg


ユンルン前の駐車場では、イベントや体験ブースがあり、いろいろ楽しめた。

↓体験ブースにて
b0194098_08541015.jpg
礼儀作法を習ったり、伝統遊びや、鞄や缶バッチ作りをしたり...。

↓帰りはカルグクス屋でマッコリで乾杯
b0194098_08581677.jpg


ナンピョンに誘われ、乗り気がしなかったお出かけだったけど、案外楽しくて、いい一日だった。

[PR]
by 2010neko | 2017-11-01 07:54 | お出かけ | Comments(0)

刺し子の会2

昨日はOさん宅で刺し子の会があった。

お料理上手な初対面のMさんも含め、3人で和やかにチクチクした。

お昼ご飯は、Oさんが準備してくれた。

↓おうちランチ
b0194098_06385636.jpg
ミートソーススパゲティー、野菜サラダ、鶏肉とグリーンピースの葛煮風。

前回のタラコスパもすごい美味しかったけど、今日のミートソーススパもすっごく美味しくて、思わず作り方を聞いた。←なので今日の夕食はミートソーススパゲティーに決定

私が作るとチープな味というか、子供仕立てな味になるのに、Oさんのは高級な味。(笑)

鶏肉とグリーンピースの葛煮風も優しいお出汁の味で、こういう和食を忘れている自分がちょっと寂しかった。


中華に専念していて、刺し子をするのは久しぶり。

やっぱり、何も考えずにひたすらチクチクするのは楽しい〜。
[PR]
by 2010neko | 2017-11-01 06:32 | お出かけ | Comments(0)

漫画カフェ

1ヶ月くらい前から、やっとQ2が自らの意思で本を読んでくれるようになった。

といっても、漫画。

10月9日にあったハングルの日を前に、世宗大王の勉強をさせようと、漫画本を買ってみたら、面白かったようで、今は寝る前に歴史漫画本を必ず読んでいる。←ゲラゲラ笑っている

↓買ってあげた最初の歴史漫画
b0194098_19185400.jpg
4巻まで出ていて、1巻を何回か読んだようなので、3巻まで買ってあげた。

そのうちに、漫画から普通の読書に移行してくれたらな〜。

ちなみに普通の読書は、小学校の宿題で週2〜3冊読んでいるけど、仕方なくという感じ。


Q2が漫画を楽しめるようになったので、先週、2人で漫画カフェへ。

うちの地域周辺の漫画カフェは小学校1年生から入場でき、今回行った漫画カフェは一人2時間(飲み物付)コースなら6000ウォン(約600円)。

お菓子やカップラーメン他、軽食も何種類かあり、普通の飲食店で食べるより若干安い。

子供が読める学習漫画本のシリーズがたくさんあるので、小学校低学年でも楽しめる。

週末はカップルや親子が多かった。

↓足が伸ばせる(寝転べる)個室(ドアはなく暖簾)で、Q2は漫画、私は勉強
b0194098_19380395.jpg
おやつに、バナナチョコワッフル(約350円)とクリームトッポッキ(クリームスパではなくクリーム韓国餅・約550円)。

期待していなかったけど、普通に美味しかった。

家みたいにくつろげるし、お茶や軽食も食べられるし、たまに行くのはいいかな。

[PR]
by 2010neko | 2017-10-29 15:01 | お出かけ | Comments(0)

