日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:未分類( 25 )

先週木曜日の朝、友達との約束が突然キャンセルになり、久々に一人でブランチ&読書でもしようと思った。

その前に、ナンピョンも韓国に帰って来て連絡が取れるようになったし、前回できなかったQ2の通帳の解約をすることにした。

前回のことについてはこちら

書類は前回何もいわれなかったので、必要分をそのまま持参。

ナンピョンには銀行からQ2の通帳解約のための確認電話があることを知らせていた。


そして、バスに乗ってI銀行へ。

この解約のためにI銀行に行くのは3回目。

いざ窓口に行くと、担当銀行員が持参した書類を見て、「この書類では(私の)本人確認ができないのでダメです。」という。

聞くと、家族関係証明書に私の外国人登録番号が記載されていないからという。

前回、持って行った時は書類については何も言われず、(ナンピョンが外国にいて)夫の承諾の確認電話ができないということで解約できなかった。

もう私は頭に血が上り(血相が変わっていたと思う)、銀行員に「ここに来るのは3度目なんですよ!前に来た時は書類について何も言わなかったじゃないですか?!なぜ1度にきちんと説明してくれないんですか?本当に腹が立ちます!」とわめくのを我慢してまくしたてた。

でも、前回担当した銀行員ではないので絶対に謝らず、さらに役所の書類のことは銀行ではわからないという。←日本は組織のミスでもいったん対応した個人が謝るが、韓国ではまず自分のミスでも謝らないことが多い

担当銀行員は銀行近くにある住民センタ-(区役所みたいなもの)で、新しく(私の)外国人登録番号入りの家族関係証明書を申請して持ってくるようにいった。

場所を聞くとI銀行から歩いて5分の場所。

映画館の建物向かいの道路を少し行くと歩道橋があり、それを越したところに住民センタ-があるとのこと。

しかし、行くと映画館は4つ角にあり、見方のよって向かい側の道路というのが2方向になる。

偶然、どちらの方向にも同じくらいの距離に歩道橋があり、私はどちらに進むか悩んだ。

いつもなら道はスマホで調べるが、住民センタ-を検索したら数箇所出てきた上、土地勘がない場所だったので見当がつかず。

結局、面倒なので人に聞くことにした。

この時、運良く目の前の横断歩道にパトロ-ル中の若い警官が二人いた。

道行く人に聞くより警官に聞いた方が確実と思い(韓国では親切に教えてくれるのはいいが、わからなくても適当に教えようとするので逆に迷うことがある)、一番近い住民センタ-を尋ねた。

すると、二人は「さあ?(私が来た道を指して)こっちにはないと思います。」と・・・。

私は心の中で、「銀行も警察も政府もこの国は終わってる!」とつぶやいた。

この日は、たぶん新人警官達が街にあふれていたので、研修がてら?パトロ-ルさせられていたんだと思う。

でも、新人といえども警官!

せめてパトロ-ル地域の住民センタ-や大きな病院くらいは頭に叩き込んで仕事をしろよ!といいたい。←私が社長ならこういう社員は即刻くび!

それに、市民が道を聞いてわからない場所だったなら、普通は調べてくれたり、「わからなくて申し訳ない」とか、「お役に立てず、申し訳ない」と職務上いうと思うけど...。

仕方がないので、警官が立っていた方向に歩くこと2分、住民センタ-があった。←こんな場所にあることも知らない警官になお更怒りが・・・


気を取り直し、住民センタ-で外国人登録番号が確認できる家族関係証明書を出してくれるよう頼んだ。

しかし、職員は私の外国人登録番号が登録されていないので無理だという。

何で????

今まで他の住民センタ-で出してもらったこともあると伝えたがやはりダメらしく、どこかに確認の電話をし始めた。

そして、職員は「東部出張所(市役所の支所みたいなところ)に行ってもらえればできます。」とのこと。

私にまたバスに乗って、東部出張所まで行けと?!

