日々の日韓ミックス家ご飯を中心にアップ♪  たまに愚痴っています。


by 2010neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

マンヌンカンジャン:万能醤油(ペク先生バージョン)

韓国の人気料理番組(チッパッ ペクソンセン:家ご飯 ペク先生)で、2015年に放送されたマンヌンカンジャン(万能醤油)の再放送があった。

いろんな料理の先生がオリジナルの万能醤油を紹介しているが、お肉を使った万能醤油は初めてだったので作ってみた。

作り方は簡単。

(材料)計量はすべて普通サイズの紙コップ
豚ミンチ3カップ(約600g)、醤油6カップ、砂糖1カップのみ
上記では豚ミンチと醤油が1:2だが、しょっぱいのが苦手なら1:1でもOK

これをすべてフライパンに入れ5分くらい煮るだけ(ミンチ肉から脂が出てきて、醤油に艶が出てきたOK)。

保管は冷蔵庫で15日〜1ヶ月。

口コミを見てみると、だいたいが好評。

だだし、豚ミンチと醤油を1:1で作っても、保管中の醤油に漬かった豚ミンチがかなりしょっぱい(これに関してはこの万能醤油をおかず作りに使う時に水を多めに入れるといいなどのアドバイスあり)のと、肉だけのため旨味が乏しいというのがあった。

なので、私は豚ミンチと醤油を1:1にして、旨味を出すために昆布を一緒に入れ、昆布を煮出す分、お酒で水分を追加(臭い消しも兼ね)した。

こうしてできた万能醤油は、旨味もあり、すごく美味しかった。

家にある材料にこの万能醤油と水(各適量)、たまに唐辛子粉やニンニクを入れたら、すぐにパンチャン(おかず)の出来上がり。

初めてで疑心暗鬼だったので(笑)、今回は1/3の分量で作り、1週間で使い切った。

↓ペク先生バージョンの万能醤油&これを使ったおかず
b0194098_14510844.jpg
クァリコチュ チョリム(しし唐の煮物)、メチュリアル チョリム(うずら卵の煮物)
b0194098_14544312.jpg
ミニセソンイ チョリム(ミニエリンギの煮物)、エボバッ ポックン(ズッキーニの辛い炒めもの)、カムジャ チョリム(ジャガイモ・玉ねぎ・人参の煮物←完全に日本の肉じゃがの味だった)、トゥブ チョリム(豆腐の辛い煮物)

写真以外にカジ ポックン(茄子の炒めもの)や卵焼き(卵に万能醤油を入れて焼くだけ)も作った。

家にある材料で簡単におかずが作れるのでおすすめ!←ただし豚ミンチは保存が長くなればなる程しょっぱくなるので、その時は炒めものより煮物で使う方がいいと思う


[PR]
by 2010neko | 2017-02-20 14:03 | 家ご飯 | Comments(0)