お餅作りの会

今日はOさんが誘ってくれたH市の図書館奉仕団(韓国人アジュマ)主催のお餅作りの会に参加してきた。

本当は母子で参加予定だったのに、Q2は昨日の夜から高熱を出し、急遽、私一人で行くことになった。←Q2はナンピョンが看てくれた

多文化家族(家族に外国人がいる家庭)対象に開かれた会だったが、参加者はみごとに全員日本人だった。

まず最初に大きな公園でピクニック。

奉仕団の誰かが作ってきてくれたキンパッやシッケ(米ジュース)でお昼ご飯。

日本人ママ達は、私だけ違う市に住んでいるのでOさん以外は初対面。

日本人ママ達も奉仕団の韓国人アジュマ達も、みんな穏やかでいい人達だった。


昼食後は、公園内にある室内施設でお餅作り。←目の前は一面コスモス畑でとってもきれいだった

もうすぐチュソク(韓国のお盆)なので、チュソクの時に必ず食べるソンピョンといううるち米粉の蒸し餅(中に黒豆や、ごま&黒砂糖)と、チュソクとは関係のないチャプサルプックミというもち米粉の焼き餅(中にあんこ)を作った。

お餅作りはパンより難しい〜。

お腹がいっぱいだったので出来上がったチャプサルプックミだけその場で食べてみた。

少し油っこかったものの、すごく芳ばしくて美味しかった。

あとは家にお持ち帰り。

ソンピョンは硬い団子みたいで正直まずかった。←ナンピョンもまずい!と一つ食べて終了。(笑)

でも、チャプサルプックミはススプックミ(キビ粉の焼き餅)より簡単で、すぐに作れるのがわかったので、家でまた作ろうと思う。

b0194098_22161533.jpg
奉仕団の人は市から補助金が出たから今回の会を開いたといっていたけど、なんか多文化家族というだけで(支援の対象になる)、いろいろしてもらって申し訳ない気も...。←韓国人が逆差別だというのもわかる気がする

[PR]
by 2010neko | 2017-09-23 21:27 | お出かけ | Comments(2)
今日は中食調理技能士の筆記試験があった。

過去の模擬試験を4回分勉強しただけといういい加減さだったが、何とか合格。←ナンピョンにわからない問題は(4択なので)2番にするようにいわれ、その通りにした(笑)

これでみんなと同じスタートラインに立てた。


本当は今日、Q2と多文化家族(家族に外国人がいる)が参加できる과학놀이마당(科学遊び広場)というのに行くはずだった。

でも今週急遽、筆記試験になったので休みだったナンピョンにバトンタッチ。

この催しでは、小学生の子供達に、もの作りを通して、科学を身近に感じさせてくれる様子。

教えてくれるのは、サムソン電子の研究員。

バネや電気仕掛けのおもちゃを4種類くらい作り、最後は自分で作った車でみんなと競技。

Q2は1次予選がトップだったらしいが、2次予選では3位になり脱落〜。

でも、日本人の子にも会えて話したようだし、無料のお弁当等も食べ、なかなか楽しかった様子。

↓科学遊び広場にて
b0194098_00202971.jpg


↓ちなみに私の試験後の一人ご飯はまたケランマリキンパッ(薄焼き卵焼きで巻いたキンパッ)
b0194098_00270293.jpg



先週の日曜日は家族3人で久しぶりに융건릉(ユンゴンルン:隆健陵)へ。←王(父子)のお墓があるところで世界遺産になっている

昔はここでお弁当を持ってピクニックができたが、今では食べ物やピクニックシートの持ち込みも禁止になり、かなり残念。

↓ユンゴンルンにて(出た後はユンゴンルン前のカフェへ)
b0194098_00470880.jpg
この日は晴天で、空がすごくきれいだった。←なのに今日は、晴れているのに、火事があった?というくらい空気が汚れグレーな空だった

ナンピョンとQ2はトンボ、チョウ、バッタ、カマキリ、カエル、ザリガニなどを捕まえるのに大忙し。←捕まえても、すぐに逃がすけど...