もう本当に泣きたい気分で、バスに乗って移動した。

バスの中でも「この国は終わってる、この国は終わってる・・・」とエンドレス。


そして、東部出張所に到着。

普通に家族関係証明書を申請する窓口に行くと、先の住民センタ-と同じことをいわれ、さらに番号入りを出すには登録が必要といわれた。

そして、私は結婚や出産を登録する窓口へ。

番号のためとはいえ、結婚や出産の申請もしてきたのに今になってまた申請する必要が?

これが必要だったなら、なぜ今まで教えてくれなかったのか?

今まで何の問題もなく、番号を欄外に表記していてくれたのは何だったのか?

さっぱりわけがわからず。

書類を書いていて、10年目にしてやっと家族になれた気分。(笑)

でも、またため息が・・・。

担当者が食事になるので、1時間後に来てくれとのこと。

「この担当者しか、処理できんのかいっ?!」と、心の声とはいえ、どんどん暴言を吐く私。

人格ゆがみまくり。

もう耐え切れず、私は東部出張所を出てから、すぐにナンピョンにみんな殺してやる!と怒りの電話。(汗)

ナンピョンも今まで問題のなかった書類が、なぜそういう事態になるのか全くもってわからないという。

せっかくカフェでブランチと思っていたのに、その時間はとうに過ぎ、私は出張所前にある食堂でキムチトッパッ(炒め豚キムチがのった丼)を食べ、その後、暗いカフェで時間が来るのを待った。

1時間後、窓口に行くと、また5分以上待たされた。

そして、やっと外国人登録番号が記載された家族関係証明書を受け取った。


また、バスに乗ってI銀行へ。

担当銀行員に東部出張所まで行ってきたというと、「エ-ルル ソッネヨ」と返ってきた。

お疲れ様でしたのニュアンスだけど、ちょっとこのタイミングでいわれると馬鹿にされている気分。←私、関係ないし~みたいな・・・

書類も揃い、ナンピョンの電話確認もでき、やっとQ2の通帳解約ができた。

もうマートで買い物して帰ることしかできない時間になっていた。

私の優雅な時間はいずこへ・・・。


私は帰り道で在韓歴20年以上になるHさんに書類の確認の件も兼ねて、こんな事件があったとカカオト-クで報告。

怒りに震えながら書いていたが、Hさんの話を聞いたら、私の出来事なんて大したことないと思い、怒りが収まった。(笑)

Hさんは昔、結婚届けを出した際、役所で勝手に日本語名を韓国語読みにして登録され、結果、パスポ-ト等と名前が違うのでどえらいことに・・・。

そして、韓国の裁判所で改名の手続きまでしたとのこと。

それ以外にもひどい話を聞き、やはり「この国は終わってる」と心底思ったのだった。

[PR]
by 2010neko | 2017-03-29 16:01 | Comments(0)

何てこった〜

Q2の入学準備や私の治療費でいろいろ物入り。

節約生活をしているが、今朝、またやってしまった。

何故だか、節約しないといけない時に限って、自分の眼鏡を踏み潰してしまうというジンクス?