この日、Q2は初めて自分一人でトンボを捕まえて大喜びだった。

海辺もいいけど、草木の匂いに癒される森(山)の自然もいいな〜。

明日もどこか緑のある近場へ散歩に出かけようと思う。
[PR]
by 2010neko | 2017-09-09 23:51 | お出かけ | Comments(2)

刺し子の会1

昨日はOさんと刺し子の会をした。

その前に平澤市の新興住宅地帯に新しくオープンした「うたげ」というラーメン屋さんでランチ。

↓味噌ラーメン、イカのゲソフライ、餃子、ベーコン入りの和風サラダ
b0194098_15005233.jpg
日本人奥さんが作っているので、ちゃんとした日本の味でなかなか美味しかった。

でも、キムチはいまいちだったかな。


ランチ後、Oさん行きつけのカフェで刺し子の会。

このカフェの韓国人オーナーSさんも、Oさんの影響で刺し子を始めたので、仲良く3人でチクチク。

このカフェはギャラリーカフェなので、こういう活動をするにはもってこい。

少し懐かしいK-POPを聞きながら、のんびりした時間を過ごせた。

↓昨日完成した二の字という模様のコースター
b0194098_15233768.jpg



お昼を食べ過ぎたし、ナンピョンもいないので、昨日の夕食はケランマリキンパッ(卵巻き寿司)を買って帰り、簡単ご飯。

↓初めて食べたケランマリキンパッ(一応、お皿に盛り付ける)
b0194098_15342958.jpg
キンパッ自体は(魚肉風)ソーセージとタクアンだけの細巻きで、それを鉄板で焼いている薄焼き卵焼きの上に乗せ、クルクルと巻いたもの。

チープな味だけど、野菜が入ったキンパッが好きでないQ2は喜んで食べていた。

私はキンパッより付け合わせで付いてきたムーチャンアチ(大根の醤油漬けの和え物)が焼酎のあてにピッタリで気に入った。



全然、関係のない話だけど、さっきモヤモヤすることがあったので書いてみる。

日本のことが嫌いな韓国なのに、日本の真似をしたり、技術(知的財産など)を盗む韓国。←大きなものでは苺などの農産物、小さいものではレシピなど

当人達は悪びれた様子はないし、韓国発祥と言いかねないから困る。

それでもって、さっき韓国の朝ドラのタシポギ(録画みたいなもの)を観ていると、主人公の女性が道端で出くわして喧嘩になった男性に対し、「は〜、謝罪、反省がないのはどこかの国の奴と同じじゃないか?!」と言い放った。

これは、まさしく日本を指すので、聞いた瞬間、耳を疑った。

政治的な番組でもないのに、何故、この場面でこういう台詞を入れるのか?

脚本家は馬鹿というか、こういう台詞を入れると人気が出るとでも思っているのか?

ということで、金輪際、このドラマは観ないことにした。

気分良く過ごしているのに、気持ちを逆なでしないで欲しい。

[PR]
by 2010neko | 2017-09-07 14:53 | お出かけ | Comments(2)

のんびり、忙しく...

土曜日からナンピョンとQ2が1泊2日で旅行(定期的にあるナンピョンの中学時代の友達たちが集まる家族会)に出かけた。

昔は私も行くように強要していたナンピョンも今では私が行かない!というと、何も言わなくなった。(笑)

なので、この時は私だけの時間♪


土曜日は遅めの朝ご飯を食べた後、二人を置いて私が先に出発。

友達に渡し物があり、平澤駅近くまで出かけた。

平澤駅からの徒歩圏内に大きな在来市場があるので、用事を済ませた後、一人で市場見学。

駅前でも、雑貨店や本屋をぶらぶらし、地元に帰ってからはカフェでベーグル&コーヒーの間食。


家に荷物を置いて、洗濯物を畳んだら第二ラウンド。

日本人友達と数ヶ月ぶりに夜のお出かけ。

ビール屋(いろんなビールを置いているお店)→ベトナム料理屋→コインカラオケへ。

↓飲み会
b0194098_22332253.jpg
飲んだことがなかったベルギービールのHoegaarden(ヒューガルデン、韓国ではホガドゥンという)はあっさり爽やかで癖がなく、私の好みだった。

Hoegaarden ロゼというルビー色のビールもフランボワーズ味で甘く、カクテルのようなビールで、これはこれで美味しかった。

何よりモクテというスケソウダラの干物をパサッパサに焼いたおつまみが美味しく(これをマヨネーズ・醤油・青唐辛子のソースに付けて食べる)、友達と絶賛。

気の合う友達プラスお酒が入ると、いつも以上に楽しい。

それに友達がすごく面白い話をしてくれるので、何回も涙が出るくらい笑った。

ビール後、小腹が空いたので行ったベトナム料理屋は、あり得ないくらい安かったので(通常の店の半額近く)、あまり期待はしていなかった。

それなのに、普通のお店よりも美味しくて、お得感満載だった。


最後はカラオケに行ったが、もう飲んだり食べたりはしないので、通常のカラオケではなく、お得なコインカラオケへ。

コインカラオケは1曲いくらと決まっていて歌う曲ごとに機械にお金を入れるシステム。

3曲100円くらいなので、1時間歌っても500円もしなかった。

ただし、カラオケボックスはめちゃくちゃ狭く、初めての私はびっくり。

でも、また「ギンギラギンにさりげなく」を歌い(笑)、気分スッキリ〜。

この日のお店は全部気に行ったので、また家族で行ってみようと思う。

夜11時に帰宅後はテレビやネットで夜更かし。


今日は目覚ましもかけず、10時半すぎに起床。

一人で万願寺唐辛子みたいな辛くない唐辛子で、ペペロンチーノを作り、テレビを見ながらブランチ。

昼からは今週から新しく始めた刺し子をチクチク。

その後、夕食のための買い物に出かけたものの、夕食を作りたくなくなり、ただお茶&ダイソーで買い物だけして帰宅。

帰ると二人が帰って来ていた。←Q2がすごく楽しかった様子で良かった

↓家族会(目の前に川がある山間のペンション)のQ2
b0194098_23420171.jpg



夕食はプデチゲが食べたくなり、新規開拓のプデチゲ屋へ。

↓夕食のプデチゲ
b0194098_23203769.jpg
ここも安くて美味しかったので、これからプデチゲが食べたくなったら、ここに行こうと思う。

あっという間の2日間だった。

1ヶ月に1回くらい、こんな時間があればいいのにな〜。

[PR]
by 2010neko | 2017-08-27 21:56 | お出かけ | Comments(0)
ナンピョンのお兄さん(長兄)が腰のヘルニアの手術をするためにソウルあるKS病院に入院した。←田舎というか、韓国人はソウルの大病院なら間違いない!と思っている人が多い

私と時を同じくして義長兄は前からあった腰椎椎間板ヘルニアが悪化し、これまた同じように下肢の痛みと痺れで苦労していた。

私は脊椎専門病院での治療で良くならず、そこで高いカテーテルでの施術を勧められてから不信感を抱いて治療を止めた。←カテーテル施術をする日取りまで決めたのに、さらに高い施術を勧めてきたから

その後、韓国人友達の旦那さんが、私と同じ症状で治ったという韓医院を勧めてくれたので、半信半疑で通ってみた。←町の韓医院ではなく、少し特殊な韓医院(なので少し治療費も高め)

最初は週に2日、1ヶ月半後からは週1で、城南市まで往復3時間かけて通い続けた。←最初はバスや地下鉄で通うのも痛くて大変だった

恐怖と涙の鍼治療(蜂鍼、薬針、火針など)、カイロプラクティックのようなチュナ治療(計15回)を休むことなく続け、この5月末に5ヶ月間の治療を終えて寛解。

治療前はやけどのような痛みで痛くて泣いていたのに、今では嘘のよう。

痛みはおろか痺れも全くなし。

どれだけ、この先生に感謝したことか...。

最後の日は、先生に心からお礼の言葉を伝えた。

それはさておき、義長兄はヘルニアを患ってからの年月が長く、先生にいわれるままに手術をすることに...。←長兄家族達は私に韓医院なんかで治らないから施術や手術をするようにいっていた