今朝、Q2の入学のしおりをソファを背にして地べたに座り、見直していた。

私は強度の乱視&近視と老眼のため、本を読む時は眼鏡を外さなければならず、そのまま自分の横に置いていた。

同時に台所で豚汁を温めていて、沸騰したようなので、眼鏡を置いたまま台所へ。


Q2に「眼鏡、踏まんように気をつけてや!」と離れ、ガスレンジの火を消して戻った瞬間、私が「バリッ!」

またやってもた〜!と心の叫び...。

Q2に注意するより、自分が気をつけろよ〜と一人ツッコミを入れた。


昼食後、一番近い眼鏡屋へ。

幸い高い圧縮レンズは無事だったが、スマートタイプの眼鏡だったため、これに合うフレームがこのお店にはほとんどなかった(黒・赤の2つだけ)。

どちらも気に入らないため、思い切ってフレーム&レンズから作ることにしたら、私のレンズは特殊レンズのため、急いでも明日の夕方といわれた。←今日は韓国では祝日

私の裸眼は50cmの距離でも人の顔がはっきり認識できない。

しかも明日はQ2の入学式。

仕方がないので、気に入らないフレームで臨時の眼鏡も作ることに...。

只今、臨時の眼鏡ができるのを待っている。

こんな時に2個も眼鏡を作らないといけないなんて...何てこった〜057.gif

考えたら凹むので、予備ができたから良かったと思い込もうと思う。

[PR]
by 2010neko | 2017-03-01 14:58 | Comments(3)

乗り越えられるのかな...

朝っぱらから衝撃発言。

最近、私は心底ナンピョンと離婚したいと思っている。

ナンピョンには離婚という単語は使っておらず、離れたいと伝えている。

私の体調不良が大きく関わっているのは確かだが、とにかくナンピョンとの韓国生活が苦痛。


今年の2月末に日本から帰ってきたばかりなのに、やはり韓国にいると体調がどんどん悪くなり、やろうと思っても自分の思い通りの生活ができないので、ナンピョンに恨みをぶつけてしまう。

最近は怒ってばかりで(ヘルニアの疼痛コントロールができない)、家で笑うことはまずない。

ナンピョンと口喧嘩している様子にQ2が心を痛めているのもわかっているし、二人から「笑って欲しい」と言われると、悲しくなる。

これではいけない!とポジティブ心理学の講義を聞きに行ったりもしてみたが、頭ではわかるものの実践できず。←これすら、外人は私一人だし、初対面の韓国人と課題のやり取りをするストレスは相当なものだったので、講義自体は面白かったが少し後悔した

ナンピョンのちょっとした言動が許せなくなる。

それにナンピョン家族問題が付属してくると、すべてを排除したくなる。

この前は激昂して衝動的に窓から飛び降りたくなったり、目の前の包丁で自分を切りつけたくなった。

Q2のことが頭によぎり、馬鹿なことは辞めようと思い留まった。

そして多分、こんなことをしても自分が痛いだけで、死ねないのがわかるから実行しないんだと思うし、まだ客観的な自分がいるから大丈夫だと思えた。

命を大切にしたいと思っているのに、こんなことを考える自分も嫌。

体調が悪い自分も家族に優しくできない自分も嫌。
情けなさすぎる。

そして、私は結婚生活をしてはいけない人間だったとつくづく思う。

とにかく痛い、しんどい、辛い...。

Q2、ごめんよ。

今日は笑顔でいようと思う。

[PR]
by 2010neko | 2016-12-29 08:22 | Comments(0)

韓国で地震

昨日の19時44分と20時32分に、韓国の慶州(M5.1&M5.8)で地震が発生。

慶州から遥か遠くに位置する我が家(京畿道)でも揺れた。

1回目は寝転んでテレビを見ながらウトウトしているとき。

あ〜揺れているなと思ったが、震度2やなと思い、またウトウト。←Q2は別の部屋でスマホに熱中していて気づかず(汗)

2回目は座ってQ2の勉強を見ているときで結構揺れた。

この時は震度3と自覚(うちは6階)。

もう体が覚えているので、たぶん当たっていると思うが、如何せんテレビ等で細かい情報がない。

テレビでは慶州や釜山の状況だけ。←しかも速報が遅い!