2日前に無事に手術をしたので、私達家族3人は昨日の夕方にお見舞いに行って来た。

まだ義長兄は腰に持続硬膜外麻酔のチューブと排液ドレーンが入っていたが、歩行リハビリも開始していた。

私達が行った時に廊下で歩行練習をするというので、そばで見ていた。

大病院でも一般病棟では、一人で動けない患者には、家族や家族が雇った看護人の付き添いがつき、食事介助や排泄介助など、身の回りのことをすべてしなければならない。←韓国の看護師は見ている限りでは、配薬や点滴の管理、検温をするだけのようだったので、全業務をこなす日本の看護師はすごいよな〜と思った

兄嫁がリハビリの介助をしようと歩行器に点滴やドレーン類を移動させたが、ふと見ると末梢ラインの点滴の接続部がはずれ(3種類の点滴を連結していた)、点滴側は薬液が流れているし、血管側は血が逆流しポタポタ。

何もするまいと思っていたが(いつものように私ができることでも手出しすると、ダメ出しされる可能性があるので)、さすがに放置するには気が引け、とりあえず両方のクレンメを止め(接続部をロックし、それ以上出血したり、点滴液が流れないようにする)、外れた接続部が不必要に汚染しないように持って待機した。

同室の付き添い人が大声で看護師を呼び(笑)、1分くらいで看護師が来たが、そこからの処置が私には衝撃的だった。

はずれた接続部の消毒もせず(もちろん汚染状態を確認するわけでもなく)、そのまま連結させ、逆流した血液部分もそのままで、点滴を流して行ってしまった。

大病院の看護師でも感染という観念が乏しい様子。

それに、家族等、教育を受けていない人にこういった介助をさせる危険性を感じないのか不思議で仕方がない。

ナンピョンにいうと、だからMERSの時も感染が広がるんだというし(患者も看護師も何でもOKみたいな)、それでも大丈夫な韓国人!と自慢のように話して笑っていた。

やはり、私は韓国で絶対に大病になりたくないと思った。

見えないところで、とんでもないことをされてそうで怖すぎる。


今回、お見舞いついでに兄嫁も誘って病院内で夕食を食べた。

↓病院内にある食堂(病院がテナント貸ししている?食堂)で大人達はユッケジャン(牛肉の辛いスープ)、Q2はセウポックンパッ(海老チャーハン)
b0194098_22182631.jpg
味は普通(食べた瞬間、化学調味料の味)。

なのに、値段がべらぼうに高くびっくり。

ユッケジャンが高いのはわかるけど(ここは10000ウォン)、海老チャーハンがユッケジャンより高い11000ウォン!

高給料理店か?!といいたかった。

韓国は外食費が安いのが取り柄だったのに、年々値上がり...。

4000ウォン以下で感動的な定食が食べられていた頃が懐かしい〜。

[PR]
by 2010neko | 2017-08-19 20:50 | お出かけ | Comments(0)

ナンピョン実家へ帰省

韓国に帰ってきた翌日からナンピョンの実家へ。

2泊3日...すご〜く長く感じた。

疲れていた上に、神戸→韓国のしかもど田舎というあまりにも違う環境(夏のボットン便所や衛生的でない食事など耐え難い)でいつも以上にきつく感じた。

↓2泊3日の間の外食(実家では朝食だけ食べるようにナンピョンに頼んだ)
b0194098_23092989.jpg


↓2日目は姑も一緒にカンヌンの海へ(写真はナンピョンとQ2)
b0194098_23111208.jpg


楽しいと一度も思えなかった今回のナンピョン家への帰省。←いつもなら外食が美味しかったとか、野菜をもらって良かったとか思えるのに...

ただ、ただ疲れた。

夏休みの一大イベント終了。

[PR]
by 2010neko | 2017-08-14 22:40 | お出かけ | Comments(0)