2回目の地震直後に日本の妹から安否確認の電話がかかってきた。

私の地域はどうなのか?と聞かれたが、「ニュースでやってないからわからんわ!」というと驚かれた。

いくら地震がない(と思われている)韓国でも、しょっちゅう地震がある隣の日本を見ているのに、各地域の状況把握や報道の仕方がなってなさすぎ。

大災害時が思いやられる。

やはりこういう災害時、市民は情報を知りたいから、日本のようにうるさいくらいに携帯にメッセージが届くようにしたり、最低限の情報くらいは確認できるようにしてもらいたい。

23時すぎ、在韓日本大使館から地震に関するお知らせメッセージが届いていた。

やはり、助けてくれるのは日本やな!と再認識。

あと、今回の地震の時、「今、北朝鮮で核実験してる?」と思ったのは私だけか...。

単に地震だったが、地盤に異常をきたすのも、すぐ横の地下でぼんぼこやっているせいでは?と私は密かに思っている。

今回の韓国での地震を機に(家庭)防災対策について考えたいと思う。
[PR]
by 2010neko | 2016-09-13 00:16 | Comments(2)

韓国生活再び・・・

2月末に日本生活を終え、韓国に帰って来た。

日本に最低でも1年はいたかったし、そうする予定だったが、

Q2が全く韓国語を話せなくなりナンピョンとの会話が成り立たなくなったこと、

Q2が(日本生活は楽しんでいたが)ナンピョンと一緒にいたいため、

韓国に帰りたいとしきりに言い出したこと、ナンピョンが(寂しさから)大酒を飲んで

真夜中に韓国の警察から私に電話があったこと(また義家族達からナンピョンのために

早く帰国して欲しいと言われること)などから、韓国に帰る決心をした。

本当に後ろ髪を引かれる思いでの帰国。


日本の生活は私にとって天国だった。

日本到着1週間後には看護師の仕事も始め、仕事が忙しいのにも関わらず、

あれだけ悪かった体調もすぐに良くなった。

底辺まで落ちていた自信も自尊心も、これまたすぐに取り戻し、以前日本で暮らしていた

時と同じ自分になった。

何より、自分の力だけで生計を立てているという自負心や、社会に属していることで得られる

満足感は私にとって生きている!という源だったように思う。

日本での幸せな日々・・・。

家族をはじめ、友達や職場の仲間等、すべての人に感謝!


そんな楽しい日本生活を送っていたため、帰国後、私は全く韓国生活に適応できず。

帰国早々、うんざりするほどの義家族生活&行事で心身ともにへとへとになるし、

私という人間より、ナンピョンの妻、Q2の母親としての私を求められているのが

はっきりとわかるので、また体調不良と鬱になってしまった。

そして、Q2も3月(韓国の新学期)からスタ-トした幼稚園生活で

韓国語ができないことから自信を喪失し、活発だった性格なのに、

意気消沈し、友達もできず。←ナンピョンからは日本に行って性格が変わったと

言われる始末

かなりストレスを感じていたようで、見ていて本当に辛かった。


でも、最近やっと私もここでの生活を前向きに考えられるようになってきたし、

Q2もかなりの勢いで韓国語を取り戻してきているので、今は母子二人三脚で

頑張っている感じです。
[PR]
by 2010neko | 2016-04-07 15:07 | Comments(0)

初詣&初カラオケ 他

Q2、ナンピョンと初めて過ごした日本のお正月。

私は満足だったが、ナンピョンはやはり韓国のお正月の方が楽しいとのこと。

アウェイの地では当たり前のこと。(笑)

元日はおせち料理とお雑煮を食べてから、3人でumieにショッピング。

2日目は母や妹家族達と一緒に初詣。

ナンピョンは日本の屋台初体験。

熱燗とつぼ焼きが気に入り、6個くらい食べていた。

Q2はりんご飴初体験。

大きなりんご飴もペロッと食べてしまった。

この日はナンピョンの日本滞在最後の夜だったので、そのままみんなでカラオケボックスに行くことに...。

ナンピョンも踊ったり、大声で間の手をうったり、大はしゃぎ。

Q2はカラオケ初体験だったが、こんなにカラオケ好きとは知らなかった。

かなりの音痴なのに、ノリノリで歌っている姿に笑えた。

↓湊川神社の初詣&カラオケ
b0194098_11273931.jpg
翌日、Q2はナンピョンと涙のお別れをした。



今年は10年ぶりくらいに兵庫のえべっさんに行くことができた。

屋台で飲む熱燗やおでん&雰囲気が好きで私は2日間通った。

↓えべっさんにて
b0194098_11321252.jpg



前回、初カラオケであまり歌えず、カラオケにまた行きたい!と言っていたQ2。

私の平日休みにQ2とカラオケボックスへ。

駅前のメロンパン専門店で買った大きなメロンパンをおやつ代わりに持って...。

↓兵庫駅のカラオケボックスにて
b0194098_12131600.jpg
私が一人お茶する料金でQ2と二人、フリードリンクも含め2時間楽しめた。

平日昼間のカラオケボックスって、なかなかお得。

子供も歌で発散できるし、冬場の遊び場としていいかも...。

近々、また行こうと思う。(笑)
[PR]
by 2010neko | 2016-02-12 11:08 | Comments(0)

韓国語教室終了

今年は4月から週2回、韓国語教室(中級2)に通っていた。

開講は3月からだったのに、1ヶ月遅れで通い始めたし、途中3ヶ月程、韓食調理技能師の免許取得に向け休んでいたので、ちゃんと通ったのは4ヶ月くらい。

以前通っていた時は、日本人はあまりいなかったが、今回は最終的に7人もいて、中国・ベトナムより多かった。

先生もびっくり。(笑)

クラスの雰囲気も良かったし、楽しく通えた。

そして、先週はみんなで修了パーティーをした。

まずは先生の準備したゲーム、私が準備したゲーム?、プレゼント交換、みんなの一言発言、先生の挨拶をして韓国語教室終了。

↓パーティーの様子
b0194098_19401758.jpg


↓一人一品持ち寄りだったので私はかぼちゃコロッケを準備
b0194098_1945946.jpg
中国・ベトナムの友達たちも気に入ってくれたので良かった。

私は日本人の友達が作った紅茶クッキーがめちゃくちゃ美味しくて感動。

売り物以上で、この手のクッキーがそれほど好きではなかったのに、はまってしまった。

レシピも教えてもらったので、また挑戦。

みんな仲良くしてくれてありがとう!


最後の韓国語教室の前日、日本人クラスメート3人でランチ会をした。

もうすぐ里帰り出産で韓国を離れる友達がいたので、韓食のお店へ。

↓コンドゥレパプ(高麗アザミの炊き込みご飯)の定食
b0194098_1955523.jpg


食後はカフェでおしゃべり。

気づけば、Q2がテコンドーから帰ってくる時間で大急ぎで帰った。

のんびりした楽しい時間だった。

元気に赤ちゃんを生んで帰って来てね♡


今のところ、来年の韓国語教室は通わない予定。

その代わり、この夏から2週間に1回やっている日本語・韓国語のエクスチェンジをもう少し真剣にやろうと思う。

後は、毎日の韓国のニュースチェックかな...。
[PR]
by 2010neko | 2014-12-03 19:23 | Comments(3)

고물전(古物展)

先週日曜日、雨が降ると天気予報でいっていたので、外遊びを取りやめ、急遽、水原のKBSセンターでやっている고물전(古物展)にQ2と二人で行ってきた。

←ちなみに雨は降らなかったのでむかついた。いつもながら韓国の天気予報は本当に当てにならない!

名前ではわかりにくいが、要はリサイクル展。

KBS(韓国の放送局)の幼児番組のキャラクターである후토스(フートス)の地球を救う再活用プロジェクトに子供達が一緒に参加するという体験型施設(期間限定で開催中)。

↓時間制のため、自分の予約時間まで待ち合い室で待機(10人くらいの子が参加)
b0194098_7422719.jpg
 

↓第一の部屋にて
b0194098_743931.jpg
まずはペットボトルなどで作ったテーブルや照明をクイズ形式で見ていく。←すごくオシャレに出来ていて家にも欲しいな~という感じ

次にホートスの映像を見ながら、環境汚染とリサイクルについて学ぶ。

各種垂れ幕で作ったリサイクル首かけポーチに自分達で絶滅危機動物などの絵を書いて専用ポーチを完成させる。←ポーチやペンなどは、宝探し形式で部屋中に隠されているので、自分達で探す

↓第二の部屋にて
b0194098_8303070.jpg
風が吹き荒れる廃墟の町になっている。

そこに太陽を昇らせ(玉投げならぬスポンジ投げで太陽の中身を充満させる)、花や木を植え(ペットボトルや使い捨て容器で作ったものを植えたり、積んだりしていく)、可愛い家を作る(カラフルな廃品を家の模型に貼り付けていく)。

完成すると明るい照明になり、町が蘇る。(笑)

↓第三の部屋にて
b0194098_8412189.jpg
地球へのメッセージを書いて貼り付けたり、お絵かきしたペットボトルの蓋を大きな地球の模型に貼り付けたり、ゴミ投げ(ゴミ集め)競争をする。

最後はリサイクルの遊びとは関係ないような、ゴムの帯をジャングルジムみたいな空間に自分達で張りめぐらせ、その中で鬼ごっこ。
 
全部で約70分。

規模は小さいが、いろんな遊びがあるので、Q2はそれなりに楽しめた様子。

帰ってきてから、Q2は早速、ダンボールで机を作っていた(ダンボールに切り絵などを貼り付け)。

でも、リサイクルの概念はいまいちわかっていないようで、物が壊れたりしたら、「捨てて、また買ったらいいんじゃない!(なぜか関東弁)」という発言があったり、トホホな感じ。

実生活でも物は大切に!と教えているが、何でも買い与えるナンピョンの影響で物のありがたみがわからないQ2。

ナンピョンとは、根本的に子育ての意見が合わない。

まあ、子育てだけではなく、性格の不一致なんだけど...。(笑)
[PR]
by 2010neko | 2014-05-29 12:11 | Comments(0)
最近、飲食店の新規開拓をすべく、ちょこちょこ外食をしている。

私が住んでいる地域周辺のママさん達がネット上で美味しいと紹介している 맛집(美味しい店)を中心に出かけている。

人の味覚はいろいろで、これが 맛집(美味しい店) ?というものも多々あるので、真の 맛집(美味しい店)探しはなかなか難しい。

地道に食べ歩くしかない。(笑)

↓생새우칼국수(生海老入りカルグクス)
b0194098_22581460.jpg
海老以外の海鮮や白菜等の野菜も入っていて、すごく美味しい出汁が出ていた。

麺はモチモチつるつるした感じではなく、もろ手作りという感じなのだが、これもまた味わいがあって良かった。

왕만두(王饅頭:大きな韓国の蒸し餃子) も他店より具の野菜の歯ごたえがあり、サービスの보리밥(麦飯)もあるので、大満足。

何より化学調味料の味がしないので、すべてすっきりした味でキムチも美味しかった。

リピ決定!


次もカルグクスの店。

ここはカルグクス一杯がなんと3500ウォン。

↓すっごい地味な店のカルグクス
b0194098_23142815.jpg
饅頭は田舎のおばあちゃんの味でかなり気に入ったものの、肝心のカルグクスの麺がなぜか苦く、折角の煮干出汁も残念な後味に...。リピなし。


次は都会?では珍しい江原道の郷土料理のお店。

↓감자옹심이(じゃが芋澱粉団子入りスープ)
b0194098_23213756.jpg
豆もやしが入ったオンシミは初めて。

キムチも含め、優しい味で美味しかった。

リピありだけど、あえてオンシミを食べに行こう!と思う日はあまりないような...。(笑)


次は마늘곱장구이(小腸に粒ニンニクを入れて焼いたもの)のお店へ。

↓これはその他のホルモンも入った盛り合わせ(すべて焼く)
b0194098_0243130.jpg
まあまあ美味しかったし、焼酎のあてに最高だけど、脂がすごいので、食べ終えた後がかなりきつい。

老体には、あっさり日本のホルモン焼きの食べ方の方がいいかも...。


↓これはたまに行く삼겹살(豚の焼き肉)のお店
b0194098_0312815.jpg
すごく美味しい!というほどのお店ではないものの、店内に大きな遊具がある遊び場があるので子供を連れて行くときに楽な場所。


次は日本人妻の会で行ったパンカフェ。

↓パンが入る各種ランチ
b0194098_0365270.jpg

見た目ほどランチは美味しくなかったので残念。

だけど、買って帰ったチョコ食パンが噂通り、すごく美味しくて、それから自宅で作り始めるように...。

最近では、チョコ食パンがうちのブームになっている。

この時の私は、とことん落ち込んでいたが、日本語でお喋りをしたら、また生き返った気分になった。


最後は新しくできたケーキ屋のカフェ。

↓私のチョコケーキとMちゃんのチョコ生クリームケーキ
b0194098_0452128.jpg
カヌレやマカロンも置いているので、かなり期待して行った。

味自体は濃厚で悪くはなかったが、スポンジが少しバサついていたのでアウト!
[PR]
by 2010neko | 2014-04-25 22:57 | Comments(0)
今日はいつも親指を指しゃぶりしている女の子の話。
親指がしでかすいろんな状況に女の子が驚きながらも、
少しずつ指しゃぶりがなくなっていくという話。
絵もかなり個性的。
面白いな~と思ったら、やはり外国の翻訳本だった。(笑)

입속을 빠져나온 엄치손가락(口の中から抜け出た親指)
b0194098_15561879.jpg


私の小さな親指は私の一番親しい友達です。
いつも私と一緒です。

親指は臆病です。
だからいつも口の中に隠れて過ごしています。
でも今日は親指がなぜか特別な考えをしたみたいです。

美術の時間でした。
親指が突然口の中から抜け出てきました。
そうして紫色の色鉛筆をつかみ、色塗りを始めました。

私は突然驚いて親指にいいました。
「小さい小さい親指~、早く私の口の中へ戻りなさい!」
しかし親指は私の言葉が聞こえないふりをして最後まで色塗りをしました。

休み時間にも親指は私を驚かせました。
ひな鳥1羽が木から落ちて鳴いているときでした。
親指がまた口から出てきて、可哀想なひな鳥をゆっくり抱き上げました。

私は親指にいいました。
「小さい小さい親指~、早く私の口の中へ戻りなさい!」
しかし親指は私の言葉が聞こえないふりをしてひな鳥を先生のところに連れて行ってあげました。

とてもとても驚くことが昼食時間に起こりました。
食堂で並んで待っていると、親指がひとりでに口の中から出てきました。
すると横に立っていたきれいなマノンの手をしっかり掴んだのです。

私は本当に驚きました。
しかし親指に口の中へ戻りなさいといいませんでした。
気分がとても良かったからです。

その夜、親指は私に夢の話をしてくれました。
「私はもう少し大きくなったらギタ-を演奏するの。
もう少し大きくなったらトラを手なずけて、
もう少し大きくなったら、大きな木の上に小さな家を建てるの。
そして、もう少し大きくなったら宇宙船に乗って飛んで行って星を取るの。
取ってきた星たちですごい技を披露する親指になるの。」

親指の話をじっと聞いてから私はいいました。
「本当にかっこいい夢ね。
でも、もう少し大きくなるにはもう寝ないといけないよ。」
私は親指を枕の下に寝かせました。
[PR]
by 2010neko | 2014-04-15 15:53 | Comments(0)